中小企業診断士をめざしつつ、日々のニュースやおススメ本など話題を提供。「突然スピーチを頼まれた」「ちょっと小生意気な話」など話のネタにしてください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<3D銃製造>「自衛に必要だった」 散弾銃所持も申請 ・・・拳銃武装が招くのは殺傷能力のインフレだ

<3D銃製造>「自衛に必要だった」 散弾銃所持も申請
(毎日新聞 5/10)
3D(三次元)プリンターで樹脂製の拳銃を製造したとして、銃刀法違反(所持)容疑で逮捕された川崎市高津区、湘南工科大職員、居村(いむら)佳知容疑者(27)が神奈川県警の調べに対し、「自衛や弱者を守るために銃が必要だった」と供述していることが捜査関係者への取材で分かった。今年2月には県公安委員会に散弾銃所持の許可申請を出していたことも新たに判明。県警は居村容疑者が銃に強い執着を持つようになった経緯についても調べる。

居村容疑者は4月12日、3Dプリンターで製造したとみられる拳銃2丁を自宅で所持したとして、8日に逮捕された。

居村容疑者は県警のその後の調べに「弱者が強者に負けないためには銃が必要」などと供述したという。

また、県警などによれば、居村容疑者は今年2月下旬、高津署(川崎市)を訪れ、散弾銃所持の許可申請の書類を出していた。しかし、その後の審査で居村容疑者が今回の事件の捜査対象になっていることが判明。同署は別の理由で申請を不受理とした。

一方、捜査関係者によると、県警が殺傷能力があると認定した拳銃は銃口の部分がホチキスの針のような金属でふさがれていたという。ただ、居村容疑者が「金属を外して発砲するまでに5分かからない」と説明し、県警も発砲ができることを確認したため、逮捕したという。

居村容疑者は加工技能に関する旋盤や溶接など計7資格を持っており、東京都内の町工場などで約7年半働いた後、今年4月から湘南工科大で勤務し始めたとみられる。【鈴木敬子、水戸健一、松浦吉剛】

拳銃は、所持するだけで犯罪です
日本国では、銃砲刀剣類所持等取締法によって、拳銃を単純に所持することも犯罪と定められています。当然、3Dプリンターで自作した拳銃であろうとも拳銃を所持していることに変わりはないため、犯罪になります。

世界を見渡せば、居村佳知容疑者の言うように、武装することを基本的人権として一般人の武装を認めている国もあります。
米国憲法 修正2条(1791年)
良く規律された民兵は自由な州の安全にとって必要であるから、武器を保持し携帯する人民の権利は侵害されてはならない。

しかし、居村容疑者が住んでいるのは日本国です。日本国に銃刀法がある以上、拳銃を持つことは許されません。

もちろん、銃刀法も所詮は法律という決まり事であるため、銃刀法を廃止すれば日本国を拳銃携帯を許す国にすることも可能です。可能ですが、銃刀法という法律を廃止するには、国会の議決によってそのように決める正式な手続きを踏む必要があります。なぜなら、日本国は法治国家であり、民主主義国家であるからです。

個人が、勝手な思想信条で拳銃を製造・所持しても、それはただの法律違反に過ぎません。

拳銃を持ったところで強者にはなれない
居村容疑者は「弱者が強者を拳銃で脅せばいい」と主張していますが、そもそも拳銃を持つだけで腕力的強者に勝てるという発想が甘過ぎます。

確かに拳銃には、腕力的強者の鍛えぬかれた筋肉を貫く殺傷能力があります。相手に弾が当たれば、大怪我を負わせて戦闘不能、場合によっては殺害することだって出来ます。

しかし、拳銃は狙ったところへそう簡単に弾を当てられる武器ではありません。

射撃がスポーツとして成立するのも、拳銃を扱う警官や自衛官が射撃訓練を行うのも、拳銃をまともに扱えるようになるにはトレーニングを要するからです。そして、トレーニングを要するということは、拳銃の扱い方にも上手い下手があるわけで、拳銃を持った者同士の間にだって強者と弱者が生まれます。

拳銃は、最後まで自分を守ってくれる武器なのか?
怒りに任せて拳銃を抜いた腕力的弱者は、本当に腕力的強者を脅せるほどの強者なのでしょうか?

腕力的弱者が拳銃を構えたところで、相手への怒りと人を殺すかもしれない緊張から、拳銃を持つ手はガタガタと震えて狙いをつけるところではないでしょう。さらに、自分の手の震えを自覚して弾を当てられるかどうか不安に感じ始めると、いよいよ引き金を引けるかどうかさえ怪しくなってきます。

そうやって腕力的弱者が拳銃を構えて震えている間、銃口を向けられた腕力的強者は黙って脅されてくれますか?
そんなはずがありません。黙っていないどころか、腕力的強者は怒り心頭です。「こいつ、弱いなぁ」とバカにしている相手に殺されそうになっているわけですから。拳銃があるというだけで意気がって歯向かってくる相手に抱くのは、いわゆる「のび太のくせに生意気な!」という激昂です。

当然、腕力的強者は、腕力的弱者が頼みにする拳銃を奪いにかかります。拳銃の奪い合いは腕力勝負となりますが、勝てますか?

もみ合っているうちに、腕力的弱者がうっかり引き金を引いて相手に弾が当たれば勝ちでしょう。
けれども、弾が当たるとは限りません。当たるには当たったけどかすり傷で、火に油を注いだだけなら、殴り飛ばされて腕力的強者に拳銃を奪われてしまいます。
殺されそうになった上に、相手に怪我をさせることに慣れている腕力的強者なら躊躇なく引き金を引くでしょう。「パン!」と撃たれて終わりです。しかも、先に拳銃で脅しをかけたのは腕力的弱者の方ですから、そのまま撃ち殺してしまっても腕力的強者には正当防衛が成立してしまうかもしれません。

こぶしの一発なら殺されなくても済んだでしょうが、拳銃の一発は相手を殺し得るものです。最初に拳銃を持ち出すことで陥る危機的状況のリスクは、予め想定しておく必要があります。自衛のためと手にした拳銃は、最後まで自分を守る武器でいてくれますか?

拳銃による武装が招くのは殺傷能力のインフレ
さらに言えば、銃社会において腕力的弱者が拳銃で武装しているなら、腕力的強者も拳銃で武装していますよね?
自分がキレて拳銃を出した時、相手が悠然と拳銃を構えていたらどうするのでしょうか?銃社会は、腕力的弱者による腕力的強者への反抗を本当に実現できていますか?

拳銃による武装が招くのは、殺傷能力のインフレでしかありません。
しかも、腕力的強者の方が相手に怪我をさせることに慣れているため、拳銃を持つことによる殺傷能力の上昇値は腕力的弱者よりも腕力的強者の方が高くなります。つまり、銃社会の方が、腕力的弱者による腕力的強者への反抗の芽はかえって小さくなるのです。

日本国を銃社会に変えたところで、腕力的弱者の立場が強化される訳では限りません。腕力的弱者の平穏は、武装ではなく、別のもので担保することを考える必要があります。

腕力的弱者の平穏を担保するのは集団による自衛
人類は個体差の大きく、腕力的強者と腕力的弱者とが生じることを免れることはできません。同じ年に生まれた生徒同士で生活する小中学校でさえ、腕力の強い生徒と弱い生徒との差は大きかったはずです。

生徒間でトラブルが起きた時に、腕力の強い生徒が腕っ節に物を言わせて弱い生徒を圧倒することはよくあります。では、そうした理不尽に対して、腕力の弱い生徒は椅子や箒を武器にして立ち向かうしかないのでしょうか?

違いますよね?

腕力の弱い”のび太”だってプライドは有りますから一対一で立ち向かいたいでしょうけど、必ずしも一対一でやり合わないといけない訳ではありません。
腕力の強い”ジャイアン”が一目を置く頭のいいイケメン”出来杉君”が仲裁には入れば、それ以上の深追いはしないでしょう。”ジャイアン”の子分である”スネ夫”だって、”ジャイアン”がやり過ぎだと思えば止めに入ります。また、帰りの会で”しずかちゃん”が「武さんがのび太さんを叩きました。そういうのは良くないと思います」と声を挙げれば、先生の説教があるでしょう。

どんなに腕力が強くとも、その力の振るい方で周囲から反感を買えば、腕力的強者も社会全体から敵として扱われることになります。この様に、腕力的強者が、腕力だけでその社会を支配できる訳ではないことは、個体差の大きい人類が集団で社会を形成している価値の一つです。

”のび太”が”ジャイアン”と対峙した時、バタフライナイフを抜いて悲壮な覚悟を決めるよりも、「誰か、助けてー!」と叫んだ方が、より安全に事態を好転させる可能性が高くなるわけです。トラブルの現場に武器を持ち込むよりも、武器がない間に外へ助けを求めれば未だ素手による怪我で済ませられます。

腕力的強者に対する有効な腕力的弱者の自衛手段とは、社会という集団の力を借りることなのです。

”ジャイアン”の横暴も、”出来杉君”や”しずかちゃん”、先生の前では自ずとブレーキが掛かります。「助けて」と言えば、”出来杉君”たちだって助けてくれるでしょう。仮に”出来杉君たちが傍観するだけだったとしても、”のび太”が素手であれば、強者として周囲の目を意識する”ジャイアン”の方から武器を持ち出すことは無いはずです。

腕力的弱者の平穏を担保するのは、腕力的弱者の個人的な武装ではなく、その他大勢を巻き込む集団による自衛なのです。


――――――――――――――――――――――――――
関連記事
3Dプリンター:容疑者ネットで「銃所持は基本的人権」
(毎日新聞 5/9)

「銃を持つことは基本的人権」。3D(三次元)プリンターで作製した拳銃を所持し、県警に銃刀法違反(所持)容疑で逮捕された川崎市高津区、湘南工科大職員、居村佳知容疑者(27)は、インターネットのブログなどで銃器所持に関する持論を展開していた。

県警薬物銃器対策課によると、逮捕につながったのは居村容疑者が動画投稿サイトで公開した映像。屋外にいる居村容疑者が3Dプリンターで作製したとみられる「白い拳銃」を両手で構え、前方に向かって発砲する場面が含まれ、県警が捜査に乗り出した。この動画が米国のメディアでも取り上げられ、居村容疑者はブログに「世界で初めて3Dプリントレボルバーを開発した人として紹介してくれた」(2月15日)などと記した。

また、居村容疑者はツイッターなどで国内の銃規制に対する不満をあらわにしていた。「日本の社会的弱者こそ銃を手にするべき。そして今度は自分に危害を加えるものに撃つぞと脅してやればいい」(2月15日)、「有事の際には銃刀法など関係なく誰もが銃の作り方を知り作れるようにしておくべきだ」(2月16日)などと投稿。逮捕される直前の5月5日も「日本は銃が自衛用に所持できない国なので人権侵害国家です」とツイッターに書き込んでいた。

拳銃を作る理由については「銃を規制する社会に対する挑戦と武装の自由化のため」(昨年11月2日)と説明。「銃を持つことは基本的人権なので銃刀法を廃止できなくても誰もがすぐ製造できるように3D印刷けん銃の図面を普及させる」(2月26日)と公言して、3Dプリンターによる拳銃製造を正当化していた。

一方、居村容疑者は「銃刀法に適合する改造をしているとはいえ警察に捜査されるリスクがある」(昨年11月2日)と不安ものぞかせていた。ネット掲示板で「モデルガン用の発火キャップを銃身の突起につけてハンマーでたたき打つ銃は違法ですか?」「銃刀法に触れるかどうかの判断に困っています。触れるなら製作は止めます」(4月26日)などと質問し、回答を求めていた。

県警の聴取に対しては、豊富な拳銃の知識や製造の技術を披露しているといい、ある捜査員は「誰にも負けない自負があるようだ」と語った。

拳銃製造容疑者とツイッター接触 3D設計図の米団体
(共同通信 5/10)

【ニューヨーク共同】3Dプリンターで製造された拳銃が日本で初めて摘発された事件で、拳銃の設計図を公開した米団体「ディフェンス・ディストリビューテッド(DD)」のコディ・ウィルソン氏(26)は9日、銃刀法違反(所持)の疑いで逮捕された湘南工科大職員居村佳知容疑者と、短文投稿サイト「ツイッター」上で接触があったことを明らかにした。共同通信の取材に答えた。

拳銃の製造にはDDの設計図が参考になったとみられる。ウィルソン氏は声明を出し、居村容疑者を「強い個性と美徳を兼ね備えた人物」と擁護し、逮捕について「創造的な才能の迫害」と批判した。

設計データ「日本に8件」・・・3Dプリント銃
(読売新聞 5/10)

3Dプリンターで作られた樹脂製拳銃(3Dプリント銃)が見つかった事件で、銃の設計図データをインターネット上に公開していた米国の政治団体が9日、読売新聞の電話取材に応じ、日本国内の少なくとも8台のパソコンに設計図がダウンロードされていたことを明らかにした。


銃刀法違反容疑で逮捕された大学職員居村佳知容疑者(27)も、この設計図を利用したとみられる。

取材に応じたのは、米国内での銃規制のあり方に疑問を投げかけている政治団体「ディフェンス ディストリビューテッド」のコーディー・ウィルソン氏(26)。

ウィルソン氏によると、団体が設計図を公開したのは2013年5月。米政府から削除要請を受け、公開は2日間だけだったが、この間に40か国以上で10万件以上ダウンロードされた。一部のIPアドレス(ネット上の住所)を調べ、日本のパソコン8台に設計図が取り込まれたことを確認したとしている。
スポンサーサイト

「山本議員、品位に欠ける」=処分は持ち越し―参院議運委 ・・・品位や礼節の問題ではない憲法違反の問題だ

「山本議員、品位に欠ける」=処分は持ち越し―参院議運委
(時事通信 11/1)

参院議院運営委員会は1日午前の理事会で、秋の園遊会で天皇陛下に手紙を手渡した山本太郎参院議員(無所属)に対する処分をめぐり協議し、山本議員の行為は「国会議員としてあるまじき行為で品位に欠ける」との認識で各党が一致した。ただ、処分などに関しては結論は出ず、5日に再協議することになった。

理事会後、岩城光英委員長が山本議員を国会内に呼び、事情を聴取し、「天皇陛下を政治利用したという意識はあるか」とただしたが、山本議員は「政治利用ではない」と否定。「手紙を渡すことがルールに反するという意識はなかった」とも釈明した。一方、自民党理事の水落敏栄氏は記者団に対し、「自民党としては懲罰を求めていきたい」と語った。

山本太郎議員を聴取 閣僚、与野党は批判の嵐・・・議員辞職要求も
(産経新聞 11/1)

山本太郎参院議員(無所属)が秋の園遊会で天皇陛下に手紙を渡した行為について1日、閣僚や与野党幹部から、「(天皇の)政治利用そのもので、議員辞職ものだ」(下村博文文部科学相)などと、批判が相次いだ。自民党の脇雅史参院幹事長は党役員連絡会で、山本氏が辞職しない場合は辞職勧告決議案の提出を検討すべきだとの考えを示した。

参院議院運営委員会は同日午前の理事会で、山本氏に対する処分をめぐり対応を協議。岩城光英委員長らが山本氏を国会内に呼び、事情を聴取した。山本氏はこの後、記者団に対し「マスコミが騒がなければ、政治利用といわれることはなかった。議会の沙汰があれば受け止める」と述べ、自ら辞職する考えがないことを強調した。

古屋圭司国家公安委員長は記者会見で「常軌を逸した行動だ。国民の多くが許されざる行為だと怒りをこめて思っているのではないか」と批判。新藤義孝総務相は「皇室へのマナーとして極めて違和感を覚える。国会議員ならば、新人とはいえ自覚を持って振る舞ってほしい」と語った。安倍晋三首相も周囲に「あれはないよな」と不快感を示したという。

与野党でも厳しい意見が上がり、自民党の石破茂幹事長は記者会見で「見過ごしてはならないことだ」と言明。公明党の井上義久幹事長は「極めて配慮に欠けた行為だ」と指摘した。

日本維新の会の橋下徹共同代表(大阪市長)は市役所で記者団に対し「日本の国民であれば法律に書いていなくてもやってはいけないことは分かる。しかも国会議員だ。信じられない」と批判を強めた。民主党の松原仁国対委員長も記者会見で「到底許されない」との認識を示した。

・・・品位や礼節の問題ではない憲法違反の問題だ
陛下に直訴するということは、陛下から何らかの返答を引き出すことを期待しているわけで、陛下に御裁可を仰ぐのと同じです。

ここで、陛下に御裁可を仰ぐというとはどういうことか、日本の歴史に照らして知っておく必要があります。
太平洋戦争集結以前の日本において、天皇は様々な決断を世に示しています。明治天皇は、慶応3年10月15日(西暦1867年11月10日)に江戸幕府最後の将軍・徳川慶喜による大政奉還の上奏を受けて、これを勅許しました。最後に江戸幕府を終わらせたのは、明治天皇なのです。

さらに明治天皇は、明治元年3月14日(西暦1868年4月6日)に『五箇条の御誓文』を発布しています。この御誓文は、福井藩出身の参与・由利公正が起案した『議事之体大意』へ、土佐藩士の福岡孝弟、長州藩士の参与・木戸孝充が修正加筆した五箇条へ、明治天皇が裁可を下したものです。これにより、明治新政府の基本方針が定まったわけです。

また、昭和天皇は、1945年8月8日と同月14日の御前会議において、ポツダム宣言の受諾を巡って御前会議が紛糾した際に、天皇自ら受諾の決断を下されています。

しかし、これらの御裁可は幕末の動乱期、第一回帝国議会開催までまだ二十年もある明治維新直後、そして大日本帝国憲法の下にある日本国と、いずれも天皇が国権の最上位にある時代であることに注意しなければなりません。

現行の日本国憲法は、第41条にて以下のように定めています。
日本帝国憲法 第41条 国会は、国権の最高機関であつて、国の唯一の立法機関である。

つまり、いまの日本国における国権の最高機関は、国会なのです。今の日本国に国会の上は存在しないのです。陛下に御裁可を仰ぎ、陛下の聖断に基づいて日本国を動かすということ、「国会の上に陛下が立つ」という論理はあり得ません。
山本議員が行った、陛下に聖断を迫るような直訴は、国会が国権の最高機関であることを否定する行為です。

国会議員の仕事は、他者を説得し賛同を得ること
国会議員は、国会の議決において、等しく一人一票を投じることが出来ます。株主総会のように持株数によって票の重みが変動することはありません。100万票で当選した議員による一票も、30万票で当選した議員による一票も、国会採決で投じる票は等しく一票です。

国会を通じて自分の提案を通すということは、対等な一票を持った他の議員を説得し、賛意を得て多数派を形成するということです。

他の議員の説得は、単に自分と同じ政党だからというだけで済む場合もあれば、まったくの正反対の立場にいる相手を論破する、お互いの妥協点を探るなど、その方法は様々です。しかし、いずれも自分の主張を明らかにするだけでも何千語、何万語と語る必要があり、場合によっては何十万、何百万語もの議論を重ねなければなりません。

国会で自分の提案を通す上では、この万単位で言葉を費やすということが重要なのです。
言葉を費やして語る中で、自分の熱意が先走って生じた矛盾点や、自分では気が付かなかった観点の欠落に気がつくことが出来ます。先に例を上げた『五箇条の御誓文』が由利公正による起案に、福岡孝弟、木戸孝充による修正加筆が行われたものであるように、自分の提案の矛盾や欠落に対して修正をほどこすことによって、その提案は確からしさを増し、より多くの賛同を得られるものへ鍛えられていくわけです。

また、自分の提案に乗るように他者を説得するということは、自分が自分の提案に懸けてきた熱量・エネルギーを相手に伝えることでもあります。説得できた相手とは「よし、これを実現しよう!」というエネルギーを共有でき、提案を前進させるエネルギーを高めることになります。

一方、山本議員が行った陛下への直訴は、自分と対等である他の国会議員を説得することを放棄したことを意味します。
自身の手で他の議員と議論することを疎んじ、国会で多数派を形成することを諦め、聡明な陛下の返答を待つというのは、議論を通じた民主的な合意形成を否定しています。民主的な合意形成を否定する行為は、国民主権を謳う日本国憲法を否定するものです。

得票数 66万6684票の重さ
山本議員が、自身の拠って立つ今の社会的立場、国会議員という立場に悉く反していることは、これまで述べてきた通りです。

当の本人である山本議員は、一連の報道に対して、「マスコミが騒ぐから、政治利用ということにされてしまった。マスコミが悪い」「ルール的には園遊会の中でお手紙を渡すということが禁じられていることは聞いていなかった」「ルールに反しているという意識はなかった」と弁明しています。
要は、「自分は悪くない。知らなかったから良いでしょ?」という話しです。しかし、これは66万6684票の代表としては通らない論理です。

国会は、1億人を超える日本国の有権者を一堂に会して議論するのは難しいため、選挙によって有権者の代表を選び、代表同士で議論して国政を進めるためのもの。有権者の代わりに表に立つのが国会議員であるわけです。

山本議員が先の参議院選挙で得た票は、66万6684票。この66万という数字は、企業で言えばTOYOTAグループ従業員数の2倍、県庁所在地で言えば鹿児島市の人口を超える大きさです。
これだけ多くの有権者から、「私たちの代わりに頑張って来て」と票を託されて生まれたのが参議院議員・山本太郎です。そのような立場にありながら、憲法の定める天皇と国会の関係を知らなかったというのは許されるべき無知ではありません。

山本議員による陛下への直訴は、国会が国権の最高機関であることを否定し、国会で多数派を形成することを諦め、有権者の代わりに議論することを放棄したその行為は、自ら国会議員の職を辞めたに等しい行為です。

両陛下逝去時の火葬検討=意向踏まえ、合葬も視野 ・・・春の園遊会、日本天皇と台湾代表が40年ぶりに会話

両陛下逝去時の火葬検討=意向踏まえ、合葬も視野―宮内庁
(時事通信社 4/26付)

宮内庁の羽毛田信吾長官は26日、天皇、皇后両陛下が亡くなられた際の埋葬方法について、「国民生活への影響を極力少なくしたい」という両陛下の意向を踏まえ、土葬から火葬への変更を検討していると発表した。天皇、皇后の埋葬は江戸時代初期から土葬で行われ、現在まで約350年間続いている。同庁は両陛下の合葬も視野に入れ、1年程度かけ儀式の場所や内容などを検討する。

宮内庁幹部が、両陛下の存命中に埋葬方法について言及するのは異例だが、羽毛田長官は「両陛下は以前から繰り返し考えを示されてきた。国事行為の『大喪の礼』は検討の対象外」と語った。

羽毛田長官によると、大正と昭和の天皇、皇后陵がある「武蔵陵墓地」(東京都八王子市)では、地形や面積の制約から新たな陵の用地確保は困難となる見込みで、両陛下は自分の陵について「規模を含めできるだけ簡素なものとすることが望ましい」との考えを示し、社会で一般化している火葬を望んでいるという。 

春の園遊会、日本天皇と台湾代表が40年ぶりに会話=台湾メディア
(サーチナ 4/24付)

天皇、皇后両陛下が主催し、4月19日に開かれた「春の園遊会」。「40年ぶりに台湾の代表が日本の天皇と会話をした」と、台湾では大きなニュースになり、報道が続いている。

日刊紙「自由時報(ザ・リバティ・タイムス)」は、「台北駐日経済文化代表処の馮寄台駐日代表夫妻は、宮内庁からの正式な招待状を受け取り出席。
赤坂御苑(ぎょえん)で日本の天皇、皇后両陛下に対面を果たした」とし、「天皇が前に現れた時、馮代表は“私は台湾の駐日代表です”とあいさつ。“台湾は東日本大震災で日本に大きな援助をしてくださり、感謝しています”というお言葉をもらった。皇后は代表夫人に来日期間の長さや生活に慣れているかなど英語で話しかけられ、約1分間の会話を終えた」と詳細を伝えた。「日本の天皇と台湾の代表が会話を交わすのは、国交断絶後40年来初だった」と結んでいる。

また「今年の園遊会は1996人が出席。宮内庁関係者は、“東日本大震災に多大な支援をしていただいている台湾に対し、日本政府は何度か失礼な行為をとってきた。今回は失礼無きよう、代表を招きたい”と話していた」とも伝えている。代表が園遊会に出席したことを、日本からの感謝の気持ちと受け取り喜んでいる台湾の人々が多い事を願いたい。(編集担当:饒波貴子・黄珮君)

戦後、これほど精神性を錬磨されたか方がおられるだろうか
東日本大震災以降、陛下がおられなかったらと思うとゾッとすることが多々あります。

先の園遊会に台湾代表が招かれたことは、陛下が火葬を考えておられるという記事からリンクがあって、たまたま知ることが出来ました。

寡聞にして、村井宮城県知事や古川宇宙飛行士、放駒日本相撲協会前理事長のことしか知りませんでした。けれども、台湾代表をお招きになられたことこそ、最も大きな意味があったことだったのではないでしょうか?

陛下にフォローアップされる現政権には、猛省してもらいたいです。


――――――――――――――――――――――――――
関連記事
追悼式で台湾代表が献花できず…首相、深く反省
(読売新聞 3/13付)

野田首相は12日の参院予算委員会で、11日の政府主催の東日本大震災追悼式で、台湾代表に献花の機会がなかったことについて、「本当に申し訳ない。行き届いていなかったことを深く反省したい」と陳謝した。

自民党の世耕弘成氏への答弁。台湾からの震災義援金は官民合わせて約200億円と世界トップクラスだった。

世耕氏は追悼式で、天皇、皇后両陛下がご退席になる際、場内が着席していたとして、「どこの国でも全員起立するものだ」と批判。藤村官房長官は「(議事進行は)事務方で詰めてきたものを直前に聞いた。おわびするしかない」と謝った。

民主の文科政務官、大敗に「けじめつけるのは当然」 ・・・菅首相は、完全に震災対応の機を逸した

民主の文科政務官、大敗に「けじめつけるのは当然」執行部の責任論に言及
(MSN 4/25付)

笠浩史文部科学政務官は25日、民主党の統一地方選敗北に関して「昨年の参議院でも負けた、統一地方選でも負けたとなれば、誰がということは言わないが、何らかのけじめをつけるのは当然だ」と述べ、執行部の責任論に言及した。自身が代表を務める民主党神奈川県連の会合後、国会内で記者団に語った。

敗因については「政権交代後、国民の期待に応えきれなかった。東日本大震災の初期対応への批判も影響した」と指摘。6月に予定されている県連代表選には出馬しない意向も示した。

・・・菅首相は、完全に震災対応の機を逸した
「天災が起こると、株式市場が荒れる」と、一般に言われます。震災などで企業がダメージを負えば、当然、その企業活動は後退するわけで、被災の影響を見極めようと情報が飛び交い、売り注文・買い注文も錯綜するためです。

同じように、天災が起こると政界も荒れます。

しかし、荒れると言っても、悪い方ばかりではありません。
天災によって株価を上げる企業があるように、天災によって株が上がる政治家もいるのです。政治家・菅直人も、東日本大震災への対応が優れていれば、震災前に低下していた支持率を跳ね上げて、今ごろ権勢を振るっていたはずなのです。

ところが現実を見れば、統一地方選で民主党は大敗。衆議院議員・愛知県6区補欠選挙では、民主党公認候補を擁立することさえできませんでした。この結果から、菅首相は、間違いなく、天災を受けて株を下げた政治家であると言えます。

一方、菅首相が窮地に陥っているとき、岩手県4区選出の小沢一郎衆議院議員は、強制起訴を待つ身であるとはいえ沈黙を続けています。「小沢一郎を、政治家にしよう!」と推した有権者がすぐ隣の選挙区にいるのに、「岩手のことをよく知っている」と手を出すでもなく、菅首相を表立って批判するでもなく、ただただ黙っています。
一部に『小沢待望論』があるようですが、窮地に臨む人間・小沢一郎は、個人的に随分と卑怯な感じがしています。

民主党自体がダメになっていくのは構いませんが、民主党は政権与党。いま民主党がダメになっていくと、日本国も道連れでダメにしてしまいます。それは、公党にあるまじき行為です。
踏ん張るなら正しく踏ん張り、できないなら早期に根を上げて政権を返上して欲しいものです。

消費動向調査:3月消費者態度指数下落幅最大 「弱い動き」に下方修正 ・・・東北を支えるため、きちんと消費を

消費動向調査:3月消費者態度指数下落幅最大 「弱い動き」に下方修正
(産経新聞 4/19付)

内閣府が19日発表した3月の消費動向調査によると、今後半年間の暮らし向きなどについて消費者の見方を示す消費者態度指数(一般世帯、季節調整値)は東日本大震災の影響などから、前月比2.6ポイント低下の38.6と2カ月連続で前月を下回った。下落幅は月次調査を始めた平成16年4月以降で過去最大。

消費者心理の基調判断も前月の「ほぼ横ばいとなっている」から「弱い動きがみられる」と22年11月以来4カ月ぶりに下方修正した。

消費者態度指数を構成する、「暮らし向き」「収入の増え方」「雇用環境」「耐久消費財の買い時判断」4つの指標もそろって低下。震災後の態度指数の集計値(38.3)は震災前より0.8ポイント低い結果となった。内閣府では「震災に伴う先行き不安が影響した」(内閣府)としている。

一方、1年後の物価見通しが「上昇する」と回答した割合は前月比9.8ポイント増の69.3%と4カ月連続で増加し、原油高などを反映した。

今回の調査は全国6720世帯を対象に実施。3月10~20日にかけて、4904世帯から回答が寄せられた。うち約67%が震災発生日の翌日(12日)以降の回答で、被災地の岩手、宮城、福島、茨城の140世帯からは回収できなかった。

内閣府では今月から、消費者態度指数について、過去のデータが十分に蓄積されたため、季節要因を加味した調整値を発表することにした。

・・・東北を支えるため、きちんと消費を
東日本大震災で被災した方々は、着の身着のままで避難所まで逃げてこられて、「物を買いたくても買えない状態」にあります。また、いくつかの企業は事業を再開して働けるようになっているようですが、会社が流失・倒壊したり、待避命令で活動を制限されたりで、「働きたくても働けない状態」にあります。

現状、東北の被災地は、被災を免れた地域の支援を必要としているわけです。であるのに、他の地域まで消費マインドを低下させ、消費・流通を停滞させ、経済力を低下させてしまっては支えられるものも支えられなくなってしまいます。

もし「自分だけ便利に暮らすこと」に心理的抵抗を感じるのであれば、自宅の白熱電球をLED電球に買い替えて節電に協力しませんか?
東北地方から出荷される野菜や肉・魚、お米を買って、東北地方にお金が回るような献立を考えませんか?
東北地方出身の芸能人やアーティストの作品に目を向けて、DVDなどを買ってみませんか?

東日本大震災に臨んで「今、やれること」は、決して買い控えではないはずです。

【2011年本屋大賞】令嬢刑事と毒舌執事の活躍描く『謎解きはディナーのあとで』に決定

【2011年本屋大賞】令嬢刑事と毒舌執事の活躍描く『謎解きはディナーのあとで』に決定
(オリコン 4/12付)

全国の書店員が選ぶ「2011年本屋大賞」(本屋大賞実行委員会主催)の発表会が12日、都内で行われ、東川篤哉氏の『謎解きはディナーのあとで』(小学館)が大賞に輝いた。同作は新米刑事にして大企業の令嬢・宝生麗子と、その執事・影山が殺人事件を解決していくミステリー小説。
東川氏は、1968年広島生まれ。カッパノベルスの新人作家発掘プロジェクト「Kappa-One」の第一期生として2002年『密室の鍵貸します』でデビュー。今後の活躍が期待される作家の一人だ。

“出版不況”や“読書離れ”の対抗策として、書店員有志により創設された同賞は今年で8回目。初ノミネートで受賞した東川氏は「デビュー以来、こういった賞を頂くのも、スピーチも初めて。ユーモアミステリーを書こうと決めて、すぐに売れたわけではなかったが、賞をもらえて何より」と喜んだ。すでに映像化の話も東川氏のもとに舞い込んでいるようで、「美男美女に演じてもらいたい」と期待を寄せた。

『謎解き~』は、昨年9月の発売以来じわじわと売上を伸ばしていたが、1月25日に同賞にノミネートされたことが追い風となり、2/14付オリコン “本”ランキングBOOK(総合)部門で初の首位を獲得。
2009年の大賞作品『告白』(湊かなえ)は、昨年松たか子主演で映画化され、原作文庫が216万部(2010年11月21までの集計)を売り上げ、『オリコン2010年年間“本”ランキング』文庫部門で1位となった。2010年の大賞作品『天地明察』(冲方丁)も映画化が決まっている。

会場には、前年大賞受賞の冲方氏が自宅のある福島県福島市からお祝いに駆けつけた。近況について「物流の回復ぶりに日本の底力感じている。心のライフラインを届けることができるのは書店。受賞式が無事開かれたこと嬉しく思っております」と話していた。

今回は2009年12月1日から2010年11月30日の間に刊行された“日本のオリジナル小説”が対象。書店員自身が「お客様にも薦めたい」「自分の店で売りたい」と思った本をインターネット上でエントリーする一次投票には全国362書店385人が参加、上位10作品がノミネートされた。ノミネート作品を対象にした二次投票には全国351書店、439人が参加した。

このほかに、特別企画として「中2男子に読ませたい! 中2賞」も発表され、山田玲司『非属の才能』(光文社新書)、北尾トロ『キミは他人に鼻毛が出てますよといえるかデラックス』(朝日文庫)が選出された。

■2011年本屋大賞 順位一覧
1位:『謎解きはディナーのあとで』東川篤哉(小学館)
2位:『ふがいない僕は空を見た』窪美澄(新潮社)
3位:『ペンギン・ハイウェイ』森見登美彦(角川書店)
4位:『錨を上げよ』百田尚樹(講談社)
5位:『シューマンの指』奥泉光(講談社)
6位:『叫びと祈り』梓崎優(東京創元社)
7位:『悪の教典』貴志祐介(文藝春秋)
8位:『神様のカルテ2』夏川草介(小学館)
9位:『キケン』有川浩(新潮社)
10位:『ストーリー・セラー』 有川浩(新潮社)

『謎解きはディナーのあとで』東川篤哉(小学館)・・・ミステリ界に新たなヒーロー誕生?! 主人公は、国立署の新米警部である宝生麗子のはずが、彼女と事件の話をするうちに真犯人を特定するのは執事の影山。日本初の安楽椅子探偵の登場。
「失礼ながら、お嬢様の目は節穴でございますか?」 一向に事件の謎を解明しない宝生グループの令嬢である麗子に、今日も容赦なく執事の影山の暴言が飛ぶ・・・

『ふがいない僕は空を見た』窪美澄(新潮社)・・・これって性欲? でも、それだけじゃないはず。高校一年、斉藤卓巳。ずっと好きだったクラスメートに告白されても、頭の中はコミケで出会った主婦・あんずのことでいっぱい。団地で暮らす同級生、助産院をいとなむお母さん・・・。16歳のやりきれない思いは周りの人たちに波紋を広げ、彼らの生きかたまでも変えていく。

『ペンギン・ハイウェイ』森見登美彦(角川書店)・・・小学4年生のぼくが住む郊外の町に突然ペンギンたちが現れた。この事件に歯科医院のお姉さんの不思議な力が関わっていることを知ったぼくは、その謎を研究することにした。

『錨を上げよ』百田尚樹(講談社)・・・戦争が終わってちょうど10年目、いまだ空襲の跡が残る大阪の下町に生まれた作田又三。
高度経済成長、60年安保闘争、東京オリンピック、大阪万博、よど号ハイジャック事件、日本列島改造論、石油ショック―激動の昭和の時代、生まれながらの野生児、作田又三は、人生という荒海を渡っていく。いざ、海図なき嵐の海へ。さあ、錨を上げよ!圧倒的青春小説。

『シューマンの指』奥泉光(講談社)・・・シューマンに憑かれた天才美少年ピアニスト、永嶺修人。彼に焦がれる音大受験生の「私」。
卒業式の夜、彼らが通う高校で女子生徒が殺害された。現場に居合わせた修人はその後、指にピアニストとして致命的な怪我を負い、事件は未解決のまま30年の年月が流れる。そんなある日「私」の元に修人が外国でシューマンを弾いていたという「ありえない」噂が伝わる。修人の指に、いったいなにが起きたのか。

『叫びと祈り』梓崎優(東京創元社)・・・砂漠を行くキャラバンを襲った連続殺人、スペインの風車の丘で繰り広げられる推理合戦、ロシアの修道院で勃発した列聖を巡る悲劇・・・。ひとりの青年が世界各国で遭遇する、数々の異様な謎。

『悪の教典』貴志祐介(文藝春秋)・・・とびきり有能な教師がサイコパスだったとしたら、その凶行は誰が止められるのか? 学校という閉鎖空間に放たれた殺人鬼は高いIQと好青年の貌を持っていた。ピカレスクロマンの輝きを秘めた戦慄のサイコホラー。

『神様のカルテ 2』夏川草介(小学館)・・・医師の話ではない。人間の話をしているのだ。栗原一止は夏目漱石を敬愛し、信州の「24時間、356日対応」の本庄病院で働く内科医である。写真家の妻・ハルの献身的な支えや、頼りになる同僚、下宿先「御嶽荘」の愉快な住人たちに力をもらい、日々を乗り切っている。

『キケン』有川浩(新潮社)・・・成南電気工科大学機械制御研究部略称「機研」。彼らの巻き起こす、およそ人間の所行とは思えない数々の事件から、周りからは畏怖と慄きをもって、キケン=危険、と呼び恐れられていた。これは、その伝説的黄金時代を描いた物語である。

『ストーリー・セラー』有川浩(新潮社)・・・このままずっと小説を書き続けるか、あるいは・・・。小説家と、彼女を支える夫を突然襲った、あまりにも過酷な運命。極限の選択を求められた彼女は、今まで最高の読者でいてくれた夫のために、物語を紡ぎ続けた――。

【統一地方選】民主党、3知事選で全敗し道府県議選でも敗北 ・・・後手後手に回る震災対応への批判では?

統一地方選前半戦 民主党、3知事選で全敗し道府県議選でも敗北 菅政権は再び窮地に
(FNN 4/11付)

統一地方選挙の前半戦で、民主党が、与野党対決となった3知事選で全敗し、道府県議選でも敗北したことで、菅政権は、再び窮地に立たされた形となっている。

国民に対して口を閉ざし、官僚などを怒鳴るだけとの評判ばかり聞こえてくる菅首相の一連の震災対応に、有権者は事実上、「ノー」を突きつけた形。

菅首相は11日午前、記者の「選挙は厳しい結果となりましたが?」との問いに、無言で歩き去った。民主党の岡田幹事長は11日未明、「与党になってですね、その期待に十分に応えていないというご意見、あるいは受け止め方が、ずいぶんあったんだと思います」と述べた。

10日の統一地方選の前半戦では、与野党対決となった北海道、東京、三重の3知事選で全敗し、特に、岡田幹事長のおひざ元の三重での敗北は象徴的で、民主党内からは、「大惨敗だ。もう黙っていられない」との指摘が出ている。

大震災後、鳴りを潜めていた執行部批判が再燃した形で、小沢氏に近い議員などからは、「菅や岡田には辞めてもらうしかない」との声まで出ている。

「大連立」で一時は接近するかに見えた自民党も、石原幹事長が、「信頼関係がないところに大連立はない」と、距離を置く発言をするなど、攻勢を強めており、今後の「特別立法」などをめぐっても、与党は大幅な譲歩を迫られるものとみられる。

・・・後手後手に回る震災対応への批判では?
民主王国である愛知県でも、愛知県議選で民主党が35議席から9議席も減らす惨敗。この結果は、国政批判の影響でしょう。

本来、国政と地方自治体政治はそれぞれ別のニーズに対応するものであって、当選者選びの視点も異なって然るべき。国政を担う民主党政権が頼りなくても、都道府県議会では民主党が優勢になることは、充分にあり得ます。

しかし、今回の選挙では、東日本大震災を理由に多くの立候補者が選挙活動を自粛。ほとんどアピールらしいアピールをすることなく、投開票日を迎えてしまいました。つまり、有権者は少ない判断材料で投票先を選んだわけです。

では、その「少ない判断材料」とは何か? ニュース報道は東日本大震災一色。候補者による街頭演説も見られなかったという事情から見れば、有権者の判断材料は、「国政において、民主党はどんな震災対応をしてきているか? このまま民主党に任せられるのか?」に絞られてきます。

東京都知事選で石原慎太郎氏が、四選というハードルを超えて圧勝したのは、福島第1原発事故で東京都のハイパーレスキュー隊を派遣したり、東京都の水道水から基準値を上回る放射性物質が検出されたときのスピーディーな対応があったからでしょう。危機に対して的確かつ迅速な対処の出来るリーダーは、普段の政治問題もきちんと処理してくれるという期待が持てます。

一方の菅直人首相は、「顔が見えない」と批判され、会見は枝野官房長官任せ。表に出ない代わりにリーダーとしての仕事をしてきているのかと思い返すと、個人的には思い当たりません。枝野長官の方が、マスコミの矢面に立ち続けて、ずっと仕事をしているように見えます。

住基ネットもあり、国勢調査も行ったばかりなのですから、義援金の配分ぐらい済んでいて良い日程です。住基ネット上の頭数で市町村役所に配分し、1カ月後ぐらいに精算して余った分を委員会に戻すという方法であれば、すぐにでも被災者の方々へ一時金を届けることは出来るはずです。杓子定規に、被災者情報を確定してから配分する旧来の方法をとらなくても良いでしょう。

津波につかった地域は「居住禁止区域」と定めて、新たに高台の防災ニュータウンを作る構想が漏れ聞こえるぐらいの期待だってしたいものです。そうした期待に応えられていないことが、統一地方選挙での民主党惨敗につながったのではないでしょうか?

入試問題流出:居眠り・私語・「雑用」公言…試験監督に問題も ・・・監督が甘かろうと、カンニングは他の受験生への甚大な裏切り

居眠り・私語・「雑用」公言…試験監督に問題も
(読売新聞 3/4付)

京都大や早稲田大など4大学の入試問題がインターネット掲示板「ヤフー知恵袋」に投稿された事件で、入試会場での監督態勢の甘さを問う声が出ている。

逮捕された男子予備校生(19)は「一人でやった」と供述しており、試験会場で断続的に携帯電話を操作していたとみられるが、試験監督らがこうした不審な動きを見逃していた可能性があるからだ。大学側は「不正防止に万全の態勢をとってきた」とするが、試験監督態勢の不十分さや、先端電子機器への対応の遅れを指摘する声もある。

京都府警の調べでは、予備校生は2月26日、京都大の英語の試験中に携帯電話で掲示板に投稿した上、寄せられた回答も閲覧していた疑いが持たれている。

京大によると当時、受験生約8000人に対し、監督約400人を配置。受験生も椅子を一つずつ空けて座らせるなどしており、京大幹部は不正発覚直後の会見で「十分な数の監督を置いていた」としていた。

しかし、長年、センター試験の大学責任者を務めていた60歳代の国立大学の元教授は、「監督の数が多ければいいというわけではない。試験監督を『雑用』と呼んではばからず、いいかげんにやる教員も多い」と証言する。

センター試験では会場に2人以上の教授を試験監督として配置。しかし、元教授によると、試験中に自分の講義のテスト採点を行ったり、いびきをかいて眠ったりする教授もおり、試験後、「試験監督のおしゃべりがうるさかった」と、苦情を寄せられたこともあった、という。

・・・監督が甘かろうと、カンニングは他の受験生への甚大な裏切り
たった1人分の合格枠の話と見ているのか、カンニングという不正行為を軽く見ているのか。それとも、逮捕されたのが未成年だったからか、単独犯だったからなのか。世間の評価は、カンニングをした男子予備校生よりも、カンニングを見抜けなかった大学側に対して辛いようです。

ですが、この事件における一番の被害者は、真剣勝負で受験をした他の受験生たちです。

カンニングをした男子予備校生が裏切った相手は、同じように志望大学合格を夢見て、頑張って勉強してきた受験生たち。カンニングをした男子予備校生が破ったのは、親の期待や自分で自分にかけるプレッシャーに耐えて、18歳、19歳、中には20歳を越えてあの受験当日をむかえた者同士の間にある「大学入試は不正なく受けるもの」という不文律です。

この男子予備校生が裏切った相手は、すべて似たような境遇にいるわけで、彼は決して特別に寛大に扱われる立場にはいません。

センター試験で失敗したなら、志望大学のランクを下げればよい
そもそも、センター試験に失敗したけれども親に負担をかけられないと言うなら、志望大学のランクを落とすことだって出来たはずです。

幸いにも、国立大学受験の願書は、センター試験の自己採点をした後。自分が志望大学に通るだけの持ち点を採れているかどうかを確認した後でも提出が間に合うよう、国公立大学の受験日程は組まれています。

カンニングをした男子予備校生も、京都大学は厳しかったのでしょうが、同じ国立大学である東北大学や北海道大学なら勝負できたかもしれません。
センター試験で失敗した自覚があったにもかかわらず無理をして京都大学へ願書を出すなど、端から見れば、単に「京大合格コースにいる」という見栄を張るための無謀にしか見えません。その上さらにカンニングをして合格しようとするなど、弁解の余地はないように思われます。

大学入試は、センター試験から二次試験までに限っても、1カ月以上の時間をかける入試。引き返すチャンス、思い直すチャンスは幾らでもあったはずです。

入試監督がザルであろうと、カンニングは処断されるべき不正行為
男子予備校生のカンニングを見抜けなかった京都大学、早稲田大学、同志社大学、立教大学の入試監督がお粗末だったのは確かです。入試問題文の携帯電話ブラウザへの打ち直し、掲示板への投稿、掲示板に返ってくる回答の内容確認の全てを入試時間内にやらせてしまったのですから、相当の不備があったと考えざるを得ません。

しかしだからといって、「入試監督がザルだからカンニングをして良い」との論理にはならないはずです。

なぜなら、入試監督が甘いという『悪』と、受験生がカンニングに手を染めるという『悪』とは、別個に議論すべき話だからです。カンニングは隣の席で、自分と一緒の条件で競争している受験生に対する裏切りであって、入試監督者は不正を防ぐ防止装置に過ぎません。防止装置が完璧に動いていなくとも、不正はしないのが当然なのです。


――――――――――――――――――――――――――
関連記事
入試投稿「騒いで逮捕させた」「監督こそ問題」京大に抗議殺到
(産経新聞 3/4付)

京都大や早稲田大学など4大学の入試問題が試験時間中にインターネットの質問サイト「ヤフー知恵袋」に投稿された事件で、偽計業務妨害容疑で京都府警が仙台市内の男子予備校生(19)を逮捕してから一夜明けた4日、京都大に抗議の電話が殺到した。

京大によると、4日午前8時半ごろから一般からの電話に応じているが、「京大が騒いで未成年者を逮捕させた」「京大の監督態勢こそ問題があったのではないか」との抗議や苦情が、受け付け開始1時間ほどで約30件に及び、その後も鳴りやまないという。

内容はすべてが京大の対応を非難したもので、年配者の方の声が多いという。
アクセスカウンター
プロフィール

鮎滝 渉

Author:鮎滝 渉
千秋真一に23%似ているらしいブロガーです。
実家である愛知県に戻ってきました。
ほぼ日刊で更新中。日々の巡回サイトに加えてやってください。
-------------------------
ブロガー名を、「鮎滝 渉」へ改めました。
私が自分に付けた最初のペンネーム。そして、「一角の者になるまでは使うまい」と思ってた名でもあります。

大して公知のペンネームというわけでもありません。が、1回目の中小企業診断士試験の失敗以降、あれこれと思い悩む中、「“輝かしい名としようする執着”はかえって醜い。そろそろ、この名を名乗る覚悟をしよう」と決意。鮎滝の名を使うことにしました。

ちなみに、旧ブロガー名は「スクナビコナ」。
日本神話に出てくる知恵の神様の名前です。恐れ多い名前ですが、ブログをする気構えとして、使っておりました。

スポンサー広告
↓あなたもブログ始めるなら↓ 無料blog

↓アフィリエイト始めるなら↓ アフィリエイト・SEO対策

↓英会話を始めるなら↓ 英会話スクールWILL Square

↓アクセスアップなら↓
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログランキング参加中
応援してやってくださいm( _ _ )m
↓ワンクリックお願いします↓


ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 ニュースブログへ

にほんブログ村 本ブログへ

にほんブログ村 漫画ブログへ

にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ

にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ

本を買う
↓楽天ブックスを使う↓

---------------------------
↓アマゾンで商品検索↓

---------------------------
↓ベストセラー本のご紹介↓
カテゴリー
最近の記事
ブログ内検索
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。