中小企業診断士をめざしつつ、日々のニュースやおススメ本など話題を提供。「突然スピーチを頼まれた」「ちょっと小生意気な話」など話のネタにしてください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』を観てきました ・・・いろいろと詰め込んだなぁ

映画『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』を観てきました。

評価としてはS>A>B>C>Dの5段階で・・・

A。


注意:ここから先はネタばれになりますので、映画館でこれから観ようという方、DVDレンタルを待とうという方は、読み飛ばしてください。

当初、映画を見に行くスケジュールを組みにくかったので、BDを待つつもりでした。しかし、ネット内のネタバレリスクがあまりに酷いので、ちょっと無理をして観に行った次第です。
そういう経緯もあり出来る限りネタバレを回避したいところなのですが、内容を整理しておきたいので、この先はネタバレありです。







破のおさらいがてら・・・
強力なATフィールドを持つ第10使徒は、マリの乗る弐号機を圧倒。N2ミサイルを抱えた零号機の特攻も跳ねのける。
一方、初号機に乗るのを拒否し、一人、シェルターに避難していたシンジ。その頭上、天井を破ってマリが乗る弐号機が落ちてくる。シンジは、弐号機の手のひらで零号機を吸収して人形に変形していく第10使徒を目の当たりにする。

零号機とレイを吸収した第10使徒は、零号機の識別信号を獲得。リリスの居るセントラル・ドグマを目指し、メインシャフトを降下し始めた。

自分ができること、なすべきことに向き合ったシンジは、初号機の元に戻ってきた。
「父さん、ボクはヱヴァンゲリヲン初号機パイロット。碇シンジです」

シンジは、発令所まで降りていた第10使徒を強襲。使徒をジオフロント地表へ引きずり戻したが、内部電源で動いていた初号機は、そこで活動限界を迎えてしまう。
しかし、シンジの「綾波だけは絶対に助ける」という強い意志に応えて再起動。人による呪縛を破った初号機は、「人の域を超えたもの」へと変貌し、その力は第10使徒を軽く吹き飛ばした。初号機は、さらに純粋に人の思いを叶える「神に近い存在」へと覚醒。シンジは、第10使徒のコアからレイを救い出す。

シンジとレイの邂逅により、初号機をトリガーとして、新たな生命を生み古の生物を滅ぼすサード・インパクトが始まる。だが、サード・インパクトは、初号機をコアを月面から飛来したMark.06の槍が貫いたことで、食い止められた。

・・・あれから、14年後。
形象を失っていたシンジは、初号機のコアからサルベージされた。

そう、14年後の話です
TVシリーズを踏襲した序・破と異なり、サード・インパクトの14年後から始まるQは完全新作でした。

描かれるのは、サード・インパクトが不完全に終わったこと(ニア・サード・インパクト)で、ある意味で中途半端になった世界。多くの生物が死滅した一方、一部の人類が生き延びた状況から話が始まります。

「人類補完計画」を進めてきたゲンドウ・冬月にとって、ニア・サード・インパクト後の状況は想定内のこと。古の生物が滅びることなど省みることなく、計画を遂行していきます(ネルフ)。
一方、ニア・サード・インパクトを生き延びた葛城・赤木にとって、サード・インパクトは自分たちを滅ぼす災厄。彼女たちは、「人類生存」をかけてゲンドウたちと対立することになりました(反ネルフ組織ヴィレ)。

そんな中で最初に鍵を握ったのは、ヴィレ。ヴィレは、衛星軌道上からシンジを取り込んでいる初号機を回収。さらにシンジをサルベージすることに成功します。

サルベージされたシンジにとって、ミサトたちとの再会は喜ばしいこと。再びエヴァに乗って力になりたいと訴えます。しかし、ヴィレを結成したミサトたちにとって、シンジはサード・インパクトのトリガー。監視すべき危険因子となっていました。

ミサトたちに「何もしないで」と突き放されたシンジは、初号機をメインエンジンとするヴィレの巨大戦艦・AAA ヴンダーを急襲したレイの元へ出ていってしまう・・・

いろいろと詰め込んだなぁ
もともとエヴァンゲリオンは壮大な黙示録的物語でしたが、新劇場版Qになって、さらに多くの要素を詰め込んできました。

・人の居ない世界
・人類補完計画 対 人類生存
・14年の歳月と立場で変わった人々
・エヴァを素体にした戦艦
・エヴァ 対 エヴァの戦闘
・シンジに寄り添い、導くカヲル
・ダブルエントリー・システム
・オリジナル綾波の行方
・綾波シリーズ
・「思い」と「呪い」
・思いを先行して失敗を繰り返すシンジ

そりゃあ四作目へ行かないと、ストーリーを完結できないでしょう。語りたくなる要素も多く、テロのようにネタバレしたくなる気持ちも解ります。

次回作に期待。
スポンサーサイト

映画『忌野清志郎 ナニワ・サリバン・ショー ~感度サイコー!!!~』を観てきました

12月11日に映画『忌野清志郎 ナニワ・サリバン・ショー ~感度サイコー!!!~』を観てきました。


評価としてはS>A>B>C>Dの5段階で・・・

“Aプラス”。

注意:ここから先はネタばれになりますので、映画館でこれから観ようという方、DVDレンタルを待とうという方は、読み飛ばしてください。




作品情報
忌野清志郎、バンドマン。2009年5月2日、虹の向こうに出立。
還暦にあたる今年、彼のこの星での音楽生活の中でもひときわ異彩を放った伝説のライブが、スクリーンに蘇る!

そのライブとは、2001年、2004年、2006年と三度にわたり大阪城ホー利で行われた、忌野清志郎と愉快な仲間たちが繰り広げる超一級のライブ・エンタテイメント“ナニワ・サリバン・ショー”。

大阪を愛し、音楽を愛し、そして忌野清志郎を愛する多数のアーティストが今回、「4回目のナニサリ、やっちゃうかい?」とばかりに結集。

貴重なライブシーンを駆使しながら、ほかに類を見ないミュージックムービーとして、新たな映像版“ナニワ・サリバン・ショー”がここに誕生した。

~公式ホームページより~

清志郎は、スゲェーーーッ!!!
レイト・ショーしかなかったので迷いに迷ったのですが、

「観て良かったーーーっ!!!」

オープニングから布袋寅泰さんが超絶技巧を見せてくれたり、中村獅童さんとのぶっ飛んだ『キモちE』の競演があったり、矢野顕子さんとの凄いセッションがあったり、宮藤官九郎さんとの共作のナニサリのテーマソングで盛り上がったり、『雨あがりの夜空に』でさらにボルテージを上げたり、間寛平さんが台なしにしたり・・・

ラジオスタジオ以外の幕間の小ネタは余計だった気がするため、S評価は付けませんでした。あの尺に、普通に松たか子さんや、竹中直人さんを入れて欲しかった。

けれども、やっぱり清志郎は、唯一無二、最高のロックスターです。

『映画けいおん!』を観てきました ・・・いいスタッフを集めた作品だなぁ

12月11日に『映画けいおん!』を観てきました。

年賀状の準備やら、今はまっている戦国IXAに時間を割いたりで、鑑賞から感想まで2週間も空いてしまいました。


評価としてはS>A>B>C>Dの5段階で・・・

“A”。

注意:ここから先はネタばれになりますので、映画館でこれから観ようという方、DVDレンタルを待とうという方は、読み飛ばしてください。




あらすじから、つらつらと・・・
無事、同じ大学への進学も決まった、桜が丘高校軽音部の3年生の唯、澪、律、紬。いつも通りにゆるやかな時間を送っていると、教室で同級生たちが「卒業旅行」を企画していることを知る。

例によって例のごとく、「自分たちも卒業旅行へ行こう!」という勢いになり、梓の期末試験後の連休に合わせて、5人で卒業旅行へ行くことが決まる。行く先は、ロックの聖地・ロンドン!

こうして、スケジュール担当・梓(なんで?)の軽音部卒業旅行が始まった・・・

・・・いいスタッフを集めた作品だなぁ
TVアニメの頃からのことですが、つくづくスタッフに恵まれた作品だと思いました。

冒頭の「DEATH DEVIL ごっこ」に使われた曲は、正統派ヘヴィー・メタル。どうでもいいところに、思いっきり力を入れてあることに感心します。予告編の「音楽性の違い」は、釣りだったんですね。

ストーリーの展開は、いつもの軽音部らしく行き当たりばったり。けれども、「何か、先輩らしいことをしたい」ということで始まった梓に贈る曲『天使にふれたよ』が完成するまでの話が織り込んであったり、TVアニメ第2期のOPで使われた教室でのライブを織り込んであったりと、TVアニメから見てきた者としてはしっかり楽しませてもらいました。

映画『探偵はBARにいる』を観てきました ・・・素直におもしろい

10月1日は映画『探偵はBARにいる』を観てきました


評価としてはS>A>B>C>Dの5段階で・・・

“A”。

注意:ここから先はネタばれになりますので、映画館でこれから観ようという方、DVDレンタルを待とうという方は、読み飛ばしてください。




あらすじから、つらつらと・・・
北海道札幌市の繁華街「すすきの」のバー「ケラーオオハタ」をねぐらとする私立探偵に、「コンドウキョウコ」と名乗る女から依頼の電話がかかってくる。

依頼を引き受けた私立探偵は、北海道の大雪原に生き埋めにされる。命からがら雪の下からはい出した探偵は、助手の高田に助けを求めることができた。「次は、殺すぞ」という脅しだ。

BARに戻った探偵へ、再びコンドウキョウコから新たな依頼の電話がかかってくる。高田は、これ以上関わらない方が良いとたしなめるが、探偵はコンドウキョウコについて調べ始める。

そして探偵は、近藤京子が焼死したという放火事件、その容疑者である少年のシンナー中毒死、札幌の経済界を牽引する「霧島グループ」社長・霧島敏夫の撲殺事件という3つの事件の情報をつかんで・・・

素直におもしろい
松田龍平さんが演じる高田が圧倒的に喧嘩に強かったり、シンコーのカトーを演じる高嶋政伸さんがネジの飛んでる悪役に嵌っていたり、脇を固める俳優陣が良かったです。

もちろん、主人公の探偵を演じる大泉洋さんも良かったです。ハードボイルドを気取った三枚目という探偵でしたが、三枚目具合がいい感じで、感情移入のし易いキャラクターに仕上がっていました。

ハードボイルドというと、新宿歌舞伎町を舞台にすることが多いですけど、すすきのが舞台というのも新鮮でした。

続編も決まっているそうで、是非、観に行きたいです。

映画『はやぶさ/HAYABUSA』を観てきました ・・・自分の中では大当たり

昨日はファースト・デイということで、映画『はやぶさ/HAYABUSA』を観てきました。


評価としてはS>A>B>C>Dの5段階で・・・

“S”。

注意:ここから先はネタばれになりますので、映画館でこれから観ようという方、DVDレンタルを待とうという方は、読み飛ばしてください。




あらすじから、つらつらと・・・
2010年6月13日、日本から打ち上げられた小惑星探査機<はやぶさ>が、いくつもの絶体絶命のピンチを乗り越えて、地球に帰ってきた。月以外の天体からサンプルを採取して持ち帰るという、NASAでさえ成し得なかったミッションを果たすために・・・。

わずか1~2メートル四方・500kgという小さな<はやぶさ>の7年間、60億キロに及ぶ旅を支えたのは、ユニークな経歴を持つメンバーで結成されたプロジェクトチームだった。プレッシャーと、次々に降りかかるトラブルに、心を一つにして立ち向かうメンバーたち・・・

自分の中では大当たり
科学誌を読んでいた自分としては、はやぶさとは打ち上げ時からの付き合い。通信途絶からの回復以降は、何度かこのブログでもニュースを引っ張って来ていました。

事実関係を知った上で、この作品のため「どうかなぁ・・・」と思いつつ鑑賞。

ですが、「艱難辛苦を乗り越えて<はやぶさ>が、帰ってきました。めでたし、めでたし」というだけでなく、科学で身を立てる難しさ、数十年という長いプロジェクトで成果を出す難しさ、成功するとは限らない未知未踏のプロジェクトを諦めることなく続ける難しさ。「それでもなお、困難を乗り越えていくことが、いかに大切であるか」というメッセージがいっぱい詰まっていました。

「よしっ!がんばろう」と思わせてくれる作品です。

映画『マルドゥック・スクランブル 燃焼』を観てきました ・・・こういうテイストも好き

昨日はファースト・デイということで、映画『マルドゥック・スクランブル 燃焼』を観てきました。


評価としてはS>A>B>C>Dの5段階で・・・

“Bプラス”。

注意:ここから先はネタばれになりますので、映画館でこれから観ようという方、DVDレンタルを待とうという方は、読み飛ばしてください。




あらすじから、つらつらと・・・
賭博師シェルの犯罪に巻き込まれた少女娼婦バロットと、委任事件担当官のネズミにして万能兵器のウフコック。
その眼前に、かつてウフコックを“濫用”して殺戮の限りを尽くした男ボイルドが立ち塞がる・・・。

追い詰められたバロットたちのもとに、ドクターがフライング・ハウスで駆けつけて2人を救い出す。しかし、バロットを守るため、“濫用”を余儀なくされたウフコックは、瀕死の重体に陥っていた。

瀕死のウフコックを連れてドクターが訪れた先は「楽園」。
そこは法的に使用が禁止されている科学技術を封印した施設。「楽園」の技術で傷を癒したバロットは、“呼吸することを忘れた”青年・トゥイードルティ、そして「楽園」を作り上げた3博士のひとりフェイスマンと出会い、「楽園」の“過去”を知ることとなる。

フェイスマンから「楽園」の通信ネットワークを使うことを許されたバロットは、シェルの“移し替えられた記憶”の在処を突き止める。それは、シェルが経営するカジノの百万ドルチップの中。 バロットはシェルの罪状を白日の下に晒すため、チップを手に入れることを決意する。

「楽園」の技術で回復したウフコックに、バロットはウフコックへ“濫用”したことを謝る。
ウフコックは逆に、自分の力不足でバロットを危ない目にあわせてしまったことを謝罪。
二人の絆はさらに強まった。

2000ドルを400万ドルへと増やせば、高額チップが出てくる。バロット、ウフコック、ドクターは、“合法的”に百万ドルチップからシェルの記憶を抜き出すため、シェルのカジノへと乗り込む。・・・

知的な駆け引きもおもしろい
今回の勝負は、前回のガンアクションと打って変わって、カジノ。と言っても、囚人のジレンマや統計分析といった方向ではなく、場の空気、場の流れを読む心理的駆け引き。

最初のターゲットは、ポーカー卓を囲むディーラーと組んだイカサマ師たち。

カードの匂い、そしてイカサマ師たちの心の匂いを読み取るウフコックと、人間業を超えたスピードでカードをすり替えられるバレットのコンビで、イカサマ師をカモにしていくのは痛快でした。イカサマを仕組んだ手札を、後からバロットがすり替えられるのですから、常人では太刀打ち不可。イカサマ師が被る損害はカジノ側も関知しないことであるため容赦なくチップを稼いでいきます。

次にバロットが選んだルーレットでの勝負は、ポーカーとはまた違った面白味がありました。

相手は狙ったところへボールを落とせる凄腕の女性スピナー、ベル・ウィング。バロットとウフコックは、ボールが投げ込まれたときの傾斜角などから、ボールが落下する番号を読むという手で対抗するわけですが。

ルーレットをしながら、ベルとバロットが交わす会話がいいです。バロットが、カジノのオーナーであるシェルに敵意があることなど、核心をつきつつも、一スピナーの枠は超えてこないベル。駆け引きを続けながら、ベルを「素敵」と慕うバロット。スピナーと客の間にある一線を超えない距離感で、比喩をまじえて行われる会話が、カジノという舞台にとてもマッチしていて心地よかったです。

映画『劇場版NARUTO-ナルト- ブラッド・プリズン』を観てきました ・・・おもしろいんだけどさぁ

昨日はファースト・デイということで、映画『劇場版NARUTO-ナルト- ブラッド・プリズン』を観てきました。


評価としてはS>A>B>C>Dの5段階で・・・

“Bプラス”。

注意:ここから先はネタばれになりますので、映画館でこれから観ようという方、DVDレンタルを待とうという方は、読み飛ばしてください。




あらすじから、つらつらと・・・
何でも願いを叶えるという『極楽の匣』をの謎を追っている雲隠れの里・雷影とその側近を、突如、一人の忍びが襲撃する。雷影の反撃で露わになったのは、木ノ葉隠れのうずまきナルトだった。

手配書が回ってきた木ノ葉隠れの里では、ナルトの身柄を拘束する。ナルトは無実を訴えるが聞き入れられず、ナルトは荒れ狂う海に浮かぶ孤島、草隠れの里が管理する脱獄不可能の監獄『鬼灯城』へ送られる。鬼灯城は、各里の信用を失った忍びが集められる監獄。城を出られるのは、里から正式の釈放要請が成されたときか、死んだときのみ。

鬼灯城に送られたナルトは、鬼灯城城主・無為に、チャクラを練ると身体を焼かれる禁固術『火遁・天牢』をかけられ、忍びとしての力を封じられてしまう。ナルトの運命は・・・

・・・おもしろいんだけどさぁ
脚本が、第1回『このミステリーがすごい!』で読者賞をとられた東山彰良先生だということで、期待して行きました。

実際、無実の罪で監獄に捕らわれたナルトが、直情型のナルトらしく無為に突っかかっていったり、膨大なチャクラ量を背景に辛うじて成功させられる影分身を使って脱獄を図ってみたり、試行錯誤の結果、体内の忍術チャクラを練ることが出来ないなら自然エネルギーを使う仙術チャクラなら扱えるのではないかと試みたりするところ。ナルトと無為の抹殺を図ろうとする竜舌、自称「無為の腰巾着」ムロイが、喧嘩に見せかけて鬼灯城の混乱を拡げる展開などは、うまく描かれていたと思います。

しかし、『極楽の匣』が開いて、六道仙人時代の兵器『さとり』が出てきた後からが問題。

綱手たち木ノ葉隠れオールスターズとキラービーは、出さなくても描けたんじゃない? だって、そのための劇場版オリジナルキャラ・竜舌じゃん。

あの面子なら頭脳・分析役はカカシかシカマルなわけで、『さとり』への対処方を見つけるのがナルトというのは、ちょっと役の回し方に無理がある気がします。「ラストは、オールスター勢揃い」というのがジャンプアニメの正道ですけれども、せっかくに東山先生に脚本を頼んだのですから、「シナリオ上、居なくても済む役は出さない作品」にしても良かったように思うわけです。
木ノ葉と雲隠れの共同作戦だからキラービーを出すとしても、木ノ葉側はカカシ班だけで充分でない?

劇場版BLEACHが典型的な悪い例ですけれども、「オールスター勢揃い信仰」から脱却した方が良いように思います。この脱却こそ「キャラ頼みでなく、シナリオ勝負」という舵切りになるわけで、本当におもしろい作品を作っていく王道だと思います。

映画『ハリー・ポッターと死の秘宝 PART2』を観てきました ・・・10年・8作もの続編を成し遂げた大作品の完結

昨日はファースト・デイということで、映画『ハリー・ポッターと死の秘宝 PART2』を観てきましたを観てきました。


評価としてはS>A>B>C>Dの5段階で・・・

“A”。

注意:ここから先はネタばれになりますので、映画館でこれから観ようという方、DVDレンタルを待とうという方は、読み飛ばしてください。




あらすじから、つらつらと・・・
ヴォルデモード卿は、オリバンダーから最強の魔法の杖「ニワトコの杖」の情報を聞き出し、ダンブルドアの墓を暴いて杖を手に入れた。強大な力を得たヴォルデモード卿は、死喰い人の集団を動かし、セブルス・スネイプのホグワーツ魔法魔術学校校長就任など、魔法界への支配力を強めていった。

一方、ヴォルデモート卿抹殺の鍵を握る“分霊箱”の探索を続けるハリー。「サラザール・スリザリンのロケット」をグリフィンドールの剣で破壊したハリーたちは、次なる分霊箱「ヘルガ・ハッフルパフのカップ」を手に入れるため、グリンゴッツ魔法銀行に向かう・・・

・・・10年・8作もの続編を成し遂げた大作品の完結
3D版の方が迫力があるのでしょうが、斜視の鮎滝には、あの眼鏡を掛けても3Dは見えません。なので、鮎滝が観たのは2D版。仮面ライダーや怪物くんも3Dでやるそうですけど、「何でも3Dにする」風潮は、何とかなりませんかねぇ。あの眼鏡を使えない身体障害者は、映画制作会社・配給会社が思っているよりも、ずっと多いと思うのですけど。

本題。
ストーリー全体としては、ハリーたちが分霊箱を見つけて破壊。その破壊を関知したヴォルデモードとハリーの心がシンクロして、次の分霊箱のヒントを得て、徐々にヴォルデモード抹殺に近付いていくという流れ。分霊箱の破壊を進めるハリーたちと、それを阻止する手を打つヴォルデモードとの争いの場が、ホグワーツ魔法魔術学校へ移ってからの盛り上がりは素晴らしかったです。

個人的には、何かとハリーに突っかかってきたスネイプ先生が、ハリーの母親・リリーの幼なじみで、リリーへずっと片思いを続けてきたこと。リリーが遺したハリーが、ヴォルデモートが意図せずに作った分霊箱となっており、時が来れば死ななければならない運命にあることを知って苦悩してきたことなど、セブルス・スネイプが死喰い人となった訳を知れて、すっきりしました。

ネビルは、最後までおいしいところを持っていくキャラだったんですね。
アクセスカウンター
プロフィール

鮎滝 渉

Author:鮎滝 渉
千秋真一に23%似ているらしいブロガーです。
実家である愛知県に戻ってきました。
ほぼ日刊で更新中。日々の巡回サイトに加えてやってください。
-------------------------
ブロガー名を、「鮎滝 渉」へ改めました。
私が自分に付けた最初のペンネーム。そして、「一角の者になるまでは使うまい」と思ってた名でもあります。

大して公知のペンネームというわけでもありません。が、1回目の中小企業診断士試験の失敗以降、あれこれと思い悩む中、「“輝かしい名としようする執着”はかえって醜い。そろそろ、この名を名乗る覚悟をしよう」と決意。鮎滝の名を使うことにしました。

ちなみに、旧ブロガー名は「スクナビコナ」。
日本神話に出てくる知恵の神様の名前です。恐れ多い名前ですが、ブログをする気構えとして、使っておりました。

スポンサー広告
↓あなたもブログ始めるなら↓ 無料blog

↓アフィリエイト始めるなら↓ アフィリエイト・SEO対策

↓英会話を始めるなら↓ 英会話スクールWILL Square

↓アクセスアップなら↓
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログランキング参加中
応援してやってくださいm( _ _ )m
↓ワンクリックお願いします↓


ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 ニュースブログへ

にほんブログ村 本ブログへ

にほんブログ村 漫画ブログへ

にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ

にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ

本を買う
↓楽天ブックスを使う↓

---------------------------
↓アマゾンで商品検索↓

---------------------------
↓ベストセラー本のご紹介↓
カテゴリー
最近の記事
ブログ内検索
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。