中小企業診断士をめざしつつ、日々のニュースやおススメ本など話題を提供。「突然スピーチを頼まれた」「ちょっと小生意気な話」など話のネタにしてください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

デモの死者45人に ムバラク大統領は退陣要求拒否 ・・・チュニジアは政変を実現したから

デモの死者45人に ムバラク大統領は退陣要求拒否
(産経新聞 1/29付)

【カイロ=大内清】エジプトのムバラク大統領は29日未明(日本時間同日朝)、テレビ演説で、現在のナジフ内閣の全閣僚を更迭して新内閣を発足させると発表、自身は大統領にとどまる考えを表明した。ムバラク氏の退陣を要求している国民の不満は収まらず、同日午前には首都カイロ中心部や北部のアレクサンドリアなどで反政府デモが再開された。

ムバラク政権始まって以来最大となった28日のデモの参加者は全国で100万人に達したとみられ、一部は略奪など暴徒化している。現地での報道によると、28日のデモでは、首都カイロや北部のスエズ、ダマンフールなどで少なくとも45人以上が死亡、負傷者は千数百人に上った。

また、29日のフランス通信(AFP)によると、デモに参加したエジプト出身の国際原子力機関(IAEA)前事務局長、エルバラダイ氏はフランスのテレビ局に「ムバラク大統領は去らなければならない」と述べた。 

ムバラク氏は演説で「より自由で民主的な社会をつくるために、政治・経済・社会改革を進める」と述べ、デモ隊の訴えている民主化や失業対策、貧富の格差解消などに集中的に取り組む姿勢をみせた。しかし一方で、ムバラク氏は「治安維持のためにあらゆる手段を取る」と述べ、反政府デモを押さえ込む考えを示した。カイロ中心部では28日深夜から29日未明にかけ、多くの市民が夜間外出禁止令を無視してデモに参加した。

中東の衛星テレビ局アルジャジーラは、ムバラク氏の演説後、カイロ中心部タハリール広場に集結したデモ隊が一斉に「ムバラクは出ていけ」などと叫び、デモ継続を訴えたと伝えた。また、29日午前に再開されたカイロでのデモ参加者は数千人にのぼったとの情報もある。

カイロでは与党・国民民主党(NDP)本部がデモ隊によって襲撃され、放火で全焼した。各地でも政府庁舎や警察署などへの襲撃や放火が相次いでおり、治安が著しく悪化している。またアルジャジーラによると、同日未明までに多くのビジネスマンが国外に脱出。カイロと北部の主要都市アレクサンドリアを結ぶ鉄道は運行を停止した。

・・・チュニジアは政変を実現したから
エジプトでも、ムバラク大統領が退陣するまで終わらないように思います。成功例が存在する以上、デモを行っているエジプト国民のモチベーションは下がらないでしょう。

「エジプト国軍が、いつまで大統領側に味方するか?」
もうカウントダウンが始まっているように思います。

スポンサーサイト

英BBCお笑い番組、二重被爆者を「世界一運が悪い男」 ・・・このコメディアンのセンスは酷い

英BBCお笑い番組、二重被爆者を「世界一運が悪い男」
(朝日新聞 1/22付)

【ロンドン=伊東和貴】広島と長崎で二重被爆し、昨年93歳で亡くなった山口彊(つとむ)さんについて、英BBCが昨年12月に放映したテレビのお笑いクイズ番組で、「世界一運が悪い男」などと紹介していたことが20日、分かった。在英日本大使館はBBC側に書面で抗議し、番組プロデューサーは謝罪した。

問題となったのは、昨年12月17日に放映された人気の番組「QI」。司会者が、長崎出身の山口さんが広島に出張して原爆で大やけどを負った後に鉄道で長崎に戻ったことに触れ、「英国なら電車は止まっている」と英鉄道の不備を自虐的にとらえる内容だった。だが、ゲストのコメディアンが「長崎で入院したのか」とつっこむと、スタジオから笑いが漏れる一幕があった。

さらに、司会者が「山口さんが長崎に戻ると、また原爆が投下された」と述べると、観衆は爆笑。司会者は「二重被爆をして生き残ったのは、最も幸運か最も不運か」などと締めくくった。スタジオにはきのこ雲や山口さんの顔写真が掲げられた。

在英邦人から指摘を受けた大使館は、今月7日、BBCと番組制作会社に「山口さんの経験をこういう形で取り上げるのは、不適切で無神経だ」と広報文化担当の公使名で書簡を送った。

番組プロデューサーは今月17日、大使館への手紙で「(山口さんを)バカにする趣旨の番組ではなく、驚くべき経験を正確に伝えようとしたつもりだ。日本人の強さを真に称賛している」などと釈明しつつ、「(日本人)視聴者の気分を害してしまったことを非常に遺憾に思う」と謝罪の意を示した。抗議をした在英邦人にも非を認める内容のメールを送ったという。

・・・このコメディアンのセンスは酷い
きっと制作側の当初の想定では、「“米国の原爆投下により、ヒロシマとナガサキの両方で被爆をした日本人が居た”事実を、人気もある、ノリの軽いお笑いクイズ番組を通じてより広く伝えたかった」というものだったのでしょう。しかし、制作側の意図を読めなかった出演コメディアンが「これはブラックジョークにできる」と踏んで余計なツッコミを入れたため、スタジオ観覧車に「笑って良いことなんだ」という雰囲気が生まれて、最後の爆笑につながってしまったのだと思われます。

お笑いクイズ番組としての過去の流れと、コメディアンなどがキャスティングされている会場から考えれば、故・山口彊さんのストーリーを扱うのは非常に困難であるとの判断もできたかもしれません。これらの要素をクリアした上で山口さんのストーリーを核保有国として深刻に伝えることも、司会者と事前に綿密な打ち合わせをすれば可能だったでしょう。“笑い”に変えようとしたコメディアンを司会者がスケープゴートにすれば、会場を引かせることも、山口さんへの哀悼を引き出すことだってできるわけですから。

BBCから速やかな謝罪が得られたのは、少しマシだったかもしれません。

金総書記に戦犯容疑 国際刑事裁判所が予備調査 ・・・延坪島砲撃などで韓国の民間団体が告発

金総書記に戦犯容疑 国際刑事裁判所が予備調査
(産経新聞 12/31付)

【ソウル=黒田勝弘】国連関連機関である国際刑事裁判所(ICC、オランダ・ハーグ)が北朝鮮の金正日総書記に対し“戦争犯罪者”の疑いで予備調査を始めた。本格捜査に発展し容疑ありとなれば逮捕状が発付され、北朝鮮は犯罪国家としてあらためて国際世論の厳しい批判にさらされる。

ただ北朝鮮はICC設立条約には加盟していないため、ICCの調査や捜査に協力する義務はない。逮捕状は強制執行できず、起訴されても欠席裁判は認められていないため、金総書記が戦犯法廷に立つ可能性は今のところ低い。
また判決に死刑はなく、最高刑は終身刑(無期懲役)となっている。

北朝鮮に対するICCの予備調査は、最近の北朝鮮による韓国哨戒艦撃沈や延坪島砲撃など軍事挑発を「戦争犯罪」「侵略行為」とする韓国の民間団体が訴えた結果で、すでにICCは検察部による予備調査着手を公式に明らかにしている。

この問題についてICCの宋相現・所長は先に韓国紙とのインタビューで「予備調査はICC検察部が韓国での2つの事件が戦争犯罪に該当する素地があると判断した結果で、現在はその証拠集めの段階とみていい」と語っている。

ICCは2002年に設立され現在、韓国人所長の下、日本人1人を含む18人の裁判官で構成されている。4件が裁判進行中で捜査中が5件あり、いずれもアフリカの部族紛争など内戦関連だという。

金総書記に対する犯罪追及をめぐっては、脱北者団体など韓国の保守系民間団体が「北朝鮮・反人道犯罪調査委員会」を結成し、金総書記を「人道への罪」でICCに告発するため、09年から資料集めを進めていた。

今年、北朝鮮による軍事挑発が相次いだため“戦犯容疑者”としても追及の対象にし、ICCに告発した。関係者によると日本人拉致事件も十分、容疑の対象になるという。

ICCの性格からして裁判を通じて金総書記を実際に処罰することは無理だが、人道問題を含め北朝鮮の独裁政権の“犯罪性”を広く国際社会に知らせる上では大きな効果がある。

調査、捜査、起訴までにはかなりの時間がかかるといわれるが、起訴された場合、時効はないため一生、追及の対象になる。ICCの動きは本人および北朝鮮にとっては相当、頭の痛い問題になりそうだ。

・・・延坪島砲撃などで韓国の民間団体が告発
北朝鮮の後ろ盾となっている中国・ロシアが入っている安全保障理事会と異なり、ICCは個人の国際犯罪を裁く常設の国際司法機関。拒否権発動による空転という事態は存在しません。

ICC設立条約に加盟していない北朝鮮は、仮に金正日総書記が有罪となっても、「いわれのない不名誉を着せられた」と突っ張るだけかもしれません。しかし、ICC設立条約に加盟している各国政府は、「戦争犯罪人に荷担するのか?」という世論への対応を迫られることになるでしょう。

まだ証拠調べの段階ですが、来年に向けて北朝鮮を大きく動かす一手になる可能性があります。

韓国政府、竹島含む10港の「国家管理港」指定を検討 ・・・前原外相による即時反論はどうした?

韓国政府、竹島含む10港の「国家管理港」指定を検討
(日経新聞 12/27付)

【ソウル=尾島島雄】韓国国土海洋省は27日、日韓両国が領有権を主張する竹島(韓国名・独島)や北朝鮮から砲撃を受けた延坪島(ヨンピョンド)など10カ所の港を「国家管理港」に指定することを検討すると明らかにした。竹島を対象とすることで、韓国による実効支配の強化につなげる狙いがあるとみられる。

各港が指定された場合、2011年にも地方自治体から国の直接管理に切り替わる。政府予算の投入で大型船の接岸施設を増強することが予想される。黄海側の韓国最北端であるペクリョンドや竹島に近い鬱陵島(ウルルンド)などが指定の検討対象となっている。

・・・前原外相による即時反論はどうした?
前原外務大臣による即時反論は、無しで過ごすつもりなのでしょうか?

「韓国政府が竹島の“国家管理港”指定を検討」というニュースは、今日の13時に共同通信で報道しています。
日本国政府・外務省にも、もっと前に情報が入っているはずで。夕方のニュースに間に合うよう、「竹島は日本国固有の領土であり、韓国が不当に建設した施設の速やかな撤去を求める」といった声明を、前原外務相や菅首相が出す時間も充分にありました。

にもかかわらず、民主党の午後の役員会は、予定通りに小沢氏の国会招致問題のみを扱った様子。民主党には、「韓国が竹島を獲ろうとしていることに比べれば、小沢氏の国会招致など毛ほどの価値もない」という価値付けの出来る司令塔は存在しないのでしょうか?

この様子だと、尖閣諸島を巡る一連の対応についても、まったく反省がなされていないのでしょうね。領土問題に関する民主党の弛緩加減は、目に余ります。


――――――――――――――――――――――――――
関連記事
東シナ海、中国軍機急増 尖閣事件後、緊急発進相次ぐ
(朝日新聞 12/27付)

今年9月の尖閣事件以降、東シナ海上空で自衛隊機に対して中国軍機がこれまでにないような接近をする例が出始めている。日本側は「エア・ハラスメント」と呼んで分析と対策の検討を始めた。一方、自衛隊の中国機に対する緊急発進(スクランブル)も今年度すでに44回に達し、過去5年で最多となっている。南西諸島周辺の日中間のせめぎ合いは、海上・海中にとどまらず空にも広がっている。

海上自衛隊は、P3C哨戒機に加え、EP3電子戦データ収集機や、OP3C画像情報収集機などの「偵察機」を南西諸島の北西空域にほぼ連日飛ばし、中国軍の動きを監視している。航空自衛隊もYS11EB電子測定機で電波を傍受している。いずれも主に日本の防空識別圏(ADIZ)の内側、日中中間線付近を飛んでいるという。

こうした「偵察活動」に対し、中国側はこれまで戦闘機や攻撃機を発進させてもADIZの外までにとどめていた。ところが、尖閣事件の翌月の10月からは、海軍のJH7攻撃機がADIZ内に入るだけでなく日中中間線も越えて、自衛隊機を視認できる距離まで近づいてくるようになったという。

これに対して航空自衛隊がスクランブルをかけると引き揚げていくという。日中間でいわば「スクランブル合戦」が繰り広げられている状況だ。

関係者の間では「中国軍パイロットの技量は日米に比べ劣るうえ飛び方も乱暴」として、「このままエスカレートすれば、2001年に南シナ海上空で米海軍のEP3が中国の戦闘機と空中衝突したような重大事故が起きる恐れもある」との懸念が聞かれる。

中国側の日本に対する偵察活動も活発化している。

日米共同統合演習「キーンソード」が行われていた12月7日、那覇基地からF15戦闘機が緊急発進した。対象の国籍不明機はADIZ内に入り日中中間線付近を飛行した。空自機は肉眼で中国海軍のY8X洋上哨戒機と確認し帰投した。

3月12日には、Y8AEW早期警戒機が初めて日中中間線を越えて日本側に飛来した。中国の東シナ海沿岸部の地上レーダーの探知距離は、日中中間線あたりが限界と見られている。強力なレーダーを搭載した早期警戒機が中間線を越えて日本側に進出すれば、沖縄本島を含む南西諸島全体が中国軍機の作戦行動範囲に入る恐れが出てくる。

防衛省によると、今年度の中国機に対するスクランブルは12月22日現在で44回にのぼっているが、これは06年度の総計のすでに2倍に達している。

こうした変化の背景には、中国が「排他的経済水域(EEZ)は国際海域ではない」(「中国国防報」)と主張し、その上空での米軍の活動を非難し、制限しようとしているという事情もある。

中国海軍艦艇による、南西諸島を含む「第1列島線」の通過も常態化している。日米が動向に最も神経をとがらせる潜水艦は、沖縄本島と宮古島の間を通って太平洋に出るケースがここ数年、年間数件程度で定着しているという。

米太平洋軍のウィラード司令官は、朝日新聞とのインタビューで「中国の軍事力がさらに強大化する一方、日米が現在のような前方展開兵力を維持すれば、双方が接触する頻度は今後ますます増える」と指摘した。南西諸島付近では、そうした傾向がすでに現実となっている。(編集委員・加藤洋一)

中国抑止へ「動的防衛力」 防衛大綱決定 ・・・不打不成相識、中国が嫌がったなら正解

中国抑止へ「動的防衛力」 防衛大綱決定
(中日新聞 12/17付)

政府は17日午前の安全保障会議と閣議で、国防の基本的指針となる新たな「防衛計画の大綱」(防衛大綱)と中期防衛力整備計画(中期防、2011~15年度)を決定した。必要最小限度の防衛力を国内に均等配置する「基盤的防衛力構想」に代わり、即応性・機動性を重視した「動的防衛力」の概念を新たに導入。軍事力を増強する中国を「地域や国際社会の懸念事項」と位置付け、島嶼(とうしょ)部など南西地域の態勢強化を打ち出した。

大綱の策定は04年以来6年ぶり。民主党政権では初めて。

旧ソ連の侵攻を想定した「基盤的防衛力構想」は1976年に示され、前回大綱でも「有効な部分は継承」とされていた。今回は従来方針を転換。戦車など冷戦型の装備を縮減する一方、海空の機動力を整備し、ミサイル対処、防空、輸送などの機能を充実する。具体的な対処として、島嶼部への攻撃、サイバー攻撃、ゲリラ、弾道ミサイルなどを重視するとした。

また首相官邸に、安全保障に関する関係閣僚の政策調整と首相への助言を行う組織の新設を明記。国連平和維持活動(PKO)参加五原則は実態を踏まえ、あり方を検討する。

武器輸出三原則の見直しは、社民党の反発などに配慮して見送った。ただ先進諸国では国際共同開発・生産が主流と指摘。「こうした変化に対応するための方策を検討する」と含みを持たせた。

一方、中期防は23兆4900億円で、前回(05~09年)に比べ7500億円の減額となった。南西諸島防衛の強化に向け、与那国島(沖縄県)などに沿岸監視隊を配置するとともに、中隊規模の陸上部隊を展開。早期警戒機も南西地域で常時運用する。

・・・不打不成相識、中国が嫌がったなら正解
「不打不成相識」とは、中国の故事成語で「喧嘩しない限りお互いのことを本当によく知ることはできない」と言う意味です。
言い合い、主張し合うことによって、初めて相手のことが解るというのが中国人。押されたら引いたり、すぐに妥協点を探ったりするようでは、いつまで経っても関係は進展しないわけです。

その中国が、今回の日本国の防衛大綱に対して不快感を表明しました。東シナ海ガス田など南西諸島で中国と衝突する日本国にとっては、最初の段階をクリアしたと言えるでしょう。

中国との安全保障問題で引いてばかりだった菅内閣が、防衛大綱の運用時点で引くことなく、中国に対して主張し続けることを願います。


――――――――――――――――――――――――――
関連記事
新防衛大綱、中国が強い不快感を表明
(読売新聞 12/18付)

【北京=佐伯聡士】中国外務省は17日、日本政府が東シナ海などでの中国の活動に警戒感を示す新防衛大綱を決定したことについて、「中国は平和発展の道を堅持し、防御的な国防政策を実施しており、いかなる人に対しても脅威となるつもりはない」と反論する報道官談話を発表した。

その上で、「一部の国に、国際社会の代表を気取って、無責任に中国の発展をとやかく言う権利はない」と、強い不快感を表明した。

「強大な海軍」を国家目標に掲げる胡錦濤政権は、遠洋能力向上を図るため、今年4月、沖ノ鳥島西方の太平洋上で実施した艦隊合同訓練を常態化させる方針を固めている。南西諸島周辺での日本の潜水艦増強などが障害になるとみて、警戒を強めている模様だ。

中国紙「中国青年報」は17日、新大綱について「日本が専守防衛政策から離れるプロセスを加速し、(日本を)攻撃性を備えた軍事国家へと発展させるものだ」と非難する西安陸軍学院の専門家の論文を掲載した。

菅首相:北方領土視察に意欲=「遠くない時期に」 ・・・いや、いや、いや、無理でしょう?

北方領土視察に意欲=「遠くない時期に」-菅首相
(時事通信 12/1付)

菅直人首相は1日午後、北海道根室市の長谷川俊輔市長らと首相官邸で面会した。長谷川氏が「ぜひ根室に来て北方領土を視察してほしい」と求めたのに対し、首相は「そう遠くない時期に(北方領土の)四島を自分の目で見て、皆さんの声を現地でも聞きたいと思っている」と応じた。 

馬淵澄夫北方担当相は同日、都内で開かれた北方領土返還を求める集会に出席し、ロシアのメドベージェフ大統領の国後島訪問について「日本人の心を引き裂くようなつらい事実だ」と批判。「国民世論の啓発は、私たちの大きな使命だ。2011年度予算で一歩前進となる姿を提示したい」と述べた。

いや、いや、いや、無理でしょう?
これまで、何にも日本国政府として手を回してないのですから。鈴木宗男元議員に醜聞が聞かれて以来、何もしてませんよね?

鳩山由紀夫前首相は北海道選挙区ですけれども、ロシアと個人的なパイプを築いているというのも寡聞にして聞きません。共同通信の鉢巻き写真はイタイだけでした。


↑北方領土隣接地域振興対策根室管内市町連絡協議会との面談で、「返せ!北方領土」の鉢巻きを着けた菅首相=1日午後、首相官邸

(今日はファースト・デーで映画を見通しだったため、ツッコミたいニュースだけ)

北朝鮮砲撃、「非道な行為」オバマ大統領が非難 ・・・1日明けて色々と情報が整理された

「非道な行為」オバマ大統領が非難…北朝鮮砲撃
(読売新聞 11/24付)

【ワシントン=本間圭一】オバマ米大統領は23日夜(日本時間24日昼)、韓国の李明博大統領と電話会談し、北朝鮮軍による韓国・延坪島(ヨンピョンド)への砲撃への対応として、今後数日中に米韓合同軍事演習を新たに緊急実施することで合意した。

オバマ大統領は会談で砲撃を「非道な行為」と非難し、北朝鮮への圧力強化に向け、韓国など主要関係国との連携を軸に、対抗措置の本格検討に乗り出した。

ホワイトハウスによると、オバマ大統領は会談で、北朝鮮が挑発行為を停止しなければ、さらなる孤立を招くとの見解を表明。同盟国である韓国の防衛を「断固かつ完全に行う用意がある」と伝えた。軍事演習の詳細は不明だが、「両国の安全保障に関する緊密な協力関係を継続する」としており、北朝鮮に両国の結束を示す狙いがありそうだ。

「村全体が燃えている」「これは実戦だ」 恐怖語る島民
(朝日新聞 11/24付)

【ソウル=箱田哲也】「村全体が燃えている。真っ黒な煙で何も見えない」――。北朝鮮から突然の砲撃を受けた韓国・大延坪島(デヨンピョンド)の島民たちは23日、韓国YTNテレビの取材に当時の生々しい状況を語った。砲撃を受け、黒煙を上げる島の映像も公開された。

「船に乗り込もうとしたところで砲弾が落ちてくるのを直接見て、逃げた。まだ目の前に真っ赤な火柱が立っている。いまは橋の下に約20人の住民と避難している。道路にはだれ一人としていない」

島の生まれという40代の男性は、電話口で話した。「子どもが学校にいる。心配だ」「村が廃虚になった。震えている。早く島を出たい」

砲撃は白昼、何の予兆もなしに始まった。50代の男性は「『これは訓練ではない、実戦だ。すぐに避難しなさい』という放送を聞き、近くの学校に逃げてきた。ここから見えるだけで10軒以上の家が燃えている」と話した。

「みんな『戦争が起きた』と言い合っている」。被弾した集落に住むイ・ジョンシクさんは、「一発落ちるたび、すごい衝撃だった」。

住民の一部は港へ殺到。漁船などで本土側へ自力でたどり着いた人たちもいた。ほかの住民は島内に数カ所ある防空壕などに避難した。

ソウル中心部から100キロ以上西の黄海に浮かぶ大延坪島は、住民千数百人の大半が漁業か農業で生計を立て、ふだんは静寂に包まれている。

付近海域で交戦があるなど、いったん南北が衝突すると緊張が走る「海の火薬庫」のような地域ではあった。だが40代の男性は「これまでとはまったく違う」と語った。

・・・1日明けて色々と情報が整理された
・北朝鮮軍が韓国の大延坪島を砲撃したのは、大延坪島で韓国軍が陸上軍事演習を始めるにあたってテスト砲弾を撃った直後だったこと

・北朝鮮による砲撃は、大延坪島の韓国軍軍事施設に集中していたこと

・しかもこの軍事演習は韓国から北朝鮮へ事前に通達されており、北朝鮮はその通達に対して「韓国軍が黄海で実施している軍事演習で、わが国領海に向けて発砲すれば、われわれはだまっていない」と抗議していたこと

・韓国は北朝鮮側の抗議を押し切って、大延坪島での軍事演習を敢行したこと

・北朝鮮が明かした濃縮ウラン施設への対応策のため、韓国、日本国を訪れたボズワース北朝鮮担当特別代表が中国入りしていたこと

タイミング、計画内容は緻密だが、らしくない一手
北朝鮮が主張する領域は、大延坪島の南側にあります。国際的に認められるかは兎も角、北朝鮮は自分たちの言い分が成立するよう、緻密に「韓国軍の軍事演習を“軍事的挑発行為”と捉えて、それに応戦した」という形式を整えていたわけです。

とはいえ、韓国海兵隊の軍事施設だけでなく、民間人の暮らす集落もある大延坪島への直接攻撃というのは、基本的に軍人同士の衝突に止めてきた金正日総書記らしくない一手です。なぜなら、「瀬戸際外交の材料は、職務上、敵対者との銃撃で死ぬこともある軍人に止める」というのが、これまでの金正日総書記が引いてきた境界線だからです。

最初から民間人を標的としたテロ行為である大韓航空機爆破事件とも、今回の戦闘は性質が異なります。

増して、韓国の李明博大統領は洪水被害に見舞われた北朝鮮へのコメ支援を表明しており、かつ明日・25日には南北赤十字会談が開催される予定でした。これらを全てをご破算にするというのも、金正日総書記らしくない判断です。

人間、こういった「らしくない計画」を断行するときには何らかの裏があるわけで、金正恩氏への三代世襲に当たり、相当に無理をした北朝鮮中枢部人事の歪みが出ているのかもしれません。


――――――――――――――――――――――――――
関連記事
「許し難い蛮行」首相、北朝鮮を強く非難
(読売新聞 11/24付)

政府は24日、北朝鮮による韓国砲撃を受け、全閣僚をメンバーとする対策本部(本部長・菅首相)を設置、第1回会合を首相官邸で開いた。

首相は「一般市民が住む地域への砲撃は許し難い蛮行で、強く非難する。韓国だけでなく、我が国を含む東アジア情勢に対して憂慮すべき事態を生み出している」と指摘した。そのうえで「韓国、米国と強く連携して対応したい。北朝鮮に強い影響力を持つ中国にも北朝鮮を抑えていく努力を求めることが必要だ」と強調した。

首相は同日昼、韓国の李明博大統領と電話会談し、大統領が「日本の支援に感謝している」と謝意を示したのに対し、「韓国の姿勢を支持している」と述べ、今後の緊密な連携を確認した。前原外相も同日午前、金星煥外交通商相と電話会談し、国連の場を含め、日韓、日米韓での緊密な連携を確認した。

韓国軍、戦闘機を展開 北砲撃50発に80発応酬 ・・・ヤクザばりの不細工な功名争い?

韓国軍、戦闘機を展開 北砲撃50発に80発応酬 軍事訓練に反応か
(MSN 11/23付)

【ソウル=加藤達也】韓国メディアによると、北朝鮮の砲撃を受けたのは、南北国境付近の延坪島で、韓国軍は付近に戦闘機を展開、非常事態態勢を取っている。撃ち込まれた砲弾は50発で、韓国軍の対応射撃は約80発。

ロイター通信によると、韓国大統領府は、砲撃が韓国軍の軍事訓練に反応して行われた可能性があるとしている。

延坪島では、山火事が発生、負傷者には韓国兵のほかに市民も含まれているとの報道もある。

・・・ヤクザばりの不細工な功名争い?
延坪島付近の海上軍事演習に対抗するなら、同じ海上で撃ち合いをするか、公海上にミサイルを撃つのがいつもの人間・金正日の反応。離島とはいえ島へ砲弾を着弾させるというのは、金正日総書記らしくない采配です。

金正日総書記の後継が三男・金正恩氏に決まったことで、金正恩氏に“忠誠心”をアピールする功名争いでも始まったのでしょうか?

閉鎖社会での功名争いは、閉鎖社会の外側から見ると往々にして不合理かつ不細工なものですが、今回は極めつけの一例かもしれません。

本来、軍隊が動くとき、その軍隊は帰属している国家等の意思を背負っているものです。軍隊を展開する戦略上の拠点奪取であったり、相手国の軍事等重要施設の破壊であったり、領土拡大を図る一定地域の占領であったり、相手国を屈服させる外交目的であったりと、軍隊は一定の達成すべき目的を持たされて動くものです。

しかし、今回の北朝鮮軍の動きは砲撃のみ。それも、韓国軍にこっぴどく反撃される有り様。これは、およそ軍隊の動きとは言えません。遠距離砲撃は一般に占領戦を展開する歩兵の援護として使うものであり、歩兵の進軍を伴わない砲撃など、弾の無駄遣いでしょう。

一つの国家でありながら「代替わりの景気付けに・・・」というヤクザのノリで軍隊が動くようでは、北朝鮮内の庶民が痛い目を見る瓦解をむかえそうで先が思いやられます。


――――――――――――――――――――――――――
関連記事
北朝鮮の意図つかめず 米特使、ウラン濃縮で
(共同通信 11/23付)

米国のソン・キム6カ国協議担当特使は22日、北朝鮮がウラン濃縮施設を米科学者に確認させた意図について「長期間この問題を担当してきているが、正確に予測できているか心配になってきている」と述べ、米政府が北朝鮮の意図を測りかねており、今後も情報収集を進める姿勢を示した。ワシントンでのシンポジウムで語った。

また今後の6カ国協議について、議長国の中国による北朝鮮への一層の働き掛けが重要だと強調。北朝鮮の非核化は、中国の国益にもかなうと指摘。「われわれには共通のゴールがある」と述べ、米国と協調するよう求めた。
アクセスカウンター
プロフィール

鮎滝 渉

Author:鮎滝 渉
千秋真一に23%似ているらしいブロガーです。
実家である愛知県に戻ってきました。
ほぼ日刊で更新中。日々の巡回サイトに加えてやってください。
-------------------------
ブロガー名を、「鮎滝 渉」へ改めました。
私が自分に付けた最初のペンネーム。そして、「一角の者になるまでは使うまい」と思ってた名でもあります。

大して公知のペンネームというわけでもありません。が、1回目の中小企業診断士試験の失敗以降、あれこれと思い悩む中、「“輝かしい名としようする執着”はかえって醜い。そろそろ、この名を名乗る覚悟をしよう」と決意。鮎滝の名を使うことにしました。

ちなみに、旧ブロガー名は「スクナビコナ」。
日本神話に出てくる知恵の神様の名前です。恐れ多い名前ですが、ブログをする気構えとして、使っておりました。

スポンサー広告
↓あなたもブログ始めるなら↓ 無料blog

↓アフィリエイト始めるなら↓ アフィリエイト・SEO対策

↓英会話を始めるなら↓ 英会話スクールWILL Square

↓アクセスアップなら↓
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログランキング参加中
応援してやってくださいm( _ _ )m
↓ワンクリックお願いします↓


ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 ニュースブログへ

にほんブログ村 本ブログへ

にほんブログ村 漫画ブログへ

にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ

にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ

本を買う
↓楽天ブックスを使う↓

---------------------------
↓アマゾンで商品検索↓

---------------------------
↓ベストセラー本のご紹介↓
カテゴリー
最近の記事
ブログ内検索
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。