中小企業診断士をめざしつつ、日々のニュースやおススメ本など話題を提供。「突然スピーチを頼まれた」「ちょっと小生意気な話」など話のネタにしてください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

内藤×亀田戦の舞台裏でリングアナがTBSに激怒 ・・・TBSはプロスポーツ取材に向いてないのでは?

内藤×亀田戦の舞台裏でリングアナがTBSに激怒
(産経新聞 11/30付)

29日夜に行われた内藤大助(35)vs亀田興毅(23)のプロボクシングWBCフライ級タイトルマッチの舞台裏で、中継局のTBSが判定の採点内容を読み上げないよう、リングアナウンサーに指示していたことが分かった。

「こういうことが起こるなら、もう2度とTBSとは仕事をしない」。この一戦でリングアナを務めた富樫光明氏(38)が試合後、怒り心頭で格闘技ジャーナリストの片岡亮氏にその内容を語った。

富樫氏はJBCのライセンスを受けた公式リングアナで、日本で行われる多くの世界戦を10年以上にわたって手がけてきた。
富樫氏がこの日、最初にTBS側に不信感を覚えたのは、王者と挑戦者が入場する際に俳優の小出恵介がアナウンスを務めたこと。富樫氏は事前に説明を受けておらず「なぜ世界戦でライセンスもない素人を起用するのか」と首をひねった。同局ドラマの番組宣伝を兼ねる格好になった小出は、肝心の場面で「WBC世界フライト級~」と言い間違えた。

さらに試合途中、中継を担当するTBSのディレクターが富樫氏に対して「試合後は勝者だけ読み上げて判定の採点内容は読まないでほしい」と要請があったという。しかし富樫氏は試合を締めくくる上で不可欠な情報と判断し、指示を振り切る形で採点内容を読み上げた。

会場で両者のごたごたを目にした片岡氏は「TBS側の意図は定かでないが、4ラウンド終了時に発表された採点に会場から疑問の声も上がったため、(2006年に興毅がWBAライトフライ級王者となった)ランダエタ戦の疑惑判定で抗議が殺到したトラウマがよみがえったか。あるいは勝者のコメントを番組の中に入れたかったが、放送時間が押していて端折ろうと考えたのではないか」とみる。

世界タイトル戦で、採点内容も明かさずに「判定勝ち」という結果だけ伝えれば、スポーツとして形をなさない。暴挙はリングアナの良心によって事なきを得た格好だ。

・・・TBSはプロスポーツ取材に向いてないのでは?
史上最年少での賞金王争いをしている石川遼プロを取材”中。ゴルフカートを暴走させて、4人のギャラリーをはね飛ばし、1人に眼窩底骨折の重傷、3人に軽傷を負わせ、石川プロにも「あのホールは動揺しました。鳥肌が立った」と言わせる惨事を起こしたのもTBS。

TBSは、プロスポーツの取材に向いてませんよ。

TBSが取材や放映を仕事にしているように、プロスポーツ選手は、1戦、1戦で仕事をしているわけです。しかも、閑職であろうと他に座席のある会社員と違って、1戦でもファンの期待を裏切ったら次の仕事はないというリスクを背負った仕事です。

ファンだって、1、2年前から見始めたミーハーの観客から数十年とそのスポーツを見てきた目の肥えた観客までいる上に、ひいきの選手も、ひいきの度合いもバラバラ。本人でもミスったと思うプレーにまで「ナイス!」と声をかけられるような中で、最高のパフォーマンスを見せなければならないのがプロスポーツ選手です。

その中で、マスメディアのスポーツ枠を任されている人間が、率先してプロスポーツ選手の仕事場を乱し、穢しに行くなど言語道断。取材活動ではなく、単に邪魔しに行っているだけでしょう。

密着取材までやって、局として一貫しないのはなぜ?
内藤×亀田戦では、2時間のドキュメンタリー特番を組めるほど密着取材をしたんですよね?

内藤大助プロが、心が負けそうになる度に「こんなんじゃダメだ。応援してくれている人たちに怒られる」と奮い立たせ、身体をいじめ抜いてきたのは知ってますよね? 内藤プロが35歳でベルトを巻いていられた強さは、12ラウンド上半身を降り続けるスタイルで闘える驚異的なスタミナは、それだけトレーニングを積んできた歳月の成果です。だから、試合の後に「悔しい」と言えるわけです。

亀田興毅プロが、“亀田ブーム”の後、TBSにもハシゴを外されて日本に居られなくなってから、3兄弟の全部を長男として背負ってメキシコで再起したのは、TBSなら当然に知ってますよね? 階級を上げるに当たって、バランスよく鍛えられたあの肉体が一朝一夕にできないことは素人が見ても分かります。さらに、上半身を大きく振る内藤プロに対してカウンターを合わせられる目、反応して実際に拳を当てることは、相当の反復トレーニングをこなさなければ実戦で使えません。どんなに試合の流れを握ろうとも、ボクシングは良いパンチを1発もらったら終わりですから。

内藤×大毅戦が07年10月ですから、昨日のタイトル戦には2年分の背景があります。それはTBSこそ、他のどのマスコミよりも内藤プロ、興毅プロと共感できていなければおかしい2年間です。

にもかかわらず、番宣を組み入れようと仕込むは、採点結果をウヤムヤにしようとするは、残念なことばかり。プロスポーツを報じる媒体として、TBSは不適格なのではないでしょうか?



そういえば、今年のセ・リーグで勝率.354で最下位となった横浜ベイスターズの最大株主はTBSでしたっけ。

スポンサーサイト

頭から黒いジャンパー 市橋容疑者移送 周囲は混乱も

頭から黒いジャンパー 市橋容疑者移送 周囲は混乱も
(朝日新聞 11/11付)

市橋容疑者は任意同行された住之江署で逮捕され、午後8時54分、銀色のワゴン車に乗せられて署を出た。パトカーなどに先導されたワゴン車は午後9時20分前、JR新大阪駅に到着。市橋容疑者は頭からすっぽりと黒いジャンパーをかぶせられ、捜査員に押し込まれるようにして東京行き最終の「のぞみ」に乗り込み、11号車にある3畳ほどの「多目的室」に入った。

午後11時45分過ぎ、新幹線は東京駅に到着。乗客と報道陣を降ろした後、市橋容疑者はカーテンを閉め切った車内を先頭の16号車まで移動。私服の捜査員に両脇を抱えられ、ジャンパーをかぶったままホームに降り、押し寄せる報道陣らの人波をかき分けて駅前に止めてあった車に乗り込んだ。車は11日午前0時40分すぎ、捜査本部のある千葉県市川市の行徳署に到着。市橋容疑者はジャンパーをかぶったままの姿で車を降り、署内に入った。

検証:NHKは、なぜ橋下知事vs平松市長の生討論にこだわったのか?

橋下大阪府知事が9日、「NHKにはもう行かない」と宣言しました。

橋下知事は前日8日、上京して国会や東京都庁であいさつ回りをした後に新幹線で大阪へ帰り、その足でNHK大阪放送局で「かんさい特集」(19:30)に生出演。その際、アナウンサーから「およそ30分の遅刻で到着されました」と紹介され、「公務を優先していた。もともと番組の最初には間に合わないと申し上げていた!」と声を荒らげていました。

この日は府庁で報道陣のインタビューに応じて、
「NHKサイドが公務を切り上げてでも番組に出ろと強硬に言ってきた」
「初めから絶対、間に合わないと言っていた」
「出るのが当然だと、あいさつもなくスタジオまで連れて行かれ、最大限に頭に来ていたところに司会者から…」とNHKとのこれまでの経緯を説明。

さらに、「(番組が)終わった後も何の言葉もない。民間の企業は、あんな態度は取らない。黙っていてもお金が入ってくる組織は、そんなもんか」とNHK職員の態度を批判。
その上で「僕は公人ですから、民放だろうがNHKだろうが、取材があれば、答えます。局に呼びつけられることが公務とは思いませんから、今後一切NHKのスタジオには行きません」と、NHKの取材には応じるものの、自ら足を運ぶことはもうないと宣言しました。


2月8日の橋下知事の動き
 8:55・・・就任あいさつのため、国会や衆院、参院各議員会館などを訪問
10:44・・・自民党本部で古賀選対委員長と面会
12:00・・・額賀財務相へ陳情
13:20・・・東京都庁に石原都知事を訪問
15:19・・・国交省で報道陣に対応
17:03・・・新幹線で大阪へ
20:00・・・NHK「かんさい特集」に生出演
21:15・・・府庁で職員と予算編成について協議

NHKがセットするまでもなく実現していたトップ会談
橋下知事と平松市長の接触は、2月7日までで、知事の市役所へのあいさつ回りやテレビ番組収録などの計4回行われてきました。テレビ番組収録は、関西テレビ「ムハハnoたかじん」の2月1日生放送と2月8日放送分とで、合計1時間が放送されました。

生討論出演の価値をどう測るか?
橋下知事の8日の動きを見ると、「NHKに出ている場合ではない」というのがフェアな判断だと思います。

橋下知事はNHK出演後、21:15から府職員と予算編成についての協議をしているわけですが。17:00に閉まるのがいつものお役所。この協議は、知事が職員を説得した上で実現させたものであるはずです。府知事が生討論に出なければ、この協議はもっと早く始められて、その分、より深く突っ込んだものとなっていたことでしょう。

府民から知事に寄せられた期待の中には、「おもろく」というのもあるとは思います。
しかし、知事の使命は、大阪府政の最高責任者としての仕事を全うすること。所信表明演説を練り上げて、予算案を組み直して、「私はこういう大阪にしたいと思っています。だから税金をこのように使わせてください」ということが一番の仕事です。
特に今は、府職員でほぼ固めていた予算案について、異例の組み直しの最中。予算編成に尽力してもらうことこそが、183万票を活かす一番の方法であったはずです。

なぜNHKは、知事vs市長の生討論にこだわったのか?
先に述べたように、橋本知事vs平松市長の直接討論は民放・関西テレビがとっくに収録を済ませていました。

また、NHKはNHKで、「地球温暖化 地域に何ができるのか?」という特番を用意していたはずです。少なくとも、1月30日発売の『TVぴあ』には、その様に書かれています。

正直、今回の生討論は、NHKが「数字取り」に走ったとした思えません。
「法曹界の茶髪の風雲児」から「全国最年少知事」となった橋下知事の話題性に乗って、府政と市政の境界問題を抱える平松市長と生でぶつける。しかも、方や自民府議連の推薦を受けた知事で、方や民主党推薦を受けた市長。見物と言えば見物ですし、「地域から考える地球温暖化」よりウケが良さそうです。
しかし、NHKの数字取りに、当初から「出演は無理だ」と言っていた橋下知事を付き合わせるのは論外です。

今回、橋下知事が憤慨したのは、NHKの無作法もあったでしょう。しかし、根っこは、知事が「自分の仕事は、1分1秒でも長く府政について考えることであって、派手なパフォーマンスで楽しませることではない」という思いではないでしょうか?

名前の使いどころを見誤ったNHK
仮にNHKが、「天下のNHK」の名前を使って、橋本知事vs平松市長の生討論をやるとすれば、7月実施が最適だったと予測します。

おそらくその頃であれば、動き出した橋下府政と平松市政との境界問題がはっきりしてくるはずです。境界問題で、自他共に認める険悪な関係になり始めた時こそ、NHKによるトップ会談セッティングには大きな価値が出てきます。

もっとも、橋下知事と平松市長との関係には、やしきたかじんさんという特殊な人物の介在があり得ますが。

理解不足の揚げ足取りは、社名を落とすだけ 産経新聞「橋下知事、発言にぶれ」

産経新聞掲載の「橋下知事、発言にぶれ」を指摘する記事
大阪府の19年度の府債発行額は約2400億円(普通会計ベース)。
橋下知事は先月28日未明の当選直後の産経新聞との単独インタビューで「収入ベースで予算を組む。府債発行は原則認めない」と発言していた。

しかし2日後「地方交付税で補填される府債があるとは知らなかった。考えたい」と撤回。さらに「ゼロにできなくも改善すればいい」などと話していたが、今月6日の就任会見では再び「府債発行は原則認めない」とする方針を示していた。

ところが10日、府の各部局と予算査定に臨んだ後、報道陣に対して「府民生活に影響を及ぼす。(府債は)ゼロにはならない」と明らかにした。そのうえで「建設事業にかかわる府債発行で160億円くらいになる」と説明。地方交付税が伴うかどうかは「補填ゼロのものもある」とした。

しかし、財政再建のために廃止事業を選択したうえで新たに編成する8月以降の本予算案では、「このまま行くわけではない」と述べ、さらに府債発行が増える見通しを示した。
府財政課によると、当初予算案に盛り込むのは建設事業債などで、学校、道路、河川整備などが含まれるという。また補填がゼロとなるのは府営住宅。


橋下候補が言った「府債ゼロ」の意味
当時、府知事選候補であった橋下氏が言っていた「府債ゼロ」の中身は、「過去の府債を、返すための府債」といった、「単に消費するだけの府債」についての発言です。

これは、関西方面のメディアでは選挙中に明言してきたことで、知事候補の時点で橋下氏は、「建築物など、後々に残って資産になるものについての府債発行は考えてもいい」という立場を表明しています。

また、知事就任前の勉強過程で、「国の地方交付税交付金で補填される府債」というシステムを新しく知りました。このタイプの府債なら、これ以上府民に府債の返済負担を強いることが無いため、「『国の地方交付税交付金で補填される府債』なら、発行してもいい」と認識が改まったのです。
これまで知らなかった知識について、感情的に「これまで言ってきた通り、府債は発行しません」とするのであれば、それは現実の政治には使えない観念論者です。
「大阪府を盛り上げていくために、必要な工夫は何でもします」という基本方針に沿って、「国の地方交付税交付金で補填される府債」を知ったときに、その存在を「不勉強だった」と真摯に受け止めて「使えるなら使う」と明言されたのは、「真剣に大阪府復活を実現しようとしている次期府知事」と評価できます。

ちなみに、「国の地方交付税交付金で補填される府債」についての発行考慮に言及したのは、選挙当選3日後の1月30日で大阪府知事就任前です。

10日の報道陣への回答をどう評価すべきか
したがって、「建設事業にかかわる府債発行で160億円くらいになる」という回答は、資産として残る建設事業に関する府債であるため、発言と変化ではありません。

検証が必要なのは、唯一「府民生活に影響を及ぼす。(府債は)ゼロにはならない」という回答
だけです。
しかし、大阪府財政課は「府債の使い道は、建設事業債などで、学校、道路、河川整備、府営住宅」と話しています。ということは、資産として残る建設事業に対する府債発行で、これも、産経新聞が言うような「発言のブレ」ではありません。

もっとも、検証は必要です。
橋下知事は「府民生活に影響を及ぼす。(府債は)ゼロにはならない」と表現しており、建築事業以外の負債が含まれているようなニュアンスがあります。
けれども、では同じく府知事選を戦った熊谷氏(民主党推薦)や梅田氏(共産党推薦)ならゼロにできるものであるのか、それとも一級の地方財政学者であればゼロにする方法を見出せるものであるのか、批判をする前に検証することが必要です。5兆円の府債を抱える大阪府は、単に揚げ足取りをしていれば良い地方自治体ではなく、「橋下知事の発言が一転させる判断は、本当に妥当な判断なのか?」という検証が必要です。

当選直後から大阪府財政の実態把握に努めてきた結果
橋下知事は、選挙前には府の本当の財政事情には精通できていませんでした。全国自治体の中でも情報公開が進んでいない方の大阪府で、かつ府役人の壁がある以上、府庁出身でも府議会出身でもない橋下氏にとってはやむを得ない状況です。

けれども、橋下氏は次期知事となった府知事選当選後から就任前日までの9日間を不休で、中央省庁へのあいさつ回り、予選編成に向けた勉強、府内関係部署との折衝に費やしてきています。本当はこの期間は、次期知事とはいえ、知事の仕事をする義務はありませんし報酬もありません。そのタダ働きをこなした上で、メディアからの取材も積極的に受け付けてきました。

逆に、産経新聞はこの期間で何をなしてきたのか?
今回の「府債160億円発行」という橋下知事の決断は、これらの末に出された結果です。
もちろん、橋下知事が発行を決めた府債の発行の中身についての検証は必要です。しかし、必要なのは検証であって、「府債発行ゼロと言っていたのに、160億円分も府債を発行するのか!」という単純批判は、産経新聞にそこまでの力しかないことを暴露したに過ぎません。

むしろ今回の記事は、私としては、「改革派若手知事の揚げ足取り」にしか見えません。天下の産経新聞なら、府に対してもっと数字を出させることもできるはずです。今後は、そういった数字を一覧化して、「やっぱりこれはおかしいのではないか?」という検証記事を出されることを望みます。

新聞の1面で手抜きってどないなん? 橋下弁護士・辛坊氏ともに大阪府知事選不出馬を表明

来年1月に控えている大阪府知事選。現職の太田房江氏が出馬を断念して、ますます各政党が誰を候補にするか不透明になってきています。

そんな中、新聞の「一面」でこんな言葉が踊りました。
「自民、橋下弁護士擁立へ 大阪府知事選」(朝日新聞 12/5※)
朝日新聞のウェブ版asahi.comで、上記記事は削除されています。キャッシュで残ってはいるのですが。ちなみに同じく12/5に話題になった「埋蔵金」問題は同サイトで見られます。
橋下徹弁護士擁立を軸に自公が調整」(毎日新聞 12/5 リンク先は毎日.jp)
「大阪府知事選 民主が辛坊氏擁立」(夕刊フジ 12/3)


橋下徹弁護士は、「行列のできる法律相談所」で一躍有名になった弁護士。
辛坊治郎氏は、読売テレビ放送報道局局次長・報道局解説副委員長・芦屋大学客員教授(放送教育メディア論)。
両氏とも、全国放送の番組だけでなく、関西ローカル番組でも精力的に活動されていて大阪での認知度はかなり高い方々です。また、報道番組、ニュースワイドショーなどで解説・コメントをされていて、政治的立場もかなりはっきりしています。

しかし、橋下弁護士は、新聞報道後に書面で出馬の意志がないことを表明。辛坊氏も出演されているTV番組で出馬しないことを明言されています。

1面記事の見出しを躍らせる新聞
今回、一番問題にしたいのは各新聞社が1面記事の取材経緯です。
橋下弁護士については、記事本文で「本人も出馬を了承済み」と書かれていました。けれども、実は、記者が「大阪府知事選に出られると聞きましたが、本当ですか?」と橋下弁護士本人へ直接取材をしたことはありません。最近、自民党の政治家と会ったことがあって、大阪府政について話したことはあるそうですが。
辛坊氏の方は、「民主党が検討しているらしい」というレベルで、1面の半分近いでっかい記事を載せました。本文では、夕刊フジからの取材に対して「どこからもそうした話はない」と辛坊氏が回答したことを書いてはいます。でもそれなら尚のこと、あんな大きな文字を使った見出しはどうかと思います。

1面は真っ先に伝えたい朝一番のニュースでは?
新聞の1面といえば、その新聞の顔で、「購読者に真っ先に伝えたい朝一番のニュース」を載せるところですよね?
スクナビコナの場合、新聞はまず1面を一通り見ます。それで、興味を持った記事で【関連記事は○面】とあればそこを読んで、再び1面に戻ってきます。そして目次を見て、時間があればその中から興味のある記事を読みます。

この様な読み方でなくても、まずは1面が目に入ってきます。「1面」ですから。
新聞社の現状がどうかは見たことありませんが、本来、各新聞者のデスクの目が光っているところですよね。社説の方が、持論展開が出来て独自色が出るため神経質になるかもしれません。しかし、やはり顔となる1面にはデスクがチェックを入れているはずです。

その1面で、何の裏づけもない見出しを平気で書けるというのは、どういう意志を持っているのか分かりません。

一応、スクナビコナがブログ書く前にしていること
ちなみにスクナビコナは、ブログを書く際、手元の情報で不足するときは最低限ネット検索をかけます。
昨日載せたインフルエンザの記事も、ソ連かぜでの死亡者数が知りたくて調べました。スペインかぜ、香港かぜについては、感染症の研究サイトや製薬会社HPで出ていたので数字を出しましたが、ソ連かぜについてはデータがなかったので拡大の経緯にとどめました。
新聞のプロにも、このくらいはして欲しいです。
――――――――――――――――――――――――
↓Googleでもっと調べる↓




Google


アクセスカウンター
プロフィール

鮎滝 渉

Author:鮎滝 渉
千秋真一に23%似ているらしいブロガーです。
実家である愛知県に戻ってきました。
ほぼ日刊で更新中。日々の巡回サイトに加えてやってください。
-------------------------
ブロガー名を、「鮎滝 渉」へ改めました。
私が自分に付けた最初のペンネーム。そして、「一角の者になるまでは使うまい」と思ってた名でもあります。

大して公知のペンネームというわけでもありません。が、1回目の中小企業診断士試験の失敗以降、あれこれと思い悩む中、「“輝かしい名としようする執着”はかえって醜い。そろそろ、この名を名乗る覚悟をしよう」と決意。鮎滝の名を使うことにしました。

ちなみに、旧ブロガー名は「スクナビコナ」。
日本神話に出てくる知恵の神様の名前です。恐れ多い名前ですが、ブログをする気構えとして、使っておりました。

スポンサー広告
↓あなたもブログ始めるなら↓ 無料blog

↓アフィリエイト始めるなら↓ アフィリエイト・SEO対策

↓英会話を始めるなら↓ 英会話スクールWILL Square

↓アクセスアップなら↓
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログランキング参加中
応援してやってくださいm( _ _ )m
↓ワンクリックお願いします↓


ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 ニュースブログへ

にほんブログ村 本ブログへ

にほんブログ村 漫画ブログへ

にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ

にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ

本を買う
↓楽天ブックスを使う↓

---------------------------
↓アマゾンで商品検索↓

---------------------------
↓ベストセラー本のご紹介↓
カテゴリー
最近の記事
ブログ内検索
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。