中小企業診断士をめざしつつ、日々のニュースやおススメ本など話題を提供。「突然スピーチを頼まれた」「ちょっと小生意気な話」など話のネタにしてください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本屋大賞ノミネート:貴志祐介「悪の教典」など10作品 有川浩は2作が候補に

本屋大賞ノミネート:貴志祐介「悪の教典」など10作品
(まんたんウェブ 1/25付より)

全国の書店員が「一番売りたい本」を選ぶ2011年の「本屋大賞」のノミネート作品が25日発表され、貴志祐介さんの『悪の教典』(文藝春秋)など10作品が選出された。有川浩さんは『キケン』と『ストーリー・セラー』(新潮社)の2作品が入った。

本屋大賞は、「売り場からベストセラーを作る」をテーマに創設され、今回が8回目。『ゴールデンスランバー』(伊坂幸太郎さん、08年)や「告白」(湊かなえさん、09年)などが受賞し、多くのベストセラーを生み出した。09年までの大賞受賞作6作品はすべてドラマ化か映画化され、大ヒットし、前回の大賞受賞作で冲方丁さんの『天地明察』も直木賞候補になった。

今回は09年12月1日~10年11月30日に刊行された日本の全小説を対象に、新刊書の書店で働く店員の投票でノミネート作を決定。2次投票を行い、4月13日に大賞が発表される。(毎日新聞デジタル)

ノミネート作は以下の通り(書名50音順)
『悪の教典』貴志祐介(文藝春秋)・・・とびきり有能な教師がサイコパスだったとしたら、その凶行は誰が止められるのか? 学校という閉鎖空間に放たれた殺人鬼は高いIQと好青年の貌を持っていた。ピカレスクロマンの輝きを秘めた戦慄のサイコホラー。

『錨を上げよ』百田尚樹(講談社)・・・戦争が終わってちょうど10年目、いまだ空襲の跡が残る大阪の下町に生まれた作田又三。
高度経済成長、60年安保闘争、東京オリンピック、大阪万博、よど号ハイジャック事件、日本列島改造論、石油ショック―激動の昭和の時代、生まれながらの野生児、作田又三は、人生という荒海を渡っていく。いざ、海図なき嵐の海へ。さあ、錨を上げよ!圧倒的青春小説。

『神様のカルテ 2』夏川草介(小学館)・・・医師の話ではない。人間の話をしているのだ。栗原一止は夏目漱石を敬愛し、信州の「24時間、356日対応」の本庄病院で働く内科医である。写真家の妻・ハルの献身的な支えや、頼りになる同僚、下宿先「御嶽荘」の愉快な住人たちに力をもらい、日々を乗り切っている。

『キケン』有川浩(新潮社)・・・成南電気工科大学機械制御研究部略称「機研」。彼らの巻き起こす、およそ人間の所行とは思えない数々の事件から、周りからは畏怖と慄きをもって、キケン=危険、と呼び恐れられていた。これは、その伝説的黄金時代を描いた物語である。

『叫びと祈り』梓崎優(東京創元社)・・・砂漠を行くキャラバンを襲った連続殺人、スペインの風車の丘で繰り広げられる推理合戦、ロシアの修道院で勃発した列聖を巡る悲劇・・・。ひとりの青年が世界各国で遭遇する、数々の異様な謎。

『シューマンの指』奥泉光(講談社)・・・シューマンに憑かれた天才美少年ピアニスト、永嶺修人。彼に焦がれる音大受験生の「私」。
卒業式の夜、彼らが通う高校で女子生徒が殺害された。現場に居合わせた修人はその後、指にピアニストとして致命的な怪我を負い、事件は未解決のまま30年の年月が流れる。そんなある日「私」の元に修人が外国でシューマンを弾いていたという「ありえない」噂が伝わる。修人の指に、いったいなにが起きたのか。

『ストーリー・セラー』有川浩(新潮社)・・・このままずっと小説を書き続けるか、あるいは・・・。小説家と、彼女を支える夫を突然襲った、あまりにも過酷な運命。極限の選択を求められた彼女は、今まで最高の読者でいてくれた夫のために、物語を紡ぎ続けた――。

『謎解きはディナーのあとで』東川篤哉(小学館)・・・ミステリ界に新たなヒーロー誕生?! 主人公は、国立署の新米警部である宝生麗子のはずが、彼女と事件の話をするうちに真犯人を特定するのは執事の影山。日本初の安楽椅子探偵の登場。
「失礼ながら、お嬢様の目は節穴でございますか?」 一向に事件の謎を解明しない宝生グループの令嬢である麗子に、今日も容赦なく執事の影山の暴言が飛ぶ・・・

『ふがいない僕は空を見た』窪美澄(新潮社)・・・これって性欲? でも、それだけじゃないはず。高校一年、斉藤卓巳。ずっと好きだったクラスメートに告白されても、頭の中はコミケで出会った主婦・あんずのことでいっぱい。団地で暮らす同級生、助産院をいとなむお母さん・・・。16歳のやりきれない思いは周りの人たちに波紋を広げ、彼らの生きかたまでも変えていく。

『ペンギン・ハイウェイ』森見登美彦(角川書店)・・・小学4年生のぼくが住む郊外の町に突然ペンギンたちが現れた。この事件に歯科医院のお姉さんの不思議な力が関わっていることを知ったぼくは、その謎を研究することにした。

個人的な本命は『神様のカルテ』
『キケン』や『謎解きはディナーのあとで』は、現実世界を忘れてエンターテイメントの世界に入りたいときに読む作品ですから、本屋大賞には届きにくい印象です。おもしろい作品ですけど。
『悪の教典』は、推して大丈夫なのかなぁ。

現実世界とリンクする点で、個人的には『神様のカルテ』が本命。

スポンサーサイト

2009年M-1王者はパンクブーブー ・・・笑い飯の“鳥人”はおもしろかったのになぁ

2009年M-1王者はパンクブーブー
(オリコン 12/20付より)

結成10年以内の漫才コンビNo.1を決める『M-1グランプリ2009』が20日、東京・六本木のテレビ朝日で行われ、決勝戦初出場のパンクブーブーが満場一致で優勝した。
笑い飯、パンクブーブー、NON STYLEの3組で争われた最終決戦に限っては、大会委員長の島田紳助に「楽な審査」と言わしめ、審査員全票を獲得する完全勝利。史上最多のエントリーとなった4629組を制し、9代目M-1王者の称号と賞金1000万円をつかんだ。

決勝戦はナイツ(2年連続2回目)、南海キャンディーズ(4年ぶり3回目)、東京ダイナマイト(5年ぶり2回目)、ハリセンボン(2年ぶり2回目)、笑い飯(8年連続8回目)、ハライチ(初出場)、モンスターエンジン(2年連続2回目)、パンクブーブー(初出場)が先に決勝進出を決め、同日開催された敗者復活戦を勝ち抜いたNON STYLEを加えた計9組で1stラウンドが争われた。

【1stラウンド順位・得点】
笑い飯・・・・・・・・・・・・・・668点
パンクブーブー・・・・・・ 651点
NON STYLE・・・・・・・ 641点
ナイツ・・・・・・・・・・・・・・ 634点
ハライチ・・・・・・・・・・・・ 628点
東京ダイナマイト・・・・・ 614点
モンスターエンジン・・・・610点
南海キャンディーズ・・・607点
ハリセンボン・・・・・・・・・ 595点

優勝したパンクブーブーに対して巨人は「緻密な笑いを追求している」と評価し、紳助が「本当にネタ次第でした。審査としては楽な審査」と2006年のチュートリアル以来となる全票獲得に説得力を持たせた。


・・・笑い飯の1stラウンド、“鳥人”はおもしろかったのになぁ。頭から「どう収拾つけんねんっ!」という設定なのに、「鳥の頭と人間の境目」とか、ダジャレで入った「“鳥”進一」「“手羽”真一」とか、よくハマってた。8年連続8回目で、Wボケだからできる漫才の真骨頂を見た気がした。
でも、最終決戦のネタの後半、ラグビーの下りで、笑いの数からじわじわとくる笑いへ、しかも下ネタでこだわったのは頂けなかった。「スーっ」と会場が冷めていくのを感じられるぐらい。

最終決戦は、やっぱりパンクブーブーの“弟子入り”ネタの方がおもしろかった。
ぜんっぜん師匠を尊敬していない弟子入り希望者の言動とその態度と、「弟子はとらない」というこだわりから、「こいつだけは弟子にしたくない」という気持ちになっていく師匠の変化を感じる掛け合い。「弟子をとらないんじゃなく、とれないんだろう」と挑発して“とる”と言わせようとしてみたり、手を付いて頼むところを、床ではなく、壁に手を付いて見せたり、バカバカしいまでに師匠をおちょくっているところは実によかった。

マイケルの『THIS IS IT』を19日から再公開 ・・・ライブハウス上映会やってみません?

マイケル・ジャクソンさんの『THIS IS IT』を再公開
(産経新聞 12/3付)

ソニーは3日、6月に急逝したマイケル・ジャクソンさんの最後のコンサートのリハーサルを収録した映画『THIS IS IT』を再上映することを明らかにした。10月末から4週間限定の公開だったが、上映館などからの再上映を要望する声が多かったことから再上映を決めたという。19日から日本国内限定で再上映する。

配給元のソニー・ピクチャーズによると、日本では米国に次いで世界2位の興行収入があった。ソニーのハワード・ストリンガー会長兼社長は同日のインタビューで「日本での評判が大きかったのはうれしい驚きだ。マイケルさんに共感を持っている人が多いのでは」と話した。

同映画は、マイケルさんが死の直前に取り組んでいたロンドン公演のリハーサル模様を収録したドキュメンタリー映画で、音楽人生をかけてリハーサルに打ち込む姿が話題となった。

・・・ライブハウス上映会やってみません?
「ワンドリンク付き、2000円」で17時40分開場、18時10分開演。金曜・土曜・日曜限定なら、満員に出来ると思うのです。

12月19日からの再上映を観に来る人たちの大半は、リピーターか『THIS IS IT』を熱く語る友人・知人が周りにいる人たち。この顧客ターゲットを考えれば、ライブハウス上映会は間違いなく受け入れられるでしょう。

映画自体、フルパフォーマンスの観られる曲が多くあります。何より、マイケルが客席側で見学しているスタッフたちに、ステージ上から手拍子を求めるシーンまであります。ここで映画の観客だって手拍子で応えなければ、楽しさも半減です。
誰よりも観客を楽しませることを最優先としてきたマイケル・ジャクソン。きっと観客がライブとして楽しむ方が、喜んでくれると思うのです。

ライブハウスのステージに収めるためスクリーンが幾分小さくなるかもしれませんが、主演はキング・オブ・ポップ。
彼を前にして、声援や手拍子で会場を盛り上げるファンはいても、モッシュやダイブでステージを台無しにする輩はいないはずです。跳ねっ返りのダンサーが彼にダンスバトルを挑むことはあるかもしれませんが、クオリティーが高ければ喝采し、低ければ容赦ないブーイングで引き摺り下ろせばよい話。これもライブならではの楽しみでしょう。

再上映が解禁される19日まで2週間
お互いに集客施設を持っている映画館とライブハウスにとって、コラボレーション企画を立ち上げて、準備・実施するのに2週間は充分な時間です。

映画は大人一人・1800円で決まっているため、ライブハウス側の利益をどうやって出すかは難しいところです。映画館に会場使用料を請求しても、映写機をライブハウスに置くレンタル料で相殺されてしまうでしょう。
しかし、前座にライブハウス一押しのバンド演奏を15分滑り込ませて新規顧客の開拓に注力したり、テーブルメニューで売上を上げたり、ライブハウス上映会用のパンフレットを作って映画帰りに寄りたくなる飲食店から広告宣伝を募り、広告宣伝費で稼いだり、工夫の余地はあると思われます。

『THIS IS IT』のライブハウス上映会、やってみません?

――――――――――――――――――――――――――
関連記事
◆映画『THIS IS IT』を観てきました これは映画ではなく、マイケルの“ラスト・ライブ”だ!(09/10/30)

『ナウシカ』『ラピュタ』『トトロ』などの原画を手がけた、アニメーター・金田伊功氏が死去

奈良県出身のアニメーター・金田伊功氏死去
(毎日新聞 7/23付より)

その独特の技法に憧れてアニメーターになったという“金田フォロワー”を生むほど、日本アニメ界に大きく貢献されたアニメーター・金田伊功氏が、21日、心筋梗塞のため死去されました。57歳でした。

ジブリ映画の多くで原画を手がけており、『風の谷のナウシカ』『天空の城ラピュタ』『となりのトトロ』『魔女の宅急便』『紅の豚』『もののけ姫』に参加しています。デビュー作は『魔法のマコちゃん』、最近の参加作品は『青の6号』や『ファイナル・ファンタジー』など。

“金田フォロワー”を形成したアニメーター
金田氏がデビューした頃、日本のアニメは「枚数を少なくする」ということが強く求められました。枚数が増えればそれだけ描く人員と時間が必要であり、コスト削減には、枚数抑制がもっとも分かりやすかったわけです。

そうした「少ない枚数で動きを出す」ことを求められる中で生み出されたのが、大胆に遠近感を誇張する“金田パース”、キャラクターの手首や足首を思いっきり曲げさる“金田ポーズ”、緩急をつけながら舞うように動くアクロバティックなメカ表現といった金田スタイルでした。

金田スタイルは日本のアニメーションにひとつの変革を起こし、『名探偵コナン』劇場版や『D.Gray-man』などの鍋島修氏、『ルパンⅢ世』劇場版や『名探偵コナン』などの亀垣一氏、『ふしぎの海のナディア』『新世紀エヴァンゲリオン』などの摩砂雪氏といった“金田フォロワー”と呼ばれる世代を形成しました。

その後のアニメーターへの影響も強く、『交響詩篇エウレカセブン』『ガンダム00』『ソウルイーター』などの橋本敬史氏、『コードギアス』『鉄のラインバレル』『戦場のヴァルキュリア』など吉田徹氏も、金田氏のファンであることを公言しています。

――――――――――――――――――――――――――
このブログでは「せんとくん騒動」の時、奈良出身のアーティストに参加してもらえばよいとした話をし、楳図かずお氏や森下裕美氏、堂本剛氏とともに金田伊功氏を挙げていました。

昨日のギタリスト・アベフトシ氏の訃報といい、「世界をもっとおもしろくできる人材」が亡くなっていくことは本当に辛い。

新『ハガレン』放送開始 北米・欧州・アジア・豪で一斉リリース、世界展開も同時進行

新『ハガレン』世界展開開始、北米・欧州・アジア・豪で一斉リリース
(アニメ!アニメ! 4/4)

4月5日・日曜日17時から、この春注目のテレビアニメシリーズ『鋼の錬金術師 FULL METAL ALCHEMIST』がMBS・TBS系で放映を始める。
日本で注目される『鋼の錬金術師 FULL METAL ALCHEMIST』は、世界のアニメファンにとっても最も関心の高い作品だ。

この『鋼の錬金術師 FULL METAL ALCHEMIST』が、日本のテレビ放映と合わせて、世界各国で一斉展開されることが明らかになった。
このリリースには、世界各国のテレビ放映やインターネット配信が利用される。日本の放映から一週間以内で、北米、アジア各国、フランス、オーストラリアの広い地域で、日本で放映された同じ番組が鑑賞出来る。

テレビ放映は、まずシンガポールを含む東南アジア地域で、アニマックス アジアが4月10日に放映をスタート。台湾でもアニマックスが4月11日から開始する。香港では4月22日から、地上波デジタルTVBが行う。
北米、フランス、オーストラリアでは、インターネット配信で、番組を視聴者に届ける。北米ではFUNimation.comが、4月9日12時からの配信をスタートする。これは、日本の放送からわずか4日後となる。
フランスではYouTube、オーストラリアではMadman EntertainmentによるMadman.comが、配信手段となる。

今回の展開について番組の製作を行うアニプレックスは、現在、世界で最も注目されている日本のアニメ番組を、いち早く視聴したいという世界のファンの要望に応えるためとする。そのため、各国の関連会社の協力を仰ぐことで、これまでに例がない世界一斉展開を実現させた。
また、いち早く正規の翻訳版をファンに届けることで、インターネット上に広がっている違法配信コンテンツの視聴を食い止める目的もある。

◆『鋼の錬金術師 FULL METAL ALCHEMIST』 公式サイト

――――――――――――――――――――――――――
「原作に沿った内容での新たなアニメ化」・・・なの?
2003年10月~2004年10月で放映されたTVアニメ『鋼の錬金術師』(全51話)では、連載中の作品のアニメ化であることもあり、まだ原作で描かれていなかった部分についてはオリジナルストーリーを展開しました。

ガンガン誌上では、『鋼の錬金術師 FULL METAL ALCHEMIST』は、「原作に沿った内容での新たなアニメ化」がコンセプトということでしたが方針転換? 第1話からオリジナルキャラクター、氷結の錬金術師・アイザックが登場し、オリジナルストーリーを見せてくれました。

第1話から、「首都・セントラル全体の氷漬け」を図れる強力な錬金術師が登場するこの展開は、また評価が分かれそうですね。

個人的には、焔の錬金術師・マスタング少佐の声に慣れるのが大変です。大川透さんから三木眞一郎さんに替わったことで、三木さんが好演した『ガンダム00』のロックオン・ストラトスの影が・・・。

M-1、第8代王者は【NON-STYLE】

M-1、第8代王者は【NON-STYLE】

本人が楽しんでる漫才は、やっぱり見ていておもしろい。
フリートークがんばれ!(笑)

M-1敗者復活戦スタート! 2008年『M-1』優勝予想、1位はキンコン

2008年『M-1』優勝予想 1位はキンコン、2位・ナイツ、3位・笑い飯
年末恒例の漫才日本一決定戦『M-1グランプリ』の決勝戦が迫ってきました。今年は【ダイアン】【笑い飯】【モンスターエンジン】【ナイツ】【U字工事】【ザ・パンチ】【NON STYLE】【キングコング】が進出を決定。ここに敗者復活枠の1組が加わって計9組で争われます。

オリコンでは『優勝すると思うコンビ』についてアンケート調査を実施
その結果、今回で決勝出場3回目の【キングコング】が最有力候補としてあげられ、続いて【ナイツ】、【笑い飯】が並びました。

2年連続の決勝進出となる【キングコング】。昨年繰り広げたスピーディーで痛快な漫才を見て「展開が早くて前回すごくおもしろかったから」(和歌山県/20代/男性)、「キンコンにはそろそろ(優勝を)取ってもらいたい!」(岩手県/40代/男性)とその実力と経験から“今年こそは”という期待の声が目立ちました。

2位となったのは【ナイツ】。初の決勝進出を果たした2人ですが「何度も連続で笑いが来るので」(神奈川県/20代/女性)というようにテンポの良さと「独特の雰囲気の中で、じわじわと来る笑いがたまらない」(愛知県/20代/男性)と緻密に練りあげられた漫才構成で人気が高まっている様子。

今回で7回目の決勝進出、すっかり常連の【笑い飯】は3位に登場。“ダブルボケ”というスタイルの彼らは「勢いがあっておもしろいし、広い世代にウケる」(大阪府/10代/女性)、「安心して見れて必ず笑える」(茨城県/40代/女性)と実力・知名度ともに安定。優勝を待ち望むコメントが多く寄せられています。

また、4位には「昨年のような“奇跡”が起きるかもしれない」(奈良県/20代/女性)との意見を集め【敗者復活戦勝者】がランクイン。昨年、敗者復活戦を勝ちあがり、あれよあれよという間に栄冠を掴み取った【サンドウィッチマン】の“大逆転劇”は未だにインパクトが強いようです。

敗者復活戦勝者を除く8組中5組が初の決勝出場という、混沌とした展開を迎えている『M-1グランプリ2008』。“笑いの神”は一体どのコンビに微笑むのでしょうか?

12月11日~12月15日、【オリコン・モニターリサーチ】会員の10代、20代、30代、40代の男女、各150人、合計1200人にインターネット調査(複数回答可)したもの

R-1ぐらんぷり2008の優勝者は・・・

なだぎ武さんが2連覇を達成しました。
ファミコンを使ったネタは、確かに面白かったです。



個人的に好きだったのは、中山功太さんの言葉ネタ。
きっちりオチを重ねていく正統派のネタは、「さすがだなぁ」と思いました。

あと、2点差で2位となった芋洗坂係長さんもすごかった。
コアな方向でしたけど、あのネタは面白い。

アクセスカウンター
プロフィール

鮎滝 渉

Author:鮎滝 渉
千秋真一に23%似ているらしいブロガーです。
実家である愛知県に戻ってきました。
ほぼ日刊で更新中。日々の巡回サイトに加えてやってください。
-------------------------
ブロガー名を、「鮎滝 渉」へ改めました。
私が自分に付けた最初のペンネーム。そして、「一角の者になるまでは使うまい」と思ってた名でもあります。

大して公知のペンネームというわけでもありません。が、1回目の中小企業診断士試験の失敗以降、あれこれと思い悩む中、「“輝かしい名としようする執着”はかえって醜い。そろそろ、この名を名乗る覚悟をしよう」と決意。鮎滝の名を使うことにしました。

ちなみに、旧ブロガー名は「スクナビコナ」。
日本神話に出てくる知恵の神様の名前です。恐れ多い名前ですが、ブログをする気構えとして、使っておりました。

スポンサー広告
↓あなたもブログ始めるなら↓ 無料blog

↓アフィリエイト始めるなら↓ アフィリエイト・SEO対策

↓英会話を始めるなら↓ 英会話スクールWILL Square

↓アクセスアップなら↓
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログランキング参加中
応援してやってくださいm( _ _ )m
↓ワンクリックお願いします↓


ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 ニュースブログへ

にほんブログ村 本ブログへ

にほんブログ村 漫画ブログへ

にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ

にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ

本を買う
↓楽天ブックスを使う↓

---------------------------
↓アマゾンで商品検索↓

---------------------------
↓ベストセラー本のご紹介↓
カテゴリー
最近の記事
ブログ内検索
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。