中小企業診断士をめざしつつ、日々のニュースやおススメ本など話題を提供。「突然スピーチを頼まれた」「ちょっと小生意気な話」など話のネタにしてください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

どうしてこうなったっ!!!

ニュー・スタイルか!
ジャルジャルか!
M-1、8位か!

一つの設問に、どんだけポイントを盛り込むねん!

計算式までいるんかい!

キャッシュ・イン・フローとキャッシュ・アウト・フロー・・・
原価係数使わんのかい!

イニシアチブやなー!


ということで(どういうこと???)
平成23年度中小企業診断士二次試験を受けてきました。

去年よりは自信を持ってマスを埋められたのですが、
今回の新しい出題形式にきちんと対応出来ていたのか、
不安もあります。

過去問を通じた対策を中心にやって受験に臨んだ今回。
20字以内で企業の強み・弱みを抽出したり、
100字以内で一つの因果関係を説明したりする練習をしてきたのに・・・

事例Ⅱと事例Ⅲに200字記述。
しかも、他の設問で拾えそうにないポイントがあっちにもこっちにも。
「頭から尻尾まで、盛り込めるだけ盛り込め」と解釈したのですが、
そういうことで良かったのでしょうか?
書いてみると余計なことを書ける文字数ではなかったので、
方向性は正しかったのだと思いたいです。

「コンサルティング能力」をきちんと計る試験としては、
定型化の傾向があったこれまでの方が異常だったのかもしれません。

けれども、いきなり新しい出題形式への適応はしんどいって。
単純な80分×4本でもきついのに、頭が真っ白になりましたよ。
といったわけで、冒頭のツッコミになった次第です。


今年で、合格できていると良いなぁ。

ニュー・スタイルでも、聞いてこられている内容は、
もちろん中小企業診断士の勉強の範囲内でした。
とはいえ、80分という限られた時間内で、
馴れ親しんだ定型の枠を外して文章を組み立てるのは厳しいです。

平成23年度中小企業診断士二次試験をうけて、
「来年の2次対策を考えろ」と言われる受験機関は、どういう対策を考えるんでしょうかねぇ・・・

と言うより、中小企業診断士協会は、来年度の試験をどうするつもりなんでしょうね。
出題形式を戻すのか? 今年の出題形式でしばらく様子を見るのか? さらに新しい出題形式を考え出すのか?
これだけでも三分岐・・・

まあ、今年で合格できていれば、関係ない話になるんだけどね。
スポンサーサイト

新年 明けましておめでとうございます! 鮎滝 渉より

平成22年度・中小企業診断士第2次試験 ・・・不合格でした

平成22年度・中小企業診断士第2次試験は、不合格でした。

またあの1年間かぁ・・・。しんどいなぁ。

ブログ再開をもう一週間、先に延ばします・・・

ブログ再開をもう一週間、先に延ばします・・・


昨日、平成22年度 中小企業診断士 第2次試験を受験してきました。

中小企業診断士 第2次試験は、
・中小企業の診断及び助言に関する実務の事例Ⅰ
・中小企業の診断及び助言に関する実務の事例Ⅱ
・中小企業の診断及び助言に関する実務の事例Ⅲ
・中小企業の診断及び助言に関する実務の事例Ⅳ
という4科目になっているのですが、
事例Ⅳでやらかしてしまったため、士気が上がりません。
事例Ⅰ~Ⅲは自信を持てる答案を書けただけに、反動で大きなダメージを受けております。


部分点をもらえる記述試験のため、「幸運にも・・・」という可能性も無くはありません。
また、もし仮に通っていれば、12月10日に合格発表・12月19日に口述試験という強行スケジュールをこなさなければならないことから、「幸運にも・・・」も想定し、立ち止まることなく口述試験の準備を進めておかなければならない状況です。


ですが、精神的ダメージはいかんともしがたく、しばらく現実逃避します。
ゲームやマンガに浸り、来月の「映画の日」に3本ぐらい映画を観てから帰ってきます・・・m(_ _)m

ご報告、遅くなりました。 中小企業診断士・第1次試験の合格通知が届きました

ご報告、遅くなりました。
去る、9月8日(水)、中小企業診断士・第1次試験の合格通知が届きました(^O^)ノ

自己採点で、合格ラインを超えられていることが分かっていたため、
すでに10月24日(日)の筆記試験通過をめざして勉強を継続していたのですが、

より勉強に集中するため、
10月24日(日)までブログ更新をお休みさせていただきます。

それでは、また10月24日(日)にm(_ _)m

平成22年度・中小企業診断士第1次試験 自己採点結果ですが、通過できたみたいです

去る8月7日(土)、8日(日)に「平成22年度・中小企業診断士第1次試験」を受験してきました。

で、先ほど社団法人中小企業診断協会本部のHPで公表された「平成22年度・中小企業診断士第1次試験の正解と配点」を見て、自己採点をしました。

結果、何とか第1次試験の合格基準点を超えられたことが分かりました。
中小企業診断士協会の正式な合格者発表は9月7日(火)。

※配点は、各教科100点。
※合格基準は、「(1)第1次試験の合格基準は、総点数の60%以上であって、かつ1科目でも満点の40%未満のないことを基準とし、試験委員会が相当と認めた得点比率とします。 (2)科目合格基準は、満点の60%を基準として、試験委員会が相当と認めた得点比率とします。」

経済学・経済政策・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・64/100点
財務・会計・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・68/100点
企業経営理論・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・64/100点
運営管理(オペレーション・マネジメント)・・・57/100点
経営法務・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・53/100点
経営情報システム ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・68/100点
中小企業経営・中小企業政策・・・・・・・・・・・64/100点
―――――――――――――――――――――――
合 計・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・438/700点

「全教科・60%超え」を目指していたため、すっきりとはしない結果でした。
が、合格基準の総得点・420点を超えられた上に、去年の受験で足切り点を出してしまった経営情報システムでも68点を取れたのですから、取り敢えずは結果に満足して、誤答だった問題の反省を済ませたら前に進もうと思います。
次の目標は、10月24日(日)の筆記試験通過です。


今回は、色々としんどかったぁ~~~。

中小企業診断士第1次試験には『科目合格』という制度があり、去年の受験で「経済学・経済政策」「財務・会計」「企業経営理論」「運営管理」でその科目合格をしていた鮎滝には、2日目の3科目だけに集中するという選択肢もありました。けれども、自分で自分の手応えと結果のギャップに納得がいかなくて、科目合格の免除を使わずに全科目再受験を決めたのが去年の8月11日

あれから約1年。この時間はあまりに長く、何度もくじけそうになりました。
特に申込手続の時は悩みましたが、意地を張り通して全科目受験で申し込み。

結果として合格基準を超えたから良かったものの、「もう1回は絶対にやりたくない」と心から思います。精神的にも、体力的にも、7科目受験はやっぱりしんどいです。合格基準を超えたと言ってもわずか18点、4点問題ならたった5つ落としただけでアウトですからね。

救いなのは、自信を持って答えた問題をきちんと正解できていたこと。それから誤答だった問題でも、どうして間違ったかを正答と見比べて解釈できること。


ブログの更新ペースは、週3回ぐらいまで戻せたらと思っていますが未定です。
中小企業診断士第1次試験通過というチャンスを活かしきりたいため、筆記試験対策と貯まっている時事ネタとの比較をもう少しさせてください。日銀の金融政策とか、語りたいことは沢山あるのですけれども。

一次試験が8月7日・8日に迫っているため、しばらく更新をお休みしますm(_ _)m

中小企業診断士試験の一次試験が8月7日・8日に迫っているため、しばらく更新をお休みします。

昨年の受検で合格ラインを超えられたのは、7科目中4科目。現在の勉強の進み具合を考えると、かなりいっぱいいっぱいです。
ということで、勉強に専念します (* ..)φカキカキ

※毎週木曜日の書籍オリコンランキングだけは、個人的に順位変動が気になるため更新する予定です。

2010年 年賀状 鮎滝 渉

新年、明けましておめでとうございます。
皆々さまのご健康とご多幸をお祈り申し上げます。

鮎滝 渉にとっては、今年こそ、「中小企業診断士」合格を果たす勝負の年です。

中小企業診断士の勉強を最優先しますが、
1日1回のブログ更新も、頭を切り換えるよい時間となっているため、
ブログ更新も継続していきたいと思います。

では、2010年も、鮎滝 渉のブログ「山椒(参書)を入れるとニュースも辛い?」をよろしくお願いしますm(_ _)m
アクセスカウンター
プロフィール

鮎滝 渉

Author:鮎滝 渉
千秋真一に23%似ているらしいブロガーです。
実家である愛知県に戻ってきました。
ほぼ日刊で更新中。日々の巡回サイトに加えてやってください。
-------------------------
ブロガー名を、「鮎滝 渉」へ改めました。
私が自分に付けた最初のペンネーム。そして、「一角の者になるまでは使うまい」と思ってた名でもあります。

大して公知のペンネームというわけでもありません。が、1回目の中小企業診断士試験の失敗以降、あれこれと思い悩む中、「“輝かしい名としようする執着”はかえって醜い。そろそろ、この名を名乗る覚悟をしよう」と決意。鮎滝の名を使うことにしました。

ちなみに、旧ブロガー名は「スクナビコナ」。
日本神話に出てくる知恵の神様の名前です。恐れ多い名前ですが、ブログをする気構えとして、使っておりました。

スポンサー広告
↓あなたもブログ始めるなら↓ 無料blog

↓アフィリエイト始めるなら↓ アフィリエイト・SEO対策

↓英会話を始めるなら↓ 英会話スクールWILL Square

↓アクセスアップなら↓
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログランキング参加中
応援してやってくださいm( _ _ )m
↓ワンクリックお願いします↓


ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 ニュースブログへ

にほんブログ村 本ブログへ

にほんブログ村 漫画ブログへ

にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ

にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ

本を買う
↓楽天ブックスを使う↓

---------------------------
↓アマゾンで商品検索↓

---------------------------
↓ベストセラー本のご紹介↓
カテゴリー
最近の記事
ブログ内検索
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。