中小企業診断士をめざしつつ、日々のニュースやおススメ本など話題を提供。「突然スピーチを頼まれた」「ちょっと小生意気な話」など話のネタにしてください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第15回神戸ルミナリエ開幕、「光の抱擁」テーマに ・・・JR山陽本線・阪神元町駅から徒歩です

神戸ルミナリエ開幕、「光の抱擁」テーマに
(神戸新聞 12/3付)

阪神・淡路大震災の犠牲者を追悼し、復興を願う光の彫刻「第15回神戸ルミナリエ」が3日、神戸市中央区の旧外国人居留地などで開幕した。今年のテーマは「光の抱擁」。点灯直前には朝から降り続いた雨も上がり、約20万個の電球が織り成す柔らかな光が、人々をやさしく包み込んだ。

午後5時45分から点灯式があり、同市立明親小の児童111人が「しあわせ運べるように」を合唱。同6時、光の扉「フロントーネ」を先頭に東へ延びる光の回廊「ガレリア」、東遊園地の光の壁掛け「スパッリエーラ」などの電球が点灯した。訪れた人たちは光を見上げながらゆっくりと進んだ。

また、会場には、被災者ら約90人でつくる合唱団が録音した歌声が今回、初めて流された。

14日まで。平日は午後6時ごろ、土、日曜日は同5時半ごろ点灯。消灯は月~木と日曜日が同9時半、金、土曜日は同10時。主催する神戸ルミナリエ組織委員会は今年も、運営資金難を補う「1人100円募金」を呼び掛けている。

【開催期間】
12月3日~12月14日
【点灯時間】
月~木・・・18:00~21:30
金曜日・・・18:00~22:00
土曜日・・・17:30~22:00
日曜日・・・17:30~21:30
【順路と交通規制】
JR元町駅、阪神元町駅から「慰霊と復興のモニュメント」のある東遊園地方面まで一方通行
※会場への車での乗り入れ不可

↑別窓で大きい画像が開きます

◆神戸ルミナリエ公式HP

――――――――――――――――――――――――――
記事とはまったく関係ない話ですが、ルミナリエの順路で通る神戸朝日ビルに入っている「シネ・リーブル神戸」が鮎滝のお気に入りでした。『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破』を観たのもここ。

趣のある朝日ビルのホールへ入って、右手に映画館への入り口があります。同じ三ノ宮にある「ミント神戸」のようなガヤガヤしたシネコンと異なり、レッドカーペットを敷いてある落ち着いた雰囲気のミニシアター。ちょっと早く来過ぎても、映画フリーペーパーが豊富なので、ソファーに腰掛けてゆっくり上映時間を待てます。

ルミナリエの交通規制がかかっている時間帯にも上映予定が入っているのですが、どうやって出入りしているのでしょう?
スポンサーサイト

【改訂版】神戸ルミナリエの行く先を考えてみる 灯を絶やさないために(3)

ルミナリエの経済効果ということで2つ。

①企業協賛の促進
総額6億円の費用がかかるルミナリエ。
市民へ、目一杯に呼びかけた募金で8600万円の収入であることからすると、やはり、収入のメインは企業協賛金です。
来年、県や市から補助金が下りることもあるかもしれませんが、安定運営のためには、企業協賛金で4億円は欲しいところです。

神戸ルミナリエでは、いま、ホームページなどで協賛企業を紹介しています。
しかし、「自社の社会への貢献度合」「自社の名前」を知ってもらいたい協賛企業にとって、この扱いは小さ過ぎると思います。広告宣伝の費用対効果を考える企業を動かすには、企業名を知ってもらえる機会が必要です。

例えば、メイン会場では多くの屋台が出ていました。
これらの屋台テントの屋根を、広告スペースとして売ることができます。
屋台で何を作っているかは、屋根のふちから「やきそば300円」「りんご飴100円」と掲示を下げておけば十分でしょう。

②地元商店街との連携強化
ルミナリエのメイン会場までのルートは、大規模な交通規制を行ったうえで、「JR元町駅→元町商店街→神戸大丸から花時計線→京町筋→三宮中央通から再び大丸→トアロード→ルミナリエ入口→ルミナリエのメイン会場」の一方通行。しかもその経路は下の平面図のようになっています。

<経路平面図>


オフィスビルに囲まれた三宮中央通辺りは、鉄柵があってもなくても変わらないかもしれません。
しかし、商店と観客との間は常に鉄柵で仕切られているため、「ちょっとクリスマスプレゼントでも買おう」「夕飯食べずに来ちゃったしカフェで一休み」「ぐずりだした子どもにちょっとおもちゃを見せたい」という望みは叶えられません。観客は、元町駅からただひたすらに、会場を目指して歩き続けることになります。

「三ノ宮駅から直で京町筋へ」とか、「三宮中央通りの脇からルミナリエへ」といった「割り込み」を防止するには、頭からずっと鉄柵で囲んで入口まで誘導する方が効率的かもしれません。また、この鉄柵を解放すると、「割り込み」による揉めごとが起きたり、途中で酒をひっかけて乱闘騒ぎを起こす人も出るでしょう。

しかし、地元商店街は、週末の稼ぎ時に400万人からの人出を、ただ指をくわえて見ているしかありません。
元町商店街では、私が行った日曜日の晩7時で既にシャッターを下ろしている店もありました。HIPHOPだと思いますが、レッスンをやっていたダンス教室はすごく注目を集めてましたが。

「人はたくさん通る。でも、みんな鉄柵の向こう側で店に入ってこない」
客観的に見て、商店街にとってのルミナリエは、かなり旨みの少ないイベントだと思います。
鉄柵を外して、地元商店街に絶好の商機を活かしてもらうことは本当に不可能なのでしょうか?

仮に鉄柵を外したとして、飲食店ではどうなるでしょうか?
観客の目的は、あくまで「ルミナリエのメイン会場まで行って、イルミネーションを見ること」です。ホールタイプのレストラン前は混雑する可能性がありますが、オープンカフェなら混み具合は一目できるので、会場にたどり着く前に店先で2時間、3時間と無駄に時間を過ごすことはないでしょう。またアルコールの販売を制限すれば、酒の勢いに任せた乱闘も抑えられると思います。
衣服、宝飾などのお店にしても、メインはルミナリエですから、「ちょっと混んでる週末」ぐらいの来客になるでしょう。

おそらく、問題として残るのは「割り込み」です。
しかしこれも、各通りの脇道を鉄柵で押さえれば防止できるのではないでしょうか?かなりの人数の警察官も配置できているようでした。
確かに、モンスターペアレントとか、「モンスター○○」が跋扈している昨今では心許なさが残ります。けれども、あれだけ、あちこちに警察官やパトカーが並んでいる中で、騒ぎを起こせるほど飛び抜けた人は相当少ないと思われます。

以上、ルミナリエ3回シリーズでした。

【改訂版】神戸ルミナリエの行く先を考えてみる 灯を絶やさないために(2)

ルミナリエは「慰霊祭」か?「イベント」か?
ルミナリエだけを見ると、たぶん「両方だ」という答えになると思います。
しかし、1月17日に慰霊祭と比べるとどうでしょうか?

ルミナリエは、確かに震災犠牲者への追悼と神戸復興を祈念してスタートしました。
けれども、その大元の企画、「クリスマスの街をイルミネーションで彩ろう」という企画は、東京での開催が考えられていました。その企画進行中に阪神・淡路大震災が起こり、「それなら、神戸を元気づけるために」と神戸に誘致されたのが神戸ルミナリエです。

「阪神・淡路大震災犠牲者の慰霊」を起源に置くことは、そのままで放棄する必要ないと思います。
しかし、この灯を絶やすことなく、10年、20年と続けていくには、運営上、赤字を出さないことは必要条件です。「どの程度イベントとしての側面を許容していくか?」この議論は必要だと感じられます。

ルミナリエによる経済効果
犠牲者の追悼という崇高な目的から、その経済効果がクローズアップされることは少なかったように思います。
しかし、国や県、市からの補助金が次々とカットされていく中、ルミナリエが神戸振興の一助となっていくには考察が必要です。もし、来年、再来年と赤字を出していくようになれば、むしろ神戸振興の妨げになりかねません。

「【改訂版】神戸ルミナリエの行く先を考えてみる 灯を絶やさないために(3)」に続きます。

【改訂版】神戸ルミナリエの行く先を考えてみる 灯を絶やさないために(1)

神戸ルミナリエは、来場者数404万人を数えて、先日17日に終了。今年のルミナリエは赤字額を聞いて見に行ったため、個人的に、会場にいて色々と考えることがありました。
今年スクナビコナが撮った写真は、「ルーム」と「フォト」で公開中です。

神戸ルミナリエの趣旨
ルミナリエは、震災の年、1995年12月に「震災犠牲者の追悼」「神戸の復興」を祈念する目的でスタート。「神戸に元気を」と、毎年趣向を凝らされるイルミネーションは、県外からの観光客も集める大イベントとなりました。

神戸ルミナリエの財政事情
ルミナリエは、イルミネーションの工事・維持費、警備費等々で、総額6億円の費用がかかっています。このルミナリエに掛かる費用は、主に国や県、市からの補助金、企業からの協賛金でまかなわれてきました。

しかし、政府・自治体からの補助金を打ち切られて以降、繰越金を取り崩しての運営に転じて、昨年からは赤字が出るようになりました。今は、ルミナリエを運営する組織委員会が市民に募金を呼びかけて、かろうじて赤字をしのいでいる状態です。

今年、開催前に予想されていた赤字額は4800万円程度(ニュースでチラッと見た記憶です)。

今年も、会場で「1人100円募金」を呼びかけていました。
その結果、集まった募金額は、8600万円!!
わあいっ\(^▽^\)(/^▽^)/わあいっ

速報値と倍も違ってました。19日のブログは扇動的な発言となってしまい、申し訳ありませんm(_ _)m

ということで、一旦、落ち着けるだけの募金が集まりました。また、イベントの趣旨から、もうけを出すものではないでしょうから、現状のままでも良いのかもしれません。

しかし、やはり今年あつまった8600万円は、「ルミナリエが赤字だ」「来年は、規模縮小もありえるぞ」「今年で最後になるかもしれない」と騒いだ成果だと思います。地元ニュースでもかなり大きく取り上げられました。
昨年、同じように行った会場募金は3800万円程度であったことを踏まえると、来年も8600万円という募金が集まるとは考えにくいと思います。

「【改訂版】神戸ルミナリエの行く先を考えてみる 灯を絶やさないために(2)」に続きます。

神戸ルミナリエに行ってきました

今日は、神戸ルミナリエに行ってきました。人多かったぁ。

7時半頃にJR元町駅に到着。お客さんの整理をしている警察官の方が拡声器で「会場までは、ここから2時間になりま~す」と言っておられたのを聞いて、思わず舌が出ました。
元町商店街を抜けて大丸。大丸の山側を三宮神社、神戸信金、シネ・リーブル神戸。
「結構、遠回りするなぁ」と思いつつ、大丸東側の道に出て、8時過ぎにルミナリエ入口へ。



入口のイルミネーションが、浜側のビルに反射してすんごくキレイでした。
携帯カメラだと、これ↑が限界。真ん中の辺で影になってる街路樹を抜けて近づくとキレイに撮れましたけど、それは明日まとめてアップします。

メイン会場・東遊園地で募金もしてきました。
明日・17日が最終日。
ルミナリエの組織委員会の募金目標は1億円。たくさん募金が集まって、来年もルミナリエができるといいです。
――――――――――――――――――――――――
↓Googleでもっと調べる↓




Google


「神戸ルミナリエ存続に黄色信号」ということで、明日はルミナリエ行きます

阪神大震災の犠牲者追悼と神戸復興の願いを込めて毎年開かれている「神戸ルミナリエ」の継続に“黄色信号”が点灯しています。
神戸ルミナリエの開催費、電飾のほかに雑踏経費などにかかる総額約6億円は、国や兵庫県、神戸市からの補助金や企業協賛金、募金などで賄われてきました。しかし震災から12年を経て、「街の復興が進んだ」と、国からの補助金は打ち切り。昨年には県と神戸市からの補助金もなくなり、昨年は4900万円の赤字決算となりました。


阪神大震災以降、山古志村をはじめ、大きな震災や台風に見舞われたところがあります。ですから、土日ともなれば人で埋まる今のJR三ノ宮駅前・フラワーロードなどを見れば、国の補助金カットは正しいと思います。裏に入ると駐車場になってしまっていたりするところもありますが、そこはもう市政でがんばるところでしょう。

で、今年はというとやはり赤字。
ルミナリエを運営している組織委員会では、会場で「1人100円募金」を呼びかけてします。同組織委員会の話では、「今年の赤字が免れ、来年以降も継続できる目安となるのは約1億円」で、今年集まっている募金は「開幕の6日からの4日間で約2640万円」。
ルミナリエの開催期間は12日間ですので、単純に3倍して、この土日の人出を見込んでも微妙なラインです。

ということで、スクナビコナは、明日神戸ルミナリエに募金しに行ってきます。
「人がもともと集まりやすい神戸でイベントを打っても、イベント客の集客は難しいぞ」とか、「仙台光のページェントや新潟光のページェント、大阪光のルネサンスと、冬のイルミネーションは珍しくなくなったぞ」とか考えるところは色々あるんですけど。阪神大震災は、やっぱり特別なので。
――――――――――――――――――――――――
↓Googleでもっと調べる↓




Google


明日、6日から神戸ルミナリエがスタート

12月神戸の風物詩、神戸ルミナリエが明日6日からスタートします。
神戸市中央区の旧外国人居留地などが、17日まで、約20万個の電球を使ったアーチなどで彩られます。

震災の年、平成7年から毎年「神戸を元気にしよう!」と開催されてきました。
今年も開催にこぎつけたものの、イベント開催費は苦しい状態になっています。赤字分は、会場で100円募金をつのってまかなう予定だそうです。

神戸ルミナリエ公式サイト

ルミナリエ鑑賞には、最寄り駅JR・阪神「元町」から会場まで順路があります。特に週末は、かなり混雑が予想されますので順路通り行きましょう。
アクセスカウンター
プロフィール

鮎滝 渉

Author:鮎滝 渉
千秋真一に23%似ているらしいブロガーです。
実家である愛知県に戻ってきました。
ほぼ日刊で更新中。日々の巡回サイトに加えてやってください。
-------------------------
ブロガー名を、「鮎滝 渉」へ改めました。
私が自分に付けた最初のペンネーム。そして、「一角の者になるまでは使うまい」と思ってた名でもあります。

大して公知のペンネームというわけでもありません。が、1回目の中小企業診断士試験の失敗以降、あれこれと思い悩む中、「“輝かしい名としようする執着”はかえって醜い。そろそろ、この名を名乗る覚悟をしよう」と決意。鮎滝の名を使うことにしました。

ちなみに、旧ブロガー名は「スクナビコナ」。
日本神話に出てくる知恵の神様の名前です。恐れ多い名前ですが、ブログをする気構えとして、使っておりました。

スポンサー広告
↓あなたもブログ始めるなら↓ 無料blog

↓アフィリエイト始めるなら↓ アフィリエイト・SEO対策

↓英会話を始めるなら↓ 英会話スクールWILL Square

↓アクセスアップなら↓
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログランキング参加中
応援してやってくださいm( _ _ )m
↓ワンクリックお願いします↓


ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 ニュースブログへ

にほんブログ村 本ブログへ

にほんブログ村 漫画ブログへ

にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ

にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ

本を買う
↓楽天ブックスを使う↓

---------------------------
↓アマゾンで商品検索↓

---------------------------
↓ベストセラー本のご紹介↓
カテゴリー
最近の記事
ブログ内検索
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。