中小企業診断士をめざしつつ、日々のニュースやおススメ本など話題を提供。「突然スピーチを頼まれた」「ちょっと小生意気な話」など話のネタにしてください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

気象庁、気象衛星「ひまわり」後継機の予算確保に難航 国交省のタクシー代には年間12億円も出すのに

気象庁、気象衛星「ひまわり」後継機の予算確保に難航
6~8年後に打ち上げが予定されている静止気象衛星「ひまわり」の後継機について、気象庁が整備費の予算確保に苦しんでいます。

予備機を合わせた2機で約800億円の整備・運用費が必要ですが、現行の6、7号で半分以上を負担した国交省が今回は計画から外れ、さらに民間の気象関連企業も費用の一部負担を拒否。気象庁だけでは予算規模が小さく、後継機の予算が確保できません。31年間続いた宇宙からの気象観測に、空白ができる恐れも懸念されています。 


後継機の整備には、向こう8年間・総額800億円必要
気象庁によると、「ひまわり」は故障に備えて2機体制で運用していますが、いま運用している6、7号は2015年に寿命を迎えます。
衛星の製造には5年かかり、来年度に着手しなければならないため、整備費を来年度予算に盛り込み、今後8年間で毎年100億円近い予算を確保する必要があります。6、7号では、航空管制用の通信機を搭載することで旧運輸省航空局が予算の7割を負担しましたが、今回は「航空管制システムについて各国と議論中」として国交省は航空管制機能の相乗りを止めました。

気象庁の年間予算は人件費も含め約580億円。「人件費以外はほとんどがアメダスや地震計などの更新整備・維持費に充てられ、予算を捻出する余力はない」(同庁気象衛星課)のが現状。観測データを有料化し、民間の気象予報会社や衛星画像販売会社に費用の一部を負担してもらうよう計画しましたが、猛反発されて断念しました。

「ひまわり」運用停止は、アジア・太平洋地域30カ国の防災にも影響
後継機がなくなると、台風の規模や進路のほか、低気圧や前線の動きも把握が困難になります。また観測データは、アジア各国などにも送っているため、アジア・太平洋地域の約30カ国の防災にも支障を来たす恐れがあります。

気象衛星課の横田寛伸課長補佐は「専門家の間でも『国民の視点から見れば税金の使い方として気象衛星は第一優先』との意見は共通している。コスト低減のため民間に衛星の運用を任せることも考えていく」と話しています。

国交省のタクシー代は年間で約12.4億円
中央省庁の職員が深夜帰宅時にタクシー運転手から金品を受け取っていた問題などを受け、国土交通省が本省職員を対象にタクシーチケットの利用を6月から試験的に中止して以降、タクシーの利用代が例年の1割未満に激減していることが分かりました。

国交省は「タクシー利用の自粛ムードが続いていることに加え、勤務時間短縮の取り組みの効果も出ているのではないか」と見ています。

国交省本省のタクシー年間利用額は、2006年度で約12億4000万円。6、7月は例年なら、それぞれ1億円程度の利用があり、単純平均すると1週間分は2300万円程度でした。
ところが今年は、チケットの利用を中止した6月23日から1週間のタクシー代は約150万円と、例年の1割未満に減少。その後も、同程度の減少が続いているといいます。

国交省の本省職員は4.4万人 中央省庁職員はおよそ22万人
国交省の本省職員に限っても、タクシー代は、「タクシーチケットの利用中止」だけで年間・10億円も浮いてくる試算になります。中央省庁の職員はおよそ22万人ですから、全省庁でタクシーチケットを中止すれば年間・50億円の経費は捻出できるはずです。

(↑大きい画像が別窓で開きます)
タクシーチケットの利用中止だけで浮いてくる経費など、もともと経費として根拠が無かったものと考えられます。このタクシー代のように、従来、経費としてきたもので根拠がない経費は、社保庁の1日のタイプ数は5000までというものなど、まだまだあるはずです。

人工衛星の寿命は先読みできるものですから、本来なら、6、7号の打ち上げと同時に、後継機整備費用の積立てができる仕組みを作っておくのがより良ろしかっただろうと考えます。しかし、台風大国・日本、気象データの発信基地・日本としては、防災・国家戦略の観点から、向こう8年間・総額800億円の後継機費用は付けて然るべきではないでしょうか?


スポンサーサイト

09年度・国家予算「概算要求基準」を閣議了承 「選挙に勝てる予算」の色濃く

09年度・概算要求基準 「選挙に勝てる予算」の色濃く
▽懸案先送り
「重要課題推進枠」の扱いなどを年末の予算編成に先送りした09年度予算案概算要求基準(シーリング)が上限額47.8兆円で、29日に閣議了解されました。
しかしその内容は、懸案事項の先送りの多いものでした。懸案先送りは裏を返せば「バラマキ復活」の下地づくりであり、次期衆議院選挙を強く意識したものと言えます。政府は同日、社会保険庁の後継の「日本年金機構」基本計画も閣議決定しましたが、これも「社保庁たたき」をアピールするイメージ戦略と考えられます。

「昨今の災害を見ても、ただ歳出を削減すればいいという話ではなく、公共事業の慎重な取り扱いが必要だ。予算編成で十分に対応していきたい」。自民党の二階総務会長は29日の記者会見で、概算要求基準への直接的な評価は避けつつもこう語りました。

自民党では6月の「骨太の方針」の議論以来、歳出増を求める声が噴出。原油高などにあえぐ国民に対して何らかの姿勢を見せなければ、本来は自民党の大票田となっていた農村部で大敗した、昨年の参議院選の二の舞いになるとの危機感があります。概算要求基準の決定過程でも「このままでは民主党に政権が転がり込む」など、バラマキ復活を求めような意見が相次ぎました。

(↑大きい画像が別窓で開きます)

▽首相も露骨に・・・
概算要求基準を了承した28日の政府・与党政策懇談会では、自民党の伊吹幹事長が「バラマキはしないが、やるべきことはやる」と訴えると、福田首相は「とにかく選挙に勝たなければならない」とあからさまに応答。谷垣政調会長も同日の講演で「これまで予算は削る、削るの一方だったが、積極的な政策を打ち出す」と語りました。

年末に向け、党内の「バラマキ派」がモデルケースとしそうなのが、28日発表された漁業者に対する総事業費745億円の支援策。厳しい財政事情と他産業との兼ね合いから政府は当初、「直接補てん」には慎重でした。しかし、漁業者の不満を背景にした与党が押し切る形で、実質的な直接補てんを決定。
党内には財政規律の堅持を訴える意見はあるものの、衆院選への危機感からかき消されがちになっています。

▽「年金」同じ構図
日本年金機構基本計画も財政措置ではありませんが、ほぼ同様の構図。
政府は当初、懲戒処分を受けた社保庁職員の一律不採用はためらっていましたが、年金記録問題で大敗した参議院選の「トラウマ」が根強い与党内で異論が噴出。「厳しい姿勢を見せなければ国民の理解を得られない」と、政府方針を覆すことになりました。

上記のように、09年度の概算要求基準が閣議了承されたわけですが、この概算要求の根拠を揺るがすニュースが先日・27日に時事通信や西日本新聞で流れました。

国交省のタクシー代、例年の1割未満に激減
中央省庁の職員が深夜帰宅時にタクシー運転手から金品を受け取っていた問題などを受け、国土交通省が本省職員を対象にタクシーチケットの利用を6月から試験的に中止して以降、タクシーの利用代が例年の1割未満に激減していることが分かりました。

国交省は「タクシー利用の自粛ムードが続いていることに加え、勤務時間短縮の取り組みの効果も出ているのではないか」と見ています。

国交省本省のタクシー年間利用額は、2006年度で約12億4000万円。6、7月は例年なら、それぞれ1億円程度の利用があり、単純平均すると1週間分は2300万円程度でした。
ところが今年は、チケットの利用を中止した6月23日から1週間のタクシー代は約150万円と、例年の1割未満に減少。その後も、同程度の減少が続いているといいます。

この国交省のニュースは、従来「これだけ必要だ」と言ってきた経費が簡単に1割未満へ削減できること、中央省庁が言う経費とは「どうとでも削れるもの」であることを暴露したことになります。

政府がやっているのは、これまで12億円と言ってきたものが簡単に1億円になる見積りです。ムダ遣い以前に、そもそも見積りが世間で認められる見積りのレベルに達していないと断ぜざるを得ません。
09年度の概算要求基準は上限を47.8兆円としていますが、一体、どれほど確からしい根拠があるのでしょうか?


地方から迫る行財政改革 関西・10府県が「関西広域連合」設置で基本合意

関西・10府県が「関西広域連合」設置で基本合意
関西経済界と関西を中心とする地方自治体が加わった「関西広域機構(会長=秋山喜久・前関西経済連合会長)」は30日、大阪市内で会合を開き、国からの権限委譲の受け皿となる「関西広域連合」(仮称)を設置することで基本合意しました。参加する自治体の議会で広域連合の予算となる分担金の支払いなどの同意を得た上で、早ければ来年夏の設置を目指します。
ただし福井、三重両県は、広域連合の取り組みが不十分だとしてこの日は合意を留保し、持ち帰って検討するとしました。

関西広域連合には大阪、京都、兵庫、奈良、和歌山、滋賀の2府4県と福井、三重、徳島の各県が参加を表明。さらに、30日午後に鳥取も加入しました。「さらに関西各地域との結び付きを強化したい」という目的で、鳥取から同機構に加入の申し入れがあったと言います。

関西広域連合をめぐっては「関西経済連合会」が2003年2月に提唱し、関西広域機構で議論を重ねてきました。同機構は2009年3月までに各府県議会などの承認を得て、同年4月、総務相に発足申請を行う予定です。


防災、医療、産業振興など地域による地域経営
30日の会合では「地方から広域行政のあり方を提案して、地方分権改革の突破口を開く」という広域連合の骨格案を議論。設立当初から、
(1)東南海・南海地震に備えた広域防災対策
(2)広域観光や産業政策
(3)ドクターヘリの効率的な配置による救急医療の連携
(4)地球温暖化や自然保護などの環境対策
(5)交通・物流基盤の一元管理・整備
などに取り組む方針。こうした広域行政の実績を積み重ねながら地方分権を関西から推し進め、将来的な道州制への早期移行を促進したい考えです。

議論の中で京都府・山田知事は「ドクターヘリは広域連合のシンボルとなる。すぐ実施するべきだ」と提案。大阪府・橋下知事も「ドクターヘリについては広域連合の発足を待たずに取り組んでもいい」などと語り、広域医療分野での成果を期待する声が相次ぎました。

関西広域機構の秋山会長は「政府でも道州制の議論が盛んだが、上からの改革で真の地方主権になりにくい問題点がある。住民の立場に立った自治権の確立が必要でそのために第一歩を踏み出す」と意欲を見せています。

「道州制」に期待されている効果―スリム化・地方主権―
道州制とは、都道府県を廃して道または州に統合、行政は十分な財政基盤をもった道州が担い、国は国益を重視した政策に専念する「地域経営」という考え方です。

現在は、「市区町村―都道府県―国」という階層分けで行政サービスが行なわれています。その中には、市区町村と都道府県、市区町村と国、都道府県と国の間で重複しているものもあります。そこで、道州制では行政を「市区町村―道州」で完結させ、重複する行政サービス・職員を削減してスリム化することが期待されています。
また地方が行政責任を負うことで地方主権を確立し、首都・東京への過度な一極集中を見直すこと。国の役割を外交、防衛、司法制度、公的年金などに絞って縮小することで国益に特化すること、地方の役割を社会資本整備、産業・雇用政策などに拡大させて地域特性に応じた地域経営を実現することが考えられています。

最近、明らかになった道州制を後押しする事例としては、九州地方で宮崎県だけ、中国地方で鳥取県だけ高速道路が通っていないという道路行政の不合理、財政難に苦しむ大阪府が財政再建に向けてできる施策には府という限られた財政基盤では限界がある、地方中核病院が医師不足に苦しむ県では県境を超えて救急患者を搬送せざるを得ない、といった事があります。

「道州制」に期待されている効果―脱・陳情政治―
こうした道府県だけでは解決しきれない課題について、現在は道府県知事や地方選出国会議員が中央省庁に働きかけて、補助金などを取ってくるというのが基本となっています。
陳情が無ければ地方にカネが回らず、声高な陳情に対してはカネがバラ撒かれるというこうした地方政治は、先述した高速道路等のようにしばしば戦略上の不合理を生み、「陳情政治」として批判されています。最近は、政治でもスピード・コストが重視されるようになったこともあり、わざわざ地方の道府県知事が上京する時間・費用のムダも批判のタネとなっています。

そのため「広域連合」が実働し、道府県だけでは解決できない課題に取り組むようになることは、取り組みを始めるだけでも注目に値することだと評価できます。

本気の改革の威力 「ふるさと納税」納付先は、大阪府が件数・金額とも日本一

「ふるさと納税」納付先は、大阪府が件数・金額額とも日本一
生まれ故郷や応援したい自治体に寄付した金額に応じて、居住地の住民税などが軽減される「ふるさと納税 」制度で、大阪府への個人からの寄付が件数、金額ともに全国トップであることが29日、分かりました。

6月に入って橋下徹知事が、府内の名所を芸術作品に見立ててアピールする事業「大阪ミュージアム構想」への寄付金活用を表明して以降、大幅に増加。全国区の知名度を生かした“橋下効果”が、ふるさと納税にも発揮されたと見られます。

大阪府などによると、今月7日現在で個人から寄せられた寄付の件数は115件で金額は約710万円。
集約や把握をしていない神奈川県などを除けば、件数2位の鹿児島県(81件)、金額2位の徳島県(447万円)を大きく引き離しています。

※ふるさと納税・・・今年5月から導入された制度で、生まれ育った故郷の自治体などに5000円以上の寄付を行うと、5000円を超えた額から個人住民税、所得税が、その年の所得税確定申告により最大10%控除されます。
納税者側からは、5000円を余分に払うことで所得税の10%を上限に、本来納税額のうち一部を自分が選んだ自治体へ寄付できる。自治体側から見れば、寄付先に選ばれたところは本来歳入のほかに収入が増える、一方、他の自治体への寄付者が出たところでは本来歳入が減ることになります。


「大阪ミュージアム構想」を中心に他県から寄付が集まる
大阪府宛の納付の中でも、「大阪ミュージアム構想」への寄付を名目としたものが61件、約427万円といずれも府全体の5割を超えました。また、寄付した人のうち、府内在住者とそれ以外の人の割合は半々程度で、府外の中には、府出身でないにもかかわらず、「橋下知事の改革に共感した」という理由で寄付をした人もいるといいます。

橋下知事は6月の定例会見で、今年度新規事業の目玉としているミュージアム構想について、「大阪出身の人には、地元を盛り上げるためにも協力してほしい」と、ふるさと納税を事業に活用する方針を発表。
その翌日にはさっそく、橋下知事の高校の先輩で、私立大学の名誉教授を務める男性が現金100万円を持って府庁を訪問し、「ミュージアム構想に役立ててほしい」とその場で寄付を提案しました。

寄付金の用途は各自治体の裁量に委ねられており、大阪府ではミュージアム構想のほか、スポーツ振興や福祉など7種類の基金に適用することができます。
大阪府の担当者は「ミュージアム構想への共感に加え、府が危機的な財政状況にあることが知事や報道を通じて広く知られたことや、他県よりも大阪の出身者の方が、地元への愛着が強いことも影響しているのでは」と話します。

「ふるさと納税」を呼び込む取り組み 使途の明確化、特産品の贈呈
「ふるさと納税」を呼び込もうと、各自治体では様々な取り組みを行なっています。

▽福井県:インターネットを通じてクレジットカードを使って寄付できるシステムを導入。また、同県池田町では、寄付金の使途を、寄付者が自ら決める第三者機関「池田町まちづくり自治委員会」を設置し、寄付者が使い道の決定まで踏み込む独自の運営方法を打ち出しています。福井県には7月22日現在で、県宛てで433万3500円、市町宛てで230万500円の寄付が集まっています。

▽京都府:京都市は、「文化(文化財の保全や伝統文化・芸能の普及促進)」「景観(歴史的風土の保全など)」「環境(地球温暖化対策など)」の3分野で「応援メニュー」を設定。ホームページで収支や具体的な使い道を報告するようにしています。

▽和歌山県:熊野古道など世界遺産の保全や活用、国体開催の準備、美しい海づくり、文化財の保護、学校図書館や県立図書館の蔵書充実、森の育成の6事業について寄付を募集。

▽兵庫県:尼崎市が、環境改善などに使う「あまがさき“未来につなぐまちづくり”応援寄付金」を設置。

▽島根県:出雲市は、控除されない5000円分を、特産品のブドウや多伎のイチジク、島根ワイン、出雲そば、シジミなどで還元する予定。

▽広島県:神石高原町は、教養の町の推進、学習環境の整備と小中高の連携、子育て支援と若者定住支援、高齢者・障害者の福祉、水源の里のまちづくりの5事業について寄付を募り、寄付者には特産品はトマトやこんにゃく、ユリ根を贈ることを予定。

▽岡山県:井原市は、「ふるさと納税」制度に基づく市への寄付者(市外在住)を「ふるさとサポーター」に登録し、地域の観光や特産物の宣伝の依頼をするうえ、市政へ助言を求める制度を導入。寄付者には、井原市をPRする名刺100枚や特産のデニム製名刺入れと、観光パンフレットや市広報誌などを1年間送るほか、田中美術館など市内文化施設の入場が無料になる「ふるさとパス」、井原線往復無料券(1往復)を贈呈。

▽山口県:萩市は、市外在住者が1万円以上を寄付した場合、お礼として特産品の夏ミカンや萩焼(いずれも5000円相当)の進呈を決定。

▽徳島県:徳島県は「来県してほしい」との思いも込め、寄付者にもれなく県立博物館などの特別招待券を贈呈。

▽栃木県:具体的な使途は任せる、“とちぎ”の森を守り育てる、“とちぎ”の福祉の向上を図る、“とちぎ”が世界に誇る日光杉並木を守る、の4つのプランについて寄付を募集。

▽岐阜県:恵那市は、恵那峡、中山道、坂折棚田、岩村城跡や岩村通り、日本大正村、細寒天と登り窯のまち、上矢作風力発電や矢作川上流の自然保護、ヘボの文化、明知鉄道、その他の町おこしの計10の応援メニューを設けて寄付を募集。

▽佐賀県:名勝「九年庵」の保全、ヨット世界選手権大会(唐津)、子どもたちへの本の贈りもの、高校生のスポーツ活動支援、PTAや自治会など県民協働の地域活動支援、知事おまかせコースの6事業で寄付を募集。寄付者には、公開期間を年・9日間に限っている庭園「九年庵」のペア入場券や、九年庵の「もみじの押し花」などを贈呈。

▽福岡県:久留米市では、1万円以上寄付した人を対象に「とんこつラーメンセット」などを贈呈。北九州市では、1万円以上寄付した人に「市の観光カレンダー」や「市の季刊情報誌」などを送るとしています。

先週のニュース(7/21-7/27)中国・昆明市で爆破テロ、八王子通り魔、映画『崖の上のポニョ』

先週のニュース(7/21-7/27)中国・昆明市で爆破テロ、八王子通り魔、映画『崖の上のポニョ』
――<特別編>―――――――――――――――――――
映画『崖の上のポニョ』を観てきました ―「人魚姫」を下地に宮崎駿監督が映画を描くと―

第6回・DRAGON GATE観戦レポート『7.27神戸ワールド記念ホール大会』(1)

第6回・DRAGON GATE観戦レポート『7.27神戸ワールド記念ホール大会』(2)
――――――――――――――――――――――――――
7/26 ベネッセ調査で保護者の8割が公立小中学校に「満足」 2012年・新学習指導要領前に評価改善???

7/25 33歳の通り魔と、14歳のバスジャック犯の犯行動機が符合する現状の奇異 精神的な未熟

7/24 第17回オリコン調べ「本」ランキング ハリー・ポッター最終巻、発売前夜のランキングは?

7/24 24日・午前0時26分、岩手県沿岸北部で震度6強の地震発生 岩手・宮城内陸地震から1カ月余りで再び

7/23 NY原油先物取引相場が再び急落・1バレル=127.95ドルへ 海上産油施設へのハリケーン被害警戒感が後退

7/23 個々の病院で医師不足解消を模索 県立西宮病院が、開業医と連携する「地域完結型」医療をめざす

7/22 陸上自衛隊に再編案 敵軍隊の着上陸侵攻から、テロやゲリラ攻撃への対応重視へ

7/22 中国・雲南省昆明市でバス2台爆発、2人死亡 中国公安省は「人為的」と断定、犯人に懸賞金

――――――――――――――――――――――――
↓Googleでもっと調べる↓




Google



第6回・DRAGON GATE観戦レポート『7.27神戸ワールド記念ホール大会』(2)

今回は、スクナビコナのみでお伝えしています『7.27神戸ワールド記念ホール大会』観戦レポート。
最後は、メインイベントです。



<メインイベント>オープン・ザ・ドリームゲート王座決定戦
×B×Bハルク(WORLD-1)
vs
○鷹木信悟(REAL HAZARD)

6.29大阪府立体育館大会で、60分1本勝負で次期挑戦者決定戦をして決着が付かなかった両選手。頚椎損傷による長期欠場を余儀なくされた前ドリームゲート王者のCIMA選手が、タイトルを返上したことによって、今大会のメインが両選手による王座決定戦となりました。

試合の序盤は、お互いに相手の打撃技を封じる一手から。ハルク選手は鷹木選手のラリアットを封じるために右腕を中心に蹴りを入れ、鷹木選手はハルク選手の蹴りを封じるため足攻めを展開。
しかし序盤から中盤に入る頃から、試合は鷹木選手のペースへ。ラリアット、エルボー、スープレックスを次々と決め、ハルク選手を追い込んでいきました。けれども、6.29の再現となった、ハルク選手によるエプロンサイドでの「EVO(コブラツイストのような体勢から相手を持ち上げて、相手の背中をリングに叩きつける大技)」が決まったのを機に、試合は五分へ。
両選手ダウンによるカウントが9まで進むほど拮抗しかけましたが、最後は「ラスト・ファルコンリー(相手の腕を股下でロックして担ぎ上げた後、前方に叩きつける大技。叩きつける際、相手の顔・首を足ではさむことで意識を飛ばし、フィニッシュの確率を上げる)」で3カウント。

――――――――――――――――――――――――――
普通ならこれで大団円ということになるでしょうが、そうならないのがDRAGON GATE。

マイクを取った鷹木選手は、これまで「弱い」「弱い」と言い続けていたハルク選手への発言を撤回。「今日のお前は強かった」と、ハルク選手の健闘を称えました。

さらに鷹木選手は、解説席に座っているCIMA選手に、「これからは、俺たちがDRAGON GATEの舵を取っていく」と新世代の時代が来たことをアピール。
これに対してCIMA選手が「ワールドのメインでドリームゲートを取ったのだから、好きにすればいい。しかし、必ずリングに戻ってくる。その時は、このCIMAが会場のお客さんを全て持っていく」と、鷹木選手の実力を認めつつ、自分の復帰を約束しました。

ここで両者の間に割り込んだのがREAL HAZARDのサイバー・コング選手。鷹木選手のクリーンなマイクアピールが気に入らないらしく、CIMA選手を引き摺り上げて、「このまま俺たちとやって行くなら、このポンコツに一発入れろ」と迫りました。
躊躇する鷹木選手へ、堀口選手が後方からドロップキック。REAL HAZARDは、鷹木選手を「偽善者」としてユニットからの追放を宣言。

窮地に陥った鷹木選手を救出に来たのが、Typhoonのドラゴン・キッド、斎藤了、横須賀享、アンソニー・W・森、PAC選手たち。REAL HAZARDのメンバーを退場させます。

そして、Typhoonが鷹木選手に提示したのは「鷹木選手のTyphoon加入」と「キッド選手と組んでのタッグリーグ参戦」。
鷹木選手は「自分には自分の考えがある」と、なかなかTyphoonの提案に乗ろうとしませんでしたが、その態度に業を煮やしたのが王子こと、アンソニー・W・森選手。王子は、鷹木選手の頬を張って、「1人じゃタッグリーグに出られないんだよ!」「僕と組んだんじゃ、キッドさんが優勝できないんだよ!」と鷹木選手に強く決断を迫りました。
会場からは「鷹木コール」が起こり、鷹木選手を後押し。Typhoonへの加入は保留しましたが、鷹木選手は「確かにチャンピオンが出ないと盛り上がらないよな」と、絶対に優勝することを条件に、キッド選手とのタッグリーグ参戦を約束しました。

――――――――――――――――――――――――――
2003年(ちょうど『イタリアン・コネクション』から『悪冠一色』が分離した頃)からDRAGON GATEを観てきた者としては、「ヒール転向しても、鷹木選手にとって、ずっと後を追いかけてきたCIMA選手は、やっぱり特別なままなんだなぁ」と、色々と思うところがありました。

そして、もっともツボに入ったのが、鷹木選手の頬を張って決断を迫った王子! 神戸サンボーホール大会で乱入してきた東京愚連隊にキレて以来、個人的に、すっかり「意外性ナンバー1」選手という印象が定着しています。セコンドに付いたときの好アシストといい、リング外が非常におもしろいです。

しかし何よりも要注目なのが、若きオープン・ザ・ドリームゲート王者・鷹木信悟選手。
REAL HAZARDを離れ、Typhoonからも一定の距離を置き、このまま孤高のチャンピオンの道を進むのか? それとも独自の人脈から(『武勇伝』でタッグを組んだことがある大日本プロレスの関本大介など)新たなユニットを立ち上げるのか? CIMA選手の防衛記録・6回を超えられるのか?
とても今後が楽しみです。

第6回・DRAGON GATE観戦レポート『7.27神戸ワールド記念ホール大会』(1)

行ってきました『7.27神戸ワールド記念ホール大会』。今回の試合レポートは、オオクニヌシさんとの掛け合いはお休みして、スクナビコナのみでお伝えします。
(今大会の模様は、関西テレビで8月10日に放送予定)



<第1試合>
○エル・ジェネリコ、大野勇樹、戸澤アキラ(戸澤塾)
vs
×シーサーBOY、スペル・シーサー、K-ness.
片えび固め


<第2試合>
暴走十番勝負・第4戦
○“ハリウッド”ストーカー市川
vs
×ザ・グレート・サスケ(みちのくプロレス)
片えび固め


<第3試合>
岩佐拓、×新井健一郎(戸澤塾)
vs
TAKEMURA(東京愚連隊)、○サイバー・コング(REAL HAZARD)

スクナビコナが会場入りできたのは、この第3試合から。
中盤あたりまでの展開は、DRAGON GATEタッグチームの至宝・ツインゲートの前チャンピオンである新・岩にとって、悪くありませんでした。しかし、新・岩がどんなに巧く試合を組立てても、サイバー選手がパワーで試合をひっくり返し、全日でヘビー級をはっているTAKEMURA選手の地力も高かった。
終盤で新井選手が捕まり、サイバー選手の「サイバー・ボム(相手を担ぎ上げた後、助走を付けてから落とすパワーボム)」で、3カウントとなりました。


<第4試合>オープン・ザ・ブレイブゲート王座決定戦
×m.c.KZ.(WORLD-1)
vs
○堀口元気(REAL HAZARD)

両者ともゴング前に仕掛けて、試合開始。
序盤のペースを握ったのはKZ.でした。けれども、一気に攻めて行けそうになる要所で、堀口選手が試合の展開を引き込んで五分。さらに堀口選手のセコンドについていた、同じREAL HAZARDのサイバー選手による乱入で、完全に堀口選手のペースへ。
最後は「ビーチブレイク(相手を逆さまにして背中に背負い、そこから足を投げ出す勢いを使って、全体重でもって相手の頭部をリングへ突き刺す大技)」の2連発を決めて3カウント。


<第5試合>オープン・ザ・ツインゲート統一タッグ選手権試合
《王者組=Typhoon》○斎藤了、横須賀享
vs
《挑戦者組=東京愚連隊》MAZADA、×NOSAWA論外

試合内容は、試合の展開らしい展開がないものになりました。
王者組の了・須賀が試合を組立てかけても、東京愚連隊がそれを潰す。攻め込まれるところを斎藤選手と横須賀選手が、交代で耐え忍ぶという感じでした。
しかし、ここで好アシストしたのが了・須賀と同じTyphoonのアンソニー・W・森選手(通称・王子)。東京愚連隊のセコンドについていたTAKEMURAの乱入を防ぎ、了・須賀が3対1や3対2の窮地に陥ることを巧く防いでいました。
そして最後は、斎藤選手がNOSAWA選手を捕まえて「プレミアム・ブリッジ・ホールド(相手の両手首を掴んで受身がとれないようにしてから、相手を背後から後方へ投げる変形のドラゴン・スープレックス・ホールド)」で3カウント。

<第6試合>オープン・ザ・トライアングルゲート選手権試合・6人タッグ4WAYマッチ
《王者組》○YAMATO、神田裕之、Gamma
vs
《挑戦者組=Typhoon》×PAC、アンソニー・W・森、ドラゴン・キッド
vs
《挑戦者組=WORLD-1》×谷嵜なおき、吉野正人、土井成樹
vs
《挑戦者組=絶倫ズ》×マグニチュード岸和田、ドン・フジイ、望月成晃

DRAGON GATEではお馴染みの6人タッグ4WAYマッチとなった、トライアングルゲート選手権試合。
試合では、4WAYならではの「お約束のネタ(?)」が満載となりました。フジイ選手が全選手(味方を含む)から袈裟切りチョップを受けて、最後に反撃しようというところで、全員からドロップキックを受け。いつもは「首4の字固め」や「4の字固め」で全選手が数珠繋ぎになるネタを、今回はスリーパーホールドで行い、望月選手によって仲間外れにされたGamma選手が口に含んだ水を望月選手に吐き掛けて崩れ。6対6で組んでブレーン・バスターを打ち合うネタは、REAL HAZARD・東京愚連隊Typhoon・WORLD-1・絶倫ズによる大掛かりなものとなり、Typhoon側が投げました。

負け抜けの順は、Gamma選手が岸和田選手のマスクを剥いで丸め込んで3カウント。さらにTyphoonが負けて、最後はREAL HAZARD対WORLD-1の対決へ。
しかし、ここでREAL HAZARD側のセコンドがWORLD-1の分断という形で試合に介入。リング上で捕まった谷嵜選手が、しばらくREAL HAZARDの猛攻に耐えたものの、最後はYAMATO選手による「ギャラリア(相手を前方で抱え上げて、首・後頭部からリングへ叩きつける変形のツームストン・パイルドライバー)」で3カウント。REAL HAZARDのトライアングルゲート防衛となりました。


続き、メイン・イベントは「第6回・DRAGON GATE観戦レポート『7.27神戸ワールド記念ホール大会』(2)」にて

ベネッセ調査で保護者の8割が公立小中学校に「満足」 2012年・新学習指導要領前に評価改善???

ベネッセ調査で保護者の8割が公立小中学校に「満足」
公立の小中学校に満足している保護者は8割近くに達し、先生への評価も上昇―。
朝日新聞社とベネッセ教育研究開発センターが共同実施した5,000人を超える保護者への意識調査 が25日まとまり、公立学校への評価が改善している結果が出ました。4年前の前回、満足度の低かった都市部や高学歴の親で伸びが目立ち、公立学校への信頼回復の兆しが伺えます。

学校教育などに対する保護者の意識を問う調査は、文部科学省や日本PTA全国協議会も行っています。しかし、5,000人を超える規模で、学歴や経済的なゆとりにまで踏み込んで尋ね、学校や教育政策への意見の変化を継続的に調査・分析したものはありません。

※意識調査・・・正式名称は「学校教育に対する保護者の意識調査」。
今年3月、25都県の小学2、5年生、中学2年生の保護者計6901人に、公立の小学校21校、中学校19校計40校を通じて質問用紙を配り、5399人から回答を回収(回収率78.2%)。初調査となる前回は03年末から04年1月に調べ、6288人から回答を得ています。


前回調査で公立学校に満足していなかった層で、評価上昇
今回、子どもの通う学校に、「満足している」と答えたのは77.2%。前回から継続して参加した計31校の小中学校で変化を見ると、満足度は72.8%から76.4%に上がっています。

地域別では、前回、最も満足度の低かった「東京23区と県庁所在地」が75.2%で、12ポイントアップ。
学校別では中学生の子をもつ家庭で9ポイント高まり、70.1%になっています。
保護者の学歴別では「父母とも非大卒」が2ポイント増に対し、両親の少なくとも一方が大卒だと5ポイント以上上昇。母親の就労別だと、前回最も低かった「専業主婦」が77.0%に増え、「パートやフリー」「常勤」と並びました。

学校から「情報提供」に高評価 教師・学校への評価も上昇
学校の取り組みごとの満足度を見ると、最も伸びたのは「教育方針や指導状況を保護者に伝えること」(情報提供)で8ポイント上昇しています。

学校別では、小学校は「学芸会や音楽会などの文化活動」が7ポイント、「情報提供」が6ポイント増。中学校では「情報提供」「道徳や思いやりの心を教えること」「社会のマナーやルールを教えること」がいずれも10ポイント伸びています。
また、教師や学校への評価も上昇。「学校の先生は信頼できる」と感じる保護者は56.8%で9ポイントの増。「先生たちの教育熱心さ」に満足しているのは64.0%と3ポイント増。「教科の学習指導」への満足度も72.6%と3ポイント増えています。

一方、「学校は一人ひとりに応じた教育を行っていない」という答えは54.4%と8ポイント減。「先生の教える力が低下している」と感じる人も49.4%と4ポイント低くなっています。

不満層が私立・国立へ抜けた? 期待が下がった?
今回の意識調査の結果を、複数の専門家に読み解いてもらったところ、「情報公開や学力向上への取り組みを肯定的に評価する層が増えた」という分析の一方、「不満層の子どもの一部が私立や国立の中学に進学して調査対象から抜けた」ことや「学校への期待水準が下がった」ことが一因という見方もありました。

OECD生徒の学習到達度調査(PISA)に揺れた04年
2003年に行なわれた「OECD生徒の学習到達度調査(PISA)」結果に、「子どもたちの学力が下がった」と騒ぎになったのは04年のことでした。「OECD生徒の学習到達度調査」の2000年および2003年を比較すると、『数学的リテラシー』は1位から6位へ、『読解力』では8位から14位へ下がり、『科学的リテラシー』は2位から1位に上がっています。

しかし同結果の報道は、もっぱら同調査結果に基づく学力低下論争は「日本の順位が下がった」という点を強調した誤解であり、「32カ国から56カ国へと対象国が増えたこと」「得点による冷静な分析が不足している」との指摘があります。

実際に、日本の平均得点は、『科学的リテラシー』は1位のフィンランドと同じ548点、『問題解決能力』はトップの韓国と3点差で1位グループ、『数学的リテラシー』は得点分布のバラ付きは広いものの534点でやはり1位グループにあると見られます。しかし、『読解力』ではトップと45点差の498点にとどまり上位8カ国と明確な差があると判断されます。

習熟度別・少人数クラス授業、チームティーチングなどが奏功か?
しかし2003年調査結果は、学力低下・ゆとり教育の失敗の証拠として、学校現場に数多くの改善を迫ることになりました。
中には、より多くのことを教えられるよう独自教科書の編さんを行なったグループもありましたが、学習指導要領の改訂は2012年を待たざるを得ません。その代わり現場では、習熟度別授業や少人数クラス授業、チームティーチングといった授業運営の工夫が重ねられました。

「学校の先生は信頼できる」、「先生たちの教育熱心さ」、「教科の学習指導」といった面でポイントが上昇しているということは、現場での工夫の結果、教師の指導がよりきめ細かになったと評価されているものと考えられます。これは学力低下報道以来、具体的に教育現場が採った動きとしては授業運営の工夫であることから、その授業運営の工夫が奏功したものでしょう。

2012年から採用する学習指導要領は、既にゆとり教育を否定し、授業で扱う事柄を増量する方向で動いています。
しかし、同指導要領は、あくまで2012年スタートのもので、教育現場の指導要領は未だ変わっていません。「学習内容を増加させる前」に保護者の公立学校への評価が上がったということは、2004年の学力低下報道並みに分析が必要であろう思います。

33歳の通り魔と、14歳のバスジャック犯の犯行動機が符合する現状の奇異 精神的な未熟

八王子殺傷で容疑者、親の関心引くため「大事件起こせば・・・」
東京都八王子市の京王八王子駅ビル9階の書店で22日夜、女性2人が男に包丁で刺されて殺傷された事件で、警視庁に殺人未遂容疑で逮捕された会社員・菅野昭一容疑者(33)が「親が話を聞いてくれないので、大事件を起こせばマスコミに名前が出ると思ってやった」と供述していることが分かりました。

菅野容疑者は「数日前からいらだっていた」とも話しており、警視庁は何が犯行の直接の引き金になったか調べています。

菅野容疑者は、犯行動機について当初は「仕事がうまくいかずにムシャクシャしていた」と仕事上のトラブルを挙げていましたが、新たに「人間関係も含め、2~3日前からイライラしていた」などという供述を始め、親に相談しても耳を傾けてくれないため、両親を振り向かせるために無差別殺人を決意したという趣旨の話もしていると言います。
しかし、菅野容疑者の父親は23日朝、報道陣の取材に応じて「仕事の相談はなかった」などと、相談の事実を全面的に否定しています。

また菅野容疑者は、犯行の約1時間前の22日午後8時半ごろから店内をうろついていたと供述。凶器の包丁(刃渡り約15センチ)については、同日夕方に京王八王子駅ビル近くの100円ショップで購入したと話しており、包丁を選んだ理由については、今年に入って各地で刃物を使った通り魔事件が続いていたことに触れ、「刃物なら簡単に人を殺せると思った」と話しています。

警視庁は24日午前、女性アルバイト店員に対する殺人と銃刀法違反容疑で、菅野容疑者を東京地検八王子支部に送検しました。

バスジャック容疑14歳少年 「家庭をぐちゃぐちゃにしたかった。世間を騒がせたかった」
7月16日午後0時50分ごろ、「東名高速上り線(愛知県岡崎市)を走行中の高速バスに刃物を持った男が乗っている」と、運行するジェイアール東海バス(名古屋市中川区)から愛知県警に110番通報がありました。

県警は美合パーキングエリアでバスを停止させたうえ、車内で運転手(39)の首に果物ナイフ(刃渡り約10センチ)を突きつけていた少年を説得。同1時56分、銃刀法違反と監禁の両容疑で現行犯逮捕しました。乗客、乗員計11人にけがはありませんでした。

愛知県警の発表によると、逮捕されたのは山口県宇部市、市立中学2年の少年(14)。
少年は16日正午ごろ、ジェイアール東海が運行する名古屋駅から東京駅行きの2階建て高速バス「スーパーライナー」に乗車し、バスが走り出した後、運転手の首に果物ナイフを突きつけ、「とにかく走れ」などと脅し、2階の乗客9人を1階に座らせるなどして監禁した疑い。乗り合わせたジェイアール東海の男性社員が同社に通報し、事件が発覚しました。

少年は逮捕後、「両親を困らせる方法を考えた時、幼いころに母親から聞いた西鉄のバスジャック事件を思い出した」「彼女に振られたから」などと動機を供述。県警の取り調べには「親にしかられ腹いせにやった。家庭をぐちゃぐちゃにしたかった。世間を騒がせたかった」などと話したと言います。

少年は、運転手の携帯電話を使って、「バスジャックした」と自らも110番通報をしていました。美合PAで、捜査員がバスのドアを開けて説得したところ、抵抗することなく、果物ナイフと小型ナイフ(刃渡り12センチ)を荷台に置き、乗客を解放しました。

事件から約1週間を経た22日には、県警の調べに対して、少年が「乗客や運転手などを含め、多くの人に迷惑をかけた。ごめんなさい」などと反省の態度を示していることが分かっています。

33歳と14歳がいう「大きな事件を起こせば」「他の事件を真似た」
八王子で凶行に及んだ33歳の通り魔は、「親が話を聞いてくれないので、大事件を起こせばマスコミに名前が出ると思ってやった」、今年に入って各地で刃物を使った通り魔事件が続いていたことに触れ、「刃物なら簡単に人を殺せると思った」と供述。
一方、14歳のバスジャック犯も、「親にしかられ腹いせにやった。家庭をぐちゃぐちゃにしたかった。世間を騒がせたかった」、「両親を困らせる方法を考えた時、幼いころに母親から聞いた西鉄のバスジャック事件を思い出した」と話しています。

年の差にして19も離れた2人の容疑者が、警察の取調べに対して、同じように「大きな事件を起こせば」「家族の気を引こうとした」「他の事件をまねた」と話す現状は、非常に奇異に感じられます。

秋葉原で17人に対するの無差別殺傷事件が起きたとき、この「犯人がやったことは許されないことに変わりはないが、犯人の境遇を社会的に捉える必要がある」という多数の識者コメントがありました。この事件を起こした加藤智大容疑者(25)が供述した犯行動機は、「誰かにかまってほしくて(ネットに)書き込んだが、無視されたので現実世界で大きな事件を起こせば注目を集められると思った」というものでした。

「社会的不遇」+「信頼できる身内の不在」+「精神的未熟」
菅野、加藤両容疑者までであれば、あの凶行は「社会的不遇」+「信頼できる身内の不在」から、それぞれ自己の存在を確立できなかったのだろうか、と考えられます。しかし、14歳のバスジャック犯も同じように並べ得ることからすると、ここには「精神的未熟」を要素として追加せざるを得ないのではないでしょうか?

精神的な成熟は、自分で自分の未熟さに気付き、自分で社会との関係性の中で学ばない限り果たすことはできないものです。「完全無欠の親」というものの存在が否定され、学校にいる教師も教科を理解させる訓練を積んだ職能人であってやはり「完全無欠の人」ではない以上、精神的な成熟への可能性は、家族の外でさらに学校の外、社会の中に求めるしかありません。

いかに、子どもを社会に放り出すか?
子どもを家族の外へ出す仕組みをかつて担っていたのは、丁稚や徒弟、徴兵だったのでしょう。

丁稚や徒弟は今からでもやれなくはないでしょうが、憲法9条がある日本で徴兵をやるのは大いな自己矛盾であり筋は通らないと考えます。
しかし、イギリスのように王族も例外なくその仕組みの中に置かれていることや、アメイカや韓国での「徴兵逃れ」に対する容赦ない非難、宗教上・信条上の理由から銃を取れない人にはボランティアを課すということを考えると、徴兵という仕組みが持ってる思想的厚みは見るに値します。そこにあるのは、徴兵の前に気付くか、徴兵の中で強制されるかはともかく、「人は、社会に命懸けで貢献するものだ」という思想でしょう。

また英語圏の大学の中では、入試から入学までの期間をあえて長く設定して、その間(=ギャップ・イヤー)に、大学では得られない経験をすることを推奨しています。この時期にアルバイトなどをして今後の勉学のための資金を貯める人も多い一方、語学留学したり、外国に渡航してワーキング・ホリデーを過ごしたり、あるいはボランティア活動に参加する人も多くいます。
ウィリアム王子がギャップ・イヤーにチリでボランティア活動をした様子は、日本でもニュースになりました。

子どもが就職という形でいずれ社会の中に完全に参画する本筋は本筋として、仕組みとして、まだ子どもの内に社会に放り出される機会を複数回持つのは有意義なことでしょう。日本の高校中退率、大学進学率から考えると、機会は15歳および18歳あたりでしょうか。


第17回オリコン調べ「本」ランキング ハリー・ポッター最終巻、発売前夜のランキングは?

第17回オリコン調べ「本」ランキング(7月14日~7月20日)

▽書籍総合
1位(初):ドラゴンクエスト5 NDS版 探求の書・・・48,337部
2位:AB型自分の説明書(Jamais Jamais)・・・46,235部
3位:B型自分の説明書(Jamais Jamais)・・・31,369部
4位:A型自分の説明書(Jamais Jamais)・・・29,758部
5位(↑):夢をかなえるゾウ(水野敬也)・・・22,526部
6位:ハローバイバイ・関暁夫の都市伝説 2(関暁夫)・・・19,411部
7位(↑):かわいいこねこをもらってください(なりゆきわかこ、垂石眞子)・・・18,195部
8位(↑):NHK大河ドラマ・ストーリー
 篤姫 後編(宮尾登美子、田淵久美子)・・・17,821部
9位:かいけつゾロリ
 カレーVS.ちょうのうりょく(原ゆたか)・・・17,598部
10位:ROOKIES PERFECT BOOK(集英社)・・・17,354部

▽コミック
1位(初):ツバサ 24(CLAMP)・・・167,315部
2位(初):BLACK LAGOON 8(広江礼威)・・・140,193部
3位(初):スキップ・ビート! 19(仲村佳樹)・・・119,529部
4位(初):ダイヤのA 11(寺嶋裕二)・・・105,542部
5位:ハヤテのごとく! 16(畑健二郎)・・・104,186部
6位:結界師 21(田辺イエロウ)・・・97,428部
7位(初):学園アリス 16(樋口橘)・・・81,586部
8位(初):さよなら絶望先生 14(久米田康治)・・・79,371部
9位(初):プライド 9(一条ゆかり)・・・70,198部
10位:犬夜叉 54(高橋留美子)・・・69,992部

▽文庫
1位(↑):西の魔女が死んだ(梨木香歩)・・・71,043部
2位:居眠り磐音 江戸双紙 26
 紅花ノ邨(佐伯泰英)・・・54,953部
3位:クライマーズ・ハイ(横山秀夫)・・・33,000部
4位:さまよう刃(東野圭吾)・・・31,772部
5位:蟹工船・党生活者(小林多喜二)・・・30,858部
6位(↑):花より男子ファイナル
 (下川香苗、サタケミキオ、神尾葉子)・・・28,002部
7位(↑):たった3秒のパソコン術(中山真敬)・・・22,340部
8位(↑):氷の華(天野節子)・・・20,934部
9位(初):神曲奏界ポリフォニカ
 ジェラス・クリムゾン(榊一郎)・・・20,657部
10位(初):ブラック・ラグーン
 シェイターネ・バーディ(虚淵玄、広江礼威)・・・19,837部


ということで、ハリー・ポッター最終巻発売前夜のランキングは、ニンテンドーDSのドラゴンクエスト5攻略本が1位でした。部数は5万部弱ですから、次週はハリー・ポッター最終巻『ハリー・ポッターと死の秘宝』の1位獲得は確実。米・英では、昨年の発売初日販売部数が1,000万部を超えたということですから、注目はむしろ、どこまで部数が出ているかの方でしょうか?

この週で個人的に購入しているのは『BLACK LAGOON』。当ブログでは2月に一度紹介した、強烈にかっ飛ばしていくガンアクションです。

今日の本:『BLACK LAGOON』広江礼威
ロシアンマフィア「ホテル・モスクワ」と香港マフィア「三合会」、さらにイタリアマフィア、中南米マフィアらによる微妙なパワーバランスの上に成り立つ町・ロアナプラ。そんな裏社会のルールが町を支配するロアナプラで、合法・非合法関係なく物を運ぶ「運び屋」、ラグーン商社を中心に描かれるガンアクションマンガです。

おススメのポイントは、細部までしっかり組まれている背景設定と舞台設定、スリリングなストーリー展開、刺激的なセリフ回しと画力。スピード感のあるカメラワークは、個人的にト書きにあたるコマで文脈をつなげきれない時があるので、もうちょっとゆっくりして欲しいです。

今なお連載が続いている『ゴルゴ13』の方が、国際的なパワーバランスの中で動く登場人物はゆっくり読めます。けれども、『BLACK LAGOON』の方が刺激的。



◆オリコンランキング(11位以下の書籍ランキングはページ中ほど)

映画『崖の上のポニョ』を観てきました ―「人魚姫」を下地に宮崎駿監督が映画を描くと―

映画『崖の上のポニョ』を観てきました。

評価としてはS>A>B>C>Dの5段階で「A」。

あらすじ
海なる母・グランマーレと人間を捨てた男・フジモトとの間に生まれた娘・ブリュンヒルデ(=ポニョの本名)は、ある日、妹たちと暮らしていたフジモトの元から家出をします。

ブリュンヒルデはクラゲに乗って大海をただよっていましたが、底引網に巻き込まれてビンの中に入ってしまい、網からは抜け出せたものの力尽きて崖のある岬へ打ち上げられてしまいます。
そこへちょうど下りてきたのが、崖の上の家で母・リサと暮らしている人間の少年・宗介。宗介に助けられて、「ポニョ」という名前をもらったブリュンヒルデはしばしの時を宗介と過ごしますが、後を追ってきたフジモトの手によって海に連れ戻されてしまいます。

しかし宗介に逢って、「人間になりたい」と望むようになったポニョは・・・

感想をつらつら・・・
ジブリ作品は、「いつか、『となりのトトロ』に出てくるさつきとメイの家に住みたい」と思っているほど好きですが、『ポニョ』は事前の期待値は低めで見てきました。

なぜなら、『ポニョ』のプロモートが個人的に合わなかったからです。予告編を最初に観たのは『名探偵コナン 戦慄の楽譜』か『隠し砦の三悪人』の前で、あまりにギャップがあって「監督は、何処へ行こうとしているんだろうか?」とただ疑問だけが残るだけ。完成記者会見での宮崎駿監督のコメント「全部手描きで作りました。(セル画を)17万枚描きました」というコメントも、「ストーリーメーカーが、CGだと巧くいかなかったとか、セル画の枚数だとか、技術の話でアピールしたらダメだろう」と感じていたからです。


で、観終わったあとの最初の感想は、「リサは、かっこいいお母さんだなぁ」でした。
少女の姿になって現れたポニョのことをすんなり受け入れてしまったり、大嵐の中、勤め先のデイケアセンター「ひまわりの家」のことを心配して飛び出していったり、宗介に責任があることをきちんと話して任せたり、すごくかっこいいお母さんだなぁと見惚れました。
MBSの番組でインタビューに応えた鈴木プロデューサーの「女性はエライという作品です」というフレーズは、ピッタリだと思いました。

また、人魚姫(人魚と人間の出会い)や北欧神話(ブリュンヒルデは、北欧神話に出てくる戦乙女・ワルキューレの長女の名前)、もっとも多種多様な生物が住んでいた時代の海など、ストーリーの下地が実はしっかりしているのも分かってきました。


けれども、ゴミを大量にすくい上げる底引網や洗剤の容器などがただよう港付近の海が、リアルなディテールという形で表した環境破壊へのメッセージとなっており、そこを説教臭く感じてしまいました。これを感じてしまうと、少し映画の世界から引いてしまうため、スクリーンで描かれている礼儀正しくしつけられた心配りもできる5歳の少年・宗介と、観客側にいる現実の5歳の野生児たちとのギャップが、どうにも埋まりませんでした。

自宅でDVDで観ると評価が上がる気がしますが、今のところ評価は「A」です。

24日・午前0時26分、岩手県沿岸北部で震度6強の地震発生 岩手・宮城内陸地震から1カ月余りで再び

24日・午前0時26分、岩手県沿岸北部で震度6強の地震発生
24日・午前0時26分ごろ、東北地方で震度6強の地震がありました。
岩手県沿岸北部で震度6強、青森県三八上北地方で震度6弱を観測。震源は岩手県沿岸北部で、北緯39.7度、東経141.7度。震源の深さは約108キロ。地震の規模はマグニチュード6.8と推定されています。地震による津波の心配はないとのこと。

また気象庁は、震源地は深さ108kmで、太平洋プレート内部で発生した地震であることを発表。岩手・宮城内陸地震との関係はないとしています。

震度5強以上の各地の震度は次の通り、

▽震度6強 ※=岩手県:洋野町
▽震度6弱=青森県:八戸市、五戸町、階上町道仏
         岩手県:野田村
▽震度5強=青森県:東北町、青森南部町、東通村
         岩手県:宮古市、久慈市、山田町、普代村、大船渡市、
              釜石市、大槌町、二戸市、一戸町、八幡平市、
              軽米町、北上市、一関市、平泉町、奥州市
         宮城県:気仙沼市、涌谷町、栗原市、宮城美里町、
              大崎市、石巻市

※震度6強とは?・・・震度6強の揺れは、立っていることができず、はわないと動くことができない程度。建物では、耐震性の低い建物は倒壊するものがある。耐震性の高い建物でも、壁や柱が破壊するものがかなりあります。


午前5時30分、首相官邸対策室発表の被害状況
(1)人的被害(5:30警察庁)
負傷者:90名(青森県:49名、岩手県:30名、秋田県:2名、宮城県:8名、千葉県:1名)

(2)建築物被害(4:55警察庁)
一部損壊:6戸(青森県:5戸、宮城県:1戸)
火災:4戸(青森県:3戸、岩手県:1戸)

(3)交通
▽道路(4:30国交省)
・高速道路:有料道路とも規制解除
・全面通行止めの国道:国道102号(焼山)、国道340号(堺ノ神)、国道455号(岩泉町)
・全面通行止めの県道:岩泉平井ヶ普代線、安家玉川線、唐丹日頃線、宮城県内(場所不明)

▽鉄道(4:35JR東日本)
・JR東日本 秋田新幹線:昼頃まで運休見込み
・東北新幹線:東京~仙台間は一部運休見込み

(4)ライフライン等の状況
▽原子力施設(4:00原子力安全・保安院)
・東北電力:東通原発 点検中(運転中)、女川原発 2・3号機運転中(1号機は定期検査中)
・東京電力:福島第一原発 1~6号機 点検終了・異常なし(運転継続中)、福島第二原発 1~4号機 点検終了・異常なし(運転継続中)
・日本原燃六ヶ所再処理施設(青森県六ヶ所村)点検終了・異常なし(試験運転中)

▽停電(3:00原子力安全・保安院)
約335戸停電(岩手県岩泉町)

▽ガス(都市ガス、簡易ガス、LPガス)
確認中

▽水道(4:00厚労省)
断水:124戸(岩手県:119戸、宮城県:5戸)

▽通信(3:00総務省)
・固定:NTT東日本、NTTコミュニケーションズ、ソフトバンクテレコム:設備被害無し
・携帯:KDDI(移動系)規制解除、NTTドコモ:停波1局、ソフトバンクモバイル:停波5局

携帯電話での安否確認は災害伝言板で
回線への負荷軽減のため、安否確認は携帯電話各社が設置している災害用掲示板を利用しましょう。
◆docomo「災害用掲示板」( http://dengon.docomo.ne.jp/top.cgi )
◆ソフトバンク「災害用掲示板」( http://dengon.softbank.ne.jp/ )
◆au「災害用掲示板」( http://dengon.ezweb.ne.jp/ )
※固定電話は「171」で伝言ダイヤル

NY原油先物取引相場が再び急落・1バレル=127.95ドルへ 海上産油施設へのハリケーン被害警戒感が後退

NY原油先物が6週間ぶり安値 1バレル=127.95ドルへ
ニューヨークの原油先物相場は22日、6週間ぶりの安値を付け、一時1バレル=125.63ドル、終値で1バレル=127.95ドルとなりました。米国でのエネルギー需要の減少懸念や、メキシコ湾を通過中のハリケーン「ドリー」が海上産油施設に被害を与える公算は小さいとの見方が広がったのが、背景と見られます。

原油相場は先々週、7月11日に1バレル=147ドル台の過去最高値を付け、その後は、下落に転じていました。先週末には1バレル=129.29ドルにまで下がり、7月21日にはやや値を戻して終値は1バレル=131.04ドルとなっていました。
そして7月22日のドル建て原油相場は、原油市場の歴史上最大の前日比3.09ドルを記録し、1バレル=127.95ドルとなりました。


米国内の小売は前年比2.2%減少 アジアでの需要拡大の期待は大
ニューヨーク原油先物相場は22日、前日比3.09ドル安の127.95ドルで取引を終了。場中では6月上旬以来の最安値となる125.63ドルを付けました。ロンドン市場の北海ブレント先物は3.23ドル安の129.38ドルで引けています。

米国経済の混迷が深まっていることや、世界の主要原油消費国で需要低迷が継続していることが相場下落の要因だとディーラーらは指摘しています。シティ・フューチャーズ・パースペクティブのエネルギー・アナリスト、ティム・エバンズ氏は「原油相場は最高値から20ドル超下落した。相場の上値を抑制するような需給バランスのシフトがあった」と述べています。

MasterCardの調査によると、米国内のガソリン小売価格の急騰で自動車の利用を控える動きが強まる中、同国のガソリン消費は前年を約2.2%も下回る水準にまで落ち込んでいます。
しかしこうした事実にもかかわらず、投資家の間では、中国やインド、その他のアジアの新興国の経済成長を背景とする需要見込みが強く、原油相場を押し上げています。原油価格は年初の水準を依然として30%上回っており、2002年との比較では6倍超の価格を付けています。

ハリケーン被害への警戒感後退をきっかけに、大幅下落
原油市場の歴史上、最大の下げ幅を記録したきっかけはメキシコ湾岸を通過中のハリケーン「ドリー」でした。22日、原油トレーダーやアナリストらの間で、「米国テキサス州とメキシコの境界付近に向けてメキシコ湾西部を進んでいる『ドリー』が、原油生産に深刻な影響を及ぼす可能性は低い」との見方が広がりました。
そこで売り注文が先行して、原油価格は1バレル=125.63ドルにまで急落。終値で1バレル=127.95ドルとなりました。

先週より、原油相場からの資金引き上げの流れはありました。しかし、ハリケーン「ドリー」による被害は小さいとの見通しから、このハリケーン通過後まで原油を持っていても値上がりは期待できないとなり、むしろ米国内での石油需要の縮小による値下がりで損をするかもしれない、という動きにまで発展したと見られます。

個々の病院で医師不足解消を模索 県立西宮病院が、開業医と連携する「地域完結型」医療をめざす

県立西宮病院が、開業医との連携で地域医療再生を模索
兵庫県立西宮病院の医師や看護師らが、周辺の開業医や診療所と連携して患者の治療に当たる「地域完結型」の医療に取り組んでいます。

症状に応じてより適切な診療ができることから、患者との相互信頼を築ける上、県立西宮病院の勤務医の業務軽減などの成果も表れてきています。崩壊の危機が指摘される地域医療の再生策として注目を集めており、同病院は、兵庫県知事から「地域医療支援病院」の承認を受けることも目指しています。

※地域医療支援病院・・・かかりつけ医から入院や手術が必要な患者を受け入れるほか、施設内の医療機器を地元医療機関と共同利用したり、医療従事者を対象に研修を開いたりと中核的な役割を担う病院。
1997年の医療法改正で制度化され、都道府県知事に許認可権があります。今年4月末現在、全国に188施設が指定を受けており、兵庫県内では県立淡路病院と神戸赤十字病院が地域医療支援病院の承認を受けています。


地域の病院間で機能分担し、診療の効率アップを図る
県立西宮病院の外来患者は、近年では1日・1,000人を超えており、勤務医の過重労働を招いている状況です。

中には比較的症状が軽く、同病院以外でも対応できる患者も少なくないため、地域の病院間で機能分担し診療の効率アップを図ろうと2年前、医師や看護師、医療ソーシャルワーカーらでワーキンググループを結成。地域の病院との転退院を橋渡しする「地域医療連携室・医療相談室」を設置しました。

医師らが自ら周辺の病院を回り、医療スタッフと交流。診療内容や体制の把握に努めているほか、末期がん患者の在宅医療への移行など、医療ソーシャルワーカーを中心に家族の心のケアも含めた支援を積極的に進めています。

「患者集中」を緩和することで、より手厚い医療へ
県立西宮病院として転院先を自信を持って紹介できるため、地域医療連携・医療情報担当部長を務める乾由明氏は「患者の安心と病院への信頼につながっている」「患者の理解も得られるようになってきた」と話します。

またこうした取り組みの結果、今年四月以降の外来患者数は1日当たり700人台にまで減少。患者の診察待ち時間が短縮され、医療崩壊の一因となっている勤務医の過酷な業務実態も徐々に改善されていると言います。

乾部長は「今後は街の開業医との連携網をさらに拡充し、地域医療の先進モデルとして活動を全国に発信したい」と話しています。

――――――――――――――――――――――――――
東邦大学医療センター大森病院(東京都)のある日の当直状況
救命救急センターの医師は全部で14人。研修医を入れて3人が当直につき、2交代制の看護師は約100人。午後4時半から午前9時までは30床を15人前後で診ている。

朝から立ちっぱなしで手術に立ち会っていた外科の浜田聡医師(42)が救命救急センター医師控室に戻ってきたのは、午後6時半。濃いひげをいっそう濃くして、頭をかきむしった。これから当直だ。

同様に朝から勤務する藤本愛医師(31)と研修医(25)も当直についた午後7時半すぎ。
夕食の出前を注文したとたん、重篤患者の受け入れを要請する電話(ホットライン)が消防から入電。脳動脈瘤のある80代の女性が意識障害という。動脈瘤破裂かもしれない。医師9人が1階の初療室に走った。
10分後、顔が紅潮し目を見開いた女性が救急車で到着。「血圧は?」との声に、「190/110」。「わかりますか」と藤本医師が声をかける。「ニカルピン、ニカルピン」。浜田医師が降圧剤投与を指示した。 すぐCT室へ。コンピューター断層画像が映し出された。最悪の動脈瘤破裂ではない。視床出血だった。ほっとした空気が流れた。

看護師の携帯が鳴る。「先生、ホットラインです」。午後8時45分、20代の男性が運び込まれた。オートバイで乗用車と衝突した。顔は腫れ上がり、腕も折れている。 男性が痛みで叫び声を上げる。

再び看護師の携帯が鳴った。またホットラインだ。
「(受け入れは)無理!」。浜田医師の声が響いた。

午後11時前にやっと夕食にありつけた。その後も午前0時すぎに吐血した70代の女性が、早朝には交通外傷の患者が来た。眠る時間はほとんどなかった。

当直明けも医師の勤務は通常通り。医師たちはそのまま仕事を続け、夜まで働いた。午後8時15分、藤本医師が控室で栄養飲料リアルゴールドを飲み干した。この日5本目だ。「バタンキューで寝て、また明日ですね」。病院を出たのは午後11時前。勤務は前日から39時間に及んだ。

軽症者、自傷、かつてなら「大往生」・・・入り乱れる搬送患者
ある夜、39度の熱が出たと2歳の娘を救急車で連れてきた母親がいた。連絡を受けた看護師は「熱だけで救急車?」と声を上げた。診察した小児科医は「熱はあるが、しっかりしている。解熱剤を持っているということなので、何もせずにこのまま帰します」「高熱にびっくりしたんでしょう?」と質問すると、母親は「そんなに心配していたわけではないけど、とりあえず診てもらおうと思って」と話した。

若手医師(27)は「処置しても延命行為でしかないこともある」と漏らす。かつてなら「大往生」だった末期がんや施設入所の高齢者が心肺停止で次々と運び込まれる。「蘇生が患者や家族にとって幸せかどうかわからない」。

自傷も少なくない。ある日の明け方、100錠以上の鎮痛剤を酒と飲んだという30代の女性が搬送されてきた。意識はあり、命に別条はない。医師(35)は「この人は(救命救急センターの前の)2次救急で十分。こういう人を処置していて、本当に重篤な人を受け入れられないことがある」。
――――――――――――――――――――――――――

陸上自衛隊に再編案 敵軍隊の着上陸侵攻から、テロやゲリラ攻撃への対応重視へ

敵軍隊の着上陸侵攻から、テロやゲリラ攻撃への対応重視へ
防衛省が、陸上自衛隊が全国を5分割して担当している各方面隊をそれぞれ指揮する「方面総監部」の制度を廃止し、指揮・命令系統を一元的に担う「陸上総隊」を創設する検討に入ったことが、21日分かりました。

主に敵軍隊の着上陸侵攻を想定した冷戦時代の体制から、テロやゲリラ攻撃などに備えて指揮・命令系統を一本化することで、機動力を高めるのが狙い。防衛省は、この陸自の組織改革を2009年に見直す「防衛計画の大綱」に盛り込みたい考えです。


現在、陸上自衛隊は日本列島を5方面に分けて展開
陸上自衛隊は、全国を北部、東北、東部、中部、西部の5方面隊に分け、各部隊を個別に指揮する司令部として方面総監部を設置。各方面総監部のトップであるそれぞれの「方面総監」を陸将が務めて、各方面の防衛任務を分担しています。


一方、海上自衛隊は「自衛艦隊司令官」、航空自衛隊は「航空総隊司令官」に、それぞれ指揮・命令系統が一本化されています。陸上自衛隊で新たに創設が検討されている「陸上総隊」は、これら海上、航空自衛隊を念頭に置いたものです。


合理的なのは、5方面での分担か? 1総隊による一本化か?
陸自だけ各方面隊ごとに指揮・命令系統が独立していたのは、「着上陸侵攻に備え、方面隊ごとに完結した戦力を保持しており、各方面総監部による運用が合理的だ」(陸自幹部)との考え方があったためです。

しかし今日は、テロやゲリラ攻撃などの脅威が現実的な問題となっています。そのため新体制では、ゲリラ攻撃に対応するため07年3月に発足した専門部隊「中央即応集団」を格上げし、直接、陸上総隊に組み入れることも検討されるなど、機動的対処が重視されています。

ただ、陸自内には、現体制の利点を主張する向きも多い上に、総監部廃止に伴うポスト削減への警戒も強く、防衛省と自衛隊間の調整は難航が予想されます。

世界で、最大範囲に軍隊を展開するアメリカ軍の指揮・命令系統
世界で、最大範囲に軍隊を展開するアメリカ軍の指揮・命令系統は、「統合軍」という単位でまとめられています。

アメリカ合衆国は文民統制を行なっているため、軍の最高司令官はアメリカ合衆国大統領が統帥。そして文民である国防長官が大統領の補佐官として国防省を統括していますが、さらにその下には「アメリカ統合参謀本部」が組織されています。
同本部は最高軍事顧問という位置づけにあり、軍人のトップである統合参謀本部議長、統合参謀本部副議長、陸軍参謀総長、海軍作戦部長、空軍参謀総長、海兵隊総司令官によって構成されています。具体的な軍事作戦計画の企画は同本部で行なわれますが、計画の実現は、同本部から国防長官、大統領を経て各統合軍へ命令されて行なわれます。

米国は世界を6つに分けてそれぞれを管轄する統合軍と、各種機能に特化した4つの統合軍を持っています。地域を管轄する統合軍の長・統合軍司令官は、陸・海・空軍および海兵隊を指揮下に置いており、陸上戦、海上および海中戦、空中戦、上陸戦を円滑に遂行できるようにしています。

自衛隊の主任務の一つ「災害支援」を考慮すると、方面隊も合理的か
テロやゲリラ攻撃を考えると、陸上自衛隊を一つの隊として運営し、各方面は活動開始までの基地とするのも合理的かもしれません。しかし、日本の自衛隊は災害支援も大きな任務の一つとなっており、各方面の地形・特性をより詳しく把握できる方面隊による運営の利点も小さくないと考えられます。

専守防衛による防衛活動と、地震や土石流被災時などの災害支援を考えると、自衛隊の性質は米軍より、米国内で州の指揮下にある州軍に近いように感じます。すると陸上自衛隊は、平時は方面隊を基本として災害支援などはその方面隊で対応し、テロやゲリラ攻撃発生時に総隊に組み入れるという形がより合理的かもしれません。

中国・雲南省昆明市でバス2台爆発、2人死亡 中国公安省は「人為的」と断定、犯人に懸賞金

中国・雲南省昆明市でバス2台爆発、2人死亡
中国南西部の雲南省昆明市で21日午前、路線バス2台が相次いで爆発。少なくとも計2人が死亡、14人が負傷する事件が発生しました。
同省公安庁は「人為的な破壊事件」と断定、中国公安省も北京から刑事捜査の専門家チームを現地に派遣し、犯人を追っています。さらに22日になって、犯人に懸賞金が掛けられました。

中国では8月8日の北京五輪開幕に向けて各地で警戒態勢が強化されていますが、今回は、通勤ラッシュの混雑で安全検査が難しい地方都市の路線バスが標的となりました。公安当局は「テロ」ではなく「破壊行為」との表現にとどめていますが、五輪を狙ったテロへの不安が改めて高まりそうです。


通勤ラッシュを狙った無差別爆破テロか?
雲南省公安庁の報道官によると、1台目は21日午前7時5分ごろ、2台目は同8時10分ごろ。いずれの爆発も通勤客らを乗せて市街地を走行中に起こっており、1台目の乗客の女性(30)と2台目に乗っていた男性(26)が死亡しています。

現地報道では、バスの窓ガラスの大半は割れ、破片は約50メートルの範囲に散乱。二つの現場は直線で約4キロの距離にあり、約1時間のうちに相次いで起きています。公安庁は「人為的な破壊事件」と見て主要道路や駅、空港などを警戒。ミャンマーやベトナムとの国境の警備も強化して捜査しています。

中国の華僑向け通信社・中国新聞社は、現場検証に当たった公安当局者がバスの前列の座席の下に時限爆弾がセットされていたことを突き止めた、と報道。また、地元メディアの報道では、不審な物を持ち込んだ男2人が下車した後、バスが爆発したとの目撃情報もあります。

北京五輪に向け、中国当局がテロ警戒強化している最中の事件
中国では、五輪会場が集中する北京で20日から車両の通行規制が始まったほか、他の主要都市の空港などでも「特別検査活動」を開始。地下鉄などではX線による手荷物検査などを実施しており、警戒態勢を強めています。

しかし、今回のバス爆破事件の舞台となった雲南省・昆明市は、北京五輪妨害に直接は関係しない地方都市。五輪へシフトした警戒の盲点をつかれて行なわれた凶行と言えます。

揺れる中国の地方都市 民族紛争、所得格差・・・
北京五輪が近付く中、中国地方都市での暴動が治まる気配はありません。
今月半ばには、新疆ウイグル自治区から雷管100個を所持して列車に乗り込んだ男が逮捕される事件もありました。この男は、五輪という世界が注目するイベントを利用して、ウイグル自治区の独立を訴えている勢力に属しているのかもしれません。

また一方で、北京五輪に向けて北京の大気汚染を抑えるべく、中国政府は、北京市内に入る自動車台数を半減させたり、北京市内の建設工事・工場操業を停めるなど、形振り構わない政策を行なっています。
その結果、地方から出稼ぎに来て中国経済を支えていた、農工民が職を失って地方への帰郷を迫られるなど、新たな不安要素を抱える事態になっています。実際、これまで漢民族との対等な待遇を要求してきた少数民族の暴動に、中国の経済成長に乗れなかった、乗り切れなかった低所得層が合流する傾向が出てきています。

中国政府による「治安維持」のための圧力とその後は?
北京五輪が終わるまで残り3週間余り、「治安維持」の名の下、中国政府は中国全体に相当の圧力を上から掛けることになるでしょう。

しかし、その圧力が解けた8月25日(月)の朝がどうなるか? またこれまでの五輪実施都市・国が経験してきた五輪直後の景気低迷(五輪開催までは会場建設などの景気浮揚材料があるが、閉幕と同時にその支えを失うという結果)に直面したときにどうなるか?
北京五輪を契機に、中国は、非常に舵取りの難しい局面に追い込まれたのかもしれません。

先週のニュース(7/14-7/20)竹島表記問題、免疫力に着目した「がんワクチン」、偽がん検査キット

稲わらを原料とする「バイオエタノール」 年間20トンのわらを集めて、三菱重工が実証へ

稲わらを原料とする「バイオエタノール」、三菱重工が実証へ
稲わらや麦わらを原料とするバイオエタノールの実用化を目指して、三菱重工業などが神戸造船所二見工場(明石市二見町南二見)で、国内初の実証事業に乗り出すことが分かりました。

農水省のモデル事業に選定されたことから、来夏にも稼働させ、実用化のめどが立てばプラント生産に乗り出す予定です。バイオエタノール10%混合ガソリンの普及を図る環境省は「2030年まで」という目標の前倒しを検討中で、昨今の原油価格の高騰という状況もあり、石油に取って代わる「新燃料の切り札」としても期待されています。

三菱重工によると、施設は二見工場内の約千平方メートルに建設されます。
洗浄したわらを粉砕して熱水に浸し、酵素を加える二段階の工程でわらを「糖」にまで分解。さらにそこへ酵母を加えることで、「糖」を発酵させてエタノールを精製していきます。牛が草を消化する仕組みを応用したといいます。


年間20トンのわらから、800リットルのバイオエタノールを精製
わらは、東播地域を中心に4ヘクタールで約20トンを集積。年間で800リットルのエタノール製造を見込んでいます。わらの確保や貯蔵にひょうご環境創造協会(神戸市須磨区)が、発酵に白鶴酒造(同市東灘区)が、エタノールの精製に関西化学機械製作(尼崎市)が協力。精製までのコストを一リットルあたり九十円程度に抑える見通しです。

これまでバイオ燃料の原料には、糖にしやすいトウモロコシやサトウキビが使われてきた。しかし、世界的な食糧高騰の一因とされ、途上国からは批判が続出。洞爺湖サミットでは「食糧以外の原料によるバイオ燃料の開発」が首脳声明に盛り込まれた。

使い道がない稲わらや麦わらは、国内で年間1,400万トン
農水省によると、国内で発生するわらは年間1,400万トン。飼料などに活用されてはいますが、七割は決まった使い道がないと見られています。
また近畿経済産業局の試算では、兵庫県内の稲わらや麦わらを集めれば約3,000キロリットルのバイオエタノールを生産できると言います。

日本では、エタノール混合ガソリンの利用は、東京や大阪など一部の地域で始まったばかり。三菱重工神戸造船所の先端部品・機械システム部の藤田謹也次長は「実用化の技術を確立し、エタノールが普及する将来に向けて、生産が拡大できる体制を整えたい」と話しています。

2年前の試算で問題視された生産コストは、今の原油相場で相殺
2006年頃、ガソリン1リットルの輸入価格を同じ熱量のバイオエタノール(約1.7リットル)で比較すると、エタノールの価格の方が20~40円高いと試算されていました。しかし、2008年に入って原油価格は当時の2倍になっており、バイオエタノールを使うことによる割高は、狂乱する原油相場で相殺される状態になっています。

今の原油の取引価格を下げるには、
▽強制的に、原油市場から投資資金を排除するルールを作る
▽石油代替エネルギーへの転換を進めて、石油の価値を下げる
といった方法のほかに、原油相場が高騰し過ぎた結末としてのバブル崩壊を待つぐらいしかありません。

いつ来るか分からない、しかも経済混乱を伴うであろうバブル崩壊を待つよりも、代替エネルギーへの転換を進める方が健全でしょう。
そのために日本ができることとしては、バイオエタノールの実用化・普及、太陽光・風力発電の普及、メタンハイドレードの実用化のほか、(私の立場とは違いますが)原子力発電の推進があります。三菱重工の取り組みは、現時点で有効と考えられるアプローチへの大きな一歩となるかもしれません。

わらが20トンで800リットル、1,400万トンでは・・・
三菱重工が試算しているバイオエタノールの精製量は、わら20トンで800リットル。このことから単純計算すると、日本国内にできる年間1,400万トンというわらを精製すると56万キロリットルのバイオエタノールができることになります。

日本政府は、2010年度までにバイオエタノールを50万キロリットル生産することを目標にしており、三菱重工の実証が成功すればその目標達成の目処も付くことになります。

ガンの尿検査キット販売業者、薬事法違反容疑で逮捕 検査効果なく、死者も・・・

ガンの尿検査キット販売業者、薬事法違反容疑で逮捕
ガン診断の体外診査薬「CCDキット」を無許可で販売したとして、警視庁生活環境課は18日、輸入薬品販売団体「プロジェクトキャンサー」(神戸市東灘区向洋町)の代表・南秀明容疑者(63)ら3人を薬事法違反(無許可販売)容疑で逮捕しました。

同団体は、体外診査薬「CCDキット」を「尿を調べるだけでガン診断ができるという触れ込みで販売」し、3年間で約3億2000万円を売り上げていました。
しかし、しかし、警視庁生活環境課が専門家に確認したところ、尿検査だけでガン診断はできないということが判明。また、同キットの検査が陰性だったためにがんの手術を拒否して死亡した患者もおり、同課はキットに検査能力はないとみて捜査を進めています。

この他逮捕されたのは、▽同団体日本支部代表・黒原秀直(37)▽看護師紹介会社「マリア・クォールホールディングス」の女性社長・飯田祐巳(37)の2容疑者。

警視庁の調べでは、3人は06年6月~07年12月、仙台市や大阪市の健康食品販売会社など4法人と東京都国分寺市の自営業女性に、無許可の体外診査薬「CCDキット」9750個を約2214万円で販売した疑い。南、黒原両容疑者は容疑を認めていますが、飯田容疑者は「違法だとは知らなかった」と一部容疑を否認しています。


ガン検査は、「組織検査」か「PET画像診断」で
今日のガン検査において、実績と理論面から信頼を置ける検査手法は2つです。

1つは「組織検査」で、これはMRI検査などで「ガンであることが疑わしい腫瘍」が見つかったときに、その腫瘍を一部抜き取って培養。培養した結果を見て、悪性腫瘍つまりガンであるか、放っておいても問題ない腫瘍かを判断するものです。
腫瘍そのものを一部取り出して調べるわけですから、これが最も信頼性が高いことは言うまでもありません。

次に信頼性が高いのは「PET画像診断」というものです。日本語に直すと「陽電子放射断層撮影診断」となりますが、要は、身体を傷付けることなく身体の輪切り画像を撮影するもので、その際に身体の状況をよく読み取ることができる陽電子放射を行なうというものです。
ガン化した細胞は、正常な細胞に比べて3~8倍のブドウ糖を消費します。PET画像診断ではこのガン細胞の性質を利用して、ブドウ糖によく似た構造の検査薬(FDG)を静脈注射し、その検査薬が濃く集まる様子を撮影します。これに先の組織検査を加えれば、ガン診断はほぼ万全です。

ガンが血液検査で判明することもありますが・・・
警視庁生活環境課が専門家に確認を取ったように、ガンが尿検査で見つかる可能性はほとんどありません。
これは尿ができるまでの経緯を考えればよく、尿は、身体中を巡ってきた血液から、腎臓で老廃物と余分な水分をこしとったもので、一時的に膀胱に溜められてから排出されます。ガンが尿から検出されるとすれば、膀胱ガンでも重度ないし尿管にかなり近いところで発症した場合ぐらいでしょう。

血液検査でガンが見つかる場合もありますが、このケースは、かなりやっかいな状態になっていることを示しています。血液検査でガンが見つかるということは、血球のガンである「白血病」である場合、転移性のガンである場合、転移するほど重症化している場合が考えられます。
白血病は放射線治療のほか骨髄移植などが有効とされていますが、基本的には難治性の病気です。また転移性のガンは、身体中にガン細胞ができることになるため、これもやはり難治性の病気です。転移するほど重症化しているというのは、胃ガンや、肺ガンといった「特定組織」にできていたガンが重症化して、その特定部位でできたガン細胞が血液に乗って他の組織に転移するところまで悪化していることを示しています。重症化した特定組織の全摘出といった大手術をしても、別の組織で転移する可能性があるためやはり治すのは難しい状態です。

ガンは早期発見で治る病気、だからこそ信頼性の高い診断を
ガンは早期発見すれば治せる病気であることも事実です。早期の胃ガンであれば、内視鏡のついでぐらいの方法で摘出できますし、放射線治療にしても抗ガン剤治療も、短期間で効果が見えて治療を終えることができます。ただし、一度、ガンができると他の部位でもでき易くなっていることが考えられるため、早期発見して治療した後には丁寧な定期健診が必要です。

とはいえ、早期発見しさえすれば完治する可能性が飛躍的に上がるのが、特定部位に固まって発症することが多いガンの特性です。だからこそ早期発見には、説明会販売をしないといけないような怪しい検査キットなどではなく、きちんとその実績を重ねているPET画像診断などを受けることをおススメします。

日本の農家の将来像となるか? 「家族経営協定」を結ぶ農家、「農業法人」に発展する例も

夫婦や親子の間で分担・報酬を明確化する「家族経営協定」
「三ちゃん農業」など家族単位で経営されていることが多い日本の農家。
その農家の中で、夫婦や親子の間であいまいだった仕事の分担や報酬などをはっきりさせて、労働意欲や責任感、経営感覚を醸成し、家業の経営安定を図る目的で「家族経営協定」を結ぶ農家が出てきています。

協定の内容は、
▽経営方針の決定
▽就業時間と休日
▽農作業や家事の役割分担
▽労働報酬
▽経営の移譲・継承
などが主ですが、家族ごとに定める項目や内容は異なります。

「家族経営協定」の普及を進める岩手県の農業普及技術課、普及担当課長・前田一人氏は「協定を締結して終わりではなく、家族の意識が変わるのに従い、協定内容の見直しをすすめたい。経営実態に合っているかどうか、内容の充実を呼びかけている」と言います。


出発点は、農作業の多くを負担してきた女性地位向上
家族経営協定は、女性の地位向上、「女性が積極的に経営参加するようになれば、男性の意識改革も促がされる」との狙いから、1996年ごろから結ばれるようになりました。

農業は家族経営がほとんど。しかも、女性が労働のかなりの部分を占めています。兼業の場合は、夫が外で働き、妻が農作業を担うことが多く、それでも経営は夫というケースが多々。「女性はただ働きで、経営に口を出せない」「働いているのに、奥さんの手元にお金が来ない」というようなことが、よくありました。

「家族経営協定」の事例
5月27日、花巻市の大迫総合支所で家族経営協定合同調印式が行われ、3つの家族が協定書に署名、捺印しました。このうち、花巻市大迫町外川目の佐々木さん夫妻は本格的に農業経営へ踏み出すステップとして、協定を結びました。

佐々木さんは昨年、35年間勤めた農機具店を退職。「農業がなくなるのは残念。農機具を買っていただいた方々への恩返し、次に農業をやる人への引き継ぎのつもり」で、農業を始めました。母親が守ってきた農地のほか、4ヘクタールほどの田畑を借りて、水稲やトウモロコシ、雑穀を生産しています。
1人ではできない規模であることから、佐々木さん夫妻は協定締結を決心しました。

調印式に立ち会った市農業委員会長・高橋善悦氏は「農業を取り巻く情勢は厳しい。これからは気持ちの通い合う経営がもっと大事になる。協定を基に素晴らしい農業を築いてほしい」と激励。中央農業改良普及センターの五嶋十三副所長は「家族一人一人が意欲と生き甲斐をもって経営に参画するというのが、協定を結ぶねらい。協定内容が実行されて初めて、効果が生じる」と意義を強調します。

「協定」は家族間を安定させ、農業法人への一歩にも
家族経営協定を締結することで、どのような効果があるのか?前田普及担当課長は「家族間の気持ちを安定させる効果があるようだ。何より奥さんがその立場を認められて生き生きし、そうすれば家庭も地域も生き生きとしてくる」と語ります。

協定を結んだ家庭の中には、農業法人化したところもあります。いずれも大規模農家で、法人化すると金融機関からの借り入れや税制面で有利になるといわれています。

岩手県内の協定締結件数は1000件を超えました。しかし県内には8000人を超える認定農業者がおり、前田課長は「もっと増やしたい。主として農業を営んでいる家庭には結んでほしい。農業法人になると、家族も社員になるので、報酬などを決めなければならない。そのためにもまずは協定が第1歩」と力説します。

※認定農業者・・・経営規模の拡大、生産方式・経営管理の合理化、労働態様の改善などに関する目標と取り組み内容を記した農業経営改善計画を作成し、市町村の認定を受けた農業者のこと。認定されると、経営安定のための助成金や、無担保・無利子の融資などが受けられるようになる。

岩手県内における「家族経営協定」の広まり
岩手県のまとめによると、2007年度までに締結された家族経営協定数は1080戸(11戸は漁家)。
さらに協定締結農家のうち800戸は認定農業者がいる「主業型農家」で、23戸は農業法人化しています。女性が農業経営に参画している農家は972戸で、ほとんどで女性が経営方針の決定に加わっています。

岩手県は2010年度までに1000件の締結を目指していましたが、予定より3年早く目標を達成し、現在新たな数値目標を検討しています。

「この人の名前だから売れる」という農家もありますが・・・
生産履歴の普及など、「この人の名前だから売れる」という農家もありますが、
▽収穫チャンスは各作物・毎年1回
▽経営安定には世代を超える経験蓄積が必要
▽基本は人手が多くかかる労働集約型
▽機械化には広大な農地が必要
▽新規参入時の初期投資が多額
など農業は、実は法人化を推し進める必要性が高い産業分野です。

「この人の名前だから売れる」という農家についても、その農家がブランドを確立できた経験・ノウハウを生産者集団で共有できれば収益性は上がります。ブランド化に成功した作物は他の作物より高値を付けられるため、より広大な土地で同じように生産できれば、それだけ売上高を上げられます。
おじいちゃん、おばあちゃんの「勘」にとどまっていたものも、20年、30年と日照・気温・雨量といった気象データとその都度の対応を蓄積すれば補完でき、生産性の追求もできるでしょう。また「棚田を守る」といったことも、家族単位より農業法人として融通できる人手を拡げた方が実現し易いでしょう。

食糧自給率を上げるためにも国内の耕地面積を拡げる必要があり、このことは、国産品をそこそこの価格帯で提供していくため、各生産者がより広い農地を保有してスケールメリットを持つことと目標が一致します。広い農地保有にはそれなりに元手が要りますから、やはり個人経営よりも法人経営の方が適当だと考えられます。

「家族経営協定」の普及、農家の法人化は私見として持っている農家像と合致しますが、農水省はどう考えているのでしょうか?

NY原油先物取引相場が3日連続下落で「1バレル=130ドル」割れ 一方、アメリカ株式相場は続伸

原油先物取引相場 3日連続下落で130ドル割れ
17日のニューヨーク原油先物相場は、大幅に3営業日連続での下落となりました。
期近の8月物は前日比5.31ドル安の1バレル129.29ドルで終了。一時129ドルちょうどまで下落し、期近物として6月6日以来の安値を付けました。原油価格の下落は3営業日連続で、下落幅は終値ベースで約16ドル(11%)。
アメリカ経済の先行き不安から、原油の需要は伸びないだろうとの見通しから売りが先行した模様です。

一方で、17日のアメリカ株式相場は大幅に続伸。
ダウ工業株30種平均は前日比207ドル38セント高の1万1446ドル66セントで終了しました。前日の米国・銀行大手のウェルズ・ファーゴに続き、JPモルガン・チェースの決算が予想を上回ったことで、財務不安から値を下げていた金融株への買いが膨んでいます。また、原油先物相場が節目となる1バレル=130ドルを割り込んで終えたため、航空会社や小売業、自動車業の一角など、原油価格の影響を受けやすい業種も買われました。
さらに、ハイテク株の比率が高いナスダック総合株価指数は27.45ポイント高の2312.30で終えています。


15日、アメリカFRB議長は「米国経済は『不透明』」
アメリカ連邦準備制度理事会(FRB)のバーナンキ議長は15日、米国議会上院「銀行住宅都市委員会」で証言し、2008年の米国経済成長率とインフレ率をともに上方修正したことを明らかにしました。
その上で議長は「成長と物価の見通しは非常に不透明」で金融政策にとって「重大な試練」と強調。政策金利変更の方向性は示さず、FRBが非常に難しい政策運営を迫られているとの認識を示しました。

米国経済の先行きについて議長は、「高いエネルギー価格、緊迫した金融環境、住宅市場の深刻な低迷が経済成長の重大な下振れリスク」と指摘。その一方で「物価上昇見通しの上振れリスクは最近強まっている」と強調し、インフレ圧力の広がりに強い警戒感を示しました。

15日~17日の各市場 円安ドル高、株式市場上向き
・外国為替市場(対円)
米ドル・・・107.11→105.82→106.09
ユーロ・・・170.04→168.24→167.90

・株式市場(終値)
日経平均・・・12,754.56→12,760.80→12,881.61
NYダウ・・・・・10,961.72→11,239.28→11,446.66

15日のニューヨーク株式市場の(10,961.72)は、一時220ドル安を記録したものです。しかしこのことが、投資家の間に「米国株式の割安感」をもたらした模様で、ニューヨーク原油先物相場から引き上げられた資金は米国株式市場へ流入したと思われます。

原油高で不振となった米国株式市場にオイルマネーが流入
今日の米国経済の不振は、サブプライムローン問題が端を発したものです。サブプライムローン問題で米国経済の先行きを危ぶんだ投資家が、米国株式市場から資金を引き上げて、原油先物相場に飛びついて起こったのが原油価格の高騰。1バレル=140ドルや130ドルという原油高騰は、さらに米国経済を冷え込ませて、原油に依存する各国経済も打撃を受けています。

日本でも、値上がりを続ける原油代が食料品や光熱費に価格転嫁され、あらゆるものの物価が上昇。深刻な事態として、燃料代の高騰についていけなくなった漁師の全国一斉休漁という事態をもたらしています。

ところがこの3日間のアメリカで起こっていたことは、サブプライムと原油高による業績悪化で株価が下がった米国企業の株式に、原油相場の値崩れを警戒した投資家たちが資金を投じるという事態です。原油相場の値崩れを警戒された判断材料は、「米国が備蓄している原油が投資家たちの想像より多かったこと」「米国経済の先行き不安による原油余りの懸念」などです。

21世紀の投資原理(?) 「誰が、最後に損するか?」
株式とは、企業が事業拡大や新技術の開発に必要な資金を、市場で不特定多数の人々から薄く広く集めようというものです。そして株式市場は、事業拡大や新技術開発に挑むその企業の将来性を買った人々を募る場で、その人々が株式の購入という形で意思表示と資金援助をするための仕組みです。

しかし、今ではすっかり「誰が、最後に損するか?」というチキンレースを繰り広げる場、いかに儲けを出すかというマネーゲームの場となったようです。

18世紀に「自由放任主義」を体系化した経済学者として知られるアダム・スミスは、『国富論』で市場でおこなわれる競争の重要性に着目し、市場が持つ「見えざる手」の存在を説きました。
しかしアダム・スミスは、その17年前に講義した『道徳感情論』で、「近代社会におけるバラバラの個人は、『共感』をある種の秩序としてまとまっており、富裕な人々は、大地が全住民に平等に分配されていた場合とほぼ同一の生活必需品の分配を、見えざる手に導かれて行なう」とも論じています。またアダム・スミスは、「労働価値説」の基礎も築いており、圧倒的多数が貧しい社会が隆盛で幸福であろうはずはないとして高賃金論を展開した人物でもあります。

「21世紀の市場」は、「18世紀に考えられた市場」を超えたのでしょうか、それとも成り損ねたのでしょうか?

第16回オリコン調べ「本」ランキング 今日の本:『夏目友人帳』緑川ゆき

第16回オリコン調べ「本」ランキング(7月7日~7月13日)

▽書籍総合
1位:AB型自分の説明書(Jamais Jamais)・・・63,981部
2位(↑):銀魂 3年Z組銀八先生 3
 生徒相談室へ行こう!(大崎知仁、空知英秋)・・・38,546部
3位(↑):B型自分の説明書(Jamais Jamais)・・・35,235部
4位(↑):A型自分の説明書(Jamais Jamais)・・・32,671部
5位(↑):ハローバイバイ・関暁夫の都市伝説 2(関暁夫)・・・29,340部
6位(初):きみとぼくが壊した世界(西尾維新)・・・23,838部
7位(初):日刊スポーツがみた
 BAE YONG JOON 06-08・・・22,794部
8位:夢をかなえるゾウ(水野敬也)・・・21,208部
9位:かいけつゾロリ
 カレーVS.ちょうのうりょく(原ゆたか)・・・20,136部
10位:NHK大河ドラマ・ストーリー
 篤姫 後編(宮尾登美子、田淵久美子)・・・18,813部

▽コミック
1位:BLEACH 34(久保帯人)・・・228,406部
2位:銀魂―ぎんたま― 24(空知英秋)・・・171,218部
3位(初):ハヤテのごとく! 16(畑健二郎)・・・164,097部
4位(初):結界師 21(田辺イエロウ)・・・100,111部
5位:花より男子 37(神尾葉子)・・・86,136部
6位(↑):っポイ! 26(やまざき貴子)・・・70,116部
7位(初):犬夜叉 54(高橋留美子)・・・65,944部
8位(↑):夏目友人帳 6(緑川ゆき)・・・64,169部
9位(初):ドロップ 4(品川ヒロシ、鈴木ダイ)・・・60,617部
10位:ピューと吹く!ジャガー 15(うすた京介)・・・58,240部

▽文庫
1位(初):居眠り磐音 江戸双紙 26
 紅花ノ邨(佐伯泰英)・・・77,052部
2位:西の魔女が死んだ(梨木香歩)・・・70,574部
3位:さまよう刃(東野圭吾)・・・36,188部
4位(初):乃木坂春香の秘密 8(五十嵐雄策)・・・32,960部
5位:クライマーズ・ハイ(横山秀夫)・・・32,498部
6位(初):忠治狩り(佐伯泰英)・・・31,754部
7位:蟹工船・党生活者(小林多喜二)・・・30,040部
8位(初):メグとセロンⅢ ウレリックスの憂鬱(時雨沢恵一)・・・26,988部
9位:たった3秒のパソコン術(中山真敬)・・・26,988部
10位(↑):氷の華(天野節子)・・・23,783部


今回は、個人的に愛読している『夏目友人帳』がランクインしてきたので同書を紹介。

今日の本:『夏目友人帳』緑川ゆき
妖怪が見える少年・夏目貴志。両親を早くに亡くした貴志は親類の家を転々とした末、遠縁の藤原家に身を寄せる。
藤原家がある町は、貴志と同じように妖怪を見ることができた祖母・夏目レイコ(故人)が住んでいた町。そのレイコが町に居つく妖怪たちと交流を持っていたせいで、貴志は、妖怪たちにレイコと間違われて追い駆け回されては神社に逃げ込むという日々を送っていた。

そんなある日、貴志はある社で結界を破ってしまい、まねき猫のような姿をした妖怪を呼び出してしまう。貴志は、勝手に『ニャンコ先生』とあだ名をつけたその妖怪(実は、斑という名前の大妖怪)から、レイコが妖怪たちの『名』を記した『友人帳』というものを作っていたこと、そして妖怪たちはその『友人帳』を使って妖怪の親玉になろうとして貴志を襲ってきていることを聞かされる。
そして、レイコの遺品から『友人帳』を見つけ出した貴志は・・・。

個人的に、貴志が大妖怪・ニャンコ先生をおちょくるところがツボで愛読しています。笑いあり、イイ話ありとおススメの作品です。



◆オリコンランキング(11位以下の書籍ランキングはページ中ほど)

免疫力に着目した新しい癌治療方法「がんワクチン」 膵臓・大腸がんなど臨床研究、6割に効果

「がんワクチン」 膵臓・大腸がんなど6割に効果
膵臓がんなどを対象に全国10カ所以上の大学病院で行われている、「がんワクチン」臨床研究の中間解析が明らかになりました。がんワクチンの投与によって、従来の治療が効かなかった患者約80人の6割強で、がんの縮小や一定期間病状が悪化しないなどの効果がありました。

札幌市で開催中の日本消化器外科学会で17日、東大医科学研究所ヒトゲノム解析センターの中村祐輔教授が発表します。

臨床研究対象は食道がん、膵臓がん、大腸がん、膀胱がんなど10種以上で、国内過去最大規模。今後も研究を重ね、新薬の承認申請を目指した治験に入る予定です。


「がんワクチン注射」で82人中、50人に病状改善効果
発表されたのは、「がんワクチン」を注射した82人について解析結果。進行・再発で標準的な治療法が無効だった大腸がんで、27人中15人にがんの縮小やそれ以上進行しない効果が認められました。また膀胱がんでは6人中3人でがんの縮小。膵臓がんでは抗がん剤との併用で利用したが、患者27人中18人で何らかの効果が見られました。

今回の臨床研究に臨んだ82人の経過をみると、50人でがんの縮小やがんの進行が停止。副作用については、注射した部分が腫れたり硬くなったりする症例はありましたが、重い副作用はなかったということです。

がんに対する免疫力を強くする「がんワクチン」
「がんワクチン」は、がんに対する免疫反応を特に強めることで、がん細胞を死滅させることを狙う治療方法です。
中村教授らが人の全遺伝情報を調べ、がん細胞では活動しているにもかかわらず、正常細胞ではほとんど働いていない遺伝子を発見。その中から強い免疫反応を引き起こす17の抗原を特定し、複数の「がんワクチン」を開発しました。

がんワクチンは、副作用が少なく通院治療ができる上、最近の抗がん剤より治療にかかる費用が低くなると期待されています。開発は米国などが先行しており、前立腺がんでは年内にも承認される見通しです。

「竹島」に続いて「尖閣諸島」も表記 福田首相は、戦略なく領土問題を語る文科省役人を質すべき

文科省 「尖閣領有」の明記も教科書会社に促す
15日、中国や台湾が領有権を主張している「尖閣諸島」について、文科省が、中学校の新しい『学習指導要領』に基づいて編集される社会科の教科書で、日本が領有していることを明記するよう促す方針を固めたことが分かりました。文科省が尖閣諸島の教科書への記載を明確に求めるのは初めて。
新しい『学習指導要領』は、2012年度から全面実施予定。

尖閣諸島は日本が実効支配していることから、政府は「領土問題ではない」との見解を示し、北方領土や竹島とは区別しています。
文科省は、領土問題と区別した表記をあえて加えることで、領有の事実を教えるべきだとの方針を決定。竹島に触れた解説書には「我が国と韓国の間に竹島をめぐって主張に相違があることなどにも触れ」とありますが、文科省はこの「など」は、尖閣諸島を巡る日本と中国や台湾との主張の相違を指す表現として説明しています。

※尖閣諸島・・・東シナ海の石垣島北約170キロに点在する無人島の総称。1895年(明治28年)の閣議決定で日本が正式に領土としました。第二次世界大戦後、南西諸島の一部として米国の施政権下に置かれましたが、1972年の沖縄返還同時に日本領土に復帰しています。
しかし、海底に石油資源が埋蔵されている可能性が指摘されたため、70年代に中国、台湾が領有権を主張し始め、活動家が上陸を図る問題などが頻発。2004年3月には中国の活動家7人が上陸し沖縄県警に逮捕されています。

竹島の領土問題を中学の学習指導要領解説書に記載
文部科学省は14日、中学校の新学習指導要領の解説書を公表。社会編の解説書で「竹島」の領土問題に初めて触れ、「我が国と韓国の間に竹島をめぐって主張に相違がある」などと記載しました。

文科省は当初「我が国の固有の領土」と明記する方針でしたが、韓国の反発を受け政府内で調整。直接的に領有を示す表現を避ける一方で、日本の主張に基づいて指導することも求めており、日韓両国の世論に配慮した玉虫色の記載となりました。

※竹島・・・島根県隠岐島の北西約157キロの日本海に位置し、東島、西島の主島からなる岩石島。総面積は0・23平方キロで東京・日比谷公園ほどの広さ。日本は17世紀半ばには領有していたと考えられ1905年(明治38年)に島根県への正式編入を閣議で決定しました。
一方、韓国は戦後に領有権を主張。韓国側は54年までに灯台を設置するなどしたことから、日本政府は「韓国の占拠は不法行為」と抗議を続けています。

福田首相は、戦略なく領土問題を語る文科省役人を質すべき
私自身は、「北方領土はもちろん、尖閣諸島も竹島も日本の領土として主張すべき」という立場を採っています。

北方領土については戦前・戦中と日本が統治しており、戦後になって戦勝国・ソ連が占有したもので、両国間での戦争を終えたのだから日本に返還されるべきだと考えています。現政府は北方領土で満足できるようですが、1874年(明治7年)の「千島・樺太交換条約」を考えれば、千島列島の返還とするのが筋でしょう。
また尖閣諸島、竹島についても、明治時代に日本が既に領有を決めて統治していたのですから、日本固有の領土だと考えています。

ですが、国家間の領土・領域問題とは高度な政治問題であって、今の文科省がやっているように「新しい学習指導要領に間に合わせないといけないから」という次元で扱ってよい話ではありません。
福田首相は、責任ある日本国の首相として、日本の主権が及ぶ領域を代表して各国へ訴えていく責任者として、戦略なく領土問題を語る文科省役人を質すべきではないでしょうか?

国家にとって領域とは、同領域を「死守」するかどうかの線引き
国家にとって領域とは、同国軍隊の兵士に対して、「ここから内側は我が国の領域である。それを侵犯しようとする者に対しては、身命を賭して対抗して『死守』せよ」と命じる範囲を指します。

日本の場合、専守防衛という条件は付きますが、日本の領域は自衛隊が死守する範囲です。これは、自衛隊法・第3条第1項に「我が国の平和と独立を守り、国の安全を保つため、直接侵略及び間接侵略に対し我が国を防衛することを主たる任務とし、必要に応じ、公共の秩序の維持に当たる」と定められているため、法的にも根拠があることです。

では、今の文科省役人は、北方領土、尖閣諸島、竹島について、これを自衛隊に死守させる覚悟があって学習指導要領の改訂に臨んでいるのでしょうか? 私には、全くそのようには見えません。

本気で取り組むなら、発言時期は「今ではない」
日本の領域を防衛するために自衛隊が動くことについて、法的に根拠はあります。しかし、発動・発令をしなくて済むならそれに超したことはありません。また軍隊や自衛隊を動かすことなく、国家間の領域問題に決着をつけることこそ、高度な領土交渉であり真の外交です。

その視点から見た場合、いつかは決着をつけるべき領土・領域問題ですが、発言時期は「今ではない」はずです。
今の日本は、北朝鮮の核保有問題について「北への支援が遅れている」という理由で、6カ国協議で孤立しかかっている状況に置かれています。6カ国協議を尊重するなら、今は韓国および中国との間で軋轢を生んではいけない時期です。竹島や尖閣諸島の問題は、北朝鮮の問題が解決してから改めて交渉の席をもうけても間に合わせられる問題です。
もっとも、「6カ国協議では、日本が抱える拉致問題を解決できない」と見限るなら話は別ですが・・・。

しかし文科省役人は、このタイミングで竹島や尖閣諸島の話を持ち出すことの影響は考えていないでしょう。なぜなら、その行動からは、
「日本の外交的な立場がどうなるか?」
「海上保安庁の巡視行動に、どう影響するか?」
「海上自衛隊はどうなるか?」
といった問いへの回答がまったく見られないからです。モロに「何とか、新しい学習指導要領に間に合わせました」という印象だけです。

高村外相も高村外相で、渡海文科相に「これは私の目を通っていない」とでも抗議すれば、文科省の担当役人を吊し上げるだけで話を収拾させられたでしょう。文科省役人1人の昇進と比べれば、領土・領域問題ははるかに重要な国家の大事です。
そしてもっと落ち着いた時期に、韓国や中国と領土・領域問題の交渉ができたはずです。

福田政権は、役人の行動について、擁護するに値するものとそうでないものとを峻別すべきではないでしょうか?


厚労省は人員過剰? 厚労省内で、掲示板やゲームなど「私的ネット閲覧」1日12万件

厚労省内で、掲示板やゲームなど「私的ネット閲覧」1日12万件
厚労省の職員が勤務中に、公用パソコンを使って業務と関係のない掲示板やゲーム関連サイトなどを1日約12万件閲覧していたことが分かりました。昨年もインターネットへの書き込み問題が発覚しており、舛添厚労相は14日、記者団に「職務中にそういうことをすべきでない。きちんとルールを作る」と表明しました。

厚労省は5月7日時点で、本省と地方厚生局8カ所の計約5500台のパソコンのネット利用状況を一斉に調査。閲覧されたサイト計約1千万件を分析したところ、業務と関係ないと見られるサイト閲覧が約12万2千件(1.2%)ありました。

官庁職員のネット利用をめぐっては昨年、ネット百科事典「ウィキペディア」に厚労省や宮内庁、法務省などのパソコンから書き込みがあったことが判明。厚労省は趣味などの書き込みをした職員12人を処分し、業務外のパソコン利用を禁じる通知を出しました。


勤務中に掲示板やゲーム、アニメ・・・ 省で「閲覧規制」を実施
厚労省の今回の調査で明らかとなった、業務と関係ないと見られるサイト閲覧は約12万2千件。
そのサイト別内訳は、掲示板やチャットなどが約7万5千件で最も多く、さらにゲーム関連が約4万1千件、演芸やアニメなどが約6千件でした。

厚労省は05年7月から、アダルトサイトや株取引などは閲覧できないようにしていましたが、掲示板などは規制外。今回の調査を受けて6月18日から、掲示板なども閲覧できない措置をとりました。

公用パソコンで1日12万件 私物の携帯電話を入れたら・・・
今回の調査で明らかになったのは、公用パソコンを通じての私的ネット閲覧に限定したものです。ここに、「勤務中に行なった、私物の携帯電話などによる私的ネット閲覧」を加えたら・・・。公用パソコンだけでも1日12万件、全体の約1.2%を占めている職場のゆるさを考えると、実は勤務中に私的ネット閲覧をしている時間はもっと、もっと多いのではないでしょうか?

私物の携帯電話による私的ネット閲覧の実数を掴むのは不可能ですから、公用パソコンに限って話を進めましょう。

「私的ネット閲覧ができる」≒「職員数に余剰がある」
多くの情報がインターネット上で公開されている中、日々の業務でネット閲覧をすることは当然でしょう。一般的な円滑な情報交換のためのグループウェアの利用から、厚労省であれば、薬事関係で海外の臨床事例について最新の論文を入手する、労働人口に対する就業率の把握など、積極的なネット活用が望まれる業務もあります。

しかし、私的ネット閲覧がネット閲覧全体の1.2%を占めているということは、単純にそれだけ業務に余裕があるのだと考えられます。ということは、厚労省の本省および地方厚生局8カ所の職員数のうち1.2%は、削減対象として良いということでしょう。政府全体が財源不足にある中、これは無視できない数字です。

今回、私的ネット閲覧が暴露されたのは厚労省だけですが同様の調査を全省庁に対して行い、「国家公務員の最適定員数の算出」を行なうべきではないでしょうか? 消費税率の引き上げ云々は、そうした歳出削減の徹底を図ってからの話です。

薬害C型肝炎訴訟 感染症例把握から20年、ようやく製薬会社「旧ミドリ十字」の責任が確定

薬害肝炎 田辺三菱(旧ミドリ十字)和解案を全面受諾
13日、福岡市で開かれた「薬害C型肝炎訴訟」の原告団会議で弁護団が報告。被告企業である「田辺三菱製薬」(旧ミドリ十字)が、全国原告団が提示した和解の基本合意書案を全面的に受け入れる姿勢を示していることが分かりました。
月内にも開かれる同社の取締役会で合意書案が了承されれば、同社と原告団が出席する謝罪集会が8月下旬にも開かれ、合意書の正式締結となる見通しです。

山西美明・大阪訴訟弁護団事務局長によると、田辺三菱側から「基本合意書は100%原告案で取締役会にかけたい」と連絡があったとのこと。福岡での原告団会議後、山口美智子・原告団代表は「心からの謝罪を原告全員にしてもらいたい」と語りました。


国との和解は2月に成立 製薬会社との和解は難航
薬害C型肝炎訴訟は、昨年12月に福田首相が被害者の一律救済法案の制定を表明し、今年2月に国と原告団との最初の和解が成立。各地で争われていた訴訟でも、次々と和解が進んでいました。

一方、薬害C型肝炎の原因となった「フィブリノゲン製剤」を製造・販売していた旧ミドリ十字(現・田辺三菱製薬)との和解交渉は難航。6月23日に原告団と田辺三菱との間で直接交渉が行なわれ、原告団が提示した基本合意書案について、ようやく同社が受け入れの意向を示しました。

和解合意案には、製薬会社の責任と再発防止も明記
原告団が提示した基本合意書案には「責任と謝罪および再発の防止」の項が設けられ、田辺三菱製薬が放置した感染者418人リスト問題も明記。リストの掲載者の中には感染を知らずに病状を進行させた人がいるなどの事実を踏まえ、「被害が生じ、被害を防止できなかったことの責任を認め、被害者と遺族に深くおわびする」と記され、再発防止を誓う内容になっています。

田辺三菱製薬・広報部は「早期の和解を望んでおり、今後も誠意を持って対応していきたい」とコメントしています。

旧厚生省による感染症例把握から20年
旧厚生省がミドリ十字が製造・販売していた非加熱「フィブリノゲン製剤」による肝炎感染症例を把握したのは、1987年1月のことでした。同年3月、厚生省は、青森県三沢市の産婦人科医院における非加熱「フィブリノゲン製剤」による集団感染発生について調査を開始。4月になって、ミドリ十字が同薬剤の自主回収を行なうことになります。
しかし、非加熱「フィブリノゲン製剤」は1985年から日本全国に流通。ミドリ十字による自主回収も不徹底なもので、同薬剤が原因と考えられる肝炎感染は相当の拡大を見せることになりました。

1987年以来、社会問題化していた薬害肝炎について、2002年5月、当時の坂口厚労相が国会で「フィブリノゲンから肝炎が発生することはだれしも予測できることであります」と答弁。同年10月、製薬会社と国を相手に、被害者による最初の集団訴訟が提訴されました。

感染症例把握から責任の所在を明らかにする突破口ができるまで15年、国と製薬会社の責任が確定するまで20年を要しました。
国や企業を相手取った訴訟は概して長期化します。しかし福田首相が掲げている「消費者庁」が、業界側に立ちやすい監督官庁に抗するものとなれば、このような現状を改善できるのかもしれません。

先週のニュース(7/7-7/13)洞爺湖サミット、大分県で教員採用不正、iPhone上陸

先週のニュース(7/7-7/13)洞爺湖サミット、大分県で教員採用不正、iPhone上陸

7/13 煙草は絶対的有害品?それとも嗜好品? 神奈川県が飲食店含む『公共的施設禁煙条例』を議論

7/12 洞爺湖サミットのツケが顕在化 米国環境保護局が「温室効果ガスの規制不要」との報告書

7/12 そこは変だろう?中国: 中国が抱える「チベット」「ウイグル」「毒入り冷凍ギョーザ」問題

7/11 個々の病院で医師不足解消を模索 市立西脇病院・県立柏原病院が医師の相互派遣で合意

7/11 マスコミの声量と統計の差? 「タミフル」と異常行動の関連検出できず、10代禁止見直しも

7/10 結局、洞爺湖サミットで何が決まったのか? 福田首相の『サミット議長総括』要旨

7/10 第15回オリコン調べ「本」ランキング 『BLEACH 34』が初登場1位、2位は『銀魂』

7/9 携帯電話、純増レースはソフトバンク「一人勝ち」か? 明日・iPhoneの日本販売開始

7/9 大分県教委 新人教員採用から校長昇進まで「カネとコネ」・・・教員の縁故採用は全面禁止すべき

7/8 脱・石油依存 「シャッター商店街」を「アウトレットモール」へ―不動産所有権と店舗営業権を分離―

7/8 くいだおれ太郎「看板息子を引退しても、まだまだ稼ぎます」 『着うた』など29種類を配信

7/7 『洞爺湖サミット』を考える判断材料(4) 洞爺湖サミットの議題は・・・原油、食糧、気候変動、平和維持

――――――――――――――――――――――――
↓Googleでもっと調べる↓




Google



煙草は絶対的有害品?それとも嗜好品? 神奈川県が飲食店含む『公共的施設禁煙条例』を議論

神奈川県が飲食店含む『公共的施設禁煙条例』を議論
神奈川県が全国初の制定を目指している『公共的施設禁煙条例』について、県内外で賛否両論が渦巻いています。

同条例は「公共的施設」、つまり不特定多数の人たちが利用する「飲食店」のほか、「パチンコ店」など娯楽施設での喫煙も罰則付きで全面禁止する方針です。
街中の安全・美観確保のために各地で導入されている、『路上歩きタバコ禁止条例』などとはまた異質。同条例に対する意見募集に県内外から1782件が寄せられ、旅館・飲食業界やたばこメーカー、学会から議論が百出しています。

神奈川県・松沢知事は同条例の年度内制定を目標としていますが、ハードルはなお多いもようです。


たばこ小売店、飲食店、旅館など続々と「参戦」
「県内全域が禁煙と思われ客が来なくなる」
「吸わせろというクレームの対応は大変」
9日午後、神奈川県小田原市で開かれた県主催の意見交換会では、有数の観光地・箱根などから集まった旅館業者約20人から苦情が噴出しました。しかし、松沢知事は「条例があれば『ルールだから』と対応できる」などとして平行線。同県では、たばこ小売店や飲食店など影響が出そうな業界団体との意見交換をすでに6回行なっています。

たばこメーカーの危機感も高まっており、10日にはフィリップモリスジャパン役員が県庁を訪れ、吸えるか否かを飲食店が決めて掲示するスペイン方式を提案。一方、日本癌学会は「国の対策に先鞭(をつけ画期的」と絶賛する文書を同県に出しています。

『公共的施設禁煙条例』は、松沢知事の看板政策
松沢知事にとって『公共的施設禁煙条例』は、マニフェストに掲げた看板政策。がん対策として、喫煙者の周りの人たちが副流煙を吸い込むことによる「受動喫煙防止」を目指しています。

同条例の議論のたたき台は、4月に公表された条例案概要。
病院、百貨店、飲食店など不特定多数の人たちが訪れる場所を規制対象の「公共的施設」と規定。公表後1カ月の意見募集に「禁煙の居酒屋ができたら通う」「罰則がなければ実効性がない」「娯楽場の禁煙は考えられない」「合法のたばこに罰則はおかしい」と両論が殺到しました。

当初の予想を超える意見の数に「精査が必要」と、神奈川県は条例案骨子づくりを6月から9月に延期しました。

『公共的施設禁煙条例』制定は、ハードル続き
『公共的施設禁煙条例』案骨子の公表後、再び意見募集を経て条例案をまとめる過程で、条例成立の鍵を握るのは神奈川県議会。

同県議会では、2、7日と開かれた厚生委員会で「受動喫煙防止を努力義務にとどめる健康増進法より厳しい規制はおかしい」「喫煙する権利の侵害では」と反発が相次ぎました。一方で、松沢知事は「例外をどんどん作るとざる法になる」と話し、あくまで公共的施設での罰則付き全面禁煙を目指す姿勢を崩していません。

煙草は「嗜好品」―文化としての煙草―
私個人は嫌煙家です。
大学時代、愛煙家はもちろん、重めの種類を吸うヘビースモーカーもいる軽音楽サークルに入っていました。吸おうと思えばいつでも手を出せる環境にいましたが、私の煙草に対する興味は、一度吸ったらお終い、しかも呼吸器にも悪いと言われる煙にお金をかけるという価値観の壁を超えず、一本も吸うことなく暮らしてきました。新幹線は禁煙車ですし、禁煙のタクシーに乗るとホッとします。

しかし、嗜好品としての煙草の価値をゼロだと思っていません。
むしろ、煙草は一個人で楽しむほか、音楽のフレーズ、映画・演劇・ドラマ・小説の名場面など、多くの人たちの間で語り継がれる文化に多大な影響を与えてきた「至高の小道具」だと考えています。それは、煙草の味は分かりませんが、難事件に直面した私立探偵などが「紫煙をくゆらす」風情は解るからです。

したがって、私は、煙草は身体に悪いものだろうと思っていますが、他人が好きで吸うことについては何も言いません。食卓を一緒にするときは、煙草が食事を不味くするため遠慮いただきますが。

煙草は絶対的有害品か?―医療費、副流煙―
煙草を止められないというのは、医学的には「ニコチン中毒」という健康問題です。「吸う方が落ち着く」あるいは「吸った方がいいアイデアが浮かぶ」という人がいますが、これはニコチンが作用している生理現象で、健康上、あまり良ろしい状態ではありません。
しかしそれを知った上で吸うなら本人次第、絶対的有害品とするのは行き過ぎだと考えます。

また煙草によって増えるであろう癌患者の医療費について、国家・自治体の負担分は、「煙草にかけられている煙草税を『同医療費を賄える額をもって相当』とし、煙草の消費量から同医療費を徴収できる税率を定めればよい」と考えています。本人負担分は本人の問題です。

医療費の延長として、本人の寿命が縮むことによる損失があります。本人の現役期間が短くなることは、扶養家族の生活費のほか、本来なら期待できる納税金額など社会的にも影響があるものだからです。
先の論法で行けばこの分も煙草税を使うことになります。しかし煙草の身体的影響は、統計的には悪いものと出ますが個人差が非常に大きなものです。煙草を吸い続けて100歳まで生きられる方もいます。よって、本人が寿命を縮めることによる損失まで煙草税でまかなうのは行き過ぎでしょう。
この損失については、民間の生命保険などで高めの掛金を払うというのが妥当でしょう。

ここまでカバーしてきて残るのが副流煙の問題です。
けれども、副流煙については喫煙所や喫煙スペースを設ければ良いと考えています。新幹線をしばしば利用しますが、喫煙車と禁煙車が分かれてさえいれば問題は感じませんでした。飲食店でも、禁煙席があるところでは、煙草が気になることは滅多にありません。
煙草は禁制品ではなく、嗜好品。副流煙問題の解決策は、「分煙」がより理想的だろうと考えています。

蛇足ながら、個人的には「ゆったりしたスペースで豪華な家具・調度品を揃えて、煙草を自由に吸える喫茶店ならぬ『喫煙店』」を開くと、それなりにビジネスになるのではないかと思っています。

洞爺湖サミットのツケが顕在化 米国環境保護局が「温室効果ガスの規制不要」との報告書

米国環境保護局が「温室効果ガスの規制不要」と報告書発表
米国環境保護局は11日、「温室効果ガス排出を既存の法で規制する必要はない」との報告書をまとめました。
温室効果ガス排出の規制を強く促した昨年の米国連邦最高裁判決を受けて、同局は関係部局と協議をしてきました。しかし、同報告書が規制不要との結論を出したこで、米国内の温暖化対策は新政権にゆだねられることになりました。9日まで開催された「北海道洞爺湖サミット」の首脳宣言でも新たな数値目標はなく、温暖化対策に関してブッシュ政権は「時間を浪費した」(米紙)との評価が固まりつつあります。

昨年4月の判決で米国連邦最高裁は、「米国環境保護局は大気浄化法に基づき、温室効果ガスの規制権限があると認定。規制をしないならば、温室効果ガスが国民の健康に悪影響がないことを証明すること」を求めました。しかし、この日の報告書には、温室効果ガスの危険性は盛り込まれないものになりました。


ホワイトハウスなどの要求で、温暖化の影響を矮小化
ワシントン・ポスト紙によると、草案には「温室効果ガス排出が国民生活を危険にさらしている証拠があり、法規制が必要」との内容もありましたが、ホワイトハウスなどの要求で変更。排出削減に伴う公益を示す数値も極端に小さくされたと言います。

温暖化の影響を矮小化しようとする動きは、これまでも米国内からも指摘されてきました。今月8日には、チェイニー副大統領のスタッフから専門家の議会証言内容の変更を求められたという、元・米国環境保護局職員の告発も明らかになっています。

米国下院の「エネルギー自立地球温暖化問題特別調査委員会」のマーキー委員長は同紙に「ブッシュ政権が、報告書に干渉するぐらいの労力を温暖化対策に向けていたら、地球はこんなにひどい状況になっていなかったかもしれない」とコメントしています。

サミット議長国として、明言を避けたツケ
福田首相が、サミット最終日に発表した『議長総括』は以前にも触れました。当然この議長総括の発表は記者会見という形がとられたわけですが、福田首相は、気候変動問題の項目について明確な回答を避けた質問があります。

議長総括では、「2050年までに世界全体の排出量の少なくとも50%の削減を達成する目標というビジョンを、『国連気候変動枠組み条約』のすべての締約国と共有し、目標を同条約の下での交渉で諸国と共に検討し、採択を求める」という文言があります。
この文言について、外国人記者が「『50%削減』とは、何年時点の温室効果ガス排出量に対する50%か?」と質問しました。目標とするからには基準が重要となりますから、当然の質問です。しかし、福田首相は「現状のまま」とあいまいに答えました。

実は、この温室効果ガス排出量基準問題。日本政府の実務者レベルでは、『2005年の排出量に対する50%』とするよう各国に働きかけが行なわれています。もちろん交渉「中」のことですから、それを暴露すれば物議をかもし出すことになったでしょう。
けれども、「2005年を基準とすることを想定して、各国が合意に至るよう努力している」など言い様はあるわけです。

「明確な文言」が重視される外交という舞台
サミットの合意文書のように、複数国が関係する文書について文言をあいまいにしておくということは、百害あって一利なし。文言をあいまいにしたということは、「あなた様の方で、ご判断はお任せします」と言うことと同義です。
これは、私たちがいつも行なっているビジネスの現場と同じことです。

特に欧米文化では、「契約の有無」「発言の有無」が重要視されます。「察する」ということもないわけではありませんが、「相手の気持ちを察して『おそらくこうだろう』と思ったこと」より、「面と向かって『その場で発言したこと』」の方が重く捉えられ、「発言したことこそ真意」として話は進められます。

福田首相がしたようなあいまいな回答は裏目にでる一方。
米国連邦最高裁は温室効果ガス排出の規制を促がしているわけですから、福田首相が仮に「2005年」ないし「2005年とすることを目指している」と言っておけば、米国環境保護局の報告書に対しても牽制になったはずです。

「外交の福田」には、大きな疑問符をつけるべきでは?
福田首相が明言を避けたが為に外交で日本が求める国益を逸したのは、
▽北朝鮮拉致被害者を救出する前にほぼ確定した、米国によるテロ支援国家指定解除
▽事実上、東シナ海ガス田から抽出する天然ガス利用を完全放棄
▽中国製毒入り冷凍ギョーザ事件の真相の迷宮入り
などを数えて、これで少なくとも4回目です。

「宙に浮いた年金問題」「後期高齢者医療制度の凍結」「相次ぐ防衛省の事件・不祥事」など、国内政治で苦戦。内閣支持率が振るわない中、「外交で成果を上げて『外交の福田』をアピールする」としてきましたが、「外交の福田」は最早、黄色信号が点滅を始めて赤に変わろうとしているところではないでしょうか?

そこは変だろう?中国: 中国が抱える「チベット」「ウイグル」「毒入り冷凍ギョーザ」問題

7月1・2日にダライ・ラマ特使訪中 「協議はポーズだった」
チベット仏教の最高指導者ダライ・ラマ14世の特使が5日、亡命政府のある当地で会見。7月1、2の両日に北京で行なった中国政府との対話について説明しました。北京五輪後の10月に次の対話をすることで合意したものの、「中国に前向きな動きがなく、難しい協議だった」と進展がなかったことを明らかにしました。

「中国国内のチベット人地域における、チベット人による自治」が対話の議題でしたが、ロディ・ギャリ特使は「五輪が中国側の動機だった」と述べ、チベット問題に取り組んでいることを対外的に打ち出すポーズにすぎないとの見方を示しました。
ギャリ特使によると、ダライ・ラマ側は「中国側の真摯な姿勢がなければ対話継続に意味はない」と主張。中国側は「対話は生産的だ。チベット問題は半世紀の問題で、数年では解決できない」と回答。これを受けてチベット側は、協議の継続はあっても、チベット人による高度な自治が認められるなどの問題解決の可能性は低いものと判断しています。

ギャリ特使は、中国の協議内容を5日にダライ・ラマに報告。その時の様子について、「ダライ・ラマは失望していたが、(対話で解決を図る)中道路線を続ける意思は強い」と述べています。

なお新華社電によると、ラサ市における騒乱に対し、これまでに42人が放火や窃盗、社会秩序かく乱、国家機関襲撃など罪で有罪とされて、無期懲役~懲役3年の判決を受けています。また116人が裁判所で審理中で、司法当局に拘束された容疑者は953人に上っています。
(朝日、読売、毎日新聞報道より)

7月8日、中国公安が「新疆独立派」ウイグル人・5人を射殺
10日の新華社などによると、中国新疆ウイグル自治区の区都ウルムチ市の公安当局は8日、「漢族殺害を目指す『聖戦』の訓練を受けた」ウイグル人の5人を射殺したことが分かりました。

事件の発端は、5月にウルムチ市で起こった漢族傷害事件です。
この事件を受けて今月8日、武装した警官15人が、事件の容疑者を含むウイグル人の男女15人がいるアパートを包囲。催涙弾を撃ち込むと、男らが刃物を持って飛び出して警官1人が負傷。直ちに警官隊が発砲し、5人が即死、2人が負傷。残りの8人はその場で拘束されました。
新華社などによると、容疑者たちは新疆独立派で「『聖戦』を図っていたこと」を強調、アパートからは30本以上のナイフが見つかったと伝えています。

事件翌日の9日、同市公安局の陳共産党委員会書記は、全警官に対し、「北京五輪の安全確保に向けた第2段階の総動員令」を出し、「大事件はもちろん、小さな事件も起こさない」ための緊急行動を取るよう命じています。
また中国外務省の劉建超・報道局長は、10日の定例記者会見で、政権側の対応に関して、「新疆には確実にテロ組織が存在し、テロに打撃を加える中国政府の態度は揺るがないことを強調したい」と述べています。

北京五輪を狙ったテロを警戒する共産党政権は、分離独立運動の火種がくすぶる新疆で、武力行使ためらわない徹底的な治安対策を強行しています。
ウルムチ市当局は今年1月~6月の間に、「五輪破壊を狙った」5つの暴力・テロ組織を摘発。「テロ容疑者」82人を拘束し、41カ所の「訓練所」を破壊したと発表しています。
(朝日、読売、毎日新聞報道より)

5月29日、ギョーザの具から基準値4万倍のメタミドホス検出(兵庫)
中国製冷凍ギョーザによる中毒事件で兵庫県警は5月29日、同県高砂市の家族が食べて中毒を起こしたギョーザのトレーに付着していた具から約1万3200ppmの有機リン系殺虫剤「メタミドホス」が検出されたと発表しました。

同発表は、ジェイティフーズの「中華deごちそう ひとくち餃子」で、警察庁科学警察研究所が、トレーに付着していた具0・952グラムを鑑定した結果。ニラの残留基準値(0・3ppm)の約4万4000倍で、県警は製造段階で意図的に混入された可能性が高いとみています。

これまでに、高砂市の家族の胃洗浄液から残留基準値の173~343倍にあたる52~103ppmのメタミドホスを検出。千葉市の母娘が食べたものと同じパックの調理済みギョーザからは、基準値の約10万4000倍の最大3万1130ppmが検出されています。
(毎日新聞報道より)

アクセスカウンター
プロフィール

鮎滝 渉

Author:鮎滝 渉
千秋真一に23%似ているらしいブロガーです。
実家である愛知県に戻ってきました。
ほぼ日刊で更新中。日々の巡回サイトに加えてやってください。
-------------------------
ブロガー名を、「鮎滝 渉」へ改めました。
私が自分に付けた最初のペンネーム。そして、「一角の者になるまでは使うまい」と思ってた名でもあります。

大して公知のペンネームというわけでもありません。が、1回目の中小企業診断士試験の失敗以降、あれこれと思い悩む中、「“輝かしい名としようする執着”はかえって醜い。そろそろ、この名を名乗る覚悟をしよう」と決意。鮎滝の名を使うことにしました。

ちなみに、旧ブロガー名は「スクナビコナ」。
日本神話に出てくる知恵の神様の名前です。恐れ多い名前ですが、ブログをする気構えとして、使っておりました。

スポンサー広告
↓あなたもブログ始めるなら↓ 無料blog

↓アフィリエイト始めるなら↓ アフィリエイト・SEO対策

↓英会話を始めるなら↓ 英会話スクールWILL Square

↓アクセスアップなら↓
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログランキング参加中
応援してやってくださいm( _ _ )m
↓ワンクリックお願いします↓


ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 ニュースブログへ

にほんブログ村 本ブログへ

にほんブログ村 漫画ブログへ

にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ

にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ

本を買う
↓楽天ブックスを使う↓

---------------------------
↓アマゾンで商品検索↓

---------------------------
↓ベストセラー本のご紹介↓
カテゴリー
最近の記事
ブログ内検索
カレンダー
06 | 2008/07 | 08
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。