中小企業診断士をめざしつつ、日々のニュースやおススメ本など話題を提供。「突然スピーチを頼まれた」「ちょっと小生意気な話」など話のネタにしてください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

iPS細胞研究 米国グループが、ヒトの細胞でも「ガン化防止」生成成功

iPS細胞研究 ヒトの細胞でも「ガン化防止」生成成功
(毎日新聞 5/30付より)

さまざまな細胞に分化するヒトの人工多能性幹細胞(iPS細胞)を、遺伝子やウイルスを使わず、タンパク質だけで作ることに米国ハーバード大学などのチームが成功。29日、米国科学誌『セル・ステムセル』電子版で発表しました。

マウスでは米・独のチームが4月に初めて成功を報告していますが、ヒト細胞では世界初。遺伝子の影響などで起きる細胞のガン化を防ぎ、治療用に使える安全なiPS細胞の生成にまた一歩前進した。

山中伸弥・京都大教授が開発したiPS細胞は、4つの遺伝子をウイルスを使い細胞の核に入れて作ります。しかし遺伝子や運び役に使うウイルスが予期せぬ働きをし、細胞がガン化する恐れが高く、遺伝子、ウイルスなしの生成法が模索されてきました。

ヒト細胞でのiPS細胞生成を成功させたのは、金洸秀・ハーバード大学准教授らの研究チーム。
金准教授らは、山中教授の4遺伝子にアミノ酸の一種、アルギニンなどをつなぎ、ヒトの細胞膜を通り抜けやすい性質を持つよう改造。この遺伝子を、ヒト由来の培養細胞株に組み込み、タンパク質を作るようにした上で、細胞株から抽出した液の中にヒトの新生児皮膚細胞を入れました。

抽出液に入れた後、培養するという処理を約8週間続けると、iPS細胞が完成。ウイルスを使う手法に比べて2倍も時間がかかり、生成効率も10分の1と低いものの、細胞の性質は従来と同等でした。


※iPS細胞・・・神経、筋肉などさまざまな種類の細胞に分化する能力を持つ「万能細胞」の一種。
山中伸弥・京都大教授らが06年に世界で初めてマウスでの生成を報告。07年には山中教授チームと米のチームが同時にヒト細胞での成功を発表しました。患者自身の皮膚細胞などからiPS細胞を作り、病気やけがで機能を失った臓器、組織を作れば、拒絶反応のない再生医療が実現すると期待されています。

京都大学の山本教授が危惧した「1勝10敗」の道をまっしぐら
iPS細胞をはじめとする「再生医療」について、米国は、国立衛生研究所だけで年間約940億円の予算を編成。オバマ大統領は科学技術予算の上積みを決めており、研究費はさらに増える見通し。カリフォルニア州が10年で3000億円、メリーランド州が1年で23億円など、各州政府でも独自に助成する動きがあります。

一方、日本政府は、iPS細胞を将来の産業の柱として位置づけていますが、今年度の研究費は55億円、再生医療全体では200億円の投入にとどまっています。景気対策の補正予算でも大幅な上積みをめざしていますが、日米の研究費には10倍以上の差があるのが実情。日本のiPS細胞研究への取り組みは、まさに口先だけとなっています。

山本教授のもとに「iPS細胞研究統合推進拠点」を置くところまではスムーズだったのに、どうしてこうも研究開発費用の付け方が下手くそなのでしょうか?

特許権の獲得につなげてこそ、研究は価値が出る
研究開発で生み出されるのは、特許権をはじめとする「知的財産権」。しかし、この知的財産権が認められるには、“実用化すること”が必須条件となっています。実用化抜きのアイデアだけなら誰にでも発案できるため、権利主張の要件として、実用化という制限を加えているわけです。

だからこそ、山中教授が「iPS細胞が作れること」を証明して以降、世界各地で実用化に向けた研究開発競争が進められているわけです。ノーベル賞などの“名誉”は山中教授のものかもしれませんが、特許使用料という“実益”はまだ誰に帰属するのか決まっていません。
作れることが証明されたものの実用化、自分の臓器・器官を移植する新医療の根幹を押さえる。研究者、研究機関にとってはビッグチャンスです。

研究開発型の知的財産ビジネスにおいて、迅速な実用化による特許権等の獲得。特許使用料等による、先行投資した研究開発費用の回収という収支モデルは基本中の基本。「八方美人型予算配分」から「投資回収型予算配分」へと脱却できる政党の誕生を、心から願います。


――――――――――――――――――――――――――
関連記事
◆米・独チーム、遺伝子使わずにiPS細胞を生成 ガン化リスク低減に成功
◆iPS細胞の研究競争、すでに米国がリード 山中教授、日本は米国に「1勝10敗」
◆山中教授の研究チームが、ウイルスを使わない「万能細胞」の作製に成功
◆ヒトの皮膚から心臓が作れる?再生医療 今日の本:『生物学個人授業』岡田節人、南伸坊
スポンサーサイト

トヨタやNTT、ANA社員らによる番組評価 報道・1位はテレビ東京『ワールドビジネスサテライト』

「優良放送番組推進会議」の番組評価にテレビ局は戦々恐々
(月刊FACT 5/29付より)
安易で低劣な番組が氾濫するテレビの現状に業を煮やした経済界がついに動き出しました。
トヨタ自動車、キヤノン、新日本製鉄、東京電力、三菱重工業、三井物産など日本を代表する大手企業27社が4月28日、社員へのアンケートで「良い番組」を選び、公表する「優良放送番組推進会議」(委員長:有馬朗人・元文部大臣)を立ち上げました。

第1回の選定テーマは「報道番組」で、トップは『ワールドビジネスサテライト』(テレビ東京)。2位は『クローズアップ現代』(NHK)、3位は『週刊こどもニュース』(NHK)と視聴率ランキングの常連ではない番組が上位を占め、視聴“率”と視聴“質”の乖離を浮き彫りにしました。

推進会議の有馬委員長は「今の放送は視聴率が“神様”となっている結果、番組の質が低下している」と放送界の現状を痛烈に批判。「みんなが良い番組と考えるものを積極的に応援したい」と会議設立の狙いを強調しています。

会員企業は1社あたり年間・20万円の運営資金を拠出。会員企業のほとんどは民放の大手スポンサーで、「今後はテレビ番組にカネを出す代わりに口も出す」と、発足に関与したある企業の役員は言い切ります。

背景には「CMを提供した番組の視聴率が高くても、商品・サービスの売れ行きは必ずしも良くならない」という現状があります。電通の子会社・ビデオリサーチ社が事実上独占する視聴率という“神様”の客観性を疑問視する声も経済界に増えています。

一方、局側は「広告収入の激減が続く中で、アンケートの評価が低かったら、CM料の値下げなどの口実にされるのではないか」(キー局幹部)と戦々恐々としています。


モノの売れないのは番組のせいではないと思いますが
モノの売れない原因は決して番組のせいではなく、CM自体の広告としての訴求力や、製品の持っている魅力をうまく伝え切れていないCMの完成度、そもそも製品がニーズと合っていない、といったところにあると個人的には考えます。

CMの流し方にしても、スポンサー契約で選択と集中を行えば、番組の放映方法・尺の取り方も随分と変えられるはずです。
「一律の15秒CMではなく2分CMを流させる」「番組内に自社製品を登場させておいて、CMで同製品を紹介する」など、やれるはずなのに追究してこなかった手法はいくらでもあります。15分、酷い時には5分ごとに挿入されるCMも、30分じっくり番組に惹きつける方が「CM視聴率」は上がるかもしれません。

視聴率以外の評価軸を入れることは、良い試み
ですが、アンケート調査の1位がテレビ東京の『ワールドビジネスサテライト』であることを考えると、“質評価”としての信頼性は高いと思います。また、民間企業が行う番組評価でありながら、スポンサーを付けられないNHKも対象としているのは興味深いところ。
どのTV局も欲しがる視聴率情報であるのに、ビデオリサーチ社の独占状態であるのも不自然な話です。

優良放送番組推進会議のHPによると、アンケート調査の方法は次の通り。
①対象番組:日本放送協会、民間放送局各社の地上波放送番組(全国放送に限定)を対象
②評価方法:毎回分野を決めて一覧にした番組からアンケート回答者が適宜選んで評価
③回答者:会員企業の社員
④評価:3>2>1>0>マイナスの5段階
⑤集計:集計内容は、回答者数、合計点、平均点とする。

すでに2回(報道番組、ドキュメンタリー番組)のアンケートが行われているとのこと。
アンケート調査では、②の方法を採っているため、「合計点数÷回答者数=平均点数」で順位を公表。回答者数≒視聴率、平均点≒視聴者評価と捉えられます。

参加企業は、旭化成、旭硝子、 出光興産、大阪ガス、 関西電力、キヤノン、新日本製鐵、新日本石油、住友商事、セブン&アイ 、ANA、第一生命保険、 大和ハウス、武田薬品、 中外製薬、中部電力、東京電力、TOYOTA、 NTT、日立製作所、 パナソニック、みずほコーポレート銀行、 三井物産、三井不動産、三菱重工、森ビル、リコーの27社

▽第1回アンケート調査(報道番組)
総回答者数・・・430人、総回答数・・・5291、平均点・・・1.23点
1位:ワールドビジネスサテライト(テレビ東京)・・・1.84点
2位:クローズアップ現代(NHK)・・・1.83点
3位:週刊こどもニュース(NHK)・・・1.81点
4位:サンデーモーニング(TBS)・・・1.59点
4位:NHKニュース7(NHK)・・・1.59点
6位:おはよう日本(NHK)・・・1.48点
7位:ニュースウォッチ9(NHK)・・・1.44点
8位:めざましテレビ(フジテレビ)・・・1.43点
9位:NEWS ZERO(日本テレビ)・・・1.36点
10位:NEWS 23(TBS)・・・1.29点
11位:サンデープロジェクト(テレビ朝日)・・・1.27点
12位:スームイン!! SUPER(日本テレビ)・・・1.26点
13位:報道station(テレビ朝日)・・・1.29点
14位:ニュースJAPAN(フジテレビ)・・・1.25点
※15位からは平均点以下のため割愛

――民法よりもHNKが評価を得ている中、テレビ東京の『ワールドビジネスサテライト』が1位というのは、かなり興味深い結果です。企業・経済情報の充実、他のニュース番組との差別化が明確、「トレンドたまご」のコーナーがユニークというのが、高評価の理由とのこと。
3位の『週刊こどもニュース』は、わかりやすい解説、大人が見ても役立つという評価。
“こども向け”というのはバカにできないもので、スクナビコナは高校時代から、レポートの資料を図書館で探す時には必ず“児童向け”“小中学生向け”から何冊か選ぶようにしています。子どもたちに伝えようとする制作者たちの士気が高いためか、情報が古過ぎるということも少なく、丁寧な説明は非常に勉強になります――

▽第2回アンケート調査(ドキュメンタリー)
総回答者数・・・324人、総回答数・・・1358、平均点・・・1.42点
1位:NHKスペシャル(NHK)・・・1.81点
2位:ガイアの夜明け(テレビ東京)・・・1.80点
3位:情熱大陸(TBS)・・・1.69点
4位:NNNドキュメント(日本テレビ)・・・1.46点
4位:素敵な宇宙船地球号(テレビ朝日)・・・1.46点
※6位からは平均点以下のため割愛

――深夜枠の『NNNドキュメント』がランクインしているのは、さすがといったところ。
個人的には、たまたま見かけたから最後まで見たということが多く、「これをゴールデンに持ってくれば圧勝できるだろうに。スポンサーが付きにくいのだろうなぁ」と思っていました。重苦しくなるテーマが多い番組ですが、日本テレビの持ち駒としては、今やっている訳の分からない番組『サプライズ』よりずっと高く評価されるのではないでしょうか?
差別化という観点では文句無しですし、その差別化効果が浸透すればスポンサーも付くように思います。そもそも、「番組を通じて考えさせたい」のなら深夜枠は不向き。考える余裕のある夕方枠でやってほしいところ――

今の3倍、1000人アンケートになるぐらいなると、もっと説得力を持つと思いますが、概して信頼性は高い結果だと思います。
ちなみに第3回アンケートの対象番組はバラエティーで、調査期間は6月1日(月)~6月7日(日)、結果発表は6月18日(木)。 PTAの「子どもに見せたくない番組・子どもに見せたい番組」と似たような結果になりそうな気もしますが。

▽平成20年度 子どもに見せたくない番組
1位:ロンドンハーツ(テレビ朝日)・・・11.1%
2位:クレヨンしんちゃん(テレビ朝日)・・・9.4%
3位:志村けんのバカ殿様(フジテレビ)・・・4.6%
4位:めちゃ×2イケてるッ!(フジテレビ)・・・4.0%
5位:はねるのトびら(フジテレビ)・・・3.6%
6位:クイズ!ヘキサゴン(フジテレビ)・・・3.0%
7位:ブラッディ・マンデイ(TBS)・・・3.0%
8位:エンタの神様(日本テレビ)・・・2.9%
9位:リンカーン(TBS)・・・2.3%
10位:ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!(日本テレビ)・・・2.2%

▽平成20年度 子どもに見せたい番組
1位:世界一受けたい授業(日本テレビ)・・・7.5%
2位:どうぶつ奇想天外!(TBS)・・・5.1%
3位:Qさま!!(テレビ朝日)・・・3.9%
4位:篤姫(NHK)・・・3.9%
5位:平成教育委員会(フジテレビ)・・・3.5%
6位:週刊こどもニュース(NHK)・・・3.3%
7位:ダーウィンが来た!(NHK)・・・3.2%
8位:クイズ!ヘキサゴン(フジテレビ)・・・2.8%
9位:その時 歴史が動いた(NHK)・・・2.6%
10位:天才!志村どうぶつ園(日本テレビ)・・・2.6%

GM、1日に破産法申請で「国有化」へ HONDAに“全力で勝ち”にきているTOYOTA

GM、1日に破産法申請で「国有化」へ 製造業倒産で最大規模
(時事通信 5/29付より)

米国のウォール・ストリート・ジャーナル(電子版)は28日、経営危機に陥り政府支援を受けている米自動車最大手ゼネラル・モーターズ(GM)に対し、オバマ政権が、連邦破産法・11条適用を6月1日に申請する計画であると報じました。連邦破産法・11条は、債務者(この場合はGM)が再建計画を立て、債務を返済しつつ事業再建を図るもので、日本の民事再生法に相当します。

GMが破産法申請すれば、4月末に連邦破産法・11条を申請したクライスラーに続き、米国ビッグスリーのうち2社が破産手続きに追い込まれる異常事態。米国メディアによると、総資産ベースでは、米国製造業で過去最大規模の倒産となり、自動車業界のみならず、米国景気や金融市場に甚大な影響を及ぼす懸念があります。

GMは裁判所の下で過剰債務を一掃し、早期再建を目指すことになります。自動車業界を「戦略的産業」と位置づけるオバマ大統領が6月1日に声明を発表し、資金繰りに必要な追加融資を中心に全面支援する方針を表明するとみられます。

GMは既に、破産法申請を前提にした、272億ドル(約2兆6000億円)に上る無担保債務の削減計画を発表。米国政府や全米自動車労組、社債保有者など一般債権者の同意を得た上で「事前調整型」の破産手続きに入る意向です。計画通りなら米国政府が再建後の「新生GM」が発行する普通株の72.5%を握り、実質国有化されます。 

新車発表会でカタログで、HONDA「インサイト」をコケにする
TOYOTA「プリウス」の容赦ない“比較戦略”

(ダイヤモンド・オンライン 山本猛嗣 5/28付より)

■寸劇で、インサイトに対するプリウスの優位性をPR
舞台上では寸劇が始まった──
若い男性4人が2台の2人乗り用自転車にまたがり、舞台の手前と奥で競争を始める。

手前の自転車に乗る2人の男性はさわやかな笑顔のまま、みるみる舞台奥のライバルを引き離し、ゴクリと水分補給した後、「お前、元気あるな」「お前こそ、元気だな」と余裕の表情を浮かべ、お互いをたたえてハイタッチ。
一方、舞台奥の自転車をこぐ男性2人は苦渋に満ちた表情を浮かべ、やがて力尽きてしまう。

これは、ドリンク剤やスポーツ飲料の宣伝ではない。
5月18日にTOYOTAが都内で開催したメディア向けの新型「プリウス」発表会の一コマなのである。新車の発表会にしては、摩訶不思議な寸劇だが、当日、2回も行なわれた。

じつはこの寸劇は、プリウスの“心臓部”であるハイブリッド(HV)システムについて、比較対象となる他社製品との優位性をわかりやすく説明したもの。いわゆる、米国などでよく見られる“比較広告”に近い手法である。
そして、その比較対象とは何か。いうまでもない。HONDAのHV車「インサイト」であり、インサイトとのHVシステムとの比較だ。

つまり、冒頭の寸劇は、2人乗り用自転車をHV車と想定し、2人の男性は、それぞれエンジンとモーターに見立てている。もちろん、余裕の表情で勝利するのは、TOYOTAのHVシステムであり、プリウスだ。

■カタログでは、より露骨な比較広告を掲載
このあからさまな比較は、その場限りでは終わらない。なんとプリウスのカタログにも4ページにわたって、マンガでも紹介されている。
「ここまでやるか?」と、TOYOTAの新型プリウスのカタログをめくった業界の誰もが一様に驚いた。その内容は「あまりにも露骨で刺激的」(HONDA首脳)だからだ。

そのマンガでも、プリウスが採用する「ストロングHV」(フルHVともいわれる)とインサイトが採用する「マイルドHV」に見立てた2人乗り用自転車が登場。“エンジン役”と“モーター役”の人物も登場するが、その人物描写のストレートさには、寸劇以上のインパクトを感じる。

ストロングHVはエンジン役もモーター役も競技用自転車のレーサージャージを着た若くて筋骨隆々のたくましい男性。
一方のマイルドHVは、チノパンにシャツ姿で眼鏡をかけた頼りないおじさんがエンジン役、そしてモーター役は「自分ひとりではまだ走れない」と言う「マイルドモーターちゃん」なる幼い男の子が務め、2人でペダルをごくという図式なのである。

さらに極めつけは、マンガの最後、両者の違いを示すためのマイルドハイブリッドの説明画には、「EVドライブモードは選択できない」(モーターのみでは走行できない)という解説と共にバツ印まで付けられている。ある首都圏のHONDAディーラーの営業マンは怒りのあまりに、プリウスのカタログを引き裂いたという逸話もある。
「あまりにもメッセージ性が強く、わかりやすい戦略。明らかにHONDAはTOYOTAの“虎の尾”を踏んだということ」(別の業界関係者)。

■住み分けずに、プリウスをインサイトへぶつけたTOYOTA
そもそもマイルドHVは、エンジンをモーターがアシストするシンプルな構造なため、小型で低コストなのが特徴だ。それが業界内でも「電動アシスト自動車」とも揶揄される所以である。ある業界関係者は「インサイトはプリウスとは車格がまったく異なる。本来なら、住み分けが可能なはずだった」と語る。

ところが、周知の通り、TOYOTAはプリウス(3代目・ZVW30)の最低価格を205万円に設定し、併売する従来型プリウスは189万円とインサイトの最低価格と同価格まで、約40万円以上も引き下げた。インサイトとの価格差は、ほとんど遜色ないものになった。
本来、高いはずのクルマが安くなれば、売れるに決まっている。プリウスの先行予約は、18日の発売の時点で既に8万台を超え、すでに11万台を突破している。

ある首都圏のTOYOTAディーラーでは、インサイトを自ら買い上げ、プリウスと比較試乗してもらうというと強気の営業イベントも行なった。別のTOYOTAディーラーでは、「インサイトに乗った客が立て続けに、プリウスを見に来た」と興奮気味に語る。

一方のHONDAは、“寝耳に水”の事態。今後は開発中のHVを前倒しで投入するなど戦略を大幅に見直す考えだ。

いずれにせよ、TOYOTAとHONDAの“HV戦争”は当面、収まる様子はなく、「唯一、業界内で活気のある話題」とも言われているが、冷静に見つめてみれば「HVと小型車しか売れない」という薄利多売のゆがんだマーケットの形成は止まりそうもない。

終わらないものはない 緊張感を感じさせるTOYOTA
1991年、滅ばないはずだったソビエト連邦が解体。「超大国の崩壊」という報せは、衝撃をもって受け止められました。2009年、潰れないはずの米国ビッグスリーのクライスラーが4月末に倒産。そして今度はGMまでも。

最低価格を205万円とする3代目プリウス(ZVW30)を「北米国際オートショー」で発表したのは、2009年1月11日~25日。創業者一族・豊田章男氏の社長昇任を含む人事案がトヨタ自動車から正式発表されたのは、2009年1月20日。

章男氏によるプリウスの広告戦略の修正があったかは不明です。けれども、TOYOTAの経営陣からは、外部の人間よりも強い緊張感が感じられます。

“比較広告”は日本人好みではないという常識
“比較広告”という手法自体は古くからあり、1980年代に行われたペプシコーラによるコカ・コーラ攻撃が有名です。ペプシは公開試飲調査を行い、「コカ・コーラよりペプシの方が美味しいという回答が、過半数だった」という広告を打ち、シェア拡大を成功させています。

しかし、一般に日本の広告業界では、「相手を貶めることになる“比較広告”は、日本人好みではない」と言われます。
比較広告は、自社製品の優位性を分かりやすく示すことができる反面、表現としては攻撃対象となる相手製品の欠点を強調し、貶める形になります。この「貶め」がヒンシュクをかい、会社の品格を落とすため長期的にはマイナスと考えられているからです。

実際、TVCMや折り込みチラシに見られる広告は、ほとんどが独自性や新規性、安値のアピールであったり、その製品の新しい使い方・捉え方をストーリー風に仕立てたものであったり、新しいライフスタイルの提案など。

競争の激しい家電量販店でさえ、「他社の方が安ければ差額分を値下げします」と自社を下げることはあっても、「△△よりも安い」「○○は高い」といった広告は打ちません。契約数の純増競争が難しくなった携帯電話業界でも、「××よりも良くつながります」といった台詞も窓口での製品説明ぐらいです。

全力で勝ちにくるTOYOTAの凄み 敢えて打った“比較広告”
70年の歴史を持つTOYOTAが、このような“広告の常識”を知らないはずはありません。それでも敢えて、HONDAに勝ちにきたのでしょう。

婉曲的手法をとっても、膨大な情報の中から特定の広告に目を止めるのは、元々その製品への関心が強い人たち。「TOYOTAの攻撃対象が何か?」を顧客の側でイメージされることも計算済みであり、その計算が比較広告を成立させています。それでも遠回しにしているのは、HONDA攻撃ではないかと問わたとき、「特定製品を指しているわけではない」と言える余地を作るため。
この全力で勝ちにくる姿勢に、業界トップを走るTOYOTAの凄みを感じます。

2008年度決算で発表されたTOYOTAの売上高は約20兆5000億円、HONDAは約10兆円。倍の力量差があるわけですが、「高が倍でしかない」というのがTOYOTA経営陣の評価かもしれません。


――――――――――――――――――――――――――
関連記事
◆製造業の決算を概観(1) 連結ベースでSONYの株価評価は、Appleの22分の1
◆製造業の決算を概観(2) 水平分業と垂直統合
◆製造業の決算を概観(3) 従業員一人で4億5000万円も稼ぐ任天堂

米国などの研究班推計「未発見の天然ガス、3割が北極圏に」 ロシアのパワー源泉に枯渇は見えず

米国などの研究班推計「未発見の天然ガス、3割が北極圏に」
(朝日新聞 5/29付)
世界でまだ発見されていない天然ガスの30%、原油の13%が北極圏にあることが、米国とデンマークの研究チームの推計で分かった。大半が開発が容易な水深500メートルより浅い海底にあり、北極海の沿岸諸国の間で争奪戦に影響する可能性がある。これまで埋蔵量はいずれも約20%と言われていた。29日付の米科学誌サイエンスに発表する。

米国地質調査所などの研究チームは、北極圏の米国アラスカやノルウェー、ロシア、カナダなどの沿岸の69地域で、地質の構造や年代などから原油や天然ガスが産出する条件がそろっているかを検討。うち49地域に天然ガスや原油が存在する可能性があり、各地域の推定埋蔵量を計算した。

この結果、北極圏には計1547兆立方フィートの天然ガスが存在すると推計。大半がロシアにある。最大規模の埋蔵地はアラスカ沖のほか、ともに領海と主張しているノルウェーとロシアの沖合にも広がっていた。

一方、未発見の原油は830億バレルと推計した。最も多いのはアラスカ沖合で、埋蔵量は約280億バレルに上るとみられる。ただ、世界で確認されている埋蔵量(08年末)の約1兆3千億バレルに対し少なく市場への影響は小さいとみている。

世界全体の未発見埋蔵量は、今回と同じように推定されており、天然ガスは計5200兆立方フィート、原油は計6200億バレルと見積もられていた。

産業技術総合研究所の棚橋学・地圏資源環境研究部門副部門長は「世界が注目する北極圏の資源について、詳細な埋蔵量や分布が科学的に初めて明らかになった。今後の世界の資源開発の方向性やエネルギーバランスにも影響する成果だ」と話している。(中村浩彦)


一目して明らかとなった、ロシアへの天然ガス遍在
昨年・7月の147.3ドル/バレルに比べれば半額以下ですが、また原油価格がじわじわと上がってきています。一目してロシアへの遍在が明らかですし、化石燃料を背景とする『強いロシア』はまだまだ続きそうです。

日本も近海に天然ガス、メタンハイドレードなどの化石燃料が眠っていますが、そちらの調査・開発は進められているのでしょうか? 『国立メディア芸術総合センター』(通称:アニメの殿堂、民主党代表は「国立マンガ喫茶」と揶揄)に117億円をかけるぐらいなら、日本近海の海洋・海底資源開発に予算を回して欲しいものです。

「一体何の意味が?」月面2足歩行ロボットに批判 4足歩行や6足歩行、キャタピラで充分では?

「一体何の意味があるのか?」月面2足歩行ロボットに批判
(J-CASTニュース 5/29付より)

政府が策定を進めている「宇宙基本計画」が、思わぬブーイングに見舞われている。この計画自体は、情報収集衛星を増強したり、有人での月探査を目指したりする意欲的なものなのだが、「2足歩行ロボットでの月探査」という項目に、批判が続々と集まっているのだ。

■「お金をかけて何がしたいかわからない」
日本の宇宙開発についての基本方針を定めた「宇宙基本法」が2008年8月に施行され、これに基づいた国家戦略「宇宙基本計画」の策定が進められている。麻生首相が本部長を務める「宇宙開発戦略本部」が案をまとめ、09年4月28日から5月18日にかけてパブリップコメントが募集された。

各地から寄せられたパブリップコメントでやり玉に挙がっているのが、「月面2足歩行ロボット」。
これは3月6日に行われた専門調査会の場で、専門調査委員のひとりである元宇宙飛行士の毛利衛氏が提案したもの。毛利氏が提出した資料では、国家目標として「日の丸人型ロボット月面歩行計画」をかかげ、「有人・無人の議論を超えた第三の道」「日本独特な有人宇宙開発の提案」などどうたっている。

計画案では、2020年頃に日本独自でロボットを活用した月の無人探査、25~30年頃に宇宙飛行士とロボットが連携した有人月探査を目指しており、「2足歩行ロボット」も、その中の案として出てきたものだ。計画案には458人から1510件のパブリップコメントが寄せられたのだが、そのうち約80件が「2足歩行ロボット」に集中。
中には、「月や火星・金星への探査計画に、人は送れなくとも耐環境型の自立ロボットを帯同させることも日本独特の研究といえます」と、好意的なものもあるが、ほとんどが批判的なものだ。

「唯一新しいのは、ニュースなど、マスコミが大々的に報道した『2足歩行ロボットを月へ』という部分だが、これに一体何の意味があるのか?そもそも月に着陸する必要がどこにあるのか?というところからして、必要性、国家戦略が明確にはなっていない」
「『月面上ロボットに2足歩行型』はナンセンス。お金をかけて何がしたいかわからない。それでは子供たちはわくわくしませんよ。大人の自己満足以外の何物でもない」
といった、2足歩行ロボットの無意味を訴えるもの。

「2足歩行ロボットによる探査が提案されているが、そもそも月面は地球とは重力、温度環境、表層環境などが全て異なる世界であり、そういった世界に2足歩行のロボットを持っていったとしても、できることはきわめて限られている」
「現在の日本の2足ロボット技術の優位が、宇宙環境(真空、極端な環境温度変化、放射線、無重力など)ですぐ役立つものではなく、むしろ新規の高度な技術開発が必要」
と、「日本が得意とされる2足歩行ロボットの技術も、宇宙に行くと役に立たない」という趣旨の主張も散見される。

■有人探査では「人間に近い形状が意味を持ってくる」?
戦略本部では、これらの反発について、発表資料の中で
「多数ご意見をいただいておりますが、我が国が得意とする特徴あるロボット技術であること、将来の有人探査を視野に入れたときに、人間に近い形状が意味を持ってくること、また、これが実現できれば、高度なロボット技術の実現と宇宙技術の融合が図られるなど大きな技術的波及効果が期待され、本来の探査の成果と合わせて、我が国の優れた技術力をアピールできるという点で宇宙開発戦略専門調査会にて肯定的に議論が行われております」
と反論。「2足型」が人と共同作業する時に強みを発揮すると考えている様子だ。

パブリックコメントでの指摘を反映させた計画案は5月26日に開かれた専門調査会で大筋で了承され、6月上旬の会合で正式決定される。

戦略本部では、「この種のものに寄せられるパブリップコメントは、せいぜい2桁か、百数十件程度。4桁は、ちょっと見たことがありません」と驚いている。

パブリップコメントを寄せた人の属性については非公表だが、
「概観すると、宇宙関係部局(端的にはJAXA)のやりたいこと、進めたいプログラムの希望、等々が大体記述されていて、有人宇宙飛行以外は現場の声が反映していると思われる。この種の計画書に書いてもらえたのは関係者として慶賀すべきことだと感じる」
というものもあり、関係者と思われる、技術的に詳細な記述がされたものも多い。

バランス維持を問われる2足歩行の非合理
スクナビコナは、2足歩行ロボットを実現させる技術についての高さは評価していますが、実はその実用性については疑問を持っています。そのきっかけは漫画『機動警察パトレイバー』。ワイド版で読んだので、12年ぐらい前の話です。

『パトレイバー』は、ロボットテクノロジーの発達によって登場した“汎用多足歩行型作業機械・レイバー”が、建設現場や戦場などで普及した近未来世界を描いた作品。警察がレイバー犯罪、建設用レイバーの飲酒運転やレイバーによる破壊行為などを取り締まるために、汎用2足歩行型・レイバー(通称:パトレイバー)を導入。同機を運用する「特殊車両二課」の隊員たちを中心に、ストーリーが展開していきます。

2足歩行ロボットが大活躍するわけですが、産業技術面へもこだわったこの漫画には、2足歩行の欠点を指摘する場面が出てきます。
メカニックと隊員の会話で、「人間が立った状態でバランスを崩して倒れそうになると、一歩、外へ足を踏み出してバランスをとろうとする。したがって、パトレイバーが街中で民家の間近を歩くのは厳禁。誤って、民家に足を踏み入れて壊してしまわないように、周囲へ気を配る必要がるという下りがある」といった指摘がされます。またレイバー研究の権威という人物が、バランス維持を問われる2足歩行は合理的でないと吐露するシーンもあります。

よくよく考えてみたらその通りで、2足歩行は非常に不安定です。転びかけて、手をつく、足を出すというのはよくあることでしょう。その人間がわざわざ作るものが、2足歩行である必要はありません。
また、人間に立ちくらみ、足を何かに引っ掛けて転ぶということがあるように、全身を電子機器で制御するロボットでも、どこかで不具合を起こす、足を引っ掛けることもあるでしょう。

4足歩行や6足歩行、キャタピラで十分では?
2足歩行は、本体が占有する面積が減らせるために汎用性が高くなるのは確かです。けれども、ロボットが狭小地域に入って作業する重要性がどこまであるのか、熟慮が必要ではないでしょうか?

もし、人間との共同作業中にロボットが倒れ掛かってきたら、骨折程度のケガでは済まないでしょう。
人間に倒れてきてもケガをさせられないようにするには、人間の子どもぐらいの大きさでの軽量化、ロボット側の装甲を壊れやすくする対人傷害軽減ボディーの採用など課題は様々。大病院のない宇宙空間での共同作業となれば、もっとハードルは高くなるはずです。

重要観測データの蓄積、動作記録の蓄積、故障・修理回数の減少を考えれば、転倒事故などロボット自体がダメージを受ける機会は、極力減らさなければなりません。

それならば、そもそも倒れないようにする方が一番。4足や6足歩行でバランスを取り易くしたり、『ガンタンク』みたいにキャタピラ移動にしてしまえば転倒事故は大きく減らせます。

米国が火星探査で打ち上げた無人車・マーズ・エクスプロレーション・ローバーの「オポチュニティ」は、2004年に火星に着陸。NASAが想定した耐用期間の10倍以上が過ぎた2008年現在も性能を維持したまま活動を続け、火星の地質学的な分析を行っています。

↑「オポチュニティ」が送ってきた火星表面の画像

↑無人火星探査機・オポチュニティ

関西独立リーグ分配金問題、5球団代表が新会社設立合意 運営会社の株式会社ステラは撤退

関西独立リーグ分配金問題、5球団代表が新会社設立合意
(毎日新聞 5/23付より)
野球の関西独立リーグの運営会社・株式会社ステラ(大阪市淀川区)が分配金未払い問題で撤退したのを受け、所属する明石、神戸、大阪、紀州と、10年度から参入する三重の5球団の代表者が23日、兵庫・明石公園野球場で対策を協議。新たな運営母体として、紀州レンジャーズの球団代表・木村竹志氏を代表取締役とする株式会社を設立することで合意しました。

紀州レンジャーズの代表取締役社長・竹中則行氏は、問題発覚後に新たなスポンサーとして数社が、各球団に対して名乗りを上げていることを明かした上で、「リーグとして早く資金調達をするためにも、(新会社を)早急に立ち上げたい」と話しており、週明けにも手続きに入るといいます。木村代表は「体制を整え、選手、指導者、フロントが一体となってリーグを盛り上げたい」と語りました。

また、会合の前に行われた全選手、指導者を対象にした説明会では、全球団が選手の給与(月額20万円)を維持することで合意したと発表。神戸9クルーズの小園司投手は「給料がこれまで通り支払われることが確認できたし、今までと変わらず野球に集中したい」と胸をなで下ろしていました。

前運営会社・株式会社ステラによる撤退を伝える文章
ファンの皆様、関係者の方々へ

この度は、関西独立リーグを応援してくださっているファンの皆様、
関係者の皆様に多大なるご迷惑とご心配をおかけいたしまして
誠に申し訳ございません。

株式会社ステラは、この度の騒動における責任を真摯に受け止め、
リーグ運営から撤退することにいたしました。
今後は、現加盟4球団と三重を合わせた5球団が運営事務局を設立し、
リーグ運営を行なっていくことになっております。

株式会社ステラといたしましては、これまで執り行ってきたリーグ運営業務を
すみやかに新しい運営事務局へ受け渡していく所存でございます。

ファンの皆様、関係者の皆様、重ね重ねお詫び申し上げます。

株式会社ステラ
代表取締役 中村 明


「募金活動」「続けられるようで」「試合は予定通り」
「募金活動」「続けられるようで」「試合は予定通り」というニュースを聞き、「資金が集まっていないのだなぁ」と単純に思っていました。が、運営会社撤退という大事になっていたとは、寡聞にして知りませんでした。

関西独立リーグは、前運営会社・株式会社ステラ(大阪市淀川区)がスポンサー料など収支を管理。
6社あるオフィシャルスポンサーの一つ、アサヒビールは今季のスポンサー料はすでに支払い済み。同じくアベストコーポレーションも、スポンサー料は「4月末に振り込み済み」と説明しており、ステラとは連絡が取れない状況にあるといいます。

株式会社ステラを検索すると・・・
気になったので、『株式会社ステラ』(大阪市淀川区)を検索したのですが、中村明氏が代表を務める同社がまったく引っ掛かりません。

検索で出てくるのは、埼玉県のネットワーク構築会社や千葉県のCADシステム開発会社、東京都の人材派遣会社など。しかし、どこも大阪市淀川区の『株式会社ステラ』とは関係がないようで、この会社がどういった会社なのかいまいち見えてきません。

インターネットメディア事業をやっているらしいのですが、ようやく出てきたのは会社概要だけ。
▽会社名・・・株式会社ステラ
▽所在地・・・大阪市淀川区西中島6-2-3
▽運営事務局・・・大阪市淀川区西中島6-2-3
▽最高顧問・・・石毛宏典
▽役員
 代表取締役・・・中村明
 取締役・・・重松和孝、戸嶋泰夫、福岡真理、宮崎保實
 監査役・・・山本章一
▽設立年月日・・・2004年12月1日
▽資本金・・・1,225万円
▽発行済株式総数・・・245株
▽主な事業内容・・・
 インターネットメディア事業(野球SNS「ステラベースボール」運営)
 インターネット広告代理業
 野球の興行
 野球選手の養成、マネジメント業務
 野球教室等イベントの企画、運営
▽ビジネスパートナー
 山本公認会計士事務所
 (株)グッドコラボレーション←中村明氏のコンサルト会社?HPは工事中
 (株)クールヘッド←戸嶋泰夫氏(哉寿男氏?)の介護企業
 (株)石毛企画←石毛宏典氏の会社
 (株)Be You Corporation←石毛宏典氏の会社?
 合同会社プライベートアーツ ←SNSのプロデュース会社?

これはかなりハイリスクですよね?
あくまで運営のみと考えれば、資本金・1,200万円という規模はありえない数字ではありません。認知度もこれからと考えれば、ビジネスパートナーが身内ばかりというのも、なくはないケースです。けれども、非常に心許ない船出であったことは否めません。

同じ独立リーグである四国・九州アイランドリーグと比較すると、ステラの不安定さはよくわかります。
四国・九州アイランドリーグは、設立から5年目で、6チーム(香川、愛媛、高知、徳島、長崎、福岡)が所属。運営会社は株式会社IBLJ。
▽会社名・・・株式会社IBLJ
▽資本金・・・3億6,550万円
▽発行済株式総数・・・9,610株
▽事業内容・・・
 野球の興行
 野球選手の養成、マネジメント業務
 野球教室等イベントの企画、運営
▽株主・・・
 株式会社セイア←プラント・砕石会社
 石毛宏典
 株式会社S.R.Dネットカフェ『funky time』運営
 データスタジアム株式会社←コンテンツ事業
 星企画株式会社←広告企画
 有限会社フラワーマウンテン←書籍小売
 セーラー広告株式会社←ブランドコンサルタント
 帝国製薬株式会社←←湿布、パップ剤の製造販売
 松浦開発興業株式会社←砕石会社
 四国電力株式会社
 JR四国
 岡山放送株式会社
 株式会社ユーセイ・ホールディングス←介護事業

資本金がステラの30倍であるだけでなく、四国・九州の地元企業を株主として勧誘できています。
ホームページが工事中であったり、実態のはっきりしない会社は一つもありません。セイアは明石大橋、中部国際空港、核燃料再処理施設建設工事といった実績を持つプラント・砕石会社。業績推移を公開していた帝国製薬は、昨年末の決算で経常利益は下げていますが売上高は上げています。

経営基盤を考えると、「なぜ株式会社ステラ(大阪市淀川区)の運営で、関西独立リーグをスタートさせてしまったのか?」と首を傾げてしまいます。リーグスタートの背景に「この前『打ち上げる』と言ってた花火、もう打ち上げちゃったよ」という雰囲気を感じます。


◆関西独立リーグ 公式HP
↑ステラのサーバーであるようで、いずれ移転すると思われますが
◆四国・九州アイランドリーグ 公式HP
◆四国・九州アイランドリーグ 株式会社IBLJ概要

第60回オリコン調べ「本」ランキング 今週発売の注目作品:バガボンド、新BJによろしく

第60回オリコン調べ「本」ランキング(5月18日~5月24日)

▽書籍総合
1位(初):モーターファン別冊
 新型プリウスのすべて NO.426(三栄書房)・・・31,277部
2位:世界一の美女になるダイエット(エリカ・アンギャル)・・・27,551部
3位(初):anan特別編集『MR.BRAIN』 PRESENTS
 美人脳エクササイズ(マガジンハウス)・・・19,121部
4位(↑):日本人の知らない日本語(蛇蔵&海野凪子)・・・18,582部
5位:告白(湊かなえ)・・・15,703部
6位:読めそうで読めない間違いやすい漢字(出口宗和)・・・13,305部
7位:映画 ROOKIES―卒業―
 (浜崎達也、いずみ吉紘、森田まさのり)・・・13,073部
8位(初):Come home! 16(私のカントリー編集部)・・・12,476部
9位(↑):パラドックス13(東野圭吾)・・・10,885部
10位(↑):体温を上げると健康になる(齋藤真嗣)・・・10,646部
――今回で60回を迎えた書籍オリコンランキングでも、非常に異色なのが『モーターファン別冊新型プリウスのすべて』の初登場・第1位。HONDA「インサイト」の発売11日間で1万台受注という記録を、発売1週間で11万台受注という圧倒的なスピードで超えたTOYOTA「プリウス」の強さを、改めて感じさせられました。“鉄”の出版界への影響は感じていましたが、自動車はかなり珍しい現象です。
ちなみに、『ポケモン不思議のダンジョン 空の探検隊 公式パーフェクトガイド』が初登場・11位、『モンスターハンターG公式ガイドブック Wii対応版』が初登場・15位でした。



▽コミック
1位(初):天上天下 20(大暮維人)・・・211,569部
2位(初):V・B・ローズ(日高万里)・・・106,159部
3位:FAIRY TAIL 15(真島ヒロ)・・・103,767部
4位:ツバサ 27(CLAMP)・・・95,523部
5位:魔法先生ネギま! 26(赤松健)・・・92,306部
6位(初):執事様のお気に入り 6(伊沢玲、津山冬)・・・89,670部
7位(初):ZETMAN 12(桂正和)・・・78,081部
8位(初):しゃにむにGO 32(羅川真里茂)・・・70,645部
9位(初):しゃにむにGO 31(羅川真里茂)・・・68,527部
10位:BLOODY MONDAY 11(龍門諒、恵広史)・・・67,431部
――2巻同時、初登場ランクインした『しゃにむにGO』は、幕ノ鎌高校テニス部に入った2人の主人公を描くテニススポーツ漫画です。中学男子陸上界のトップ選手だったにもかかわらず、テニス部の尚田ひなこに一目ぼれしてテニスへ転身した伊出延久と、Jr男子テニス界の有名選手だったが、父親に成長の限界を告げられて無名校のテニス部へ入ることにした滝田留宇衣の青春物語。今回の32巻が最終巻となります。
羅川さんの作品では『赤ちゃんと僕』が好きで、たまに読み返しています。



▽文庫
1位:天使と悪魔 上(ダン・ブラウン、越前敏弥)・・・78,227部
2位:天使と悪魔 中(ダン・ブラウン、越前敏弥)・・・68,493部
3位:天使と悪魔 下(ダン・ブラウン、越前敏弥)・・・65,439部
4位(初):鋼殻のレギオス 13
 グレー・コンチェルト(雨木シュウスケ)・・・52,476部
5位(↑):重力ピエロ(伊坂幸太郎)・・・45,230部
6位(↑):隠居宗吾郎 鎌倉河岸捕物控 14(佐伯泰英)・・・40,030部
7位:余命1ケ月の花嫁(TBSテレビ)・・・35,133部
8位:向日葵の咲かない夏(道尾秀介)・・・33,793部
9位:名探偵の掟(東野圭吾)・・・27,873部
10位(初):エンド・ゲーム 常野物語(恩田陸)・・・25,102部
――『エンド・ゲーム』は、『夜のピクニック』『六番目の小夜子』などでも知られる恩田氏の常野物語シリーズの第3弾。膨大な書物を暗記する力、遠くの出来事を知る力、近い将来を見通す力など、それぞれ不思議な能力を持つ常野一族をめぐるファンタジーで、今回は第1弾『光の帝国』で登場した拝島親子を主人公とするスリリングな長編。

◆オリコンランキング(11位以下の書籍ランキングはページ中ほど)


今週発売の注目作:
『バガボンド 30』・・・片田舎の宮本村から「一発武功を立てよう」と関ヶ原の合戦へ出てきた青年が、名のある武芸者や沢庵和尚との関わる中で、剣豪・宮本武蔵へと成長していく姿を描いた成長物語。「吉岡一門・七十人斬り」を生き抜き、天下にその名を轟かせることに成功したものの、剣士としては再起不能の深手を負った武蔵は?

『新ブラックジャックによろしく 6』・・・新人医師・斉藤英二郎を通して、様々な医療問題を取り上げてきた『ブラックジャックによろしく』の19作目。『新』に入ってからは移植医療を取り上げており、今国会で臓器移植法の改正案が審議されている中、「移植医療って何だ?」と考えさせられる注目の作品です。


――――――――――――――――――――――――――
<アマゾンで今週発売の注目作を買う>
バガボンド 30 (モーニングKC)/井上 雄彦

¥560
Amazon.co.jp


新ブラックジャックによろしく 6 (ビッグコミックススペシャル)/佐藤 秀峰

¥580
Amazon.co.jp


しゃにむにGO 32 (花とゆめCOMICS)/羅川 真里茂

¥420
Amazon.co.jp


しゃにむにGO 31 (花とゆめCOMICS)/羅川 真里茂

¥420
Amazon.co.jp


エンド・ゲーム―常野物語 (集英社文庫)/恩田 陸

¥650
Amazon.co.jp


光の帝国―常野物語 (集英社文庫)/恩田 陸

¥520
Amazon.co.jp


蒲公英草紙―常野物語 (集英社文庫)/恩田 陸

¥500
Amazon.co.jp

世界最長のヒロイック・ファンタジー小説『グイン・サーガ』 作者の栗本薫さん死去

世界最長の小説『グイン・サーガ』の作者・栗本薫さん死去
(夕刊フジ 5/27付より)

SF、ファンタジー、伝奇・時代小説、ホラー、ミステリー、耽美、評論など多彩な分野で活躍した女性作家の栗本薫さん(論家名は中島梓)が、26日午後7時18分、膵臓がんのため東京都品川区の病院で死去されたとのことです。

栗本さんは早稲田大学・文学部を卒業し、1977年に評論『文学の輪郭』で群像新人文学賞を受賞してデビュー。翌年、テレビ局内での殺人事件を描いた『ぼくらの時代』が江戸川乱歩賞を受賞して、脚光を浴びる作家となりました。

1979年に始まったヒロイック・ファンタジー小説『グイン・サーガ』は120巻を超えて執筆を続けられ、単一の作家による「世界最長の小説」(版元の早川書房)となりました。そのほかの主な作品に『魔界水滸伝』『絃の聖域』や『伊集院大介』シリーズなどがあります。

栗本薫、中島梓の2つの名前を使い分け、80年代にはテレビ朝日系のクイズ番組「象印クイズ ヒントでピント」にも女性陣のキャプテンとしてレギュラー出演。音楽好きでバンド活動を行い、ミュージカルの脚本、演出も手掛け、多彩な才能を発揮しました。邦楽など伝統文化に詳しく、日常的に着物を愛用したことでも知られます。

1990年に乳がん、2007年末に膵臓がんの手術を受け、自宅療養を続けていました。
しかし、病床でも執筆を続けて、08年夏には闘病記『ガン病棟のピーターラビット』を刊行。その後、肝臓への転移が見つかり、病状が悪化する中、ホームページでは「からだのきくうちにやりたいことをすべてやっておきたい、と切実に思っています」など心情を吐露していました。

“世界最長”の金字塔を打ち立てた豹頭の戦士・グインが活躍する『グイン・サーガ』は、第1巻『豹頭の仮面』が刊行されてから30年、最新刊は126巻という超大作。今クールからは、BS2でアニメが放送されています。
オリコンが書籍ランキングを始めたのは2008年4月3日のことでしたが、第3回ランキングで『グイン・サーガ120 旅立つマリニア』が初登場・第3位。以降、最新の『グイン・サーガ 126 黒衣の女王』まで、7巻すべてが必ず初登場でトップ10入りするという人気作品であり、通算トップ10入り回数は14回に上っています。

栗本薫さんは、すでに今年刊行分の原稿は書き終えていたとのことですが、4月下旬には「小説をなんとかしなくては」とつづり、もどかしさも見せていました。

麻生首相「敵基地攻撃、法的に可能」 法的にはそうでしょうが、自衛隊に作戦実行能力はない(3)

もし、日本が防衛費を6倍にすると・・・国際編
それは、北朝鮮にとって“新たな”脅威があらわれたということを示し、北朝鮮の軍拡をあおる要因となります。
金正日総書記のブレーンであれば、「日本は、国内外世論で簡単には動けないだろうが、その気になれば『弾道ミサイル』も『航空攻撃機』も増産できる。『核弾頭』でさえすぐに実用化するだろう」ということは想定しているでしょう。そこへ日本の防衛費6倍という情報が入れば、日本の軍事的脅威に対する抑止力として、北朝鮮の核開発は一層進むでしょう。

また、中国、ロシアにとっても、日本の自衛隊が敵基地攻撃能力を保有することは、おもしろい話ではありません。
特に中国は、「日本が軍国主義に目覚めた」と猛烈な反発を示し、日中間の経済問題を含めた国際問題として、阻止にくるでしょう。同じく“日本帝国軍”による侵攻経験がある東南アジアと連携して、経済封鎖に打って出るかもしれません。

米国は、日本の自衛隊員を戦地へ引っ張りだす口実ができたと喜ぶかもしれません。が、相対的に極東における米国軍の存在感が薄くなり、米国軍による抑止力が弱まることをおそれて、婉曲的な牽制はしてくるでしょう。

もし、日本が防衛費を6倍にすると・・・国内編
共産党、社会民主党の「戦争ー、反対ーっ!」というデモが起こるのは間違いないとして、なかなか難しいのが在日朝鮮人の方たちの立場です。

敵基地攻撃の標的は、北朝鮮。日本人のことですから、北朝鮮との関係が悪化すればするほど、敵基地攻撃の実行ともなれば、在日朝鮮人の方たちへの中傷は激しいものとなるでしょう。

同じ在日朝鮮人でも、このままの北朝鮮で良いという人もいれば、これ以上の国際的孤立はやめて欲しいという人もいれば、拉致事件の被害者に同情している人もいれば、緩やかに南北統一がなされればという人もいて様々です。
けれどもそのようなことは関係なく、一律に「在日」として虐待するでしょう。それこそ、関東大震災のときに起きた日本人による在日朝鮮人虐殺事件「本庄事件」のような、苛烈なものになるかもしれません。

ミサイル1発を撃ち込むめば戦争 戦争は収拾する実力がいる
つい先日、スリランカ政府軍が反政府武装組織「タミル・イーラム解放のトラ(LTTE)」を武力で壊滅させました。また昨年・8月には、ロシア軍によるグルジア侵攻がありました。

両国に共通しているのは、その“戦争を終結”させる確信と実力があったということです。
スリランカには、LTTEとの間についた圧倒的な戦力差という根拠がありました。ロシアには、米国は牽制はしてきても戦端を開くことはないし、地中海を抜けて黒海まで出てくる米国に比べて、グルジアと地続きで戦車を自由に投入できるロシアの方が圧倒的に有利という根拠がありました。

一方、米国は、アフガニスタンとイラクで戦争を続けていますが、未だに終結させられていません。それぐらい、「ミサイル1発を撃ち込む」ということは大事です。

日本にそのような外交力があるのでしょうか?
実動する自衛隊に、それだけの力を持たせてきたでしょうか?

「敵基地攻撃ができる力を持て」とは、いかにも景気よく豪快に聞こえますが、それだけのこと。国際的な軍事バランスも、自衛隊の実情も知らずに口にするのは、政治家としてあまりに無知、軽率であり無責任です。

■世界の配備核総数(SIPRI年鑑 2008年1月)
▽ロシア・・・・・・・・5189
▽米国・・・・・・・・・4075
▽フランス・・・・・・ 348
▽英国・・・・・・・・・ 185
▽中国・・・・・・・・・ 176
▽イスラエル・・・・・  80
▽インド・・・・・・・・・  60~70
▽パキスタン・・・・・  60
※SIPRI=ストックホルム国際平和研究所



(了)
――――――――――――――――――――――――――
09/05/29 追記
■まず、今回の記事の根幹は、専守防衛が第一で、ずっと敵基地攻略を本気では想定しない自衛隊でやって来たにも関わらず、軽々しく「敵基地攻撃」を口にする政治家批判にあります。
現場の自衛隊員には、「よし、日本を守るために頑張ろう」というよりも、「あなたたち政治家は“言えば”済むが、戦うのは我々自衛隊員だ」という思いしか抱かせないでしょう。

■日本の持っている敵基地攻撃能力が“ゼロ”と言っているわけではありません。
仮に、北朝鮮のミサイル基地が10カ所であれば、航空攻撃機94機では戦力が足りないという趣旨です。

■確かに防衛費6倍というのは極論でした。その点は算出の手抜きであり、誤りであったと思います。

ただし、航空攻撃機・500機の調達費、攻撃機の格納施設建設費、攻撃機・500機を運用するパイロットの養成費、新たな統制システム構築費といったもろもろの費用。
さらに、不完全でも北朝鮮は核弾頭を載せて撃ってしまえる状態にあり、日本が準備にかけられる時間は1年と言わないまでも、相当に限られていること。
そこで、扇動的と思いつつ出したのが、防衛費・6倍という数字。

■中国主導によるアジア圏による対日本経済封鎖も、言葉足らずでした。
「反日感情」に加えて考慮すべきものとして、パートナーとしてどちらがより望ましいかという「国益問題」が絡むと考えています。

人口減少に転じた日本と、まだまだ内陸部に巨大な成長マーケットを抱えている中国。
高価な高付加価値製品を売り込む日本と、そこそこの値でそこそこの製品を売り込む中国。
自国の労働者に高付加価値製品製造能力を求める日本と、そこそこの製品製造能力を求める中国。

国際問題は、常にそうした経済状況を含めた問題。そこまで考慮した上で、日本による北朝鮮への「敵基地攻撃」の賛同は得られる確信があるのか。日本が国際社会で孤立しないという確信があっての敵基地攻撃発言なのか。

麻生首相「敵基地攻撃、法的に可能」 法的にはそうでしょうが、自衛隊に作戦実行能力はない(2)

『北朝鮮ミサイル基地 攻撃作戦』、仮に基地が10カ所なら・・・
日本に国民にも秘密のスパイ養成機関があれば別ですけれども、基本は、大がかりな先行特殊偵察部隊の潜入となるでしょう。

先行特殊部隊を米国の武装偵察部隊の編成をもとに割り出してみます。
行動の最小単位は2名で、4~6組をまとめて1個小隊とします。12名で1カ所の基地を特定するとなると、仮に基地が10カ所だとしても北海道の1.5倍の面積から見つけるわけですから、12名×10カ所を2倍に抑えても240名は必要な計算になります。

今日の日本にも、陸上自衛隊に300名からなる「特殊作戦群」という部隊があるため、偵察はクリアできるかもしれません。

もっとも問題なのは、基地攻撃の実行可能性
問題は、基地攻撃の実行可能性です。

有効なのは、弾道ミサイルによる直接攻撃か航空爆撃機もしくは航空攻撃機による爆弾投下ですが、弾道ミサイルと爆撃機を自衛隊は保有していません。

赤外線式誘導爆弾を積める航空攻撃機については、「支援戦闘機」という呼称で『F-2』が配備されていますが、練習機を含む予定配備数・94機が揃うのは2011年の予定。
しかし、飛行隊の基本行動単位は20機であり、すべて編成しても4個飛行隊が限界で圧倒的に数が足りません。基地攻撃は、相手の基地が完全沈黙するまで攻撃継続が必要です。20機×10カ所の3倍で600機はいりますが、日本の保有機数は6分の1にも届きません。

航空戦闘機は『F-15』など290機保有していますが、戦闘機の役割は制空権の確保。相手国の航空機を打ち落とす機能しか持ちません。よって、地下基地への攻撃が必要な『北朝鮮ミサイル基地 攻撃作戦』では、『F-2』が無事に敵基地上空に辿りつく支援しかできません。

海上自衛隊の護衛艦から打てるミサイルの動員も考えられなくはないでしょうが、護衛艦のミサイルは、軍艦対軍艦による戦闘やミサイル迎撃を想定さているもの。地上または地下にあるミサイル施設攻撃に対する有効性は、かなり疑問です。

殊に、基地攻撃の実行については、絶望的だと考えられます。

この軍事バランスは、16年にわたって国防委員会委員長、朝鮮人民軍最高司令官という北朝鮮の軍事のトップに君臨してきた、金正日総書記にも当然分かっていることです。だからこそ、「米国との直接交渉」であって、日本のことなど気にも止めません。

だって“専守防衛”だもの
自衛隊は、攻撃を受けたときに日本を守る“専守防衛”を根本思想としています。したがって、敵基地攻撃に必要な能力を持っていないのは当り前です。

アレルギーを感じる方も多いと思いますが、元自衛隊航空幕僚長・田母神氏が「日本は、弾道ミサイルを保有すべき」など過激な発言をする背景には、「自衛隊には敵地攻撃する能力がない。しかし、ひと度、そのような事態に陥れば、作戦は完遂しなければならない。日本本土を戦闘地域にしないためにも、絶対に失敗は許されない。だから、成功させられる力を与えてほしい」という、戦場へ隊員を送りだす総責任者、自衛隊トップとしての責務。長年、その責務に耐えて、叩き上げてきた信念があるわけです。

かといって、今の日本が防衛費をいきなり6倍にすることは不可能です。そこには、高度な国際政治問題が絡んできます。


「麻生首相「敵基地攻撃、法的に可能」 法的にはそうでしょうが、自衛隊に作戦実行能力はない(3)」に続きます。

麻生首相「敵基地攻撃、法的に可能」 法的にはそうでしょうが、自衛隊に作戦実行能力はない(1)

麻生首相「敵基地攻撃、法的に可能」
(時事通信 5/26付より)
麻生太郎首相は26日夕方、首相官邸で北朝鮮への対応について記者団に回答。北朝鮮のミサイル発射基地への先制攻撃を想定した敵基地攻撃能力について「一定の枠組みを決めた上で、法理上は攻撃できるということは昭和30年代からの話だ」と述べ、法的には可能との認識を示しました。ただし、能力を保有すべきかどうかには言及しませんでした。

自民党内には、北朝鮮の核実験を受けて攻撃能力の検討を促す声が出ていますが、首相の発言はこうした動きを後押しすることになりそうです。 

対北、制裁強化要求へ 自民党では「敵基地攻撃能力」促す声
(時事通信社 5/25付より)
自民、公明両党は25日、「与党北朝鮮核実験・ミサイル問題対策本部」の初会合を26日に開き、北朝鮮の核実験を受けた対応を協議することを決定。先月の弾道ミサイル発射に続く北朝鮮の挑発的行動に、与党内からは日本独自の制裁措置の強化など、断固とした対応を政府に求める意見が強まっています。

自民党の細田博之幹事長は25日の党役員会で、「断じて許すことはできない。日本独自の制裁や(北朝鮮を非難する)国会決議の早急な検討が必要だ」と指摘。公明党幹部も「無法者を野放しにはできない。日本としての意思表示が必要」と同調しています。

北朝鮮が今後、弾道ミサイルに核弾頭を搭載する能力を保有した場合、日本への脅威は飛躍的に高まることになります。
自民党の安倍晋三元首相は同日、福岡市内で記者団に「ミサイル発射基地を攻撃する能力について具体的に検討していくことは当然だ」と述べ、政府・与党内で論議を急ぐべきだとの考えを表明。同党の中谷元・元防衛庁長官も取材に対し、「敵基地攻撃能力を検討する時期だ」と語りました。


法的にはそうでしょうが、自衛隊に作戦実行能力はない
「日本を戦争ができる“普通の国”にしたい」という立場を採る人たちには、非常に受けがよい話でしょう。が、いまの日本の自衛隊に『敵基地攻撃』を実行する能力はありません。

具体的に、『北朝鮮ミサイル基地 攻撃作戦』を想定してみましょう。

北朝鮮が日本を射程としているミサイルは、先日の実験で日本上空を飛び越えて行った長距離ミサイル「テポドン」ではなく、中距離ミサイル「ノドン」。米国などによると、ノドンミサイルはすでに320基が実戦配備されていると見られています。

現状を北朝鮮側から見ると、ノドンミサイル・320基のうちのどれに核弾頭を積んでも構わないという状態です。一方の日本側から見ると、北朝鮮基地攻撃後、北朝鮮の反撃能力をゼロにしなければ意味がないため、320基のノドンミサイルすべてを破壊した上で、射程を縮めて使われないようにテポドンミサイルの全破壊も作戦に組み込む必要があります。

しかしこの作戦を完遂する能力が、今の自衛隊にはありません。

12万平方キロメートルの北朝鮮で、すべての基地を見つける難しさ
『北朝鮮ミサイル基地 攻撃作戦』を成功させるには、攻撃対象とする敵基地の位置を正確に把握するべく、まずは「先行特殊偵察部隊」を潜入させることから始まります。その偵察対象は、米国などから隠し通せている基地もあると見られるため、12万平方キロメートル(=北海道の1.5倍)の北朝鮮全土。

日本が投入する先行特殊偵察部隊は、北朝鮮側に気付かれることなく北朝鮮国内に潜入。北朝鮮政府による北朝鮮国民への監視体制が行き届いている中で、基地の場所を把握する偵察行動を遂行することになります。
北朝鮮側に見つかれば、北朝鮮にミサイルの発射ボタンを押されてしまうため作戦は失敗。非常に高度な隠密作戦です。

しかも、基地は、ほぼ同時的に見つけなければなりません。偵察部隊の投入量を増やせば同時発見の可能性は高くなりますが、それだけ潜入の規模が大きくなって難しくなります。
少数精鋭で潜入して偵察に時間をかけるという手段もありますが、行動時間が長くなるとやはり北朝鮮に見つかる可能性が高くなります。一般的には、北朝鮮市民に溶け込む諜報員(いわゆるスパイ)を入れるわけですが、この場合は一挙手一投足まで完璧に北朝鮮人へ仕立て上げる「スパイ養成機関」が前提です。


「麻生首相「敵基地攻撃、法的に可能」 法的にはそうでしょうが、自衛隊に作戦実行能力はない(2)」に続く

裁判員参加で「人を裁くこと」について、宗教家の間で戸惑い キリスト教と源流が異なる陪審制度

裁判員参加で「人を裁くこと」について、宗教家の間で戸惑い
(神戸新聞 5/26付)
裁判員制度が始まり、宗教家の間で戸惑いが広がっている。「人を裁いていいのか」という悩みのほか、死刑判断に加われば、思想信条や教えに背くのではないかとの不安があるからだ。一方、市民に宗教家の意思を示せる好機ととらえ、積極的に参加すべきだとの意見も出ている。(三島大一郎)

「裁判員になるのは、やめたほうがいい」。兵庫県内で牧師を務める男性(62)は、裁判員候補者の名簿に掲載されたと通知を受けたとき、牧師仲間から忠告を受けた。

男性自身は「キリスト教は裁判所の存在を否定しておらず、犯した罪の大きさに応じた罰を判断することに問題はない」と前向きに考えているが、聖書には「人を裁いてはならない」「殺してはならない」との言葉があるからだ。男性は「裁判員制度に否定的で、死刑廃止を強く訴える牧師や信者は多い」と話す。

今年2月、カトリック中央協議会が開いた勉強会で、裁判員になることは教会法が禁止する「聖職者の国家権力行使への参与」の規定(カトリック教会法典・285条・3項)にも抵触するとの指摘が出た。

カトリックの大勢は死刑制度に否定的だ。カトリック大阪大司教区の池長潤大司教は「裁判員になることや死刑を判断することは、国家権力の行使への参加に当たる」と危惧する。

ただ、教会法には「各教区の司教判断で、許可できる」との規定がある。そのため同協議会は、信徒、聖職者向けの指針となる文書を作成するという。池長大司教は「指針を踏まえ個人で判断してもらう。今後、裁判員制度がいいものか、悪いものかを検討することが必要」としている。

仏教界でも同様の議論がある。浄土真宗本願寺派兵庫教区教務所によると、裁判員制度への統一見解はないが、「人の善悪や死刑のような命にかかわる判断はできない」との意見を持つ僧侶は多いという。

同教務所は「現実には死刑が存在するため、受刑者や被害者らをいかに支えられるかを考えることが大切。裁判員になり、死刑について話をするほうがいいのではとの意見も出ている」と説明する。

浄土真宗の中で死刑制度に反対している真宗大谷派。同派幹部は「裁判員に選任されたら、真宗門徒として死刑判決は出さないという態度が大切だ」と語る。


宗教家は、そのように考えるのか・・・
「宗教裁判は、国家ではなく教会が裁くから是なのか?」という疑問も浮かびましたが、聖書の「人を裁いてはならない」「殺してはならない」をどのように捉えているのかを見る上で、よい記事だと思ったため取り上げてみます。

公判の先にある刑罰の話。死刑制度については1997年に前ローマ法皇・ヨハネ・パウロ2世が、「信仰の遺産」の集大成としてまとめた『カトリック教会のカテキズム』で触れています。

『教会の伝統的な教えによれば、違反者の身元や責任が完全に確認された場合、それが不当な侵犯者から効果的に人命を守ることが可能な唯一の手段であるならば、死刑を科すことも排除されていません』(2267番)

ヨハネ・パウロ2世は、「絶対的に必要な場合、言い換えれば他の方法では社会を守ることができない場合を除いては、犯罪者を死刑にする極端な手段に訴えるべきではない」としています。実際、1998年のクリスマスメッセージ、1999年12月12日の「お告げの祈り」の場において、全世界へ死刑廃止を訴えてもいます。

国王との闘い、本国との闘いで定着した陪審制度
では、市民の司法参加である陪審制度について、キリスト教はどのように考えているのでしょうか?

歴史的には、陪審制度の起源は、英国国王に国王権限の制限を認めさせた1215年の『マグナ・カルタ』にあると評価されています。当初の陪審員は裁判の証人という役割を担っていましたが、議会政治が確立した17世紀ごろからは、苛酷な刑罰からの被告を守るという役割を持つようになっていきます。

英国の植民地であったアメリカでも陪審制度は継承されますが、その性質は英国から植民地人(後のアメリカ合衆国国民)を保護するというものでした。
英国の植民地時代のアメリカでは、英国国王の任命した検察官が訴追を行い、国王が任命した裁判官が裁判を行うことになっていました。公判では陪審員だけが同じ植民地人であり、被告人となった植民地人側の立場から事件を見られる唯一の存在でした。

往々にして冤罪は偏見によって生まれるもの。反英国の立場を採ったがために罪人にされた同朋を救うためにも、陪審制度が必要だったわけです。

こうした経緯から現代における陪審制度は、「権力や体制に対する抑制機能」「裁判への市民の常識や価値観の反映」「人民による統治を確立する民主主義の一貫」と位置づけられるようになります。

英米法の流れにある国では、陪審制度を許容
刑事法には、大きく“英米法”と“大陸法”という二つの流れがあります。が、陪審制度を導入しているのは、現状、英国や米国など“英米法”の流れにある国だけです。

英国はイギリス国教会、米国はプロテスタント系と、共に近代合理主義の苗床となった教派。あくまで世俗的な権利問題の解決と捉えられているのか、「キリスト教の信徒でもあり、国家の国民でもある自分たちは国民としての義務も果たすべき」とされているのか、キリスト教徒も陪審員として参加しています。

宗教との関わりでは、神に嘘をつかないことを誓う『宣誓』という形で出てくる程度。
保守的なキリスト教徒が、その敬虔さゆえに偏見を含む審判を下してしまうケースが社会問題となることはあります。が、そうした事態は個人の考え方の問題であって、「教会と裁判の関係」では捉えられないようです。

一方、ヨーロッパなど“大陸法”の流れにある国には陪審制度がないため、カトリック教会がどのように捉えているのかははっきりしません。

【読売調査】「漢検」利用見直しの学校3割、6割以上は継続 ・・・徳と才を分けて「唯才是挙」!

【読売調査】「漢検」利用見直しの学校3割、6割以上は継続
(読売新聞 5/25付)
財団法人「日本漢字能力検定協会」の一連の問題で、これまで漢字検定を入試や授業に取り入れてきた大学や高校、小中学校のうち、読売新聞が全国の87校を抽出して実施した調査の結果、約3割で利用を見直す動きがあることがわかった。

「資格の信頼性が失われた」「保護者の反発が強い」などが主な理由だ。一方で、6割以上が、「漢字検定そのものは有益」として、継続する方針。前理事長の大久保昇容疑者(背任容疑で逮捕)らが役員を辞任して新体制となった協会は、学校現場の<漢検離れ>を食い止めようと躍起だ。

全国の小中高校では団体で受検をしている学校も多く、協会のホームページによると、1000以上の大学・高校などが入試で評価の対象としている。

読売新聞社が、漢検を利用している全国の小中高校など87校について、4月末から5月中旬にかけてアンケートを実施したところ、26校(29.9%)が団体受検や単位認定などについて、今年度から見直すと回答した。

理由について、福岡女学院中高は「少なくとも今年度は、これだけ問題が明るみに出た検定を学校として行うわけにはいかない」とし、鳥取・米子松蔭高は「検定自体は問題視していないが、逮捕直後だけに会場提供は控えたい」という。単位認定や入試評価の対象外とした滋賀・綾羽高は、「社会的通念から、今の段階では生徒に受検を義務化できない」とする。

これに対し、55校の学校は漢検の利用を継続する方針を示した。東京・大成高は「協会が体質改善に向かっている。ここで水を差す必要はない」と協会の改革に期待の声をあげ、大阪・同志社香里高も「推移を見ながら結論を出すが、頑張ってきた生徒がいると思うと、簡単にはやめることはできない」とする。

漢字検定は、協会が発足した1975年から毎年実施。現在は年3回、全国の会場で行われており、昨年は過去最高の289万3000人が受検した。今年6月21日に予定されている検定について、協会は、前年同月比3割減となる見通しを明らかにしているが、鬼追明夫理事長は、「前理事長と前副理事長の事件により、受検者は失望や怒りを感じているだろう。そんな中、多くの学校が受検を継続してくださることに感謝している」と話す。


『漢検問題』は、あくまで大久保昇容疑者の資質問題
検察が動いた『漢検問題』は、あくまで“財団法人経営者”として大久保昇前理事長は「是か? 非か?」という問題です。決して、『日本漢字能力検定試験という試験システム』に汚点があったわけではありません。

もし、これが「小学校3年生相当としている8級の試験に、中学校卒業相当とされる3級の問題が混入すること数十回」。他の級でも同じようなことが繰り返され、受検者からのクレームも頻発していながらも改善されなかったとしたら、試験システムの汚点です。
そのような試験システムは、早急に“市場”から退出させる必要があります。また漢字の学習度を確認できることをうたう“日本漢字能力検定”という名に反するとして、すべての検定料は不当利得として返還されるべきでしょう。

しかし、今回の『漢検問題』はそうではありません。大久保・前理事長の“徳”と、日本漢字能力検定試験の“才”は分けて考える必要があります。

3割“も”利用見直しとは、何たる潔癖症・・・
学校は教育のプロであり、「日本漢字能力検定“試験”」が漢字教育にとって有意であるということは見抜いているはずです。

京都の一学習塾で「英検があるなら漢検があってもいい」という塾講師たちとの会話からスタートしているだけあって、子どもたちの学習過程に沿うようによく出来ています。
10級は小学校1年生、9級は小学校2年生、8級は小学校3年生、・・・3級は中学校卒業、準2級は高校在学、2級は高校卒業、準1級からは大学・一般でJIS第一水準、1級はJIS第二水準と、履修していく順番にきちんと沿っています。

さらに毎年3回ある検定のうち第3回は2月実施となっており、学校スケジュールとも一致。「この1年で、漢字をどれだけ覚えられたか?」を試す上で、日本漢字能力検定試験は申し分ありません。

にもかかわらず、3割も利用見直しとは何たる潔癖症。「医術ができても儒学がダメなら出世は無し」という、まるで紀元前後の中国大陸を支配した儒教大国・漢王朝のような論理です。

大久保・前理事長の逮捕は、『漢検』成長の好機
大久保昇前理事長の逮捕によって、「日本漢字能力検定」は名実ともに大久保昇前理事長個人の手から離れました。

これは“市場”にとっては好機です。なぜなら、今後は大久保・前理事長個人の利益とは関係なく盛り立てていくことができるからです。
それこそ本当に『英検』を目指し、日本へ留学に来た外国人が日本語の習得状況を計るために受けるぐらいの試験システムへ、育て直すチャンスが巡ってきたわけです。不況で資格取得へ注目が集まる中、『漢検』事業はもっと成長させられるかもしれません。

ここで大久保・前理事長の逮捕を理由に『漢検』を衰退させてしまったら、いよいよ「『漢検』は大久保昇氏の私物だった」と証明するようなものです。

『漢検』という“才”の良し悪しを、大久保・前理事長の“徳”の有無と混ぜて評価するのは明かな誤りです。どんなに人望を失った人の仕事であっても業績は業績であり、どんなに人気のない生徒が取ったものであっても100点満点は100点満点です。

儒教的道徳にしばられた後漢の時代において、激しく人材を求めた曹操の『求賢令』にならって「唯才是挙」と考えるべきではないでしょうか?

――――――――――――――――――――――――――
関連記事
◆受検者670人から272万人へ、清水寺で「今年の漢字」 成長の影で理事長親子の“専制”進む(09/2/10)
◆『漢検協会』の問題は利益ではなく理事長の私物化 官僚発表でマスコミのフォーカスはずれっ放し(09/2/10)

先週のニュース(5/18-5/24)インフル対応に追われた一週間、三洋が世界最高の太陽電池開発

先週のニュース(5/18-5/24)インフル対応に追われた一週間、三洋が世界最高の太陽電池開発

5/24 三洋電機が太陽電池の発電効率、世界記録更新 太陽光発電パネルの発電効率・20%台をめざす(後編)

5/24 三洋電機が太陽電池の発電効率、世界記録更新 太陽光発電パネルの発電効率・20%台をめざす(前編)

5/23 麻生首相、経済財政諮問会議で「厚労省分割の検討を指示」 何でもかんでも舛添さんよりはマシ?

5/22 「新型インフルエンザ」感染拡大問題 そういえば、ヨーロッパでの拡大はあまり聞きませんよね?

5/21 最高裁が「量刑の考え方」作成 ・・・「市民感覚」を入れる裁判員制度の本旨に反しないか?

5/21 第59回オリコン調べ「本」ランキング 今週発売の注目作品:パタリロ、クッキングパパ

5/20 WHO発表、新型インフルエンザ感染者数・1万人突破 いよいよ東京にも新型インフルエンザ上陸

5/20 インフル便乗、タミフルを薬価の4~5倍で売るサイト ニセ薬を売る悪質業者の可能性も
↑駅前で、マスクを売り込む青年に会いました。小声で声をかけてきた姿に「アホやなぁ。客が怪しんで、引くことを想像できへんの?」とは口にせず、「いりません」と断りました。もう、まるで覚せい剤でも売ってるかのような怪しげな雰囲気でした。
あの青年。もし、大声で爽やか快活に「ただいま品薄のマスク!マスクありますよ!! インフルエンザ対策にマスク!マスク買いませんか!!」と、バナナの叩き売りかガマの油売りみたいに宣伝したら、飛ぶように売れていたはずです。楽しく買ってもらうこと、これは小売の鉄則です。
声を張り上げて売っていたらいたで、警察官に声をかけられるかもしれませんが・・・

5/20 国内初の『新型インフルエンザ』感染を見抜いた神戸高校校医 念のため頼み込んだ検査だった

5/19 ソフトバンクとauのソーラーケータイ対決 docomoはGoogleケータイとエヴァ仕様機を投下

5/19 兵庫県の学校休校で、進学塾・予備校も大半休校へ ・・・兵庫県の小中高生の夏休みは1週間短縮?
↑姫路市は、8月の登校日を5日間増やして対応するそうです。
ということは学校ごとにバラバラ? 登校日が決まるまで、家族旅行とか計画立てられないということでしょうか。7月で5日間短縮とか、8月の終わりで5日間短縮の方が分かり易いのに・・・

5/18 販路拡大をめざす兵庫の農作物 “農商工連携”新商品が続々、集落営農専門書出版

――――――――――――――――――――――――――
↓Googleでもっと調べる↓




Google




三洋電機が太陽電池の発電効率、世界記録更新 太陽光発電パネルの発電効率・20%台をめざす(後編)

前回は、三洋電機の世界記録を更新した太陽電池に対する『フジサンケイ ビジネスアイ』の意見が、「近視眼的意見」ではないか? という問題提起をしました。

【予報図】 ■基準統一、消費者の混乱回避(佐藤克史)
太陽光発電装置は、国が設置時の補助金制度を3年ぶりに復活させたほか、東京都など自治体も独自の補助金制度を始めるなど、“ダブル補助金効果”で追い風が吹いている。一般住宅向けでは、2009年度は前年度を60%以上上回る10万件弱の設置が見込まれている。

一躍、有望市場になったことで、メーカーによる販売競争も激しさを増している。
三洋電機は国内生産量でシャープ、京セラに次いで3位。4位の三菱電機が追い上げる中で、低価格を武器に中国の太陽電池メーカー、サンテック・パワーが日本市場に参入するなど攻勢をかけており、商品の品質面での優位性を打ち出す必要に迫られていた。

今回の技術革新の量産化は数年後だが、高い技術力を誇示することが消費者へのブランド力アピールにつながるだけに、国内メーカー間では、方式の違いを利用し、それぞれが変換効率について「世界最高」「業界最高」とアピールしている。消費者の混乱を回避するためにも、基準作りが求められている。


スクナビコナにとっては、「これが、産業ニュースを強化した『総合ビジネス金融紙』の意見?」と、目を疑う意見です。
確かに、VHSとベータ、ブルーレイと次世代DVDなど、製造メーカーの“規格争い”に消費者が振り回された歴史は幾つもあります。ベータを掴まされた、次世代DVDを掴まされたという苦い経験からすれば、基準統一で消費者の混乱を防ぐというのは、一つの採りうる立場でしょう。

しかし「太陽光発電パネル」とは、晴天、曇天、雨天で発電量が変わり、夜には止まってしまう発電設備です。これは雲の上で太陽光発電パネルを展開しない限り、克服できません。

こうした太陽光発電の弱点による影響を少なくするには、梅雨の時期でも、安定した発電量を確保すること。技術的には「発電効率の向上」をめざすこととなり、三洋電機をはじめとした各メーカーの製品開発競争は、まだまだ奨励されるべき段階ではないでしょうか?

そもそも家庭にとって、太陽電池の発電効率が上がるということは太陽光で賄える電力量が増えることであり、より性能が良い太陽電池が出てきても損はありません。「パソコンを買ったら、もっとCPUが速くてメモリも大きい製品が出た」「自動車を買ったら、もっと燃費がいい車種が出た」という話と同じことです。
新しい太陽電池がつくるのも、古い太陽電池がつくるのも「同じ電気」であり、発電効率の違いを消費者の混乱へ結びつける論理自体が誤りでしょう。

太陽電池が開発途上にある技術であることは、電力会社の動きからも見えてきます。

太陽光発電、大量導入へ実証実験 電力10社、全国規模で
(日経新聞 5/22付)
太陽光発電の大量導入に備え、電力10社は太陽光発電が送電網に与える影響を調べる全国規模の実証実験に乗り出す。
2030年までに現在の40倍の太陽光発電導入を目指す政府目標を達成するには、送電網の技術革新が必要とされる。天候変化による太陽光発電の出力変動、送電網への負荷などを検証し、再生可能エネルギーと共存可能な電力系統の開発につなげる。

実証実験は3年間で総額14億円。国が半額を補助する。各電力会社の営業所などに設置した太陽光発電施設111カ所(出力合計1500キロワット)をつないで出力を1秒単位で計測。システム全体の出力がどう変動するかを調査する。

太陽光発電は天候によって出力が変動し、電力品質に影響するとされる。しかし、日本全体の太陽光発電設備を合計すれば変動は相対的に小さく、電力品質への影響も限定的になる「平滑化効果」がある。全国規模の実験によってこの平滑化効果を調べ、蓄電池容量がどの程度必要になるのか、太陽光発電の変動を補完する電源がどの程度必要かなどを評価する。


太陽光発電パネルが既に基準統一できるような完成された製品なのであれば、電力会社が「平滑化効果」を調べ、必要とされる「蓄電池容量」や「太陽光発電の変動を補完する電源」を評価する実証実験など省略するはずです。なぜなら、太陽光発電パネルを設置する初期投資(イニシャルコスト)は大きいでしょうが、設置してしまえば中東などからの石油仕入量は減り、ランニングコストの大幅削減が期待できるからです。

産業ニュースを強化した『総合ビジネス金融紙』に期待される意見としては、
「三洋電機が、シャープの国内1位の牙城を崩せるのか?」
「外国市場へ売り込みをかけ、外国での売上高を伸ばせるか?」
「三洋電機を買収するPanasonicの企業価値はどうなるか?」
「太陽電池の性能限界はどこか?」
といった話でしょう。

ちなみに、後日、こんな記事を見つけました。太陽光発電パネルにも、自動車のような中古市場ができていくかもしれません。
『ビジネスアイ』の記者さん、勉強・取材不足です。
25年前の太陽電池、まだまだ現役 性能落ちず中古販売
(朝日新聞 5/25付)
25年前に作られた太陽光発電パネルが新品の8割以上の発電性能を持つことがわかり、太陽電池の中古販売を手がけるネクストエナジー・アンド・リソース(長野県駒ケ根市)が売り出した。四半世紀前の型でも実用には十分耐えることから、太陽電池のリユースに弾みがつきそうだ。

↑「再々利用」される25年前に製造された太陽電池

このパネルは、和歌山県の遊園地「白浜エネルギーランド」の施設改修に伴って回収された。計1700枚あり、89年12月から09年2月まで使われた。その施設に設置される前にも静岡県内で利用されており、今回、「再々利用」されることになる。

国内メーカー製で、製造時期がわかるものには「1983年12月」と記載があった。性能を調べたところ、パネルの9割以上が新品の80%以上の発電性能を保っていた。性能確認を終えたパネルは、1枚数千円で販売されるが、最初に売り出した400枚が完売するなど、好調な売れゆきだという。

太陽電池は国の補助制度により90年代から住宅への普及が進んだが、長期間の使用はまだ少ない。新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)が86~01年に神戸市で耐久試験を行い、7割のパネルに新品の90%以上の発電性能を確認した。今回のパネルは、それより長く使われているものだ。ネクスト社の担当者は「古いからと捨ててしまうのはもったいない。中古でも使えるということを知ってほしい」と話している。(小堀龍之)

――――――――――――――――――――――――――
関連記事
◆2008年の太陽電池生産量は京セラ29万kW、三洋電機20万kW 12年の世界需要は700万kWへ(09/5/4)
◆普及進む住宅用太陽光発電、兵庫の申請数近畿1位 失われた2年を取り戻せるか?(1)(09/4/28)
◆普及進む住宅用太陽光発電、兵庫の申請数近畿1位 失われた2年を取り戻せるか?(2)(09/4/28)
◆「宇宙太陽光発電」を実証実験へ、政府の宇宙基本計画案 ガンダム00の世界へ一歩近づく?(09/4/3)
◆経産省が太陽電池普及の後押し「導入家庭へ20万円補助」 外国企業の侵攻に日本メーカーは勝てるか?(08/10/24)

三洋電機が太陽電池の発電効率、世界記録更新 太陽光発電パネルの発電効率・20%台をめざす(前編)

三洋電機 太陽電池の発電効率で世界記録更新
(フジサンケイ ビジネスアイ 5/23付より)

三洋電機は22日、太陽光発電パネルの主要部品である太陽電池で、太陽エネルギーを電気に変える『変換効率』の世界最高記録更新を発表しました。同社では、2、3年後の量産化を目指しているとのこと。

太陽電池の変換効率は、22.3%が最高でしたが、三洋電機はこれを「23.0%」へ更新。しかも主流であるシリコンを使ったタイプで、大きさも100平方センチメートル以上の実用サイズ。製品化にこぎ着けるスピードも期待できます。

変換効率の向上は、太陽電池を複数枚配列してつくる「太陽光発電パネル」の面積縮小、販売価格低下、販路拡大につながります。そのため、国内外で効率向上の開発競争が過熱。太陽電池の変換効率の引き上げは、22%台を中心に各メーカーがしのぎを削っていました。

そこへ登場した実用サイズとして世界初、23%の壁を突破した三洋電機の太陽電池は、ライバルを一気に突き放す製品です。
同製品では、電池表面で受けた太陽光を発電層に導く役割を持つ「導電膜」などを改良し、吸収損失を低減することに成功。また、電気の素である「電荷」を効率的に取り出す技術を確立し、電流が約0.8%増え、1平方センチメートル当たり39.5ミリアンペアへと改善させました。

この変換効率・23%という太陽電池から見えてくるのが、「発電効率・20%台の太陽光発電パネル」です。

現状、太陽電池を複数枚配列して作る「太陽光発電パネル」の発電効率は、10%台のものが中心です。
しかし、今回の部品性能向上を受けて、三洋電機のソーラーエナジー研究部・丸山部長は「20%を上回る発電効率の高い太陽光発電パネルの実現に一歩近づいた」とコメント。太陽光発電パネルでの開発競争においても、優位性を確保したいとしています。

このニュースへの『ビジネスアイ』の意見は的外れでは?
「産業、金融・投資、海外ニュースを強化した『総合ビジネス金融紙』」を目指している『フジサンケイ ビジネスアイ』には、注目される記事について【予報図】という意見が付される記事があります。

この三洋電機の太陽電池にも佐藤克史氏による【予報図】が付いていました。が、スクナビコナには、その意見が太陽光発電の持っている弱点を無視した「近視眼的意見」だと思われます。

【予報図】 ■基準統一、消費者の混乱回避(佐藤克史)
太陽光発電装置は、国が設置時の補助金制度を3年ぶりに復活させたほか、東京都など自治体も独自の補助金制度を始めるなど、“ダブル補助金効果”で追い風が吹いている。一般住宅向けでは、2009年度は前年度を60%以上上回る10万件弱の設置が見込まれている。

一躍、有望市場になったことで、メーカーによる販売競争も激しさを増している。
三洋電機は国内生産量でシャープ、京セラに次いで3位。4位の三菱電機が追い上げる中で、低価格を武器に中国の太陽電池メーカー、サンテック・パワーが日本市場に参入するなど攻勢をかけており、商品の品質面での優位性を打ち出す必要に迫られていた。

今回の技術革新の量産化は数年後だが、高い技術力を誇示することが消費者へのブランド力アピールにつながるだけに、国内メーカー間では、方式の違いを利用し、それぞれが変換効率について「世界最高」「業界最高」とアピールしている。消費者の混乱を回避するためにも、基準作りが求められている。



「三洋電機が太陽電池の発電効率、世界記録更新 太陽光発電パネルの発電効率・20%台をめざす(後編)」へ続く

麻生首相、経済財政諮問会議で「厚労省分割の検討を指示」 何でもかんでも舛添さんよりはマシ?

麻生首相、経済財政諮問会議で「厚労省分割の検討を指示」
(朝日新聞5/19付より)
麻生首相は19日の経済財政諮問会議で、与謝野経済財政相に対し、厚生労働省を分割する具体案をまとめるよう指示。
首相は15日の安心社会実現会議で、厚労省を医療・介護・年金などを所管する『社会保障省』と、雇用や少子化対策などを所管する『国民生活省』に再編する考えに前向きな姿勢を示していました。首相としては、総選挙の与党マニフェストに掲げ、「生活重視」を訴える狙いがあるようです。

首相はまた、文部科学省と厚労省に分かれている幼稚園と保育所の所管の一元化(=幼保一元化)の具体案づくりも指示。「今が決断の時期だ」と強調しました。各省の利害が対立することから、安心社会実現会議と経済財政諮問会議双方の担当である与謝野氏に指示したとみられます。
与謝野氏は記者会見で「そう簡単に案ができるわけではないが、なるべく早急にまとめたい」と述べました。

今後、分割の具体案が、政府が6月にもまとめる『骨太の方針2009』や与党のマニフェストに盛り込まれるかどうかが焦点となります。


なぜ「厚労省分割」なのか? 巨大省庁の不具合
厚労省は01年の省庁再編で旧厚生省、旧労働省が統合されて誕生。
縦割り行政の弊害や行政の無駄をなくす狙いがありましたが、担当分野が幅広く、予算規模が二十数兆円という巨大官庁へ。与党内からも「大臣1人でカバーできない」との声が出ていました。

与謝野氏は会見で、「今回の省庁見直しは厚労省だけに絞り、霞が関全体には広げない」という考えを明言。諮問会議には、舛添厚労相、甘利行革相ら関係閣僚も出席していましたが、首相の指示に異論は出ず、「全体は(厚労省分割を)やるべきだという空気だった」といいます。

15日の安心社会実現会議では、渡辺恒雄・読売新聞グループ会長が「厚労省は大き過ぎる。医療・介護と雇用・年金のそれぞれを所管する2省に分割すべきだ」との持論を展開。首相は、内閣府の少子化対策などの担当部局も含めた再編案に言及していました。

厚生労働省が誕生した経緯 分割と統合
厚生労働省の前身は、厚生省と労働省。

厚生省は、戦前の1938年に、医療・保健・社会保障を管轄する省庁として設置されました。一方の労働省は、戦後の1947年に、日本社会党から出た片山哲首相が公約を実現するため、厚生省から労働行政部門を分割して設置しました。

しかし、「行政の効率化」の声に押されて2001年に省庁再編。厚生省と労働省は、再び「広く社会保障制度全般の整備」を目的とする厚生労働省として統合されました。

厚生労働省の業務範囲は?
■厚生労働省の編成(内部部局)
┬医政局
├健康局
└医薬食品局
     └食品安全部

┬労働基準局
|   ├安全衛生部
|   ├労災補償部
|   └勤労者生活部
├職業安定局
|   └高齢・障害者雇用対策部
├職業能力開発局
└雇用均等・児童家庭局

┬社会・援護局
|   └障害保健福祉部
├老健局
├保険局
└年金局

新型インフルエンザなど感染症対策、医療過誤、医薬品の認可・薬害問題、麻薬取締、外国からの輸入食品の安全、国内で生産された食品の安全、雇用問題・ワークライフバランス、生活保護、年金・介護福祉も厚労省の管轄。当然、これらすべての問題において、厚生労働大臣が会見に立つという状態となっています。

私見としては、厚生労働省分割に賛成
ソーラー事業部や電池事業部、半導体事業部といった「事業部制の企業経営」と同様と考えれば、考えられなくはない体制です。が、確かにあれもこれも厚労省関係となっている現体制には、疑問を感じるため、厚労省の分割には賛成です。

ただし、その分割方法は「労働行政」「医療行政」に分けられると考えます。それに応じて、日本にある5種類の社会保険も、雇用保険・労災保険・年金保険を労働行政へ、医療保険・介護保険を医療行政へ振り分けます。

労働行政の側は、雇用問題や少子化対策、男女共同参画、ワークライフバランスなど労働環境に関わる分野。内閣府が所管している現状よりも、ワークライフバランスなどは労働行政として捉えた方が、実動する可能性は高いと考えられます。
また雇用問題には、雇用保険や生活保護、国民年金、企業年金といった問題も近しいため、これらを統合して「国民生活省」とするのが望ましいでしょう。

一方の医療行政は、医療が「予防医療」「総合医療」へと進んでいることを考え、介護・福祉分野を統合。高度医療や新薬の認可も、医療行政の側でそのまま継続して所管します。名称は「医療福祉省」といったところでしょうか。

「食の安全」については、消費者庁へ譲渡するのが良ろしいでしょう。

「新型インフルエンザ」感染拡大問題 そういえば、ヨーロッパでの拡大はあまり聞きませんよね?

「新型インフルエンザ」感染拡大問題 ちょっと概観
新型インフルエンザの感染者数が1万1000人を突破しましたが、国別で300人を超えた日本に対し、ヨーロッパ諸国は低めの数値を維持しています。
とはいえ、国によって人口も人口密度も異なります。そのため、各国の基本情報(人口、人口密度)を加えて、5月21日の産経新聞に掲載された「国別・新型インフルエンザ感染者数」を見てみます。


人口密度と人口から、感染拡大リスクの仮説を立ててみる
さらに、一つの仮説を加えてみます。「人口密度=人と接触する可能性の高さ」と考えられます。また、「同じ人口密度でも人口が倍になれば、単位あたりに接触する人の数は倍になりますから、感染者数は倍になるはず」です。
ここから、『人口×人口密度=拡大リスクpt』という仮説の数値を出してみます。


圧倒的に人口が多い中国が1859.9ptだったり、感染者数で上位にいるカナダが1.1ptだったり、着目すべき点が分かりにくいため「拡大リスクpt順に並び替え」ます。

こうして見てみると、米国が、感染源とされているメキシコの感染者数を超えた理由は、人口・人口密度の関係にあるらしいことが見えてきます。

また、日本で拡大が速い理由も、人口密度が高く人口も多い日本であるからこその現象だと分かってきます。その水準は、おおよそ英国と同等だと考えられます。

ヨーロッパ諸国に限定すると、英国は『拡大リスクpt』通りの感染者数。スペインでの拡大は大きめ。一方、ドイツ、フランス、イタリアは、圧倒的に感染拡大を抑えられている様子が伺われます。

ヨーロッパで感染拡大を抑えられている理由について、後述の東京慈恵会医科大学・浦島准教授は「感染者がいないのではなく、把握できていないのではない」と指摘。一方、外岡・元小樽市保健所長は「他国で感染者数が少ないのは、学校に飛び火していないから」としています。

浦島准教授の指摘通りであれば「ヨーロッパ人は楽観的」ということでしょうし、外岡氏の言う通りであれば「不幸中の幸い」ということになります。後者であってほしいところですが、英国での流行具合からすると、浦島准教授の指摘の方が正しいように思います。
英国で112人、フランスで16人という格差は、好ましいものではありますがやはり不自然です。

やはり脅威は中国、インドでの感染拡大
今のところ感染例が確認されていないため上表には出ていませんが、インドの『拡大リスクpt』は3881.5pt、中国は1859.9ptと、この両国の数値は突出しています。

この記事で仮説として使っている『拡大リスクpt』には、本来、『医療水準』および『通院困難性』という修正値を乗ずる必要があります。
けれども、映画『スラム・ドッグ・ミリオネア』が映し出したインド、四川大地震から1年ということで各局で流された特番が映し出した中国の地方域を考えると、あまり改善方向への修正は望めません。むしろ、貧困などを理由とした通院困難が先に出て、より深刻な数字となるかもしれません。

日本、感染者数なぜすぐ把握 国民性?調査監視充実?
(産経新聞 5/21付)
新型インフルエンザの日本の国内感染が今月16日に初めて確認されてから、あっという間に感染者数が増えている。世界保健機関(WHO)の19日までのデータで日本は米国、メキシコ、カナダに次ぐ感染者数の多さだ。一方、同じアジアでも中国や韓国などは大きく増えていない。その理由は―(杉浦美香)

「感染者がいないのではなく、把握できていないのではないか」と指摘するのは東京慈恵会医科大の浦島充佳准教授だ。「新型」の潜伏期間は7日。検疫を強化しても発熱していなければ把握しきれない。世界中に航空網が張り巡らされている中、確かに日本と同様、他国で国内発生があってもおかしくない。

浦島氏は日本人の国民性も理由に挙げる。「日本人はまじめでインフルエンザ症状があれば医療機関にかかるし検査も行う。他国は医療制度の違いもあって症状が重くならない限り、病院には行かない」と話す。

日本は抗ウイルス薬タミフルの使用量が世界一だ。簡易検査キットの普及も世界有数で把握しやすい。

岡部信彦・国立感染症研究所感染症情報センター長は可能性の一つとして、日本のインフルエンザサーベイランス(調査監視)システムの充実を理由に挙げる。季節性については全国約5000カ所の医療機関で定点調査を実施。薬局でタミフルなどが処方された状況の報告を求めるなどの調査監視も強化している。

一方、外岡立人・元小樽市保健所長は「新型は高校生で感染しやすい。他国で感染者数が少ないのは、学校に飛び火していないからで、感染者が学校に出れば日本のようにあっという間に広がる可能性が高い」と指摘している。

日本は感染者をすべて把握する方針だが蔓延した場合、全数把握は不可能になる。米疾病対策センター(CDC)は実際の感染者は10万人以上としている。

最高裁が「量刑の考え方」作成 ・・・「市民感覚」を入れる裁判員制度の本旨に反しないか?

最高裁が「量刑の考え方」作成 21日から裁判員制度
(読売新聞 5/21付)
最高裁は、裁判員裁判で、被告の刑を決める評議の進め方や重要なポイントを示した「量刑の基本的な考え方」を作成し、全国の裁判官に配布した。

模擬裁判では量刑を巡る議論がまとまらないケースが多かったため、犯罪行為の態様や動機などを「本質的な要素」、遺族感情や被告の反省、更生の可能性は「副次的な要素」と位置づけ、本質的な要素から検討していくよう議論の道筋を示した。実際の評議で参考にされるとみられる。

これまで各地で実施された模擬裁判では、量刑を決める評議の際、脈絡もなく意見が交わされた結果、議論がまとまらず、時間不足となって多数決で決めるケースが少なくなかった。本番でも、例えば、検察側が被害者感情を、弁護側が被告の家庭環境を強調し、法廷で裁判員の情緒に訴える立証活動をした場合、裁判員が冷静な議論をしにくくなる懸念が、裁判官の間で指摘されていた。

このため、最高裁の作成した「考え方」は、量刑は被告や被害者の社会的地位に応じて変化してはならないという原則を確認。「被告の前科や反省の度合い、被害感情などは、刑罰を決める上で副次的なもの」と指摘した。

そのうえで、量刑を決める評議の手順を示した。まず、
(1)タクシー強盗か路上強盗かといった「犯行の態様」
(2)被害者は死亡したのかけがをしたのかといった「犯行の結果」
(3)保険金目的か怨恨(えんこん)かなどの「動機・計画性」――
といった点に着眼。これらの本質的な要素から、事件の類型を見極める。

その後、類型ごとに過去の事件の量刑が調べられる検索システムで、大まかな量刑分布を把握。さらに、被害者の落ち度や遺族感情、被告の犯行後の行動や反省の度合い、被告の更生の見通しなどを検討し、最終的に刑を決めるとしている。


量刑を考える筋道の提供は是 だが「量刑検索」は参考意見
量刑の考え方に対して、「どういった道筋・手順で考えて決めるか?」というアプローチ方法を示すのは必要でしょう。

「この犯罪を行ったのは、本当にこの被告か?」という事実認定は、「無罪/有罪」の二者択一。検察側の説明が不十分な部分に関しては『推定無罪を通す』とする留意点はあるものの、検察側の立証が信頼に足りるかどうかの問題で、必ず白か黒かのどちらかに決まります。

けれども、量刑には広く幅があります。
例えば、強盗致傷事件で被告人へ下す量刑は、無期懲役または6年~20年の有期懲役刑。有期懲役を採ると、「20年-6年=14年」という幅があります。

もしも、連続ひったくり犯が被害者をケガさせたら?
――被告人Aは、Aが居住する市の隣接市において、ミニバイクに乗って歩行者からカバンをひったくる路上強盗を十数回繰り返していた。合計・200万円を強取していた。ある日の事件で、被害者Bが、被告人Aに奪われそうになったカバンにしがみついた。AはBをミニバイクで引きずることになったが、構わずに走り続け、Bに全治2カ月の重傷を負わせた。
その後、Aは別のひったくり未遂事件で現行犯逮捕。Bへの強盗致傷もAの自供から分かったもので、押収物に付着していた指紋、目撃証言などからも事件が裏付けられた――

「ひったくり」は、刑法・第236条(強盗罪)にあたる犯罪です。暴行の典型は「相手を殴る」という行為ですが、道を歩いている人から無理やりカバンを引きはがすというのも暴行にあたります。

被告人Aは、連続強盗犯で、被害者にケガを負わせています。ということは、Aが問われるのは、十数回に及ぶ強盗と強盗致傷の併合罪。その量刑は、無期懲役または6年~30年の有期懲役刑となってきます。

裁判員に必要なのは「判例に対する批判」
1回の被害額は10万円前後にとどまるひったくりで、全治2カ月の重傷者は1人という「犯行の結果」。十数回も犯行を繰り返し、カバンにしがみついた被害者を引きずった「犯行の態様」。といった情報から過去の量刑を検索。
ひったくりでケガ人が出たという事件が少なく、仮に「懲役7年」という数字が出てきたとしましょう。

その時、裁判員に求められている役割は、「検索で出てきた懲役7年への批判的議論」です。

「何度も繰り返しており、更生の可能性は低い」
「1回の被害額は10万円程度で、過去の判例が妥当」
「過去の量刑では軽すぎる。私たちで新しい基準を作るべきだ」
「被害者Bは重傷だが後遺症はない」
そうした議論の応酬の末に、初めて出てくるのが「市民感覚を取り入れた量刑」です。

市民の裁判参加は、「1人殺害は死刑としない」といった“量刑相場”を頑なに守ろうとする裁判所への批判に端を発しています。過去の量刑検索は、あくまで参考意見。過去の量刑について批判的議論がなされるよう、裁判官は、裁判員の審議に配慮する必要があるでしょう。

そうでなければ、これだけ異論反論がある中で断行する意義がありません。
今国会で『裁判員制度延期法案』を出そうと、「裁判員制度を問い直す議員連盟」が立ちあげられました。が、同議連は、連休明けに法案を提出するとしていたものの、「政府与党が耳を貸さない」と与党のせいにしてGWから2週間経っても音沙汰無しです。

――――――――――――――――――――――――――
刑法・第236条(強盗罪)
暴行又は脅迫を用いて他人の財物を強取した者は、強盗の罪とし、5年以上の有期懲役に処する。

刑法・第240条(強盗致死傷罪)
強盗が、人を負傷させたときは無期又は6年以上の懲役に処し、死亡させたときは死刑又は無期懲役に処する。

刑法・第12条(懲役)
懲役は、無期及び有期とし、有期懲役は、1月以上20年以下とする。
2.懲役は、刑事施設に拘置して所定の作業を行わせる。

刑法・第14条(有期の懲役及び禁錮の加減の限度)
死刑又は無期の懲役若しくは禁錮を減軽して有期の懲役又は禁錮とする場合においては、その長期を30年とする。
2.有期の懲役又は禁錮を加重する場合においては30年にまで上げることができ、これを減軽する場合においては1月未満に下げることができる。

刑法・第47条(有期の懲役及び禁錮の加重)
併合罪のうちの2個以上の罪について有期の懲役又は禁錮に処するときは、その最も重い罪について定めた刑の長期にその2分の1を加えたものを長期とする。ただし、それぞれの罪について定めた刑の長期の合計を超えることはできない。

第59回オリコン調べ「本」ランキング 今週発売の注目作品:パタリロ、クッキングパパ

第59回オリコン調べ「本」ランキング(5月11日~5月17日)

▽書籍総合
1位(↑):世界一の美女になるダイエット(エリカ・アンギャル)・・・19,001部
2位(↑):太一×ケンタロウ 男子ごはんの本
 (国分太一、ケンタロウ)・・・17,663部
3位(↑):映画 ROOKIES―卒業―
 (浜崎達也、いずみ吉紘、森田まさのり)・・・15,400部
4位:告白(湊かなえ)・・・15,131部
5位:読めそうで読めない間違いやすい漢字(出口宗和)・・・14,606部
6位:運命の人 <一>(山崎豊子)・・・13,191部
7位(↑):作ってあげたい彼ごはん(SHIORI)・・・12,717部
8位(↑):作ってあげたい彼ごはん4(SHIORI)・・・12,717部
9位(初):ペルソナ 公式パーフェクトガイド(エンターブレイン)・・・11,601部
10位:パラドックス13(東野圭吾)・・・11,455部
――『ごはん本』が安定して売れているようです。『男子ごはん』が2位、『作ってあげたい彼ごはん』が7位と8位。
ただ、5万~4万部の水準で争われてきた首位争いが、今回は2万部水準へ。任天堂・岩田社長の「景気・不景気による影響を受ける・受けないは、『1番欲しいものか、どうか』です。(この不況下でも)1番欲しいものは売れる。しかし2番手、3番手・・・になるに従い、買い控えが起こる。従って、景気の影響を受ける」という言葉が浮かんできます。



▽コミック
1位(初):FAIRY TAIL 15(真島ヒロ)・・・124,638部
2位(初):魔法先生ネギま! 26(赤松健)・・・112,824部
3位(初):ツバサ 27(CLAMP)・・・99,994部
4位(初):BLOODY MONDAY 11(龍門諒、恵広史)・・・76,035部
5位:NARUTO 46(岸本斉史)・・・69,529部
6位(初):ヤマトナデシコ七変化 23(はやかわともこ)・・・59,132部
7位(初):コスプレ★アニマル 11(栄羽弥)・・・56,277部
8位(初):さよなら絶望先生 17(久米田康治)・・・55,365部
9位:桜蘭高校ホスト部 14(葉鳥ビスコ)・・・50,204部
10位:範馬刃牙 18(板垣恵介)・・・41,826部
――単行本10巻を超える長期連載組が、トップ10を独占。
新作組で30位までにランクインしているのは、『生徒会役員共』『flat』『アオイホノオ』『いのち』『けいおん! 』の5作品。軽音楽部の復活にがんばる女子高生の4人組を描いた『けいおん!』は、アニメ化で注目されているため今後に期待。



▽文庫
1位:天使と悪魔 上(ダン・ブラウン、越前敏弥)・・・93,446部
2位:天使と悪魔 中(ダン・ブラウン、越前敏弥)・・・77,656部
3位:天使と悪魔 下(ダン・ブラウン、越前敏弥)・・・74,108部
4位:余命1ケ月の花嫁(TBSテレビ)・・・42,584部
5位:名探偵の掟(東野圭吾)・・・30,368部
6位(↑):狼と香辛料 XI Side Colors Ⅱ(支倉凍砂)・・・30,063部
7位:向日葵の咲かない夏(道尾秀介)・・・29,773部
8位:隠居宗吾郎 鎌倉河岸捕物控 14(佐伯泰英)・・・22,624部
9位:重力ピエロ(伊坂幸太郎)・・・20,425部
10位(↑):魔女の笑窪(大沢在昌)・・・18,800部
――トップ5は先週から不動。『天使と悪魔』は映画も好評であるようで、ここへきて6000部も伸ばしてきました。
10位に上がってきた『魔女の笑窪(えくぼ)』は、特殊能力を持った女性を主人公としたハードボイルド作品。作者の大沢氏は『新宿鮫』『心では重すぎる』といったベストセラーを出されており、『新宿鮫 無間人形』では第110回・直木賞を受賞しています。


◆オリコンランキング(11位以下の書籍ランキングはページ中ほど)


今週発売の注目作:
『パタリロ 82』・・・言わずと知れたマリネラ王国の若き国王・パタリロを主人公としたギャグ少女マンガ。1978年から30年以上の長期連載を続けている名作です。

『クッキングパパ 104』・・・身長180cm、体重80㎏という巨体の人情家である主人公・荒岩一味は、妻・虹子と長男・まこと、長女・みゆきの4人家族の「とうちゃん」。巨体に似合わず手先が器用で、アイデアマンの一味が作る数々の家庭料理は、一度はマネしたくなる『男ごはん』。


――――――――――――――――――――――――――
<アマゾンで今週発売の注目作を買う>
パタリロ 82 (82) (花とゆめCOMICS)/魔夜 峰央

¥420
Amazon.co.jp


クッキングパパ 104 (104) (モーニングKC)/うえやま とち

¥530
Amazon.co.jp


WHO発表、新型インフルエンザ感染者数・1万人突破 いよいよ東京にも新型インフルエンザ上陸

WHO発表、新型インフルエンザ感染者数・1万人突破
(時事通信 5/19付、毎日新聞5/20付より)
米国疾病対策センター(CDC)の19日の発表によると、全米の新型インフルエンザ感染者(推定例含む)が5,469人となったとのこと。また、日本の感染者も193人に増加。世界の感染者数は同日までに42カ国・地域で1万238人、うち死者は78人となりました。

■国別感染者数・ワースト10
米国・・・・・・5469人(死者 6人)
メキシコ・・・3648人(死者72人)
カナダ・・・・・ 496人(死者 1人)
日本・・・・・・  193人
スペイン・・・  103人
英国・・・・・・・ 102人
パナマ・・・・・  59人
フランス・・・・  15人
ドイツ・・・・・・  14人
コロンビア・・・  11人


国内の“見逃された患者”の捕捉を急ぐべきでは?
日本の感染者数は、20日・20時現在で262人。東京都でも本日・20日、最近、米国ニューヨークから帰国したという高校生から新型インフルエンザが検出さました。

神戸で、日本で国内初の「新型インフルエンザ感染」の確定が行われたのは、5月16日のことでした。
しかし、この「最初の感染例」は、神戸高校の校医が機転を巡らせて突き止めたもの。神戸高校の対外試合などのスケジュールから考えると、5月には神戸に新型インフルエンザが上陸していたと予想されます。

5月2日・・・・・・・神戸市春季大会(神戸高・兵庫高で感染者あり)
5月5日・・・・・・・神戸高校と八鹿高校の練習試合(両校で感染者あり)
5月8日・・・・・・・神戸高校と兵庫高校の練習試合(両校で感染者あり)
5月9・10日・・・全但春季総体(3校で感染者あり)
5月10日・・・・・・神戸高校と高砂高校の練習試合(両校で感染者あり)

米国からすぐに拡がったイギリスやフランスと比べると、日本における感染者数増加は急速、かつ終息の気配すらありません。水際対策に注力するあまり、“見逃された感染者”、“いつもの季節性インフルエンザと誤診された患者”による国内感染が拡がったのかもしれません。

国内の“見逃された患者”の捕捉を急ぐべきではないでしょうか?

インフル便乗、タミフルを薬価の4~5倍で売るサイト ニセ薬を売る悪質業者の可能性も

インフル便乗でタミフル販売サイト続々、ニセ薬の可能性も
(読売新聞 5/20付より)
新型インフルエンザの感染が広がる中、治療薬『タミフル』がインターネット上で薬価の4~5倍の高値で取引されるケースが続出しています。

多くは個人輸入の代行業者を装っています。が、薬事法で禁止されている未承認薬の販売行為に該当する可能性もあります。また、厚生労働省は「ニセ薬の可能性もあるので飲まないで」と呼びかけています。

厚労省によると、日本では「中外製薬」だけが輸入販売元として指定されており、それ以外は未承認薬とみなされます。また、タミフルは医師の処方箋なしに購入できない薬品であり、投与後の異常行動に備えて経過観察も必要とされています。

薬事法では、未承認薬の広告を出す自体を禁止。さらに、輸入代行業者が未承認薬を発送することも、同法で禁止される「販売行為」に該当する可能性があります。


海外拠点から、タミフルを薬価の4~5倍で販売
あるサイトでは、薬価(1カプセル:309.1円)の約4倍にあたる10カプセル1万2000円で販売。読売新聞の取材に対し、サイト運営会社では「日本からの注文が増えている。世界的に品薄になるとの憶測から買いだめしているのでは」と答えています。

別の業者は、今月に入って、他の業者と共同で香港に保管していた数百ケースを売りに出したところ、すぐに完売。現在は在庫ゼロの状態だといいます。

業者は、「個人輸入の代行をしているだけで、違法性はない」としており、実際は輸入代行か販売かの線引きが難しいケースも見られます。
厚労省では「問題の業者には個別に警告メールを出すなどしている」としていますが、多くの業者が海外に拠点を置くなどしており、摘発は難しいといいます。

国内初の『新型インフルエンザ』感染を見抜いた神戸高校校医 念のため頼み込んだ検査だった

国内初の『新型インフルエンザ』感染を見抜いた神戸高校校医
(神戸新聞 5/20付より)

国内初の『新型インフルエンザ』が確認された兵庫県立神戸高校3年の男子生徒を診察した、同校校医の男性医師(52)が19日、神戸新聞社の取材に応じました。
海外渡航歴がない男子生徒の検体を詳細検査に出した理由について、同医師は「万が一のため、危機管理の一環と考えた」と話しました。この判断がなければ、感染がさらに拡大していたとの専門家の見方もあります。

当初は風邪の症状 校医の「万が一」が感染を発見
「新型を強く疑う根拠はなかった」
11日午後、医師が神戸市灘区内で開業する医院に、男子生徒と母親が来院。生徒の症状は、せきとのどの痛みだけで微熱さえありませんでした。そのため風邪薬を処方しましたが、生徒の「同じバレーボール部にインフルエンザの子がいる」というひと言が、その後の展開を変えました。

翌日・12日午前、再来院した生徒の症状が変化していました。熱は37度4分。全身にだるさがありました。インフルエンザにしては熱が低いものの、男性医師は前日の「ひと言」が気になり、インフルエンザの簡易検査を実施。陽性が出たため、リレンザを投与。

しかしここで「この子は去年の秋、予防注射をしていたのに」と、ふと疑問を感じました。成田空港の検疫で感染が確認された大阪府立高校生たちのことも心にひっかかり、生徒の帰宅後、神戸市環境保健研究所への詳細検査依頼を決めました。

男性医師は「9割5分は『季節性』だと考えていた」といいます。なぜなら、生徒には『新型』の診断基準だった海外渡航歴も帰国者との接触もなかったからです。神戸市には「念のために」と検査を頼み込みました。「『新型』でないということさえ分かればいい」と。

「念のため」と頼み込んだ検査で『新型』を検出
その男性医師の元に、神戸市から「『新型』が出た」という一報が入ったのは16日の午前1時過ぎでした。「大変なことになった」。

同日・16日午後、男性医師は神戸高校の裏門から入り、動揺する教員を全員集めて、「怖がらないで。薬で治る。神戸高校は何も悪くない」と語りかけたといいます。

医師は「念のための検査で偶然見つかった。県外でも発生している可能性は十分ある」と指摘しています。

「かかりつけ医」の重要性を証明する事例
神戸高校での『新型インフルエンザ感染』の発見は、「かかりつけ医」の重要性を証明する事例だったと思います。

もしこの神戸高校の男性校医が、
生徒の「同じバレーボール部にインフルエンザの子がいる」というひと言を聞き流していたら、
「熱が低い」とインフルエンザの簡易検査を行わなかったら、
『季節性インフルエンザ』の予防接種は打ったことを知らなかったら、
空港検疫で引っ掛かった大阪府立高校生たちのことに思い至らなかったら、
「念のため」と神戸市に詳細検査を頼み込まなかったら、
神戸高校に出向いて冷静な対応を求めなかったら・・・

修学旅行の中止や職業体験「トライやる」の延期など波紋は大きくなりましたが、18日(月)から22日(金)の一斉休校という、思いきった感染拡大防止策は採られなかったでしょう。
一斉休校をしてもなお、神戸市の感染者数は19日時点で69人、兵庫県全体の感染者数は111人。しかし仮に一斉休校がなければ、兵庫県の高校生・約14万人へ、その家族・42万人にまで感染が拡大していたかもしれません。

学生の皆さん、きちんと中間テストの勉強でもして「家で」過ごしましょう。ウイルスは長い人で1週間程度、発症することなく体内で潜伏します。自分が友達からウイルスをもらったり、自分が友達にウイルスをうつしてしまうかもしれません。


兵庫県内の発熱電話相談窓口
<健康福祉事務所>
芦屋   0797-32-0257
宝塚   0797-74-7099
伊丹   072-777-4111
加古川 079-422-0006
明石   078-917-1128
加東   0795-42-6287
中播磨 0790-22-1234
龍野   0791-63-5143
赤穂   0791-43-2321
豊岡   0796-26-3671
朝来   079-672-5995
丹波   0795-72-3488
洲本   0799-26-2051

<保健所>
神戸市 078-335-2151
姫路市 079-289-1635
尼崎市 06-4869-3010
西宮市 0798-35-0236

兵庫県疾病対策室
078-362-3226
――――――――――――――――――――――――――
関連記事
◆兵庫県の学校休校で、進学塾・予備校も大半休校へ ・・・兵庫県の小中高生の夏休みは1週間短縮?(09/5/19)
◆初の「日本国内での人から人への新型インフルエンザ感染」 神戸区域内休校、神戸まつりのパレード中止(09/5/16)

ソフトバンクとauのソーラーケータイ対決 docomoはGoogleケータイとエヴァ仕様機を投下

ソフトバンクが09年夏モデルでソーラーケータイを発売
(+D Mbile 5/19付より)

ソフトバンクモバイル向けのシャープ製ハイエンドモデルの中でも、ひときわ異彩を放つのが「SOLAR HYBRID 936SH」です。936SHは、万が一バッテリーが切れた際にも、背面のソーラーパネルを太陽光にかざせば、通話に必要な電力を充電できる折りたたみ型のソーラーケータイ。発売は8月下旬以降の予定。

↑SOLAR HYBRID 936SH
ソーラーパネルを用いた充電は、直射日光に10分程度かざした場合で1分間の通話、もしくは2時間前後の待受が可能。充電できるのは日光のみで、電卓のように蛍光灯や曇り空の明るさで充電できるわけではないものの、緊急時に電力がまかなえる点が特徴です。

ハイエンドモデルにのみ冠される“900番台”の型番を持ち、日常利用に必要な機能も一通り揃えています。
8メガピクセルのオートフォーカス付きCCDカメラは、高感度撮影機能により暗い場所でも明るくきれいな写真が撮れ、顔検出やコンティニュアスAF、被写体を追いかけるチェイスフォーカスなどにも対応する高機能なもの。シーン自動認識機能により、とっさのシャッターチャンスにも強い。またIPX5/IPX7相当の防水性能を備え、突然の雨にも強く、ぬれた手での操作も問題ありません。バスルームでワンセグを楽しむことも可能です。ディスプレイはフルワイドVGA(480×854ピクセル)表示に対応した3インチの液晶パネルを採用。

基本機能は935SHや934SHと共通で、内蔵アンテナで楽しめる「ワンセグ」「S! FeliCa」「世界対応ケータイ」「3Gハイスピード」「PCサイトブラウザ」「モバイルウィジェット」「PCメール」「ハイスペック動画機能」などをサポート。ただしGPSには対応していません。ボディカラーはネイビー、ホワイト、アースグリーンの3色。

au 夏モデルにソーラーパネル採用防水携帯が登場
(japan.internet.com 4/20付より)

KDDI、沖縄セルラーは、世界初となるソーラーパネル採用防水携帯を、6月に発売を予定していることを明らかにしました。

↑ソーラーパネル搭載防水携帯電話のイメージ図

端末はシャープ製。約10分間の太陽光発電による充電で、1分間程度の通話、2時間程度の待ち受けが可能となる発電・充電性能を備えています。また、太陽光発電によりバッテリ容量の最大80%まで充電可能なため、通常電力での充電回数を減らすことができ、CO2削減に貢献できます。

KDDIは、「地球環境保全を推進することがグローバル企業としての重要な責務である」として、携帯電話端末のリサイクル率や再資源化率の向上や、「Green Road Project」など、環境保全活動に取り組んできました。09年夏以降、au携帯電話を通じた環境保全活動を一層強化していくとしており、同製品はその一環として開発されたもの。

ユーザー参加型の環境保全活動「Green Road Project」は、先月・4月30日をもって終了を予定していますが、ユーザーと共に実施する環境・社会貢献活動は継続していく予定で、新たな環境保全プロジェクトを検討中であるとのこと。

docomoは、Googleケータイとエヴァ仕様機を投下
(毎日新聞 5/19付より)

NTTドコモは19日、夏商戦向けの携帯電話の18機種を発表。米国Google社の携帯電話向け基本ソフト「アンドロイド」を採用した日本初の端末「HT-03A」や東芝の7年ぶりのドコモ向け端末「T-01A」、6月27日公開の映画『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破』とコラボした「SH-06A NERV」など個性豊かなラインアップとなりました。


↑日本初の“Google携帯”「HT-03A」
日本初の“Google携帯”となる「HT-03A」は「PROシリーズ」。台湾・HTC社製で、英国などで「HTC Magic」として販売されている端末のdocomo版です。


↑「NERV 戦術作戦部作戦局1課」仕様
「SH-06A NERV」は「PRIMEシリーズ」のSH-06A(シャープ製)がベースで、「新世紀ヱヴァンゲリヲン」に登場する組織「NERV」のシンボルマークなどがあしらわれています。

構造的には、端末を製造するシャープの独り勝ち
ソフトバンクのソーラーケータイ、auのソーラーケータイ、docomoのNERV仕様機はいずれもシャープ製。どの会社が契約者数を伸ばしても、シャープは必ず勝てるポジションにいます。
これこそ、ハードウエア製造メーカーの醍醐味でしょう。

兵庫県の学校休校で、進学塾・予備校も大半休校へ ・・・兵庫県の小中高生の夏休みは1週間短縮?

兵庫県の学校休校で、県内の大手予備校も休校へ
(神戸新聞 5/19付より)
新型インフルエンザの感染拡大で兵庫県内の全学校が休校する中、進学塾や大学予備校の多くも休校を余儀なくされています。「民間には休業要請が出ておらず、予防を徹底すれば問題ない」として、当初は授業の継続を決めていた進学塾も、「保護者の不安が強い」と休校に切り替え始めました。

大手大学予備校の多くは“各種学校扱い”のため、県教育課は18日、公立学校と同様に『休校要請』の文書を送付。

これを受けて、代々木ゼミナール神戸校(神戸市)は22日までの休校を決定。現役生と浪人生約・500人に電話などで連絡し、22日以降、補習で対応すると伝えました。また、コロンビア学院(神戸市)も「感染拡大で受験生に迷惑をかけたくない」として22日まで休校。河合塾も兵庫県と大阪府内の教室を休校にしました。

小中学生を対象にした進学塾も、大半が休校
兵庫県からの正式な要請はないものの、小中学生を対象にした進学塾も休校が目立ちます。
県内に34教室がある創造学園エディック(本部・神戸市)は市教委に対応を相談。「できれば学校に合わせてほしい」と要請され、同学園は「休校中は家にいるように学校が指導しており、塾を開けるわけにはいかない」と話します。

兵庫、大阪などに31校ある浜学園(本部・西宮市)は、県内学校の休校が決まった18日、保護者から問い合わせが殺到。「中間テスト前なので授業をしてほしい」などの要望もあり、いったんは授業の継続を決めていましたが、同日夜に「感染拡大が続いている」として、県内と大阪府内の教室を19日からの休校を決定。

一方、大阪や神戸市内に教室がある希学園(本部・大阪市)は、事前に生徒の体温を測り、平熱であることを保護者に証明してもらった上で授業を継続。ただ「感染の拡大状況を見て、一日ごとに判断する」といいます。


・・・兵庫県の小中高生の夏休みは1週間短縮?
兵庫県下のすべての小中高で、昨日・18日(月)から22日(金)という臨時休校を決定。学校は全力で新型インフルエンザの拡大防止に努めています。

一部、生徒らで遊びに出ている子どももいるようですが、新型インフルエンザの感染状況は「高校生間での感染」が主となっています。保護者には「自分の子どもを感染させないため」に外出を控えさせてほしいところです。この1週間だけは、携帯メール解禁で良ろしいでしょう。

さて、この臨時休校で気になるのが、5月の第4週に進めるはずだった授業内容の行方です。
「1クラスの学級閉鎖」程度では、現場の教師たちの技量でカバーする場合もあります。が、「5日間というまとまった日数の学校閉鎖」となると、夏休みを削って授業時間数を確保する方法が考えられます。特に、今回は県内すべての学校で臨時休校としただけに、足並みを揃え易いでしょう。

例えば、姫路市が公開している平成21年度学校行事予定一覧表によると、7月17日(金)が1学期の終業式となっています。が、この終業式を7月24日(金)へずらせば、各授業内容の実施日が1週間遅れるだけで、生徒へ提供する授業品質は保たれます。

学校給食、家族旅行、進学塾の夏期講習・・・
学校の夏休みを1週間を遅らせるということは、広範な分野へ影響を及ぼします。

例えば、姫路市では7月15日(水)が、1学期の給食最終日とされています。
けれども、仮に生徒は7月24日(金)まで登校という対応を採るとすると、「学校給食も22日(水)にまで延ばすのか?」「1学期給食は15日で終了とし、弁当持参とするのか?」 共働き家庭にとっては重大な問題となってきます。

例えば、家族旅行。
夏休み期間中の旅行予約の前倒しが進んでおり、JTB近畿日本ツーリスト日本旅行H.I.S.などは、既に『夏休み特集』を組んでいます。「燃料サーチャージが安いうちに、子どもに海外を見せておこう」「盆休みの里帰り前に、どこか親子だけで」と考えると、この1週間の差はかなり大きなことです。

例えば、塾の夏期講習。
受験生にとって「夏は天王山」とも言われる重要な時期です。週5日制の学校にとっては5日間の休みでも、塾にとっては1週間・7日分。1日の学習時間を8時間とすると56時間、10時間できる生徒であれば70時間のロスとなります。また、日頃は部活に熱中していて「学校での遅れを夏休みで取り戻したい」という生徒にとっても、時間的余裕が減ることになります。

“夏が稼ぎ時”の企業から見ると―旅行会社―
中小企業診断士を目指している身としては、「企業活動も見なければ」ということで、旅行会社と進学塾を見てみます。

「夏休みが1週間短くなる」という問題を旅行会社側から見ると、兵庫県と大阪府北部の家族客について、1週間分の売上を失う事態と捉えることができます。

夏休みは約6週間ですから、逸失する夏休みの売上高は16.6%。関西圏での売上を主軸としているような旅行会社では、かなりの痛手です。
価格にシビアな消費者が多い中、安易な価格引き上げによる利益補填は望めません。9月に5連休(19日・土曜、20日・日曜、21日・敬老の日、22日・国民の休日、23日・秋分の日)があるため、そこで巻き返しを図ることになるでしょうが、この連休はすでに決まっていたこと。突発的なインフルエンザによる損失を埋められるかどうかは、悩ましいところです。

旅行会社にとって、家族連れの観光客が増える“夏は稼ぎ時”。この問題は、企業の利益計画見直しにまで発展するかもしれません。

“夏が稼ぎ時”の企業から見ると―進学塾―
また、進学塾について見てみると、なかなかこちらも大変です。
親御さんからは、まず5月18日~22日の休校で不足した授業時間数を補うための補習を求められるでしょう。月額制の学習支援業・サービス業である塾は、「新型インフルエンザだったから仕方がない」で許してはもらえません。

その上で、夏期講習で予定していた授業カリキュラムをこなせるように、営業日数や人材配置をやり繰り。例年通りの授業時間数を確保できなければ、授業内容の削減、お盆を休むとすれば夏期講習受講料の20%引き下げに追い込まれるかもしれません。

塾にとっても、夏から受験勉強という生徒や、普段は部活動などで塾へ来られない生徒の獲得など“夏は稼ぎ時”。連休でも休まない進学塾も多いため、旅行会社より進学塾の利益計画見直しはずっと深刻だと思われます。

兵庫県の学校の夏休みは、今年、どうなるんでしょうか?

販路拡大をめざす兵庫の農作物 “農商工連携”新商品が続々、集落営農専門書出版

“農商工連携”新商品が続々 販路拡大、安全PR
(神戸新聞5/18付より)

農林水産業者と中小企業が手を組んで、新事業や商品開発などに取り組む「農商工連携」が、兵庫県内で活発化しています。
農家側には農産物の需要拡大につながるほか、企業側にも「安心」「安全」をPRした商品の差別化や農産物直売所への新しい販路拡大につながるなどメリットがあります。商工会議所や自治体も後押し、新しいビジネスチャンスを生むと注目を集めています。

老舗食酢メーカーのマルカン酢(神戸市東灘区)は、合鴨を使う有機農法に取り組む農家グループ「JA兵庫六甲三田合鴨稲作会」と、純米酢『ゆーき育ち』を共同開発。4月末から三田市のJA兵庫六甲直売所「パスカルさんだ」で販売を始めました。

マルカン酢は5年前から米国産有機米を使った有機酢を販売してきましたが、国産志向や地産地消の高まりを受け、三田の有機米に注目。協力要請を受けた稲作会も「産地拡大につながる」と承諾しました。同社は「付加価値の高い商品なので、百貨店や農産物直売所など新たな販路も開拓できそう」と話します。

南あわじ市では、農家グループ「百間田農園」と観光会社「うずのくに南あわじ」が連携。農家がプランターでブルーベリーなどを育て、それを島内の観光施設に置いて観光客に収穫してもらう計画を進めています。新しい体験型観光を求めていた同社と、果樹の需要拡大を目指す農家の狙いが合致しました。
また、同市は4月から農商工連携の担当職員を配置し、地元の食材を使いたいという宿泊施設と農家の協力を推進。同市は「新しい産業につなげたい」と期待しています。

このほか、たつの市ではそうめんなどに適した小麦を地元農家らが放棄田などを再生して栽培。しょうゆ会社や手延素麺協同組合などが全量買い取る仕組みをつくりました。

神戸商工会議所も4月に初めて農商工連携のセミナーを開催。「企業と組むことで、農林水産業が大きく発展する余地がある」としています。

集落営農のコツ伝授 技術員・森本さん本出版
(神戸新聞5/18付より)

兵庫県立農林水産技術総合センター(加西市)の専門技術員・森本秀樹氏(51)がこのほど、集落営農組織の課題や運営策などをまとめた専門書『ステップアップ集落営農』を出版。県内の具体的な取り組みや成果を紹介しながら、収益性向上策や大規模農家との連携方法を説明しています。

森本氏はこれまで、多くの集落営農組織の設立にかかわった経験をもとに、集落営農を設立する手続きなどをまとめた専門書を2冊出版し、ともにベストセラーへ。3冊目は「集落営農を立ち上げたものの、どう発展させていったらいいか分からない」との農家の声に応える内容で、1年間かけて執筆しました。

近畿農政局によると、兵庫県には約750の集落営農があり、全国で3位。しかし、最近は補助金の取得などが目的の組織も少なくないといいます。

森本氏は「地域に合ったさまざまな集落営農のあり方や運営方法がある。利益優先だけでなく、地域コミュニティーの核となる組織を目指して」と強調します。

先週のニュース(5/11-5/17)企業決算外観、神戸で新型インフル、スリランカ反政府組織を制圧

先週のニュース(5/11-5/17)企業決算外観、神戸で新型インフル、スリランカ反政府組織を制圧
――<企業決算の外観>―――――――――――――――
5/17 製造業の決算を概観(3) 従業員一人で4億5000万円も稼ぐ任天堂

5/17 製造業の決算を概観(2) 水平分業と垂直統合

5/17 製造業の決算を概観(1) 連結ベースでSONYの株価評価は、Appleの22分の1
――――――――――――――――――――――――――
5/17 【あの記事のその後】スリランカ大統領「LTTEの軍事制圧」に自信 包囲戦から殲滅戦へ移行か

5/16 JRや名古屋市営地下鉄、駅のゴミ箱“透明化”で分別進む ・・・こういう効果もあるんですね

5/16 初の「日本国内での人から人への新型インフルエンザ感染」 神戸区域内休校、神戸まつりのパレード中止

5/15 若手デザイナーを発掘する選考会『ドラフト!8』 神戸ファッション協会が出品募集

5/15 職業能力開発協会、公金でコンパニオンを呼ぶなど不正支出 ・・・業務上横領罪で引っ張ればいいのに

5/14 「カルト集団から学生守れ」と全国の45大学が情報交換 ・・・また流行ってるの?

5/14 第58回オリコン調べ「本」ランキング 今週発売の注目作品:ツバサ、FAIRY TAIL

5/13 日本各地でミツバチが“巣ごと失踪” 農水省が1000万円で研究者募集

5/13 内閣府「街角景気動向指数」 4カ月連続で改善し「34.2ポイント」へ

5/12 経産省が『エコポイント』一覧発表も、交換対象商品は未決 ・・・まだそんな段階をやってるの?

5/11 小沢代表の辞任は単なる敵前逃亡 明後日・13日の党首討論は白紙へ

5/11 スリランカ政府軍による攻撃で市民・378人死亡か? LTTEが政府軍の無差別攻撃を訴える


◆『アメーバピグ』を始める
アメーバピグは、自分で作ったキャラ「ピグ」で、チャットやゲーム、ピグ用アイテムのショッピングを楽しめるサービスです。「ピグ」を作ってLet’s communication!

↑渋谷「106」前(他にも雷門、代々木公園、少人数チャット用、ゲーム用といった“おでかけ先”があります。ピグの自己紹介設定には、自分のブログへのリンクも付きます)

↑スクナビコナの部屋(ピグの部屋も作れます)
――――――――――――――――――――――――――
↓Googleでもっと調べる↓




Google




製造業の決算を概観(3) 従業員一人で4億5000万円も稼ぐ任天堂

不況に強い任天堂、Appleの利益率は15%
市場による企業評価の基本は、やはり売上高、純利益。ということで、TOYOTA、HONDA、日産、スズキ、SONY、任天堂、Appleの売上高、純利益を一覧します。いずれも連結ベース。


「収益―費用」で算出される純利益。その純利益を売上高で割ると、企業の利益の生み易さを示す利益率が出ます。利益率は、「10000円の売上のうち、いくらが利益になるか?」という数字であり、企業の生産性や不況への耐性を示します。

スズキは日本や米国で販売台数を減らしたものの、インドと欧州で販路を拡大して黒字。ホンダは、新興国での販売を維持しつつ、インドネシアで伸長したことから黒字を確保しました。

07年度に約26兆3000億円の売り上げを出しているTOYOTAですが、その利益率は6.5%。ほかの自動車メーカーよりは高い数値であるものの、利益率では任天堂やAppleの半分以下です。
「1トンを超える鋼鉄から自動車をつくり出すのと、100グラムのゲームソフトをつくるのとでは設備規模が違う」といえばそうです。が、自動車は1台・200万~400万円、ゲームソフトは1本・2000~5000円と、相応に単価も異なります。よって、製品による利益率は絶対ではありません。

実際に携帯音楽プレーヤー、自社ブランドパソコン、コンテンツ事業と、業態が近しいはずのSONYとAppleとの間には、07年度で利益率4.2%と15.1%という差があります。

従業員一人で4億5000万円も稼ぐ任天堂
売上高、純利益についても「従業員一人当たり」の数字を出してみると次のようになります。


ここでも、前々回の「従業員一人当たり株価時価総額」でもそうでしたが、従業員一人当たり売上高・純利益でも任天堂が他を圧倒。Wii本体や、Wii Fit本体、DS本体の製造を考えると、「アウトソーシングが巧いのだろうなぁ」と思わせる結果です。

ちなみに任天堂の単独決算で見ると、08年度売上高は1兆6,725億円で純利益は2,263億円。単独ベースの従業員は1544人であるため、従業員一人当たりの売上高は10億8325万円、純利益は1億4,654万円となります。

これだけ任天堂の高収益体質を見せつけられると、「『水平分業』こそ企業の生きる道なのか?」と考えさせられます。確かに自動車丸ごとの技術革新より、『効率的な電池』『細かい速度調整に耐えられるモーター』といった集中と選択ができる方が、研究開発は容易かもしれません。

ですが、決算発表時の記者会見での岩田社長のコメントにこそ、任天堂の強さがあるように思います。
「景気・不景気による影響を受ける・受けないは、『1番欲しいものか、どうか』です。
(この不況下でも)1番欲しいものは売れる。しかし2番手、3番手・・・になるに従い、買い控えが起こる。従って、景気の影響を受ける」
実に、明快な姿勢で市場と向き合っているココにこそ、任天堂の強さがあるのではないでしょうか?


(了)

製造業の決算を概観(2) 水平分業と垂直統合

Apple社の「水平分業」戦略
「水平分業」とは、ある製品を1つの企業だけで作るのではなく、さまざまな企業が分業して各部分を作り、それをマーケットを通じてまとめ上げる生産方式です。

iPodという製品で言えば、Apple社が担っている役割は「コンセプトの開発」と「基本的な設計」のみ。実際の生産は、世界中のさまざまな企業で分業しています。

液晶モジュールは企業A、メモリモジュールは企業B、操作モジュールは企業Cが製造し、それらを組み立て企業に集めてiPodを完成させます。Apple社にとって、企業Aが米国企業Aであっても、韓国企業Xであっても関係ありません。液晶モジュールが手に入りさえばよく、Xの方がAよりも安く納品できるなら、Xへ乗り換えて製造コストを下げます。

参加企業にとっては、いつ他の企業に取って替わられるか分からないリスクがあります。しかし、液晶モジュールなどの一定機能をもったモジュールを作ってきているため、仮にiPod向けの道が断たれても、携帯電話向けの道を拓けるかもしれません。

逆に、自社の液晶モジュールをApple社より高く買ってくれるメーカーに売り込んだり、iPodよりも多く売れている製品の製造メーカーに売り込むことも考えられます。Apple社はApple社で魅力を磨き、参加企業へ技術に見合った対価を払い、より優れた企業が製造に参加してくるよう努力を続けなければなりません。

日本企業の「垂直統合」戦略
一方、日本企業とくに自動車は、1つの製品を1つの企業および固定的な関係で結ばれた系列企業群で完成させる「垂直統合」型生産方式をとっています。

系列部品工場Aはエンジンンに使うシリンダーを作り、系列部品工場Bはシフトレバーを作り、それらをTOYOTAへ納品。TOYOTAで、それぞれの車種に応じて必要な部品を選んで組み立てて、プリウスならプリウス、エスティマならエスティマを完成させます。

製造に参加している部品工場は、系列から外されない限り継続的な取引が保障されます。技術革新はメーカーの役割で、求められる部品を作れるようにしておくことが部品工場の役割です。しかし、部品工場にとっては、エンジンの一部やハイブリッド・モジュールの一部しか作っていないため、なかなか新しい取引先の開拓はできません。

自動車産業を「水平分業」型にすると?
自動車産業を水平分業にすると、どのようなことが起こるのでしょうか?

例えば、HONDAには、F1で蓄積してきた高度なエンジン製造技術や空力研究の成果があります。ハイブリッド・カーの分野では、TOYOTAがトップを走っています。この両社が水平分業すると、TOYOTA車にHONDAのエンジンが載ったり、TOYOTAのハイブリッド・モジュールがHONDA車に採用されたりするわけです。

さらに水平分業では、タタの低価格自動車「ナノ」に対抗して、「新興国向け低価格コンセプトカー」を打ち出し、系列に関係なく低価格モジュールをかき集めて売り出すという方法も考えられます。

一見、メーカー間の競争までなくなってしまいそうですが、メーカーはメーカーで、ユーザが買ってくれる「車のコンセプト」や「基本設計」を生み出す競争を続けています。また「エンジン製造という市場」では、エンジン製造企業Aとエンジン製造企業Bがシェア争いをしており、そこが次の技術革新を起こす土壌となっていきます。

どちらにも一理ある“製品製造哲学”
もっとも、水平分業と垂直統合のどちらが正しいのかは分かりません。

水平分業は、最高のエンジンを最高のエンジンメーカー、最高の車体は最高の車体メーカーがそれぞれ持ち寄れば、最高の自動車ができる。垂直統合は、最高の自動車は最高の自動車メーカーが、コンセプトから部品の規格まですべてつくるというもので、どちらにも一理ある“製品製造哲学”です。

08年度は赤字になったとはいえ、やはり強いTOYOTAは「垂直統合」を“強み”としてきた企業。私見としては、「源泉は『次の技術革新の土壌』の有無であって、製造戦略は“型”に過ぎない」と考えているのですが、まだまだ研究不足・・・


「製造業の決算を概観(3) 従業員一人で4億5000万円も稼ぐ任天堂」へ続きます。

製造業の決算を概観(1) 連結ベースでSONYの株価評価は、Appleの22分の1

連結ベースでSONYの株価評価は、Appleの22分の1
08年度(平成20年度)決算が揃ってきたため、今回は、製造業の決算を概観したいと思います。取り上げるのは、TOYOTA、HONDA、日産、スズキ、SONY、任天堂、そして米国のAppleの7社。

まず、それぞれの企業について従業員数(連結ベース)を一覧。


市場による企業評価は、株価に表れます。そこで、ここ3年間の推移と「株価×発行済株式数」で各企業の株式時価総額を出します。



この時価総額を従業員数で割ると、「従業員一人当たり株式時価総額」が出ます。
その企業に勤めている一人ひとりの従業員が得られている評価と考えられる数字ですが、任天堂は9億8000万円と突出しています。SONYを超える時価総額を、連結ベースでも4000人という少数社員で支えているわけですから、驚異的な数字です。

ただ、ここで注目したいのはSONYとAppleの差です。

同じように携帯音楽プレーヤー「ウォークマン」「iPod」を有し、自社オリジナルのパソコン「VAIO」「Mac」の各シリーズをリリース、コンテンツ事業も展開している両社ですが、その評価は22.5倍もの差があります。日本よりも米国の方が投資環境整備が恵まれていることを差し引いても、国境に関係なく資本が移動する今日において、この22.5倍という差は非常に大きなものです。

先に従業員一人当たりでの企業比較をされていた野口悠紀雄氏によると、Appleへの評価が相対的に高い理由は、その収益性が高い 「水平分業」というビジネスモデルにあると指摘します。


「製造業の決算を概観(2) 水平分業と垂直分業」に続きます。
アクセスカウンター
プロフィール

鮎滝 渉

Author:鮎滝 渉
千秋真一に23%似ているらしいブロガーです。
実家である愛知県に戻ってきました。
ほぼ日刊で更新中。日々の巡回サイトに加えてやってください。
-------------------------
ブロガー名を、「鮎滝 渉」へ改めました。
私が自分に付けた最初のペンネーム。そして、「一角の者になるまでは使うまい」と思ってた名でもあります。

大して公知のペンネームというわけでもありません。が、1回目の中小企業診断士試験の失敗以降、あれこれと思い悩む中、「“輝かしい名としようする執着”はかえって醜い。そろそろ、この名を名乗る覚悟をしよう」と決意。鮎滝の名を使うことにしました。

ちなみに、旧ブロガー名は「スクナビコナ」。
日本神話に出てくる知恵の神様の名前です。恐れ多い名前ですが、ブログをする気構えとして、使っておりました。

スポンサー広告
↓あなたもブログ始めるなら↓ 無料blog

↓アフィリエイト始めるなら↓ アフィリエイト・SEO対策

↓英会話を始めるなら↓ 英会話スクールWILL Square

↓アクセスアップなら↓
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログランキング参加中
応援してやってくださいm( _ _ )m
↓ワンクリックお願いします↓


ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 ニュースブログへ

にほんブログ村 本ブログへ

にほんブログ村 漫画ブログへ

にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ

にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ

本を買う
↓楽天ブックスを使う↓

---------------------------
↓アマゾンで商品検索↓

---------------------------
↓ベストセラー本のご紹介↓
カテゴリー
最近の記事
ブログ内検索
カレンダー
04 | 2009/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。