中小企業診断士をめざしつつ、日々のニュースやおススメ本など話題を提供。「突然スピーチを頼まれた」「ちょっと小生意気な話」など話のネタにしてください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サモア地震「村が丸ごとのみ込まれた」 ・・・鳩山新政府は、災害訓練“未経験”じゃありませんか?

サモア地震、「村が丸ごとのみ込まれた」津波の恐怖語る
(毎日新聞 9/30付)

【ジャカルタ井田純】南太平洋のサモア沖で29日(日本時間30日)に発生したマグニチュード8.0の地震は津波となり、南の島々を襲った。
波は高さ約9メートルに達したとの目撃情報もある。「村が丸ごと一気にのみ込まれた」。住民や観光客は口々に恐怖を語った。海岸線では車両や人が押し流され、地滑り被害も報告されている。

「村があっという間に流された。骨折した人もいる。助けが必要だ」。ニュージーランドからサモアのウポル島に来ていたアンセルさんはAP通信に切迫した様子で話した。

「スタッフは津波が5回押し寄せたと言っている。波は高さ9メートルに達したようだ」。AFP通信によると、米領サモアの国立公園の担当者は、現地の状況を同僚に語った。

サモアの首都アピアにあるホテルの男性従業員(50)は毎日新聞の電話取材に「今までに経験したことがないほどの揺れだった。自分は無事だが、どんな被害が出て何人亡くなったのかも分からない」と話した。アピアでは学校が閉鎖され、企業も活動できない状況となっている。

在ニュージーランド日本大使館によると、サモアには日系企業の従業員、家族ら邦人107人が在住し、旅行者がいる可能性もある。日本時間30日午前11時現在で約50人の無事を確認した。
平木場弘人公使は「高台への避難で連絡がつきにくいが、安否確認を急いでいる」と話した。

自動車部品大手の矢崎総業(東京都港区)に入った連絡によると、アピアの現地工場では人的被害はなく、日本時間の正午までに全員帰宅したという。

日本も、他人事ではないっ!! 災害訓練未経験の内閣
ビックリマークを、敢えて二つ付けたのは、鳩山新政権になってから、「地震対策本部を首相官邸で緊急召集する」といった災害訓練をまだしていないと記憶しているからです。

事務的引き継ぎはなされているはずですが、「災害対応」は、デスクワークと全く性質が異なるものです。訓練という形で、「実際に人が動くこと」でしか見えないものが非常に多くあります。

来年度予算の概算要求全面見直し中の“今”は、霞が関で過労死者が出そうなので避けるのが妥当でしょう。
しかし、一日も早く、閣僚級が動く「災害訓練」を行なっていただきたいと切に思います。阪神・淡路大震災で村山元首相がやらかした失策は、二度とあってはならないのですから。


スポンサーサイト

マニフェスト・3党合意を反映、来年度予算方針が決定 ・・・これで鳩山政権の意志が解る?

マニフェスト・3党合意を反映 来年度予算方針が決定
(朝日新聞 9/29付)
鳩山内閣は29日午前の閣議で、来年度予算編成の基本方針を閣議決定した。各省庁が8月末に提出した概算要求について、来年度の「子ども手当」の創設など民主党の政権公約(マニフェスト)や3党連立合意の内容を反映し、10月15日までに新たな概算要求をまとめる。

閣議決定したのは「10年度予算編成の方針について」で、冒頭に「来年度予算については年内に編成する」と明記した。

この文書では、ムダ削減などを伴う予算の組み替えで新たな財源を生み出し、「これにより財政規律を守り、国債マーケットの信認を確保していく」との表現で財政規律への一定の配慮を示した。

予算編成の考え方については「ムダづかいや不要不急な事業を根絶すること等により、マニフェストの工程表に掲げられた主要な事項を実現する」として、
(1)現行の概算要求基準(シーリング)は廃止
(2)マニフェストを踏まえた要求提出は10月15日まで
(3)すべての予算を組み替え、新たな財源を生み出す
(4)既存予算はゼロベースで厳しく優先順位を見直し、できる限り要求段階から積極的に減額する、などと明記した。

藤井裕久財務相は閣議後の記者会見で、各省庁がどの程度減額して概算要求するかについて、今年度当初予算を下回る水準を「基準」として示した。


これで鳩山政権の意志が解る?
政権与党の最重要課題は『予算案編成』です。「税金などの歳入を、何処へ、幾ら配分するか?」を決めるわけですから、その予算案は、自然に「時の政府が何をしたいのか? 何に重きを置こうとしているのか?」も示すことになります。
したがって、鳩山政権による予算案を見れば、鳩山政権の意志も解る“はず”です。

わざわざ「解る?」と疑問符を付けたり、「“はず”」と付けたりしている理由は、初めて政権交代で生まれた政府による初めての予算案であるため、最後まで詰め切れないかもしれないという予想が一つ。もう一つの理由は、「この2週間で、鳩山政権の意志が不明確になった」と、鮎滝が見ているからです。

「25%削減」「円安是認」「モラトリアム法案」
鳩山首相は、国連総会で「主要国の参加を前提に、日本は、2020年時の温室効果ガスを1990年比25%まで削減する」と宣言しました。日本国国会での所信表明演説・審議前にもかかわらず、いきなりです。

改めて民主党のマニフェストを読み返すと、確かに『新規雇用・産業の創出・育成手段』の一つとして、「2020年までに温暖化ガスを25%削減(90年比)するため、排出量取引市場を創設し、地球温暖化対策税の導入を検討します。」と書いてありました。

しかし、民主党の選挙戦略は、明らかに『政権交代』『脱官僚政治』『ムダ使いゼロ』でした。環境問題については、十分な国会審議を経た上で国際公約を掲げなければ、日本国有権者に対して不誠実でしょう。日本国有権者に対して不誠実であることは、日本国首相としてあってはならないことです。

また、藤井財務相による「『円高是認という報道』の放置」も問題。

かつて米国がドルが世界の基軸通貨であるためにドル高を是認し、「強いドル、強い合衆国」と訴えることで、米国民を奮い立たせたことがあります。そのため最初、鮎滝は、藤井財務相による円高是認を、「自民党以上に市場原理主義じゃないか? それとも『強い円』を思い描いているのか?」と受け止めていました。が、今日に至って、「異常な事態になれば色々あり得る」と述べて為替介入への慎重姿勢を撤回・・・。

『強い円』という確固たる覚悟もなしに、「円高是認」という報道を放置していたのであれば、これは怠慢ではないでしょうか?
9月当初、1ドル=92.9円から始まった為替市場は、段階的に円高を進めていました。昨日今日に始まった流れではなかったわけで、その気になれば、いつでも「介入示唆」はできたはずです。日本の多くの輸出企業が「1ドル=90円」を採算ラインとしているのは常識であり、藤井財務相が就任した16日時点で1ドル=90.9円となっており、懸念を表明しても良かったはずです。

極めつけは、亀井金融相の『モラトリアム法案』。
首相は「3党合意はない」と言い、金融相は「一任されている」と言い、どうしたいのかサッパリです。そもそも、中小企業に中小企業の資金繰り問題があるように、金融機関にだって“金融機関の資金繰り問題”があるわけで、「3年間の支払い猶予」などできるはずのない話です。

長妻さん、“いま”は雇用対策こそ急務です
そして、最も分かり易くも分かり難い動きをされているのが長妻厚労相。

ずっと年金問題を追及されてこられた方ですから、そのまま年金問題に向かうことは予想していました。
しかし、現在の失業率を考えれば、今度の“年越し派遣村”は昨年末よりも厳しくなることは、十分に予測されること。雇用問題を預かる厚労省としては、今から対策を立て続けに提示し、年越し派遣村が作られるような事態を予防することが最優先課題となるはずです。

仮に、長妻厚労相が年金問題に忙殺されているようであれば、そこへ副大臣補佐を付けて年員問題での負荷を軽減し、「雇用問題に注力せよ」と言い続けるのが唯一の上司である鳩山首相の役割です。

「生活が第一」の民主党を明確に打ち出した予算案となることに期待します。

先週のニュース(9/21-9/27)鳩山由起夫首相外交デビュー、出産一時金新制度で資金繰り悪化

「夫婦別姓導入へ」政府、来年にも民法改正案 ・・・家族の幸福度・生産性がより高いのは?

「夫婦別姓導入へ」政府、来年にも民法改正案
(読売新聞 9/27付より)
鳩山新政権は、夫婦が別々の姓を名乗ることを認める『選択的夫婦別姓』を導入する方針を固めました。

早ければ来年の通常国会に、夫婦同姓を定めている民法の改正案を提出する方向で調整を進行。現行の夫婦同姓は1947年に民法に明記されたもので、実現すれば、約60年ぶりの大幅改正となります。

夫婦別姓の導入は、政権交代により、衆院選の政策集に「選択的夫婦別姓の早期実現」を明記した民主党を中心とした政権が誕生したことによるもの。

民主党は、1998年に民法改正案を共産、社民両党などと共同で国会に提出しましたが、自民党が「家族の一体感を損ない、家族崩壊につながる恐れがある」などと強く反対して廃案。その後も、毎年のように共同提出しては廃案となる経緯を辿ってきています。
一方、法務省でも、96年の「法制審議会(法務相大臣の諮問機関)」で『選択的夫婦別姓』の導入が答申されたことを受け、夫婦別姓を盛り込んだ民法改正案をまとめた経緯があります。

強い反発を示してきた自民党が野党に転じたことで、政権与党と法務省の考えが一致。政府提案による法改正が可能となった格好となりました。

民主党などによる民法改正案は、次の通りで、おおむね法務省案にも沿った内容です。
(1)結婚時に夫婦が同姓か別姓かを選択できる
(2)結婚できる年齢を男女とも18歳にそろえる

しかし、別姓を選んだ夫婦の子の姓に関しては、法務省案が「複数の子の姓は統一する」としているのに対し、民主党などの案は子の出生ごとに決めるとしており、今後調整。千葉法務大臣は17日の就任会見で、夫婦別姓導入に前向きな考えを示しています。


諸外国では、姓をどう捉えているか?
日本の夫婦同姓が「家制度・家父長制度」の流れから来ているように、外国でも姓の扱い方には、歴史的・宗教的背景があります。

1.夫婦別姓が基本の韓国・中国
韓国の夫婦は別姓で、生まれた子どもは父親の姓を名乗ります。
これは先祖・血筋を重んじる儒教に基づくもので、「他所から来た女性は、血族の一員として認めない」という捉え方をしているようです。この血筋へのこだわりから、1997年までは、同じ姓を持つ者同士の結婚を認めないとする『同姓同本不婚』という制度がありました。

同じく儒教的考え方の強い中国でも夫婦は別姓が基本。ただし、現在では夫婦同姓も認められるようになり、子どもの姓は選択性となっています。

2.キリスト教やイスラム教では、夫婦同姓
「先進的」とのイメージがある夫婦別姓ですが、欧米では夫婦同姓の方が主流であるようです。

夫婦同姓を原則としているのは、アメリカ、カナダ、イギリス、フランス、ドイツ、インドなど。
キリスト教やイスラム教では、「夫婦は半分半分同士で、結婚して一体になる」という概念があるため、夫婦同姓は当然のことだと捉えられています。例えば、ヒラリー・クリントン国務長官は、ビル・クリントン元大統領と同姓を名乗っていますよね。

ただし、ドイツで93年から「結婚後の姓について夫婦の合意ができない場合」という例外として夫婦別姓や結合姓を認めるなど、変化を見せているのは事実です。結合姓というのは、二人の姓をつなげるもので、田中さんと佐藤さんが結婚したときには「田中・佐藤」や「佐藤・田中」という姓とします。イタリアではこの結合姓を基本としています。

3.最初の名前を変えないという国
一方、スペイン、サウジアラビア、オランダ、スウェーデンでは夫婦別姓が基本。というよりも「生まれて最初に付けられた名前は、死ぬまで変えない」という方が、正確かもしれません。

例えば、スペインでは「自己の名+父の最初の姓+母の最初の姓」を名付けられ、サウジアラビアでは「自己の名+父の名+祖父の名+父の姓」と名付けられることになっており、そもそも「夫婦のどちらの姓を選ぶか?」は問題として上がりません。

姓が変わるのは、不便だろうなぁ
日本の民法が想定する夫婦関係は、民法・第752条「夫婦は同居し、互いに協力し扶助しなければならない。」という文言に表れています。一度結婚したら夫婦は添い遂げるものであり、またそうなるよう協力し合うべきというのが基本にあります。

とはいえ、日本の民法が離婚についての定めを設けているように、「最初の結婚が必ずうまくいく」という保証はありません。妻の側であれ、夫の側であれ、姓が二度、三度と変わることはあり得るわけです。

人口減少社会へ突入している日本にとって、“今の繁栄”を維持するには、男女共働きが必要条件となってきます。夫も妻も、名刺交換をする機会があり、ビジネスパートナーと呼び合う機会があることを考えると、姓がコロコロと変わるのはかなり不便です。

「家族の幸福度」「家族の生産性」がより高いのは?
夫婦別姓問題では、しばしば夫婦同姓側から「夫婦別姓の国は、夫婦間の結びつきが弱く、離婚率や事実婚が多い」という反証がよく出てきます。しかし、「夫婦別姓の国は、男女共に社会参画・経済的自立がし易いため、離婚や事実婚が容易」なのかもしれません。

つまり、“姓という縛り”が離婚率を抑えている主因ではなく、“夫も妻も経済活動が活発”であるために独立し易いという論理である可能性もあるということです。

そうなると夫婦同姓と夫婦別姓とで、「家族の幸福度」「家族の生産性」はどちらがより高いのでしょうか?
この視点に立つと、なかなか大きな問題となってきます。なぜなら、夫婦同姓論者はもっぱら「家族の繋がり」を強調とし、夫婦別姓は「男女同権」などを根拠としており、同姓と別姓による生産性比較は寡聞にして聞いたことがないからです。

高度経済成長が終わった日本では、「家計をより豊かにできるかのはどちらか?」という視点も大切であるはずです。通常国会に間に合うかは微妙なタイミングですが、「生活が第一」という民主党には、是非そこまで分析を進めて欲しいところです。

ちなみに鮎滝自身は、自分の姓にまったく拘りを持っていません。
自分自身の姓をどうするかについて、そのまま言葉にすると「子どものことを考えれば、同姓の方が良いだろう。選ぶのは、より響きの良い方、より画数が良い方で、自分のでも妻のでも構わない。できれば、“鮎滝 渉”を自分の公称にしたいなぁ」となります。

サミット、G8に代わって『G20』を中心に ・・・日中印は、英仏独のようになれるか?

サミット、G8に代わって『G20』を中心に
(読売新聞 9/26付より)

米国ピッツバーグで24日開幕した世界20カ国・地域(G20)の首脳による「金融サミット」は25日夕方(日本時間26日未明)、米国、カナダ、日本、欧州の主要8カ国で構成するG8サミットに代わり、『G20』を世界経済を議論する主要な枠組みとすることで正式に合意。

次回の『G20』は2010年6月にカナダでG8と併せて開催し、同じく10年11月には『G20』を韓国で開く予定。G8は『G20』を補完する会合と位置づけて存続させ、随時開催する方針です。

『G20』を主要な枠組みにすることは、オバマ米大統領の強い意向で進められたもの。米国ホワイトハウスは24日、「『G20首脳会議』を永続的な景気回復を実現するために結束する中核の場とすることで歴史的な合意に達した」との声明を発表しています。
一方、アジア唯一のG8メンバー国として発言権を確保してきた日本の地位低下は避けられず、大きな転機を迎えたことになります。

NY円、一時89円台に G20議論受け、7カ月ぶり
(朝日新聞 9/26付より)

25日のニューヨーク外国為替市場は、海外市場で円高ドル安が進んだ流れを引き継ぎ、円買いドル売りが先行。円相場は一時、前日午後5時時点より1円70銭円高ドル安の1ドル=89円56銭まで上昇し、2月12日以来約7カ月ぶりに89円台をつけました。

25日の『G20』で、「国際的な不均衡の縮小」に向けて各国が協調することで一致する見通しが強まっていました。そのため、経常黒字の多い日本に円高圧力がかかり、主要通貨に対してドル安が進むという思惑が強まって、「円買い、ドル売り」が膨らみました。

さらに、藤井裕久財務相が24日のガイトナー米財務長官との会談で「(自国の)通貨安政策に私は反対だ。円はそのように対応する」と述べ、円高阻止の為替介入に否定的な姿勢を改めて表明したことも材料視され、円高ドル安に拍車がかかっています。

最近は、景気回復期待などからドル安基調が続いており、「金融危機回避のための世界的なドル供給の結果、ドルが市場にあふれているため、ドル売り優勢の展開が当面続く」(大手銀行のディーラー)との見方が出ています。

・・・日中印は、英仏独のようになれるか?
「東アジア共同体」
「村山首相談話の継承」
「東シナ海ガス田の日中共同開発」
「G20と円高甘受」
「90年比、温室効果ガス25%減」
「核兵器なき世界への牽引」

鳩山首相による所信表明演説前に、首相が外交舞台へ上がるスケジュールとなっているため、正直、真意を測りかねています。個人的にこのスピード感は悪くないと感じていますが、肝心の中身の方について、日本の有権者は「そこまで全てを託す意思」を固めていたのでしょうか?

「東アジア共同体」を本気で考えるなら、EUを手本に、日中印が英仏独のような関係になっていくことが望ましいと思っています。
が、おそらく中国が思い描いているのは「中国単独主導による東アジア共同体」であり、それは「中国圏の拡大」と評価すべきもの。人口・13億人の中国を支えてきた“中華思想”とは、そういうものです。華僑たちがどこへでも入っていけるのも、そうした強固な精神的支柱があればこそでしょう。

・・・英国近現代史の良いテキストを探す必要があるかもしれません。

「核兵器なき世界」へ決議、安保理全会一致 ・・・今回の国連はおもしろいなぁ

「核兵器なき世界」へ決議、安保理全会一致
(読売新聞 9/25付)

【ニューヨーク=吉形祐司】国連安全保障理事会は24日午前(日本時間同日夜)、核不拡散と核軍縮に関する首脳級会合を開き、「核兵器なき世界」の条件作りを目指す決議1887を全会一致で採択した。

核不拡散体制の徹底とともに、核軍縮と原子力平和利用を推進、将来的には核兵器の廃絶を実現しようとの目的を、核を保有する常任理事国が中心となって進めようとする歴史的な決議となった。鳩山首相も、唯一の被爆国である日本が積極的に取り組む決意を表明した。

安保理首脳級会合は、9月の議長国である米国が提案。核廃絶を提唱しているオバマ米大統領が、日ごろ安保理の議長となる国連大使に代わって、史上初めて米大統領自ら議長を務めた。

オバマ大統領は会合の冒頭、「国連は(核戦争の)危機回避において枢要な役割を担っている」と強調。さらに、「イランや北朝鮮の(核開発中止を求めた)安保理決議」に言及し、「今後12か月が今日の決議と核拡散防止の成否を決める極めて重要な時期となる」と述べ、全加盟国に迅速な対応を求めた。

決議は、核拡散防止条約(NPT)未加盟国に非核保有国としての加盟を、すべての国に爆発を伴う核実験の自制を求めた。核実験全面禁止条約(CTBT)の加盟、批准もすべての国に求めており、同条約を批准していない安保理常任理事国の米国、中国は、自ら責務を負うことになった。

NPT体制強化により核不拡散を徹底、核関連物資や技術が核開発に野心を持つ国家やテロリストの手に渡るのを阻止することが、決議の当面の狙い。核兵器保有国である常任理事国の米英仏露中5か国も自ら、NPTに基づく核軍縮交渉を推進するとうたった。

常任理事国の発言としては、サルコジ仏大統領、ブラウン英首相がともにイラン、北朝鮮を名指しで非難。メドベージェフ露大統領は「困難で複雑な仕事だが、取り組まねばならない」と発言した。中国の胡錦濤・国家主席は「核兵器の脅威を減ずるため、核の先制使用に基づく核抑止政策を捨てよう」と述べた。

オバマ大統領は閉会に当たり、「全会一致での採択に非常に励まされた。我々が願ってやまない平和と安全を子孫に贈ることができると確信する」と語った。

英首相、核削減表明へ 搭載4潜水艦を3隻に
(朝日新聞 9/24付)

【ロンドン=土佐茂生】英国のブラウン首相は24日の核軍縮に関する国連安保理会合で、英国が保有する核弾頭搭載潜水艦を現在の4隻から3隻に削減することを表明する方針だ。英メディアが首相官邸筋の話として伝えた。

英タイムズ紙は、英国が現在保有する160発の核弾頭も削減の可能性がある、としている。

オバマ大統領が主導する米ロの核軍縮の動きに連動して、英国も核削減に積極的な姿勢を見せることで、核疑惑がとりざたされるイランや北朝鮮に対し、核を放棄するよう促す狙いがある。

その一方、首相官邸は「英国が核抑止能力を持ち続けることは譲れない」とも話している。

英国が持つ唯一の核戦力は、潜水艦発射弾道ミサイル「トライデント」に核弾頭を搭載するシステム。しかし、潜水艦が老朽化し、2020年代から約200億ポンド(約3兆円)をかけて更新していく計画を持っている。

しかし、昨年の金融危機以来、国が抱える借金が膨れあがり、与野党から計画見直しを求める声が高まっていた。官邸筋は「歳出削減とは関係ない。4隻を3隻に減らせば、経費もその分減るという話ではない」と否定するが、来春にも予定される総選挙にむけて、歳出削減策の一つという見方もある。

・・・今回の国連はおもしろいなぁ
オバマ大統領がプラハで行った「核兵器なき世界」演説からの流れもあるのでしょうが、各国首脳の各国内における立場と相俟って、今回の国連では絶妙なバランスを形成。実に、おもしろいことが起こる国連総会・安保理だったと思います。

国内支持率が低迷し、得意の国際政治の舞台で存在感を示したいサルコジ仏大統領。
「脱・プーチン」を図り、事あるごとに独自路線を打ち出そうとしているメドベージェフ露大統領。
次第に中国からの思惑から離れる北朝鮮に対して、擁護を弱めている胡中国国家主席。

さらに、世界不況に直面し、圧倒的に高額である「核兵器の維持費」を抑えたい核保有国の財政事情。
90年代以降、インド、パキスタン、イスラエル、イラン、北朝鮮と拡がる「地域核」の抑止。

マンガ『沈黙の艦隊』では、天才的な潜水艦艦長にして戦略家・政治家でもある「カイエダ」が、国家機密の中で誕生した原子力潜水艦「やまと」で独立国家を宣言。“超大軍事力の弱点”を立証し、“政軍分離”を提唱するまで世界は動きませんでした。

しかし、今回の国連は、「そうした天才が現れなくとも世界は動く」ということを感じさせるものでした。もちろん、いずれも宣言の段階であり、議会を持つ各国がこの先どうなるかは依然として不透明です。が、やはり「おもしろい」と思わずにはいられませんでした。

その渦中で我らが日本の鳩山首相は、「2020年時点での日本の温室効果ガスの削減目標を1990年比25%減とし、途上国の温室効果ガス削減支援を行う『鳩山イニシアチブ』」を打ち出したわけですが、「政権奪取がもう半年早かったら、インパクトあったろうなぁ」という感じです。

9月24日現在の国際問題の優先順位は、1位:経済、2位:核、3位:環境という順番でしょうから。中国とインドの合意を取り付けた温室効果ガス削減システムでないと、やはり、オバマ大統領を差しおいて存在感を示すのは難しいでしょう。

HONDAが次世代型の電動一輪車「U3-X」を発表 ・・・小っこいセグウェイじゃん

HONDAが次世代型の電動一輪車「U3-X」を発表
(産経新聞 9/24付より)

HONDAは24日、乗っている人の体傾き具合をセンサーで感知し、真横、斜めなどさまざまな方向へ自動的に動ける次世代型の電動一輪車「U3-X」を発表しました。

↑ホンダが開発した電動一輪車「U3-X」に乗ってみせる伊東孝紳社長

「U3-X」は、高さ65センチで、全長31.5センチ、全幅16センチのコンパクトサイズ。充電池にリチウムイオン電池を採用し、フル充電で1時間走行可能。利用者の体重の移動を感知することで、曲がったり、止まったりする仕組みになっています。
10月24日から、千葉・幕張で開催される東京モーターショーにも出展される予定。

「U3-X」のバランス制御技術は、二足歩行ロボット「ASIMO(アシモ)」の研究過程で開発されたもの。どのような生活シーンで実用化できるかについては、今後検討を進めるとしています。

・・・小っこいセグウェイじゃん
スゴイ技術だとは思うのですが、「小っこいセグウェイじゃん」というのが鮎滝の感想。

↑ブッシュ大統領から贈られた「セグウェイ」に乗る小泉元首相

さらに気に入らないのが、「どのような生活シーンで実用化できるかについては、今後検討を進める」という部分。最先端技術に基づく製品ですから一定は仕方がないとは思いますが、「介護現場を楽にしよう」とか、「大型空港、集客施設警備に活用してもらおう」とか、「上司の部下管理にかける負担を軽減する」とか、事前に『消費者ニーズ』を考えたものでないと『売れるモノ』とはなりませんよね?

「こういうモノができたのですが、色々と使ってみて下さい」というのは、「収益を上げる企業」のあり様として、いかがなものでしょうか?
「セグウェイ」でさえ、「自転車やバイクに代わる公道での移動手段としたい」とか、ゴルフバッグなどを積載できるタイプの投入して「人が抱えられるサイズの荷物の運搬」といった活用シーンを提案してきています。HONDAなら、もっと消費者へ訴える戦略が採れたのではないでしょうか?

外野からの余計な口出しでしょうが・・・
売れないということは、それに費やした研究開発費の回収ができないということであり、さらに「他の『売れそうなモノ』を作っていたら得られたはずの収益」をも逃したことになります。

HONDAの08年度決算は、黒字とはいえ純利益・1370億円(07年度比23%)と黒字幅が大きく縮小している時期ですよね?

外野からの余計な口出しでしょうが、HONDAはハイブリッド車「インサイト」で、現在、TOYOTAの「プリウス」と真っ向勝負している最中。それなら「インサイト」改良とか、三菱や日産の参入で活気を見せ始めている電気自動車への活路も拓いておくとか、人材・資金の集中投下先があるような気がします。

HONDAは「モノづくり」を根幹としている企業。
二足歩行ロボット「ASIMO」がそうであったように、作り手側(シーズ志向)から入って、その技術力の高さを誇る戦略の一環として「U3-X」の発表に踏み切ったのかもしれません。けれども、『必ず売れるモノづくり』という、よりスマートな方向への修正があっても良いように思います。

第77回オリコン調べ「本」ランキング 今週発売の注目本:ベルセルク、あまつき

第77回オリコン調べ「本」ランキング(9月14日~9月20日)

▽書籍総合
1位(初):Cath Kidston “THANK YOU!”BOX
 (宝島社)・・・211,883部
2位:ドラゴンクエストⅨ 星空の守り人 公式ガイドブック
 下巻 知識編(スクウェア・エニックス)・・・78,783部
3位:ドラゴンクエストⅨ 星空の守り人 公式ガイドブック
 上巻 世界編(スクウェア・エニックス)・・・61,613部
4位(初):巻くだけダイエット 骨盤矯正バンド付き
 (山本千尋)・・・47,216部
5位:しがみつかない生き方
 「ふつうの幸せ」を手に入れる10のルール(香山リカ)・・・39,557部
7位(初):新参者(東野圭吾)・・・29,777部
8位:私服だらけの中居正広増刊号~輝いて~(扶桑社)
 ・・・27,239部
8位(初):X-girl 2009
 FALL&WINTER COLLECTION(宝島社)・・・25,419部
9位:半島へ、ふたたび(蓮池薫)・・・17,333部
10位(初):BAPE KIDS by a bathing ape 2009
 AUTUMN/WINTERCOLLECTION(宝島社)・・・15,852部
――宝島社が刊行したブランドアイテム付きムック、『Cath Kidston』『X-girl』『BAPE KIDS』の3冊が同時ランクイン。
中でも1位となった『Cath Kidston』は、第71回オリコンランキング(8月3日~8月9日分)の『Cer』以来、1カ月ぶりの「書籍総合部門・20万部超え」のヒットを記録しました。先週の『ドラゴンクエストⅨ 公式ガイド』でさえ16万6000部ですから、かなりのヒットだと言えます。

ブランドアイテム付きムックは、付録付き女性ファッション雑誌の発展型にあたります。女性ファッション雑誌は、様々なブランドの商品・コーディネートを掲載しているのに対し、ムックは、その表題となっているブランドの商品のみだけを掲載しているのが特徴。

ムックの方は、純粋に「掲載されるブランドのブランド力」が白日の下に曝されるわけですが、それでも多くのブランドがこの企画に乗ってきています。しかもこの好調ぶり、「この企画は行ける」と踏んだ宝島社の担当さんは、実にいい感覚を持っておられるようです。



▽コミック
1位(↑):君に届け 9(椎名軽穂)・・・178,612部
2位(初):あひるの空 25(日向武史)・・・166,689部
3位(初):FAIRY TAIL 17(真島ヒロ)・・・164,980部
4位(初):魔法先生ネギま! 27(赤松健)・・・149,143部
5位(初):結界師 26(田辺イエロウ)・・・145,212部
6位(初):ソウルイーター 15(大久保篤)・・・142,798部
7位(初):エア・ギア 26(大暮維人)・・・139,508部
8位(初):はじめの一歩 89(森川ジョージ)・・・133,627部
9位:ONE PIECE 55(尾田栄一郎)・・・110,067部
10位(初):MAJOR 73(満田拓也)・・・108,255部
――悲しい・・・。非常に悲しいランキング結果です。初登場作品が8本もあるのにもかかわらず、2週目の『君に届け』に届きませんでした。逆から見れば、それだけ『君に届け』への評価が高いと言うことなのですが、やはり悲しい。

『ソウルイーター』でさえ6位、鮎滝オススメの『キングダム』は30位圏外・・・。ただ、これで一つの仮説が確信に変わりました。「人気作品といえども、“バトル編”を長引かせると読者は離れる」。
『ONE PIECE』のような“伝説級の新キャラクターの畳み掛け”は受けがよいようですが、それぞれのキャラクターの深い部分を描こうと心理描写に紙面を割き、その引き替えとしてバトルが停滞してくると読者は離れる。『バガボンド』のように、最初から「登場人物の心理を抉りますよ」と宣言しない限り、読者は爽快感・疾走感を優先するのでしょう。

「無意味に始まる戦闘はない」という一線を引いていたり、「一つのバトルは大きな戦略の中にある」という展開をしたり、「ちょい役のキャラも一人ひとり生きている」と考えたりしている作者にとって、「読者の志向との折り合い」は難しいところ。ジャンプで連載されている『バクマン。』で、主人公たちが作中で作る推理マンガ“TRAP”の方向性で悩んだように、多くの作家が共通に抱える難題なのかもしれません。



▽文庫
1位:赤い指(東野圭吾)・・・58,083部
2位(初):海戦 交代寄合伊那衆異聞(佐伯泰英)・・・47,308部
3位(↑):さまよう刃(東野圭吾)・・・32,452部
4位(初):生徒会の月末 碧陽学園生徒会黙示録 2
 (葵せきな)・・・29,700部
5位(初):鋼殻のレギオス 14 スカーレット・オラトリオ
 (雨木シュウスケ)・・・29,497部
6位:思考の整理学(外山滋比古)・・・28,980部
7位:柿色のベビーベッド
 杉原爽香36歳の秋(赤川次郎)・・・22,520部
8位:灼眼のシャナⅩⅨ(高橋弥七郎)・・・19,505部
9位:陽気なギャングの日常と襲撃(伊坂幸太郎)・・・19,479部
10位(↑):終末のフール(伊坂幸太郎)・・・18,161部
――佐伯泰英氏が、またまた新作でランクイン。
前作は『酔いどれ小藤次留書』シリーズでしたが、同作が3位に下がったときに初登場1位を飾ったのが東野圭吾氏の『赤い指』。1位を譲らない東野圭吾氏も凄いですが、ほぼ月イチで新作を出してこられる佐伯泰英氏の圧倒的多作も目を引きます(「月刊佐伯」という2つ名をお持ちなのだそうです)。



◆オリコンランキング(11位以下の書籍ランキングはページ中ほど)

今週発売の注目作:
『ベルセルク 34』・・・使徒でもあるクシャーン帝国大帝・ガニシュカは、自らの強大な力を信じ「ゴッド・ハンドを超越するという野心」とともに挙兵。敵対する法王庁教圏連合軍が集結する軍事港湾都市・ヴリタニスへ猛攻を仕掛けていた。

一方、光の鷹・グリフィスは、鷹の団を率いてヴリタニスを攻めるクシャーン軍を攻撃。あっという間に大帝ガニシュカの移動宮までの道を切り開き、グリフィスは「ただ目前に立つ」だけでガニシュカを屈服させ、兵を退かせることに成功する。

しかし、ゴッド・ハンドとの圧倒的な力の差と怒りに震えるガニシュカは、人工の“ベヘリット”に自身を投じ、使徒を超える力を持ってグリフィスと再び戦おうとしていた。触れる命を次々と取り込み、都市を飲み込んだ魔神・ガニシュカの姿は、グリフィスのいる鷹の団本陣からも天に届く巨獣として視認された・・・(9/25発売)

『あまつき 10』・・・私たちが普通に暮らしている現実世界『彼岸』と、妖と人間が混在して暮らしその世のすべてを“天”が決め、何が起きてもおかしくない異世界『あまつき』。

八方美人な高校1年生の主人公・六合は、歴史の補習授業として“大江戸幕末巡回展”へ行かされることになった。江戸時代の生活をヴァーチャル体験できる同施設で六合は、突然、妖による襲撃を受け、女剣士・朽葉に助けられる。が、六合が気付いたところは異世界『あまつき』であった。

唐突にパラレルワールドへ放り込まれた六合は、犬神憑きの女剣士・朽葉、「2年前から『あまつきに』いる」という同級生・篠ノ女、妖の頂点に君臨する梵天といった者たちの中で、次第に、自分の役割を自覚していく六合は・・・。(9/25発売)

――――――――――――――――――――――――――
<アマゾンで今週発売の注目本を買う>
ベルセルク 34 (ジェッツコミックス)/三浦 建太郎

¥550
Amazon.co.jp


あまつき (10) (IDコミックス ZERO-SUMコミックス)/高山 しのぶ

¥580
Amazon.co.jp


海戦―交代寄合伊那衆異聞 (講談社文庫)/佐伯 泰英

¥650
Amazon.co.jp


日中首脳会談で『村山談話踏襲』『ガス田共同開発』を明言 ・・・鳩山の鳩は、ハト派のハト?

首相「東アジア共同体」提唱 日中首脳会談
(読売新聞 9/22付より)

初の日中首脳会談は、21日午後9時前(日本時間22日午前10時前)から1時間、ニューヨーク市内のホテルで行われました。

鳩山首相は、
(1)東アジア共同体の創設――52年に発足した欧州石炭鉄鋼共同体(ECSC)が欧州統合の出発点になったことに触れ、ガス田の共同開発などを通じ、「東アジア共同体」をめざす
(2)東シナ海のガス田開発――「最近の中国の動きの真意が見えない」とクギをさしつつ、「いさかいの海ではなく、友愛の海」とするべく、日中共同開発に向けた条約交渉の開始を要請。
(3)歴史問題――首相は植民地支配と侵略への深い反省を表明した、1995年の『村山首相談話』を「踏襲する」と説明。胡主席は「評価したい」と述べた。

一方、胡主席は、次の5項目を提案。また、10月上旬に北京で予定している日中韓3か国の首脳会談に首相が参加するよう要請し、首相は出席する意向を示しました。
(1)首脳レベルの往来強化──両国指導者は接触を保ち、両国関係の発展のため尽力する
(2)経済貿易関係の強化・発展──両国の協力は金融危機を克服し、世界経済の回復を図る上で有益だ
(3)国民感情の改善──青少年や文化、メディアの交流を推進し、両国の国民感情を改善する
(4)アジア・国際問題での協力推進──朝鮮半島の非核化の推進、北東アジアの平和維持で尽力する。金融危機、気候変動、環境・エネルギーなどの地球規模問題に対処する
(5)意見の相違を適切に解決──両国間では問題や隔たりは避けられないが、両国関係の安定した発展という大局に影響を及ぼさないよう努める

また、地球温暖化問題に関し、胡主席は首相が示した温室効果ガスの「25%削減」との目標について、「積極的な対応を評価する」と述べた。

両首脳は朝鮮半島の非核化に向けた協力でも一致。首相が北朝鮮による日本人拉致問題について「日本には厳しい民意がある」と説明したのに対し、胡主席は「拉致問題を含めた日朝関係進展についても北朝鮮に働きかけている」と応じました。

日中首脳会談の要旨
【日中関係】
鳩山首相――戦略的互恵関係を中身あるものにしたい。
胡錦濤主席――日中関係は最も重要な2国間関係の一つだ。(1)首脳レベルの往来強化 (2)経済貿易協力の強化・発展 (3)国民感情の改善 (4)アジア・国際問題での協力推進 (5)意見の相違を適切に解決を提案したい。
首相――日中の信頼関係を構築し、それを軸に「東アジア共同体」を築きたい。
主席――アジア地域で日中協力は重要だ。村山談話を踏襲する首相の立場を評価する。

【東シナ海ガス田開発】
首相――東シナ海を「いさかいの海」ではなく、「友愛の海」にしたい。
主席――昨年の(日中共同開発の)合意は重要だ。近い将来、実務レベルの接触を提案したい。

【北朝鮮問題】
首相――北朝鮮の核、弾道ミサイル開発は容認できない。拉致問題には厳しい民意がある。
主席――拉致問題を含めた日朝関係の進展を(北朝鮮に)働きかけている。

【地球温暖化問題】
主席――首相の積極的な態度を評価する。中国も気候変動枠組み条約締約国会議(COP)の成功に向けて努力する。

鳩山の鳩は、ハト派のハト?
■村山談話を継承するとは・・・
村山談話とは、日中戦争を「わが国は遠くない過去の一時期、国策を誤り、戦争への道を歩んで国民を存亡の危機に陥れ、植民地支配と侵略によって、多くの国々、とりわけアジア諸国の人々に対して多大の損害と苦痛を与えたもの」と断じた談話です。

確かに村山談話は、日本帝国兵に蹂躙された人々の心に添うものかもしれませんが、決定的な事実の歪曲があることを述べていない点において、非常に不公正です。

まず、植民地支配が国際的に否定され、「民族自決」が世界正義となったのは1945年以降のことであり、決して不正義ではありませんでした。

もちろん、各植民地で宗主国に対するレジスタンスが行われていたのも事実です。しかし、「ある国が、その国益のために他国を征服することはあり得る」というのが、1945年以前の世界。第一次世界大戦に対する反省から1920年に“国際連盟”が発足したものの、それでも植民地保有国は植民地支配を続けていました。
ちなみに、米国はこの国際連盟に参加していません。

■日中開戦は“列強”の論理だけれども・・・
1929年に始まった世界恐慌後、列強各国は、自国圏内で経済を回す保護主義へ傾倒。共産主義経済で世界恐慌の打撃を免れたソ連を除いて、イギリスは「スターリング・ブロック」、フランスは「フラン・ブロック」、米国は「ドル・ブロック」、日本は「円・ブロック」という経済圏を形成しました。

当時の日本はインドを重要な貿易国としていましたが、そのインドをイギリスに取り込まれたため、日本の経済は困窮。日本は経済圏を拡大するために、大陸進出を志向するようになります。

この日本の流れを牽制し、さらに日本の国力を削ろうと締め上げてきたのが、米国、英国、オランダ、中国の4カ国でした。これを『ABCDライン』『ABCD包囲網』と言います。

中国が日本に抵抗するのは正当防衛でしょう。
が、米国が参戦したのは、それまで獲ろうとして獲れなかった中国・東アジアにおける権益を得ること、英国、オランダは、中国・東アジアで保有している権益を守ることが目的でした。中国に対しては反論の余地はありませんが、米国、英国、オランダに「日本は悪だ」と言われる筋合いはありません。

資源小国・日本にとって、米国による鉄・石油の対日輸出禁止、英国による石油の対日輸出禁止などの『ABCD包囲網』は効果的に働きました。日本は、同じように他国のブロックのすき間に陥って困窮していたドイツ、イタリアと同盟。ついに、中国・東南アジアへの軍事侵攻による物資供給ルートの確保という、“最後の一手”を打つところにまで追い詰められていきます。

■『ABCD包囲網』に屈していたら・・・
村山談話の「国策を誤り、戦争への道を歩んで国民を存亡の危機に陥れ」というのは、『ABCD包囲網』によって、石油を輸入する手段を失った1930年~40年代の日本に対して、「あのまま石油枯渇を待つことこそ正しかった」と言っているようなものです。

では本当に、中国・東アジアでの権益獲得をあてとして『ABCD包囲網』に乗ってきた米国や英国へ、「日本が悪うございました。どうぞお怒りをお鎮めになって、石油を恵んでください」と頭を下げていれば良かったのでしょうか?

軍事力が否定されていなかった1945年以前の国際政治を考えれば、鮎滝の結論は「否。抗戦すべし」です。

中国は満州(現・中国北東部)が戻ってくることで手を打っていたかもしれません。が、米国と英国は日本列島を「新たな権益分配の対象」と捉え直し、分割統治していたことでしょう。それが叶えば、米国は環太平洋を完全に掌握し、英国は対ソ連挟撃に向けて確固たる領土を得ることになります。

仮にそのような歴史を辿っていれば、1945年は、日本の『対米英独立戦争開戦の年』となっていたかもしれません。

この歴史の方が、オキナワ・ヒロシマ・ナガサキが無かった可能性は高いでしょう。けれども、当時の日本人の教育水準を考えれば、圧倒的多数の日本人が「民族自決」に覚醒。日本全土が、対米英ゲリラ戦の戦場となっていた可能性も高いと予想されます。
米国の一つの州になっていた可能性もありますが、皇国史観が頂点に達していた1940年代の日本。オキナワ・ヒロシマ・ナガサキも経なかったとすれば、「民族自決」の方が勝るでしょう。

■「あの悲劇を二度と繰り返さない国」という宣誓まで
日中戦争が日本の人類とチャイナの人類にとって、悲劇であったのは認めざるを得ません。しかし、石油・鉄の対日輸出の禁止という「兵糧攻め」にあっていた当時の日本人が、その兵糧攻めに屈した方が正しかったとは思えません。

現代の日本人が、「あの悲劇を二度と繰り返さない国となることを誓う」ことは正しいと考えます。しかし、「国策を誤り、戦争への道を歩んで国民を存亡の危機に陥れ」という村山談話は、この14年間、何度考え直しても日本国首相が発すべき言葉ではなかったと、鮎滝は考えています。

正直、最初の日中首脳会談で、村山談話の踏襲を認めた鳩山由紀夫氏には幻滅を禁じ得ません。しかもご丁寧に、国際法上、日本の独占を堂々と主張できる「東シナ海ガス田」について、「日中共同開発とする」という言質まで献上するとは。

もし鳩山氏の言う「友愛外交」が単なる「土下座外交」なら、それは友愛外交とは呼べません。なぜなら、友愛とは「友人に対する親しみの情」であり、対等に物を言い合う仲でなければ成立しないからです。友人とは、都合の良いヤツではなく、一目置く頼りになるヤツでしょう?


――――――――――――――――――――――――――
関連記事
◆村山内閣総理大臣談話(全文)

村山内閣総理大臣談話(全文)

1995年8月15日
村山内閣総理大臣談話

内閣総理大臣 村山 富市

先の大戦が終わりを告げてから、50年の歳月が流れました。今、あらためて、あの戦争によって犠牲となられた内外の多くの人々に思いを馳せるとき、万感胸に迫るものがあります。

敗戦後、日本は、あの焼け野原から、幾多の困難を乗り越えて、今日の平和と繁栄を築いてまいりました。
このことは私たちの誇りであり、そのために注がれた国民の皆様一人一人の英知とたゆみない努力に、私は心から敬意の念を表すものであります。ここに至まで、米国をはじめ、世界の国々から寄せられた支援と協力に対し、あらためて深甚な謝意を表明いたします。また、アジア太平洋近隣諸国、米国、さらには欧州諸国との間に今日のような友好関係を築き上げるに至ったことを、心から喜びたいと思います。

平和で豊かな日本となった今日、私たちはややもすればこの平和の尊さ、有難さを忘れがちになります。私たちは過去の過ちを二度と繰り返すことのないよう、戦争の悲惨さを若い世代に語り伝えていかなければなりません。特に近隣諸国の人々と手を携えて、アジア太平洋地域ひいては世界の平和を確かなものとしていくためには、なによりも、これらの諸国との間に深い理解と信頼にもとづいた関係を培っていくことが不可欠と考えます。

政府は、この考えにもとづき、特に近現代における日本と近隣アジア諸国との関係にかかわる歴史研究を支援し、各国との交流の飛躍的な拡大をはかるために、この二つを柱とした平和友好交流事業を展開しております。たま、現在取り組んでいる戦後処理問題についても、わが国とこれらの国々との信頼関係を一層強化するため、私は、引き続き誠実に対応してまいります。

いま、戦後50周年の節目に当たり、われわれが銘記すべきことは、来し方を訪ねて歴史の教訓に学び、未来を望んで、人類社会の平和と繁栄への道を誤らないことであります。

わが国は遠くない過去の一時期、国策を誤り、戦争への道を歩んで国民を存亡の危機に陥れ、植民地支配と侵略によって、多くの国々、とりわけアジア諸国の人々に対して多大の損害と苦痛を与えました。私は、未来に過ち無からしめんとするが故に、疑うべくもないこの歴史の事実を謙虚に受け止め、ここにあらためて痛切な反省の意を表し、心からのお詫びの気持ちを表明いたします。また、この歴史がもたらした内外すべての犠牲者に深い哀悼の念を捧げます。

敗戦の日から50周年を迎えた今日、わが国は、深い反省に立ち、独善的なナショナリズムを排し、責任ある国際社会の一員として国際協調を促進し、それを通じて、平和の理念と民主主義とを押し広めていかなければなりません。同時に、わが国は、唯一の被爆国としての体験を踏まえて、核兵器の究極の廃絶を目指し、核不拡散態勢の強化など、国際的な軍縮を積極的に推進していくことが肝要であります。これこそ、過去に対するつぐないとなり、犠牲となられた方々の御霊を鎮めるゆえんとなると、私は信じております。

「杖るは信に如くは莫し」と申します。この記念すべき時に当たり、信義をを施政の根幹とすることを内外に表明し、私の誓いの言葉といたします。

※「杖るは信に如くは莫し」(よるはしんにしくはなし)・・・頼りとするものとしては、信義に勝るものはない。 出典:「春秋左伝」

出産一時金、新制度に産科開業医ら悲鳴 ・・・「出産2カ月後、支給」で資金繰り悪化

出産一時金、10月開始の新制度に産科開業医ら悲鳴
(毎日新聞 9/22付より)

退院時に親が分娩費用を原則、負担せずに済む10月から始まる新制度に対し、産科開業医らが悲鳴を上げています。

『出産育児一時金』は、親ではなく医療機関に直接支払われるため、親の分娩費用の不払いなどを防止できると期待されます。しかし一方で、医療機関への支払いが「出産約2カ月後」となっているため、“空白の2カ月間”が生まれ資金繰り悪化の懸念もあります。
勤務医や開業医らで作る日本産婦人科医会は「導入を3カ月ほど延期してほしい」と訴えています。

現行制度は、親が医療機関に分娩費用をいったん払い込み、その後、健康保険などから出産育児一時金が支給される仕組み。
これが新制度では、一時金を4万円引き上げて原則42万円とする一方、直接医療機関に支払われるようになります。親の経済負担を軽減し、出産しやすい環境を作るのが狙いです。

ところが、一時金は出産の約2カ月後に支払われるため、出産を主とする医療機関では10月からの約2カ月間、これまでなら受付窓口で得られていたはずの現金収入が大きく減少。名古屋市内の開業医は「2カ月間で約2000万円の現金収入がなくなる。ぎりぎりの経営のため不安だ」と話します。

資金繰り悪化で廃業せざるを得なくなる産科も・・・
日本産婦人科医会が8~9月、全国47支部に実施した緊急アンケートでは、10月からの新制度開始を「容認する」と答えたのは4割にとどまっています。

容認できないとする理由については、「事務手続きが煩雑」「準備が間に合わない」「資金繰りがつかない」「高額の借金が必要になることに納得がいかない」など。茨城県支部では、資金繰り悪化で廃業せざるを得なくなると回答した医療機関が3件もあったといいます。

北里大学の海野信也教授(産婦人科)は「(新制度は)妊婦にとって負担の軽減につながるが、医療機関の負担は大きくなる。地域の分娩体制を守るため、入金の遅れを短くするなど医療機関の経営が安定化するような対策が必要」と指摘。

これら医療現場の声に対して、厚労省保険局総務課は「現時点で制度導入に変更はない。低利で融資する同省所管の福祉医療機構を紹介している」と説明しています。

出産育児一時金の新制度は、昨年8月、舛添要一・前厚生労働相が緊急少子化対策として、妊婦が分娩費用の立て替えをしないで済むものとして示唆。今年5月末、厚労省が新制度の実施要綱を示したものです。

何故、医療機関への支払いが「出産約2カ月後」?
子どもが生まれた後、その出生届の提出期限は「出生日から14日以内」と定められています。ということは、市町村など基礎自治体は「新しい子どもの誕生を、14日以内に把握できる」わけです。
それなのに、何故、「出産約2カ月後」での支払いとなるのでしょうか?

従来の出産育児一時金の手続きは、おおよそ次のような工程を踏みます。
①・・・出産前に市町村役所で『出産育児一時金』の請求用紙をもらう(病院に置いてあることもある)。

②・・・無事に子どもが誕生したら、『出産育児一時金』の請求用紙の証明欄に、医師か助産師に必要事項を記入してもらう。

③・・・医療機関へ分娩費用を支払う(入院代込みで30~40万円)。

④・・・『出産育児一時金』の請求用紙に必要事項を記入し終えたら、出生届とともに役所に提出。その際に、育児金を受け取る振込先銀行口座を指定。

⑤・・・役所からの『出産育児一時金』の支払いを待つ(国から35万円+自治体ごとの補助金)。

『出産育児一時金』は、自治体によって④の手続き完了後にその場で現金で渡される場合もあります。が、多くは指定口座への振込まで2週間から2カ月かかっていました。
新制度は、病院への直接振込に切り替えるものだと考えられますから、医療機関への支払いが「出産約2カ月後」となるわけです。

医療機関も、毎日動いている一つの事業体
一家庭から見れば、出産費用の30~40万円を、一時的にでも家計から出さなくて済むようになったと言えます。これは桝添前厚労相の思惑通りでしょう。
しかし、医療機関からすると、患者数分の現金収入の空白という負担になっていまいます。

例えば、月に30人の妊婦を担当してきた医療機関があったとします。
この病院の出産費用が30万円だったとすると、30万円×30人で、従来は月に900万円の現金収入を病院の受付窓口で得られていました。ところが新制度では、その現金収入の2カ月分・1800万円について、役所からの振込を待つことになります。

医療機関も一つの事業体ですから、日々、医師・看護師・医療事務員の人件費が発生していますし、医薬品費、その他消耗品費、病院施設の家賃・地代なども払わなければなりません。毎日動いている事業体である医療機関にとって、1800万円の現金回収待ちはかなりの負担です。

医薬品費が大手薬品メーカー宛のみなら「買掛金」で待ってもらえる可能性もあるでしょうが、それでも日本全国の産科で同じような支払い猶予の申し出があると、大手薬品メーカーと言っても耐えるのは難しいでしょう。医療機関職員に給与支払いを2カ月待ってもらうというのも、かなり厳しい判断でしょう。

9月も残り8日間。どうして今の今になって、こんなことが問題になるのか?
「『出産育児一時金』を、親ではなく医療機関に直接支払うことは可能です」と判断した官僚、最後に大臣報告した官僚は、一体、誰なのでしょうか? そのシミュレーション能力には、非常に疑問を感じます。

読売・BBC世論調査「日本人の72%、経済格差感じる」 ・・・「現実との乖離分析のない統計」

読売・BBC世論調査「日本人の72%、経済格差感じる」
(読売新聞 9/22付より)

読売新聞社が英BBC放送と共同実施した20か国対象の世論調査で、自国で経済的な豊かさが公平に行き渡っているかどうかを聞いたところ、日本では「公平だ」と思う人は16%にとどまり、「公平ではない」が72%に達しました。

同調査は6月から8月にかけて、面接または電話で実施し、読売新聞社は日本国内分を担当。各国の結果は下図の通り。

「公平ではない」はフランスの84%が最高で、日本はロシア、トルコ各77%、ドイツ76%、フィリピン74%に続いて高く、多くの国の国民が「格差」を強く感じていることを浮き彫りにしました。

「公平か? 公平でないか?」で二分すると、日本を含む17カ国で「公平ではない」という答えが多数を占めました。一方、「公平だ」と思う人が最も多かったのはオーストラリアで64%で、カナダは過半数の58%が公平と感じているという結果でした。

豪州・・・・・・公平・64%―公平ではない・32%
インド・・・・・公平・44%―公平ではない・27%
中国・・・・・・公平・44%―公平ではない・49%
米国・・・・・・公平・41%―公平ではない・55%
イギリス・・・公平・39%―公平ではない・57%
ドイツ ・・・・・公平・21%―公平ではない・76%
フランス・・・公平・13%―公平ではない・84%
日本・・・・・・公平・16%―公平ではない・72%
ロシア ・・・・公平・ 8%―公平ではない・77%

また、「政府が景気対策のため財政支出を大幅に増やすべきか?」については、日本では賛成47%、反対36%だったほか、15カ国で賛成が反対を上回り、政府が果たす役割への期待は高くなっています。

統計の危うさ「現実との乖離分析の不存在」
「またも、読売新聞ともあろう大新聞が・・・」というのが鮎滝の感想です。

私たちは知っていますよね? 中国の四川大震災の後がどうなっているか。私たちは知っていますよね? 北京・上海・香港に摩天楼がある一方で、中国の内陸・農村部では土を固めた住居が主流であること、いや都市部でさえ、旧き良き中国式住居が「立ち後れた旧市街」と扱われ、中国政府の都合で強制退去させられていることを。
にもかかわらず、そうした事象との差異を分析することもなく「中国では、44%もの人々が“今を公平だ”と感じているのですよ」という統計結果を見せられて、誰が信頼するでしょうか?

もし読売新聞が、BBCと共同実施したという一点で信憑性を支えているのだとしたら、読売新聞の取材能力は一笑に付すべきものと断定せざるをえません。
「いかなる結果であろうとも、ただ事実を伝えることがジャーナリズムだ」というのであれば、それはそれで結構でしょう。しかし、これまで読売新聞自身が糾弾したこともある「中国国内における不公正との整合性」を放り出すのは、マスコミとして無責任に過ぎます。

中国国内のアンケートが、都市部から農村部まで、ニューリッチから農工民まで万遍なく対象とされたものであるのかを、少なくともあわせて公表すべきでしょう。これでは、「国益のためならどんな強制退去も推し進めるべし」という中国政府に自信を与え、中国が香港を取り込むことで得た「健全なジャーナリズムの芽」を摘むことに加担するようなものです。

出生率を2.02に引き上げたフランスで公平感がない根拠は?
また、「長く出生率が2.00を下回り、“人口減少の危機”を抱いてきた中。思い切った保育施設の増設、子ども手当の拡充、育児休業の促進に踏み切り、出生率を2.02に引き上げたフランス」の分析も、本来ならこの統計へあわせて掲載されなければなりません。

◆フランスの出生率が2.02に上昇、30年前の水準へ回復 日本の出生率は1.34(09/1/14)
◆有給休暇を1カ月も取るフランス―旅行会社エクスペディアジャパン社調査―(09/4/11)

さらに指摘したいのが、国際NGO「セーブ・ザ・チルドレン」が発表している『母になるのにベストな国ランキング』との比較分析です。
このブログでは5月9日に取り上げましたが、同ランキングでは、上位10カ国は次の通り。
1位 ・・・・スウェーデン
2位 ・・・・ノルウェー
3位 ・・・・オーストラリア
4位 ・・・・アイスランド
5位 ・・・・デンマーク
6位 ・・・・ニュージーランド
7位 ・・・・フィンランド
8位 ・・・・アイルランド
9位 ・・・・ドイツ
10位・・・オランダ

同ランキングで3位にいるオーストラリアが、経済格差について「自国は公平である」というのは解ります。しかし、9位にいるドイツは「自国は公平ではない」と言っています。
この差は、一体、どこに起因しているのでしょうか?

いま鳩山政権は、出産育児への財政支出拡充を図っている
周知の通り、いま鳩山政権は、出産育児に関する財政支出を拡充しようとしています。リーマンショック以来の不況下にあり、政府財政が危機的状況にあるにもかかわらず、女性の4人に1人・男性の5人に1人が65歳以上という少子高齢化と人口減少の打開方法を模索しているわけです。

従って、『母になるのにベストな国ランキング』で3位、『経済的な豊かさが公平に行き渡っているか』について64%が肯定しているオーストラリア。同ランキングで9位にいながら、経済的公平性について76%が否定しているドイツ。これら諸外国の分析は、鳩山政権への提言として、非常に有益であるはずです。

読売新聞ほどの大新聞が、なぜそこまで追究しなかったのか? 民主的多数決で決まった新政権へ疑義を持つ者の振る舞いとも解釈されますが、これは私個人の邪推でしょうか?

ただ、読売新聞がデータを公表した以上、朝日新聞でも、毎日新聞でも、産経新聞でも、日経新聞でも、地方紙でも、取材・分析力さえあれば、この考察に参加できる状況が生まれています。政権与党に口出しをする足掛かりとして、シンクタンクが参戦するのも良いでしょう。

「出産育児への財政支出拡充は経済的格差を、是正するか否か?」
「経済的格差を是正する出産育児への財政支出拡充は、成立するか否か?」

この2つの問いに回答を出せる識者の登場を望みます。

先週のニュース(9/14-9/20)鳩山新政権、イチロー9年連続200安打、国宝ベニヤで落書対策

先週のニュース(9/14-9/20)鳩山新政権、イチロー9年連続200本、三十三間堂がベニヤで落書き防止

9/20 三十三間堂、落書き防ぎに興ざめベニヤ板 「取り返しのつかないこと」を教えることは不可能か?

9/20 内閣府調査「商店街に魅力なし」が4割 ・・・ドラッグストアばかりの姫路駅前を何とかしたい

9/19 民主党流着々? 議員立法を原則禁止、「各省庁政策会議」で意見を統一し『政府案』として国会提出へ

9/18 矢継ぎ早に各閣僚が「マニフェスト」の実行を明言 ・・・政権が代わると言うこととは?

9/18 酒井法子被告は薬物依存治療・うつ対策の後に、“薬物依存治療基金”創設という社会奉仕を

9/17 「新政権への期待」「この人、誰?」の相乗効果か 深夜の新閣僚記者会見で視聴率7.4%

9/17 第76回オリコン調べ「本」ランキング 今週発売の注目本:ソウルイーター、キングダム

9/16 第93代首相へ、民主・鳩山由起夫氏が指名される ・・・閣僚名簿の初見時点での感想

9/15 「金融界は米国民に借り」米大統領、ウォール街で演説 ・・・「言葉を選べるセンス」

9/14 野球界に「100年に一人のヒーロー」誕生! イチローが『9年連続200安打』を達成

――――――――――――――――――――――――――
↓Googleでもっと調べる↓




Google


三十三間堂、落書き防ぎに興ざめベニヤ板 「取り返しのつかないこと」を教えることは不可能か?

三十三間堂、落書き防ぎに興ざめベニヤ 文化庁の許可なく
(読売新聞 9/20付より)

1001体の千手観音像を安置する京都市東山区の国宝・三十三間堂(蓮華王院)で、堂内の板壁に増える落書きを防ぐため、壁の大部分にベニヤ板をはめ込んでいることが分かりました。

窮余の策ですが、寺側は事前に文化庁の許可を得ておらず、京都府教委は「『文化財保護法』に触れる恐れもある」として調査に乗り出す方針です。

寺によると、8月上旬、千手観音像の背後にある西側の内壁と、横にあたる北側の内壁の柱の間に赤茶色に塗ったベニヤ板計33枚をはめ込み。くぎなどは使わず、取り外し可能なものとしているといいます。

三十三間堂は、鎌倉時代に再建されたもので、本来はヒノキの板壁。
しかし、修学旅行生らが名前などを刻んだ傷が発見され、特に南側内壁の落書きが多く、寺は2005年にベニヤ板4枚で覆っていました。が、ほかの壁でも落書きが目立つようになったため、ベニア板を増やしたと言います。

三十三間堂を管理する妙法院の木ノ下寂俊執事長は「落書きがあると、さらに増えるので覆うしかなかった。ただ、文化庁に申請しなかったことは問題だった」と話しています。

『文化財保護法』は、文化財の現状変更や保存に影響する工事の際は、各都道府県教委に相談のうえ、文化庁の許可を得るよう定めています。京都府教委は「文化庁と協議し、処置が文化財の保存に影響を与えるなら、取り外しなどを指導する」としています。

文化財保存に詳しい三輪嘉六・九州国立博物館長(文化財学)の話「どこの寺社も落書きには、苦慮している。防ぎたい思いは理解できるが、文化財を本来の姿で見せることにも配慮が必要ではないか」と言います。

落書きが現代に限った問題でないのは事実だが・・・
大規模な修繕作業に入ることになっている姫路城でも、修学旅行生によるものと思われる落書き、ナイフなどで彫ったと思われる落書き、わざわざ監視カメラの死角を狙った悪質な落書きが大量に見つかり、問題となっています。

無論、落書きが現代に限った問題でないのは事実です。
紀元前2000年以上の昔、シュメール人が「最近の若者はなってない」という落書きをのこしていたと言われるように、いつの時代にも“書くもの”が手元にあると、人は何か書かずにいられなくなるものなのでしょう。

しかし、紀元前2000年の落書きと現代の落書きは、その背景があまりに違うと言うことを認識する必要があります。

紀元前2000年の昔を生きていた人にとって、落書きをした対象物は同時代の物であり、「歴史的価値」など感じるはずもありません。それでも「他人の物」という抵抗感は抱いていたでしょうし、その抵抗感を超えてでも書かずにはおれないという表現の渇望があったと想像されます。

「取り返しのつかないこと」を教えることは不可能か?
しかし、2009年を生きる現代人の落書きは、まったくの別物です。

第一に歴史的建造物や遺産への落書きは、数百年間、数千年間も守られてきたという『重み』への侵害にあたります。
歴史的遺産は、数百年、数千年にわたり、幾百人もの幾千人もの手を介しながら、壊されることなく、傷付けられることなく、受け継がれてきた成果として現代に遺っているものです。これを傷付けたり、破壊したりすることは、過去の幾千もの「これを後世へ遺す」という意志を踏みにじる行為であり、どのような権力者であってもそれを犯すことは分を超えます。

第二に歴史的遺産への落書きは、『取り返しのつかない』という事実。
落書きを消して元通りにするということは、そのほとんどが不可能です。油性ペンで書かれたものはシンナーなどに溶解させて消しますが、その際、落書きとともにこれまで蓄積されてきた粉塵や手入れの後も溶解してしまいます。ナイフなどで削られた物に至っては、その建材を、落書きを数倍する面積を削り取らなければなりません。

歴史的遺産への落書きは、本当に、取り返しがつきません。誰も、二度と元通りに戻せないようにすることであり、イタズラの域を超えた暴挙。「人類が至宝として守ろうとしていることへ唾棄する行為」です。

「歴史的遺産の修復見学」を修学旅行の必須とすべき
三十三間堂にしても、姫路城にしても、現代の名工たちを結集させてもなお、「当時らしい姿」にするまでが限界。

戦国から江戸時代初期の城には、樹齢2000年を超えるようなヒノキが使われています。が、当時の築城ブームでほとんどの大木を使い切っており、すでに日本国内で、築城に使えるようなヒノキを手に入れることは出来ません。近年は、ヒノキの樹皮をつかった檜皮葺でさえ、材料の確保が難しくなっています。

それでも常人程度の修練では到底辿り着けない技を駆使しているわけで、修学旅行の計画では、「歴史的遺産の修復作業の見学」を必須とすべきではないでしょうか? 歴史的遺産の修復作業は、建築物以外にも、絵画・書画でも行われています。歴史的遺産を守るために、どれだけ手が尽くされているかを知る修学旅行計画は立てられるでしょう。

現代の表現媒体は、太古に比して圧倒的に軽い
現代において表現媒体は、太古に比して圧倒的に『軽い』ということも、付け加えなければなりません。

「文字」とは為政・統治のために生まれたものであり、かつては一部の支配階級のみに許されたものでした。
庶民は会話ができれば十分に生活ができますし、文字を覚えるヒマがあったらその分、田畑を耕すことを求められる身分でした。しかし、指揮命令を徹底する支配者にとっては、一言一句もらすことなく伝える文字は必須であり、庶民が理解できない文字はそのまま暗号として「知識・情報の独占」にもつなげられました。

ところが、現代日本人は基礎教育が義務化され、ほとんどの人たちが中学卒業時には新聞を読めるようになっています。さらにホームページ、ブログ、ツイッターといった表現媒体を、「無料」「超低価格」で手に入れることが出来ます。
このブログも、これで1333本目の記事となりますが、LANの維持費を除いて、ブログ自体にかかっている費用は「ゼロ円」「タダ」です。

「文字」という道具が貴族・豪商など一部の特権階級によって独占されていた時代の落書きと、基礎教育が義務化されている現代日本人の落書きとでは、決定的にその重さが違うのです。

「歴史的遺産の重さ」「人類の至宝へ唾棄しているという意識」「手軽に表現媒体を得られる自由」。こうしたことを12歳までに伝えることを、日本国の教育は本当にできないのでしょうか?
仮にできないのだとしたら、鮎滝は、三十三間堂がベニヤ板で覆われるのはやむを得ないと判断します。「2009年の日本人は落書きから文化財を守れなかった」というのを残すのも、一つの教育でしょう。

内閣府調査「商店街に魅力なし」が4割 ・・・ドラッグストアばかりの姫路駅前を何とかしたい

内閣府調査、「商店街に魅力なし」が4割
(時事通信 9/19日付より)
内閣府は19日、『歩いて暮らせる街づくりに関する世論調査』を発表しました。
それぞれが暮らす地域の中心市街地の課題を聞いたところ、40.6%が「商店に魅力がない」と回答。「にぎわいが感じられない」(32.1%)、「鉄道やバスなど公共交通機関の利用が不便」(29.4%)が続きました。

内閣府は各地で進む市街地の空洞化が裏付けられたとみており、「車を持たない高齢者らに配慮したコンパクトな街づくりが必要」としています。

同調査は7月16日から8月2日にかけて、全国の成人男女5000人を対象に個別面接方式で実施。有効回答率は63.1%でした。
街を歩きやすくするために必要な取り組みとしては、60.4%が「歩道の拡張」と回答。「バリアフリー化や電柱撤去」を求めたのは54.0%、「照明など防犯のための施設整備」が51.9%でした。


・・・姫路駅前は、ドラッグストアばかり
市街地商店街の魅力低下について、鮎滝は身近でひしひしと感じています。

JR姫路駅前(北側)には、国宝・姫路城に至るまでに大きく2本の商店街が形成されています。JR姫路駅から姫路城へ続く6車線の大手前通りを挟んで、東側は『みゆき通り』という広い歩行者専用道路の中心に、西側は大手前通りからの西へ入る幾筋かの歩道で商店街があります。

自動車を運転しない鮎滝は、駅前行きのバス停が近いこともあり、しばしばこれらの商店街を利用します。が、そこで感じるのが「ドラッグストアの乱立」です。

マツモトキヨシ・・・・2店舗
ゴダイドラッグ ・・・・3店舗
ダイコクドラッグ・・・1店舗
といったドラッグストアが、駅前500mに店舗を構えています。

もちろん同じチェーン店でも、一方は医薬品のみ、もう一方はより広い店舗面積を活かしてコスメや健康食品まで取り扱うなど、一応の差は見られます。『みゆき通り』などではマツキヨ、ゴダイ、ダイコクの3店舗がにらみ合うような立地になっており、「これはこれで競合する顧客の争奪戦が生まれて良いのか?」とも思います。

ですが、「結局、その場で買うかどうかを決める日常品・常備薬しか並べていないし、並んでいる商品もほとんど同じ。店員の対応もマニュアル化されているし、価格以外で勝負できるのか?」「そもそも、6店舗も出店するほど本当に需要があるのか?」と、歩くたびに疑問を感じています。

事実として、相応に顧客の出入りはあることから、売上は上がっているのでしょう。けれども、「駅前の使い方」としては、やはり魅力に欠けるように思われて仕方がありません。
ちなみに、ボンマルシェというスーパーマーケットが同じく姫路駅前500m圏内で、3店舗出ていたりします。

「商店街を一つの企業体と考えると」―現状のリスク―
今年は取れませんでしたが、鮎滝は、中小企業診断士の資格を取れたら最初に手を付けたいと考えていたのが「『株式会社・○○商店街』を起業させること」でした。

特に姫路駅前のような観光都市の場合、観光消費向け(土産、特産飲食など)、日用品消費向け(食品、金物など)、休日消費向け(映画館、ゲームセンターなど)の3種類の店舗に分類されると試考。それぞれに曜日単位、季節単位で売上が上下することが経営上の障害になると考えています。

概して駅前は土地代が高いことも、大きな資本リスクだと考えています。
フランチャイズ店なら店主の交代で済みますが、店主の高齢化、死亡はそのまま店舗の廃業に成りかねません。失礼ながら、店主がご高齢であるほど、一年中「1000円均一」「100円均一」「セール」などを掲げ、売り込むための見易い陳列計画がなされていない傾向が大きく、相続税はそのまま土地・建物・在庫の売却でしか払われない、とお見受けしています。

さらに駅前の高い土地代は、新規出店希望者にとっても大きな資本リスク。
駆け出しデザイナーによる出店や、独立したてのバイヤーによるセレクトショップの出店に際しては、かなり大きな障壁となるでしょう。

「商店街を一つの企業体と考えると」―後継・出店―
「シーズンによって変動する売上」「後継者が絶えることによる廃業」「後継そのもの、新規参入者の困難さ」を解消できないかと思って試考していたのが、「『株式会社・○○商店街』の起業」です。

『株式会社・○○商店街』は、店主は株式会社に土地・建物を供して、それに応じた株式発行を受けます。株式会社は、株式を発行することで、土地・建物の所有権を株式会社に帰属させます。

こうすると、まず、相続税問題と店舗の存続問題とを切り離すことが出来ます。相続税は発行された株式の資産価値に課せられますから、店主が後継者なく亡くなることになっても、その店舗は生前のまま維持することが可能となります。

また新規参入者についても、希望する店舗への出店を、同店舗に応じた株式を取得するまで毎月積立をしていくという形で実現。店舗の取得を、イニシャルコスト(初期投資)ではなくランニングコストとして捉えられるようにすれば、かなり早い段階で出店へこぎ着けられるはずです。

一時的に空き店舗の資本は、株式会社、ひいては既存株主が負担することになります。が、新しい出店者が速やかに決まり、シャッターを閉じている店舗を減らすことが出来れば、継続的な「にぎわい」につながり、長期的にはメリットがあるのではないでしょうか?

さらに野心的に考えれば、既存店舗とシャッターを下ろすことになった店舗間での固定資産の交換も積極的に進めることになります。
『株式会社・○○商店街』の目的は、「株式会社・○○商店街の総売上・収益性の向上」。その実現のためには、顧客を商店街の中心部まで呼び込むことが基本であり、活気のある店舗、工夫を凝らしている店舗ほど、よりよい立地、顧客を呼び込める立地へ移転させていくことも、戦術の一つとなるからです。
『株式会社・○○商店街』としては一つですが、店舗間競争は、各店舗の立地競争という形で残るわけです。

「お酒も取り扱うコンビニの隣に建つ、日本酒ソムリエが居る『日本酒専門店』」
「ユニクロの隣に建つ、新進気鋭のデザイナーが立ち上げた『デザイナーズショップ』」
鮎滝にとっては、ワクワクする状況です。

「商店街を一つの企業体と考えると」―売上分配―
ただし、『株式会社・○○商店街』とした時に、大きくもめると思われるのが売上の分配です。

日用品消費向け(食品、金物など)はコンスタントに売上を出してくるはずです。しかし一方、休日消費向け(映画館、ゲームセンターなど)、観光消費向け(土産、特産飲食など)は、繁忙期と閑散期の差が激しく、「今日は10分も休めなかった」という日もあれば、「今日は1日、客が入らなかった」という日もあるでしょう。

『株式会社・○○商店街』での売上分配を給与制とした場合、この「売上の上がり方の違う店舗間の不公平感」を乗り越えるのは至難の業です。

ですが、『株式会社・○○商店街』の目的は、「株式会社・○○商店街の総売上・収益性の向上」にあります。可能な限り多種多様な顧客を「『株式会社・○○商店街』の顧客」とすることによって、通年で売上高、雇用確保をより安定的なものにし、『株式会社・○○商店街』として次の展開を考える余力を生み出したいわけです。

従って、コンスタントに稼いでくれる店舗も、ピンポイントで稼いでくる店舗も共に必要であり、固い『互助関係』を築くことはとても重要です。コンスタントに稼ぐ店舗は会社の下支えという貢献、ピンポイントで稼ぐ店舗は入念な下準備を重ねてかき入れ時に最高点まで盛り上げるという貢献がそれぞれの役割であり、その役割分担を両者に『納得』してもらわなければ成功しません。

落着点としては、通年で一定の総売上を予測して基本給を算出し、それを超える利益の分配は各店舗の貢献度に応じる賞与といったところでしょうか。

こういった『納得』の上に成立した『株式会社・○○商店街』は、業種・業態ごとの出店数や立地、駐車場・駐輪場の収容台数や配置、巡回バスのバス停位置など「顧客を商店街の中心部まで呼び込む、意図的・計画的な街づくり」ができるだろうと想像しています。なぜなら『株式会社・○○商店街』が儲からないと、給与は上がらないわけですから。

民主党流着々? 議員立法を原則禁止、「各省庁政策会議」で意見を統一し『政府案』として国会提出へ

政府・与党の政策決定システム 「各省政策会議」新設 小沢氏通達
(産経新聞 9/19付)

民主党の小沢一郎幹事長が同党所属の全議員に対し、政府・与党の政策決定システムを通達した文書が18日、明らかになった。内容は、副大臣が主催し与党議員が参加する「各省政策会議」を新設することが柱だ。通達は「議員必見」と明記され、小沢氏の幹事長就任で二重権力との批判を払拭するねらいもありそうだ。

通達は18日付で、各省政策会議について、政府機関で、副大臣のほか政務官、各省に対応する衆参両院委員会の与党委員で構成し、その他の与党議員も参加可能とした。

政府側が政策案を説明して意見交換するほか、与党議員が政策提案を行う場とする。政策の決定権は持たない。副大臣が会議内容を閣僚に報告し、透明性確保のため議事録要旨を公開する。

通達はこのほか、
(1)「次の内閣」など党政策調査会の機能は政府(内閣)に全面移行する
(2)閣僚、副大臣、政務官の「大臣(閣僚)チーム」「政務三役会議」が政策案を策定し、閣議で決定する
などとなっている。

「選挙・国会等、議員の政治活動にかかわる政治的な問題」については、党内で議論し、党役員会の決定を経て法案を議員立法で国会提出。必要に応じ常任幹事会や議員総会で協議すると明記した。

一方、社民、国民新両党からは「連立政権の意思疎通ができていない」(重野安正社民党幹事長)と政策決定での民主党主導に不満が出ている。

民主、議員立法を原則禁止 全国会議員に通知
(朝日新聞 9/19付)

民主党は18日、政府・与党の二元的意思決定を一元化するため、議員立法は原則禁止し、法案提出は原則、政府提案に限ることを決め、同党所属の全国会議員に通知した。政策決定がスムーズになり、族議員の誕生を防ぐといった効果が期待されるが、政治主導が不完全なままでは従来の政府見解にとらわれて自由な立法活動が阻害される可能性もある。

民主党は、自民党政権では党内の事前審査を経ないと政府が法案を提出できないといった弊害があったとして、政府・与党一元化を主張しており、すでに党政策調査会の廃止が決まっている。これにより、族議員の関与で法案の内容がゆがめられたり、法案の提出が遅れたりすることがなくなるとみられている。

議員立法が認められる例外として「選挙・国会など議員の政治活動に係る、優れて政治的な問題」にかかわる法案とした。公職選挙法や政治資金規正法の改正案といった「政治とカネ」の問題に関連する法案などが該当するとみられる。

ただ、議員立法がこうしたケースに限られ、原則禁止されれば、超党派や党内有志による立法活動ができず、政策決定の幅がこれまでより狭まる可能性がある。
例えば、改正臓器移植法や水俣病救済特別措置法など今年の通常国会で成立した弱者救済にかかわる法律は有志議員によって成立にこぎつけた。臓器移植法は党議拘束を外すことで採決が可能になった経緯もある。だが、議員立法の原則禁止により、こうした法案の提出が難しくなる恐れがある。(金子桂一)

クラッシャー(破壊者)か? 創造者か?
1993年に自民党を離党して以降、唯一、政界再編を志とし、新政党を作っては壊し作っては壊し、いつしか「クラッシャー」とあだ名されるようになった小沢一郎幹事長。野党議員でいながら、地元で圧倒的に強固な地盤を保持し、その影響力は東北地方全体に及ぶと言われても、他の誰も否定できない政治家。

個人的には、その暗躍的政治手法にかなり拒否反応を持っています。けれども、今回の「『各省政策会議』新設」では少し見直しました。

従来の自民党的手法は、官僚は官僚なりの政策・結論を持って、政党は政党なりの政策・結論を持っていて、同じ問題について省庁内、国会委員会で2度の審議をする構造を採っていました。税制について、財務官僚は財務官僚で見通しを持ち、自民党の税調は税調で青写真を持っていたのが良い例です。
そして、公の場であり、時にはマスコミ取材が入る国会委員会に備えて、政府・与党の乖離を印象づけないように行われていたのが、いわゆる“根回し”でした。

一方、小沢幹事長が提示した「各省政策会議」は、うまく機能すればその“根回し”からの脱却につながる意思決定システムとなるはずです。ただし、閣僚・副大臣・政務官による「政務三役会議」が決めたことを、記者会見で公表するまで、麾下の官僚たちへ全く知らせないという現状には疑問を感じます。

官僚は、選挙の度に交代する政治家と違って、20年、40年という長期間、継続的にその分野に関わってきたスペシャリスト。それゆえに“省益への執着”などの弊害が出てきているのも事実でしょう。が、せっかく彼らが蓄積してきた識見を有効活用することなく、お蔵入りにしていまうのはかえって国益を損ないかねません。
例えば、「各省政策会議」へ局長級以上の官僚が参加したとしても、政治家が主導権を握ることはできるはずです。

自民党による事実上の「一党長期支配」が続いたため、政権交代を果たしたばかりの現時点では、小沢幹事長が提示した政策決定システムでよいでしょう。しかし、官僚の識見を絞り出すような包括的政策決定システムへ展開させる余地があってよいように思います。

矢継ぎ早に各閣僚が「マニフェスト」の実行を明言 ・・・政権が代わると言うこととは?

矢継ぎ早に閣僚が「マニフェスト」の実行を明言
(朝日新聞・電子版より)

下記は、朝日新聞・電子版の政治面の見出しを並べたものです。

◆鳩山首相、国連で演説へ 気候変動会合の開会式(9/18)
◆鳩山首相、事務次官に訓示「官僚たたきではない」(9/18)
◆藤井財務相、返済猶予「聞いていない」 亀井氏と温度差(9/18)
◆鳩山首相、補正の執行見直し指示 3兆円以上の確保狙う(9/18)
◆国家戦略室・行政刷新会議の設置を決定 鳩山内閣(9/18)
◆原口総務相が郵政3社再編案 亀井担当相「私が決める」(9/18)
◆エコポイント「執行止めず」 会見で直嶋経産相(9/18)
◆温室ガス25%削減 鳩山首相、慎重な連合会長に説く9/18)
◆民主批判から一転、農水次官「献身的に大臣支えたい」(9/18)
◆国交相「143ダム見直し」 川辺川中止も明言(9/18)
◆前原国交相「日航の破綻、絶対あってはならない」写真付き記事(9/17)
◆官僚への取材「制限せず」 厚労相や経産相ら表明(9/17)
◆築地移転問題、農水相「安全と納得できなければ認めず」(9/17)
◆「日本版NASA」構想、前原宇宙担当相が表明(9/17)
◆生保母子加算10月にも復活 長妻厚労相が早期復活明言(9/17)
◆官房機密費「そんなものがあるんですか」 平野長官(9/17)
◆日米首脳会談、23日の方向 外相会談も予定(9/17)
◆川辺川ダム(熊本)も中止を明言 前原国交相写真付き記事(9/17)
◆司法取引やおとり捜査 導入検討の考え 国家公安委員長(9/17)
◆岡田外相「普天間問題が先」 米軍地位協定はじっくりと(9/17)
◆八ツ場ダム予定地 連休中にも国交相訪問 地元と協議へ(9/17)
◆直轄事業地方負担金と省庁出先の廃止明言 原口総務相(9/17)
◆あわてる日航と国交省 前原氏が「再建会議は白紙」(9/17)
◆前原国交相、八ツ場ダム建設中止を明言写真付き記事(9/17)
◆「天下りに厳しく」補正予算凍結の基準 月内に策定(9/17)
◆「温暖化税」4年以内に導入 小沢環境相が明言(9/17)
◆長妻厚労相、「後期高齢者制度」の廃止明言(9/17)
◆憲法解釈担う法制局長官、前政権から留任(9/17)
◆通貨政策担当の財務省特別顧問に行天氏 藤井氏が信頼感(9/17)
◆財務相「生活に直結するものに資源配分」(9/17)

あまり鳩山新政権と関係ないものや人事関連の項目は省きましたが、それでもこの数。「これが政権交代というものなのかぁ」と改めて感じさせるほど、たった2日間でよく動いています。その速度は、日本郵政再編、金融政策で民主党対亀井氏の対立が早くも露見してしまうほどです。

『警察による取り調べの可視化と引き替えに、司法取引やおとり捜査を導入』『後期高齢者医療制度の廃止明言』『JAL再建計画は白紙化』など、「それを、現段階で言って大丈夫か?」と感じるものもありますが、こうしたドラスティックな変化が政権交代というものなのでしょう。

さらに鳩山新政権への支持率は、朝日新聞で71%、読売新聞で75%、毎日新聞で77%という、「自民党をぶっ壊す」と言って生まれた小泉政権以来の高支持率。
米国のオバマ政権が『国民皆保険制度の確立』でつまずいて支持率を下げているように、いずれ鳩山新政権の支持率も下がってくるかもしれません。が、連休直前のすべり出しとしては、善戦していると評価して良いでしょう。

酒井法子被告は薬物依存治療・うつ対策の後に、“薬物依存治療基金”創設という社会奉仕を

酒井法子被告 「薬物というものに、自分の弱さで負けた」謝罪会見
(毎日新聞 9/17付より)
覚せい剤取締法違反(所持・使用)で起訴された女優の酒井法子(本名・高相法子)被告(38)は17日午後、8月8日の逮捕から40日ぶりに、拘置先の警視庁東京湾岸署から保釈され、東京都千代田区の会議場で記者会見に臨んだ。

酒井被告は「このたびは一社会人として人として、決して手を出してはいけない薬物というものに、自分の弱さゆえ負け、多くのみなさまにご迷惑をかけました。この罪のつぐないをどうのようにしてつぐなっていくか、罪を悔い改め、一生の約束として心に誓います」と謝罪した。

酒井被告は、保釈直後のパンツスーツから、紺のジャケットとワンピースに着替え、元所属事務所サンミュージックの相澤正久副社長や弁護士らが同席した。「いままで応援してくださった。日本や海外のファンのみなさま。本当に本当に申し訳ございませんでした」と涙ながらに頭を下げた。弁護士からは、質疑応答をしないこと、この後病院に入院することなどが説明され、報道の自粛を呼びかけた。酒井被告は報道陣からの呼びかけに答えることなく、会場を後にした。

起訴状によると、酒井被告は8月3日、東京都港区南青山の自宅マンションで覚せい剤0.008グラムを隠し持っていたとされる。また7月30日ごろ、鹿児島県奄美大島のホテルで、覚せい剤若干量を火であぶって吸引したとされる。初公判は東京地裁で10月26日に予定されている。


敢えて当事件を取り上げなかったが・・・
鮎滝の中では、スクナビコナ時代に書いた07年度の一連の「薬物・ドラッグ依存症問題」記事にて、同問題への決着は付けているつもりです。また、湾岸署前に張り込むなどのマスコミ各社の過剰報道にも辟易しており、「酒井法子被告の事件には触れまい」という方針でいました。

が、「元タレント・酒井法子という人材をどうしていくのが良いか?」とふと考える中で、一つの試案が浮かんだため、敢えて取り上げたいと思います。

まず前置きとして、昨日・17日の記者会見について質疑応答などがなかったことへ、かなり厳しい批判があるようですが、鮎滝は、あれで良かっただろうと思っています。

「母親としての責任は?」「有名人としての責任は?」「社会人としての責任は?」「わざわざメイクを整えている態度はどうなのか?」などなど、突っ込みどころが多いのは確かです。けれども、500名を超える取材が押しかける中、そうした質問責めに収拾を付けることは誰にも出来なかったでしょう。

これからの酒井法子被告を考えると・・・
酒井被告のこれまでの供述からすると、彼女の使用してきた薬物量は相当なもの。
おそらく、禁断症状にもがくことになるでしょうし、10年後、20年後に「もう1回、吸いたい」との衝動にも駆られるでしょうし、さらにある意味で記者会見が中途半端であったことから、マスコミにゆる執拗な追及の中で「鬱病」へ転じる可能性もあると思われます。

苦しいのは、ドラッグという逃げ道を断つこれからです。ドラッグを吸っている間は、つかの間の安定・逃げを得られていましたが、それに慣れてしまった脳と身体を正常に戻すのは吸引期間の3倍の時間を要します。

よって、個人・高相法子氏のことを考えれば、10年間を基本に覚醒剤の依存症に対する治療を続けつつ、「鬱病」などの心身症を引き起こさないように経過観察を続ける必要があるでしょう。

“薬物依存治療基金”創設という社会奉仕
ただ、元タレント・酒井法子という立場を考えると、その治療にかける10年間を綴った手記には相応の価値があります。

「何をしたか?」「何を考えたか?」「どんな禁断症状に襲われたか?」「どのような治療を受けたか?」 10年間、1日たりとも絶えることなく、その経過を綴った手記は、薬物依存と闘おうとする人々、薬物依存で身近な人を失った方々にとって貴重な体験談となるはずです。
たった一行で終わる日があっても構いません。その翌日に、なぜ前日は一行しか書けなかったのかを、たとえそれが言い訳であろうとも残せば意味があります。

そして『酒井法子―薬物依存から脱するまで―』(仮題)とでも題した書籍にまとめ、その収益のすべてを“薬物依存治療基金”の創設にあてれば、充分な社会奉仕となるでしょう。

社会的なポスト“夜回り先生”の必要性
“夜回り先生”の名で知られる水谷修先生。
水谷先生は現役教師の時、ドラッグに手を出した教え子へ徹底した生活指導という形で対応しました。が、厳しい指導に追い詰められた教え子は、余計にドラッグへ逃げ込み、ボロボロになって亡くなりました。それこそ火葬後に骨も残らないほどに。水谷先生は、遺された教え子のお母さんと一緒に、触れた瞬間に粉々になっていくまだ熱い遺骨を、素手でかき集めたと言います。

「何が間違いだったのか?」 自責し、悩む水谷先生が既知となった医師に言われたのは、「その子を殺したのは、水谷さんあなただよ。その子は薬物依存という病気だったのであって、“指導”じゃなく“治療”が必要だったんだよ」という言葉でした。
薬物・ドラッグは、「1度目は明らかな反射会行動だが、2度目からは依存症という病気だ」という認識を得たことで、水谷先生はさらに苦悩します。

そこから、「非行に向かってしまう子どもたちは、何を考えているのか?」「子どもとドラッグ・薬物の接点をなくす方法はないか?」「夜の街にあふれる子どもたちは何を考えているのか?」と問うようになり、“夜回り”を始めることになります。

“夜回り”の中で、ドラッグで死にかけた若者たち、身体を売る少女たちと出会い、イジメに苦しみ夜も眠れない子どもたちとのメール・電話での交流が始まります。
中には、身体を売る中でエイズにかかって自暴自棄となり失踪、病院へ収容されたもののすでに手遅れ、激痛を和らげる最後の麻酔で死ねこともできず、やせ細ったボロボロの身体で「先生、私のことを沢山の人に知ってもらって」と最期に託された水谷先生。

街中の若者相手に「売人いるの?」「北海道産の葉っぱは、いくらぐらいなの?」「北朝鮮産は出回ってる?」と尋ねて、まともに答えてもらえる大人は、今の日本では水谷先生ぐらいでしょう。若者たちと水谷先生との会話からは、水谷先生に「自分たちへ寄り添いつつも、ちゃんと叱ってくれる大人であるらしい」という一定の信頼を感じます。

「胸腺リンパ腫」というガンに侵された身体を引きずりながら、水谷先生が“夜回り”を続けるのも、そうした信頼に最後まで応えようとしているからではないでしょうか。しかし、いずれガンに侵された水谷先生の身体には終わりが来ます。“ポスト夜回り先生”が必要なのです。

個人の特質から、社会的・集団的取り組みへ
子どもたちとドラッグ・薬物の接点を断つのが一番ですが、これはまだまだ水谷修だからできている部分が多く、後継者を育てるにも相当の訓練が必要です。ガーディアンエンジェルスなどが有力候補ですが、実行能力は未知数ですし、厚労省の職責であるドラッグ・薬物根絶運動やドラッグ・薬物取締の強化へ任せられる部分もあるはずです。

ただ、一度薬物依存へ陥った後、薬物依存治療についてはNPO法人・ダルクか、精神科外来以外に受け皿がないのが現状です。
『酒井法子―薬物依存から脱するまで―』(仮題)が、どこかのブログ会社との契約であろうとも、書籍刊行でも構いません。とにかく数千万円のまとまった基金となれば、ボランティア的な現状はそのままでしょうが、体制を充実させることはできるはずです。

鮎滝としては、女優・酒井法子を復活させるよりも、薬物依存から立ち直った・酒井法子を模索する方が、母親・酒井法子のためにも、個人・高相法子のためにも生き易いように思います。きっと高相夫婦の子どもは、その方が真っ直ぐ育つのではないでしょうか?

――――――――――――――――――――――――――
関連記事
◆大麻は「単純所持」でも逮捕される禁止薬物です 今度は早大生逮捕、自宅で栽培(08/11/15)
◆今度は予備校で大麻 今日の本:『働きから病気の原因まで 脳のしくみがわかる本』(07/12/08)
◆覚せい剤所持 赤坂晃被告に有罪判決 懲役1年6ヵ月・執行猶予3年(07/11/21)
◆大麻とタバコ 今日の本:『ドラッグ世代 新装版 薬物汚染と闘う夜回り先生』水谷修(07/11/10)

――――――――――――――――――――――――――
<アマゾンで水谷先生の本を買う>
夜回り先生 (小学館文庫)/水谷 修

¥500
Amazon.co.jp


いいんだよ/水谷 修

¥1,050
Amazon.co.jp


さらば、哀しみのドラッグ/水谷 修

¥1,470
Amazon.co.jp


薬物乱用防止教育―その実際と、あるべき姿/水谷 修

¥1,470
Amazon.co.jp


薬物乱用―いま、何を、どう伝えるか/水谷 修

¥1,470
Amazon.co.jp

「新政権への期待」「この人、誰?」の相乗効果か 深夜の新閣僚記者会見で視聴率7.4%

深夜の新閣僚記者会見で視聴率7.4%
(サンケイスポーツ 9/17付)
16日にNHK総合テレビで、生中継で放送された「鳩山内閣新閣僚記者会見」(午後10時20分~100分間)の平均視聴率が、関東地区で7.4%を記録したことが17日、ビデオリサーチの調べでわかった。中継は翌17日午前1時すぎまで延び、午前0時台の視聴率も、深夜としては異例の7.2~6.2%の高視聴率が続いた。


「新政権への期待」「この人、誰?」の相乗効果か
改めて閣僚名簿を示すと、
内閣総理・・・・・・・・・・・鳩山 由紀夫(62)―内閣府
官房長官・・・・・・・・・・・平野 博文(60)

副総理・国家戦略・・・ 菅 直人(62)―国家戦略局
 ※菅氏は、経済財政諮問会議を廃止するまで経済財政相、科学技術相を兼務
   経済財政諮問会議と事務次官会議は「国家戦略局」へ機能を吸収
行政刷新・・・・・・・・・・・ 仙谷 由人(63)―行政刷新会議

総務・・・・・・・・・・・・・・・ 原口 一博(50)―総務省
法務・・・・・・・・・・・・・・・ 千葉 景子(61)―法務省
外務・・・・・・・・・・・・・・・ 岡田 克也(56)―外務省
財務・・・・・・・・・・・・・・・ 藤井 裕久(77)―財務省
文部科学・・・・・・・・・・・川端 達夫(64)―文部科学省
厚生労働・・・・・・・・・・・長妻 昭(49)―厚生労働省
農林水産・・・・・・・・・・・赤松 広隆(61)―農林水産省
経済産業・・・・・・・・・・・直嶋 正行(63)―経済産業省
国土交通・・・・・・・・・・・前原 誠司(47)―国土交通省
 ※前原氏は防災・沖縄・北方相を兼務
環境・・・・・・・・・・・・・・・ 小沢 鋭仁(55)―環境省
防衛・・・・・・・・・・・・・・・ 北沢 俊美(71)―防衛省
国家公安委員長・・・・・中井 洽(67)―国家公安委員会―警察庁
 ※中井氏は拉致問題相を兼務
金融・郵政問題・・・・・・亀井 静香(72)―金融庁
消費者・少子化・・・・・・福島 瑞穂(53)―消費者庁(、子ども家族省?)
 ※福島氏は男女共同参画・食品安全相を兼務

広く知られているのは、鳩山総理、厚労相を経験して民主党でも中心に居続けた菅副総理、元民主党代表である岡田外相と前原国交相、年金追及をしてきた長妻厚労相、メディアへの露出が多い原口総務相、あとは国民新党代表の亀井金融相、社民党党首の福島消費者・少子化担当相の8名。残りの10名は、失礼ながら「この人、誰?」という方々でしょう。

閣僚会見 個人的には、藤井財務相に注目
本来、政治が経済に及ぼせる力には限界があります。市場原理主義と決別しようとも『世界社会主義』が成立していない以上、基本的に経済活動を直接的に拡大させるのは、あくまで各企業の努力・イノベーション、消費者の購買意欲だからです。

よい例が、「地デジ対応テレビ」。2011年7月にアナログ放送が終わると、あれだけ大量に宣伝をしていても、まだ普及率は60%をようやく超えたところ。
地上波デジタルへの移行は、デジタル化で地上波に余裕を持たせるという目的がありますが、消費者にとって「それは政府の都合であり、私たちはそんなこと求めていないもの」です。それゆえに、北京五輪でも大して伸びず、今夏のエコポイント制度でようやく買い替えが進んだわけです。

政府にできるのは、経済成長が見込まれる大きな『将来像』を描いて、補助金や税制優遇といったある程度の誘導まで。その『将来像』について広く支持を得られれば、社会は雪崩のようにその方向へ動きますし、支持が薄ければ社会は停滞を続けます。

その政府において重要なのは、やはり財務大臣です。限られた予算をどのように選択・集中するかについて、企業同様、財務担当の目利きは非常に重要と成ってくるからです。戦略部門が描く将来像が大きければ大きいほど、それをいかに現実的な予算内に収めるか工夫し、場合によっては戦略担当と大ゲンカするのがその職責です。

「政治をするな」と指導された元大蔵官僚
で、本論である、藤井財務相の記者会見。鮎滝は、77歳という御年、小沢前代表の側近であったことから“重し”という先入観を持っていました。

ところが、藤井財務相は、自分が大蔵省へ入省して官僚になった頃(1955年)に「先輩から、何でも勉強するように言われたが、政治はするなと言われた」というエピソードを披露。
さらに、「行政官である官僚が省庁の代表として記者に答えるのは許せない」「それを許してきた責任は政治家にも半分以上ある」「記者の取材はどんどん受けるべきだが、それに応えるのは行政官ではなく政治家であるべきだ」と記者に向かって言い放ちました。

鮎滝は、「民主党のベテラン層に、こんな人材がいたのか!」と新鮮に驚きました。藤井財務相が大蔵省へ入省したのは、自民党による『55年体制』が確立する以前の話。先輩官僚から「政治は勉強するな」と指導されたエピソードも、おそらく本当の話でしょう。

仮に藤井財務相が、閣僚会見での話を有言実行すると、マスコミと省庁の窓口は政治家である大臣、副大臣、政務次官に限られることになります。事務次官や各局長・課長は、政治家へ情報を上げない限り、「官僚の言い分」をオモテに出せなくなるわけです。

もちろん強かな官僚による情報の隠蔽、匿名による情報漏洩(リーク)の可能性もあります。しかし、それらに手を打ってしまえば、財務省関係の記者会見は、その数刻前に官僚と政治家の侃侃諤諤の議論をし尽くした結論となるでしょう。

健全な政治家と官僚の関係とは?
藤井財務相が提示したことは、理想的に機能すると、政治家と官僚の関係がかなり健全なものに近付くはずです。

「情報収集」「調査分析」に長けた官僚が、政治家へ「政治判断」を仰ぎ、その政治判断が気に入らなければ徹底的にその場で議論し、より良い結論を導出する。政治家による有権者への「報告広報」はよりしっかりと責任を負ったものとなるでしょうし、官僚による「命令執行」もより自信を持ったものになるでしょう。

財務相の副大臣は、平成16年に財政健全化プランを作成した政策通の野田佳彦とネクスト財務相を務めてきた峰崎直樹税調会長代行を充てる重量級布陣。

藤井財務相は、8月の衆議院選挙で「財務省からの主計局分離論」を展開していましたが、「主計局の財務相からの分離・国家戦略局への吸収」は民主党の公約の一つ。これは国家戦略局を創設するにあたって、象徴的な工程ですから、ぜひ果たして欲しいものです。

第76回オリコン調べ「本」ランキング 今週発売の注目本:ソウルイーター、キングダム

第76回オリコン調べ「本」ランキング(9月7日~9月13日)

▽書籍総合
1位(初):ドラゴンクエストⅨ 星空の守り人 公式ガイドブック
 下巻 知識編(スクウェア・エニックス)・・・166,830部
2位(初):ドラゴンクエストⅨ 星空の守り人 公式ガイドブック
 上巻 世界編(スクウェア・エニックス)・・・142,073部
3位(↑):しがみつかない生き方
 「ふつうの幸せ」を手に入れる10のルール(香山リカ)・・・43,921部
4位:私服だらけの中居正広増刊号~輝いて~(扶桑社)
 ・・・40,322部
5位(初):ナインティナインのオールナイトニッ本 VOL.1
 (ワニブックス)・・・35,042部
6位(初):EUROPE SOCCER TODAY シーズン開幕号
 2009―2010(日本スポーツ企画出版)・・・26,934部
7位(↑):MARC BY MARC JACOBS 2009
 FALL/WINTERCOLLECTION(宝島社)・・・24,513部
8位(↑):半島へ、ふたたび(蓮池薫)・・・22,793部
9位(初):Gelato pique BOOK Number 001
 (主婦の友社)・・・20,823部
10位(初):SDガンダム ジージェネレーションウォーズ
 公式コンプリートガイド(キュービスト)・・・20,579部
――『ドラゴンクエストⅨ』の公式ガイドブックが1位、2位を独占しましたが、下巻が1位となっています。『1Q84』『天使と悪魔』など小説に見られる上中下という昇順にならなかったのは、すでにある程度やり込んでいるユーザーが多いためでしょうか。ちょっと珍しい現象です。

『MARC BY MARC JACOBS 2009 FALL/WINTERCOLLECTION』が再び上がってきましたが、『Gelato pique BOOK Number 001』も初登場9位。付録(「ブランドアイテム」と呼ぶそうですが)付きムック市場は、大きくはないものの安定している印象を受けます。



▽コミック
1位:ONE PIECE 55(尾田栄一郎)・・・366,160部
2位(初):君に届け 9(椎名軽穂)・・・355,500部
3位(↑):桜蘭高校ホスト部 15(葉鳥ビスコ)・・・154,506部
4位:銀魂 30(空知英秋)・・・130,932部
5位(初):WORST外伝(高橋ヒロシ)・・・128,792部
6位:バガボンド 31(井上雄彦、吉川英治)・・・104,924部
7位:会長はメイド様! 8(藤原ヒロ)・・・66,322部
8位(初):ちはやふる 6(末次由紀)・・・61,089部
9位(初):7SEEDS 16(田村由美)・・・59,099部
10位:ガラスの仮面 44(美内すずえ)・・・48,183部
――『ちはやふる』など高評価作品の発行部数が、いまいち伸びませんでした。2週目の『ONE PIECE』を抜けないとすると、『君に届け』も初回・36万部あたりが上限でしょうか。

ただ、少女向けやBL系マンガは、ケータイでダウンロードする「デジタルコミッック」がなかなか好調であるようで、ランキング上位は少女向け、BL系の独占状態が続いています。少女向けマンガの購買層は、ケータイが主体で、書籍から「デジタルコミッック」へ移っているのかもしれません。
そういえば、『恋空』『赤い糸』などケータイ小説の火付け役は、女子中高生でしたね。



▽文庫
1位:赤い指(東野圭吾)・・・64,726部
2位(初):灼眼のシャナⅩⅨ(高橋弥七郎)・・・62,650部
3位(初):柿色のベビーベッド
 杉原爽香36歳の秋(赤川次郎)・・・37,177部
4位(↑):御宿かわせみ 34 浮かれ黄蝶(平岩弓枝)・・・34,707部
5位(初):れでぃ×ばと! 9(上月司)・・・30,330部
6位:思考の整理学(外山滋比古)・・・30,295部
7位:陽気なギャングの日常と襲撃(伊坂幸太郎)・・・26,906部
8位(↑):Gボーイズ冬戦争
 池袋ウエストゲートパークⅦ(石田衣良)・・・26,688部
9位(↑):さまよう刃(東野圭吾)・・・26,206部
10位:看守眼(横山秀夫)・・・22,960部
――赤川次郎氏が『杉原爽香シリーズ』で約1年ぶりのランクイン。
赤川先生の作品は『三毛猫ホームズ シリーズ』を学生時代に読んでいましたが、最近は読んでいませんでした。また手に取ってみようかとも思いますが、塩野七生氏、伊坂幸太郎氏、海堂尊氏、神永学氏などちょっと手一杯。



◆オリコンランキング(11位以下の書籍ランキングはページ中ほど)

今週発売の注目作:
『ソウルイーター 15』・・・TVアニメと違って、阿修羅がアラクネに懐柔されることなく進む原作。

アラクノフォビアvs死武専の戦いは、辛くもブラック☆スターがミフネを倒し、死武専・メデューサ連合側が着々とアラクネの居城・ババ・ヤガーを攻略。マカ&ソウルとメデューサはアラクネのおぞましき「狂気の波長」に満ちた『女王蜘蛛の間』に到達し、いよいよ最終決戦を迎えるはずだった。が、そこで目にしたものは魂反応を残しつつも倒れたアラクネの死体だった・・・

その裏では、これまで「エイボン」と名乗ってアラクノフォビアに荷担していた男が「収集家・ノア」という本性を現し、新たな企みへと動き出していた。ノアは、アラクネを守るべく戦いを挑んできたモスキートを瞬殺、さらにその場に居合わせたキッドと魔道具・BREWを強奪して姿を消した・・・(9/18発売)


『キングダム 15』・・・始皇帝の右腕となる・李信(漫画では、まだ奴隷上がりの百人隊長・信)を主人公に、秦の始皇帝が誕生するまでの春秋戦国時代を描いた中華漫画の第15巻。

趙の将軍・馮忌を討ち取り、一躍、秦の対趙防衛戦の英雄となった信が率いる飛信隊。翌日の戦いでは全軍による総攻撃を開始し、趙を本陣から退かせて森の中での決戦へと段階を移った。

飛信隊も野営に入ったが、そこで趙の総大将・龐煖と遭遇。武神・龐煖による強烈な一撃で信が気を失ったところへ、間髪入れずに趙将軍・万極による夜襲を受け、飛信隊は一挙に窮地に至る。戦闘区域外への撤退を試みる飛信隊だが、馮忌を討った飛信隊を潰そうと執拗に追撃にくる万極。「隊長である信だけは守ろう」「信さえ生きていれば何とかなる」と、飛信隊は信を生き残らせるために隊の半数を犠牲にしながらも、秦の総大将・王騎軍との合流を果たす。

一方、秦の先鋒を預かる猛将・蒙武は兵力2万5千を率いて、新たな趙の本陣・兵力3万の背後を取っていた。秦の対趙防衛戦はここに来て、猛将・蒙武と武神・龐煖の対決という大きな山場を迎えた・・・(9/18発売)

――――――――――――――――――――――――――
<アマゾンで今週発売の注目本を買う>
ソウルイーター 15 (ガンガンコミックス)/大久保 篤

¥420
Amazon.co.jp


キングダム 15 (ヤングジャンプコミックス)/原 泰久

¥540
Amazon.co.jp


柿色のベビーベッド (光文社文庫)/赤川 次郎

¥580
Amazon.co.jp


gelato pique BOOK (ジェラート・ピケ ブック) Number001 (主婦の友生活シリーズ)/主婦の友社

¥1,200
Amazon.co.jp

第93代首相へ、民主・鳩山由起夫氏が指名される ・・・閣僚名簿の初見時点での感想

第93代首相に鳩山氏 民社国連立内閣、今夜発足
(共同通信 9/16付より)

民主党の鳩山由紀夫代表(62)は16日午後、衆参両院本会議で第93代、60人目の首相に選出されました。

鳩山新首相は内閣の顔触れを正式決定。官房長官に起用された平野博文役員室長(60)が閣僚名簿を発表しました。
官僚主導からの脱却とマニフェスト(政権公約)の着実な実行を狙い、主要閣僚に実力者や論客を並べる「総力戦」の布陣。同日夜に皇居で首相の任命式と閣僚の認証式が行われ、民主、社民、国民新3党の鳩山連立内閣が発足する運び。野党第1党が衆院選で過半数を制し、政権交代を果たしたのは戦後初めてのことです。

鳩山内閣閣僚名簿
内閣総理・・・・・・・・・・・鳩山 由紀夫(62)―内閣府
官房長官・・・・・・・・・・・平野 博文(60)

副総理・国家戦略・・・ 菅 直人(62)―国家戦略局
 ※菅氏は、経済財政諮問会議を廃止するまで経済財政相、科学技術相を兼務
   経済財政諮問会議と事務次官会議は「国家戦略局」へ機能を吸収
行政刷新・・・・・・・・・・・ 仙谷 由人(63)―行政刷新会議

総務・・・・・・・・・・・・・・・ 原口 一博(50)―総務省
法務・・・・・・・・・・・・・・・ 千葉 景子(61)―法務省
外務・・・・・・・・・・・・・・・ 岡田 克也(56)―外務省
財務・・・・・・・・・・・・・・・ 藤井 裕久(77)―財務省
文部科学・・・・・・・・・・・川端 達夫(64)―文部科学省
厚生労働・・・・・・・・・・・長妻 昭(49)―厚生労働省
農林水産・・・・・・・・・・・赤松 広隆(61)―農林水産省
経済産業・・・・・・・・・・・直嶋 正行(63)―経済産業省
国土交通・・・・・・・・・・・前原 誠司(47)―国土交通省
 ※前原氏は防災・沖縄・北方相を兼務
環境・・・・・・・・・・・・・・・ 小沢 鋭仁(55)―環境省
防衛・・・・・・・・・・・・・・・ 北沢 俊美(71)―防衛省
国家公安委員長・・・・・中井 洽(67)―国家公安委員会―警察庁
 ※中井氏は拉致問題相を兼務
金融・郵政問題・・・・・・亀井 静香(72)―金融庁
消費者・少子化・・・・・・福島 瑞穂(53)―消費者庁(、子ども家族省?)
 ※福島氏は男女共同参画・食品安全相を兼務

鮎滝が思った、閣僚名簿の初見時点での感想
■民主党は、日本郵政の民営化見直しは言っていても、国有化に戻すとは言ってません。あくまで「自民党が整えた現・日本郵政に疑義がある」のであって、行政のムダを追及する『行政刷新会議』の創設から言っても、「民から官へ」という舵取りは考えていないでしょう。

しかし、党是の1つとして「日本郵政の完全国営化」を唱える国民新党の亀井代表に、郵政問題担当大臣としたことは、なかなか大きな時限爆弾を抱えたのではないでしょうか。

■長妻氏の厚労相は、適材起用だとは思いますが、大臣ポストが適所であるかは個人的に疑問です。

鮎滝なら、厚労相にはしかるべき重鎮を置き、年金担当匿名大臣もしくは年金担当副大臣として長妻氏を年金問題の終結のみに集中させます。いまの状況では、失業問題もインフルエンザ対策、薬害肝炎もすべて厚労相のところへ上がってきてしまいますから、社会保険庁の解体・再編には、それだけに注力できる担当相を置く方が望ましいように見えます。

もっとも、厚生労働副大臣として「雇用」「年金・福祉」「薬害・医療過誤」の上に、余力として「大臣補佐」の4名を付けるような布陣を考えておられるなら、長妻厚労相は適材適所となり得るでしょう。鬼のように資料に基づく徹底追及する、あの長妻氏が大臣として人事権も握るわけですから、巨大省庁である厚労省職員としては戦々恐々の状況でしょう。

■気になるのが北沢俊美防衛相。自社さ・自自公といった自民党との連立を徹底的に拒否し、羽田孜と共に、新生党・新進党・太陽党・民政党とやって来られた経歴からは、「ブレない人材」「権力にすり寄らない人格」であることが読み取られます。

が、アフガニスタンはその97%をタリバンが抑えつつあるとの報道もあり、アフガニスタン復興支援は、警察官やNGO団体職員が入っていけるような段階にありません。アフガニスタンを富ませるためのインフラ整備、上下水道の敷設にしても、自衛隊が工事終了まで防衛ラインを展開・維持するような形になるはずです。

ペシャワール会の農業指導者として現地入りして殺害された伊藤和也さんのような悲劇は、二度とあってはなりません。「非戦は、非戦というメッセージを理解できる相手」にしか使えないもので、あらゆる戦闘を聖戦と言い切れる相手には無力です。

インド洋での海上自衛隊による補給活動を再開するための『新テロ特措法』が問題となった、07年12月21日。民主党は、給油支援に変わるものとして『国際的なテロリズムの防止及び根絶のためのアフガニスタン復興支援等に関する特別措置法案』という、包括的な復興支援案を出しています(発案:参議院議員・犬塚直史、同・白眞勲、同・神本美恵子)。

同案は、自民党の「審議の時間切れだ」という言い分に押しきられて審議されずに終わってしまいましたが、少なくともこのレベルの話が出来る副大臣を揃えないと、日本は再び「アフガンを放置する国の一つ」に成ってしまう危惧をぬぐえません。

頑固な反戦論者である岡田外相のもと、国連外交を強めて、再びアフガニスタンへ国際世論の目を向けさせる青写真があるなら話は変わってきますが。諸外国とも経済情勢は苦しいですから、これはこれでかなりの難関です。

■社民党の福島党首の消費者・少子化担当相への起用は、いつでも切れるポストに止めたという感じ。国防などの“国家観”が異なりますから、参議院の議席次第では、いずれ破局もあり得るという予測は消えないという気がします。

「金融界は米国民に借り」米大統領、ウォール街で演説 ・・・「言葉を選べるセンス」

「金融界は米国民に借り」米大統領、ウォール街で演説
(朝日新聞 9/15付)

【ニューヨーク=尾形聡彦】「繁栄を取り戻している金融会社の多くは、米国民に借りがある」――。14日昼の米ウォールストリート(金融街)での演説でオバマ米大統領は、金融マンたちにこうクギを刺した。大統領は金融規制の強化について「他国が米国同様に規制改革を行うよう働きかける」として世界的な連携に意欲を示した。

演説は、米証券大手リーマン・ブラザーズの経営破綻(はたん)から9月15日で1年になるのを機に行われた。

オバマ大統領はまず、巨額の景気刺激策を打ち出して経済の底割れを防いだ政権の努力を強調。「過去2年続いた嵐はやみ始めていると確信している。完全回復にはまだ時間と労力が必要だが、我々は正常に戻り始めている」と指摘した。

そのうえで、金融業界の一部で投機的な動きが復活しつつあることにふれ、「残念ながら業界には、いまの状態を読み間違えている者たちがいる」と金融マンたちへの苦言を切り出した。金融規制の強化に反対する業界の動きに対しても、「健全な規制がない1年前のような状態が、本当に金融システムにとっていいのか」とたたみかけた。

加えて金融市場が安定化したのは、米国民が税金投入を通じた巨額救済に踏み切ったためだとして、「家計の住宅ローンの条件緩和や、中小企業融資の手助けをして欲しい」と訴えた。

議会に対しては、危機再発を防ぐための金融規制改革法案を「年内に」通過させるよう強く求めた。

ただ、演説で大統領が説明した改革策は、「消費者・金融保護庁の創設」「米連邦準備制度理事会(FRB)による大手金融機関の一元的な監督」など、すでに打ち出しているものばかり。市場では「新味に欠ける」との受け止めが大勢だ。
――――――――――――――――――――――――――
自民党からは「金融界は日本国民に借り」とは、聞けなかったなぁ
「土地の権利書を右から左へ流せば儲かる」と浮かれ、土地投機に狂乱した1980年代から90年代日本における『バブル景気』。

バブルは、投資家が投資家として必要な目利きを完全に放棄、投機家の群れと化し、「ある日、誰からが実体経済と離れすぎた」と気付いたときに起こる景気の急激な縮小現象。金融界が「健全なる投資家」として分を超えなければかなり防げるはずですが、日本のバブル景気も、米国のリーマンショックも、同じように金融界が悪乗りして悪化しました。

あまりに影響が大きいことから、金融再編を伴いつつも、緊急避難的に日本国政府は多額の公的資金を銀行に注入しました。そうして生き残ったのが、多くの日本のメガバンクです。が、とうとう当時の政権与党であった自民党から「金融界は日本国民に借りがある」などという気の利いた台詞は聞けませんでした。

――――――――――――――――――――――――――
自民総裁選に河野太郎氏も名乗り「私が一番適している」
(朝日新聞 9/15付)
自民党の河野太郎衆院議員(46)は14日夜、東京都内で中堅・若手議員と会い、総裁選(18日告示、28日投開票)に立候補する意向を固めた。13日に出馬表明した谷垣禎一元財務相(64)はベテラン勢に支持を広げており、世代間対立の様相を帯びてきた。

河野氏は会合後、「立候補の意思はある。党改革の先頭に立ち、世代交代を進めたい。私が一番適している。(必要な推薦人)20人が集まれば正式表明したい」と記者団に語った。出席した世耕弘成参院議員は「20人まであと2人」と述べた。

河野氏は8日の両院議員総会で推薦人を10人に引き下げる緊急動議を出したが、同調者はわずかで否決された。世代交代を狙う菅義偉選対副委員長らが支援する一方、若手の間でも過激な言動への抵抗感は強く、20人を集められるかが焦点だった。

河野氏は河野洋平前衆院議長の長男で、7年前にC型肝炎の洋平氏に自身の肝臓を移植。麻生派に所属する。06年総裁選でも出馬を探ったが、麻生首相支持に回った。民主党が批判する今年度補正予算の「アニメの殿堂」凍結や自民党政権が否定してきた米国との「核密約」の解明を求めるなど、党内では型破りな言動で知られる。

今回の総裁選は党員投票に基づく地方票・300が国会議員票・200を上回るため、党内基盤の弱い若手にも勝算はあるとみられ、小野寺五典(49)、西村康稔(46)両氏も出馬を探っている。
――――――――――――――――――――――――――
気の利いた「言葉を選べるセンス」
政治家とは気の利いた言葉を言えればよいわけではなく、遠大な希望を、怜悧な分析に基づき、着実に実現していくことが求められる職業です。

けれども確固たる信念がなければ、気の利いた「言葉を選べるセンス」もないだろうとも思われます。なぜなら、そうした「言葉を選べるセンス」とは、「何としても自分の信念を支持して欲しい」という渇望があってこそ磨かれると考えるからです。

売れる気がない芸術家は、誰にも理解されなくとも、いつまでも「自分こそ前衛なんだ」「いつか歴史が証明してくれる」とでも、自分を慰めつつ邁進していられるでしょう。しかし、売れたければ、他の誰かから評価されるよう表現に工夫を重ねるはずです。「どうやったら、この良さが伝わるのか?」と。

8月の衆議院議員選挙では、結局、自民党は民主党が掲げる「政権交代」以上の言葉を生み出せませんでした。次期党首には、それができる人であって欲しいところです。

野球界に「100年に一人のヒーロー」誕生! イチローが『9年連続200安打』を達成

イチローが『9年連続200安打』を達成 遊撃内野安打
(毎日新聞 9/14付より)

ダブルヘッダーで行われた13日の「マリナーズ対レンジャーズ」戦。その第二試合の2回表、二死三塁で打席に立ったイチロー選手が、ショートへの内野安打を放ち、実に大リーグ史上・108年ぶりの記録更新となる『9年連続200安打』を達成しました。

今季200安打まで残り2本でこの日を迎えたイチロー選手は、第一試合が4打数1安打。引き続き行われた第二試合は二回の第2打席で遊撃への適時内野安打を放って、5打数1安打、今季128試合目で『200安打』の大台に乗せました。

従来の記録は、昨年までのイチロー選手と、1894~1901年で成し遂げられた故・ウィリー・キーラー元選手の8年連続200安打。シーズン200安打の大リーグ最多はピート・ローズ元選手の10度で、イチロー選手の9度は故・タイ・カッブ元選手と並ぶ史上2位となります。

試合後、イチロー選手は記者に「解放されましたね。人(の記録)との戦い、争いに終わりを迎えることができた。そこからくる解放感。(地元に戻る)ぎりぎりで達成できた。(左ふくらはぎ故障で欠場した)あの8試合がなければ地元の人が喜んでくれた。(運を)持っているのか持っていないのか分からない」と話したとのこと。

イチロー選手の略歴と実績
愛工大名電高から1992年、ドラフト4位でオリックスへ入団。94年にシーズン210安打を放ち、日本プロ野球史上初の「シーズン200安打」を達成、パ・リーグ首位打者に輝きました。

01年にポスティングシステム(入札制度)で、シアトル・マリナーズに入団して渡米。メジャー新人の01年から242安打を放ち、打率3割5分、56盗塁でア・リーグ首位打者、盗塁王、MVP、新人王を獲得しました。

その後も、イチロー選手は「シーズン200安打」を続け、04年には『シーズン262安打』という大リーグのシーズン最多安打記録を84年ぶりに更新しています。

今季・09年は、不振に喘いだWBCでの疲労などから胃に出血性の潰瘍が認められ、4月3日にイチロー選手自身初の故障者リスト入りという経験もしました。

しかし、開幕8試合を欠場しただけで復帰。4月15日には、『日米通算安打数を3086本』として張本勲氏の持つ日本選手最多安打記録を更新、同時に『日米通算1000打点』を記録しました。ちなみに、同日は黒人初のメジャーリーガーである故・ジャッキー・ロビンソン元選手を称え、選手が彼の背番号「42」を付けて試合に臨む「ジャッキー・ロビンソン・デー」でした。

そして、今月6日には、日本選手として初の『大リーグ通算2000安打』も達成。この上にさらに、108年ぶりの記録更新となる今日の『9年連続200安打』が加わりました。

■記事に出てきたメジャーリーガーたち
ウィリー・キーラー(1872年~1923年)・・・
1890~1900年代に活躍した右翼手。ニックネームは「ほんの少し」という意味で付けられた“Wee”。1939年に野球殿堂入り。

163cm、64kgという小柄な選手で、長打力はないものの76cm・822gという史上最短のバットでヒットを量産。『8年連続200安打』を達成しました。ライン際に転がすバント技術は、「芸術的」とさえ言われました。

非常に寡黙な選手であったそうですが、どうやってヒットを打つのかと記者に尋ねられたときに「目を見開いて、誰もいないところに打て(Keep your eye clear, and hit’em where they ain’t)」という有名な言葉を残しています。

タイ・カッブ(1886年~1961年)・・・
日本では「球聖」と冠され、アメリカでは「メジャー史上、最も偉大かつ最も嫌われた選手」と言われている選手。シーズン打率4割以上を3回記録し、『史上通算最高打率・3割6分6厘』などの記録を持っています。1936年に野球殿堂入り。

引退時には通算安打数をはじめとする90ものメジャー記録を保持し、現在も30を超える記録が健在であり野球選手として堂々たる記録を残していました。が、「むき出しの闘争心」と「勝つためには手段を選ばないえげつなさ」「歯に衣着せぬ口の悪さ」などから、力はあっても疎まれる選手であったようです。

しかし、彼の勝利への執念から編み出された「投手の投球フォームやクセを掴む」「攻撃時や守備時に外野へ吹く風を計算に入れる」といった戦術は、今の野球でも生きています。また、選手の権利と言う概念を主張し、メジャーリーグでの「選手雇用契約」の基礎を作った選手でもあり、一言では評価をし難い“破格の選手”だったのかもしれません。

ピート・ローズ(1941年~)・・・
1963年から1986年までメジャーリーグで活躍。内野も外野もこなせる選手で、『史上最多試合出場・3562戦』『史上最多安打数・4256本』『シーズン200安打・10度』という記録を持っています。ニックネームは「チャーリー・ハッスル」

メジャー屈指の安打製造機だったピート選手の最大の魅力は、「全力プレー」。どんな浅い当たりでも一塁まで全力疾走し、際どいプレーにはヘッドスライディングで次の塁を目指す選手でした。そのためクロスプレーになることもしばしばで、70年のオールスターゲームでは、ホームベースを争ってレイ・フォッシー捕手と大激突して両者とも負傷するという事態を引き起こしましたが、「お祭りであるオールスターでも全力プレイ」をした地元ファンは、彼を賞賛したといいます。

故障とほとんど無縁であり、まさに鉄人。24年間のメジャー生活の中で、故障者リストに入ったのは68年と86年のわずか2回のみで、それぞれ2週間ほどで復帰しています。

ジャッキー・ロビンソン(1919年~1972年)・・・
1890年頃に確立されたメジャーリーグの「有色人種排除体制」を打破し、有色人種のメジャーリーグ参加の道を開いた最初のアフリカ系アメリカ人選手。1962年に野球殿堂入り。72年には背番号『42』がドジャースの永久欠番となりました。

彼のメジャー昇格は47年に行われましたが、彼が所属するドジャースを除く全15球団が反対・対戦拒否を通告するなど大論争を呼びました。
しかし、当時のメジャーリーグコミッショナーであるハッピー・チャンドラー氏がドジャース支持を表明し、ナショナルリーグ会長のフォード・フリック氏がドジャースとの対戦拒否をしたら拒否した側へ出場停止処分を課すことを発表。ジャッキー・ロビンソン選手がいるメジャーリーグが開幕することになりました。

当時ドジャースを率いていたレオ・ドローチャー監督は「自分は選手の肌が黄色であろうと黒であろうと構わない。自分はこのチームの監督である。優秀な選手であれば使う。もし自分に反対する者がいたら、チームを出て行ってほしい」と語り、これに応えるように、ジャッキー選手は『打率.297、12HR、48打点、29盗塁』という成績を残してチームの優勝にも貢献し、この年より制定された新人王を受賞しました。

49年には、首位打者と盗塁王、MVPを獲得し、この年から6年連続で打率3割を記録。同じ49年から6年連続でオールスターにも出場しています。こうした活躍から、その後、多くの黒人選手がメジャーリーグへ受け入れられるようになっていきました。

彼の死後のことですが、メジャーリーグは2004年に「4月15日をジャッキー・ロビンソン・デー」と制定。今季のロビンソン・デーでは全ての選手、コーチ、監督、審判が彼の背番号『42』を着用して試合に出場しています。

先週のニュース(9/7-9/13)日本のH2Bロケット打上成功、民社国の3党が連立合意

先週のニュース(9/7-9/13)日本のH2Bロケット打上成功、民社国の3党が連立合意

9/13 国交省が「高速道路無料化」の経済効果再試算へ ・・・海運の失業・廃業対策は盛り込まれるか?

9/13 衆院議員の日給115万円? たった2日で満額支給 ・・何を今さら、前回の参院選でも騒いだでしょ?

9/12 郵便もエコ時代 封筒繰り返し利用が定着、包み紙や古新聞の活用も ・・・これが本当にエコか?

9/11 日本のH2Bロケット、打ち上げ成功 米国委員会が国際宇宙ステーション「20年まで延長を」

9/10 民主・社民・国民新の3党、連立に正式合意 ・・・少数政党に振り回せれた「自公」の轍を踏むな

9/10 第75回オリコン調べ「本」ランキング 今週発売の注目本:エグザムライ戦国、ちはやふる

9/9 【OECD調査】教育への公的支出、日本は下から2番目 ・・・民主党の公約は「公的支出・5%」

9/8 景気ウォッチャー、現状判断DIは8カ月ぶり低下、判断据え置き 民主党は景気動向を引き上げられるか

9/8 鳥取県が情報開示請求で、報道7社へ『全国学力テスト』の学校別結果開示 ・・・一体、どうしたいの?

9/7 イチローが『大リーグ通算2000安打』を達成 ・・・「イチローをつくる」というトレーニング法

――――――――――――――――――――――――――
↓Googleでもっと調べる↓




Google

国交省が「高速道路無料化」の経済効果再試算へ ・・・海運の失業・廃業対策は盛り込まれるか?

高速道路無料化、経済効果再試算へ・・・国交省検討
(読売新聞 9/13付より)
民主党が政権公約に掲げた高速道路の原則無料化を巡り、国土交通省が経済効果の試算をやり直す方向で検討していることが12日、明らかになりました。

具体的な再試算とは、2.7兆円の経済効果があると算定した2007年度の試算には含まれていない、鉄道やフェリーなどへの影響や車の交通量の減少予測などを織り込むこと。新たな試算で算出する経済効果は07年度試算を下回る可能性が高く、民主党による無料化論議を牽制する狙いがあるとみられます。

07年度試算は、交通量の減少で渋滞が減る一般道の効果が年間でプラス4.8兆円、高速道路は渋滞増などでマイナス2.1兆円と見込まれ、差し引き2.7兆円のプラスとされていました。

しかし、この試算では道路建設の費用対効果を判断する際に用いる「走行時間の短縮」「燃料費などの削減」「交通事故の減少」の3項目を金額に換算する手法をとったため、鉄道の乗客減など他の交通機関が受けるマイナス面などが加味されておらず、無料化の効果が正確に算定されていないとの批判が出ていました。
――――――――――――――――――――――――――
『政権交代の効果』を大阪府でなされた橋下知事の手法の延長で見た鮎滝は、民主党に代わることに期待を寄せる立場を採っています。けれども、「高速道路無料化は違うのではないか?」と考えています。
――――――――――――――――――――――――――
高速無料化、イバラの道・・・業界反発、環境問題
(読売新聞 9/13付より)
新政権発足を目前に控え、民主党が目玉政策として掲げる高速道路の原則無料化の行方が注目を集めています。

「物流コストの引き下げ」などで地域経済を活性化させるとの主張に対し、鉄道やバスなど利用者減を懸念する業界は一斉に反発。財源問題や環境への配慮など、解決すべき課題も多く見られます。

■高速道路と鉄道・フェリーの“すみ分け”を破壊
バスの利用者はお年寄りなど交通弱者が多く、なくなれば地方は疲弊する。民主党は影響を理解していない――
九州バス協会の竹島和幸会長(西日本鉄道社長)は10日、高速道路の無料化見送りを求める陳情に訪れた国土交通省でこのように訴えました。

「無料化されれば、マイカーを選ぶ人が増え、高速バスの利用者が激減する」。
こうした事態へのバス業界の不安は『高速料金・上限1000円』で一気に増幅されました。料金割引が導入された3月以降で利用者は急減しており、お盆期間にも値下げが適用された8月の1日平均利用客数は、前年比で12%減でした。高速路線を収益源とするバス会社では、高速無料化が地域路線の維持にまで影響しかねません。

また、フェリー業界も「無料化で多くの事業者の経営が立ち行かなくなる」(中国旅客船協会連合会)と警戒しています。ここでも『上限1000円』の影響で、3本の本州四国連絡道路と競合する各航路を中心に輸送実績は1~3割落ち込み、既に中国地方の3社が事業停止に追い込まれました。

JR西日本の佐々木隆之社長は10日の記者会見で、無料化は交通機関の“すみ分け”のバランスを崩すことを指摘し、「それぞれの交通機関が持つ設備に余剰が出る事態を招く」と危機感を表明しています。

■高速道路が生活道路になる効用
民主党は高速無料化の狙いを「物流コスト・物価を引き下げ、地域と経済を活性化する」と説明しています。高速道路が生活道路として生まれ変われば地域間の交流が活発になり、トラックの輸送費が下がり、地方産品を消費地に運びやすくなるという論理です。

こうしたメリットに「東京市場に遠隔地の魚がどんどん届くようになる」(東京都水産物卸売業者協会)、「市場はインターチェンジの近くに多い。買い物客が増えて活性化する」(青果の卸売関係者)などと期待する声もあります。

メリルリンチ日本証券の推計では、高速無料化によってヤマトホールディングスで70億円、日本通運で40億~50億円程度のコスト削減につながり、営業利益を10%以上押し上げる効果があるとしています。

ただ、家計への影響は微妙なところ。家計調査によると、1世帯当たりの「有料道路料」への支出額は08年で8,923円。無料化でゼロになったとしても、民主党が無料化の財源としている年1.3兆円は、国民1人当たりにすれば1万円超の負担という計算になり、家計一般としてはマイナスです。

■CO2排出量が980万トン増えるとの試算も
功罪ともに指摘される無料化には「環境」という観点からの議論も高まっています。

NPO環境自治体会議環境政策研究所は、高速道路の無料化、ガソリンの暫定税率廃止が実施された場合、二酸化炭素(CO2)の排出量は少なくとも年980万トン増加すると試算。上岡直見主任研究員は「近距離でも高速道路を利用する人が増え、経営が悪化した鉄道やバスの便数が減る。車の利用自体が増えることも考慮すれば、影響は2倍、3倍に拡大する」と指摘しています。

一方で民主党の鳩山代表は、2020年までの温室効果ガス削減の中期目標について「1990年比25%削減」とする考えを打ち出したばかり。高速無料化が、温暖化対策の整合性をどう取るかが問われそうです。
――――――――――――――――――――――――――
鮎滝の「高速道路無料化への疑義」の理由は、おおよそこの記事で取材に応えている方々の指摘の通り。CO2の増加に関しては、エコカーの普及推進で克服可能だと思っていますが、鉄道・フェリー業界での減収・減益は免れられないだろうと思っています。

本来であれば「高速道路はいずれ無料化するもの」であったわけで、これが果たされない公約であり続けたこと自体、大いに問題です。しかし、高速道路が“無料化”という圧倒的な優位性を獲得すると、関門海峡、津軽海峡、瀬戸内海の海上交通を担ってきたフェリー会社、公共交通機関である鉄道会社への衝撃は無視して良いものではないでしょう。

とっくの昔に「タラレバ」となってしまっている話ですが、もし本州と九州、北海道、四国を結ぶ計画が、当初から陸海両交通を網羅したものであったとしたら。
例えば、「関門トンネルの管理を関門海峡のフェリー会社が担い、青函トンネルの管理を津軽海峡のフェリー会社が担い、本州四国連絡橋の管理を瀬戸内海のフェリー会社が担う」といった、『海運業界の陸運への多角化』という形を採っていれば、時代のニーズに合わせて、海上交通から陸上交通へ移行させていく軟着陸も出来たでしょう。

けれども、現実には『陸運業界の市場拡大』という形で進められました。そのため、高速道路無料化は、特にフェリー業界にとって「市場から強制排除させられる衝撃」となっています。

もっとも、『海運業界の陸運への多角化』を採っていたとしても、“海の男”が簡単に“サービスエリアの店員”になるというのは想像し難いことです。想像し難いことですが、今のような急な失業や廃業は免れられたかもしれません。

関西圏には、関空、伊丹、神戸と3つも空港があったりますが、国土交通省関係の事業は、何故にいつもチグハグとしたものとなるのでしょうか?

衆院議員の日給115万円? たった2日で満額支給 ・・何を今さら、前回の参院選でも騒いだでしょ?

衆院議員の日給115万円? たった2日で満額支給
(産経新聞 9/12付)

8月30日の総選挙で当選した衆院議員の8月分の歳費が16日、480人の全議員に支給される。同月の在任期間は投開票のあった30日と31日のわずか2日間だが、歳費と文書通信費の計230万1千円が満額支払われる予定だ。日給換算で約115万円、全議員で約11億円という巨額な支出で、「社会常識を逸脱している」「無駄遣いだ」と批判も出ている。

衆院事務局によると、16日に支給されるのは、8月と9月分の歳費と文書通信費の一部。議員の任期は投開票日にスタートするため、8月30日からが歳費支給の対象となる。

歳費の額は「国会議員の歳費、旅費及び手当等に関する法律」で1人当たり月130万1千円と規定されている。8月の在任期間はわずか2日だが、同法には「日割り計算」などの制度はなく、満額が支給されることになった。

また、電話代や交通費など政治活動に使う目的で支給されるが、使途報告義務がなく「事実上の歳費」とも呼ばれる月100万円の文書通信費(正式名称・文書通信交通滞在費)についても全額支給される。

こうした解散総選挙による“歪み”は以前から指摘されている。平成12年6月の総選挙では同月2日に解散したため、わずか2日間の在任期間を理由に499人に1カ月分が満額支給され、問題になった。

歳費の返納は「公職選挙法が禁じる寄付行為にあたる」との理由で認められていない。このため、過去には一部の議員が公選法に抵触しない「選挙区外」の慈善団体に寄付したケースがある。

民主党新人の横粂勝仁議員(28)は、「一般的に考えておかしなことだと思う。今回は受け取るが、選挙でかなりのお金を使ったので、恐らくそこに充てることになるのでは」と戸惑い気味に話す。

近畿地方の民主党の中堅議員も「(8月)30、31日はあいさつ回りで忙しく、国会議員としての仕事はしていない。2日間で1カ月分というのは社会常識を逸脱しており、報酬規定の見直しが必要だろう」と訴えた。

“政治とカネ”の問題に詳しい日本大学の岩井奉信教授(政治学)は「無駄遣いとしかいいようがない。日割りや返納などの制度を導入すれば済むのに、議員自らのことなので改正に意欲的でなかったのだろう。民主党は無駄遣いの撤廃を打ち出しているが、身近な点から改革しないと、国民の理解は得られないのではないか」と話している。

・・・何を今さら、前回の参院選でも騒いだでしょ?
前回の参議院選挙でも、当選直後の丸山弁護士が「議員になって数日で8月分満額貰った。こんなのは常識では考えられない。普通は日割りでしょ?」と言って騒いでしましたよね? この発言を新人議員の「オモシロ発言」としてしまって、大きな論争にしなかったのはマスコミです。

読売新聞が昨年8月に『全国12の県・市で、長期欠席13議員に報酬を満額支給』という記事で、いかに議員報酬がいい加減かと言うことを追及していましたが、これも大きな波とはなっていません。

このブログでは随分前から、「政務調査費は月額制、議員報酬は日当制」が良いだろうと言ってきました。矢祭町の町議会が日当制を採用した頃ですから、もう20カ月前になります。

「政務調査費は月額制、議員報酬は日当制」を
世間の問題・歪みを見つけてそれを解消する政策を立案、議会に提出して審議することが議員の仕事ですから。その準備段階である「政務調査」「政策立案」にかかる『政務調査費』は、月額制で安定的に支給された方が良いと考えています。
また、この『政務調査費』については、仮に当選から1日、2日で締め日が来ようとも、それこそ初登庁までに集中的な政策学習が必要なはずですから、満額支給でも構わないと考えています。

毎日毎日、議員の職責を果たしてもらうには、
「こういう政策はどうか?」
「こういう法律・規制がいるのではないか?」
「あの国の施策は参考になりそうだから資料を取り寄せよう」
「一人では手が足りないから秘書にも手伝ってもらおう」
「仲間と話し合えるようにレポートにまとめよう」
「具体的に法律草案を書こう」
という業務をこなしてもらわなければなりません。そのためにも、『政務調査費』は一定額であった方が良いでしょう。

問題は『議員報酬』です。
鮎滝は議員報酬を「議会審議」「議会採決」にかかる費用だと認識しています。これらの活動は議会場で行うものですから、議会出席日数に応じた日当制が妥当だろうと考えるわけです。

もう一つ議員には「政策報告」「実績報告」という仕事がありますが、議会場外でやるものは、自身への支持を継続させるための広報活動と捉えられます。

自腹でこれらの活動をすると、もともとの議員の貧富の格差が影響するため、『政務調査費』の一部として全員議員へ一律に支給するのも選択肢だと思っています。ただ、より多くの支持が集まっているとすれば、それだけより良い実績を出してきた故のことでしょうから、『議員への個人献金』を管理する資金管理団体に負担させるのが妥当かもしれません。

鮎滝の私見は、議員の仕事を、「政務調査」「政策立案」「議会審議」「議会採決」「政策報告」「実績報告」などに分類しているからかもしれません。
が、今後は産経新聞のように、『衆院議員の日給115万円? たった2日で満額支給』などと騒がずに済むように、一角のマスコミとして“きちんとした提言”をしてもらいたいものです。


――――――――――――――――――――――――――
関連記事
◆あいまいな「議員活動」の定義 全国12の県・市で、長期欠席13議員に報酬を満額支給(08/8/19)
◆議員報酬73.5%カット 議会政治先進自治体・矢祭町(07/12/26)

郵便もエコ時代 封筒繰り返し利用が定着、包み紙や古新聞の活用も ・・・これが本当にエコか?

郵便もエコ時代 封筒繰り返し利用が定着、包み紙や古新聞の活用も
(産経新聞 9/10付)

届いた郵便物の封筒、どうしていますか? 「捨てるのはちょっと」と環境意識が高まる中、リサイクルに回す前にもう一度、郵送用に使用できるように工夫された封筒がある。封筒を使わないで郵送できるものもあり、“エコ郵便”が定着しつつある。(津川綾子)

■3回も使える
一見、普通のA4判(角2)の茶封筒。しかしよく見ると、1、2、3カ所…、あて名欄が3つある。「ピープル・ツリー」の名前で知られるフェアトレード商品を扱う「フェアトレードカンパニー」(東京都世田谷区)は、会員向けの通信販売カタログを『リ・ユーズ封筒』に入れて発送している。封筒自体の販売も行っている。

郵送されてきた後、使用済みのあて名欄に「×印」をつけ、隣の欄に新たなあて名を書けば、あと2回、郵送に使える。「従来は1回しか使わなかったものも、アイデアと工夫次第で繰り返し使え、より地球に優しくなれる。この封筒が誰かに届くことで、他のものも大切にし、工夫して使い回すきっかけになれば」と、広報担当の高井藍子さん。

↑フェアトレードカンパニーの『リ・ユーズ封筒』

封筒の下の部分を切り取って再利用できるのは、「ムトウユニパック」(江東区)の『セパブル封筒』だ。発売は21世紀を目前に環境意識が高まった平成11年。以降、環境問題やリサイクルへの関心が高まるにつれ、全国の市役所や企業に利用が広がった。受け取った個人からも「どこで買えるのか」と、問い合わせが相次いでいるという。

サイズはA4判の資料を収める一般的な封筒(角2)よりも幅が狭めの「角20」。「通常サイズの封筒では、切り取って再利用する際に定形外となり郵送料が高くなる。それを防ぐために80円(25グラム)に収まるサイズにした」(同社DC事業部の江原英章課長)。また、「写真の受け渡しや家計の管理など、捨てずに家庭内で活用してもらいたい」と、郵便とは別の使い方も提案する。

↑ムトウユニパックの『セパブル封筒』

■環境意識も郵送
「捨てるなら」と、封筒を使わない郵送手段も出てきた。

平成9年に始めた「オン・ザ・ロード」(名古屋市)の『エコメール』や、18年に佐川急便(京都市)が導入した「飛脚グリーンメール」。冊子を郵送する際、ページを開く側に特殊テープを張って閉じ、表紙に直接、あて名シールを張ることで、封筒を使用せず郵送する。

↑オン・ザ・ロードの『エコメール』

佐川急便によると、封筒(14グラム)を使用する場合と比べ、1通あたり13グラムのゴミの節約になるという。企業が環境報告書を送る手段などとして利用が広がり、この方法での郵送は、20年度は55万冊で前年度比3.8倍に伸びた。『エコメール』を利用するJICA(国際協力機構)は、「ゴミが減るうえ、封筒代の分、少しコストが安く済む」(同広報室)と利点を強調する。

多様化するエコな郵便。送り先へ環境配慮のメッセージを運ぶことにもつながっている。

■簡単な手作り封筒キットも
どうせなら廃品を使って封筒を作れないか-。道具を探すと、無印良品の手作り封筒テンプレート(315円)を見つけた。読み終わった新聞や、ブランド品のカタログが入っていた上質な封筒など、好みの紙にテンプレートを重ね、表示通りになぞった後、はさみで切ったり、のりで張れば数分で完成。「紙の再利用などエコロジー派だけでなく、こだわりの紙を使いたいアート派にもニーズがある」と、良品計画(東京都豊島区)の生活雑貨部、前田潤一郎さん(42)。無印良品ネットストアで販売している。

↑「無印良品」の封筒テンプレート

「使い方だけ」「素材だけ」でなく、両方を・・・
フェアトレードカンパニーの『リ・ユーズ封筒』は、シャチハタの『セキュアスタンパー』などを併せて使わないと誰のもとを渡ってきたかも分かってしまうため、使い方に工夫がいる感じがします。が、鮎滝としては、同じエコでも「間伐材問題」への注力がより必要ではないかと考えています。

↑シャチハタの『セキュアスタンパー』。戦国武将や寿司ネタで埋め尽くして、個人情報を隠すスタンプ。

国土の森林の41%が人工林という国、ニッポン
日本では、1950~1970年代前半に空前の“住宅建設ラッシュ”が発生し、国内の木材需要が逼迫。「木材が高いから住宅が建てられない」「売り惜しみだ」という非難が当事の林業界に集中し、天然林を伐採した跡などにスギやヒノキなどを植栽する「拡大造林」が官民をあげて奨励されました。

結果、いまの日本は、森林面積・2,515万haのうち41%が人工林という状況になっています。

しかし、その後の木材価格は、70年代後半から断行された外国産木材の輸入緩和によって暴落。林業で生計を立てることが難しくなり、多くの人工林が放棄されるようになりました。

「間伐材の活用」の方がエコではないか?
スギやヒノキは、葉を広く成長させることで根も広く深く張り、より太く大きくなる植物。定期的に蔓植物を除去したり、間引きをして日の光が入るようにする間伐をしたり、節の少ない建材にするよう枝打ちしたりと手間のかかる植物です。
よって手入れを放棄された人工林では、細長く、根も浅い木しか育たちません。

今秋公開される、安土城築城を描いた映画『火天の城』では巨城を支える建材として、樹齢2000年のヒノキを探すシーンがあります。が、その巨大なヒノキと比べれば、今日の日本各地にあるヒノキがいかにひ弱であるかよく分かるはずです。

根の浅い森林は、雨を溜め込む「保水力」が弱い上に、腐葉土から土になって間もない柔らかい表層までしか根が届いていないため、「地滑り」を起こしやすくなります。根のしっかりした木々は表層の土を山の斜面へ押し止める杭となりますが、逆に、根を張っていない木は重荷でしかありません。

地滑りで流れた木々は、廃棄するしかありません。「土砂の中から使える木を掘り出す」など考えはしないでしょう。森林の中で腐って次世代の木々の栄養となることもできず、人間に建材や紙に使われることもなく、人家や山道を突き崩した後にただ捨てられるだけの木。
これは環境にとっても、人間社会にとっても非常な損失です。

エコにも、世界標準以外に地域基準があるはず
エコ活動では、しばしば「多様な自然を守る」と言われます。しかし、そのために提示される方法論は同じようなものばかり。守るべき自然が多様であると言うことは、エコ活動も多様になるのではないでしょうか?

今夏、日本の各地で「長雨による地滑り」が起こりましたが、やはりその多くで木々が流されてきています。41%もの人工林を抱えている以上、日本にとっては、こうした木々を出さないようにする人工林を構築することこそエコ活動なのではないでしょうか?

山の森林が豊かであると、山でより豊富に水溶性の栄養素が作られ、それらが地下水脈・川・を下って海の生態系を豊かにします。この観点からも人工林が多い日本では山へ人の手を入れること、その担い手となる人々の生活持続、つる切・間伐・枝打ちに対価を払う経済循環を考える必要があるでしょう。

エコな紙製品というと「100%再生紙」や「リ・ユーズ」が世界標準なのでしょうが、日本の場合、「100%間伐材」という選択肢についてもきちんとした実証実験がいるように思います。

日本のH2Bロケット、打ち上げ成功 米国委員会が国際宇宙ステーション「20年まで延長を」

日本のH2Bロケット打ち上げ成功 ISSへ無人補給機
(毎日新聞 9/11付より)

宇宙航空研究開発機構(JAXA)は11日午前2時1分、鹿児島県・種子島宇宙センターから、国産新大型ロケット『H2B』1号機を打ち上げ。さらに約15分後、南太平洋上の高度約290キロで国際宇宙ステーション(ISS)へ物資を運ぶ『無人補給機(HTV)』を予定の軌道に無事投入。打ち上げ、初ミッションともに成功しました。

↑打ち上げられるH2Bロケット1号機=種子島宇宙センター

闇夜の中で『H2Bロケット』は、まばゆい光を海に反射させ、ごう音を残しながら、南東方向へ上昇、雲の中へ入っていきました。固体補助ロケット、衛星フェアリング(覆い)、第1段ロケットを計画通りに順次分離。管制室に「無人補給機」の分離成功を告げるアナウンスが流れると、拍手がわき起こりました。

『無人補給機』は全長約10メートル、直径約4.4メートル、重さ約10トンの円筒形。最大6トンの物資を積める機体。今回は衣類、食料、国際宇宙ステーション用の観測機器など4.5トンを積載しました。来年の米国スペースシャトル退役後、国際宇宙ステーションへ大型機材を運べる唯一の手段となる見込みで、今回の打ち上げ成否は国際的にも注目されていました。

『無人補給機』は今後、遠隔操作で1週間かけて国際宇宙ステーションに接近。18日朝、国際宇宙ステーションのロボットアームを使ってドッキングします。その後、11月初旬、廃棄物などを積んで大気圏に再突入し、燃え尽きることになっています。
今の計画では、2015年まで年1回、計7機を打ち上げる予定。

『H2Bロケット』は、全長約56メートル、重さ約530トン。JAXAと三菱重工業が、従来の『H2A』を基に約270億円をかけて共同開発。既存のメインエンジンを2基束ね打ち上げ能力は『H2A』の約1.4倍となりました。『H2B』1号機の製作費、打ち上げ費用などを含めた総合費用は約147億円。

※無人補給機(HTV)・・・国際宇宙ステーションに物資を運ぶ国産の無人補給機。
全長約10メートル、直径4.4メートルで、最大6トンの物資を積める。米国スペースシャトルの退役後は、大型機材を運べる世界唯一の補給機となります。内部を1気圧、約20度に維持できる「与圧部」があり、将来の有人輸送機につながる性能も持っています。HTVの名称は、日本の大型ロケット、H2シリーズの「トランスファー・ビークル」(輸送機)の頭文字が由来。

――――――――――――――――――――――――――
日本の国産新型ロケットの打ち上げと初ミッションが成功して何よりです。
しかし、実は、国際宇宙ステーション(ISS)の太陽電池など基幹部分を運用する米国は、2015年以降の予算を示していません。そのため、共にISS計画を進めてきた日欧露は20年までの延長を訴えてきましたが、そこへ飛び込んできたのが次の朗報です。
――――――――――――――――――――――――――
国際宇宙ステーション「20年まで延長を」 米委員会
(朝日新聞・読売新聞 9/9付より)

米国ホワイトハウスは8日、航空宇宙局(NASA)の有人宇宙計画を見直してきた有識者による独立委員会の報告書概要を発表。
国際宇宙ステーション(ISS)の運用を5年延長して2020年までとすることを強く促すとともに、月の有人探査は現状の予算規模で予定通りに進めるのは不可能との見通しを示しました。

同報告書は、「25年かけて建設したISSを5年しか使わず廃棄するのは賢明でない。延長しないと宇宙開発の国際協力における米国の指導力が大きく損なわれる」と警告。「米国や協力国によるこれまでの投資は、20年まで運用することによって十分に回収できる」と、運用延長を強く提言しています。

また、スペースシャトルが11年に退役した後、新ロケットが稼働するまでの約7年間は、自前の運搬手段がない「ギャップ」が生まれると予想。民間ロケットを活用したり、シャトルを延命させたりすることで、この空白期間を埋める案を示した。

一方、現在開発中の次世代ロケット『アレス」』で月の有人探査を20年までに行うというNASAの計画については、10年度の予算規模が続くとすると「実行は不可能」と指摘。しかし、「予算が約3割増額され、国際宇宙ステーションの運用が16年で終われば可能になる」との分析も示しました。

今回の報告書は「勧告ではなく選択肢の提示」(オーガスティン委員長)ですが、オバマ政権が今秋に策定する予定の長期的な宇宙政策策定に大きな影響を与えると見られています。

委員会は、ホワイトハウスのホルドレン科学技術政策担当補佐官の要請で、宇宙航空産業界の代表ら独立性の高い委員10人で組織されたもの。
――――――――――――――――――――――――――
日本は、宇宙開発についてインドとも協力関係を結んでおり、この10月に「植物工場の可能性探る宇宙実験」を共同で行うことになっています。宇宙開発の可能性を広げておくためにこちらも重要ですが、やはり「25年もかけて建造してきた国際宇宙ステーションを使い切ること」の方が基本路線だと考えます。

国産宇宙ロケットでの物資補給を担当できるようになった、米国委員会が国際宇宙ステーションの期間延長を推した。次期政権にも、こうした状況を背景として、米国議会、オバマ米国大統領への「国際宇宙ステーションの計画延長」を強く訴えていって欲しいところです。

民主・社民・国民新の3党、連立に正式合意 ・・・少数政党に振り回された「自公」の轍を踏むな

民社国の3党、連立に正式合意 福島・亀井氏、入閣へ
(読売新聞・朝日新聞 9/10付より)

民主党の鳩山代表、社民党の福島党首、国民新党の亀井代表は9日夕方、国会内で党首会談を開き、連立政権を樹立することで正式に合意し『3党連立政権合意書』に署名。16日召集の特別国会で鳩山代表が首相に指名された後、同日中にも3党による「鳩山内閣」が発足する見通しとなりました。

鳩山代表は党首会談で、社民、国民新両党に対し、党首級の入閣を正式に要請。この後、亀井代表は、鳩山氏に電話し、自らが入閣に応じることを伝えました。社民党も、福島党首の入閣に応じる方向。
この連立合意を受けて、鳩山代表は、新政権の閣僚・民主党役員人事を本格化させる考えです。

連立政権合意書では、新政権の性格を「政権交代という民意に従い、国民の負託に応える」とうたっています。その上で、新政権発足後の3党の政策調整の場について、各党党首クラスによる基本政策閣僚委員会で調整し、閣議に諮る仕組みを設けることを確認しました。

民主党が両党首に入閣を求め、閣内で調整を行う仕組みにこだわったのは、政府と与党で政策決定が二元化することを避けるため。民主党からは副総理・国家戦略局担当相に内定した菅直人代表代行が閣僚委員会に加わる予定です。

民社国、『3党連立政権合意書』の概要
『3党連立政権合意書』には、消費税率の据え置きや、郵政事業の抜本的見直し、後期高齢者医療制度の廃止、労働者派遣法の抜本改正、憲法の「平和主義」順守、新型インフルエンザ対策――など10項目が盛り込まれました。

焦点となっていた外交・安全保障分野では、民主党の衆院選政権公約(マニフェスト)の表現に沿い、「日米地位協定の改定を提起」するとし、「米軍再編や在日米軍基地のあり方についても見直しの方向で臨む」と明記。社民党が求めていた米海兵隊普天間飛行場の国外移設と、インド洋で給油活動を行う海上自衛隊の即時撤退には直接言及されませんでした。

憲法については、「憲法の保障する諸権利の実現を第一とし、国民の生活再建に全力を挙げる」と明記しています。

「連立政権樹立に当たっての政策合意」骨子
▽政権担当期間中は消費税率引き上げは行わない
▽日本郵政、ゆうちょ銀行、かんぽ生命保険の株式売却を凍結する法律を速やかに成立させる。郵政事業の4分社化を見直す。郵政改革基本法案を速やかに策定し、成立を図る
▽「子ども手当」を創設。生活保護の母子加算を復活。高校教育を実質無償化
▽国と地方の協議を法制化。戸別所得補償制度を販売農家に実施
▽沖縄県民の負担軽減の観点から、日米地位協定の改定を提起。在日米軍基地のあり方についても見直しの方向で臨む
▽政府の温室効果ガス削減の中期目標の見直しと低炭素社会実現に向けた基本法の速やかな制定

社国との連立は、国民に望まれているのか?
「勝ち過ぎ」との世論調査も出ているが、民主党に308議席を任せたのが民意。それが、解散前と同じ議席数を維持したもののたった7議席の社民党、1つ減らして3議席となった国民新党との連立に振り回されている光景には、非常に疑問を感じます。

「少数意見を軽んじてはならない」のは重要なことですが、少数意見を尊重することと、少数意見に振り回されることは別ではないでしょうか? 仮に、福島党首と亀井代表が8日に合意に応じていれば、次期政権人事はもう1日早く進められました。

首班指名は9月16日から動きませんし、外需依存体質の日本にとっては外国経済の方が影響しやすいわけで、内閣人事が1日早まったところで急に手が打てるわけでもありません。また経済状況も、しばしば悪いニュースが出てくるものの株価は安定している方です。

けれども、「日本の次期政権は、このような成長ビジョンを掲げている」というメッセージを世界へ発することは、7月中旬から8月いっぱいまでを選挙に費やしてきた分、1日であろうとも早い方がよいはずです。「日本は買いだ」と思わせる日が早くなれば早くなるほど、企業はもっと大きな絵が描けるようになります。

↑別窓で大きい画像が開きます

少数政党に振り回された「自公」の轍を踏むな
参議院での議席数を考えれば、国会戦術上、民主党は社民党・国民新党と連立を組んで「両院で過半数」を取りたいのでしょう。しかし、今週の民主党の動きを見ていると、公明党発案の「地域振興券」や「定額給付金」に振り回された自民党を彷彿とさせます。

自民党は右派の本流政党でしたが、1993年に一度下野して以降、翌94年に社会党・新党さきがけとの連立を組んだ辺りから変質。どんどんと訳の分からない政党となり、「政党ではなく候補者でしか選べない集団」と化していきました。99年に公明党と連立を組むようになった頃には、「これを蹴ったら、また下野しかねない」という保身ばかり。第1党らしく「決断する政党」から、さらに遠ざかっていったように思います。
自民党には、今回の下野を好機として「保守本流、かくあるべし」という答えに辿り着いてもらいたいものです。

さて、今週の民主党ですが、その姿には「あの自民党と同じ轍を踏むのではないか?」という危惧を感じます。

外交・安保問題で社民党の突き上げにあったようですが、結局は民主党のマニフェストのままで決着。これでは、社民党・福島党首の自己アピールに付き合わされただけです。衆議院第1党としてはあまりにお粗末でしょう。

第45回衆議院議員選挙で308議席を取ったのは民主党です。もちろんこの議席数で図に乗るのはいただけませんが、308議席を任された以上、それだけの議席を任された政党らしい振る舞いというものがあるのではないでしょうか?

第75回オリコン調べ「本」ランキング 今週発売の注目本:エグザムライ戦国、ちはやふる

第75回オリコン調べ「本」ランキング(8月31日~9月6日)

▽書籍総合
1位(↑):KAT-TUN LIVE DOCUMENT PHOTO BOOK
 “BREAK the RECORDS”(菅野ぱんだ)・・・88,681部
2位:私服だらけの中居正広増刊号~輝いて~(扶桑社)
 ・・・67,172部
3位(↑):リンネル vol.6(宝島社)・・・39,189部
4位:しがみつかない生き方
 「ふつうの幸せ」を手に入れる10のルール(香山リカ)・・・22,948部
5位(↑):JILLSTUART
 Happy 5th Anniversary!(宝島社)・・・22,948部
6位:うちの3姉妹 10(松本ぷりっつ)・・・18,051部
7位(↑):差別と日本人(野中広務、辛淑玉)・・・16,955部
8位(初):オレンジページCooking 毎日楽うま!
 秋レシピ2009(オレンジページ)・・・16,214部
9位(↑):日本人の知らない日本語(蛇蔵&海野凪子)・・・15,762部
10位:あるキング(伊坂幸太郎)・・・14,942部
――KAT-TUNが首位で中居さんが2位と、「出版不況でも、ジャニーズは衰え知らず」といった感じです。
もっとも、これまでのLIVEフォト集などの傾向から見る限り、「ランクイン期間は短いものの、確実に上位に入ってくる」のが特徴的なジャニーズ本。ロングヒットを記録するものが出てくるのでしょうか? ちなみに10月26日には、『嵐デビュー10周年記念写真集 嵐の10年 【特別装丁版】』が、8月に即完売した【限定版】後の声に推されて出版されるとのこと。



▽コミック
1位(初):ONE PIECE 55(尾田栄一郎)・・・1,121,685部
2位(初):バガボンド 31(井上雄彦、吉川英治)・・・288,225部
3位(初):銀魂 30(空知英秋)・・・203,750部
4位(初):桜蘭高校ホスト部 15(葉鳥ビスコ)・・・170,016部
5位(初):会長はメイド様! 8(藤原ヒロ)・・・85,971部
6位:ガラスの仮面 44(美内すずえ)・・・84,957部
7位(初):ベるぜバブ 2(田村隆平)・・・68,072部
8位(↑):純情ロマンチカ 12(中村春菊)・・・62,146部
9位(↑):きょうの猫村さん 4(ほしよりこ)・・・53,966部
10位:のだめカンタービレ 22(二ノ宮知子)・・・46,428部
――圧倒的な強さを見せた『ONE PIECE』は、これで6巻連続の初登場1位・100万部超えです。

ただ気になるのが、この『ONE PIECE』の勢いに拮抗する作品が見当たらないところ。『鋼の錬金術師』『のだめカンタービレ』『NARUTO』が1週目・80万部あたりまで来ていますが、いずれもこの壁を超えることなく物語も終盤へ向かっている段階。長期連載を続けている『名探偵コナン』も、40万部を超えなくなってきています。
『ONE PIECE』には、いまの「白ひげvs海軍編」後に、もう2回ほど山場はあると思っていますが確実に終演へ向かっている段階。『ONE PIECE』後のコミック部門をどの作品が牽引するのか、他の作家の奮起に期待。



▽文庫
1位:赤い指(東野圭吾)・・・74,514部
2位(↑):思考の整理学(外山滋比古)・・・37,906部
3位(初):陽気なギャングの日常と襲撃(伊坂幸太郎)・・・34,892部
4位(↑):看守眼(横山秀夫)・・・30,137部
5位:バカとテストと召喚獣 6.5(井上賢二)・・・25,528部
6位:終末のフール(伊坂幸太郎)・・・25,087部
7位(↑):ローマ人の物語 35 最後の努力 上(塩野七生)・・・21,155部
8位:サマーウォーズ(岩井恭平、細田守)・・・20,811部
9位(↑):ローマ人の物語 36 最後の努力 中(塩野七生)・・・20,144部
10位(↑):ローマ人の物語 37 最後の努力 下(塩野七生)・・・19,649部
――塩野七生氏の『ローマ人の物語 最後の努力』が、3冊同時にトップ10入り。同3冊では、ちょうどローマ帝国がその終焉前の試行錯誤をしている時期を描いており、奇しくも政権交代、2大政党制の試行錯誤をしている今の日本と合致している観があります。

来年7月25日には参議院議員の半数が任期満了を迎えるため、今度は参議院選挙が行われます。衆参同時選挙となる可能性もありますが、それは民主党の小沢次期幹事長次第。しかし参議院選挙は確実にあるわけで、この9月の連休中に、ローマ帝国末期の歴史を学んでおく必要があるかもしれません。



◆オリコンランキング(11位以下の書籍ランキングはページ中ほど)

今週発売の注目作:
『エグザムライ戦国 1』・・・ダンスボーカルユニットEXILEと、『クローズ』『WORST』などで知られる高橋ヒロシ氏のコラボレーションで始まったアニメ『エグザムライ』。その第2弾である『エグザムライ戦国』を下地に、三浦浩児氏と山口陽史氏のタッグでコミカライズしたのが本作品。どこまで行けるか、少し期待です。(9/8発売)

『ちはやふる 6』・・・スポーツかるたを取り上げた異色作の第6巻。前巻は、全国大会で実現した「主人公・千早と、クイーンと呼ばれている好敵手・若宮詩暢との一戦」がメインでしたが、ほかの都立瑞沢高校・かるた部の面々もそれぞれに成長を見せました。ここで一息つくのかと思えば、今度は地方大会へ参戦です。(9/11発売)

――――――――――――――――――――――――――
<アマゾンで今週発売の注目本を買う>
エグザムライ戦国 1 (少年チャンピオン・コミックス)/三浦 浩児

¥420
Amazon.co.jp


ちはやふる 6 (Be・Loveコミックス)/末次 由紀

¥440
Amazon.co.jp


ローマ人の物語〈35〉最後の努力〈上〉 (新潮文庫)/塩野 七生

¥420
Amazon.co.jp


ローマ人の物語〈36〉最後の努力〈中〉 (新潮文庫)/塩野 七生

¥380
Amazon.co.jp


ローマ人の物語〈37〉最後の努力〈下〉 (新潮文庫)/塩野 七生

¥380
Amazon.co.jp


アクセスカウンター
プロフィール

鮎滝 渉

Author:鮎滝 渉
千秋真一に23%似ているらしいブロガーです。
実家である愛知県に戻ってきました。
ほぼ日刊で更新中。日々の巡回サイトに加えてやってください。
-------------------------
ブロガー名を、「鮎滝 渉」へ改めました。
私が自分に付けた最初のペンネーム。そして、「一角の者になるまでは使うまい」と思ってた名でもあります。

大して公知のペンネームというわけでもありません。が、1回目の中小企業診断士試験の失敗以降、あれこれと思い悩む中、「“輝かしい名としようする執着”はかえって醜い。そろそろ、この名を名乗る覚悟をしよう」と決意。鮎滝の名を使うことにしました。

ちなみに、旧ブロガー名は「スクナビコナ」。
日本神話に出てくる知恵の神様の名前です。恐れ多い名前ですが、ブログをする気構えとして、使っておりました。

スポンサー広告
↓あなたもブログ始めるなら↓ 無料blog

↓アフィリエイト始めるなら↓ アフィリエイト・SEO対策

↓英会話を始めるなら↓ 英会話スクールWILL Square

↓アクセスアップなら↓
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログランキング参加中
応援してやってくださいm( _ _ )m
↓ワンクリックお願いします↓


ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 ニュースブログへ

にほんブログ村 本ブログへ

にほんブログ村 漫画ブログへ

にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ

にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ

本を買う
↓楽天ブックスを使う↓

---------------------------
↓アマゾンで商品検索↓

---------------------------
↓ベストセラー本のご紹介↓
カテゴリー
最近の記事
ブログ内検索
カレンダー
08 | 2009/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。