中小企業診断士をめざしつつ、日々のニュースやおススメ本など話題を提供。「突然スピーチを頼まれた」「ちょっと小生意気な話」など話のネタにしてください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

民間予測、政権交代なら初年度は景気減速、来年度好転 個人消費をどう見るか?

政権交代なら・・・最初は景気減速、来年度好転 民間予測
(朝日新聞 8/26付より)

政権交代がかかる総選挙で民主党政権が誕生し、新たな経済対策を実施した場合の景気への影響を、民間シンクタンクが予測。2009年度は公共事業減額の影響でマイナスの経済効果となるものの、“子ども手当”の支給や“高速道路の無料化”の効果で2010年度はプラスの効果が出ると試算しました。

予測を示したのは、野村証券金融経済研究所、大和総研、明治安田生命。いずれも自民党・公明党の連立政権が現在の景気対策を続けた場合と、民主党政権が誕生し、新たな景気対策を行った場合を比較しています。

まず、現・自公政権による景気対策効果は、野村の試算では09年度の国内総生産(GDP)の実質成長率を1.5ポイント押し上げます。しかし公共事業の反動減などで息切れし、10年度の押し上げは0.5ポイントにとどまるとしています。

一方、政権交代が実現して民主党政権となった場合。09年度の実質成長率の押し上げ効果は1.1ポイントと、現政権より目減りしますが、逆に10年度の効果は0.7ポイントとやや高め。他の2社の予測もほぼ同様の傾向でした。

なお、内閣府が現政権の景気対策も踏まえて7月にまとめた試算では、09年度の実質GDPは前年度比3.3%減、10年度は同0.6%増の見通し。

民主党は、公共事業を削って民間消費刺激に充てる構え
民主党の政策で09年度の実質GDPが低下するとみられるのは、マニフェスト(政権公約)で公共事業の削減を打ち出しているため。ムダが指摘される公共事業ですが、短期的には経済成長を下支えする側面があり、急激な削減は一時的に景気を冷やす恐れもあります。

一方、10年度から段階的に実施が始まる子ども手当や高速道路無料化は個人消費を刺激するため、実質GDPを上昇させる効果が見込まれます。「バラマキ」との批判はあるものの、欧米の景気回復はまだ先となると見られており、輸出の本格的な持ち直しが見通せない中では、“子ども手当”などによる消費刺激が景気を支える可能性はあります。

もっとも、民主党は公共事業の削減などで財源をつくるとしており、野村の木内登英・チーフエコノミストは「景気を減速させる政策(公共事業削減)でお金を確保して景気を良くするという、やや矛盾した政策だ」と指摘。公共事業減と消費刺激の効果が、それぞれプラスとマイナスに作用しかねないとみています。

また、“子ども手当”などで消費が一時的に刺激されても、日本の経済力が一気に底上げされるわけではありません。明治安田生命の小玉祐一・チーフエコノミストは「手当で出生率が上がっても経済に大きな効果が出るには時間がかかる。規制緩和などで民間が活動できる分野を増やすことも同時に必要だ」と言いいます。

個人消費の育成に眼を向けている民主に1票
野村証券、大和総研、明治安田生命による予測は、鮎滝も納得です。

かつて人口・3億人の米国が世界中の消費を支えていた頃、その主体は米国民の『個人消費』でした。そして今、世界の消費を支える可能性を見せているのは、中国で北京五輪前に起こった高度経済成長に乗れなかった、中国内陸部に住む人々の『個人消費』です。

公共事業で作られるモノは、道路や橋、大型集客施設といった、一度建てたら20年~30年は置いておく箱物。一方、個人消費の中心は、その場で消費されるサービスはもちろん、家電製品・家具調度などは5年~10年、短ければ3、4年で次の買い替え需要が訪れます。

公共事業にも、一時的なカンフル剤を超えて、切望された幹線道路の開通など恒久的な経済効果をもたらすものがあるのは確かです。しかし、「塵も積もれば」という話ながら、不特定多数の人々が常時参加する個人消費の方が、より需要は安定しているだろうと考えられます。
従って、個人消費の育成に眼を向けている民主党の方がベターだと鮎滝は判断しています。

ただ、民主党に不安材料がないわけではありません。
小泉元首相の反動ないし反対論から、民主党には「規制緩和」「構造改革」に消極性を感じさせるところがあるからです。特に小沢前代表とその周辺議員には、昔の自民党の「公共事業で景気を下支えする」という成功体験からの脱却が見られず、個人消費を期待していない姿勢がしばしば見受けられます。

この辺り、現・民主党代表の鳩山由紀夫氏の方向性がいまいち見えないために迷うところです。鮎滝は、金曜日か土曜日に期日前投票をする予定でいるのですが、もう少し迷ってみるつもりです。


――――――――――――――――――――――――――
関連記事
◆衆議院選挙 毎日新聞全候補者アンケートで自民と民主、対立鮮明に(4) 小泉構造改革とは何だったのか?(09/8/26)
◆衆議院選挙、消費税を上げることは本当に責任政党か? 橋本知事1期目で黒字化した大阪府(09/8/24)
◆衆議院選挙 毎日新聞全候補者アンケートで自民と民主、対立鮮明に(2) 年金・社会保障(09/8/23)
◆衆議院選挙 毎日新聞全候補者アンケートで自民と民主、対立鮮明に(1) 憲法・外交編(09/2/20)
◆09年衆議院議員選挙・兵庫県11区 戸井田徹、松本剛明、帽田智子らが立候補(09/8/18)
◆ネットを使った政治活動は、候補者を論理力・デザイン力など多面的に評価するため解禁すべき(09/8/18)
◆自民と民主は、マニフェストと共に平成22年度予算案を提示すべし(1) 麻生首相が衆議院解散会見(09/7/21)
◆自民と民主は、マニフェストと共に平成22年度予算案を提示すべし(2) 民主党、年内予算編成に自信(09/7/21)
◆自民と民主は、マニフェストと共に平成22年度予算案を提示すべし(3) 人事、予算、官僚は民主待ち(09/7/22)
◆自民と民主は、マニフェストと共に平成22年度予算案を提示すべし(4) 予算編成は民主でも可能(09/7/22)
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
アクセスカウンター
プロフィール

鮎滝 渉

Author:鮎滝 渉
千秋真一に23%似ているらしいブロガーです。
実家である愛知県に戻ってきました。
ほぼ日刊で更新中。日々の巡回サイトに加えてやってください。
-------------------------
ブロガー名を、「鮎滝 渉」へ改めました。
私が自分に付けた最初のペンネーム。そして、「一角の者になるまでは使うまい」と思ってた名でもあります。

大して公知のペンネームというわけでもありません。が、1回目の中小企業診断士試験の失敗以降、あれこれと思い悩む中、「“輝かしい名としようする執着”はかえって醜い。そろそろ、この名を名乗る覚悟をしよう」と決意。鮎滝の名を使うことにしました。

ちなみに、旧ブロガー名は「スクナビコナ」。
日本神話に出てくる知恵の神様の名前です。恐れ多い名前ですが、ブログをする気構えとして、使っておりました。

スポンサー広告
↓あなたもブログ始めるなら↓ 無料blog

↓アフィリエイト始めるなら↓ アフィリエイト・SEO対策

↓英会話を始めるなら↓ 英会話スクールWILL Square

↓アクセスアップなら↓
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログランキング参加中
応援してやってくださいm( _ _ )m
↓ワンクリックお願いします↓


ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 ニュースブログへ

にほんブログ村 本ブログへ

にほんブログ村 漫画ブログへ

にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ

にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ

本を買う
↓楽天ブックスを使う↓

---------------------------
↓アマゾンで商品検索↓

---------------------------
↓ベストセラー本のご紹介↓
カテゴリー
最近の記事
ブログ内検索
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。