中小企業診断士をめざしつつ、日々のニュースやおススメ本など話題を提供。「突然スピーチを頼まれた」「ちょっと小生意気な話」など話のネタにしてください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

事故米引責の前次官が関連法人会長へ天下り、農水省公表せず ・・・何で、そうなるの?

事故米引責の前次官が関連法人会長へ天下り 公表せず
(毎日新聞 9/2付より)

事故米不正転売事件で引責辞任した農林水産省の白須敏朗・前事務次官(58)が、水産庁が所管する社団法人『大日本水産会』(東京都港区)の会長に就任したことが分かりました。民主党は「官僚の天下りのあっせんの全面禁止」を掲げており、政権発足前の駆け込み人事とみられますが、農水省はこの天下り人事を公表していませんでした。

農水省や大日本水産会によると、同会は中須勇雄・元水産庁長官(65)が03年6月から会長を務め、今年5月、総会と理事会が開かれて4期目を選任。しかし、今月1日の臨時総会と理事会で白須前次官の会長就任が決まったとのことです。
白須氏の任期は、11年5月までの約2年で報酬は年1,860万円に上る。

農水省によると、内閣府の『官民人材交流センター』は昨年12月に設立されたため、それ以前に既にOBとなっていた白須前次官は、あっせんの対象外。農水省は「こちらであっせんはしていない」としており、同会は「中須前会長ご自身が後任を探していた」と話しています。

今回の人事が公表されなかったことについて、農水省秘書課は「うちが発表すれば国が任命したように誤解される恐れがあったためで、隠していたわけではない」と釈明しています。

このほか、政権交代前の「駆け込み」と指摘される人事では、内閣府審議官を7月に退職した旧厚生省出身の柴田雅人氏(60)が、8月29日付で国民健康保険中央会理事長に就任したことが明らかになっています。

・・・何で、そうなるの?
昔の記事を引っ張り出したところ、「事故米不正転売事件」は、事件の主体となっていた三笠フーズへ、農水省が5年間に96回も立入調査をしておきながら回避されなかったもの。

そりゃあ事務次官ともなれば現場監督ではないですし、白須前事務次官の責任は、手抜き調査への責任ではなく、みすみす手抜き調査を許した監督不行届です。事故米の流通が慣習化していて、それを糾さなかった責任も考えられますが、確実に立証できるのは監督不行届まで。

それでも彼らの所為で、市場に出回った事故米は、鮎滝が記事で拾っただけでも約740トン(うち基準値を超える殺虫剤「アセタミプリド」が検出されたうるち米は約600トン、カビの発生したタイ米約140トン)に上ります。

白須前事務次官に“再チャレンジ”してもらうのは構いません。と言うより彼には、改心して社会貢献し、社会へ与えたダメージを超える利益を還元してもらう必要があります。
にもかかわらず、「農水省の関連法人への天下り」という回答を出した白須氏と、それを受け入れた『大日本水産会』。「何で?」と聞かざるを得ません。

白須氏は、都立日比谷高校校から東京大学法学部を出て農林水産省へ入省し、事務次官にまで登り詰めたキャリア官僚。彼は、『自分の社会的存在意義』について、「東大法学部卒業者として、前事務次官として、如何にあるべきか?」といったことを考えたことがあるのでしょうか?

社団法人『大日本水産会』とは?
ちなみに、大日本水産会とは「水産業の振興をはかり、経済的、文化的発展を期することを目的として、明治15年に設立された、日本唯一の水産業の総合団体」なのだそうです。

昨年、原油の値上がりで多くの漁師さんたちが休漁を余儀なくされましたが、大日本水産会が言う団体の存在意義から見る限り、そういった事態に陥らないようにするのも同会の勤めでしょう。しかし、同会は休漁を止められませんでした。

大日本水産会会長に支払われる報酬は、年1,860万円。軽くサラリーマンの平均年収の4倍になりますが、それだけの仕事をしてくれているのでしょうか?

スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
アクセスカウンター
プロフィール

鮎滝 渉

Author:鮎滝 渉
千秋真一に23%似ているらしいブロガーです。
実家である愛知県に戻ってきました。
ほぼ日刊で更新中。日々の巡回サイトに加えてやってください。
-------------------------
ブロガー名を、「鮎滝 渉」へ改めました。
私が自分に付けた最初のペンネーム。そして、「一角の者になるまでは使うまい」と思ってた名でもあります。

大して公知のペンネームというわけでもありません。が、1回目の中小企業診断士試験の失敗以降、あれこれと思い悩む中、「“輝かしい名としようする執着”はかえって醜い。そろそろ、この名を名乗る覚悟をしよう」と決意。鮎滝の名を使うことにしました。

ちなみに、旧ブロガー名は「スクナビコナ」。
日本神話に出てくる知恵の神様の名前です。恐れ多い名前ですが、ブログをする気構えとして、使っておりました。

スポンサー広告
↓あなたもブログ始めるなら↓ 無料blog

↓アフィリエイト始めるなら↓ アフィリエイト・SEO対策

↓英会話を始めるなら↓ 英会話スクールWILL Square

↓アクセスアップなら↓
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログランキング参加中
応援してやってくださいm( _ _ )m
↓ワンクリックお願いします↓


ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 ニュースブログへ

にほんブログ村 本ブログへ

にほんブログ村 漫画ブログへ

にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ

にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ

本を買う
↓楽天ブックスを使う↓

---------------------------
↓アマゾンで商品検索↓

---------------------------
↓ベストセラー本のご紹介↓
カテゴリー
最近の記事
ブログ内検索
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。