中小企業診断士をめざしつつ、日々のニュースやおススメ本など話題を提供。「突然スピーチを頼まれた」「ちょっと小生意気な話」など話のネタにしてください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

OECDが日本のGDPを上方修正、G7も「回復時期早まる」 ・・・リーズナブルとは?

OECDが日本のGDPを上方修正 G7も「回復時期早まる」
(毎日新聞 9/3付より)

経済協力開発機構(OECD)は3日、日米欧の経済見通しについて、「数カ月前の予想よりも回復時期が早まる」として、前回6月の見通しを上方修正しました。上方修正の要因は、各国の異例の景気刺激策や中国を中心とする新興国の高成長。

日本の09年の実質国内総生産(GDP)成長率の予想はマイナス5.6%で、前回から1.2ポイント上方修正。
ただし今後は景気刺激策の効果が薄れるとの見通しから、10~12月期(第4四半期)に年率換算で0.9%減のマイナス成長に陥るとしました。また「日本以外の地域ではデフレが続くリスクは小さい」として、日本が当面、デフレから脱却できないとの見通しを示しています。

一方、先進7カ国(G7)の見通しは、前回より0.4ポイント上方修正してマイナス3.7%。また米国は前回と同じマイナス2.8%。ユーロ圏は前回より0.9ポイント上方修正し、マイナス3.9%としています。が、英国だけが下方修正(0.4ポイント)され、マイナス4.7%となりました。

OECDは、「先進国の回復ペースは、今後も緩やか」と指摘。各国の超低金利政策は「10年かそれ以降」も続くとしました。

また、財政刺激策も当面、必要と指摘。財政・金融などの例外的な政策を元に戻す「出口戦略」については「実行は先であっても、準備することが望ましい」と早期の策定を求めました。

OECDが示した成長率見通し
       09年通年     |7~9月期 |10~12月期
日本     ▼5.6(▼6.8)|    1.1|   ▼0.9
米国     ▼2.8(▼2.8)|    1.6|    2.4
ユーロ圏  ▼3.9(▼4.8)|    0.3|    2.0
先進7カ国 ▼3.7(▼4.1)|    1.2|    1.4

※単位%、▼はマイナス、カッコ内は6月見通し。
※7~9月期、10~12月期は年率換算

デフレ懸念の日本 「安ければ良い」という日々
GDP(=国内総生産)とは、「一国経済で、1年間に、新に生み出されたモノやサービスの生産額(付加価値額)の合計を、市場価格で表したもの」と定義されています。もう少し身近に言い直すと「国内で、1年間にどれだけのモノやサービスが買われたか?」となります。

日本のGDPは約500兆円ぐらいと言われていました。が、今の日本は民間消費支出が下がっており、500兆円ラインを下回るようになっています。この背景には、「そもそもモノを買わなくなった」という面もありますが、「買うとしてもより安いモノ」という傾向が強まっていることがあります。

前向きに考えればムダ遣いをしなくなったとも言えます。が、昨今は、「払うに足りる金額でさえ払わなくなった」という現象が多くはないでしょうか?

先日、病院の待合室で流れていたワイドショーでは「洋服の10円均一セール」というのを大きく取り上げていました。それなりに話題性を持っているとは思いますが、鮎滝は非常に気色の悪さを感じました。

放送の形は、取材VTRをコメンテーターたちが見るという定番型。その形は良いとして、問題はコメンテーターと称する人々の反応です。
10円の服に群がる客を見ながら、「在庫処分みたいなもので、儲けなんてありませんよ」と笑顔で話す店長を見ながら、彼らは「安いですねぇ」「凄いですねぇ」と無批判に礼賛するばかり。誰一人として、「このセールにかかる人件費はどうしているのか?」といった疑問の声を上げる人はいませんでした。

「安さ」ではなく、「リーズナブル」を求めるのが経済活動
空気を読んだのかもしれませんが、あのコメンテーターたちは、「何故、取っていい費用を取らないこと」に疑問を持たないのでしょうか?

値ごろ感のある商品に対して使う言葉として『リーズナブル(reasonable)』という言葉があります。根拠という意味の(reason)と能力・資格という意味を持つ(able)に分解できる単語ですが、真の経済活動は、「根拠ある価格での取引」を追求するものであるはずです。

モノを客が店主と面と向かって買っていた頃は、客は客でキズがあるだの少し曲がってるなどと値切ろうとし、店主は店主でそのモノが如何に優れているかを訴えたものです。そうして双方が納得した妥協点が、モノの値段であったわけです。
客は客で「いい買い物をした」と思い、店主は店主で「利益は確保した」と思える売買こそ、「リーズナブルな取引」というものです。

どんなに中国やベトナムの人件費が安くとも、メーカーの在庫処分品であろうとも、「10円で売れば原材料費の回収もできない」ということは誰にでも想像できることでしょう。原材料を採取・生育するのにも、商品として生産するのにもおカネは発生しています。それを誰も負担していない活動は、果たして経済なのでしょうか?

倉庫の維持管理費で損をするよりはマシと考えてメーカーは激安店に卸し、激安店もその思惑を商品の供給源としてあてにし、消費者もその安さに食いついて生まれたこの現象。これは非常に危うい事態です。経済学者は「デフレスパイラル」などと表現しますが、もっと身近に表現し直せます。

消費者の多くは、企業から給与をもらっている生産者でもあります。その消費者が「ただただ安いを追求するということ」は、自分たちで「自分たちの仕事の価値はもっと低い」と意思表示を続けているようなものです。自分で自分の仕事に価値がないと言い続ける状況など、疲弊しないはずがありません。

企業が適切な対価を取れば、企業は従業員に適切な給与を支払うことが出来ますし、従業員でもある消費者も適切な価格でモノを買えるようになります。それが時給1000円かどうかは議論の余地があると思いますが、少なくとも「企業の勝負所は人件費削減という経営スタイル」は日本に合わなくなった、と見なす頃合いでしょう。

ちなみに、中小企業庁が毎年発行している『中小企業白書』。2009年版のテーマは「イノベーションと人材で活路を開く」となっています。そうしたメッセージを、もっと強く発信しても良いのではないでしょうか?

スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
アクセスカウンター
プロフィール

鮎滝 渉

Author:鮎滝 渉
千秋真一に23%似ているらしいブロガーです。
実家である愛知県に戻ってきました。
ほぼ日刊で更新中。日々の巡回サイトに加えてやってください。
-------------------------
ブロガー名を、「鮎滝 渉」へ改めました。
私が自分に付けた最初のペンネーム。そして、「一角の者になるまでは使うまい」と思ってた名でもあります。

大して公知のペンネームというわけでもありません。が、1回目の中小企業診断士試験の失敗以降、あれこれと思い悩む中、「“輝かしい名としようする執着”はかえって醜い。そろそろ、この名を名乗る覚悟をしよう」と決意。鮎滝の名を使うことにしました。

ちなみに、旧ブロガー名は「スクナビコナ」。
日本神話に出てくる知恵の神様の名前です。恐れ多い名前ですが、ブログをする気構えとして、使っておりました。

スポンサー広告
↓あなたもブログ始めるなら↓ 無料blog

↓アフィリエイト始めるなら↓ アフィリエイト・SEO対策

↓英会話を始めるなら↓ 英会話スクールWILL Square

↓アクセスアップなら↓
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログランキング参加中
応援してやってくださいm( _ _ )m
↓ワンクリックお願いします↓


ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 ニュースブログへ

にほんブログ村 本ブログへ

にほんブログ村 漫画ブログへ

にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ

にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ

本を買う
↓楽天ブックスを使う↓

---------------------------
↓アマゾンで商品検索↓

---------------------------
↓ベストセラー本のご紹介↓
カテゴリー
最近の記事
ブログ内検索
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。