中小企業診断士をめざしつつ、日々のニュースやおススメ本など話題を提供。「突然スピーチを頼まれた」「ちょっと小生意気な話」など話のネタにしてください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

電池タクシーの次は、電池バスの登場か? 三菱重工の参入で刺激されるリチウムイオン電池生産

三菱重工の参入で刺激されるリチウムイオン電池生産
(日経エコノミー 9/1付より)

三菱重工業は、中大型のリチウムイオン電池事業に約100億円を投資し新規参入すると発表しました。
これを日産が発表した電気自動車『LEAF(リーフ)』に当てはめると、20万台の生産におよそ7000億円の投資が必要ということになります。競争が激化するリチウムイオン電池市場は、体力勝負の様相を呈してきました。

三菱重工業が生産するリチウムイオン電池は、電気バスや産業車両向けの中型と、風力発電や太陽光発電向けの定置用の大型電池。生産量は、実証試験用に年6万6000キロワット時で、開発費を含む総投資額は約100億円となる見通しです。
2010年秋までに長崎造船所に実証工場を建設し、11年には本格的な量産工場の建設に着工するということです。

もっとも、グループである三菱自動車が生産する電気乗用車『i-MiEV(アイ・ミーブ)』用のリチウムイオン電池は開発しないということです。

電池タクシーの次は、電池バスの登場か?
『電気バス』は、実は、今後かなりの台数の需要が見込まれている分野です。

電池の価格さえリーズナブルになれば、燃料代は、現行のディーゼルバスにくらべると10分の1から20分の1となり、運行費用は大きく削減されます。また、排ガスがゼロですから、都市の大気環境がクリーンになるという大きなメリットもあります。さらに、発進・加速時のショックがなく、電気モーターによる駆動で静かですから、乗客にとっても快適さが期待できます。

とくに路線バスは、1回の運行距離がさほど長くありません。したがって、搭載する電池も一定の大きさで済むことから、電池価格を低く抑えられると考えられます。また1回の運行ごとに、ロータリーや車庫で急速充電をすれば、電池交換などという大変な労力を割かなくとも運行可能で、最も電気自動車に向いた車両とも言えます。

ハイブリット車技術を転用し、参入が続く可能性も
こうしたことから、三菱重工業は三菱ふそうトラック・バスと『電気バス』を共同開発すると発表しました。2011年後半までに試作車を製作し、公道試験を経て市場投入するということです。
三菱ふそうは、すでに日立製作所のリチウムイオン電池とドイツ・シーメンスのモーターを組み合わせたハイブリッド・バスを生産・販売中。この技術を使えば、容易に電気バスを開発できるでしょう。

『電気バス』は、そのほかに早稲田大学や慶應義塾大学(いすゞと共同開発)も開発中。また、日野自動車は1990年代からハイブリッド・バスを生産、販売していますので、『電気バス』への参入メーカーが増えることも予想されます。

三菱重工業が年間6万6000キロワット時のリチウムイオン電池を生産するために、開発費も含めて約100億円を投資するとしています。6万6000キロワット時で100億円の投資ということは、1キロワット時・15万2000円の投資ということになります。
ちなみに、100億という投資額は、三菱自動車の『i-MiEV』の4125台分、日産『LEAF』の2750台分にあたります。

一方、日産は2012年に『LEAF』を世界で20万台生産すると発表。その内訳は、日本で5万台、米国で15万台。米国の工場を建設するために、オバマ政権からすでに1500億円の低利融資を受けることも決まっています。

莫大な投資に耐えられるメーカーだけが勝ち抜ける
日産のゴーン社長は、2020年には電気自動車の生産は、全世界で300万台から600万台におよぶだろうといいます。20万台の生産でおよそ7000億円ですから、600万台では21兆円ということになります。

電気自動車を開発・販売するには、まずは電池を生産しなければなりません。そのためには莫大な投資が必要です。この投資に耐えられたメーカーが、これから先の激しい電気自動車戦争を勝ち抜けるのではないでしょうか?

トヨタが、パナソニックEVエナジーとは別に、三洋電機からリチウムイオン電池を購入するともいわれています。これから電池をめぐって、ますます状況は入り乱れてくることでしょう。リチウムイオン電池産業は、当面、目の離せない分野であり続けそうです。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
アクセスカウンター
プロフィール

鮎滝 渉

Author:鮎滝 渉
千秋真一に23%似ているらしいブロガーです。
実家である愛知県に戻ってきました。
ほぼ日刊で更新中。日々の巡回サイトに加えてやってください。
-------------------------
ブロガー名を、「鮎滝 渉」へ改めました。
私が自分に付けた最初のペンネーム。そして、「一角の者になるまでは使うまい」と思ってた名でもあります。

大して公知のペンネームというわけでもありません。が、1回目の中小企業診断士試験の失敗以降、あれこれと思い悩む中、「“輝かしい名としようする執着”はかえって醜い。そろそろ、この名を名乗る覚悟をしよう」と決意。鮎滝の名を使うことにしました。

ちなみに、旧ブロガー名は「スクナビコナ」。
日本神話に出てくる知恵の神様の名前です。恐れ多い名前ですが、ブログをする気構えとして、使っておりました。

スポンサー広告
↓あなたもブログ始めるなら↓ 無料blog

↓アフィリエイト始めるなら↓ アフィリエイト・SEO対策

↓英会話を始めるなら↓ 英会話スクールWILL Square

↓アクセスアップなら↓
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログランキング参加中
応援してやってくださいm( _ _ )m
↓ワンクリックお願いします↓


ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 ニュースブログへ

にほんブログ村 本ブログへ

にほんブログ村 漫画ブログへ

にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ

にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ

本を買う
↓楽天ブックスを使う↓

---------------------------
↓アマゾンで商品検索↓

---------------------------
↓ベストセラー本のご紹介↓
カテゴリー
最近の記事
ブログ内検索
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。