中小企業診断士をめざしつつ、日々のニュースやおススメ本など話題を提供。「突然スピーチを頼まれた」「ちょっと小生意気な話」など話のネタにしてください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

臨床研修病院が初の減少、2010年度の制度改正が影響か ・・・医療サービスとは?

臨床研修病院が初の減少、10年度の制度改正が影響か
(共同通信 9/4付より)

厚生労働省は4日、2010年度に医師の臨床研修を実施する医療機関数が09年度より63少ない1051機関となり、04年度の制度導入後、初めて減少に転じたと発表しました。

研修医の募集定員総数は、1万0,683人で2年連続減少。このうち都市部を抱える東京、神奈川、愛知、京都、大阪、福岡の6都府県の占める割合は39.7%(4,238人)で、09年度より1.6ポイント下がり過去最低となりました。

また、募集定員の中で大学病院が占める割合は46.5%。6年連続の減少ですが、09年度の46.6%からわずか0.1ポイントの差にとどまっています。

研修受け入れの厳格化で、受け入れ機関減少
厚労省は研修病院の減少について、「制度改正により、10年度から研修を実施できる医療機関の要件を厳しくしたことや、都市部の病院に研修生が集中する事態を解消するため都道府県の募集定員に上限を設けたことが原因」と話しています。

同省は今年5月、研修の質を向上させる目的で制度を改正。研修を行う医療機関の条件として、以下の項目を加えました。
(1)年間入院患者数が3千人以上
(2)他の医療機関と連携して研修を行う
(3)研修医5人に対し指導医1人以上を配置

研修を実施した医療機関は、制度が始まった04年度は927機関。その後、5年連続で増加が続きピークは09年度の1114機関でした。

診療科偏在、病院間偏在 解決を見ない医師不足
いつまで経っても解決策に辿り着けない「医師不足問題」。
医師の絶対数を増やさなければならないというときに、研修先を減少させてしまうとは。研修医が放ったらかしにされることなく、「きちんと働ける医師へ育てる」ことを重視しての措置だったのでしょうが、一気に63機関も減るというのはシミュレーション不足ではないでしょうか?

「昔はエリートといえば外科医で、外科志望が多かった。しかし今では、“医療過誤リスク”“訴訟リスク”を避けて、命の危機に関わらない診療科の希望が増えている」
「研修先が自由化されたことで、高度先端医療設備の揃っている私立病院を希望する者が増えた」
「そもそも都市部を希望する者が多く、地方病院に人が集まらない。主要な診療科さえ、休診の増、閉鎖さえ考えざるを得ない」

この上、モンスター・ペイシェントへの対応もさせられたのでは、志の高い医師でもたまったものではないでしょう。

医療サービスとは何か? 患者至上主義への疑義
鮎滝は、医療が高度化するにつれて、医療のサービス性が強調されるにつれて、「医者にかかれば死なない」「医者・看護師は何でも言うことを聞くもの」という患者至上主義が、あまりに進み過ぎているように感じ始めています。

大病や大ケガをしているから病院へ運ばれたわけで、「病院で死ぬこと」は、ある意味よく起こることです。説明責任を逃れたり、カルテを改ざんしたりする医師は“人としてどうかしている”とは思いますが、医師の怠慢でない限り、病院で死ぬことの責めを医師に求めることは止めるべき流れではないでしょうか?

医療は、サービス業だと考えられます。が、医師と患者は、共に病気やケガと闘うパートナーであって、医師が主で患者が従でもなければ、患者が主で医師が従でもありません。共通の敵である病気・ケガに勝って生き延びるためには、対等な関係を築いていく方が効果的でしょう。
医師が技術と識見を尽くせるよう、患者が静養に努められるようにすることこそ、重要なことでしょう。

早急に臨床研修病院を増やす対応を
治療や静養中の痛みを取り除くペイン・クリニックの普及など、もっと広めて欲しいと考える医療サービスもあります。サービスを拡充すればそれだけ人員を必要とするわけで、それだけ育成体制も充実させていく必要があります。

次期鳩山政権には、臨床研修病院を増やす対応を早急に考え出して欲しいものです。

スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
アクセスカウンター
プロフィール

鮎滝 渉

Author:鮎滝 渉
千秋真一に23%似ているらしいブロガーです。
実家である愛知県に戻ってきました。
ほぼ日刊で更新中。日々の巡回サイトに加えてやってください。
-------------------------
ブロガー名を、「鮎滝 渉」へ改めました。
私が自分に付けた最初のペンネーム。そして、「一角の者になるまでは使うまい」と思ってた名でもあります。

大して公知のペンネームというわけでもありません。が、1回目の中小企業診断士試験の失敗以降、あれこれと思い悩む中、「“輝かしい名としようする執着”はかえって醜い。そろそろ、この名を名乗る覚悟をしよう」と決意。鮎滝の名を使うことにしました。

ちなみに、旧ブロガー名は「スクナビコナ」。
日本神話に出てくる知恵の神様の名前です。恐れ多い名前ですが、ブログをする気構えとして、使っておりました。

スポンサー広告
↓あなたもブログ始めるなら↓ 無料blog

↓アフィリエイト始めるなら↓ アフィリエイト・SEO対策

↓英会話を始めるなら↓ 英会話スクールWILL Square

↓アクセスアップなら↓
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログランキング参加中
応援してやってくださいm( _ _ )m
↓ワンクリックお願いします↓


ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 ニュースブログへ

にほんブログ村 本ブログへ

にほんブログ村 漫画ブログへ

にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ

にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ

本を買う
↓楽天ブックスを使う↓

---------------------------
↓アマゾンで商品検索↓

---------------------------
↓ベストセラー本のご紹介↓
カテゴリー
最近の記事
ブログ内検索
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。