中小企業診断士をめざしつつ、日々のニュースやおススメ本など話題を提供。「突然スピーチを頼まれた」「ちょっと小生意気な話」など話のネタにしてください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

衆院議員の日給115万円? たった2日で満額支給 ・・何を今さら、前回の参院選でも騒いだでしょ?

衆院議員の日給115万円? たった2日で満額支給
(産経新聞 9/12付)

8月30日の総選挙で当選した衆院議員の8月分の歳費が16日、480人の全議員に支給される。同月の在任期間は投開票のあった30日と31日のわずか2日間だが、歳費と文書通信費の計230万1千円が満額支払われる予定だ。日給換算で約115万円、全議員で約11億円という巨額な支出で、「社会常識を逸脱している」「無駄遣いだ」と批判も出ている。

衆院事務局によると、16日に支給されるのは、8月と9月分の歳費と文書通信費の一部。議員の任期は投開票日にスタートするため、8月30日からが歳費支給の対象となる。

歳費の額は「国会議員の歳費、旅費及び手当等に関する法律」で1人当たり月130万1千円と規定されている。8月の在任期間はわずか2日だが、同法には「日割り計算」などの制度はなく、満額が支給されることになった。

また、電話代や交通費など政治活動に使う目的で支給されるが、使途報告義務がなく「事実上の歳費」とも呼ばれる月100万円の文書通信費(正式名称・文書通信交通滞在費)についても全額支給される。

こうした解散総選挙による“歪み”は以前から指摘されている。平成12年6月の総選挙では同月2日に解散したため、わずか2日間の在任期間を理由に499人に1カ月分が満額支給され、問題になった。

歳費の返納は「公職選挙法が禁じる寄付行為にあたる」との理由で認められていない。このため、過去には一部の議員が公選法に抵触しない「選挙区外」の慈善団体に寄付したケースがある。

民主党新人の横粂勝仁議員(28)は、「一般的に考えておかしなことだと思う。今回は受け取るが、選挙でかなりのお金を使ったので、恐らくそこに充てることになるのでは」と戸惑い気味に話す。

近畿地方の民主党の中堅議員も「(8月)30、31日はあいさつ回りで忙しく、国会議員としての仕事はしていない。2日間で1カ月分というのは社会常識を逸脱しており、報酬規定の見直しが必要だろう」と訴えた。

“政治とカネ”の問題に詳しい日本大学の岩井奉信教授(政治学)は「無駄遣いとしかいいようがない。日割りや返納などの制度を導入すれば済むのに、議員自らのことなので改正に意欲的でなかったのだろう。民主党は無駄遣いの撤廃を打ち出しているが、身近な点から改革しないと、国民の理解は得られないのではないか」と話している。

・・・何を今さら、前回の参院選でも騒いだでしょ?
前回の参議院選挙でも、当選直後の丸山弁護士が「議員になって数日で8月分満額貰った。こんなのは常識では考えられない。普通は日割りでしょ?」と言って騒いでしましたよね? この発言を新人議員の「オモシロ発言」としてしまって、大きな論争にしなかったのはマスコミです。

読売新聞が昨年8月に『全国12の県・市で、長期欠席13議員に報酬を満額支給』という記事で、いかに議員報酬がいい加減かと言うことを追及していましたが、これも大きな波とはなっていません。

このブログでは随分前から、「政務調査費は月額制、議員報酬は日当制」が良いだろうと言ってきました。矢祭町の町議会が日当制を採用した頃ですから、もう20カ月前になります。

「政務調査費は月額制、議員報酬は日当制」を
世間の問題・歪みを見つけてそれを解消する政策を立案、議会に提出して審議することが議員の仕事ですから。その準備段階である「政務調査」「政策立案」にかかる『政務調査費』は、月額制で安定的に支給された方が良いと考えています。
また、この『政務調査費』については、仮に当選から1日、2日で締め日が来ようとも、それこそ初登庁までに集中的な政策学習が必要なはずですから、満額支給でも構わないと考えています。

毎日毎日、議員の職責を果たしてもらうには、
「こういう政策はどうか?」
「こういう法律・規制がいるのではないか?」
「あの国の施策は参考になりそうだから資料を取り寄せよう」
「一人では手が足りないから秘書にも手伝ってもらおう」
「仲間と話し合えるようにレポートにまとめよう」
「具体的に法律草案を書こう」
という業務をこなしてもらわなければなりません。そのためにも、『政務調査費』は一定額であった方が良いでしょう。

問題は『議員報酬』です。
鮎滝は議員報酬を「議会審議」「議会採決」にかかる費用だと認識しています。これらの活動は議会場で行うものですから、議会出席日数に応じた日当制が妥当だろうと考えるわけです。

もう一つ議員には「政策報告」「実績報告」という仕事がありますが、議会場外でやるものは、自身への支持を継続させるための広報活動と捉えられます。

自腹でこれらの活動をすると、もともとの議員の貧富の格差が影響するため、『政務調査費』の一部として全員議員へ一律に支給するのも選択肢だと思っています。ただ、より多くの支持が集まっているとすれば、それだけより良い実績を出してきた故のことでしょうから、『議員への個人献金』を管理する資金管理団体に負担させるのが妥当かもしれません。

鮎滝の私見は、議員の仕事を、「政務調査」「政策立案」「議会審議」「議会採決」「政策報告」「実績報告」などに分類しているからかもしれません。
が、今後は産経新聞のように、『衆院議員の日給115万円? たった2日で満額支給』などと騒がずに済むように、一角のマスコミとして“きちんとした提言”をしてもらいたいものです。


――――――――――――――――――――――――――
関連記事
◆あいまいな「議員活動」の定義 全国12の県・市で、長期欠席13議員に報酬を満額支給(08/8/19)
◆議員報酬73.5%カット 議会政治先進自治体・矢祭町(07/12/26)
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
アクセスカウンター
プロフィール

鮎滝 渉

Author:鮎滝 渉
千秋真一に23%似ているらしいブロガーです。
実家である愛知県に戻ってきました。
ほぼ日刊で更新中。日々の巡回サイトに加えてやってください。
-------------------------
ブロガー名を、「鮎滝 渉」へ改めました。
私が自分に付けた最初のペンネーム。そして、「一角の者になるまでは使うまい」と思ってた名でもあります。

大して公知のペンネームというわけでもありません。が、1回目の中小企業診断士試験の失敗以降、あれこれと思い悩む中、「“輝かしい名としようする執着”はかえって醜い。そろそろ、この名を名乗る覚悟をしよう」と決意。鮎滝の名を使うことにしました。

ちなみに、旧ブロガー名は「スクナビコナ」。
日本神話に出てくる知恵の神様の名前です。恐れ多い名前ですが、ブログをする気構えとして、使っておりました。

スポンサー広告
↓あなたもブログ始めるなら↓ 無料blog

↓アフィリエイト始めるなら↓ アフィリエイト・SEO対策

↓英会話を始めるなら↓ 英会話スクールWILL Square

↓アクセスアップなら↓
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログランキング参加中
応援してやってくださいm( _ _ )m
↓ワンクリックお願いします↓


ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 ニュースブログへ

にほんブログ村 本ブログへ

にほんブログ村 漫画ブログへ

にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ

にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ

本を買う
↓楽天ブックスを使う↓

---------------------------
↓アマゾンで商品検索↓

---------------------------
↓ベストセラー本のご紹介↓
カテゴリー
最近の記事
ブログ内検索
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。