中小企業診断士をめざしつつ、日々のニュースやおススメ本など話題を提供。「突然スピーチを頼まれた」「ちょっと小生意気な話」など話のネタにしてください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国交省が「高速道路無料化」の経済効果再試算へ ・・・海運の失業・廃業対策は盛り込まれるか?

高速道路無料化、経済効果再試算へ・・・国交省検討
(読売新聞 9/13付より)
民主党が政権公約に掲げた高速道路の原則無料化を巡り、国土交通省が経済効果の試算をやり直す方向で検討していることが12日、明らかになりました。

具体的な再試算とは、2.7兆円の経済効果があると算定した2007年度の試算には含まれていない、鉄道やフェリーなどへの影響や車の交通量の減少予測などを織り込むこと。新たな試算で算出する経済効果は07年度試算を下回る可能性が高く、民主党による無料化論議を牽制する狙いがあるとみられます。

07年度試算は、交通量の減少で渋滞が減る一般道の効果が年間でプラス4.8兆円、高速道路は渋滞増などでマイナス2.1兆円と見込まれ、差し引き2.7兆円のプラスとされていました。

しかし、この試算では道路建設の費用対効果を判断する際に用いる「走行時間の短縮」「燃料費などの削減」「交通事故の減少」の3項目を金額に換算する手法をとったため、鉄道の乗客減など他の交通機関が受けるマイナス面などが加味されておらず、無料化の効果が正確に算定されていないとの批判が出ていました。
――――――――――――――――――――――――――
『政権交代の効果』を大阪府でなされた橋下知事の手法の延長で見た鮎滝は、民主党に代わることに期待を寄せる立場を採っています。けれども、「高速道路無料化は違うのではないか?」と考えています。
――――――――――――――――――――――――――
高速無料化、イバラの道・・・業界反発、環境問題
(読売新聞 9/13付より)
新政権発足を目前に控え、民主党が目玉政策として掲げる高速道路の原則無料化の行方が注目を集めています。

「物流コストの引き下げ」などで地域経済を活性化させるとの主張に対し、鉄道やバスなど利用者減を懸念する業界は一斉に反発。財源問題や環境への配慮など、解決すべき課題も多く見られます。

■高速道路と鉄道・フェリーの“すみ分け”を破壊
バスの利用者はお年寄りなど交通弱者が多く、なくなれば地方は疲弊する。民主党は影響を理解していない――
九州バス協会の竹島和幸会長(西日本鉄道社長)は10日、高速道路の無料化見送りを求める陳情に訪れた国土交通省でこのように訴えました。

「無料化されれば、マイカーを選ぶ人が増え、高速バスの利用者が激減する」。
こうした事態へのバス業界の不安は『高速料金・上限1000円』で一気に増幅されました。料金割引が導入された3月以降で利用者は急減しており、お盆期間にも値下げが適用された8月の1日平均利用客数は、前年比で12%減でした。高速路線を収益源とするバス会社では、高速無料化が地域路線の維持にまで影響しかねません。

また、フェリー業界も「無料化で多くの事業者の経営が立ち行かなくなる」(中国旅客船協会連合会)と警戒しています。ここでも『上限1000円』の影響で、3本の本州四国連絡道路と競合する各航路を中心に輸送実績は1~3割落ち込み、既に中国地方の3社が事業停止に追い込まれました。

JR西日本の佐々木隆之社長は10日の記者会見で、無料化は交通機関の“すみ分け”のバランスを崩すことを指摘し、「それぞれの交通機関が持つ設備に余剰が出る事態を招く」と危機感を表明しています。

■高速道路が生活道路になる効用
民主党は高速無料化の狙いを「物流コスト・物価を引き下げ、地域と経済を活性化する」と説明しています。高速道路が生活道路として生まれ変われば地域間の交流が活発になり、トラックの輸送費が下がり、地方産品を消費地に運びやすくなるという論理です。

こうしたメリットに「東京市場に遠隔地の魚がどんどん届くようになる」(東京都水産物卸売業者協会)、「市場はインターチェンジの近くに多い。買い物客が増えて活性化する」(青果の卸売関係者)などと期待する声もあります。

メリルリンチ日本証券の推計では、高速無料化によってヤマトホールディングスで70億円、日本通運で40億~50億円程度のコスト削減につながり、営業利益を10%以上押し上げる効果があるとしています。

ただ、家計への影響は微妙なところ。家計調査によると、1世帯当たりの「有料道路料」への支出額は08年で8,923円。無料化でゼロになったとしても、民主党が無料化の財源としている年1.3兆円は、国民1人当たりにすれば1万円超の負担という計算になり、家計一般としてはマイナスです。

■CO2排出量が980万トン増えるとの試算も
功罪ともに指摘される無料化には「環境」という観点からの議論も高まっています。

NPO環境自治体会議環境政策研究所は、高速道路の無料化、ガソリンの暫定税率廃止が実施された場合、二酸化炭素(CO2)の排出量は少なくとも年980万トン増加すると試算。上岡直見主任研究員は「近距離でも高速道路を利用する人が増え、経営が悪化した鉄道やバスの便数が減る。車の利用自体が増えることも考慮すれば、影響は2倍、3倍に拡大する」と指摘しています。

一方で民主党の鳩山代表は、2020年までの温室効果ガス削減の中期目標について「1990年比25%削減」とする考えを打ち出したばかり。高速無料化が、温暖化対策の整合性をどう取るかが問われそうです。
――――――――――――――――――――――――――
鮎滝の「高速道路無料化への疑義」の理由は、おおよそこの記事で取材に応えている方々の指摘の通り。CO2の増加に関しては、エコカーの普及推進で克服可能だと思っていますが、鉄道・フェリー業界での減収・減益は免れられないだろうと思っています。

本来であれば「高速道路はいずれ無料化するもの」であったわけで、これが果たされない公約であり続けたこと自体、大いに問題です。しかし、高速道路が“無料化”という圧倒的な優位性を獲得すると、関門海峡、津軽海峡、瀬戸内海の海上交通を担ってきたフェリー会社、公共交通機関である鉄道会社への衝撃は無視して良いものではないでしょう。

とっくの昔に「タラレバ」となってしまっている話ですが、もし本州と九州、北海道、四国を結ぶ計画が、当初から陸海両交通を網羅したものであったとしたら。
例えば、「関門トンネルの管理を関門海峡のフェリー会社が担い、青函トンネルの管理を津軽海峡のフェリー会社が担い、本州四国連絡橋の管理を瀬戸内海のフェリー会社が担う」といった、『海運業界の陸運への多角化』という形を採っていれば、時代のニーズに合わせて、海上交通から陸上交通へ移行させていく軟着陸も出来たでしょう。

けれども、現実には『陸運業界の市場拡大』という形で進められました。そのため、高速道路無料化は、特にフェリー業界にとって「市場から強制排除させられる衝撃」となっています。

もっとも、『海運業界の陸運への多角化』を採っていたとしても、“海の男”が簡単に“サービスエリアの店員”になるというのは想像し難いことです。想像し難いことですが、今のような急な失業や廃業は免れられたかもしれません。

関西圏には、関空、伊丹、神戸と3つも空港があったりますが、国土交通省関係の事業は、何故にいつもチグハグとしたものとなるのでしょうか?

スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
アクセスカウンター
プロフィール

鮎滝 渉

Author:鮎滝 渉
千秋真一に23%似ているらしいブロガーです。
実家である愛知県に戻ってきました。
ほぼ日刊で更新中。日々の巡回サイトに加えてやってください。
-------------------------
ブロガー名を、「鮎滝 渉」へ改めました。
私が自分に付けた最初のペンネーム。そして、「一角の者になるまでは使うまい」と思ってた名でもあります。

大して公知のペンネームというわけでもありません。が、1回目の中小企業診断士試験の失敗以降、あれこれと思い悩む中、「“輝かしい名としようする執着”はかえって醜い。そろそろ、この名を名乗る覚悟をしよう」と決意。鮎滝の名を使うことにしました。

ちなみに、旧ブロガー名は「スクナビコナ」。
日本神話に出てくる知恵の神様の名前です。恐れ多い名前ですが、ブログをする気構えとして、使っておりました。

スポンサー広告
↓あなたもブログ始めるなら↓ 無料blog

↓アフィリエイト始めるなら↓ アフィリエイト・SEO対策

↓英会話を始めるなら↓ 英会話スクールWILL Square

↓アクセスアップなら↓
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログランキング参加中
応援してやってくださいm( _ _ )m
↓ワンクリックお願いします↓


ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 ニュースブログへ

にほんブログ村 本ブログへ

にほんブログ村 漫画ブログへ

にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ

にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ

本を買う
↓楽天ブックスを使う↓

---------------------------
↓アマゾンで商品検索↓

---------------------------
↓ベストセラー本のご紹介↓
カテゴリー
最近の記事
ブログ内検索
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。