中小企業診断士をめざしつつ、日々のニュースやおススメ本など話題を提供。「突然スピーチを頼まれた」「ちょっと小生意気な話」など話のネタにしてください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第93代首相へ、民主・鳩山由起夫氏が指名される ・・・閣僚名簿の初見時点での感想

第93代首相に鳩山氏 民社国連立内閣、今夜発足
(共同通信 9/16付より)

民主党の鳩山由紀夫代表(62)は16日午後、衆参両院本会議で第93代、60人目の首相に選出されました。

鳩山新首相は内閣の顔触れを正式決定。官房長官に起用された平野博文役員室長(60)が閣僚名簿を発表しました。
官僚主導からの脱却とマニフェスト(政権公約)の着実な実行を狙い、主要閣僚に実力者や論客を並べる「総力戦」の布陣。同日夜に皇居で首相の任命式と閣僚の認証式が行われ、民主、社民、国民新3党の鳩山連立内閣が発足する運び。野党第1党が衆院選で過半数を制し、政権交代を果たしたのは戦後初めてのことです。

鳩山内閣閣僚名簿
内閣総理・・・・・・・・・・・鳩山 由紀夫(62)―内閣府
官房長官・・・・・・・・・・・平野 博文(60)

副総理・国家戦略・・・ 菅 直人(62)―国家戦略局
 ※菅氏は、経済財政諮問会議を廃止するまで経済財政相、科学技術相を兼務
   経済財政諮問会議と事務次官会議は「国家戦略局」へ機能を吸収
行政刷新・・・・・・・・・・・ 仙谷 由人(63)―行政刷新会議

総務・・・・・・・・・・・・・・・ 原口 一博(50)―総務省
法務・・・・・・・・・・・・・・・ 千葉 景子(61)―法務省
外務・・・・・・・・・・・・・・・ 岡田 克也(56)―外務省
財務・・・・・・・・・・・・・・・ 藤井 裕久(77)―財務省
文部科学・・・・・・・・・・・川端 達夫(64)―文部科学省
厚生労働・・・・・・・・・・・長妻 昭(49)―厚生労働省
農林水産・・・・・・・・・・・赤松 広隆(61)―農林水産省
経済産業・・・・・・・・・・・直嶋 正行(63)―経済産業省
国土交通・・・・・・・・・・・前原 誠司(47)―国土交通省
 ※前原氏は防災・沖縄・北方相を兼務
環境・・・・・・・・・・・・・・・ 小沢 鋭仁(55)―環境省
防衛・・・・・・・・・・・・・・・ 北沢 俊美(71)―防衛省
国家公安委員長・・・・・中井 洽(67)―国家公安委員会―警察庁
 ※中井氏は拉致問題相を兼務
金融・郵政問題・・・・・・亀井 静香(72)―金融庁
消費者・少子化・・・・・・福島 瑞穂(53)―消費者庁(、子ども家族省?)
 ※福島氏は男女共同参画・食品安全相を兼務

鮎滝が思った、閣僚名簿の初見時点での感想
■民主党は、日本郵政の民営化見直しは言っていても、国有化に戻すとは言ってません。あくまで「自民党が整えた現・日本郵政に疑義がある」のであって、行政のムダを追及する『行政刷新会議』の創設から言っても、「民から官へ」という舵取りは考えていないでしょう。

しかし、党是の1つとして「日本郵政の完全国営化」を唱える国民新党の亀井代表に、郵政問題担当大臣としたことは、なかなか大きな時限爆弾を抱えたのではないでしょうか。

■長妻氏の厚労相は、適材起用だとは思いますが、大臣ポストが適所であるかは個人的に疑問です。

鮎滝なら、厚労相にはしかるべき重鎮を置き、年金担当匿名大臣もしくは年金担当副大臣として長妻氏を年金問題の終結のみに集中させます。いまの状況では、失業問題もインフルエンザ対策、薬害肝炎もすべて厚労相のところへ上がってきてしまいますから、社会保険庁の解体・再編には、それだけに注力できる担当相を置く方が望ましいように見えます。

もっとも、厚生労働副大臣として「雇用」「年金・福祉」「薬害・医療過誤」の上に、余力として「大臣補佐」の4名を付けるような布陣を考えておられるなら、長妻厚労相は適材適所となり得るでしょう。鬼のように資料に基づく徹底追及する、あの長妻氏が大臣として人事権も握るわけですから、巨大省庁である厚労省職員としては戦々恐々の状況でしょう。

■気になるのが北沢俊美防衛相。自社さ・自自公といった自民党との連立を徹底的に拒否し、羽田孜と共に、新生党・新進党・太陽党・民政党とやって来られた経歴からは、「ブレない人材」「権力にすり寄らない人格」であることが読み取られます。

が、アフガニスタンはその97%をタリバンが抑えつつあるとの報道もあり、アフガニスタン復興支援は、警察官やNGO団体職員が入っていけるような段階にありません。アフガニスタンを富ませるためのインフラ整備、上下水道の敷設にしても、自衛隊が工事終了まで防衛ラインを展開・維持するような形になるはずです。

ペシャワール会の農業指導者として現地入りして殺害された伊藤和也さんのような悲劇は、二度とあってはなりません。「非戦は、非戦というメッセージを理解できる相手」にしか使えないもので、あらゆる戦闘を聖戦と言い切れる相手には無力です。

インド洋での海上自衛隊による補給活動を再開するための『新テロ特措法』が問題となった、07年12月21日。民主党は、給油支援に変わるものとして『国際的なテロリズムの防止及び根絶のためのアフガニスタン復興支援等に関する特別措置法案』という、包括的な復興支援案を出しています(発案:参議院議員・犬塚直史、同・白眞勲、同・神本美恵子)。

同案は、自民党の「審議の時間切れだ」という言い分に押しきられて審議されずに終わってしまいましたが、少なくともこのレベルの話が出来る副大臣を揃えないと、日本は再び「アフガンを放置する国の一つ」に成ってしまう危惧をぬぐえません。

頑固な反戦論者である岡田外相のもと、国連外交を強めて、再びアフガニスタンへ国際世論の目を向けさせる青写真があるなら話は変わってきますが。諸外国とも経済情勢は苦しいですから、これはこれでかなりの難関です。

■社民党の福島党首の消費者・少子化担当相への起用は、いつでも切れるポストに止めたという感じ。国防などの“国家観”が異なりますから、参議院の議席次第では、いずれ破局もあり得るという予測は消えないという気がします。

スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
アクセスカウンター
プロフィール

鮎滝 渉

Author:鮎滝 渉
千秋真一に23%似ているらしいブロガーです。
実家である愛知県に戻ってきました。
ほぼ日刊で更新中。日々の巡回サイトに加えてやってください。
-------------------------
ブロガー名を、「鮎滝 渉」へ改めました。
私が自分に付けた最初のペンネーム。そして、「一角の者になるまでは使うまい」と思ってた名でもあります。

大して公知のペンネームというわけでもありません。が、1回目の中小企業診断士試験の失敗以降、あれこれと思い悩む中、「“輝かしい名としようする執着”はかえって醜い。そろそろ、この名を名乗る覚悟をしよう」と決意。鮎滝の名を使うことにしました。

ちなみに、旧ブロガー名は「スクナビコナ」。
日本神話に出てくる知恵の神様の名前です。恐れ多い名前ですが、ブログをする気構えとして、使っておりました。

スポンサー広告
↓あなたもブログ始めるなら↓ 無料blog

↓アフィリエイト始めるなら↓ アフィリエイト・SEO対策

↓英会話を始めるなら↓ 英会話スクールWILL Square

↓アクセスアップなら↓
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログランキング参加中
応援してやってくださいm( _ _ )m
↓ワンクリックお願いします↓


ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 ニュースブログへ

にほんブログ村 本ブログへ

にほんブログ村 漫画ブログへ

にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ

にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ

本を買う
↓楽天ブックスを使う↓

---------------------------
↓アマゾンで商品検索↓

---------------------------
↓ベストセラー本のご紹介↓
カテゴリー
最近の記事
ブログ内検索
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。