中小企業診断士をめざしつつ、日々のニュースやおススメ本など話題を提供。「突然スピーチを頼まれた」「ちょっと小生意気な話」など話のネタにしてください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

三十三間堂、落書き防ぎに興ざめベニヤ板 「取り返しのつかないこと」を教えることは不可能か?

三十三間堂、落書き防ぎに興ざめベニヤ 文化庁の許可なく
(読売新聞 9/20付より)

1001体の千手観音像を安置する京都市東山区の国宝・三十三間堂(蓮華王院)で、堂内の板壁に増える落書きを防ぐため、壁の大部分にベニヤ板をはめ込んでいることが分かりました。

窮余の策ですが、寺側は事前に文化庁の許可を得ておらず、京都府教委は「『文化財保護法』に触れる恐れもある」として調査に乗り出す方針です。

寺によると、8月上旬、千手観音像の背後にある西側の内壁と、横にあたる北側の内壁の柱の間に赤茶色に塗ったベニヤ板計33枚をはめ込み。くぎなどは使わず、取り外し可能なものとしているといいます。

三十三間堂は、鎌倉時代に再建されたもので、本来はヒノキの板壁。
しかし、修学旅行生らが名前などを刻んだ傷が発見され、特に南側内壁の落書きが多く、寺は2005年にベニヤ板4枚で覆っていました。が、ほかの壁でも落書きが目立つようになったため、ベニア板を増やしたと言います。

三十三間堂を管理する妙法院の木ノ下寂俊執事長は「落書きがあると、さらに増えるので覆うしかなかった。ただ、文化庁に申請しなかったことは問題だった」と話しています。

『文化財保護法』は、文化財の現状変更や保存に影響する工事の際は、各都道府県教委に相談のうえ、文化庁の許可を得るよう定めています。京都府教委は「文化庁と協議し、処置が文化財の保存に影響を与えるなら、取り外しなどを指導する」としています。

文化財保存に詳しい三輪嘉六・九州国立博物館長(文化財学)の話「どこの寺社も落書きには、苦慮している。防ぎたい思いは理解できるが、文化財を本来の姿で見せることにも配慮が必要ではないか」と言います。

落書きが現代に限った問題でないのは事実だが・・・
大規模な修繕作業に入ることになっている姫路城でも、修学旅行生によるものと思われる落書き、ナイフなどで彫ったと思われる落書き、わざわざ監視カメラの死角を狙った悪質な落書きが大量に見つかり、問題となっています。

無論、落書きが現代に限った問題でないのは事実です。
紀元前2000年以上の昔、シュメール人が「最近の若者はなってない」という落書きをのこしていたと言われるように、いつの時代にも“書くもの”が手元にあると、人は何か書かずにいられなくなるものなのでしょう。

しかし、紀元前2000年の落書きと現代の落書きは、その背景があまりに違うと言うことを認識する必要があります。

紀元前2000年の昔を生きていた人にとって、落書きをした対象物は同時代の物であり、「歴史的価値」など感じるはずもありません。それでも「他人の物」という抵抗感は抱いていたでしょうし、その抵抗感を超えてでも書かずにはおれないという表現の渇望があったと想像されます。

「取り返しのつかないこと」を教えることは不可能か?
しかし、2009年を生きる現代人の落書きは、まったくの別物です。

第一に歴史的建造物や遺産への落書きは、数百年間、数千年間も守られてきたという『重み』への侵害にあたります。
歴史的遺産は、数百年、数千年にわたり、幾百人もの幾千人もの手を介しながら、壊されることなく、傷付けられることなく、受け継がれてきた成果として現代に遺っているものです。これを傷付けたり、破壊したりすることは、過去の幾千もの「これを後世へ遺す」という意志を踏みにじる行為であり、どのような権力者であってもそれを犯すことは分を超えます。

第二に歴史的遺産への落書きは、『取り返しのつかない』という事実。
落書きを消して元通りにするということは、そのほとんどが不可能です。油性ペンで書かれたものはシンナーなどに溶解させて消しますが、その際、落書きとともにこれまで蓄積されてきた粉塵や手入れの後も溶解してしまいます。ナイフなどで削られた物に至っては、その建材を、落書きを数倍する面積を削り取らなければなりません。

歴史的遺産への落書きは、本当に、取り返しがつきません。誰も、二度と元通りに戻せないようにすることであり、イタズラの域を超えた暴挙。「人類が至宝として守ろうとしていることへ唾棄する行為」です。

「歴史的遺産の修復見学」を修学旅行の必須とすべき
三十三間堂にしても、姫路城にしても、現代の名工たちを結集させてもなお、「当時らしい姿」にするまでが限界。

戦国から江戸時代初期の城には、樹齢2000年を超えるようなヒノキが使われています。が、当時の築城ブームでほとんどの大木を使い切っており、すでに日本国内で、築城に使えるようなヒノキを手に入れることは出来ません。近年は、ヒノキの樹皮をつかった檜皮葺でさえ、材料の確保が難しくなっています。

それでも常人程度の修練では到底辿り着けない技を駆使しているわけで、修学旅行の計画では、「歴史的遺産の修復作業の見学」を必須とすべきではないでしょうか? 歴史的遺産の修復作業は、建築物以外にも、絵画・書画でも行われています。歴史的遺産を守るために、どれだけ手が尽くされているかを知る修学旅行計画は立てられるでしょう。

現代の表現媒体は、太古に比して圧倒的に軽い
現代において表現媒体は、太古に比して圧倒的に『軽い』ということも、付け加えなければなりません。

「文字」とは為政・統治のために生まれたものであり、かつては一部の支配階級のみに許されたものでした。
庶民は会話ができれば十分に生活ができますし、文字を覚えるヒマがあったらその分、田畑を耕すことを求められる身分でした。しかし、指揮命令を徹底する支配者にとっては、一言一句もらすことなく伝える文字は必須であり、庶民が理解できない文字はそのまま暗号として「知識・情報の独占」にもつなげられました。

ところが、現代日本人は基礎教育が義務化され、ほとんどの人たちが中学卒業時には新聞を読めるようになっています。さらにホームページ、ブログ、ツイッターといった表現媒体を、「無料」「超低価格」で手に入れることが出来ます。
このブログも、これで1333本目の記事となりますが、LANの維持費を除いて、ブログ自体にかかっている費用は「ゼロ円」「タダ」です。

「文字」という道具が貴族・豪商など一部の特権階級によって独占されていた時代の落書きと、基礎教育が義務化されている現代日本人の落書きとでは、決定的にその重さが違うのです。

「歴史的遺産の重さ」「人類の至宝へ唾棄しているという意識」「手軽に表現媒体を得られる自由」。こうしたことを12歳までに伝えることを、日本国の教育は本当にできないのでしょうか?
仮にできないのだとしたら、鮎滝は、三十三間堂がベニヤ板で覆われるのはやむを得ないと判断します。「2009年の日本人は落書きから文化財を守れなかった」というのを残すのも、一つの教育でしょう。

スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
アクセスカウンター
プロフィール

鮎滝 渉

Author:鮎滝 渉
千秋真一に23%似ているらしいブロガーです。
実家である愛知県に戻ってきました。
ほぼ日刊で更新中。日々の巡回サイトに加えてやってください。
-------------------------
ブロガー名を、「鮎滝 渉」へ改めました。
私が自分に付けた最初のペンネーム。そして、「一角の者になるまでは使うまい」と思ってた名でもあります。

大して公知のペンネームというわけでもありません。が、1回目の中小企業診断士試験の失敗以降、あれこれと思い悩む中、「“輝かしい名としようする執着”はかえって醜い。そろそろ、この名を名乗る覚悟をしよう」と決意。鮎滝の名を使うことにしました。

ちなみに、旧ブロガー名は「スクナビコナ」。
日本神話に出てくる知恵の神様の名前です。恐れ多い名前ですが、ブログをする気構えとして、使っておりました。

スポンサー広告
↓あなたもブログ始めるなら↓ 無料blog

↓アフィリエイト始めるなら↓ アフィリエイト・SEO対策

↓英会話を始めるなら↓ 英会話スクールWILL Square

↓アクセスアップなら↓
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログランキング参加中
応援してやってくださいm( _ _ )m
↓ワンクリックお願いします↓


ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 ニュースブログへ

にほんブログ村 本ブログへ

にほんブログ村 漫画ブログへ

にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ

にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ

本を買う
↓楽天ブックスを使う↓

---------------------------
↓アマゾンで商品検索↓

---------------------------
↓ベストセラー本のご紹介↓
カテゴリー
最近の記事
ブログ内検索
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。