中小企業診断士をめざしつつ、日々のニュースやおススメ本など話題を提供。「突然スピーチを頼まれた」「ちょっと小生意気な話」など話のネタにしてください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「核兵器なき世界」へ決議、安保理全会一致 ・・・今回の国連はおもしろいなぁ

「核兵器なき世界」へ決議、安保理全会一致
(読売新聞 9/25付)

【ニューヨーク=吉形祐司】国連安全保障理事会は24日午前(日本時間同日夜)、核不拡散と核軍縮に関する首脳級会合を開き、「核兵器なき世界」の条件作りを目指す決議1887を全会一致で採択した。

核不拡散体制の徹底とともに、核軍縮と原子力平和利用を推進、将来的には核兵器の廃絶を実現しようとの目的を、核を保有する常任理事国が中心となって進めようとする歴史的な決議となった。鳩山首相も、唯一の被爆国である日本が積極的に取り組む決意を表明した。

安保理首脳級会合は、9月の議長国である米国が提案。核廃絶を提唱しているオバマ米大統領が、日ごろ安保理の議長となる国連大使に代わって、史上初めて米大統領自ら議長を務めた。

オバマ大統領は会合の冒頭、「国連は(核戦争の)危機回避において枢要な役割を担っている」と強調。さらに、「イランや北朝鮮の(核開発中止を求めた)安保理決議」に言及し、「今後12か月が今日の決議と核拡散防止の成否を決める極めて重要な時期となる」と述べ、全加盟国に迅速な対応を求めた。

決議は、核拡散防止条約(NPT)未加盟国に非核保有国としての加盟を、すべての国に爆発を伴う核実験の自制を求めた。核実験全面禁止条約(CTBT)の加盟、批准もすべての国に求めており、同条約を批准していない安保理常任理事国の米国、中国は、自ら責務を負うことになった。

NPT体制強化により核不拡散を徹底、核関連物資や技術が核開発に野心を持つ国家やテロリストの手に渡るのを阻止することが、決議の当面の狙い。核兵器保有国である常任理事国の米英仏露中5か国も自ら、NPTに基づく核軍縮交渉を推進するとうたった。

常任理事国の発言としては、サルコジ仏大統領、ブラウン英首相がともにイラン、北朝鮮を名指しで非難。メドベージェフ露大統領は「困難で複雑な仕事だが、取り組まねばならない」と発言した。中国の胡錦濤・国家主席は「核兵器の脅威を減ずるため、核の先制使用に基づく核抑止政策を捨てよう」と述べた。

オバマ大統領は閉会に当たり、「全会一致での採択に非常に励まされた。我々が願ってやまない平和と安全を子孫に贈ることができると確信する」と語った。

英首相、核削減表明へ 搭載4潜水艦を3隻に
(朝日新聞 9/24付)

【ロンドン=土佐茂生】英国のブラウン首相は24日の核軍縮に関する国連安保理会合で、英国が保有する核弾頭搭載潜水艦を現在の4隻から3隻に削減することを表明する方針だ。英メディアが首相官邸筋の話として伝えた。

英タイムズ紙は、英国が現在保有する160発の核弾頭も削減の可能性がある、としている。

オバマ大統領が主導する米ロの核軍縮の動きに連動して、英国も核削減に積極的な姿勢を見せることで、核疑惑がとりざたされるイランや北朝鮮に対し、核を放棄するよう促す狙いがある。

その一方、首相官邸は「英国が核抑止能力を持ち続けることは譲れない」とも話している。

英国が持つ唯一の核戦力は、潜水艦発射弾道ミサイル「トライデント」に核弾頭を搭載するシステム。しかし、潜水艦が老朽化し、2020年代から約200億ポンド(約3兆円)をかけて更新していく計画を持っている。

しかし、昨年の金融危機以来、国が抱える借金が膨れあがり、与野党から計画見直しを求める声が高まっていた。官邸筋は「歳出削減とは関係ない。4隻を3隻に減らせば、経費もその分減るという話ではない」と否定するが、来春にも予定される総選挙にむけて、歳出削減策の一つという見方もある。

・・・今回の国連はおもしろいなぁ
オバマ大統領がプラハで行った「核兵器なき世界」演説からの流れもあるのでしょうが、各国首脳の各国内における立場と相俟って、今回の国連では絶妙なバランスを形成。実に、おもしろいことが起こる国連総会・安保理だったと思います。

国内支持率が低迷し、得意の国際政治の舞台で存在感を示したいサルコジ仏大統領。
「脱・プーチン」を図り、事あるごとに独自路線を打ち出そうとしているメドベージェフ露大統領。
次第に中国からの思惑から離れる北朝鮮に対して、擁護を弱めている胡中国国家主席。

さらに、世界不況に直面し、圧倒的に高額である「核兵器の維持費」を抑えたい核保有国の財政事情。
90年代以降、インド、パキスタン、イスラエル、イラン、北朝鮮と拡がる「地域核」の抑止。

マンガ『沈黙の艦隊』では、天才的な潜水艦艦長にして戦略家・政治家でもある「カイエダ」が、国家機密の中で誕生した原子力潜水艦「やまと」で独立国家を宣言。“超大軍事力の弱点”を立証し、“政軍分離”を提唱するまで世界は動きませんでした。

しかし、今回の国連は、「そうした天才が現れなくとも世界は動く」ということを感じさせるものでした。もちろん、いずれも宣言の段階であり、議会を持つ各国がこの先どうなるかは依然として不透明です。が、やはり「おもしろい」と思わずにはいられませんでした。

その渦中で我らが日本の鳩山首相は、「2020年時点での日本の温室効果ガスの削減目標を1990年比25%減とし、途上国の温室効果ガス削減支援を行う『鳩山イニシアチブ』」を打ち出したわけですが、「政権奪取がもう半年早かったら、インパクトあったろうなぁ」という感じです。

9月24日現在の国際問題の優先順位は、1位:経済、2位:核、3位:環境という順番でしょうから。中国とインドの合意を取り付けた温室効果ガス削減システムでないと、やはり、オバマ大統領を差しおいて存在感を示すのは難しいでしょう。

スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
アクセスカウンター
プロフィール

鮎滝 渉

Author:鮎滝 渉
千秋真一に23%似ているらしいブロガーです。
実家である愛知県に戻ってきました。
ほぼ日刊で更新中。日々の巡回サイトに加えてやってください。
-------------------------
ブロガー名を、「鮎滝 渉」へ改めました。
私が自分に付けた最初のペンネーム。そして、「一角の者になるまでは使うまい」と思ってた名でもあります。

大して公知のペンネームというわけでもありません。が、1回目の中小企業診断士試験の失敗以降、あれこれと思い悩む中、「“輝かしい名としようする執着”はかえって醜い。そろそろ、この名を名乗る覚悟をしよう」と決意。鮎滝の名を使うことにしました。

ちなみに、旧ブロガー名は「スクナビコナ」。
日本神話に出てくる知恵の神様の名前です。恐れ多い名前ですが、ブログをする気構えとして、使っておりました。

スポンサー広告
↓あなたもブログ始めるなら↓ 無料blog

↓アフィリエイト始めるなら↓ アフィリエイト・SEO対策

↓英会話を始めるなら↓ 英会話スクールWILL Square

↓アクセスアップなら↓
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログランキング参加中
応援してやってくださいm( _ _ )m
↓ワンクリックお願いします↓


ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 ニュースブログへ

にほんブログ村 本ブログへ

にほんブログ村 漫画ブログへ

にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ

にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ

本を買う
↓楽天ブックスを使う↓

---------------------------
↓アマゾンで商品検索↓

---------------------------
↓ベストセラー本のご紹介↓
カテゴリー
最近の記事
ブログ内検索
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。