中小企業診断士をめざしつつ、日々のニュースやおススメ本など話題を提供。「突然スピーチを頼まれた」「ちょっと小生意気な話」など話のネタにしてください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「夫婦別姓導入へ」政府、来年にも民法改正案 ・・・家族の幸福度・生産性がより高いのは?

「夫婦別姓導入へ」政府、来年にも民法改正案
(読売新聞 9/27付より)
鳩山新政権は、夫婦が別々の姓を名乗ることを認める『選択的夫婦別姓』を導入する方針を固めました。

早ければ来年の通常国会に、夫婦同姓を定めている民法の改正案を提出する方向で調整を進行。現行の夫婦同姓は1947年に民法に明記されたもので、実現すれば、約60年ぶりの大幅改正となります。

夫婦別姓の導入は、政権交代により、衆院選の政策集に「選択的夫婦別姓の早期実現」を明記した民主党を中心とした政権が誕生したことによるもの。

民主党は、1998年に民法改正案を共産、社民両党などと共同で国会に提出しましたが、自民党が「家族の一体感を損ない、家族崩壊につながる恐れがある」などと強く反対して廃案。その後も、毎年のように共同提出しては廃案となる経緯を辿ってきています。
一方、法務省でも、96年の「法制審議会(法務相大臣の諮問機関)」で『選択的夫婦別姓』の導入が答申されたことを受け、夫婦別姓を盛り込んだ民法改正案をまとめた経緯があります。

強い反発を示してきた自民党が野党に転じたことで、政権与党と法務省の考えが一致。政府提案による法改正が可能となった格好となりました。

民主党などによる民法改正案は、次の通りで、おおむね法務省案にも沿った内容です。
(1)結婚時に夫婦が同姓か別姓かを選択できる
(2)結婚できる年齢を男女とも18歳にそろえる

しかし、別姓を選んだ夫婦の子の姓に関しては、法務省案が「複数の子の姓は統一する」としているのに対し、民主党などの案は子の出生ごとに決めるとしており、今後調整。千葉法務大臣は17日の就任会見で、夫婦別姓導入に前向きな考えを示しています。


諸外国では、姓をどう捉えているか?
日本の夫婦同姓が「家制度・家父長制度」の流れから来ているように、外国でも姓の扱い方には、歴史的・宗教的背景があります。

1.夫婦別姓が基本の韓国・中国
韓国の夫婦は別姓で、生まれた子どもは父親の姓を名乗ります。
これは先祖・血筋を重んじる儒教に基づくもので、「他所から来た女性は、血族の一員として認めない」という捉え方をしているようです。この血筋へのこだわりから、1997年までは、同じ姓を持つ者同士の結婚を認めないとする『同姓同本不婚』という制度がありました。

同じく儒教的考え方の強い中国でも夫婦は別姓が基本。ただし、現在では夫婦同姓も認められるようになり、子どもの姓は選択性となっています。

2.キリスト教やイスラム教では、夫婦同姓
「先進的」とのイメージがある夫婦別姓ですが、欧米では夫婦同姓の方が主流であるようです。

夫婦同姓を原則としているのは、アメリカ、カナダ、イギリス、フランス、ドイツ、インドなど。
キリスト教やイスラム教では、「夫婦は半分半分同士で、結婚して一体になる」という概念があるため、夫婦同姓は当然のことだと捉えられています。例えば、ヒラリー・クリントン国務長官は、ビル・クリントン元大統領と同姓を名乗っていますよね。

ただし、ドイツで93年から「結婚後の姓について夫婦の合意ができない場合」という例外として夫婦別姓や結合姓を認めるなど、変化を見せているのは事実です。結合姓というのは、二人の姓をつなげるもので、田中さんと佐藤さんが結婚したときには「田中・佐藤」や「佐藤・田中」という姓とします。イタリアではこの結合姓を基本としています。

3.最初の名前を変えないという国
一方、スペイン、サウジアラビア、オランダ、スウェーデンでは夫婦別姓が基本。というよりも「生まれて最初に付けられた名前は、死ぬまで変えない」という方が、正確かもしれません。

例えば、スペインでは「自己の名+父の最初の姓+母の最初の姓」を名付けられ、サウジアラビアでは「自己の名+父の名+祖父の名+父の姓」と名付けられることになっており、そもそも「夫婦のどちらの姓を選ぶか?」は問題として上がりません。

姓が変わるのは、不便だろうなぁ
日本の民法が想定する夫婦関係は、民法・第752条「夫婦は同居し、互いに協力し扶助しなければならない。」という文言に表れています。一度結婚したら夫婦は添い遂げるものであり、またそうなるよう協力し合うべきというのが基本にあります。

とはいえ、日本の民法が離婚についての定めを設けているように、「最初の結婚が必ずうまくいく」という保証はありません。妻の側であれ、夫の側であれ、姓が二度、三度と変わることはあり得るわけです。

人口減少社会へ突入している日本にとって、“今の繁栄”を維持するには、男女共働きが必要条件となってきます。夫も妻も、名刺交換をする機会があり、ビジネスパートナーと呼び合う機会があることを考えると、姓がコロコロと変わるのはかなり不便です。

「家族の幸福度」「家族の生産性」がより高いのは?
夫婦別姓問題では、しばしば夫婦同姓側から「夫婦別姓の国は、夫婦間の結びつきが弱く、離婚率や事実婚が多い」という反証がよく出てきます。しかし、「夫婦別姓の国は、男女共に社会参画・経済的自立がし易いため、離婚や事実婚が容易」なのかもしれません。

つまり、“姓という縛り”が離婚率を抑えている主因ではなく、“夫も妻も経済活動が活発”であるために独立し易いという論理である可能性もあるということです。

そうなると夫婦同姓と夫婦別姓とで、「家族の幸福度」「家族の生産性」はどちらがより高いのでしょうか?
この視点に立つと、なかなか大きな問題となってきます。なぜなら、夫婦同姓論者はもっぱら「家族の繋がり」を強調とし、夫婦別姓は「男女同権」などを根拠としており、同姓と別姓による生産性比較は寡聞にして聞いたことがないからです。

高度経済成長が終わった日本では、「家計をより豊かにできるかのはどちらか?」という視点も大切であるはずです。通常国会に間に合うかは微妙なタイミングですが、「生活が第一」という民主党には、是非そこまで分析を進めて欲しいところです。

ちなみに鮎滝自身は、自分の姓にまったく拘りを持っていません。
自分自身の姓をどうするかについて、そのまま言葉にすると「子どものことを考えれば、同姓の方が良いだろう。選ぶのは、より響きの良い方、より画数が良い方で、自分のでも妻のでも構わない。できれば、“鮎滝 渉”を自分の公称にしたいなぁ」となります。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
アクセスカウンター
プロフィール

鮎滝 渉

Author:鮎滝 渉
千秋真一に23%似ているらしいブロガーです。
実家である愛知県に戻ってきました。
ほぼ日刊で更新中。日々の巡回サイトに加えてやってください。
-------------------------
ブロガー名を、「鮎滝 渉」へ改めました。
私が自分に付けた最初のペンネーム。そして、「一角の者になるまでは使うまい」と思ってた名でもあります。

大して公知のペンネームというわけでもありません。が、1回目の中小企業診断士試験の失敗以降、あれこれと思い悩む中、「“輝かしい名としようする執着”はかえって醜い。そろそろ、この名を名乗る覚悟をしよう」と決意。鮎滝の名を使うことにしました。

ちなみに、旧ブロガー名は「スクナビコナ」。
日本神話に出てくる知恵の神様の名前です。恐れ多い名前ですが、ブログをする気構えとして、使っておりました。

スポンサー広告
↓あなたもブログ始めるなら↓ 無料blog

↓アフィリエイト始めるなら↓ アフィリエイト・SEO対策

↓英会話を始めるなら↓ 英会話スクールWILL Square

↓アクセスアップなら↓
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログランキング参加中
応援してやってくださいm( _ _ )m
↓ワンクリックお願いします↓


ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 ニュースブログへ

にほんブログ村 本ブログへ

にほんブログ村 漫画ブログへ

にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ

にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ

本を買う
↓楽天ブックスを使う↓

---------------------------
↓アマゾンで商品検索↓

---------------------------
↓ベストセラー本のご紹介↓
カテゴリー
最近の記事
ブログ内検索
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。