中小企業診断士をめざしつつ、日々のニュースやおススメ本など話題を提供。「突然スピーチを頼まれた」「ちょっと小生意気な話」など話のネタにしてください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

混合診療禁止は「適法」、がん患者が逆転敗訴 厚労相「国の主張が認められた」

混合診療禁止は適法 がん患者が逆転敗訴
(中日新聞 9/30付より)
公的医療保険が適用される診療と、適用外の自由診療を併用する「混合診療」を原則禁止した制度の是非が争われた訴訟の控訴審判決で、東京高裁は29日、医療費が全額自己負担となったがん患者の男性に一部保険適用を認めた1審東京地裁判決を取り消し、男性の請求を棄却した。

大谷禎男裁判長は「財源面の制約や安全性確保の点からやむを得ない」と、制度を適法と判断。「負担が重すぎる」と訴えていた原告側の逆転敗訴となった。原告は上告の方針。

2007年11月の1審判決は「法的根拠がない」と、混合診療禁止を違法とする初の判断を示し、国が控訴していた。
原告は、自身ガン患者でもある神奈川県藤沢市の団体職員清郷伸人さん(62)。

大谷裁判長は判決理由で、国が健康保険法上、例外的に混合診療を認めた「保険外併用療養費」制度について「先進医療など診療の内容や実施医療機関などの支給要件を満たす場合だけを保険給付の対象としている」と指摘。

その上で「制度に定めた以外の診療については本来、保険診療に相当する部分も給付は受けられないと解するべきだ」と結論付けた。

清郷さんは記者会見し「日本で認められていないというだけの理由で、世界各地で受けられる医療を受けられず命を落とすことがあってはいけない。今回の判決には失望しており、立法などによる解決の道も探りたい」と述べた。

今回の判決に対して、長妻厚労相は「国の主張が認められたと考えている」とコメント。


混合診療とは?
この記事を理解するためには、「混合診療とは何か?」を知っておく必要があります。定義から示すと、「保険適用診療と保険適用外診療を同時並行で受けている」ということ。

具体的な事例で見てみましょう。

あなたがガン患者だったとします。
あなたは、これまで日本で認可済みの薬「A」で治療を続けてきましが、思うほどの効果が見られません。ところが、日本では認可されていないものの外国では認可されている薬「B」があり、「A」と「B」を併用したときに高い治療効果が見られたという情報が、あなたの主治医のところに入ってきました。そこで、あなたは決断します「『A』と『B』を併用しよう!」と。
これが混合診療の決断です。

素直に考えると、あなたが負担する医療費は「保険適用後のA+Bの全額」となりそうです。
しかし、実際にはそうなりません。あなたが負担する医療費は「Aの全額+Bの全額」となります。保険適用診療のA単独なら保険が適用されるのに、保険適用外のBを併用するとAも保険適用外診療として扱われるわけです。

たった1人のガン患者が勝ち取った判決が・・・
07年11月7日の東京地裁判決では「この保険運用に法的根拠はない」として、混合診療を行う患者が負担する医療費は「保険適用後のA+Bの全額」とするのが妥当とされました。この東京地裁判決は、原告の清郷さんが弁護士も付けず、たった1人で厚労省から勝ち取った画期的なものでした。

それをひっくり返した東京高裁判決。そして、長妻厚労相の「国の主張が認められたと考えている」というコメント。
「それは、ないんじゃない?」と、感情論を除いても鮎滝は思います。

確かに論理的には、「保険適用診療(A)と、保険適用診療(A)に保険適用外診療(B)を加えたものとでは、最早、別物である」と突き放すことはできます。突き放すことはできますし、突き放した方が財政難の日本政府にとっては有利です。

けれども日常生活において、例えば、「サンマにご飯にお味噌汁が付いて480円という割安の『サンマ定食』に、80円の『冷や奴』を追加した途端、サンマ定食がすべて単品扱いになって700円になる」お店なんてありませんよね? 冷や奴が付こうが、ほうれん草のゴマ和えが付こうが、サンマ定食はサンマ定食のままです。

こうした「日常生活の感覚」と、07年11月の東京地裁判決は非常に合致していたと思うのです。

長妻さん、あなた「国民」から離れてきてません?
混合診療を原則禁止とするとしてきたのは、あくまで前政権、自民党の下にあった政府方針。政権交代を果たした民主党にとってこの瞬間は、自民党以前の政府方針を「国の主張」として維持するべきかどうか検証する非常に大事な時期です。

八ツ場ダムだって、川辺川ダムだって止めようとしていますよね。なのに何故、一度は司法が認めた混合診療を、再び原則禁止へ戻そうとするのでしょうか?

厚生労働大臣就任以来、もともと年金問題偏重のきらいがあった長妻厚労相。「ミスター年金・長妻昭」は、「年金だけの長妻昭」となってしまうのでしょうか。

何もかもが厚労相管轄となっている現状は確かに異常です。
しかし厚生労働省を分割でもしない限り、今夏まで「何でも桝添さん」だったように、今は「何でも長妻さん」なんです。課題を消化していくのにもっと人材が欲しいなら、首相に談判して、副大臣補佐でも政務次官補佐でも付けてもらえばよいではありませんか。長妻さんの最良の右腕は、必ず埋もれているはずです。

もっと工夫しましょうよ。ね、長妻さん。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
アクセスカウンター
プロフィール

鮎滝 渉

Author:鮎滝 渉
千秋真一に23%似ているらしいブロガーです。
実家である愛知県に戻ってきました。
ほぼ日刊で更新中。日々の巡回サイトに加えてやってください。
-------------------------
ブロガー名を、「鮎滝 渉」へ改めました。
私が自分に付けた最初のペンネーム。そして、「一角の者になるまでは使うまい」と思ってた名でもあります。

大して公知のペンネームというわけでもありません。が、1回目の中小企業診断士試験の失敗以降、あれこれと思い悩む中、「“輝かしい名としようする執着”はかえって醜い。そろそろ、この名を名乗る覚悟をしよう」と決意。鮎滝の名を使うことにしました。

ちなみに、旧ブロガー名は「スクナビコナ」。
日本神話に出てくる知恵の神様の名前です。恐れ多い名前ですが、ブログをする気構えとして、使っておりました。

スポンサー広告
↓あなたもブログ始めるなら↓ 無料blog

↓アフィリエイト始めるなら↓ アフィリエイト・SEO対策

↓英会話を始めるなら↓ 英会話スクールWILL Square

↓アクセスアップなら↓
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログランキング参加中
応援してやってくださいm( _ _ )m
↓ワンクリックお願いします↓


ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 ニュースブログへ

にほんブログ村 本ブログへ

にほんブログ村 漫画ブログへ

にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ

にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ

本を買う
↓楽天ブックスを使う↓

---------------------------
↓アマゾンで商品検索↓

---------------------------
↓ベストセラー本のご紹介↓
カテゴリー
最近の記事
ブログ内検索
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。