中小企業診断士をめざしつつ、日々のニュースやおススメ本など話題を提供。「突然スピーチを頼まれた」「ちょっと小生意気な話」など話のネタにしてください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

仙谷行政刷新相「補正停止額、2兆5169億円」 ・・・当初目標の8割なら上々では?

仙谷行政刷新相「補正停止額、2兆5169億円」
(時事通信 10/6付)
政府は6日、2009年度補正予算(14兆6630億円)のうち、第1次集計分として2兆5169億円を執行停止すると発表しました。当初目標とした3兆円に届かなかったため、各省庁にさらなる上積みを求める方針。

仙谷由人行政刷新担当相は記者会見で「さらなる補正の組み替えや再配分ができないか、もっと頑張ってもらいたいという強い願望を持っている」と述べました。

主な執行停止の省庁別内訳は、国土交通省で8875億円、農林水産省で4763億円、厚生労働省で4359億円など。


・・・当初目標の8割なら上々では?
「甘い」と言われれば甘いかもしれません。が、4カ月前の5月29日に成立し、すでに執行も始まっていた14兆円規模の『平成21年度補正予算』から、「3兆円の執行停止」という当初目標を提示。その8割を超える2兆5169億円を止められたのであれば、上々のできではないでしょうか?

鳩山内閣が「3兆円の執行停止」を掲げたとき、皆が「そんなの止められるはずがない」という論調でした。それを80%超まで持ってきた成果について、鮎滝は、素直に「大したものだ」と評価したいと思います。

「国債発行」の声が聞こえたのはガッカリ
しかし、民主党内から、早くも「来年度の税収不足分を、“国債発行”で埋め合わせる」という声が出てきたのはガッカリです。行政刷新会議も発足させた訳ですから、ここは国債発行ではなく、ムダを省くことで乗り切って見せなければなりません。

民主党が「目玉政策」として掲げてきたものにも優先順位、劣後順位があるはずです。
「税収が落ち込む見通しがあるため、この施策は再来年度まで待って欲しい」と、きちんと説明すれば良いだけの話です。自民党は「公約違反だ!」と責め立ててくるでしょうが、それをも有権者への説明機会と捉えて、言を尽くして説得すれば良識的な有権者たちはきちんと判断してくれます。

これらは、真に急がなければならない施策?
例えば高速道路無料化などは、国内航空線や新幹線・各種鉄道、海運・フェリーとの関係性をもっと精査する必要があります。絶妙と言わないまでも巧く「ソフトランディング」させなければ、現在それらの業界で勤めておられる方々が、一気に失職することになりかねません。

業界周辺企業も多いですから、ただでさえ失業率が高止まりしているこの時期に執行を急ぐのは、かなりのハイリスクではないでしょうか?

子ども手当にしても、いま急ぐものかどうかは疑問です。少子化対策なら、鮎滝は「“子ども手当”ではなく、お母さんが働きやすい環境づくりを進めるべく保育所を増設した方がベター」だと考えています。

“子ども手当”が、子どもを生んでいただくインセンティブとして機能することは否定しません。
しかし、保育士の資格を持っているけれども、ご自身の出産で家庭におられるといったお母さんたちを呼び戻す方がより生産的だと考えています。近所に保育所ができれば「ここでなら、働きながら自分の子の面倒も見られる」と思って、早期職場復帰をしていただけるかもしれません。

常々、鮎滝は「どうしてビジネス街のど真ん中に保育所を作らないのだろう?」と疑問に思っています。なぜなら、保育所まで勤め先から徒歩3分とか、勤め先のテナントビル内に保育所があると、キャリアウーマンの生活は一変すると思っているからです。もちろんキャリアマンでも同じことです。

――朝は、子どもと手をつないで家を出て、勤務先近くの保育所へ子どもを預けて出勤。昼の休憩時間は、保育所に顔を出して子どもと一緒にお昼ご飯を食べ、再び勤務先へ。夕方は、保育所へ子どもを迎えに行って、手をつないで帰宅――

夜勤中心など業種業態によって、この生活サイクルを採用できない方々がいるのも事実です。けれども、比率としては日中勤務が多いわけで、オフィスワークでも工場勤務でも保育所さえあれば、この生活サイクルに乗ることはできるはずです。毎昼、保育所で顔を合わせていれば、ママ友、パパ友の輪も広げやすいでしょう。

――――――――――――――――――――――――――
関連記事
行政刷新会議に稲盛・京セラ名誉会長、片山・前鳥取知事
(朝日新聞 10/6付)

鳩山内閣が税金の無駄遣いを洗い出すために新たに設置した「行政刷新会議」の陣容が固まった。仙谷由人行政刷新相は5日、民間企業出身の主要メンバーとして、稲盛和夫・京セラ名誉会長(77)と茂木友三郎・キッコーマン代表取締役会長(74)を起用する方針を固めた。首長経験者としては、前鳥取県知事の片山善博・慶応大教授(58)を起用する意向だ。

行政刷新会議の主要メンバーとなる議員は、政治家6人、民間人5人の計11人で構成する予定。議長は鳩山由紀夫首相、副議長は仙谷氏が務め、政治家枠として菅直人副総理兼国家戦略担当相、藤井裕久財務相らが加わる。

稲盛氏は民主党の小沢一郎幹事長と近く、同党の「後見人」的な存在。民間枠には、このほか労働問題に詳しい元連合事務局長の草野忠義・連合総研理事長(65)も起用。事務局長兼議員として、民間シンクタンク「構想日本」の加藤秀樹代表(59)の起用も決まっている。

行政刷新会議は、来年度予算の編成作業で「子ども手当」などマニフェスト(政権公約)で掲げる新規施策の財源を確保する役割を担っており、稲盛氏と茂木氏には、長年培った企業経営のノウハウを行政の効率化に生かしてもらう考えだ。

また、同会議は地方分権など「国と地方のあり方」についても議題とする方針。仙谷氏は首長経験者の人選を進め、知事としての実績がある片山氏の起用を固めた。

同会議は10月下旬にも初会合を開き、当面は来年度予算の編成作業にかかわり、税金の無駄遣いを洗い出す作業を進める。

■行政刷新会議の民間メンバー
稲盛和夫(京セラ名誉会長)、茂木友三郎(キッコーマン会長)、片山善博(前鳥取県知事)、草野忠義(元連合事務局長)、加藤秀樹(行政刷新会議事務局長)
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
アクセスカウンター
プロフィール

鮎滝 渉

Author:鮎滝 渉
千秋真一に23%似ているらしいブロガーです。
実家である愛知県に戻ってきました。
ほぼ日刊で更新中。日々の巡回サイトに加えてやってください。
-------------------------
ブロガー名を、「鮎滝 渉」へ改めました。
私が自分に付けた最初のペンネーム。そして、「一角の者になるまでは使うまい」と思ってた名でもあります。

大して公知のペンネームというわけでもありません。が、1回目の中小企業診断士試験の失敗以降、あれこれと思い悩む中、「“輝かしい名としようする執着”はかえって醜い。そろそろ、この名を名乗る覚悟をしよう」と決意。鮎滝の名を使うことにしました。

ちなみに、旧ブロガー名は「スクナビコナ」。
日本神話に出てくる知恵の神様の名前です。恐れ多い名前ですが、ブログをする気構えとして、使っておりました。

スポンサー広告
↓あなたもブログ始めるなら↓ 無料blog

↓アフィリエイト始めるなら↓ アフィリエイト・SEO対策

↓英会話を始めるなら↓ 英会話スクールWILL Square

↓アクセスアップなら↓
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログランキング参加中
応援してやってくださいm( _ _ )m
↓ワンクリックお願いします↓


ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 ニュースブログへ

にほんブログ村 本ブログへ

にほんブログ村 漫画ブログへ

にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ

にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ

本を買う
↓楽天ブックスを使う↓

---------------------------
↓アマゾンで商品検索↓

---------------------------
↓ベストセラー本のご紹介↓
カテゴリー
最近の記事
ブログ内検索
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。