中小企業診断士をめざしつつ、日々のニュースやおススメ本など話題を提供。「突然スピーチを頼まれた」「ちょっと小生意気な話」など話のネタにしてください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国交相「成長戦略会議」、戦略相・厚労相「緊急雇用対策」 ・・・国家戦略局で両方をまとめては?

成長戦略会議設立へ・・・内需拡大の具体策検討
(読売新聞10/6付)

前原国土交通相が、公共事業の削減後の新たな成長戦略を検討する直轄会議を近く発足させる方針を固めたことが5日わかった。

外部有識者を自ら選び、観光振興の強化や航空行政の転換による交通の活性化など、内需拡大に向けた具体策を検討する。

前原国交相は就任直後の記者会見で、公共事業について「少子高齢化が進む中、税金の配分を大きく変えないといけない」と述べた。これまで予算配分の少なかった観光分野の施策強化のほか、国際間で航空市場を開放する「オープンスカイ」を進め、日本を訪れる外国人を増やすことなどが検討対象となりそうだ。

鳩山内閣は総額約14兆7000億円の2009年度補正予算の見直しを進めている。国交省分では総額2兆3321億円のうち、高速道路の建設や4車線化の凍結などで、5日までに9000億円近い削減額を積み上げた模様だ。

国交相は、公共事業削減は地方の雇用不安や基盤整備の遅れを招く面もあるため、直轄会議の議論を通じて道路やダム、空港整備に代わる成長策を模索する。

政府が月内にも緊急雇用対策、菅・長妻氏が一致
(読売新聞 10/5付)

菅国家戦略相と長妻厚生労働相は5日、内閣府で会談し、過去最悪の水準となっている雇用情勢を受け、月内にも緊急の雇用対策をまとめることで一致した。

対策は、従業員の休業手当を国が助成する「雇用調整助成金」の支給要件緩和など、短期的なものが中心となる見通しだ。財源としては、2009年度補正予算に盛り込まれている「緊急人材育成・就職支援基金」(7000億円)を活用することを検討している。

菅国家戦略相は会談後、記者団に、「年末、新年度の雇用情勢が非常に心配だ。何らかの雇用対策が必要だ」と述べ、緊急対策で雇用を下支えする考えを示した。対策は、政府が近く設置する緊急雇用対策本部で決定される。鳩山首相は5日夜、首相官邸で記者団に、「いずれかの時点で、雇用対策本部的なものを立ち上げる必要がある」と語った。

政府は緊急対策に続き、長期的な雇用対策の策定にも取り組みたい考えで、人手不足となっている介護分野での雇用促進策などが検討される見込みだ。

・・・国家戦略局で両方をまとめては?
「内需拡大に向けての、日本の経済成長戦略」
「年末に向けた緊急雇用対策」

片方は長期的視野に立つものであり、もう片方はこの2カ月~半年間の問題であり、同一に議論することはできません。企業で言えば、多角化に向けた買収企業の探索と、当面の資金繰りの話を一遍にしようとするようなものです。

しかしながら、「日本は内需が小さいから、いつも外国の経済情勢、特に米国の消費者の志向に左右される」ということは、何度も何度も聞かされた「耳タコ」の話。とどのつまり、誰も腹を括って「外国の経済情勢で右往左往しない成長戦略」を本気でまとめてこなかったから、また今年も戦略相と厚労相の間で「緊急雇用対策を」と話し合う悪循環に陥っているわけですよね?

民主党が発足させた「国家戦略局」は、こうした堂々巡りを止めることにこそ、その存在意義があると思うのです。

前原国交相は、「公共事業依存からの脱却」というアプローチから成長戦略会議設立へ行き着いたのだと解釈します。が、その問題意識は「旧い自民党の遺産に対して、民主党はどのように臨んでいくのがよいか?」という根っこにつながるものであり、国家戦略局という議論の場へ載せる方が相応しいテーマだと感じます。
結果、早い段階から多面的な考察がなされて、根本的な解決によりスピーディーに辿り着けるように思います。

小泉政権以降、いくつもの首相直轄あるいは閣僚直轄の諮問会議が新設されましたが、「これで日本の生産性が上がった!」という評価を鮎滝はしていません。
確かに、経済財政諮問会議は予算編成の財務省丸投げを止めさせましたし、食品算全委員会は消費者庁へとつながりました。では、男女共同参画会議が何を成したでしょうか? 自殺総合対策会議は自殺者を減らせましたか? 教育再生会議は学校教育の教育力を上げられましたか?

すでに各閣僚は従来からの課題を多々抱えられておられるわけで、「省庁横断的課題は、取り敢えず国家戦略局へ」で良いのではないでしょうか?
そうする中で、国家戦略局の存在意義がはっきりし始めて、さらに省益を超えて国益を考える霞が関の形成に向かっていくのではないでしょうか? 欲張り過ぎですか?

スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
アクセスカウンター
プロフィール

鮎滝 渉

Author:鮎滝 渉
千秋真一に23%似ているらしいブロガーです。
実家である愛知県に戻ってきました。
ほぼ日刊で更新中。日々の巡回サイトに加えてやってください。
-------------------------
ブロガー名を、「鮎滝 渉」へ改めました。
私が自分に付けた最初のペンネーム。そして、「一角の者になるまでは使うまい」と思ってた名でもあります。

大して公知のペンネームというわけでもありません。が、1回目の中小企業診断士試験の失敗以降、あれこれと思い悩む中、「“輝かしい名としようする執着”はかえって醜い。そろそろ、この名を名乗る覚悟をしよう」と決意。鮎滝の名を使うことにしました。

ちなみに、旧ブロガー名は「スクナビコナ」。
日本神話に出てくる知恵の神様の名前です。恐れ多い名前ですが、ブログをする気構えとして、使っておりました。

スポンサー広告
↓あなたもブログ始めるなら↓ 無料blog

↓アフィリエイト始めるなら↓ アフィリエイト・SEO対策

↓英会話を始めるなら↓ 英会話スクールWILL Square

↓アクセスアップなら↓
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログランキング参加中
応援してやってくださいm( _ _ )m
↓ワンクリックお願いします↓


ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 ニュースブログへ

にほんブログ村 本ブログへ

にほんブログ村 漫画ブログへ

にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ

にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ

本を買う
↓楽天ブックスを使う↓

---------------------------
↓アマゾンで商品検索↓

---------------------------
↓ベストセラー本のご紹介↓
カテゴリー
最近の記事
ブログ内検索
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。