中小企業診断士をめざしつつ、日々のニュースやおススメ本など話題を提供。「突然スピーチを頼まれた」「ちょっと小生意気な話」など話のネタにしてください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新型インフル、自治体が「ワクチン接種準備間に合わない」と悲鳴 ・・・指示待ち自治体をあてにするな

ワクチン接種を前に自治体悲鳴「準備間に合わない」
(共同通信 10/10付)
新型インフルエンザワクチンの接種開始を前に、地方自治体が態勢整備に追われている。2日に国の基本方針が示されてから19日のスタートまでわずか2週間あまり。準備が間に合わず、実施を遅らせる地域も出てきそうだ。

「国からの情報があまりに少なく、決まっていないことが多すぎる」。千葉県の担当者は頭を抱える。県の相談窓口には1日300~400件の電話が殺到。3分の1はワクチンに関する問い合わせだ。
「どこで」「いつから」との質問が一番多いが「われわれにもまったく分からない」(担当者)。

厚生労働省が示した標準的なスケジュールでは、19日以降、医療従事者を皮切りに順次、優先対象者への接種を始める。しかし、県側は接種を行う医療機関の取りまとめや対象者の人数把握、卸業者との納入量の調整などの膨大な作業に追われており、日程通り実施するのは難しいという。

「県民の不安を取り除くために、早く具体的な日程を示したい」。開始までに、住民に情報を周知できるかどうかも大きな課題だ。

「段取りを現場に丸投げするなら、もっと時間的な余裕がほしい」とぼやくのは大阪府の担当者。大阪府内で接種を行う医療機関は5000以上になる見込み。「すべての医療機関が一斉に始めるのは無理」といい、準備が整ったところから順次スタートする。

ワクチン接種が1回で有効なのか、2回必要なのかについても国の最終判断はまだ示されていない。スケジュールが確定しない中、現場の医療機関にも混乱が広がっている。


・・・指示待ち自治体をあてにするな
上記の記事は、ニュースソースの日付が10月10日とあるように、記事にするかどうか保留していたものです。ですがこの1カ月、「新型インフルエンザ」という検索ワードで当ブログへ辿り着かれる方が多いようなので、改めて記事にまとめようと思います。

まず、今回に限っては、上記の記事のように「国からの情報があまりに少なく」などと嘆いている“指示待ち自治体”をあてにするのは止めましょう。

いま私たちが相手にしているのは、「新型」という名を冠された、人類初遭遇のインフルエンザウイルスです。こうした初遭遇への対処方法は、実に単純で、「1回深呼吸でもして、落ち着こう」に限ります。

過去の経験を思い出しましょう
阪神・淡路大震災、中越沖地震、岩手・宮城内陸地震・・・、最近では兵庫県佐用町の豪雨、東名高速道路を崩落させた集中豪雨、台風18号。こうした自然の猛威に対し、ジタバタして何かが進んだ試しはありません。

私たちがやってきたことは、失ったものの喪失感の後、「さて、どうしたものかなぁ」と考え始め、取り敢えず手のつけられそうな所から片付け。そうする中で周囲が段々と広く見えるようになってきて、まだ立ち直れないでいる隣人に声をかけ、励まし合って助け合って乗り越えるというもの。

地元の救助隊やお医者さん、看護師さんたちは、早くから苦難を共にしてくれる実に頼もしい方々です。が、自治体や国の支援がやってくるのは、たいていその後でしたよね? 自衛隊嫌いの知事のために自衛隊への出動要請が遅れた、という事件もあったぐらいです。

税金で養っている以上、自治体側の準備状況への監視は、有権者として当然の行動です。しかし、上意下達で動くのが役所であり、現場への突き上げ・クレームは先方の士気を削ぎ、かえって効率を落としかねません。あくまで監視にとどめることが肝要です。
その上で、「自己防衛として、自分ですること、自分で揃えておく物はないか?」を考える方が、他人をがなり立てて疲労することもありませんし賢明でしょう。

PTA、自治会、町内会、管理組合の活用
「“新型”インフルエンザ」であるため、実に様々な情報が飛び交い、錯綜しています。
自己防衛のためにも正確な情報が欲しいところですが、ここで一斉に役所へ押しかけたり、電話をかけたりしてはなりません。自治体も、自治体にしかできない「新型インフルエンザ対策のための人員・時間」を必要としているわけで、自治体がその余裕を持てるように一つ工夫をしましょう。

ここで活用したいのが、PTA、自治会、町内会、マンション管理組合といった地域組織です。
50世帯が役所へ押しかけるより、50世帯の代表1人が赴く方が役所の受付負担が少なくなります。その代表を起点に、他の世帯へ情報を発信すれば、さらに役所の発信負担も減らせます。

もし「うちは回覧板も回ってない」というなら、これを機に、回覧板を作ればよい話です。「隣室の人と会ったこともない」ところでも、出席率4割でも構いませんから、同じマンションに住む者同士、期日を決めて集会を一度開いてみればよろしいでしょう。予め、「この集会で、当マンションにおける新型インフルエンザ対策について話し合います」と告知しておけば、それなりの反応があるはずです。

新型インフルエンザについて分かっていること
・患者の圧倒的多数の人たちは、無事に完治している。
・病院へ駆け込む前に、発熱外来への問い合わせが先。
・接触感染予防として、手洗いは有効。
・ワクチン摂取は優先順位待ち。
・季節性インフルエンザと同様、既往症がなくても亡くなるケースはある。
・季節性インフルエンザと違って、夏場の日本でも流行した。

スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
アクセスカウンター
プロフィール

鮎滝 渉

Author:鮎滝 渉
千秋真一に23%似ているらしいブロガーです。
実家である愛知県に戻ってきました。
ほぼ日刊で更新中。日々の巡回サイトに加えてやってください。
-------------------------
ブロガー名を、「鮎滝 渉」へ改めました。
私が自分に付けた最初のペンネーム。そして、「一角の者になるまでは使うまい」と思ってた名でもあります。

大して公知のペンネームというわけでもありません。が、1回目の中小企業診断士試験の失敗以降、あれこれと思い悩む中、「“輝かしい名としようする執着”はかえって醜い。そろそろ、この名を名乗る覚悟をしよう」と決意。鮎滝の名を使うことにしました。

ちなみに、旧ブロガー名は「スクナビコナ」。
日本神話に出てくる知恵の神様の名前です。恐れ多い名前ですが、ブログをする気構えとして、使っておりました。

スポンサー広告
↓あなたもブログ始めるなら↓ 無料blog

↓アフィリエイト始めるなら↓ アフィリエイト・SEO対策

↓英会話を始めるなら↓ 英会話スクールWILL Square

↓アクセスアップなら↓
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログランキング参加中
応援してやってくださいm( _ _ )m
↓ワンクリックお願いします↓


ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 ニュースブログへ

にほんブログ村 本ブログへ

にほんブログ村 漫画ブログへ

にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ

にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ

本を買う
↓楽天ブックスを使う↓

---------------------------
↓アマゾンで商品検索↓

---------------------------
↓ベストセラー本のご紹介↓
カテゴリー
最近の記事
ブログ内検索
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。