中小企業診断士をめざしつつ、日々のニュースやおススメ本など話題を提供。「突然スピーチを頼まれた」「ちょっと小生意気な話」など話のネタにしてください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

羽田空港を国際拠点化、前原国交相が表明 ・・・勝負できる立地じゃありませんものねぇ

羽田空港を国際拠点化、前原国交相が表明
(共同通信 10/12付)

前原誠司国土交通相は12日、羽田空港を24時間運用の国際拠点(ハブ)空港として優先整備し、羽田が国内便、成田が国際便とすみ分けてきた首都圏空港の「内際分離」原則も撤廃する考えを表明した。大阪府泉佐野市のホテルで橋下徹大阪府知事との会談後、記者団に述べた。

来年10月に4本目の滑走路ができ就航便数が大幅に増える羽田空港を韓国の仁川空港に匹敵する拠点にし、日本の国際競争力を確保するのが狙い。橋下知事が求めた関西空港の拠点空港としての整備は明言しなかった。前原氏の発言は成田、関西、中部の3空港を国際拠点としてきた航空行政の大転換だけに今後、論議を呼びそうだ。

前原氏は「日本にはいまハブ空港が存在しない。成田が国際、羽田が国内と分かれ、日本のハブ空港は韓国の仁川になっている」と述べ、日本の地方空港から仁川空港を経由して欧米などに行く現状を見直す必要があると指摘。改善策として「内際分離の原則を取っ払って、羽田の24時間国際空港化を徐々に目指していきたい」とした。

また関西空港について前原氏は「日本にハブをしっかり造ってから、関西、伊丹、神戸の関西3空港をどうするか検討していきたい」と述べるにとどまった。

地図上で羽田と成田を比べてみると・・・
西を活動拠点にしてきた鮎滝には、いまいち羽田空港と成田国際空港の位置関係が分かりません。そこで、東京駅を中心に地図上で比べてみました。

地図の色合いから両方とも赤丸にしてしまいましたが、左が羽田空港で、右が成田国際空港になります。
東京駅から直線距離は、成田国際空港が羽田空港のおよそ4倍。2009年を生きている鮎滝からの目から見て、正直、「両港は勝負にならない。羽田を中心的な国際空港とし、成田空港は縮小して一地方空港とするか廃港にすべき」というのが初見での感想です。

↑別窓で大きい画像が開きます

成田国際空港と三里塚紛争
成田国際空港は、1960年代初頭、国際化に伴う航空需要の増大を見越し、羽田の東京国際空港に代わる本格的な国際空港として計画されました。

しかし、新空港建設候補地選定は、用地買収や騒音・安全性を理由に地元住民の反対にあって難航。最終候補地として挙がったのが千葉県成田市三里塚でした。
三里塚は農業従事者の多い土地で、騒音・安全性以外にも収入源である農地が取り上げられるということで反対運動が激化。そこへ新左翼が合流して「国 対 地元住民・新左翼」という三里塚紛争(成田紛争とも呼ぶ)へ発展しましたが、国側が『土地収用法』を根拠に押し切るかたちで建設を進め、1978年に開港しました。

当時の隔たりは未だ解消さていません。
下の写真はいまの成田国際空港の航空写真。農地や住宅地に囲まれていることもあり、拡張工事の話が持ち上がるたび、国と地元住民との間で衝突が繰り返されています。


歴史ある24時間空港 羽田空港
こちらは羽田空港。羽田空港の歴史は成田国際空港よりも古く、1931年に開港。東京湾に突き出した立地であることもあり、「24時間航空機の離発着が可能」な数少ない空港です。

成田国際空港が開港したことで国内便のみとなっていましたが、2002年のFIFAワールドカップ日韓大会を契機に、韓国・釜山との間でチャーター便が就航。さらに国際空港化の話は進展しており、2010年に完了予定の拡張工事にあわせて、「深夜と早朝時間帯に限り国際線の中距離・長距離便の就航を自由化」することが決まっています。

埋め立てを進めて羽田空港を拡張するのも、環境負荷の観点から問題があると考えます。が、純粋に空港機能だけを見れば、どう考えても羽田空港に分があると思われます。

成田国際空港、どうしましょうかねぇ?

スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
アクセスカウンター
プロフィール

鮎滝 渉

Author:鮎滝 渉
千秋真一に23%似ているらしいブロガーです。
実家である愛知県に戻ってきました。
ほぼ日刊で更新中。日々の巡回サイトに加えてやってください。
-------------------------
ブロガー名を、「鮎滝 渉」へ改めました。
私が自分に付けた最初のペンネーム。そして、「一角の者になるまでは使うまい」と思ってた名でもあります。

大して公知のペンネームというわけでもありません。が、1回目の中小企業診断士試験の失敗以降、あれこれと思い悩む中、「“輝かしい名としようする執着”はかえって醜い。そろそろ、この名を名乗る覚悟をしよう」と決意。鮎滝の名を使うことにしました。

ちなみに、旧ブロガー名は「スクナビコナ」。
日本神話に出てくる知恵の神様の名前です。恐れ多い名前ですが、ブログをする気構えとして、使っておりました。

スポンサー広告
↓あなたもブログ始めるなら↓ 無料blog

↓アフィリエイト始めるなら↓ アフィリエイト・SEO対策

↓英会話を始めるなら↓ 英会話スクールWILL Square

↓アクセスアップなら↓
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログランキング参加中
応援してやってくださいm( _ _ )m
↓ワンクリックお願いします↓


ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 ニュースブログへ

にほんブログ村 本ブログへ

にほんブログ村 漫画ブログへ

にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ

にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ

本を買う
↓楽天ブックスを使う↓

---------------------------
↓アマゾンで商品検索↓

---------------------------
↓ベストセラー本のご紹介↓
カテゴリー
最近の記事
ブログ内検索
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。