中小企業診断士をめざしつつ、日々のニュースやおススメ本など話題を提供。「突然スピーチを頼まれた」「ちょっと小生意気な話」など話のネタにしてください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

枕崎紅茶『姫ふうき』、英国で最高の3ツ星金賞に ・・・紅茶の国で最高評価を獲得!

枕崎紅茶『姫ふうき』、英で最高の3ツ星金賞に
(読売新聞 10/11付より)

ロンドンで9月に開かれた国際的な食品コンテスト「グレート・テイスト・アワード2009」で、鹿児島県枕崎市の製茶業・茅野薫さん(68)、ミヨ子さん(66)夫婦が手がけた紅茶『姫ふうき』が、最高の3ツ星金賞に輝いた。

↑世界一に輝いた『姫ふうき』を手がけた茅野さん夫婦

日本人として初めての受賞。紅茶に一家言ある英国人をもうならせ、“世界一”をつかんだ陰には、枕崎紅茶の復活にかける悲願が込められていた。

『姫ふうき』は、無農薬、有機栽培で育てた茶葉を手摘みして仕上げた。蜜のような甘い香りや渋み、酸味、甘味が調和した濃厚な味わいが魅力だ。

緑茶産地として知られる枕崎市は1960年代には国内有数の紅茶の産地でもあった。茅野さんは高校卒業後、県の茶業試験場で栽培法を学び、紅茶メーカーに就職。だが、71年の紅茶の輸入自由化を境に、国産の紅茶は安い海外産に押されるようになった。枕崎紅茶は廃れ、茅野さんも緑茶づくりへの転身を余儀なくされた。

約30年後の2002年、茅野さんは国産の茶樹『べにふうき』と出会う。その茶葉の品質にほれこみ、「これなら、安さに負けない、高品質で世界に通用する紅茶ができる」と確信。枕崎紅茶の復活を目指す仲間とともに研究会をつくり、本格栽培に乗り出した。

紅茶に適した成分の土を選ぶことから始め、さわやかな渋みと、飲んだ後に残る自然な甘さを得るため、無農薬の有機栽培にした。機械摘みが主流の中、目と指先で品質を確認しながらの手摘み。年間100~150キロを収穫している。

2度目のコンテスト挑戦となった今年は、発芽したばかりの葉だけを使った紅茶を出品。味わいと安全性が評価された。金賞は1ツ星から3ツ星まであり、07年には同県南九州市の薩摩英国館が出品した紅茶が2ツ星に選ばれている。

「有機栽培で畑が生まれ変わるのに10年はかかる。これからもっとおいしくなる」と茅野さん。「本物は時代の変化に左右されず、愛され続ける。枕崎の紅茶をそんな本物に育てたい」と話す。

『姫ふうき』は鹿児島市の百貨店などで販売されている。40グラム・1575円。

■問い合わせ先
瀬戸茶生産組合
TEL:0993-76-3719

英国の「グレート・テイスト・アワード」とは?
英国の「グレート・テイスト・アワード」とは、ベルギーの「モンドセレクション」などと同じように、世界中からエントリーされた紅茶、ブレンド紅茶、コーヒー、フルーツジュースなどの飲料やジャム、料理について審査を行う食品コンテスト。

日本での知名度はそれほど高くありませんが、「食品のオスカー」とも称される権威あるコンテスト。
イギリスの専門家ら200人が審査を行っており、3ツ星を最高に、2ツ星、1ツ星と評価を出します。当然、星が付かなければ、入賞に値しないとされたことになります。

星の数で評価がはっきりするため、エントリー自体を躊躇しそうですが、最高の3ツ星金賞は「どのプロデューサーも認めた最高水準という証」。その証をめざして、2008年には4753もの食品がエントリーしています。

グレート・テイスト・アワード2009のHP より

英国の「グレート・テイスト・アワード」には、紅茶の他にも、トマトベース料理、チョコレート、アイスクリーム、チーズ、パイなど様々な部門があります。が、やはり紅茶の国・英国。ホームページでも、紅茶部門が最初に出てきます。

茅野ご夫妻のように「攻めの農家」を志向している農家を応援するしくみを、鳩山政権では作って欲しいものです。

スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
アクセスカウンター
プロフィール

鮎滝 渉

Author:鮎滝 渉
千秋真一に23%似ているらしいブロガーです。
実家である愛知県に戻ってきました。
ほぼ日刊で更新中。日々の巡回サイトに加えてやってください。
-------------------------
ブロガー名を、「鮎滝 渉」へ改めました。
私が自分に付けた最初のペンネーム。そして、「一角の者になるまでは使うまい」と思ってた名でもあります。

大して公知のペンネームというわけでもありません。が、1回目の中小企業診断士試験の失敗以降、あれこれと思い悩む中、「“輝かしい名としようする執着”はかえって醜い。そろそろ、この名を名乗る覚悟をしよう」と決意。鮎滝の名を使うことにしました。

ちなみに、旧ブロガー名は「スクナビコナ」。
日本神話に出てくる知恵の神様の名前です。恐れ多い名前ですが、ブログをする気構えとして、使っておりました。

スポンサー広告
↓あなたもブログ始めるなら↓ 無料blog

↓アフィリエイト始めるなら↓ アフィリエイト・SEO対策

↓英会話を始めるなら↓ 英会話スクールWILL Square

↓アクセスアップなら↓
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログランキング参加中
応援してやってくださいm( _ _ )m
↓ワンクリックお願いします↓


ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 ニュースブログへ

にほんブログ村 本ブログへ

にほんブログ村 漫画ブログへ

にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ

にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ

本を買う
↓楽天ブックスを使う↓

---------------------------
↓アマゾンで商品検索↓

---------------------------
↓ベストセラー本のご紹介↓
カテゴリー
最近の記事
ブログ内検索
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。