中小企業診断士をめざしつつ、日々のニュースやおススメ本など話題を提供。「突然スピーチを頼まれた」「ちょっと小生意気な話」など話のネタにしてください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東京スカイツリー「世界一」キープへ24m高く ・・・こういうのを「不毛な争い」と呼ぶのですがねぇ

東京スカイツリー「世界一」キープへ24m高く
(読売新聞 10/17付より)

東京都墨田区で建設中の新タワー『東京スカイツリー』について、事業会社の東武タワースカイツリー株式会社は16日、完成時の高さを当初の610mから634mに変更すると発表した。

↑東京スカイツリーを夜間照明したイメージ図

中国・広州で今年末に完成予定のテレビ塔(610m)が、カナダ・トロントのCNタワー(553m)を抜き、ワイヤなどで支える必要のない自立式の電波塔としては世界一の高さとなるため、同社は「2012年春の開業時に世界一と言えるようにしたい」と、設計変更に踏み切った。

同社は06年11月、新タワーの高さを610mと公表したが、これは当時、ニューヨークの世界貿易センタービル跡地に建設される『フリーダム・タワー』の高さが約609mで世界一になると報道されたのを意識したものだった。

今回の設計変更は、塔本体の上に設置されるアンテナ部分を、96mから120mに延ばして対応する。新たに設定した高さは、東京とその周辺の旧国名「武蔵」(むさし=634)から決めたという。

この日は、スカイツリーの夜間照明のデザインも発表、水色と江戸紫を基調にした2種類の照明が1日おきに塔を彩ることが明らかになった。

・・・こういうのを「不毛な争い」と呼ぶのですがねぇ
何とも、ぬる~い世界一へのこだわり。
アンテナ部分なら簡単に24m継ぎ足すことができるということは、25m継ぎ足すことも簡単だということですよね? 中国・広州のテレビ塔が、完成直前に「ちょい」っと25mのアンテナを継ぎ足したら、それでもう世界一でなくなるわけです。

巷ではこういうのを「不毛な争い」と呼ぶことを、東武タワースカイツリー株式会社は理解できていないのでしょうか?

もちろん事業主体の東武タワースカイツリー株式会社は、東武鉄道が出資する民間企業ですし、別に好きにすればよいことです。同社としては『東京スカイツリー』の展望台への観光客誘致も考えておられるでしょうし、そのためには「世界一高いテレビ塔」という売り文句は魅力的かもしれません。

しかしながら、『東京スカイツリー』の役目は、東京タワーの電波障害を低減すること。わざわざ「不毛な世界一競争」に参入しなくても良いのではないでしょうか? そんなことよりも「車椅子でも、ベビーカーを押しながらでもタワーの隅々まで、安全にご見学いただけます」といった、立ち寄り易さを追求した方が効果的であるようにも思います。

オイルマネーにバカ騒ぎした中東の世界一ビル競争
現在、人類史上最も高い超高層ビルとして君臨しているのが、アラブ首長国連邦最大の都市ドバイにある『ブルジュ・ドバイ』。162階建て、818mの高さを誇っています。
ちなみに、かつての現存する超高層ビル首位は『台北101』の508mで、史上最高の建造物は1991年に倒壊した『ワルシャワラジオ塔』の646.38m。

↑今年1月に竣工した『ブルジュ・ドバイ』

しかしこの話には続きがあります。
現在、クウェートでは高さ1,001mの超高層ビル『マディナ・アル=ハリール』(2012年竣工予定)が計画中。また、同じドバイにも高さ1,400mの超高層ビル『アル・ブルジュ』が計画されており、サウジアラビアには高さ1,600mのハイパービルディング『マイルハイタワー』の建設計画が浮上しています。

もっとも、オイルマネー・バブルもすでに弾けたため、どの超高層ビルもいつ建設されるかは不明。ですが、『ブルジュ・ドバイ』が、いつ他に抜かされてもおかしくはありません。

建築物は「高さ」ではなく「使い勝手」こそ、第一
何かと加熱する世界一競争ですが、これを「不毛な争い」だと思うのは鮎滝だけでしょうか? テナントが入らなければ、ホテルとして宿泊客が入らなければ、どんなビルも単なるコンクリートの塊にすぎません。

「100階のワンフロアー、すべてウチの事務所」ということは、一つの企業ステータスになるかもしれません。けれども、毎朝毎夕、社員たちが地上から100階まで往復し、営業の外回りの度に往復し、取引先関係者も同じように往復するというのは、「ビジネスマンの時間の使い方としてどうなの?」と疑問に思います。

5、6階ならエレベーターが混んでいた時、「たまには階段で」という気にもなるでしょうし、ビル火災や地震にみまわれたときも逃げ易そうです。建築物は「高さ」ではなく「使い勝手」こそ、第一なのでは?

スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
アクセスカウンター
プロフィール

鮎滝 渉

Author:鮎滝 渉
千秋真一に23%似ているらしいブロガーです。
実家である愛知県に戻ってきました。
ほぼ日刊で更新中。日々の巡回サイトに加えてやってください。
-------------------------
ブロガー名を、「鮎滝 渉」へ改めました。
私が自分に付けた最初のペンネーム。そして、「一角の者になるまでは使うまい」と思ってた名でもあります。

大して公知のペンネームというわけでもありません。が、1回目の中小企業診断士試験の失敗以降、あれこれと思い悩む中、「“輝かしい名としようする執着”はかえって醜い。そろそろ、この名を名乗る覚悟をしよう」と決意。鮎滝の名を使うことにしました。

ちなみに、旧ブロガー名は「スクナビコナ」。
日本神話に出てくる知恵の神様の名前です。恐れ多い名前ですが、ブログをする気構えとして、使っておりました。

スポンサー広告
↓あなたもブログ始めるなら↓ 無料blog

↓アフィリエイト始めるなら↓ アフィリエイト・SEO対策

↓英会話を始めるなら↓ 英会話スクールWILL Square

↓アクセスアップなら↓
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログランキング参加中
応援してやってくださいm( _ _ )m
↓ワンクリックお願いします↓


ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 ニュースブログへ

にほんブログ村 本ブログへ

にほんブログ村 漫画ブログへ

にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ

にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ

本を買う
↓楽天ブックスを使う↓

---------------------------
↓アマゾンで商品検索↓

---------------------------
↓ベストセラー本のご紹介↓
カテゴリー
最近の記事
ブログ内検索
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。