中小企業診断士をめざしつつ、日々のニュースやおススメ本など話題を提供。「突然スピーチを頼まれた」「ちょっと小生意気な話」など話のネタにしてください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

高速無料化「半数が反対」、民主支持層にも異論 ・・・「特急料金」「赤字国債大国」という認識

高速無料化「半数が反対」、民主支持層にも異論
(時事通信 10/17付より)
時事通信社が17日まとめた世論調査によると、民主党が衆院選マニフェスト(政権公約)に掲げた主要政策のうち、賛成が最も多かったのは「公務員の天下り根絶」の73.0%。反対が最も多数を占めたのは「高速道路の無料化」の50.3%だった。

同調査は9~12日に全国の成人男女2000人を対象に個別面接方式で実施。九つの政策の中から、「賛成」、「反対」の政策を自由に挙げてもらう方法で行った。回収率は67.4%。

それによると、「天下り根絶」に次いで賛成が多数だったのが「子ども手当創設」(44.4%)で、「ガソリン税などの暫定税率廃止」(43.1%)、「温室効果ガスの25%削減」(40.0%)が続いた。
反対の政策では、「高速無料化」のほか、「八ツ場ダム、川辺川ダム建設中止」(24.6%)や「子ども手当創設」(21.1%)を挙げた人が多かった。

それぞれの政策を支持政党別にみると、「天下り根絶」は民主党支持の80.1%、自民党支持の67.2%がそれぞれ賛成するなど、支持政党にかかわらず高い評価を受けている。
一方、「高速道路無料化」については社民党支持の66.7%、民主党支持の50.0%が反対だった。同党支持の中で次に反対が多かったのが「子ども手当」の18.4%だったことをみても、高速無料化の不評ぶりが浮き彫りになった形だ。


陸運業の方には切実でしょうが・・・
高速道路料金については、ヤマト運輸や佐川急便などの陸運業の方には切実に感じられる問題でしょう。

が、冷静に自分たちの一週間や1カ月間の行動を思い返してみると、高速道路を使う機会ってあまりないんですよね? 東京都など首都圏であれば首都高速を頻繁に使われる方もおられるでしょう。が、たいていは一般道で済ませる、と言うよりも目的地が一般道で行った方が便利ということの方が多いわけです。
また、阪神地域はJR・私鉄など、名古屋は地下鉄で十分に移動できるところもあります。

そういった「自分たちの日常生活」を思い返すと、たとえ高速道路が「いずれ無料になると言われてきた道路」であったとしても、いまの有料自動車道という状況への拒絶反応はどうしても少なくなります。勤務先と自宅を往復する多くの人々にとって、高速道路は圧倒的に利用回数の少ないインフラです。

もちろん、TVやインターネット通販、工場で使う資材の運搬、生鮮食料品の輸送などで高速道路の恩恵を受けています。受けているのですが、自分が料金所でお金を払ったり、ETCの引き落とし明細を見ないため、恩恵の実感がわきにくいわけです。

「特急料金」「赤字国債大国」という認識
さて、新幹線や特急列車に乗ろうとすると、通常の乗車券のほかに「特急券」というのを買うことになります。さらに快適性を求めて座席指定をしようとすると、「指定席券」がいります。
こうした料金体系は、航空機のエコノミー、ビジネス、ファーストクラスのほか、旅客船、ホテルなどでも見られる一般的なものです。

「より快適に」「より速く」とサービスを追加すれば、それだけ追加料金を支払うことになるわけです。
これを受益者負担と言ったりしますが、「私たちの日常生活」ではこれが当たり前のこと。この見方で高速道路を、「一般道路よりも高速で走ることが出来る、より付加価値の高い道路」と捉えると、高速道路料金は「追加料金」と見ることが出来ます。

ここへ「860兆円という国債を抱えた国・日本」という認識を加えると、「高速道路の無料化はいらない」という声が上がってくるわけです。日本人のバランス感覚は大したものです。

追 記:
47都道府県の日本ですが、そこには97施設の空港が整備され、さらにもう1施設が開港を控えています。しかし一方で、宮崎県の東国原知事が訴えておられるように、宮崎県と鳥取県は通って欲しいところに高速道路がありません。

宮崎県として欲しいのは、鹿児島県と大分県を海岸沿いに走る高速道路で「九州環状線」を作ること。鳥取県が欲しいのは、県庁が建つ鳥取市を通る高速道路なのです。どんなインフラにも有効利用するためには、それに即した立地というものがあります。

かつて故・田中角栄元首相が『日本列島改造論』(1972年)というものを出して反響を呼びました、
同書では、日本列島を高速交通網(高速道路、新幹線)で結び、地方の工業化を促進し、人口の過疎と過密や、公害の問題を同時に解決。さらに国土のうち、北部を工業地帯に、南部を農業地帯にすべきであるという角栄氏の持論を展開しています。

角栄氏が陥った“金権政治”は問題ですが、「日本列島を、どうやって稼げる国へまとめあげるか?」というビジョンと一貫性を思うと、「いまの日本の姿は、角栄氏が思い描いたものとは異なるだろうなぁ」と感じざるを得ません。

日本国内だけで98施設もある空港。高速道路に新幹線、リニア新幹線、高速フェリー・・・
民主党は、日本国内における「人と物の高速移動」に関して、どのような青写真を描いているのでしょうか?
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
アクセスカウンター
プロフィール

鮎滝 渉

Author:鮎滝 渉
千秋真一に23%似ているらしいブロガーです。
実家である愛知県に戻ってきました。
ほぼ日刊で更新中。日々の巡回サイトに加えてやってください。
-------------------------
ブロガー名を、「鮎滝 渉」へ改めました。
私が自分に付けた最初のペンネーム。そして、「一角の者になるまでは使うまい」と思ってた名でもあります。

大して公知のペンネームというわけでもありません。が、1回目の中小企業診断士試験の失敗以降、あれこれと思い悩む中、「“輝かしい名としようする執着”はかえって醜い。そろそろ、この名を名乗る覚悟をしよう」と決意。鮎滝の名を使うことにしました。

ちなみに、旧ブロガー名は「スクナビコナ」。
日本神話に出てくる知恵の神様の名前です。恐れ多い名前ですが、ブログをする気構えとして、使っておりました。

スポンサー広告
↓あなたもブログ始めるなら↓ 無料blog

↓アフィリエイト始めるなら↓ アフィリエイト・SEO対策

↓英会話を始めるなら↓ 英会話スクールWILL Square

↓アクセスアップなら↓
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログランキング参加中
応援してやってくださいm( _ _ )m
↓ワンクリックお願いします↓


ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 ニュースブログへ

にほんブログ村 本ブログへ

にほんブログ村 漫画ブログへ

にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ

にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ

本を買う
↓楽天ブックスを使う↓

---------------------------
↓アマゾンで商品検索↓

---------------------------
↓ベストセラー本のご紹介↓
カテゴリー
最近の記事
ブログ内検索
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。