中小企業診断士をめざしつつ、日々のニュースやおススメ本など話題を提供。「突然スピーチを頼まれた」「ちょっと小生意気な話」など話のネタにしてください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小沢氏立腹で「事業仕分けチーム」全面見直しへ ・・・悪い意味での小沢さんらしさが出てしまっている

小沢氏立腹で「事業仕分けチーム」全面見直しへ
(読売新聞 10/27付)

平野官房長官は26日、国会内で民主党の小沢幹事長と会談し、政府の行政刷新会議が設置した「事業仕分けチーム」の人選を全面的に見直す方針で一致した。

政府が党に断りなくチームのメンバーを決めたことに、小沢氏が立腹、仕切り直しとなったものだ。「内閣一元化」を掲げる鳩山政権だが、実際には政権運営の主導権は党が握る「党高官低」の構図が浮き彫りとなった。

平野長官は26日夕の記者会見で、小沢氏との会談について「謝りました。政府として私の窓口機能、あるいは担当大臣との連携が不十分だったことについて、『申し訳ありません』と素直に」と述べ、仕分けチームの件で小沢氏に謝ったことを明かした。

仕分けチームは、予算を削る対象の担当省庁ごとに3チームに分かれ、当初のメンバーで23日に聞き取り作業に着手したが、2チーム分の作業が終わったところで党側が異議を唱え、中断された。

小沢氏が機嫌を損ねたのは、党を預かる立場の小沢氏の了承を得ないまま、仕分けチームが民主党議員32人を含めて発足し、しかも衆院当選1回の新人が14人も入ったことだ。

小沢氏は26日の記者会見で「僕だって(議員を)40年やって、分厚い予算書を見て、何がいいとか悪いとか簡単に判断できない。プロセスも党が知らない間に進んだ」と行政刷新会議側への不満を隠さなかった。仕分けチームの仕事によって、小沢氏が新人議員に求めた、再選を目指した選挙区での活動重視の姿勢が崩れかねないとの思いも、不満の背景にあったようだ。

政府側には、2010年度予算の概算要求が麻生政権でまとめたものをやり直ししたことで遅れたため、「早急に要求を点検し、削減しないと、12月の予算編成に間に合わない」という焦りもあり、「仕分けチームを早く軌道に乗せたい」と、党への根回しが遅れた。

仕分けチームの統括役を務める枝野幸男・元政調会長と仙谷行政刷新相がともに、小沢氏の政治手法に批判的だったことから、「小沢氏は仙谷氏らの邪魔をしたかったのではないか」といった憶測も呼んでいる。

一方、今回の仕分けチームの人選を巡るゴタゴタは民主党内で小沢氏への権力集中が進んでいることを印象づけた。行政刷新会議側に根回し不足の「非」があるにせよ、小沢氏の不満で人事がただちに白紙に戻された格好だからだ。「小沢氏に面と向かって反論できる議員は党内にいない」ともささやかれている。

鳩山首相も26日夜、東京都内のホテルで開かれた民主党新人議員懇親会で「ぜひ、日夜、小沢幹事長の指導の下で励んでいただきたい。今日はそのことだけお願いに来た」とあいさつ、小沢氏に対する気遣いを見せた。

・・・悪い意味での小沢さんらしさが出てしまっている
またまた「壊し屋・小沢」の二つ名が浮かんでくるような、この事態。

「経験不足の新人たちで、『成果が出ませんでした』では困る」という思いと、「政府と与党の一元化を図りつつも、行政府と政党とのケジメは付けなければならない」といったお考えからのことだと推察します。が、悪い意味での小沢さんらしさが出てしまっているように思います。

「仙石大臣。事業仕分け人の人員は足りてますか? 私の方でなら、もう少しベテラン議員の都合をつられると思いますが?」
と、もっと暗に党幹事長・小沢一郎へも話を通すように示す言い方もあったでしょう。新人議員だって、今後、当選を2回、3回と重ねられる政治家へと育成するには、重要な場数を踏ませることは重要なわけで、新人だから一律にダメという基準も大雑把すぎるように思います。

政治家・小沢一郎の大きさについて、もう少し気を配った振る舞いをされてもよいのではないでしょうか? 民主党政治の目玉である「行政刷新会議を成功させたい」ということでは、仙石大臣も小沢幹事長も同じ思いですよね?

スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
アクセスカウンター
プロフィール

鮎滝 渉

Author:鮎滝 渉
千秋真一に23%似ているらしいブロガーです。
実家である愛知県に戻ってきました。
ほぼ日刊で更新中。日々の巡回サイトに加えてやってください。
-------------------------
ブロガー名を、「鮎滝 渉」へ改めました。
私が自分に付けた最初のペンネーム。そして、「一角の者になるまでは使うまい」と思ってた名でもあります。

大して公知のペンネームというわけでもありません。が、1回目の中小企業診断士試験の失敗以降、あれこれと思い悩む中、「“輝かしい名としようする執着”はかえって醜い。そろそろ、この名を名乗る覚悟をしよう」と決意。鮎滝の名を使うことにしました。

ちなみに、旧ブロガー名は「スクナビコナ」。
日本神話に出てくる知恵の神様の名前です。恐れ多い名前ですが、ブログをする気構えとして、使っておりました。

スポンサー広告
↓あなたもブログ始めるなら↓ 無料blog

↓アフィリエイト始めるなら↓ アフィリエイト・SEO対策

↓英会話を始めるなら↓ 英会話スクールWILL Square

↓アクセスアップなら↓
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログランキング参加中
応援してやってくださいm( _ _ )m
↓ワンクリックお願いします↓


ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 ニュースブログへ

にほんブログ村 本ブログへ

にほんブログ村 漫画ブログへ

にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ

にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ

本を買う
↓楽天ブックスを使う↓

---------------------------
↓アマゾンで商品検索↓

---------------------------
↓ベストセラー本のご紹介↓
カテゴリー
最近の記事
ブログ内検索
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。