中小企業診断士をめざしつつ、日々のニュースやおススメ本など話題を提供。「突然スピーチを頼まれた」「ちょっと小生意気な話」など話のネタにしてください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アフガン貢献で初の閣僚協議、給油活動の代替策模索 ・・・「言葉によって立った者は、言葉によって折る」

アフガン貢献で初の閣僚協議、給油活動の代替策模索
(読売新聞 10/31付)

平野官房長官、岡田外相、北沢防衛相、藤井財務相は30日夕、アフガニスタン貢献策について首相官邸で会談した。

鳩山政権が来年1月の撤収を表明している海上自衛隊のインド洋給油活動の代替策を模索するためで、関係閣僚による協議は初めて。民生分野の支援策のほか、自衛隊の活用などが取り上げられたが結論は出ず、来週再協議することになった。

協議は、11月12日に初来日するオバマ米大統領との会談で、鳩山首相が具体的な代替策を提示することを念頭に行われた。中井国家公安委員長も出席し、外務、防衛両省の案がそれぞれ検討された。

外務省案は、民生分野の支援策として、経済的困窮などで旧支配勢力タリバンに加わった穏健派の元兵士について、職業訓練を通じて社会復帰を図るプログラムなどが柱。治安の抜本改善に向けた国軍への財政支援なども挙げられた。

警察支援については、すでに実施している資金提供の期間延長を検討している。日本政府は今春、アフガン警察官8万人の給与の半年分にあたる約1億2500万ドル(約111億円)を拠出した。

一方、防衛省は、インド洋で活動中の海自補給艦を海賊対策が行われているアフリカ・ソマリア沖に転用する案や、アフガンの国際治安支援部隊(ISAF)司令部や地方復興チーム(PRT)への要員派遣、アフガン難民向け救援物資のパキスタンへの空輸などを提示した。米国などから自衛隊活用を求められた場合に備えた案だとした。

鳩山首相は30日の参院本会議での代表質問で、「アフガン本土に自衛隊を派遣することは念頭にない」と明言。民生支援が軸となるとの考えを強調した。

・・・タリバン勢力、カルザイ政権との向き合い方は?
信仰に篤くとも、圧倒的多数の人々は銃を手にしなくとも済む日々を望んでいるでしょうし、「銃から鍬へ」という民生支援こそ重要となってきていると思います。

なぜなら、近年の戦争は、主として貧困・失業が要因となっており、その貧しさが「我々の貧しさは、合衆国とそれに連なる悪魔たちのせいだ」という論理のつけいる隙となっているからです。この根本を何とかしない限り、原理主義の皮を被った戦争屋による煽動に踊らされ、銃をとる人々は後を絶たないでしょう。

「だったら、その根本治療だけにあたれば良い」というのが鳩山内閣の考え方なのでしょうけれども、いま銃を手にしている人々のところまで、その「理想郷を語る声」が届くのでしょうか?

「言葉によって立った者は、言葉によって折る」

「イスラム原理主義を唱えるタリバンとは何なのか?」「汚職にまみれたカルザイ政権とは何なのか?」 そうした彼らを奮い立たせた論理を屈服させる答えなしに「民生支援だ」と言っても、その恩恵が行き渡るのは、すでに銃を手にしている人々がすべて戦死した後となるのではないでしょうか? 

銃を鍬に持ち替えさせるには、目の前で銃を手放させて、目の前で鍬を持たせて、慣れるまで一緒に畑を作っていかなければなりません。救える人々の広さは、常に目に見えて手の届く範囲に限られます。しかし言葉なら、千里も万里も、はるか遠くにまで飛んで行けます。

「アフガニスタンの平穏と繁栄を望む日本は、○○に該当する人々のみを支援する」
そうした日本からのメッセージを、アフガニスタン全土へ行き渡るようにすること。“大義論”への決着を、先につけておく必要があるのではないでしょうか?


――――――――――――――――――――――――――
関連記事
韓国がアフガンに再派兵、民間要員の警護で
(読売新聞 10/31付)

韓国外交通商省は30日、アフガニスタンで活動する韓国人民間要員の警護を目的に、アフガンに軍部隊を再派兵すると発表した。

2010年春ごろまでに開始し、200~300人規模になる見通し。韓国のアフガン派兵は、民生・復興支援に02年から当たってきた医療、工兵部隊(計約210人)が、07年12月に完全撤収して以来となる。

韓国政府は、アフガンに派遣中の民間復興支援チームの専門要員を現在の25人から130人以上に増やす方針。再派兵は民間要員の増員に合わせた措置で、同省報道官は「戦闘行為には参加しない」と述べた。

韓国側は、11月中旬に予定されるオバマ米大統領の初訪韓を前に、アフガン問題への積極貢献をアピールしたい狙いもある。

ただ、07年7月には、旧支配勢力タリバンが韓国のキリスト教宣教奉仕団23人を誘拐して韓国軍の撤退を要求、2人を殺害する事件が発生しており、再派兵に慎重な世論も根強い。

民間の増員と警護を目的とした派兵の決定は、戦闘部隊の派遣が困難な状況で考え出された貢献策と言えそうだ。

スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
アクセスカウンター
プロフィール

鮎滝 渉

Author:鮎滝 渉
千秋真一に23%似ているらしいブロガーです。
実家である愛知県に戻ってきました。
ほぼ日刊で更新中。日々の巡回サイトに加えてやってください。
-------------------------
ブロガー名を、「鮎滝 渉」へ改めました。
私が自分に付けた最初のペンネーム。そして、「一角の者になるまでは使うまい」と思ってた名でもあります。

大して公知のペンネームというわけでもありません。が、1回目の中小企業診断士試験の失敗以降、あれこれと思い悩む中、「“輝かしい名としようする執着”はかえって醜い。そろそろ、この名を名乗る覚悟をしよう」と決意。鮎滝の名を使うことにしました。

ちなみに、旧ブロガー名は「スクナビコナ」。
日本神話に出てくる知恵の神様の名前です。恐れ多い名前ですが、ブログをする気構えとして、使っておりました。

スポンサー広告
↓あなたもブログ始めるなら↓ 無料blog

↓アフィリエイト始めるなら↓ アフィリエイト・SEO対策

↓英会話を始めるなら↓ 英会話スクールWILL Square

↓アクセスアップなら↓
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログランキング参加中
応援してやってくださいm( _ _ )m
↓ワンクリックお願いします↓


ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 ニュースブログへ

にほんブログ村 本ブログへ

にほんブログ村 漫画ブログへ

にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ

にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ

本を買う
↓楽天ブックスを使う↓

---------------------------
↓アマゾンで商品検索↓

---------------------------
↓ベストセラー本のご紹介↓
カテゴリー
最近の記事
ブログ内検索
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。