中小企業診断士をめざしつつ、日々のニュースやおススメ本など話題を提供。「突然スピーチを頼まれた」「ちょっと小生意気な話」など話のネタにしてください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

事業仕分け候補選定、保育所、雇用支援、新エネルギー補助など ・・・ターゲットは「目新しい事業」?

事業仕分け候補選定、保育所、雇用支援、新エネルギー補助など
(毎日・読売新聞 11/3付より)

政府の行政刷新会議(議長・鳩山由紀夫首相)が行政の無駄を洗い出すために実施する「事業仕分け」の対象候補の一部が2日、明らかになりました。

概算要求が大幅に膨らんだ厚生労働省の所管では、市町村に保育費の半額を交付する保育所運営費負担金(3621億円)、レセプトオンライン導入のための機器整備(212億円)、雇用・能力開発機構や高齢・障害者雇用支援機構への運営費交付金など。

経済産業省の所管では、原子力発電所を抱える地方自治体などに交付される電源立地地域対策交付金(約1000億円)や、石油危機などの緊急時に備える国家備蓄石油管理委託費。外務省では、政府開発援助(ODA)予算や国際機関への拠出金、国際会議の開催経費などが挙げられました。

さらに医師の人件費や医療費の国庫負担など、制度改正を要する医療分野の事項も対象候補とするか検討しますが、「政治判断が必要だ」として仙谷行政刷新相に政府内の調整を委ねるとしました。

事業仕分けは、対象事業を200にまで絞り、今月11~13日、16、17日の5日間実施。その後、24~27日に第2弾を実施する予定。3チームは4日までに対象事業を固め、週内にも現地調査を始めることにしています。

明らかになった「事業仕分け対象事業リスト」
■厚生労働省
▽医師確保、救急・周産期対策の補助金など(一部モデル事業)
▽健康増進対策費(地域健康づくり推進対策費など)
▽レセプトオンライン導入のための機器の整備
▽国立保健医療科学院の養成訓練及び試験研究に必要な経費
▽仕事と生活の調和推進事業
▽両立支援レベルアップ助成金
▽短時間労働者均衡待遇推進等助成金
▽職業能力形成機会に恵まれなかった者に対する実践的な職業能力開発の実施事業など
▽シルバー人材センター援助事業
▽若年者地域連携事業など
▽労災レセプト電算処理システム
▽個別労働紛争対策の推進
▽高年齢者職業相談室運営費
▽若者自立塾
▽グローバル人材育成支援事業など
▽キャリア交流事業費
▽職業能力習得支援制度実施事業など
▽延長保育事業(次世代育成支援対策交付金)
▽保育所運営費負担金
▽優良児童劇巡回等事業
▽生活保護受給者のうち就労能力がある者の支援対策
▽生活保護費等負担金(医療扶助の不正請求対策)
▽生活保護費等負担金(住宅扶助の不正請求対策)
▽障害者保健福祉推進事業費(障害者自立支援調査研究プロジェクト)
▽国連・障害者の十年記念施設運営委託費
▽介護予防事業
▽老人クラブへの補助事業
▽子ども未来基金など
▽雇用・能力開発機構運営費交付金
▽高齢・障害者雇用支援機構運営費交付金等
▽勤労者退職金共済機構運営費交付金
▽企業年金等普及促進費など

■経済産業省
▽石油備蓄(国家備蓄石油管理委託費等)
▽石油・天然ガス等流通合理化
▽省・新エネルギー導入促進のための補助(事業者向け、太陽光発電や風力発電設備等の新エネルギーの導入補助、高効率工業炉の導入補助等)
▽省・新エネルギー導入促進のための補助(消費者向け、住宅用太陽光発電設備の導入補助、高効率給湯器の導入補助等)
▽電源立地地域対策交付金
▽研究開発(100%国費のもの)
▽モデル事業(国際エネルギー消費効率化等モデル事業など)
▽コンテンツ、生活関連産業、サービス産業等に対するイベント支援(コンテンツ産業強化対策支援事業など)
▽独立行政法人交付金(産業技術総合研究所など)

■外務省
▽ODA予算(無償資金協力援助の事業内容等)
▽広報に要する経費
▽招聘事業に要する経費
▽国際交流基金
▽国際機関への任意拠出金
▽JICA(国際協力機構)技術協力(運営費交付金)
▽JICA技術協力(人件費や旅費など)
▽JICA技術協力(国内施設の運営費)
▽日本国際問題研究所(補助金)
▽国内での大型国際会議開催経費(APECなど)

■医療にかかる「制度もの」に該当するもの
▽医師の人件費等に対する国庫負担
▽医療費にかかる国庫負担(レセプト審査の厳格化対策)
▽医療費にかかる国庫負担(入院時の食費・居住費)
▽薬や医療材料に対する国庫負担(後発医薬品使用促進策)
▽協会けんぽに対する国庫負担
▽柔道整復師の療養費に対する国庫負担
▽国保中央会・国保連に対する補助金

■その他重要項目
<厚生労働省>
▽8020運動特別推進事業
▽障害者保健福祉推進事業費(工賃倍増5か年計画支援事業費)
▽介護支援専門員資質向上事業など

<経済産業省>
▽商店街・中心市街地活性化支援
▽中小企業経営支援
▽ものづくり中小企業製品開発等支援補助金

<外務省>
▽在外公館に関する経費等
▽無償資金協力援助等(選定方法等)

・・・仕分けの標的は「目新しい事業」?
仕事と生活の調和推進、シルバー人材センター、若者自立塾、保育所運営費負担金、省・新エネルギー導入促進のための補助、コンテンツ産業強化対策支援、JICA・・・。「目新しい事業」をターゲットに選んだということでしょうか?

確かに「『エコ』や『雇用対策』と付ければ何でも通る」という雰囲気が、前麻生政権の予算編成にはありましたから、切り口としては妥当でしょう。他部署や他省庁と被っている事業などを見直し、これを機に、一本化するなり無くすことでムダを省いていくのは常套だと思います。

しかし、鮎滝としては、「20年、30年間も補助を出しているのに、その存在価値、効果が見えてこない事業」にこそ、スポットを当ててほしかったと思います。

09年度1次補正予算の執行停止に時間を割き過ぎたがために、本予算の事業仕分けを短期決戦にしてしまいました。よって、新規ないし始動間もない事業の妥当性を検証する方が、ムダ削減に有効だという理屈は解ります。

ですが、10月26日の所信表明演説で鳩山首相は、「行政の奥深くまで入り込んだしがらみや既得権益を一掃してまいります」と言われました。行政刷新会議に期待されていたのは、「いつ、誰が、なぜ拠出を決めたかも分からなくなってしまった、古くからある補助金の見直し・削減」だと思うのです。
ちょっと視点がズレてきていませんか?

スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
アクセスカウンター
プロフィール

鮎滝 渉

Author:鮎滝 渉
千秋真一に23%似ているらしいブロガーです。
実家である愛知県に戻ってきました。
ほぼ日刊で更新中。日々の巡回サイトに加えてやってください。
-------------------------
ブロガー名を、「鮎滝 渉」へ改めました。
私が自分に付けた最初のペンネーム。そして、「一角の者になるまでは使うまい」と思ってた名でもあります。

大して公知のペンネームというわけでもありません。が、1回目の中小企業診断士試験の失敗以降、あれこれと思い悩む中、「“輝かしい名としようする執着”はかえって醜い。そろそろ、この名を名乗る覚悟をしよう」と決意。鮎滝の名を使うことにしました。

ちなみに、旧ブロガー名は「スクナビコナ」。
日本神話に出てくる知恵の神様の名前です。恐れ多い名前ですが、ブログをする気構えとして、使っておりました。

スポンサー広告
↓あなたもブログ始めるなら↓ 無料blog

↓アフィリエイト始めるなら↓ アフィリエイト・SEO対策

↓英会話を始めるなら↓ 英会話スクールWILL Square

↓アクセスアップなら↓
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログランキング参加中
応援してやってくださいm( _ _ )m
↓ワンクリックお願いします↓


ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 ニュースブログへ

にほんブログ村 本ブログへ

にほんブログ村 漫画ブログへ

にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ

にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ

本を買う
↓楽天ブックスを使う↓

---------------------------
↓アマゾンで商品検索↓

---------------------------
↓ベストセラー本のご紹介↓
カテゴリー
最近の記事
ブログ内検索
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。