中小企業診断士をめざしつつ、日々のニュースやおススメ本など話題を提供。「突然スピーチを頼まれた」「ちょっと小生意気な話」など話のネタにしてください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

北方4島への人道支援廃止、東シナ海ガス田開発問題先送り ・・・日本の領土・領海をポイポイ捨てるな!

北方4島への人道支援廃止・・・政府、来年度以降
(読売新聞 11/7付)

北方4島へ医療用具などを送る人道支援物資の輸送事業について、政府が来年度以降の廃止を決めたことが6日明らかになった。

ロシア政府は今年8月、物資の受け取りを正式に拒否しており、廃止について外務省は「無理に押しつけるのは本来の姿ではない」と説明している。

鳩山首相、ガス田問題「急がば回れ」 中国、先送りと認識
(産経新聞 11/1付)

鳩山由紀夫首相が10月10日、北京で行われた中国の温家宝首相との会談で、日中が共同開発で合意している東シナ海の「白樺(しらかば)(中国名・春暁(しゅんぎょう))」ガス田について、条約締結交渉などの日中協議の先送りを容認したととられる発言をしていたことが31日、政府筋の話で分かった。

鳩山首相は、ガス田問題に関し、「お互い協力して採掘することで東シナ海を『友好の海』にしていきたい。(昨年6月の)日中合意に基づいてしっかり対処していこう」と主張した。

また、中国側が日本が資本参加するはずの「白樺」で住居棟などの建設を進め、単独開発の再開ともとれる動きを見せていることに懸念を表明し、共同開発の細部を詰める早期の日中協議再開を促した。

これに対し、温首相は東シナ海を「友好の海」とする考え方には一定の同意を示したものの、「(合意は日本への譲歩だと反発する)国民的な感情の問題もある。『急がば回れ』という言葉もある」と日中協議の先送りを示唆した。しかし、鳩山首相はこれに「その通りです。まさに『急がば回れ』です」と応じた。

政府筋によると、首相は中国による「白樺」の海上構築物の建設をやめるよう「急がば回れ」と述べたつもりだった。だが、首相の意図とは裏腹に、中国側は首相が問題解決の先送りに同意したと受け止めて喜び、首相も中国側に誤解を与える発言だったことに気付かなかったという。

ガス田開発をめぐって日中両国は昨年6月、中国側が境界線として認めていない日中中間線を事実上の基準に据えることで合意。天然ガス田「翌檜(あすなろ)」付近海域で対等条件で共同開発を実施することなどを確認している。

日本の領土・領海をポイポイ捨てるな!
国家の領域は、「国家の主権(統治権)が及ぶ空間的領域のことを指し、領土、その周りの水域(領水、海の場合は領海)及びそれらの上空(領空)から構成。これらを合わせて広義の領土」と定義されます。

国家にとって、その領域は、国家・国民を支える礎であり富の源泉です。だからこそ、軍隊を投入した戦争となろうとも必死になって守るわけです。
諸外国の国境警備隊は、「ここを突破されたら、家族はどうなる。自分の孫、そのまた孫たちはどうなる」という危機感を骨の髄まで叩き込まれ、隣国との関係が十年、数十年と良好で、その警備体制が形式的で仰々しく見えようとも、黙々と国境警備任務を全うできるよう訓練されます。この裏返しだから、EUの試みは壮大な実験であるわけです。

四方が海になっている島国・日本では、幸か不幸か「国境警備隊の展開」というものが目に見えない状態にあります。まさか、排他的経済水域に長大な浮遊柵を敷設、海路を幾つかの水門へ集中させて入出国管理をするわけにもいきません。

従って日本における国境警備は、海上保安庁の領海警備と海上自衛隊の哨戒任務、レーダー探知による航空自衛隊のスクランブル発進となり、一般国民の目の届かないところで完結しています。航空自衛隊の戦闘機がスクランブル発進した回数が、創設から55年間で2万回を超えていることなど、ほとんどの日本人は知らずに済んでいます。

その分、日本国外交の前線に立つ政治家は、日本の領土・領海・領空問題に鋭敏でなければ務まりません。

にもかかわらず、国際法に照らせば日本の領土と出来るはずの千島列島のうち、南の4島(=北方領土。択捉島、国後島、色丹島、歯舞群島)と細々と続いていた“交流を断つ”という政治判断。同じく国際法に照らせば埋蔵されているすべての天然ガスを日本所有の資源と出来るはずの東シナ海ガス田について、その所有を“曖昧化したまま放置”する神経。

鳩山内閣には、「後世で、売国奴と呼ばれても文句を言えないこと」をやらかしているという認識は、ないのでしょうか?

――――――――――――――――――――――――――
関連記事
◆北方4島への「出入国カード」問題、日露で玉虫色決着 ―千島列島とその歴史―(09/05/03)
◆高村・甘利両氏の管理者としての福田氏の失策(2) 東シナ海ガス田の利用を完全放棄(08/07/01)
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
アクセスカウンター
プロフィール

鮎滝 渉

Author:鮎滝 渉
千秋真一に23%似ているらしいブロガーです。
実家である愛知県に戻ってきました。
ほぼ日刊で更新中。日々の巡回サイトに加えてやってください。
-------------------------
ブロガー名を、「鮎滝 渉」へ改めました。
私が自分に付けた最初のペンネーム。そして、「一角の者になるまでは使うまい」と思ってた名でもあります。

大して公知のペンネームというわけでもありません。が、1回目の中小企業診断士試験の失敗以降、あれこれと思い悩む中、「“輝かしい名としようする執着”はかえって醜い。そろそろ、この名を名乗る覚悟をしよう」と決意。鮎滝の名を使うことにしました。

ちなみに、旧ブロガー名は「スクナビコナ」。
日本神話に出てくる知恵の神様の名前です。恐れ多い名前ですが、ブログをする気構えとして、使っておりました。

スポンサー広告
↓あなたもブログ始めるなら↓ 無料blog

↓アフィリエイト始めるなら↓ アフィリエイト・SEO対策

↓英会話を始めるなら↓ 英会話スクールWILL Square

↓アクセスアップなら↓
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログランキング参加中
応援してやってくださいm( _ _ )m
↓ワンクリックお願いします↓


ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 ニュースブログへ

にほんブログ村 本ブログへ

にほんブログ村 漫画ブログへ

にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ

にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ

本を買う
↓楽天ブックスを使う↓

---------------------------
↓アマゾンで商品検索↓

---------------------------
↓ベストセラー本のご紹介↓
カテゴリー
最近の記事
ブログ内検索
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。