中小企業診断士をめざしつつ、日々のニュースやおススメ本など話題を提供。「突然スピーチを頼まれた」「ちょっと小生意気な話」など話のネタにしてください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

事業仕分け、診療報酬・思いやり予算など「聖域なく」447事業 全マスコミ公開の「査定法廷」

事業仕分け、診療報酬・思いやり予算など「聖域なく」447事業
(産経・読売・朝日新聞 11/9・10付より)

平成22年度予算の概算要求の無駄を削る政府の行政刷新会議(議長・鳩山由紀夫首相)に提出される「事業仕分け」の対象が447の事業・組織に上ることが9日、分かった。同日夕に首相官邸で開かれる刷新会議で承認される見込み。

焦点となっていた在日米軍の駐留経費負担(思いやり予算)の扱いについては、基地従業員の給与に充てる経費に関する「駐留軍等労働者の給与水準」として取り上げる。また、基地周辺対策として概算要求された特定防衛施設周辺整備調整交付金、住宅防音に関する予算も対象とした。

総務省関連では「地方交付税交付金」、厚労省では「診療報酬の配分」「薬価」、文科省では「全国学力・学習状況調査」、経済産業省では「住宅への太陽光発電パネル設置補助金」、農水省では「食料安定供給特別会計」「農山漁村振興基金」、外務省では「政府開発援助(ODA)」などが対象となった。
また独立行政法人では「国際協力機構(JICA)」(外務省所管)、「子ども未来財団」(厚労省所管)、「国立女性教育会館」(文科省所管)がリストアップされた。

薬価を対象事業とするのは、価格の安い後発医薬品(ジェネリック医薬品)の利用を促進し、医療費の抑制につなげるのが狙い。診療報酬では入院時の食費や居住費を取り上げる。

仕分け作業は11~13、16、17、24~27日の計9日間、独立行政法人・国立印刷局市ケ谷センター(東京都新宿区)の体育館で開く。民間有識者など56人を含む計80人の「仕分け人」が3班に分かれ、事業の担当官僚と質疑を行い、対象項目ごとに「廃止」や地方への移管など見直しの方向性を判断する。
報道陣に全面公開されるほか、ネットでも中継される。

行政刷新会議 運営マニュアル、まるで“法廷”
(産経新聞 11/3付)

平成22年度予算の概算要求の無駄を洗い出す行政刷新会議(議長・鳩山由紀夫首相)のワーキンググループ(WG)の「事業仕分け」の運営マニュアルが2日、明らかになった。事業官庁の官僚はさながら“被告人”となり、財務省主計局が“検察官”として事業を査定、国会議員と民間の「仕分け人」が“判事・陪審員”として「要」「不要」の裁きを下す。省庁にとって恐怖の「査定法廷」は11日にもスタートする。(比護義則)

刷新会議の内部資料によると、「事業仕分け」の会場は公開され、1事業あたり1時間かけて議論し、結論を出す。

対象となった事業を管轄する省庁の担当職員は7分間の「事業説明」で該当事業の有用性をアピール。続いて財務省主計局幹部が「査定説明」(5分間)を行う。そもそも「仕分け」の対象事業の選定は財務省主導で行われており、財務省側は事業の不急性などを挙げ、大幅削減を求める公算が大きい。

ここで仕分け人が事業官庁の担当職員らに40分間の質疑を行い、事業評価シートに要不要を記載する「評決」(3分間)を実施。取りまとめ役が評決結果をその場で公表する。

このような形式の事業仕分けは刷新会議事務局長の加藤秀樹氏が代表を務める政策シンクタンク「構想日本」がかねて提唱し、京都府など約40自治体がすでに実施している。
仙谷由人行政刷新相はこの手法を使い、95兆円に上る22年度予算の概算要求から3兆円を削る構えだ。

民主党のいう「政治主導」の見せ所
小沢幹事長による「鶴の一声」で急遽新人議員を外すなど、初動でゴタゴタした行政刷新会議。しかしその分、政治家側の人選は厳選されたものと信じています。

公開での討議は1事業あたり1時間とのことですが、ワーキンググループに選ばれた議員たちは現地視察をするなど既に始動済み。きっちり成果を出していただけることを期待します。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
アクセスカウンター
プロフィール

鮎滝 渉

Author:鮎滝 渉
千秋真一に23%似ているらしいブロガーです。
実家である愛知県に戻ってきました。
ほぼ日刊で更新中。日々の巡回サイトに加えてやってください。
-------------------------
ブロガー名を、「鮎滝 渉」へ改めました。
私が自分に付けた最初のペンネーム。そして、「一角の者になるまでは使うまい」と思ってた名でもあります。

大して公知のペンネームというわけでもありません。が、1回目の中小企業診断士試験の失敗以降、あれこれと思い悩む中、「“輝かしい名としようする執着”はかえって醜い。そろそろ、この名を名乗る覚悟をしよう」と決意。鮎滝の名を使うことにしました。

ちなみに、旧ブロガー名は「スクナビコナ」。
日本神話に出てくる知恵の神様の名前です。恐れ多い名前ですが、ブログをする気構えとして、使っておりました。

スポンサー広告
↓あなたもブログ始めるなら↓ 無料blog

↓アフィリエイト始めるなら↓ アフィリエイト・SEO対策

↓英会話を始めるなら↓ 英会話スクールWILL Square

↓アクセスアップなら↓
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログランキング参加中
応援してやってくださいm( _ _ )m
↓ワンクリックお願いします↓


ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 ニュースブログへ

にほんブログ村 本ブログへ

にほんブログ村 漫画ブログへ

にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ

にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ

本を買う
↓楽天ブックスを使う↓

---------------------------
↓アマゾンで商品検索↓

---------------------------
↓ベストセラー本のご紹介↓
カテゴリー
最近の記事
ブログ内検索
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。