中小企業診断士をめざしつつ、日々のニュースやおススメ本など話題を提供。「突然スピーチを頼まれた」「ちょっと小生意気な話」など話のネタにしてください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

事業仕分け中継に多数アクセス、新鮮との感想も ・・・「小泉劇場以上におもしろい政治」の始まり

事業仕分け中継に多数アクセス、ネットに「新鮮」の感想も
(共同通信 11/11付)

政府の行政刷新会議(議長・鳩山首相)が11日、2010年度予算概算要求の無駄を洗い出す「事業仕分け」に着手した。行政刷新会議の「事業仕分け」は公開の場での議論が原則で、会場の一般公開だけでなくインターネットでも中継された。初日の11日は会議のホームページにアクセスが集中したようで、一時的につながりにくい状況も生じた。

仕分けの様子は各作業グループごとに、カメラ1台を会場隅に固定して撮影。遠くから会議テーブル全体を写したため、仕分け人と各省担当者の表情など細かい動きは分かりにくかったが、質疑応答の緊迫した雰囲気は伝わった。

ネット掲示板には、「新鮮」「国会の委員会もこういう激しさでやればいい」などの書き込みも。一方で「こんな短い時間で事業の必要性が決められるのか」などの感想が書き込まれていた。

事業仕分け初日で方向が示された事項
▽厚生労働省所管
・診療報酬(概算要求額9兆3612億円)の配分について、開業医と勤務医の収入格差の平準化や収入の高い診療科の報酬引き下げなどが必要として「見直し」
・薬価に関しても、後発(ジェネリック)医薬品のある先発医薬品の価格を引き下げるなどの「見直し」
・診療報酬明細書を審査機関にオンラインで送れるようにするための機器整備補助(215億円)は「10年度予算への計上見送り」
・国民の食生活改善を後押しする「健康増進対策費」(1億8600万円)は自治体や民間で同様の施策が実施されているとして「廃止」

▽文部科学省所管
・独立行政法人・日本芸術文化振興会の文化振興事業は「予算削減」
・芸術家の国際交流事業は「予算削減」
・国立女性教育会館は「予算削減」
・教員センターと青少年機構は「地方か民間へ委託」
・コミュニケーション教育拠点形成など3事業は「国が行う必要はない」と結論

▽国土交通省所管
・下水道事業(概算要求額5188億円)を、「地方に財源を移し、自治体が下水道整備の必要性を判断する環境を整えるべき」として「地方へ移管」
・道路整備事業(直轄、補助合わせ同1兆2332億円)に関し、事業を行うかどうかの判断基準になる事業評価の在り方への疑問やコスト削減を求める意見が相次ぎ「見直し」
・中断していた公共事業を年度途中で再開する場合に備える国土・景観形成事業推進調整費(200億円)を「廃止」

▽農林水産省所管
・都道府県の農道整備を国が補助する事業(同168億円)を「廃止」
・里山エリア再生交付金(同84億円)を「廃止」
・田園整備事業(同6億円)を「廃止」。
・農村部の下水処理を補助する農業集落排水事業(54億円)は「地方移管」
・農業用水を確保する灌漑排水事業(1774億円)は新工法の採用などによる「予算削減」

時間は短いものの、予算委員会より“実”がある
共同通信の報道をソースに整理しただけでも、国交省と農水省において、下水道事業と道路事業、景観事業で重複がありそうな気配がします。

「農村部の下水処理を補助する農業集落排水事業」など、国交省との縄張り争いの跡にしか見えません。灌漑で水を引いてくるからその排水も自分たちでと言う理屈なのでしょうが、八ツ場ダムや木曽川導水路のレベルになったら国交省で、山間の農村なら農水省という住み分けから想像していくと、「配水管の境界線で、修理の負担を押し付け合うコント」が浮かんできます。

「農道整備を国が補助する事業」も同じ光景が浮かびますし、「里山エリア再生交付金」も国交省の都市計画とぶつからないはずがありません。

こういった省庁横断的事業は、例えば、「農水省が農産物生産・農家育成計画に基づいて必要な農地面積を割り出して、その農地を確保した土地区画整備を国交省へ発注。国交省は、農水省からの注文を加味した土地利用計画を立案して執行。農水省は、発注者として注文が通っているか審査する」といった形を採れば、農水省での計上は企画経費のみ、国交省での計上は計画変更分の企画経費と事業執行費となり、少なくとも事業執行の重複は避けられるはずです。

そうした経費節減を自発的に省庁がやらない以上は、総論に終始する予算委員会よりも行政刷新会議の方が、ずっと“実”があると思います。

公開論議で分かった予算の正体
そもそも「名称と意義が一致しない」と感じさせられた費目が、国交省の『国土・景観形成事業推進調整費』。

景観形成というぐらいですから、鮎滝は勝手に「観光資源の保全か?」と思っていました。宮崎駿監督が『崖の上のポニョ』の構想を練った場所と明かし、埋め立て・架橋事業に反対する住民らが勝訴した「鞆の浦“景観”訴訟」と結びつけていたのです。さらに、「国交省の外局で、閑古鳥の鳴いている観光庁の数少ない財源なら残すべしだろう」とも。

ところが、よくよく調べてみると「国立医療センター入口交差点の交通混雑を解消するため、4車線拡幅」「佐世保市南部の慢性的な交通混雑の緩和及び西九州自動車道へのアクセス向上を図るため整備」「都城市街地部の交通渋滞の解消、九州縦貫自動車道都城ICへのアクセス性の向上」という国土交通省九州地方整備局の資料がヒット。要は、公共工事の予備費だったわけです。

確かに、交通渋滞の緩和は立派な『国土形成』です。しかし、そこへ『景観形成』と付け足す思考には、「何にでも使える予算を、他人から意見されずに確保しようとする悪意」を感じます。

3兆円に届かなくとも、政治家がダメといった事実が重要
食育の推進なんて、今さら国がやらなくても、お母さんたちは忙しい中でとっくに実践しています。
国が予算計上するなら、「すべての小中学生の学校給食費を、国が全額負担する」という大計画を提示しなければ、国で行う意味が出てきません。この間合いを解らずに予算を上げることこそ、官僚が「官僚的思考」「省益重視」と批判される所以であり、バッサリ切れるのが政治家の政治家たる所以です。

「目標とする3兆円削減には届かない」という懸念が上がっているようですが、その数値目標に届かければ行政刷新会議が即無意味となるわけではないと思います。政治家が、公然の場で「ダメ」と言った事実こそが重要です。

明日の新聞各紙には、本日の結果一覧が掲載されるでしょう。そしてその一覧表が、今度の通常国会で鳩山政権が提出する「政府予算案」について、有権者が検証する際の拠り所となるわけです。
こうした「有権者―政治家―官僚」の間に出来上がる緊張感こそ、「小泉劇場以上におもしろい政治」の始まりではないでしょうか?


◆行政刷新会議ワーキンググループ日程・ライブ中継サイト
◆行政刷新会議HP
↑もうちょっとデザインにお金をかけてくれないと、何だか偽物みたい・・・

――――――――――――――――――――――――――
関連記事
「無駄遣い」2364億円 過去最高、“埋蔵金”4割
(共同通信 11/11付)

会計検査院は11日、官庁や政府出資法人などの08年度の決算検査報告を鳩山由紀夫首相に提出した。不適切な経理処理は717件あり、指摘総額は計約2364億5千万円。前年度(約1253億6千万円)の倍に近く、過去最高額。

大幅増の要因は、“霞が関の埋蔵金”と呼ばれる特別会計の余剰資金のように、「有効活用されていない」として指摘総額の4割を超える巨額の基金を明示したこと。随意契約の見直しを迫り、自治体の不正経理の実態解明を進めた。

経産省所管の「中小企業金融安定化特別基金」や、農水省と林野庁所管の7事業の基金について、それぞれ約391億円、約353億円を“埋蔵金”と認め返還などを求めた。204億円余を委託先業者に預けて運用させ、その利益で事業費を賄っていたジェトロに対しても、余剰資金と判断。

国交、農水両省の不正経理問題では、26府県と2政令指定都市、政令市以外の13市を調査。約32億円の不正を指摘。資源エネルギー庁などの出先機関でも不正経理が見つかった。

総額のうち法令などに違反する「不当事項」とされたのは約123億3千万円。これまでの指摘後も返還されていない債権などは約131億円。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
アクセスカウンター
プロフィール

鮎滝 渉

Author:鮎滝 渉
千秋真一に23%似ているらしいブロガーです。
実家である愛知県に戻ってきました。
ほぼ日刊で更新中。日々の巡回サイトに加えてやってください。
-------------------------
ブロガー名を、「鮎滝 渉」へ改めました。
私が自分に付けた最初のペンネーム。そして、「一角の者になるまでは使うまい」と思ってた名でもあります。

大して公知のペンネームというわけでもありません。が、1回目の中小企業診断士試験の失敗以降、あれこれと思い悩む中、「“輝かしい名としようする執着”はかえって醜い。そろそろ、この名を名乗る覚悟をしよう」と決意。鮎滝の名を使うことにしました。

ちなみに、旧ブロガー名は「スクナビコナ」。
日本神話に出てくる知恵の神様の名前です。恐れ多い名前ですが、ブログをする気構えとして、使っておりました。

スポンサー広告
↓あなたもブログ始めるなら↓ 無料blog

↓アフィリエイト始めるなら↓ アフィリエイト・SEO対策

↓英会話を始めるなら↓ 英会話スクールWILL Square

↓アクセスアップなら↓
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログランキング参加中
応援してやってくださいm( _ _ )m
↓ワンクリックお願いします↓


ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 ニュースブログへ

にほんブログ村 本ブログへ

にほんブログ村 漫画ブログへ

にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ

にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ

本を買う
↓楽天ブックスを使う↓

---------------------------
↓アマゾンで商品検索↓

---------------------------
↓ベストセラー本のご紹介↓
カテゴリー
最近の記事
ブログ内検索
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。