中小企業診断士をめざしつつ、日々のニュースやおススメ本など話題を提供。「突然スピーチを頼まれた」「ちょっと小生意気な話」など話のネタにしてください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

公立学校、年間・400校のペースで廃校 その一方で深刻化する授業崩壊「小1プロブレム」

公立学校の廃校5千超える 92年度以降、少子化が直撃 
(共同通信 11/14付)

公立の小・中・高校のうち廃校となった学校が、文部科学省が調査を始めた1992年度から昨年度までに、5259校に達したことが14日分かった。最近は年400校を超えるペースで少子化が直撃した形。同省は廃校の転用を進めるが、自治体の財政負担も重く使い道が決まらないケースも多い。コミュニティーの中心だった学校の再活用は大きな課題だ。

文科省によると2000年度以降、廃校の増加ペースが速まり、04年度は579校と最高を記録。08年度は449校が廃校になり、1992年度からの累計で5千校を突破。全国で小学校3485、中学校1048、高校726が廃校となった。

都道府県別では、北海道の584校が最多で、次いで東京336校、新潟260校の順となっている。過疎地域だけでなく、高齢化が進むベッドタウンなどを抱える大都市でも増加が目立っている。市町村合併に伴う統廃合も進んでいる。

廃校を他の用途に利用する動きは一部で進みつつある。美術館(栃木県那珂川町)や自然学校(三重県大台町)のように文化施設へ再利用しているほか、地ビール工場(北海道ニセコ町)やドジョウ養殖(鳥取県日南町)の例もある。

年間・400校というペースは急過ぎる・・・ 
廃校となった学校施設の有効活用も必要ですが、それよりも、まず廃校にならないよう少子化を止めるのが急務です。

高度経済成長期以降、ベッドタウンとして増えた「ニュータウン」「新興住宅地」が、世代交代に不向きな構造を持っていることなど少子化のみに起因しているわけではないでしょう。
ニュータウンの多くは、「子どもが産まれたことをきっかけに一戸建て住宅を」という子育て世代が、分譲された土地へ新居を建てて入居。その子どもが成長すると、たいていは大学入学とともに家を出てしまい、進学先で就職先を決定。子育てを終えた両親だけが家に残るということになります。

高校からの就職が一般的であれば、子どもの就職先も地元企業が中心で、多くの子どもは実家に残ったかもしれません。しかし今日のレベルまで大学進学率が上がると、大学進学時点で地元を離れるケースの方が多く、ニュータウンは「一代限り」という傾向を持ちます。

しかしそれでも、年間・400校というペースは急過ぎます。
世代の高齢化に合わせてデイケアセンターに変えていくというのも、選択肢の一つだと思います。が、かつてのニュータウンへ新しい子育て世代が入ってこられるようにするなど、「子育て世代の誘致活動」の工夫も必要ではないでしょうか? その誘致活動は、直接的・間接的な子育て支援となってくるでしょうし、少子化対策との一石二鳥となると考えます。

「小1プロブレム」授業崩壊対策の人員は浮いてこないのか?
ただ、この尋常でないスピードで進む廃校とつながらないのが、「小1プロブレム」対策。
「小1プロブレム」とは、45分なら45分という授業の間、イスに座り続けることができず、好き勝手に歩き回ったり、教師に授業と関係のないことを話しかけてきたり、教室を出て行ってしまったりして授業が成立しない授業崩壊の一つ。

緩いルールがあるものの、基本的に子どもたちの要求を保母さんたちがいなしながら、子どもの都合が通る保育園。
それに対して小学校は、定められた計画が優先されます。文部科学省が定めた指導要領を参考に各教師が授業計画を作っており、幾らか遅れることがあったとしても、少なくとも小学校1年生の教科書については一通り教え切らなければなりません。
「小1プロブレム」は、この学校と保育園のギャップに要因があると見られます。

この授業崩壊をコントロールするには、子どもの「自分に関心を寄せて欲しい」という欲求をある程度で満たすよう、教室へ配置する教員を増やし、複数教員で連携しながら授業を行う『チーム・ティーチング』が有効であることは分かっています。
急速に廃校が進んでいるのなら、廃校先にいた教員は他へ移せるということであり、授業崩壊対策のための副担任に充てられるのではないかと思われるわけです。

――――――――――――――――――――――――――
関連記事
授業崩壊「小1プロブレム」 都教委が教職課程調査
(産経新聞 11/13付)

小学校に入学したての児童が担任教諭の指示に従わなかったり、勝手に教室を出ていくなどの「小1プロブレム(問題)」が深刻化する中、現在の大学の教職課程が教員育成に実効性があるかを調べるため、東京都教育委員会が全国の国公私立大学の教職課程の独自調査に乗り出すことが12日、分かった。都教委の調査では、公立小の4校に1校で小1プロブレムが発生していることも同日判明。都教委は近く検討会を立ち上げ、官学連携で優秀な教員輩出への対策を講じる。

小1プロブレムは、新入生が集団生活になじめず、教室で騒いだり席を立って歩き回るなどして授業が成立しない状況を指す。幼稚園や保育園からの生活の急変や、家庭などのしつけの不足が原因とされる。

都教委では、小1プロブレムに加え、通常の学習・生活指導にも対処できない教員が増えていると分析。大学の教職課程が授業の進め方だけでなく、「人間力」や「指導力」の形成を含めた教職員の育成にふさわしいカリキュラムかどうかを見極めるとしている。

昨年度、教職課程を持つ大学は国立77大学、公立46大学、私立459大学で、教員免許取得者数は22万2768人(大学院含む)。都教委では可能な限り、各大学の教職カリキュラムを比較検討して授業の視察を行い、各大学に「都の望む教員像を提示する」(幹部)としている。

また、都教委が平成19年から、都内の教職大学院と一緒に作成している共通カリキュラムも、各大学の授業内容に組み込んでもらうよう提案。「教育現場で必要な心構えや行動力を身につけてもらえれば」との狙いもあるという。

都教委が独自調査に乗り出す背景には、都内全公立小の校長のうち約24%が小1プロブレムの「経験がある」と回答した調査結果がある。1年にわたって収束しないケースも目立った。

問題が発生したクラスの担任教諭は「採用30年以上」が約24%で最多。次いで「20年以上30年未満」が約22%と、ベテラン教員ほど対処できないことも明らかになった。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
アクセスカウンター
プロフィール

鮎滝 渉

Author:鮎滝 渉
千秋真一に23%似ているらしいブロガーです。
実家である愛知県に戻ってきました。
ほぼ日刊で更新中。日々の巡回サイトに加えてやってください。
-------------------------
ブロガー名を、「鮎滝 渉」へ改めました。
私が自分に付けた最初のペンネーム。そして、「一角の者になるまでは使うまい」と思ってた名でもあります。

大して公知のペンネームというわけでもありません。が、1回目の中小企業診断士試験の失敗以降、あれこれと思い悩む中、「“輝かしい名としようする執着”はかえって醜い。そろそろ、この名を名乗る覚悟をしよう」と決意。鮎滝の名を使うことにしました。

ちなみに、旧ブロガー名は「スクナビコナ」。
日本神話に出てくる知恵の神様の名前です。恐れ多い名前ですが、ブログをする気構えとして、使っておりました。

スポンサー広告
↓あなたもブログ始めるなら↓ 無料blog

↓アフィリエイト始めるなら↓ アフィリエイト・SEO対策

↓英会話を始めるなら↓ 英会話スクールWILL Square

↓アクセスアップなら↓
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログランキング参加中
応援してやってくださいm( _ _ )m
↓ワンクリックお願いします↓


ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 ニュースブログへ

にほんブログ村 本ブログへ

にほんブログ村 漫画ブログへ

にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ

にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ

本を買う
↓楽天ブックスを使う↓

---------------------------
↓アマゾンで商品検索↓

---------------------------
↓ベストセラー本のご紹介↓
カテゴリー
最近の記事
ブログ内検索
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。