中小企業診断士をめざしつつ、日々のニュースやおススメ本など話題を提供。「突然スピーチを頼まれた」「ちょっと小生意気な話」など話のネタにしてください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「アニメの殿堂」ハコモノ中止でも発信を、文化庁 ・・・年予算は2億円で済むそうです

「アニメの殿堂」ハコモノ中止でも発信を…文化庁
(読売新聞 11/20付)

「無駄遣いの象徴」「ハコモノ行政の典型」と批判を浴び、民主党政権がいち早く建設中止を決めた『アニメの殿堂(国立メディア芸術総合センター)』について、文化庁は、16の研究機関などの機能を結集し、作品展示や収集、調査を手分けする「共同事業体」構想を代替案として打ち出した。

EU(欧州連合)のメディア総合施設とも連携する計画で、117億円だった予算は年2億円規模になる。

↑別窓で大きい画像が開きます


漫画通を自任する川端文科相は、アニメーションなどメディア芸術の重要性は認めており、廃止決定後は情報発信などの方法が問題になっていた。

計画によると、共同事業体は、アニメ、マンガ、映画、ゲーム、メディアアート の5分野で実績がある大学、企業など16からなり、うち三つはオーストリアなどEUのメディアアート先進国の研究・展示機関。

このうち、『京都国際マンガミュージアム』などで作品の展示を、東京・秋葉原の民間施設『東京アニメセンター』などが「情報発信」を、東京大、東京芸大などが研究を分担する。

建物の新たな建設はしないが、これらの機能を調整したり、共同事業を発案したりする「拠点」を都内で借りる。施設の賃貸料や運営費などは年間2500万円で済みそうだという。

文化庁の有識者会議が今年8月まとめた基本計画は、
〈1〉作品の収集や保存、修復
〈2〉展示
〈3〉最先端の動向の調査研究
〈4〉人材育成
――など六つの機能を備えた拠点が必要としていた。当初は東京・台場などでの新施設建設を計画したが、衆院選の前から「ハコモノ」と非難されるようになった。

同会議では、漫画家の里中満智子さんが「古いマンガの劣化はひどく、きちんと保存しなければ100年後は読めなくなる」などと訴えたが、政権交代後早々に中止になった経緯がある。

代替案について文化庁の担当者は「新施設はできなくても、既存施設との連携で世界に誇る日本文化を発信したい」と話している。

日本アニメーター・演出協会代表の芦田豊雄さん(65)は「アニメ文化を育てるのに、ピカピカの施設はいらない。ハコモノをやめ国内外の施設がうまく連携してもらえるならありがたい」と評価した上で、「ただ、現場の人間にとっては、お金をかけずに制作や打ち合わせに使える拠点はほしい。学校の空き教室や空き団地の一角を開放してもらえれば、クリエイター同士の交流の場にもなるので、ぜひ代替案に加えてもらいたい」と話している。

※メディアアート・・・コンピューターグラフィックス(CG)など、先端技術を用いた現代美術。観客が作品に触れると反応があったり、作品を操作できたりするのが特徴。

民主党案では、年予算・2億円で済むそうです
『国立メディア芸術総合センター』で計上されていた予算は、年・117億円。
構想自体は安倍内閣時代に持ち上がっていた案件でした。が、09年度補正予算に潜り込まされたことから、「アニメ好きの麻生首相きもいりの『アニメの殿堂』『国立マンガ喫茶』だ!」と民主党に叩かれ、政権交代とともに建設は中止されました。

そして今回の民主党による代替案。まだ頭が固いと思うものの、「既存施設の“連携”で、年予算・2億円でも文化発信はできる」提案は評価してよいでしょう。

コンテンツは、予算に依るところもありますが、アイデアを出し合って形にしていくパートナーの有無の方がずっと重要です。日本のマンガがトキワ荘から始まったように、ハリー・ポッターがカフェで書かれた小説であるように、吉本興業が東京本社施設を廃校となった『新宿区立四谷第五小学校』で良しとしているように、仰々しい“ハコモノ”とは縁遠いところにあります。

民主党案では、年予算・2億円で済むそうです
鮎滝も、「コミケと闘うでもなく、ロックの殿堂をめざす気概があるわけでもない」そのコンセプトから、『国立メディア芸術総合センター』は不要だと考えていました。

コンテンツ産業を支えるために国がやれることは、コンテンツの流通量に合わせて増える海賊版の取り締まりなどでしょう。タダ乗りを縮小していくことで、コンテンツ市場は本来の市場規模へと拡げられ、その分だけ収益性の高い産業となります。

里中氏の「古いマンガの劣化はひどく、きちんと保存しなければ100年後は読めなくなる」というのは、正論のようにも聞こえます。
しかし、古い作品の保存と修復は、聖俗に関係なく日本で出版された全ての刊行物を保管・保存している『国立国会図書館』が考えればよいことであり、それが同図書館の存在意義です。アニメの殿堂を加わえることは事業重複です。

また、良い作品・おもしろい作品は、各出版社が自発的に重版を重ねるはずです。読者の復刻の声を集める「復刊ドットコム」などもあるわけで、初版の持つ歴史的価値は難しいですが、「面白いコンテンツを残す」ということならほぼ市場へ任せられます。面白さが理解されにくいものの歴史的価値の高い作品は、市場の手に余りますが、そこは先述した『国立国会図書館』で担えばよいでしょう。


――――――――――――――――――――――――――
関連記事
◆アニメの殿堂、安部内閣で決定なのに補正予算案件? 実態は、ロックの殿堂に及ばない単なるハコ(09/06/02)
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
アクセスカウンター
プロフィール

鮎滝 渉

Author:鮎滝 渉
千秋真一に23%似ているらしいブロガーです。
実家である愛知県に戻ってきました。
ほぼ日刊で更新中。日々の巡回サイトに加えてやってください。
-------------------------
ブロガー名を、「鮎滝 渉」へ改めました。
私が自分に付けた最初のペンネーム。そして、「一角の者になるまでは使うまい」と思ってた名でもあります。

大して公知のペンネームというわけでもありません。が、1回目の中小企業診断士試験の失敗以降、あれこれと思い悩む中、「“輝かしい名としようする執着”はかえって醜い。そろそろ、この名を名乗る覚悟をしよう」と決意。鮎滝の名を使うことにしました。

ちなみに、旧ブロガー名は「スクナビコナ」。
日本神話に出てくる知恵の神様の名前です。恐れ多い名前ですが、ブログをする気構えとして、使っておりました。

スポンサー広告
↓あなたもブログ始めるなら↓ 無料blog

↓アフィリエイト始めるなら↓ アフィリエイト・SEO対策

↓英会話を始めるなら↓ 英会話スクールWILL Square

↓アクセスアップなら↓
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログランキング参加中
応援してやってくださいm( _ _ )m
↓ワンクリックお願いします↓


ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 ニュースブログへ

にほんブログ村 本ブログへ

にほんブログ村 漫画ブログへ

にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ

にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ

本を買う
↓楽天ブックスを使う↓

---------------------------
↓アマゾンで商品検索↓

---------------------------
↓ベストセラー本のご紹介↓
カテゴリー
最近の記事
ブログ内検索
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。