中小企業診断士をめざしつつ、日々のニュースやおススメ本など話題を提供。「突然スピーチを頼まれた」「ちょっと小生意気な話」など話のネタにしてください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

機密費支出2億5千万円、政権交代直前に突出 ・・・業務上横領罪ではなのか?

機密費支出2億5千万円、政権交代直前に突出
(読売新聞 11/21付)

歴代内閣が使途を明らかにしていない官房機密費 について、平野官房長官は20日、2004年度以降の国庫からの月別支出額を公表した。

毎年度4月に2億円が支出され、その後は月1億円程度が支出されていたが、今年は衆院選2日後の9月1日、当時の麻生内閣の官房長官だった河村建夫・衆院議員が2億5000万円を請求して支出を受けていた。政権交代が決まった直後、なぜ突出した額の機密費を引き出したのか、議論を呼ぶものとみられる。

平野官房長官は、情報公開法で保存が義務付けられている過去5年分の記録のうち、月別支出額は過去の開示請求でも開示しているとして、歴代内閣で初めて公表した。

08年度までの5年間、小泉、安倍、福田内閣の歴代官房長官は毎年4月に、2回に分けて計2億円を請求して支出を受けている以外、5月から翌年2月まで月1回、ほぼ1億円ずつ支出を受けていた。3月は請求がなく、年間の支出額は約11億9500万円~約12億3000万円だった。

今年度も麻生内閣では、4月から8月までは例年通りの支出だったが、8月30日の衆院選で民主党が圧勝した2日後、河村前官房長官から2億5000万円の請求があり、全額が支出されていた。これについて、河村前長官は20日夜、「政権にある立場ではないので、特に述べることはない。内容、詳細、使途については非開示を原則としている」と語り、衆院選の費用を補填(ほてん)したのではとの質問には「それも非開示だ」と答えた。

一方、平野長官はこの日の記者会見で、河村前長官から官房機密費に関する引き継ぎを受けた後、金庫の中には現金が全く残っていなかったとした上で、「前政権の官房長官が必要に応じて支出された。国民目線からおかしいと言っても、私の立場でコメントするのは差し控えたい」と話した。使途の公開の是非などについては今後1年間かけて検証する考えを改めて示した。

※官房機密費・・・正式名称は内閣官房報償費。
支出に関する法律上の規定はなく、歴代内閣は政府答弁で「国の事務や事業を円滑に遂行するため、機動的に使用する経費」と説明してきた。使途の公表や領収書を提出する義務はない。外務省の機密費流用事件をきっかけに、02年度予算で前年を10%下回る14億6165万円に減額されて以来、毎年度同額を計上。官房長官に一任されている金額は12億3021万円で、残りは内閣情報調査室の費用に充てられる。 

2001年の「外務省機密費流用事件」
2001年に発覚した「外務省機密費流用事件」。

松尾克俊受刑囚(元要人外国訪問支援室長)は、1990年代後半から7億円もの外交機密費を私的に横領したとされ、外務省は「業務上横領罪」で警視庁へ告発。警視庁は立件可能とみた5億円超について「詐欺罪」にて逮捕・起訴し、2002年3月に東京地裁で懲役7年6カ月の実刑判決が確定しました。
松尾受刑囚は、使途を問われないことをいいことに「外交機密費」を詐取。競走馬14頭、サンデーサイレンスの種付け権、ゴルフ会員権、外務省幹部のゴルフコンペ、高級マンションの購入、女性との遊興費に浪費していました。この事件をきっかけに「機密費の透明化論議」が高まります。

松尾受刑囚の事件後、水谷周元デンバー総領事や荒川吉彦元ケニア公使の公金を流用、小林祐武・外務省経済局課長補佐らがサミットのハイヤー代2200万円を水増し請求してだまし取ったりする外務省不祥事が相次いで発覚。しかし、これらも氷山の一角といわれています。

・・・業務上横領罪ではなのか?
内閣官房機密費には、支出に関する法律上の規定はありません。が、内閣官房機密費の目的は、これまでの国会答弁により「国の事務や事業を円滑に遂行するため、機動的に使用する経費」とされています。

つまり政権交代直前、河村建夫前官房長官が請求した2億5000万円が、国の事務や事業に関わりのないことへ使われたのなら、実態として業務横領罪は成立すると考えられます。
内閣官房機密費のうち、12億3021万円の支出は内閣官房長官に一任されていますが、その一任とは「国庫の管理」と考えるべきもの。年度末に残高があれば、当然に国庫へ返納されるお金です。

また内閣官房機密費は、「“国の”事務や事業を円滑に遂行するため」にあるものですから、自由民主党のために使えるものでもありません。
自由民主党つまり“政党”は、共通の政治的目的を持つ者によって組織される団体。組織の歴史的経緯や規模の大きさ、社会での役割から強く公的側面を持っていますが、政党はあくまで私的団体です。

公正を期すためにも、事件性がないのか、警視庁が入った方が良いように思います。
内閣官房機密費を警察が糾すのは、内部監査です。前政権が「官房機密費をきちんと“国の事務や事業”へ使ったのかどうか?」「政党で賄われるべき政治資金との混同はなかったのか?」を明らかにし、その妥当性が証明されれば、内閣官房機密費の正当性を強化できます。国民の政治不信を拭うこともでき、長期的視野において公共の利益となるのではないでしょうか?


刑法・第253条(業務上横領)
業務上自己の占有する他人の物を横領した者は、10年以下の懲役に処する。

政党交付金の交付を受ける政党等に対する法人格の付与に関する法律・第1条(目的)
この法律は、議会制民主政治における政党の機能及び社会的責務の重要性にかんがみ、政党が財産を所有し、これを維持運用し、その他その目的達成のための業務を運営することに資するため、政党交付金の交付を受ける政党等に法律上の能力を与え、政党の政治活動の健全な発達の促進を図り、もって民主政治の健全な発達に寄与することを目的とする。

スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
アクセスカウンター
プロフィール

鮎滝 渉

Author:鮎滝 渉
千秋真一に23%似ているらしいブロガーです。
実家である愛知県に戻ってきました。
ほぼ日刊で更新中。日々の巡回サイトに加えてやってください。
-------------------------
ブロガー名を、「鮎滝 渉」へ改めました。
私が自分に付けた最初のペンネーム。そして、「一角の者になるまでは使うまい」と思ってた名でもあります。

大して公知のペンネームというわけでもありません。が、1回目の中小企業診断士試験の失敗以降、あれこれと思い悩む中、「“輝かしい名としようする執着”はかえって醜い。そろそろ、この名を名乗る覚悟をしよう」と決意。鮎滝の名を使うことにしました。

ちなみに、旧ブロガー名は「スクナビコナ」。
日本神話に出てくる知恵の神様の名前です。恐れ多い名前ですが、ブログをする気構えとして、使っておりました。

スポンサー広告
↓あなたもブログ始めるなら↓ 無料blog

↓アフィリエイト始めるなら↓ アフィリエイト・SEO対策

↓英会話を始めるなら↓ 英会話スクールWILL Square

↓アクセスアップなら↓
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログランキング参加中
応援してやってくださいm( _ _ )m
↓ワンクリックお願いします↓


ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 ニュースブログへ

にほんブログ村 本ブログへ

にほんブログ村 漫画ブログへ

にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ

にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ

本を買う
↓楽天ブックスを使う↓

---------------------------
↓アマゾンで商品検索↓

---------------------------
↓ベストセラー本のご紹介↓
カテゴリー
最近の記事
ブログ内検索
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。