中小企業診断士をめざしつつ、日々のニュースやおススメ本など話題を提供。「突然スピーチを頼まれた」「ちょっと小生意気な話」など話のネタにしてください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

市橋容疑者は“断食”2週間経過…医師「そろそろ限界」 ・・・“消えれば終わり”という傲慢

市橋容疑者は“断食”2週間経過…医師「そろそろ限界」
(産経新聞 11/24付)

千葉県市川市のマンションで2007年3月、英国籍の英会話講師リンゼイ・アン・ホーカーさん=当時(22)=の遺体が見つかった事件で、死体遺棄容疑で逮捕された市橋達也容疑者(30)の“断食”が11月24日で2週間を経過する。水や緑茶しか口にしない市橋容疑者に、医師も「そろそろ限界」と危険性を指摘した。

10日に逮捕され、11日に千葉県警行徳署に到着して以降、市橋容疑者は食事を「いらない」と断り、緑茶と水をすする程度で“断食”を継続している。接見した弁護団から「健康維持しないと弁護士との接見も難しくなる」などとアドバイスされたものの、うなずく程度の反応という。

警察嘱託医も務める医師の話では、絶食して4~5日経過すると、思考能力が低下、その後も水(通常はさ湯)やお茶ばかり飲んでいると、体内の電解質、ミネラルバランスが崩れ、顔がむくんで腎不全、肝不全、心不全などを引き起こす「水中毒症」を起こす可能性も出てくるという。

同容疑者は16日に栄養剤を注射され、その後気分が悪くなったが、その点に関して、医師は「静脈注射で栄養分を急に送り込んだため、気分が悪くなったのではないか。どちらにしても、もうフラフラの状態になっているはずだ」と推測した。

留置場内で体調を崩した被疑者に注射を打つ場合、腰縄と手錠をかけた状態にし、多い時で5、6人の警察官が取り囲んで行われるという。時間がかかり、直径5~6ミリのチューブを利用する点滴は、チューブを使った自殺の可能性があり、なるべく避けるという。

医師は「(医務施設がある)拘置所に早く連れて行ければいいが、事実関係に関する供述も取れず、調書も作成できないようでは難しい」と顔を曇らせた。

23日、市橋容疑者と接見した弁護士は、報道陣の問いかけに無言を通した。死体遺棄容疑について「いずれ話します」と弁護団に伝えたとされる市橋容疑者だが、体調面での“危険ゾーン”突入は間違いない。

市橋容疑者がやっているのは、断食ではなく絶食
日本語において「断食」と表現される状態が多様であるため、まずはそこを整理します。

断食とは「一定期間食事を意図的に絶つ禁欲行為」であり、鮎滝のブログでは特に、宗教上の修行・儀式の一つという狭義の意味で扱います。イメージとして思い浮かべて欲しいのは、イスラム教徒がラマダーンのときに行う断食で、開祖や指導者の苦難を追体験するために行うものと限定します。

宗教的・精神的に、己を、より高みへ引き上げるための手段に用いるものを「断食」と呼び、それ以外は「絶食」として区別します。
したがって、世間へ何らかの主張を訴えるために行う「ハンガー・ストライキ」も、断食ではなく、絶食と捉えます。減量を目的とするものは、言うまでもなく絶食です。

市橋容疑者は、禁欲を課しているわけではない
なぜ「断食」と「絶食」の区別にこだわったかというと、市橋容疑者の行動を説明するには、同容疑者の行動の由来が、禁欲なのか、抗議なのか、もっと他の何か別のことなのかを見極める必要を感じるからです。

市橋容疑者の行動を見て、「あの禁欲主義はカッコいい」などと勘違いしている人々もいるようですが、2年7カ月前の行動と照らし合わせれば、同容疑者が崇高なものに裏打ちされていないことは断言できます。

執拗に女性へ食い下がり、殺人か傷害致死かは分からないもののその女性が窒息で亡くなり(←司法解剖において死因は「窒息死」と特定。その他に殴られた跡が残っている)、女性の遺体をベランダに置いた浴槽へ埋めて済ませていた男です。

異性を求める“色欲”をさらけ出し、おそらく“憤怒”、頭に血が上るようなやりとりの後、保身・逃げ切りという“強欲”を重ねた男。今さら「禁欲にかえって事態が収まる」と考えているなら、この男はさらに“傲慢”という4つめの大罪を犯すことになります。

無理に高く見積もって「無言の抗議」と捉えることはできそうですが、そこまで主体的なものかも怪しいところです。
なぜなら、市橋容疑者は大阪南港に着いた時点で、すでに逃走を諦めていたと考えられるからです。同容疑者が沖縄へ向かおうとしていたフェリーは、大阪南港を18時30分に出港する便だったと考えられますが、警察に逮捕されたのは18時45分、フェリーが出た後のことです。

実際、フェリー会社の従業員は、「市橋容疑者と思われる男は、出港時刻になっても待合室から降りてこなかった。様子を見に行ったところ寝ているようだった」と証言しています。自分の逃走計画が破綻したことを自覚し、それ以上の逃走は諦めた男に、ハンガー・ストライキのような積極性が残っているとは考えにくいでしょう。

市橋容疑者は、自分をこの世から消そうとしているだけ
人を殺した、亡くしたという甚大な事態に直面した時。その証拠隠滅は、徹底的に手を尽くすはずです。海や山へ、それもできるだけ発見が遅れるような場所、発見を遅らせることができる場所へ遺体を捨てに行くのが定石です。

しかし、市橋容疑者は、自宅のベランダに置いてある浴槽へ遺体を埋めただけで完結させていました。
ほかの第三者から見れば、目の前から遺体はなくなったかもしれませんが、自分へ容疑がかかる可能性をまったく払拭できていない不可解な行動です。

けれども、こうした犯罪者の行動は、「とりあえず目の前から無くなれば、すべては終わった」と考える人が犯罪に直面した時、しばしば見せる行動として知られているパターンです。
問題事、厄介事が見えなくなれば、手の届かないところへ行ってしまえば、それで自分の心の平穏を保てるというタイプ。将来的に破綻する可能性があろうとも、破綻は一つの可能性に過ぎないから、可能性である内は対処しないでいられる人に見られる傾向です。

以上のような類推をすると、「市橋容疑者は、“自分をこの世から消す”ことで事件を終わらせようとしている」らしいことが見えてきます。

「もう誰からも責められたくないし、死にたいなぁ。でも、いつも警察官が見張っていて自殺はできない。いや、痛そうだし、苦しそうだし自殺も嫌だな。このまま食べることを止めて、ゆっくり消えていこう」
おおよそ、こんなところではないでしょう。

リンゼイさんの死の真相もうやむやにし、結果、自分が背負うべき罪と罰からも背を向けた逃避。礼賛どころか同情すら感じられない醜態と映るのは、鮎滝だけでしょうか?

――――――――――――――――――――――――――
関連記事
市橋容疑者、逮捕後初の食事…昼食に弁当
(読売新聞 11/24 17時56分)
千葉県市川市で2007年、英国人女性リンゼイ・アン・ホーカーさん(当時22歳)の遺体が見つかった事件で、死体遺棄容疑で逮捕された市橋達也容疑者(30)が24日昼に逮捕後初めて食事を取ったことがわかった。

捜査関係者によると、市橋容疑者は同日昼、留置場で出された弁当を完食したという。市橋容疑者は逮捕された10日夜以降、食事に手をつけずお茶を口にするだけだった。行徳署は嘱託医の指示に従い、栄養剤の注射などを行ってきた。

・・・断定は早過ぎたか。
まあ、「崇高な断食」と「強固なハンスト」を否定できたまでで良しとすべきか。

スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
アクセスカウンター
プロフィール

鮎滝 渉

Author:鮎滝 渉
千秋真一に23%似ているらしいブロガーです。
実家である愛知県に戻ってきました。
ほぼ日刊で更新中。日々の巡回サイトに加えてやってください。
-------------------------
ブロガー名を、「鮎滝 渉」へ改めました。
私が自分に付けた最初のペンネーム。そして、「一角の者になるまでは使うまい」と思ってた名でもあります。

大して公知のペンネームというわけでもありません。が、1回目の中小企業診断士試験の失敗以降、あれこれと思い悩む中、「“輝かしい名としようする執着”はかえって醜い。そろそろ、この名を名乗る覚悟をしよう」と決意。鮎滝の名を使うことにしました。

ちなみに、旧ブロガー名は「スクナビコナ」。
日本神話に出てくる知恵の神様の名前です。恐れ多い名前ですが、ブログをする気構えとして、使っておりました。

スポンサー広告
↓あなたもブログ始めるなら↓ 無料blog

↓アフィリエイト始めるなら↓ アフィリエイト・SEO対策

↓英会話を始めるなら↓ 英会話スクールWILL Square

↓アクセスアップなら↓
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログランキング参加中
応援してやってくださいm( _ _ )m
↓ワンクリックお願いします↓


ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 ニュースブログへ

にほんブログ村 本ブログへ

にほんブログ村 漫画ブログへ

にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ

にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ

本を買う
↓楽天ブックスを使う↓

---------------------------
↓アマゾンで商品検索↓

---------------------------
↓ベストセラー本のご紹介↓
カテゴリー
最近の記事
ブログ内検索
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。