中小企業診断士をめざしつつ、日々のニュースやおススメ本など話題を提供。「突然スピーチを頼まれた」「ちょっと小生意気な話」など話のネタにしてください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

14年ぶりの円高水準、1ドル=86円台 ・・・反応薄の藤井、亀井両大臣は大臣たり得ているのか?

14年ぶりの円高水準、1ドル=86円台に突入
(朝日新聞 11/26付)

26日の東京外国為替市場で、円相場が95年7月以来14年ぶりの円高水準になる1ドル=86円台まで急伸した。前日の海外市場でドルが全面安になった流れを受けて円が買われ、投資家がドルの見切り売りをする動きも重なった。午後2時現在は前日午後5時時点と比べ2円00銭円高ドル安の1ドル=86円35~39銭。

円は朝方から87円台前半で取引されていたが、午後に入り急騰。正午過ぎには一時86円50銭近くまで値上がりした。昨秋の金融危機後の円高で、海外市場では今年1月に1ドル=87円10銭まで円高が進んだが、この日はこれを10カ月ぶりに突破した。

米国の低金利政策が長引くとの見方や、米金融当局がドル安を容認しているとの観測からドルが各国通貨に対し売られている。日本政府が為替介入に慎重な姿勢を崩していないことも円買いを進める投資家に安心感を与えているとの見方もある。

藤井裕久財務相は26日午後、記者団に対し、円相場が86円台に突入したことについて「極めて注視している。(米国の)ガイトナー財務長官はドルを強くすることが米国の国益になるといっており、私も支持する」と述べ、ドル売りを牽制した。

だが、市場関係者によると、節目として意識されていた今年1月の87円10銭を突破したことで、損失を確定するためのドル売りが増加しており、さらに円高が進む可能性もあるという。

1ドル=86円台になるのは95年7月以来、約14年ぶりだ。当時は日本の貿易黒字の拡大が問題となり、同年4月には円が戦後最高値の1ドル=79円台をつけている。

輸出依存度の高い日本企業にとって、円高は業績回復の重荷になる。日本銀行がまとめた9月の企業短期経済観測調査では、大企業製造業の今年度下半期の想定レートは、平均で1ドル=94円08銭だった。

反応薄の藤井、亀井両大臣は大臣たり得ているのか?
為替レートの変動要因には、『貿易の決済のための両替』『現地投資のための両替』『より高い利息の獲得』『為替差益の獲得』『資金のリスク低減』があります。為替市場で取引される通貨は複数存在するため一概に言えるわけではありませんが、より「魅力的な国、経済成長が期待できる国の通貨」ほど値打ちは上がります。

例えば、日本の自動車が多く輸出されると、たくさんのドルを手にした日本企業はそのドルを円に替えるため、為替市場で円不足が起きて円高となります。米国企業が日本国内へ支店を出すには、ドルを円に替えて円で土地・建物を買うため、為替市場で円不足が起きて円高となります。
経済成長に自信のある国では、金融機関が高利回りで貸付、借入を行うため、そうした国で預金した方がより高い利息収入を期待できます。例えば、日本と米国で日本の方が利息が高ければ、ドルを円に替えて円で預金されるため、為替市場で円不足が起きて円高となります。

では、「14年ぶりの円高を記録した今の日本が、魅力的なのかどうか?」、この1カ月の日本の株価指数と為替を併せて見てみます(為替推移は、「円高」の語感に合うように天地を逆転させています)。

■日経平均株価

■TOPIX

■円/ドル為替


「円高という状況は、輸出頼みの日本企業にとって不利だから日本株の人気が出ない」と見れば、筋は通ります。しかし、「日本企業の成長は期待し難いから日本株はいらないものの、通貨としての円は魅力的だから買う」ということでもあり、是正が検討されるべき状況です。

特に、いまの日本経済は、日本政府もデフレーションが生じていると認めたばかり。輸出頼みの企業が多い日本において、対米輸出増大を伴わない円/ドル為替での円高は、「企業の営業利益縮小→人件費のカット→消費の冷え込み」というデフレ要因を増やすようなものです。
日本国政府として、金融政策を一貫させるのなら「円安介入」を表明すべきではないでしょうか?

今回の急速な円高は、「圧倒的にドルは弱い」という投資家の判断によるもの。
藤井財務相が、「強いドルが望ましい」とドル売りを牽制するだけでは足りないでしょう。「市場を落ち着かせるための円安介入はあり得る選択肢」など、行動に出る可能性を示唆しなければ反応しないように思われます。

亀井金融相の「急激に円高に移行することは日本経済にマイナスの影響を与える。心配している」というコメントも、為替には影響しないでしょう。
金融担当大臣にとって、中小企業の資金繰り対策などは重要な仕事ですが、国際的な金融市場の協調や規制を行うのも重要な職務。金融相としての職責を全うすべく、藤井財務相や白川日銀総裁と会合を持つなり、いつもの調子で行動に表さないのはどうしてでしょうか?
中小企業を救おうと、金融機関の資金繰りを棚上げする『モラトリアム法案(=返済猶予制度)』にこだわった亀井金融相。中小企業が為替相場のシワ寄せを受けるかもしれない危機では、立ち上がらないのでしょうか?


スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
アクセスカウンター
プロフィール

鮎滝 渉

Author:鮎滝 渉
千秋真一に23%似ているらしいブロガーです。
実家である愛知県に戻ってきました。
ほぼ日刊で更新中。日々の巡回サイトに加えてやってください。
-------------------------
ブロガー名を、「鮎滝 渉」へ改めました。
私が自分に付けた最初のペンネーム。そして、「一角の者になるまでは使うまい」と思ってた名でもあります。

大して公知のペンネームというわけでもありません。が、1回目の中小企業診断士試験の失敗以降、あれこれと思い悩む中、「“輝かしい名としようする執着”はかえって醜い。そろそろ、この名を名乗る覚悟をしよう」と決意。鮎滝の名を使うことにしました。

ちなみに、旧ブロガー名は「スクナビコナ」。
日本神話に出てくる知恵の神様の名前です。恐れ多い名前ですが、ブログをする気構えとして、使っておりました。

スポンサー広告
↓あなたもブログ始めるなら↓ 無料blog

↓アフィリエイト始めるなら↓ アフィリエイト・SEO対策

↓英会話を始めるなら↓ 英会話スクールWILL Square

↓アクセスアップなら↓
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログランキング参加中
応援してやってくださいm( _ _ )m
↓ワンクリックお願いします↓


ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 ニュースブログへ

にほんブログ村 本ブログへ

にほんブログ村 漫画ブログへ

にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ

にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ

本を買う
↓楽天ブックスを使う↓

---------------------------
↓アマゾンで商品検索↓

---------------------------
↓ベストセラー本のご紹介↓
カテゴリー
最近の記事
ブログ内検索
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。