中小企業診断士をめざしつつ、日々のニュースやおススメ本など話題を提供。「突然スピーチを頼まれた」「ちょっと小生意気な話」など話のネタにしてください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

行政刷新会議・09年度事業仕分け 第1ワーキンググループ評価結果一覧

1日目は、国交省と農水省が、幹線と農村ですみ分けてきた公共事業の重複で廃止。農水省が発注者で、国交省が受注・実施者となることもできるわけですから、これは妥当だと思います。

↑別窓で大きい画像が開きます


2日目で大きいのは、(財)民間都市開発推進機構の基金が国庫返納。1986年の設立当初は、首都圏への一極集中の是正と、地方都市の振興を目的としていたようです。が、東京の一人勝ちはより進んでおり、地方都市の中心部で「遊ばせるよりは、駐車場へ」という土地が増えるなど、客観的に見て、職務を全うしているとは思えません。

↑別窓で大きい画像が開きます


3日目で大きいのは、テレコム関係事業の廃止。ITベンチャーへの補助や、IT人材の育成は自己責任に立ち戻るのが妥当とされました。

↑別窓で大きい画像が開きます


4日目。(独)都市再生機構の高齢者向け居住環境整備が、直接の補助金ではなく独立行政法人を通す意味などを問われて計上見送り。地域イントラネット事業は、すでに役割を終えているとして廃止。

↑別窓で大きい画像が開きます


5日目で大きいのは、国際機関への任意拠出金の見直し。東欧の共産主義体制崩壊にともなって欧州復興開発銀行は、EUに任せれば良いでしょう。日本は、アジア開発銀行でこそ、発言力を強める必要があるのですから。
NPO支援として使われるらしい「現場の出番創出モデル調査」事業が廃止。山間地の公民館を旅館として活用するための調査費という事例があったそうですが、こうした意味不明な事業は設立段階で止めて欲しいものです。

↑別窓で大きい画像が開きます


6日目は、地方の公共交通機関への補助が大きく切られました。「民主党は地方分権をうたっているのだから、地方の主体性に任せるべき」との論理なのですが、地方交付税交付金などの財源を伴わせないと、バスしか通せない山間農村の過疎化を煽ることになるでしょう。

↑別窓で大きい画像が開きます


7日目は、環境関係事業が集中。自公政権時代に「“環境”と付ければ何でも通せる」ことがあったため、見直した方が良いでしょう。しかし、内需としても成長できる分野であるため、「低炭素製品では消費税率・ゼロ」とか「太陽光などクリーン・エネルギー設備への補助金」など、環境産業の育成方法を新たに考えることも必要でしょう。
見直し対象となったエコ・ポイント事業は、グリーン家電エコポイントとは別物で、白クマをデザインした「エコ・アクション・ポイント」を集めると色々な商品・サービスと交換できるというもの。

↑別窓で大きい画像が開きます


8日目は、自治体の方が先を行っているなどの理由から、「不動産市場の環境整備」「建設市場整備」が廃止。国交省のモデル事業についても、他省庁のと重複や所管違いを理由に仕切り直しとされました。

↑別窓で大きい画像が開きます


9日目は、財務省電子申請システムが廃止。「e-Japan計画」の一つであった事業ですが、毎年、確定申告は労働会館などを借りて人海戦術でこなしているわけですから当然でしょう。本気でやるなら、納税者番号ないし納税受付番号を付けた申告用紙を使うなど、紙ベースでの情報フロー・システム設計をやらなければ形になるはずがありません。企業におけるIT化と同様です。
なお、(独)造幣局は100円玉など貨幣を造っているところ。(独)国立印刷局は、お札(=日本銀行券)を製造して日本銀行へ納入したり、『官報』など政府刊行物の印刷をしているところ。

↑別窓で大きい画像が開きます


スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
アクセスカウンター
プロフィール

鮎滝 渉

Author:鮎滝 渉
千秋真一に23%似ているらしいブロガーです。
実家である愛知県に戻ってきました。
ほぼ日刊で更新中。日々の巡回サイトに加えてやってください。
-------------------------
ブロガー名を、「鮎滝 渉」へ改めました。
私が自分に付けた最初のペンネーム。そして、「一角の者になるまでは使うまい」と思ってた名でもあります。

大して公知のペンネームというわけでもありません。が、1回目の中小企業診断士試験の失敗以降、あれこれと思い悩む中、「“輝かしい名としようする執着”はかえって醜い。そろそろ、この名を名乗る覚悟をしよう」と決意。鮎滝の名を使うことにしました。

ちなみに、旧ブロガー名は「スクナビコナ」。
日本神話に出てくる知恵の神様の名前です。恐れ多い名前ですが、ブログをする気構えとして、使っておりました。

スポンサー広告
↓あなたもブログ始めるなら↓ 無料blog

↓アフィリエイト始めるなら↓ アフィリエイト・SEO対策

↓英会話を始めるなら↓ 英会話スクールWILL Square

↓アクセスアップなら↓
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログランキング参加中
応援してやってくださいm( _ _ )m
↓ワンクリックお願いします↓


ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 ニュースブログへ

にほんブログ村 本ブログへ

にほんブログ村 漫画ブログへ

にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ

にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ

本を買う
↓楽天ブックスを使う↓

---------------------------
↓アマゾンで商品検索↓

---------------------------
↓ベストセラー本のご紹介↓
カテゴリー
最近の記事
ブログ内検索
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。