中小企業診断士をめざしつつ、日々のニュースやおススメ本など話題を提供。「突然スピーチを頼まれた」「ちょっと小生意気な話」など話のネタにしてください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

天下り団体、車検用紙を利益乗せ流通 最高18倍の額に ・・・利益上乗せが仕事かいっ!

天下り団体、車検用紙を利益乗せ流通 最高18倍の額に
(中日新聞 12/1付)

民間の整備工場で車検を受ける際に必要な用紙をめぐり、用紙を印刷する独立行政法人国立印刷局や、国土交通省OBの天下り先団体が次々に自らの利益を上乗せして流通させていたことが30日、本紙の調査で分かった。整備工場の中には、用紙を最高で元値の18倍で購入していたところもあった。国立印刷局は「民間にもできる事業」とし、この用紙事業から撤退する方向で検討していることを同日、明らかにした。

問題が発覚したのは『保安基準適合証(標章)』と呼ばれる3枚で一組の複写式用紙。整備工場で普通自動車などを検査した後、1枚は運輸支局に車検証を申請するのに使い、残る2枚は車検証が交付されるまでの間、車検証の代用として使える。

国立印刷局は、同局OBの天下り先「全国官報販売協同組合」(全官報)の発注を受けて、1冊(50組)を約700円で納入。整備工場が加盟する社団法人「日本自動車整備振興会連合会」(日整連)は同組合から約900円で購入し、各地に53ある自動車整備振興会に約1100円で売却していた。

車検の7割以上は整備工場で行われているため、適合証は年間に約46万冊(2300万組)も使われている。全官報と日整連はそれぞれ約9200万円の収入を得ていた計算になる。
さらに各振興会から整備工場に売り渡される段階では、価格は各振興会の自由裁量。仕入れ値近くで販売する振興会もあったが、多くは工場の規模別の会費名目などで用紙代に料金を上乗せし、調査した範囲でも最大で1冊約1万2600円で販売されていた。日整連と各振興会にはそれぞれ国交省OBが天下っている。

・・・利益上乗せが仕事かいっ!
独占市場でも、適正価格というものはきちんとあります。

『保安基準適合証』は、自動車の安全性を定期的に検査する車検制度のための用紙。自動車ユーザーが、部品の摩耗などによる事故にあったり、整備不良で他者を巻き込むような大事故を防ぐ公共の安全・利益を実現するためのツールです。自動車ユーザーなら、必ず使わなければならないものです。
その『適合証』に関して、流通の仲介役に過ぎない「自動車整備振興会」が、価格を適当に操作して良いわけがありません。

「自動車整備振興会」が民間整備会社の整備能力を適正水準に保つ仕事をしており、その際に生じる人件費・経費をまかなう収入が必要なら、堂々と会費を徴収すればよい話です。「適合証への利益上乗せ」などという姑息な手段でしか会費を集められないのは、振興会自身の存在価値が疑われているから、民間整備会社から感謝していただける仕事をしていないからです。

『保安基準適合証(標章)』の最終価格を全国一律へ
国立印刷局は「民間にもできる事業」として『保安基準適合証(標章)』の発行事業から撤退するそうですが、この問題は『適合証』という公益性の高いものの流通価格に自由裁量が認められていることではないでしょうか?

車検は「道路運送車両法」で定められた自動車ユーザへの義務。『適合証』はその車検を通したことを証明し、車検証の発行申請と、車検証発行までの代用証明書となっているもの。ならば、運転免許証の発行・更新手数料と同じように、最終価格を定めて良いものだと考えます。

3枚・一組の複写式用紙で1冊700円という現価自体が高い気もしますが、車検の代用証明書となることを考えると偽造防止は必須。それでも同じように偽造防止をかけている住民票は1枚・300円で発行できるわけで、整備工場へ卸す価格で700円をめざして製造するのが一つの目安ではないでしょうか?


スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
アクセスカウンター
プロフィール

鮎滝 渉

Author:鮎滝 渉
千秋真一に23%似ているらしいブロガーです。
実家である愛知県に戻ってきました。
ほぼ日刊で更新中。日々の巡回サイトに加えてやってください。
-------------------------
ブロガー名を、「鮎滝 渉」へ改めました。
私が自分に付けた最初のペンネーム。そして、「一角の者になるまでは使うまい」と思ってた名でもあります。

大して公知のペンネームというわけでもありません。が、1回目の中小企業診断士試験の失敗以降、あれこれと思い悩む中、「“輝かしい名としようする執着”はかえって醜い。そろそろ、この名を名乗る覚悟をしよう」と決意。鮎滝の名を使うことにしました。

ちなみに、旧ブロガー名は「スクナビコナ」。
日本神話に出てくる知恵の神様の名前です。恐れ多い名前ですが、ブログをする気構えとして、使っておりました。

スポンサー広告
↓あなたもブログ始めるなら↓ 無料blog

↓アフィリエイト始めるなら↓ アフィリエイト・SEO対策

↓英会話を始めるなら↓ 英会話スクールWILL Square

↓アクセスアップなら↓
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログランキング参加中
応援してやってくださいm( _ _ )m
↓ワンクリックお願いします↓


ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 ニュースブログへ

にほんブログ村 本ブログへ

にほんブログ村 漫画ブログへ

にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ

にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ

本を買う
↓楽天ブックスを使う↓

---------------------------
↓アマゾンで商品検索↓

---------------------------
↓ベストセラー本のご紹介↓
カテゴリー
最近の記事
ブログ内検索
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。