中小企業診断士をめざしつつ、日々のニュースやおススメ本など話題を提供。「突然スピーチを頼まれた」「ちょっと小生意気な話」など話のネタにしてください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本画の第一人者、平山郁夫氏死去 ・・・「平和なアフガン」をご覧になる前に他界

日本画の第一人者、平山郁夫氏死去 79歳
(朝日新聞 12/2付)

日本画壇の第一人者で、シルクロードを描いた作品で知られ、文化財保存活動にも尽力した文化勲章受章者の平山郁夫さんが、2日午後0時38分、脳梗塞で死去した。79歳だった。

広島県で生まれ、旧制中学3年で被爆した。東京美術学校(現・東京芸術大学)で、日本画家の前田青邨に師事。卒業後母校の助手となり、1953年に日本美術院展に出品して初入選。以後、同展を拠点に発表し、59年発表の「仏教伝来」や61年の「入涅槃幻想」などで評価され、仏教やシルクロードの歴史・風物、各地の文化遺産などを主題にした作風を確立する。

また、法隆寺金堂や高松塚古墳の壁画の模写に従事。中国・敦煌の石窟寺院を守るために、展覧会を開催して得た2億円を寄付するなど、世界の文化遺産の保存・修復活動を展開した。カンボジアのアンコールワットやアフガニスタンのバーミヤン仏教遺跡なども含む広い範囲を対象とし、「文化財赤十字」構想を唱えてライフワークとした。

↑平山郁夫・画「バーミヤン大石仏」

その一方、73年から東京芸大の教授を長らく務めて後進の指導にあたり、89年に同学長に。95年に一度退いたが、2001年に再び選ばれて05年まで学長を務めた。その間、98年の文化勲章や03年度の朝日賞など受章・受賞を重ねた。このほか、所属していた日本美術院の理事長に就いたのをはじめ、日中友好協会会長や日本育英会会長、日本ユネスコ国内委員会会長などの要職を歴任した。

平山郁夫氏が取り組まれバーミヤン石窟の復元事業
西遊記で知られる玄奘三蔵が、仏教のバーミヤンを訪れたのは7世紀。玄奘自身が記した旅の記録『大唐西域記』では、「大仏は美しく装飾されて金色に光り輝き、僧院には数千人の僧が居住していた」と書かれています。

しかしイスラム教圏の伸長で、バーミヤンで築かれていた仏教徒の共同体は消滅していき、石窟は破壊と略奪の対象となりました。

バーミヤン遺跡が再評価されたのは、19~20世紀に行われた西洋人や日本人による調査。
東西の大仏を始め多くの仏教美術が残されていることが分かり、それらがガンダーラ仏教美術の傑作であること、西方文化と東方文化の融合が見られること、中央アジアでは既に失われた仏教文化の遺跡であることで注目が集まります。「バーミヤン渓谷の建造物群」の名により文化遺産へ推薦されたものの、ソビエトのアフガン侵攻、アフガンの反ソ連ゲリラなどで保存が進まず結論は先送りとなりました。

↑爆破前の西大仏

↑爆破前の東大仏

次にバーミヤン遺跡が注目されたのは、2001年3月12日。アフガンで実権を握っていたタリバンが、バーミヤン石窟の2体の大仏を爆破し、石窟に描かれた壁画や仏堂の座像などほとんどの仏教遺産を破壊した時。特に「アッラーフ・アクバル(神は偉大なり)」という言葉とともに配信された西大仏を爆破する様子をおさめた動画は、世界中に衝撃を与えました。
バーミヤン遺跡爆破は、同年2月26日、タリバンの「イスラムの偶像崇拝禁止の規定に反する大仏を破壊する」という宣言に基づくもの。この時にタリバンは、宗派の違いを理由に周辺民家を焼き払い、イスラム教シーア派住民ら1000人以上を虐殺しています。


平山郁夫氏は、タリバンが2月26日に出した宣言を受けて、中国、米国、英国、仏、独、日本の博物館・美術館長らと連名で破壊中止を呼びかけていました。仏教国だけでなくイスラム教、キリスト教国を含む国際社会としての非難となってゆきましたが、タリバンを止めることは出来ませんでした。

いつ「アフガニスタンの平和」をお伝えできるか?
バーミヤンは、比較的早く米国のアフガン侵攻を受けてシーア派のバザラ人が奪還したこともあり、復興が進んでいる地域となっています。現在、同地域にはニュージーランドの平和維持軍が展開中。
しかし、アフガン全土で見ると政情はまだ不安定です。

オバマ米国大統領は、アフガンへの3万人増派と再来年・11年夏からの撤退を表明しました。が、この8年間を振り返ると、アプローチを誤ってる気がしてなりません。

タリバン以前のアフガンは、1989年に旧ソ連を追い出した後、各武装勢力が覇権を争う内乱状態に陥っていました。そこへ強硬武闘路線ながら、イスラム原理主義という新秩序でアフガンを統一したのがタリバンでした。
その後、タリバンはイスラム原理主義という自身の思想を徹底するべく、同じ原理主義のアルカイダと共闘し、穏健派イスラム教国との関係を断つことになるバーミヤン石窟の強行、さらに反米国・西欧戦争へ突入。圧倒的な物量差で勢力を縮小させたものの、米国から後を任されたカルザイ政権が汚職にまみれ、政治的支配力を失っていくにつれ、再びタリバンは勢力を盛り返して今日に至ります。

つまりこの20年間、タリバンは、「アフガニスタンの現状に対する不満の受け皿」を担ってきているわけです。「アフガンの不満=タリバンへの協力」という構図を崩さない限り、タリバン掃討は実現しないでしょう。

アフガンはイランのような政治体制が必要なのでは?
政治的実行力の背景として、アフガニスタン国軍の強化は必要だと思います。しかしそれよりも、政治的不満を平和理に表出することを担保した政治体制こそ、アフガンには必要なのではないでしょうか?

「だからカルザイ大統領は選挙で選んだ」と言いたいでしょうが、アフガニスタンに必要なのは西欧的民主主義とは異なる、イスラム的民主主義となるはずです。なぜなら、イスラム教徒が聖典としている『コーラン(クルアーン)』には、政治・日常生活に関わることも記されている多面的な啓示だからです。

民族構成、宗教構成から考えると、イランのような立憲イスラム共和制に落ち着くという仮説が立てられます。
立法・行政・司法・軍の長で専門家会議が選出する「最高指導者」
イスラム法学者で構成される「監督者評議会」
監督者評議会が承認する立候補者から国民の選挙で選ぶ行政府の長「大統領」
監督者評議会が承認する立候補者から国民の選挙で議員を選ぶ立法府「議会」
監督者評議会が承認する立候補者から国民の選挙で善良で博識と認められる者で構成し、最高指導者の選出・罷免権限を持つ「専門家会議」
議会と監督者評議会のあいだで不一致があった場合の仲裁をおこなう「公益判別会議」

国民の政治的意思だけでなく、宗教や良識についても評議会を持つ多面的な民主主義。イスラムは、大統領や議会だけではどうしても足りなくなるのだと思うのです。

アフガンの民族構成  |イランの民族構成
パシュトゥーン・・・45%|ペルシャ・・・・・51%
タジク・・・・・・・・・・32%|アゼリー・・・・・25%
ハザラ・・・・・・・・・ 12%|クルド・・・・・・・ 7%
ウズベク・・・・・・・・ 9%|そのほか・・・・17%
そのほか・・・・・・・  2%|

アフガンの宗教構成|イランの宗教構成
スンナ派・・・・・85%|シーア派・・・・90%
シーア派・・・・ 14%|スンナ派・・・・  9%
そのほか・・・・  1%|そのほか・・・・ 1%

スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
アクセスカウンター
プロフィール

鮎滝 渉

Author:鮎滝 渉
千秋真一に23%似ているらしいブロガーです。
実家である愛知県に戻ってきました。
ほぼ日刊で更新中。日々の巡回サイトに加えてやってください。
-------------------------
ブロガー名を、「鮎滝 渉」へ改めました。
私が自分に付けた最初のペンネーム。そして、「一角の者になるまでは使うまい」と思ってた名でもあります。

大して公知のペンネームというわけでもありません。が、1回目の中小企業診断士試験の失敗以降、あれこれと思い悩む中、「“輝かしい名としようする執着”はかえって醜い。そろそろ、この名を名乗る覚悟をしよう」と決意。鮎滝の名を使うことにしました。

ちなみに、旧ブロガー名は「スクナビコナ」。
日本神話に出てくる知恵の神様の名前です。恐れ多い名前ですが、ブログをする気構えとして、使っておりました。

スポンサー広告
↓あなたもブログ始めるなら↓ 無料blog

↓アフィリエイト始めるなら↓ アフィリエイト・SEO対策

↓英会話を始めるなら↓ 英会話スクールWILL Square

↓アクセスアップなら↓
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログランキング参加中
応援してやってくださいm( _ _ )m
↓ワンクリックお願いします↓


ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 ニュースブログへ

にほんブログ村 本ブログへ

にほんブログ村 漫画ブログへ

にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ

にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ

本を買う
↓楽天ブックスを使う↓

---------------------------
↓アマゾンで商品検索↓

---------------------------
↓ベストセラー本のご紹介↓
カテゴリー
最近の記事
ブログ内検索
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。