中小企業診断士をめざしつつ、日々のニュースやおススメ本など話題を提供。「突然スピーチを頼まれた」「ちょっと小生意気な話」など話のネタにしてください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

住民税も扶養控除廃止「子1人当たり、年3.3万円負担増」 産んで欲しいのか?働いて欲しいのか?

住民税も扶養控除廃止 子1人当たり、年3.3万円負担増
(東京新聞 12/4付)

政府税制調査会(会長・藤井裕久財務相)は3日、幹部による企画委員会を開き、15歳までの子どもを養う家庭を対象にした一般の扶養控除について、国税の所得税に加え、地方税の住民税も廃止する方針を固めた。住民税の負担増は子ども一人当たり年間3万3千円となる。焦点のたばこ税については、2010年度にも一本当たり2~3円引き上げることで調整している。毎年度、同程度ずつ段階的に上げる方向だ。

所得税の扶養控除は最短で11年1月、住民税については12年1月に廃止する。4日の税調全体会合に諮り正式決定する。たばこ税の引き上げ時期、幅については最終的に決着しておらず、藤井財務相や菅直人国家戦略担当相らによる大臣協議で決めることになりそうだ。

民主党はマニフェストで「子ども手当」の支給に伴い、所得税の扶養控除を廃止する方針は明示していたが、住民税分は残すと明記していた。しかし、企画委は、「住民税だけを残すと税体系が崩れ、実務的にも難しい」といった総務省の主張を受け、廃止の方向で一致した。

住民税の負担が増すと、東京二十三区や名古屋市など大都市圏で、住民税額を基に算出している部分がある国民健康保険料なども値上がりすることになるが、渡辺周総務副大臣は「(そうならないよう)検討している」と述べ、負担増を防ぐ考えを示した。

また、財務省は、16~22歳の子どもらの養育費を支援する「特定扶養控除」も、高校の授業料無償化策に伴って制度縮小を提案していたが、「マニフェスト違反」との批判を受けて10年度も続ける方針を固めた。

また、石油化学製品の原料用「ナフサ(粗製ガソリン)」の免税措置や、中小企業関連の設備投資や研究開発を促す減税措置の継続も決めた。

・・・産んで欲しいのか?働いて欲しいのか?
「結婚後も子供不要」「結婚しなくてもいい」と言っているときに、子どもを産むと負担が大きくなる扶養控除廃止。しかも目玉政策の一つである『子ども手当』の恩恵を吹き飛ばす負担増。鳩山内閣が女性に子どもを産んで欲しいのか、いよいよ分からなくなってきました。

配偶者控除では「専業主婦世帯への狙い撃ち」などの批判を考慮して、来年度も継続という判断。これも鮎滝から見ると夫婦共稼ぎでないとなかなか家計が苦しい現代日本において、家父長制を想定した税制をいつまで続けるのかよく分かりません。新たな雇用創出が先だとは思いますが、配偶者控除というインセンティブを使って、女性は家庭に居るものという家庭モデルを維持しようとすることこそ実情と合っていないのではないでしょうか?

「配偶者控除で、婉曲的に家計が得ようとする所得の上限を定めることは撤廃。家事は、夫、妻、長子で3分の1ずつ負担し、夫も妻も稼げるだけ稼ぐ」というのが、毎年の昇給は期待しにくい現代日本の家庭モデルだと思うのです。

夫も妻も働いていることで、どちらか片方が失業しても家計収入がゼロになるリスクは分散されます。また夫も妻も働いていることで、これまで夫の栄達しかなかった家計増収のチャンスも拡がってきます。当たり前のように全自動洗濯機があり、吸引力の落ちない掃除機があり、ボタン一つで風呂炊きができて、「弁当男子」も現れている中、長子も家事における立派な働き手と考えて良いでしょう。

「子ども手当を出す代わりに扶養控除を廃止」という論法自体は分かり易いとは思います。が、配偶者控除は選挙に差し支えるから恐いというのは、理想を語る政治家の信念ではなく、国会議事堂でしか働けない政治屋の発想です。
1年に1億8000万円ものお小遣いがもらえる恵まれたご家庭からでは、低成長時代という現実を突きつけて、なお理想的と思わせる家庭モデルはやはり描けないのでしょうか?

スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
アクセスカウンター
プロフィール

鮎滝 渉

Author:鮎滝 渉
千秋真一に23%似ているらしいブロガーです。
実家である愛知県に戻ってきました。
ほぼ日刊で更新中。日々の巡回サイトに加えてやってください。
-------------------------
ブロガー名を、「鮎滝 渉」へ改めました。
私が自分に付けた最初のペンネーム。そして、「一角の者になるまでは使うまい」と思ってた名でもあります。

大して公知のペンネームというわけでもありません。が、1回目の中小企業診断士試験の失敗以降、あれこれと思い悩む中、「“輝かしい名としようする執着”はかえって醜い。そろそろ、この名を名乗る覚悟をしよう」と決意。鮎滝の名を使うことにしました。

ちなみに、旧ブロガー名は「スクナビコナ」。
日本神話に出てくる知恵の神様の名前です。恐れ多い名前ですが、ブログをする気構えとして、使っておりました。

スポンサー広告
↓あなたもブログ始めるなら↓ 無料blog

↓アフィリエイト始めるなら↓ アフィリエイト・SEO対策

↓英会話を始めるなら↓ 英会話スクールWILL Square

↓アクセスアップなら↓
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログランキング参加中
応援してやってくださいm( _ _ )m
↓ワンクリックお願いします↓


ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 ニュースブログへ

にほんブログ村 本ブログへ

にほんブログ村 漫画ブログへ

にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ

にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ

本を買う
↓楽天ブックスを使う↓

---------------------------
↓アマゾンで商品検索↓

---------------------------
↓ベストセラー本のご紹介↓
カテゴリー
最近の記事
ブログ内検索
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。