中小企業診断士をめざしつつ、日々のニュースやおススメ本など話題を提供。「突然スピーチを頼まれた」「ちょっと小生意気な話」など話のネタにしてください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

河村名古屋市長、異例のボーナス「ゼロ」 ・・・やっぱり代議士より首長向き

河村市長、異例のボーナス「ゼロ」
(中日新聞 12/10付)

愛知県や名古屋市の職員に10日、冬のボーナスが支給された。不況による税収不足で、公務員のボーナスもカットされたが、年収800万円を掲げる河村たかし市長はボーナスが異例のゼロになった。

河村市長は8月、自ら給与の特例条例を施行。中小企業の60歳の管理職をめどに、月給を50万円、ボーナスを100万円に引き下げた。ただ、就任した4月から7月までに改定前の基準で571万円を支給済み。年収総額を抑えるため、冬のボーナスは支給されない。

記者団から感想を問われた河村市長は「頼むわ、本当に」と嘆いて見せたが、「皆さんから誇りをいただいたと思えば、ありがたいこと」と話していた。

神田真秋知事のボーナスは、前年比99万円余減の286万3130円。県と市職員も同11万円余カットされ、それぞれ91万8498円(45歳)、86万7469円(43歳)。

民間企業でも給与体系の変更は困難
給与体系の変更は広範囲の人たちの生活に影響を及ぼすため、営業成績が直に反映する企業でも「一律10%カット」といったことはなかなかできません。

昨年の金融危機以降、「GM会長が役員報酬1ドル」「役員報酬の20%カット」などの報道がありました。
しかし、こうした決定ができるのは、経営者自身や役員など「“雇う側”が自分たちの報酬を下げる」と決めるものだから。“雇われる側”である従業員の給与カットは、経営事情が筒抜けの小所帯企業でなければ、労働組合による反対などの労使対決を招くため実現は難しくなります。

このことは、議員歳費という点では与野党関係なく運命を共にする『議会』にも、同様に言えることです。
「議員は給与を取り過ぎだ」という、よほど強い世論が形成されない限り、議員歳費カットという法律や条例が上がることはありません。特に、「政治活動には金をかけるものだ」という議員が過半数を占めていれば、まず自発的に提出されることはないでしょう。

・・・やっぱり代議士より首長向き
ただ「政治活動には金をかける」という理屈も、すべて悪と決め付けることはできません。
議員が、議会で採決に臨む議題は、政府・自治体が行うありとあらゆる分野に及びます。従って、福祉政策をライフワークにしてきた議員でも、外交・安全保障に関わる法案やエネルギー政策に関する法案・条例案などについて、賛否の答えを出さなければなりません。自分の苦手分野といっても採決で一票を投じるのが職責ですから、その分をカバーしてくれる側近・秘書を抱える必要が出てきます。

自分が『コンピュータ付きブルドーザー』でないことを痛感している議員ほど、あらゆる分野でより良い答えを出そうと奮迅する議員ほど、実は頼れるアドバイザーをそばに置ける資金力がいります。
ちなみに鮎滝は、国会および自治体議会は「議員数を半分、公設秘書を3倍」とするのが、立法府の陣容として適当だろうと思っています。アドバイザーなしに無駄遣いする議員がいるのも事実であるため、「文書通信交通滞在費」や「政務調査費」という何にでも使えてしまう費用を削って、秘書人件費にした方が良いという考えを採ります。

その点、首長というのは、個人的資金力が限定的でも済ませられる役職です。
誰よりも行政に精通している役所の部局長が部下に付くわけですから、有権者との距離感を誤らない政治家なら歳費は日常生活分で足りてしまうでしょう。河村たかし市長は、やっぱり代議士より首長向きの人材なのだと感じるニュースでした。

スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
アクセスカウンター
プロフィール

鮎滝 渉

Author:鮎滝 渉
千秋真一に23%似ているらしいブロガーです。
実家である愛知県に戻ってきました。
ほぼ日刊で更新中。日々の巡回サイトに加えてやってください。
-------------------------
ブロガー名を、「鮎滝 渉」へ改めました。
私が自分に付けた最初のペンネーム。そして、「一角の者になるまでは使うまい」と思ってた名でもあります。

大して公知のペンネームというわけでもありません。が、1回目の中小企業診断士試験の失敗以降、あれこれと思い悩む中、「“輝かしい名としようする執着”はかえって醜い。そろそろ、この名を名乗る覚悟をしよう」と決意。鮎滝の名を使うことにしました。

ちなみに、旧ブロガー名は「スクナビコナ」。
日本神話に出てくる知恵の神様の名前です。恐れ多い名前ですが、ブログをする気構えとして、使っておりました。

スポンサー広告
↓あなたもブログ始めるなら↓ 無料blog

↓アフィリエイト始めるなら↓ アフィリエイト・SEO対策

↓英会話を始めるなら↓ 英会話スクールWILL Square

↓アクセスアップなら↓
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログランキング参加中
応援してやってくださいm( _ _ )m
↓ワンクリックお願いします↓


ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 ニュースブログへ

にほんブログ村 本ブログへ

にほんブログ村 漫画ブログへ

にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ

にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ

本を買う
↓楽天ブックスを使う↓

---------------------------
↓アマゾンで商品検索↓

---------------------------
↓ベストセラー本のご紹介↓
カテゴリー
最近の記事
ブログ内検索
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。