中小企業診断士をめざしつつ、日々のニュースやおススメ本など話題を提供。「突然スピーチを頼まれた」「ちょっと小生意気な話」など話のネタにしてください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

COP15、日本は途上国支援に1兆7500億円拠出へ ・・・鳩山内閣の支持母体は外国?

COP15、日本は途上国支援に1兆7500億円拠出へ
(朝日新聞 12/17付)

国連気候変動枠組み条約締約国会議(COP15)で16日、小沢鋭仁環境相ら政府代表団が記者会見し、途上国の地球温暖化対策を支援する資金として2012年までの3年間で官民合わせ総額1兆7500億円を拠出すると表明した。公的資金の拠出額に限ると、条約事務局が求める先進国全体の4割弱にあたる大規模支援となる。


小沢環境相は会見で、資金拠出について「すべての主要国の参加による意欲的な目標の合意が前提」と強調。COP15交渉で前提が満たされない場合は「国際公約としての意味を失う」と述べた。「鳩山イニシアチブ」と名付けられた日本の支援策により、先進国の主張に反発する途上国に妥協を促したものだ。

政府は支援額を円建てで設定しており、対外的には約150億ドルに相当すると説明している。途上国の温室効果ガスの排出削減を進め、温暖化被害の軽減にあてる。支援額のうち公的資金は1兆3千億円(政府換算で約110億ドル相当)。残りは、国際協力銀行(JBIC)を通じた新たな民間資金調達の仕組みをつくり、拠出するという。

日本はすでにCOP15の準備会合で、円借款や無償資金協力、世界銀行の気候投資基金などを通じ、90カ国以上に3年間で計92億ドル(約8280億円)の拠出を表明。今回の表明により、公的資金は約18億ドル相当、民間資金は約40億ドル相当上積みされることになる。

COP15では12年までの途上国支援として、先進国全体で総額300億ドルという国連の条約事務局が要求する公的資金を拠出する方向で調整が進んでいる。欧州連合(EU)は72億ユーロ(約100億ドル)の支援を固めたが、米国などはまだ金額を明らかにしていない。

・・・鳩山内閣の支持母体は外国?
どこをどう押したら、外国へ落とす1兆7500億円ものお金が出てくるのでしょうか? 2010年度本予算編成だって「一律10%縮小」といった号令も出せずに、四苦八苦している始末なのに。

表明済みの92億ドルは仕方がないとしても、上積み分の58億ドルは、「先進国デビュー」として中国に出させれば良いでしょう。
COP15の目玉は、二つ。一つは、中国を発展途上国ではなく先進国だと断定し、先進国としての振る舞いをさせること。一つは、温室効果ガス削減問題でも、米国に世界No.1の国家として相応しい責任を負わせること。何の思惑があって、軽々しく日本の拠出金引上げを言っているのか、さっぱり分かりません。

「鳩山由紀夫氏は、ご自身の老後を南の島で暮らす『個人的人生戦略』でも立てておられるのでしょうか?」
そんな問い掛けをしたいぐらい『国家的戦略』との無縁さを感じる安請け合いだと考えます。

しかも同日に入ってきた、09年度2次補正予算によるアフガニスタン国軍への財政支援。日本国民の圧倒的多数が「日本国内の景気対策を目的に組まれる」と考えている補正予算で、なぜ外国軍への支援が計上されるのでしょうか?

鳩山さんは、日本国民で、日本の民主党所属で、平成21年8月30日の衆議院議員総選挙で大勝ちして、日本国議会で首班指名を受けて、日本の国益を考えるリーダーとして、日本国内閣総理大臣を務めておられるのですよね?
一体、誰からの支持を得たいのか、もう一度、総選挙させてもらえませんか? これではゆっくり映画も観てられない。


――――――――――――――――――――――――――
関連記事
アフガン国軍に財政支援、医療分野限定・・・2次補正
(読売新聞 12/17付)

政府は17日、アフガニスタン支援の一環として、国軍に初の財政支援を行う方針を決めた。

米国がアフガン新戦略として同国軍の維持・育成への支援を求めているのに応じるもので、2009年度第2次補正予算案に約12億円を盛り込んだ。

使途は医療分野に限定し、北大西洋条約機構(NATO)のアフガン国軍支援基金を通じて拠出する。日本が外国の軍隊に財政支援を行うのは異例だ。

政府は来年1月にインド洋の給油活動から海上自衛隊が撤収するのに伴い、新たな貢献として、今年から5年間で総額50億ドル(約4500億円)規模のアフガン支援策を打ち出している。手始めとなる09年度第2次補正予算案には計500億円を計上し、国際機関を通じて農業、学校建設、食糧、警察官給与などに資金援助する方針だ。

政府は当初、このうち数十億円を、アフガン国軍に対する通信機器や物資補給なども含む支援に回すことを検討したが、連立与党の社民党が軍事支援に難色を示した。このため、支援は医療分野に限定することとし、社民党も了承した。軍関係の医療施設整備、医療機器や医薬品購入などの費用に充てられる見通しだ。

日本は1991年の湾岸戦争で、米軍などの多国籍軍の戦費負担を中心に計130億ドル(当時の1兆6900億円)を支出したことがある。外務省幹部は「他国の軍への支援はこの時以来で、特定国の軍を対象とするのは初めてではないか」としている。

米国のオバマ大統領は1日、アフガンに兵力3万人の増派を決める一方、11年7月をメドにアフガン駐留米軍の撤退を開始する方針を表明し、治安維持を担うアフガン国軍の育成・維持の支援を国際社会に呼びかけた。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
アクセスカウンター
プロフィール

鮎滝 渉

Author:鮎滝 渉
千秋真一に23%似ているらしいブロガーです。
実家である愛知県に戻ってきました。
ほぼ日刊で更新中。日々の巡回サイトに加えてやってください。
-------------------------
ブロガー名を、「鮎滝 渉」へ改めました。
私が自分に付けた最初のペンネーム。そして、「一角の者になるまでは使うまい」と思ってた名でもあります。

大して公知のペンネームというわけでもありません。が、1回目の中小企業診断士試験の失敗以降、あれこれと思い悩む中、「“輝かしい名としようする執着”はかえって醜い。そろそろ、この名を名乗る覚悟をしよう」と決意。鮎滝の名を使うことにしました。

ちなみに、旧ブロガー名は「スクナビコナ」。
日本神話に出てくる知恵の神様の名前です。恐れ多い名前ですが、ブログをする気構えとして、使っておりました。

スポンサー広告
↓あなたもブログ始めるなら↓ 無料blog

↓アフィリエイト始めるなら↓ アフィリエイト・SEO対策

↓英会話を始めるなら↓ 英会話スクールWILL Square

↓アクセスアップなら↓
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログランキング参加中
応援してやってくださいm( _ _ )m
↓ワンクリックお願いします↓


ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 ニュースブログへ

にほんブログ村 本ブログへ

にほんブログ村 漫画ブログへ

にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ

にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ

本を買う
↓楽天ブックスを使う↓

---------------------------
↓アマゾンで商品検索↓

---------------------------
↓ベストセラー本のご紹介↓
カテゴリー
最近の記事
ブログ内検索
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。