中小企業診断士をめざしつつ、日々のニュースやおススメ本など話題を提供。「突然スピーチを頼まれた」「ちょっと小生意気な話」など話のネタにしてください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

核密約文書、佐藤元首相邸に…初の存在確認 ・・・何で個人宅から出てくるの?

核密約文書、佐藤元首相邸に…初の存在確認
(読売新聞 12/22付)

沖縄返還交渉を巡り、当時の佐藤栄作首相とニクソン米大統領の間で交わされたとされる有事の際の核持ち込みに関する「密約」文書を佐藤氏の遺族が保管していたことが22日、明らかになった。
密約の存在を裏付ける決定的な証拠が発見されたことになる。

↑佐藤家で発見された、ニクソン米大統領と佐藤首相(当時)がサインをかわした合意議事録の写し。「トップ・シークレット」の文字がある

外務省はこれまで文書の存在を否定してきた。日米間の密約の存否の検証を行っている外務省の有識者委員会の判断にも大きな影響を与えるのは必至だ。

佐藤家で発見されたのは、ワシントンで行われた日米首脳会談で極秘に交わされた「合意議事録」の実物。読売新聞社が入手した「合意議事録」の写し(英文2枚)は、1969年11月19日付で、上下に「トップ・シークレット(極秘)」とある。文末には佐藤、ニクソン両首脳の署名がある。

文書では、米側が「日本を含む極東諸国防衛のため、重大な緊急事態が生じた際は、日本と事前協議を行ったうえで、核兵器を沖縄に再び持ち込むこと、及び沖縄を通過する権利が認められることを必要とする。米国政府は好意的回答を期待する」とし、有事の際の沖縄への核持ち込みを両首脳が合意したことが記録されている。日本側は「そうした事前協議があれば、遅滞なくその要求に応える」と明記されている。
また、「米国政府は重大な緊急事態に備え、沖縄に現存する核兵器の貯蔵地、すなわち嘉手納、那覇、辺野古、及びナイキ・ハーキュリーズ基地をいつでも使用できる状態に維持しておく必要がある」と記している。

文書は2通作成され、1通は日本の首相官邸、もう1通は米国のホワイトハウスで保管するとしてある。佐藤氏は首相退陣後、自宅の書斎に私蔵していた。

佐藤氏が75年に死去した際、東京・代沢の自宅にあった遺品を遺族が整理していたところ、書斎机の引き出しから見つかった。

机は首相在任時、首相公邸に置かれ、退任後は、自宅に持ち運ばれた。関係者によると、元首相は生前、文書の存在について寛子夫人(故人)も含めて家族に漏らしたことはなかった。佐藤元首相の二男の佐藤信二元通産相は「(元首相は)外遊の際はアタッシェケースに書類を入れて持ち歩いていた。69年の訪米の際も、帰国してその文書をアタッシェケースから書斎机に移したのだと思う」と証言する。

密約の存在は、返還交渉で密使を務めたとされる若泉敬・京都産業大教授(故人)が1994年に著書「他策ナカリシヲ信ゼムト欲ス」(文芸春秋刊)で暴露した。

・・・何で個人宅から出てくるの?
鮎滝は、米国側で核密約文書が公開された時点で、「先方があるというのだからあるのだろう」と既に結論付けています。そのぐらい、米国の公文書管理能力を信頼しているわけです。

一方、元首相とはいえ、個人の私邸から、国家外交の最高機密文書の原本が発見されるという国・ニッポン。
こういった公文書が出てくるところは、首相が執務を行う首相官邸か外務省庁舎であるはずです。個人的思惑で抱え込んだとしても、首相が居住する首相公邸が限度。当時の首相とその側近たちは、「公」と「私」のケジメをどこで付けていたのでしょうか?

佐藤元首相のご遺族の証言によると、佐藤栄作氏が個人で肌身離さず持っていたようですが、国家中枢にかかわる情報を一個人で持ち歩いていて良いはずがありません。「自分以外の者が持っていては、いつ漏洩するか分からない。米国との信頼関係を守るには、自分が持っているしかない」と考えての行動であったのなら、佐藤栄作という人物は、日本という国家をまったく信用していなかったことになります。

これは機密情報の私物化を超えた、日本国国家に対する背信行為です。それも、選挙で選ばれた国会議員から選出された内閣総理大臣として、採ってはならない思考に基づく背信です。

日本国の公文書管理はどうなっているのか?
40年の歳月を経て無事に出てきたから良かったものの、火災や風水害、犯罪に対して首相官邸以上に堅固な個人宅など、ほとんどないでしょう。

故人を責めるのは一方的になるため避けたいのですが、佐藤栄作氏は、「自分がこの密約文書を紛失したら?」「自宅が失火を起こして密約文書とともに焼失したら?」という、一個人ではとうてい背負いきれないリスクを抱えていることについて、一顧だにしなかったのでしょうか? また側近たちも、取り交わされたはずの最高機密文書の管理責任を、佐藤氏個人へ押し付けてそれで平気だったのでしょうか?

このような国家機密文書の個人所有が見過ごされるようでは、情報というものの価値を知り抜いた諜報機関を有する諸外国は、日本という国家を信用しなくなるでしょう。

福田内閣から「公文書管理担当大臣」という特命大臣が設けられていますが、寡聞にしてその成果を聞いたことがありません。

現在は仙谷由人氏が行政刷新担当大臣と兼任されていますが、どの程度の職務範囲で活動されているのか心配です。昨日・21日、米国のクリントン国務長官が、日本の藤崎一郎駐米大使を国務省に急きょ呼び出して行われた異例の会談。日本側でも聴取文書を作成しているはずですが、その文書は日本国国家として管理下に置いておられるのでしょうか?


スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
アクセスカウンター
プロフィール

鮎滝 渉

Author:鮎滝 渉
千秋真一に23%似ているらしいブロガーです。
実家である愛知県に戻ってきました。
ほぼ日刊で更新中。日々の巡回サイトに加えてやってください。
-------------------------
ブロガー名を、「鮎滝 渉」へ改めました。
私が自分に付けた最初のペンネーム。そして、「一角の者になるまでは使うまい」と思ってた名でもあります。

大して公知のペンネームというわけでもありません。が、1回目の中小企業診断士試験の失敗以降、あれこれと思い悩む中、「“輝かしい名としようする執着”はかえって醜い。そろそろ、この名を名乗る覚悟をしよう」と決意。鮎滝の名を使うことにしました。

ちなみに、旧ブロガー名は「スクナビコナ」。
日本神話に出てくる知恵の神様の名前です。恐れ多い名前ですが、ブログをする気構えとして、使っておりました。

スポンサー広告
↓あなたもブログ始めるなら↓ 無料blog

↓アフィリエイト始めるなら↓ アフィリエイト・SEO対策

↓英会話を始めるなら↓ 英会話スクールWILL Square

↓アクセスアップなら↓
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログランキング参加中
応援してやってくださいm( _ _ )m
↓ワンクリックお願いします↓


ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 ニュースブログへ

にほんブログ村 本ブログへ

にほんブログ村 漫画ブログへ

にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ

にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ

本を買う
↓楽天ブックスを使う↓

---------------------------
↓アマゾンで商品検索↓

---------------------------
↓ベストセラー本のご紹介↓
カテゴリー
最近の記事
ブログ内検索
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。