中小企業診断士をめざしつつ、日々のニュースやおススメ本など話題を提供。「突然スピーチを頼まれた」「ちょっと小生意気な話」など話のネタにしてください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

税制改正:家計に増税色強く 差し引き所得増も ・・・“所得増”でなぜ“増税色が強い”?

税制改正:家計に増税色強く 差し引き所得増も
(産経新聞 12/23付)

22日決まった平成22年度税制改正では、所得税・住民税の扶養控除が廃止・縮減され、家計には増税色の強い内容になった。一方で、子ども手当や高校無償化などの財政支出に重点を置き、所得格差を是正する「控除から手当へ」という政策スタンスを鮮明にした。ほとんどの子育て世帯で差し引きでは、所得が増える見込みで、家計を潤す一定の効果は期待できそうだ。

扶養控除は、収入から一定額を差し引き、納税額を少なくする。廃止される15歳以下の子供を対象とした扶養控除では、所得税で1人当たり38万円、住民税で33万円の所得控除がなくなり、その分、増税となる。

一方、子ども手当の創設によって、22年度は15歳以下1人当たり月1万3千円(年15万6千円)、23年度からは月2万6千円(年31万2千円)が支給される。ただ、現行の児童手当は廃止される。一方、高校無償化では、1人当たり年12万円程度の所得増になる。

日本総合研究所の小方尚子主任研究員は、こうした増税と家計支援を差し引いた家計への影響を独自に試算した。その結果、ほとんどの世帯で所得が増えることが分かった。

例えば、夫婦どちらかが働き、小学生と中学生の子供2人がいる年収700万円の世帯では、所得が年40万円増える。

子ども手当の対象である中学生以下の子供がいる世帯では、総じて20万~40万円超の所得増効果がある。また、所得制限がなくなるため、現在の児童手当の支給対象外だった年収1千万円超の世帯にも、恩恵が及ぶ。

ただ、所得が500万円の世帯の場合、住民税の税率ランクの影響で、他の所得世帯に比べ恩恵が小さく、夫婦どちらかが働き、3歳未満の子供がいる世帯は唯一、現在よりも所得が6万円減るという。

子ども手当の対象外の高校生がいる世帯でも、特定控除は廃止されるが、無償化により、総じて10万円前後の所得増になる。

ただ、子供が16~18歳でも高校に通っていない世帯では、その恩恵がなく、増税で負担が増える。
また、子供が大学生以上や子供のいない世帯、単身世帯にとっては、負担増もないが、恩恵もない。

こうした世帯では、1リットル当たり約25円の値下げにつながっていた暫定税率の廃止見送りのほか、1箱当たり400円程度に値上げされるたばこ増税など、負担増しか実感できないのが実情だ。

・・・所得増で、なぜ増税色が強いの?
「家計に増税色強く 差し引き所得増も」という産経新聞の見出しを矛盾していると考えるのは、鮎滝が阿呆だからでしょうか?

所得控除が無くなる代わりに、従来よりも手厚い子ども手当を受け取ることができるということは、手取りが増えるということ。家計の負担は軽くなるということですよね? どうして増税色強く?

もう一度、産経新聞が日本総合研究所に依頼したという試算を見てみます。

負担増を示す▲が付いているのは、「夫婦どちら一方が働いていて年収500万円、子どもが3歳未満という世帯」だけです。
一方、「年収300万円で、小学生と中学生の子どもが2人いる世帯」では53万円の所得増。「年収300万円で、3歳未満と小学生の子どもが2人いる世帯」「年収1000万円で、小学生と中学生の子どもが2人いる世帯」などでは41万円の所得増。

現在、年収300万円で子育てに奮闘しているご家庭にとって、子ども手当による17万円や23万円の所得増は「政府からの応援メッセージ」と評価できるのではないでしょうか?

確かに、子どもがいない家庭では所得控除がなくなる負担増ばかりです。
しかし、子どもの養育費を社会として保障し、何とか女性に子どもを産んでもらうことで人口減少を止めたいと考えている鳩山内閣。子どもを産まないと決めている夫婦で負担が増えるのは、論理的に当然の帰結でしょう。

世論調査で鳩山内閣支持率が下がっているこの機に乗じて、9月に鳩山内閣を褒めちぎった反動として民主党叩きをするのは、ジャーナリストとしていかがなものでしょうか?

スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
アクセスカウンター
プロフィール

鮎滝 渉

Author:鮎滝 渉
千秋真一に23%似ているらしいブロガーです。
実家である愛知県に戻ってきました。
ほぼ日刊で更新中。日々の巡回サイトに加えてやってください。
-------------------------
ブロガー名を、「鮎滝 渉」へ改めました。
私が自分に付けた最初のペンネーム。そして、「一角の者になるまでは使うまい」と思ってた名でもあります。

大して公知のペンネームというわけでもありません。が、1回目の中小企業診断士試験の失敗以降、あれこれと思い悩む中、「“輝かしい名としようする執着”はかえって醜い。そろそろ、この名を名乗る覚悟をしよう」と決意。鮎滝の名を使うことにしました。

ちなみに、旧ブロガー名は「スクナビコナ」。
日本神話に出てくる知恵の神様の名前です。恐れ多い名前ですが、ブログをする気構えとして、使っておりました。

スポンサー広告
↓あなたもブログ始めるなら↓ 無料blog

↓アフィリエイト始めるなら↓ アフィリエイト・SEO対策

↓英会話を始めるなら↓ 英会話スクールWILL Square

↓アクセスアップなら↓
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログランキング参加中
応援してやってくださいm( _ _ )m
↓ワンクリックお願いします↓


ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 ニュースブログへ

にほんブログ村 本ブログへ

にほんブログ村 漫画ブログへ

にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ

にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ

本を買う
↓楽天ブックスを使う↓

---------------------------
↓アマゾンで商品検索↓

---------------------------
↓ベストセラー本のご紹介↓
カテゴリー
最近の記事
ブログ内検索
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。