中小企業診断士をめざしつつ、日々のニュースやおススメ本など話題を提供。「突然スピーチを頼まれた」「ちょっと小生意気な話」など話のネタにしてください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本の成長には競争と投資促す改革が必要だ ・・・技術のDNA、ユニクロの原動力

成長には競争と投資促す改革が必要だ
(日経新聞 12/31付)

鳩山政権が新しい経済成長戦略の基本方針を閣議で決めた。2020年までに環境、健康、観光の3分野で100兆円を超す新たな需要を掘り起こし、年平均で名目3%、実質2%を上回る経済成長を目指す。

政権公約に盛り込んだ個々の政策へのこだわりが強く、経済政策全体を見るマクロの司令塔機能が不在だった鳩山内閣が、中長期の経済運営の見取り図を示したのは初めてだ。経済のパイを広げる視点を欠いていた政権が重点分野と目標を明示したのは、とりあえず前進といえる。

日本はデフレと低成長に悩み、財政悪化と少子高齢化による制約も大きい。持続的な成長と雇用創出の原動力となるのは民間の投資である。来年6月に正式な「工程表」を示すというが、それまでに予算や税制、規制改革といった政策の肉付けを徹底し、民間の投資を導き出す環境を整えなければならない。

基本方針は環境・エネルギー、健康、アジア、観光・地域活性化、科学・技術、雇用・人材の6つを戦略分野とした。環境で50兆円超の市場と140万人の雇用、医療や介護などで45兆円の市場と280万人の雇用を新たに生むという目標だ。

具体的な政策としては、風力や太陽光などによる電力を固定価格で買う制度の拡充や、インターネットを利用して電力利用を効率的にするスマートグリッドの構築に触れた。先端医療の実用化や高齢者用住宅の改修支援、民間資金も使った大都市圏の交通基盤の整備も掲げている。

幼稚園と保育園の一体化で育児の環境を向上させ、一定区域での自由な活動を認める「特区」で地域振興を狙うといった、規制の緩和・改革に言及したのも評価できる。

それでも成長戦略としては力不足だ。日本経済が今の実力をすべて発揮して達成できる潜在成長率は0.5%程度に下がっている。実質2%成長には需要の発掘に加え、産業構造を変えて競争を促し、生産性を高める努力が欠かせない。

電力の自由化や雇用・医療の規制緩和、農業を含む貿易自由化など、抵抗の強い改革に踏み込む覚悟がいる。製造業の派遣労働の原則禁止など経済効率を低下させるような政策に傾くべきではない。福祉充実とともに競争を促して高成長を実現したスウェーデンに学ぶべきだ。

年平均3%以上の名目成長を目指すが、その始まりとなる10年度の政府見通しは0.4%にとどまる。デフレ克服が当面の最優先課題だ。政府・日銀が連携し、早くデフレを止める政策対応が必要である。

「理想的な日本」現場から 技術のDNA、ユニクロの原動力
(朝日新聞 12/23付)

快進撃を続けるユニクロ。その鍵を握るのは「日本のDNA」だ。ファーストリテイリングの柳井正会長兼社長は、一企業の中に失われかけた「理想的な日本」を再建していきたいと意欲を見せる。ファッションの世界から、時代を牽引するリーダーに話を聞いた。

柳井さんは、著書『成功は一日で捨て去れ』(新潮社)で、ユニクロを「日本やアジアを代表するブランドにしていく」と宣言。その勝機を技術力に見いだしたと語る。

「オリンピックと同じで、世界市場では少々強いぐらいでは勝てない。自分たちの強みをより強くすべきだ。世界が日本を評価するのは自動車やテレビなどの工業製品と、それを生む技術力。ニューテクノロジーで世界に打って出る新しい日本企業をつくらなければならない」

そのため、10年ほど前から繊維技術の高い東レと手を組んだ。技術力に支えられた「高機能=ファッション」という発想は、フリースやヒートテックの大ヒットに結びつく。目標は2020年に売上高5兆円、経常利益1兆円という。

01年以降、積極的に海外展開を開始。試行錯誤の中で貴重な教訓を得た。「デザインをロンドンに合わせ、素材を変えて価格を中国に合わせても『ユニクロじゃないユニクロ』は結局は売れない。現地のお客様が評価するのは商品はもちろん、店舗や会社も含めた『グローバルに通用する日本のユニクロ』なんです」

気づいたのは「日本の力」。日本人の性格は地道な努力を続ける勤勉な職人。その良さが集約されたのが、工場や店舗などの現場なのだという。

「理想的な日本」は自社の原動力にもなっている。

「日本の一流企業の工場には『つくらされている』と思って働く人は少ない。全員がものすごく考えながら働いている。この現場の力こそが日本の力でした。ただ、残念ながら、今の日本はかなり衰退してしまった」という。

柳井さんは今、社員たちに「単純労働をするな」と言っている。単純労働なら、賃金の安い中国やインドの労働者との競争になる。どうすれば売れるかを現場が考え、付加価値を発生させ、情報発信するべきだというのだ。

「我々が言う『日本』というのも、現実には存在しない理想型です。でも一企業の中でなら『理想的な日本』を再建することは可能です」(竹端直樹)

高度な技術で稼いでいくニッポンの姿とは?
昨年の12月頃の財界人の集まりだったと記憶しています。ユニクロの柳井社長は、報道記者の「デフレ状態にある日本経済についてどう思われますか?」という問いに、「もっとグローバルな視点に立って見た方がいい」と回答されていました。

その時は、中国工場を活用しているユニクロらしいと感じただけでした。しかし、鳩山内閣が提示した『成長戦略』を受けて出した社説と、朝日新聞に掲載された柳井社長への取材記事をあわせて考えると、技術立国ニッポンのあり方が見えていくる気がします。

スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
アクセスカウンター
プロフィール

鮎滝 渉

Author:鮎滝 渉
千秋真一に23%似ているらしいブロガーです。
実家である愛知県に戻ってきました。
ほぼ日刊で更新中。日々の巡回サイトに加えてやってください。
-------------------------
ブロガー名を、「鮎滝 渉」へ改めました。
私が自分に付けた最初のペンネーム。そして、「一角の者になるまでは使うまい」と思ってた名でもあります。

大して公知のペンネームというわけでもありません。が、1回目の中小企業診断士試験の失敗以降、あれこれと思い悩む中、「“輝かしい名としようする執着”はかえって醜い。そろそろ、この名を名乗る覚悟をしよう」と決意。鮎滝の名を使うことにしました。

ちなみに、旧ブロガー名は「スクナビコナ」。
日本神話に出てくる知恵の神様の名前です。恐れ多い名前ですが、ブログをする気構えとして、使っておりました。

スポンサー広告
↓あなたもブログ始めるなら↓ 無料blog

↓アフィリエイト始めるなら↓ アフィリエイト・SEO対策

↓英会話を始めるなら↓ 英会話スクールWILL Square

↓アクセスアップなら↓
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログランキング参加中
応援してやってくださいm( _ _ )m
↓ワンクリックお願いします↓


ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 ニュースブログへ

にほんブログ村 本ブログへ

にほんブログ村 漫画ブログへ

にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ

にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ

本を買う
↓楽天ブックスを使う↓

---------------------------
↓アマゾンで商品検索↓

---------------------------
↓ベストセラー本のご紹介↓
カテゴリー
最近の記事
ブログ内検索
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。