中小企業診断士をめざしつつ、日々のニュースやおススメ本など話題を提供。「突然スピーチを頼まれた」「ちょっと小生意気な話」など話のネタにしてください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「プラス成長に転換」9割…主要30社トップ ・・・結局、“景気”は“雰囲気”?

「プラス成長に転換」9割…主要30社トップ
(読売新聞 1/3付)

読売新聞社は、主要企業30社の経営トップを対象に新春・景気アンケートを実施した。
全体の9割近くにあたる26人が2010年の日本経済はプラス成長に転換すると予想し、08年秋の「リーマン・ショック」で大きく落ち込んだ景気は、09年中に底を打ったと受け止められたといえる。

プラス成長を予想した26人の内訳は、実質成長率で「1・0%以上~1・5%未満」が16人で最も多く、10年度の政府経済見通しの実質成長率1・4%に近い水準を挙げた。一方、マイナス成長を予想したのは4人で、1年前の調査の29人から大幅に減った。

景気の現状についても、15人が「横ばい」、6人が「緩やかな回復」、6人が「回復の兆候」と答え、全体の9割にあたる27人が落ち込みに歯止めがかかったとの見方を示した。前年調査では、30人全員が「後退」と回答しており、経営者の景況感は大幅に改善した。

景気回復の懸念材料(複数回答)は、「円高の影響」(18人)が最も多く、次いで「個人消費の減少」(17人)だった。国内の消費不況の出口が見えない中、円高で輸出産業の業績が悪化すれば回復のエンジン役を失うとの懸念が示された。

鳩山内閣が優先的に取り組むべき課題(複数回答)としては、「成長戦略の練り直し」が25人を占めた。

調査は、12月上旬から下旬にかけて、原則として経営トップと面談する形式で実施した。

4割が景気一段と悪化を予測 主要企業109社調査
(共同通信 1/3付)

共同通信社は2日、主要企業109社を対象にした景気アンケートの結果をまとめた。国内景気が一段と悪化し、二番底をつける可能性が「極めて高い」「高い」と答えた企業は合計で40社と、全体の約37%を占めた。円高やデフレによる業績悪化や、景気刺激策の息切れなどを懸念する声が多く、経営者の間に先行き警戒感が根強いことを裏付けた。

鳩山政権の経済政策には「中長期の成長の道筋が不透明」(48社)と不安感を抱く企業が多かった。子ども手当創設など「家計重視」を掲げ、過去最大規模の2010年度予算案をまとめた鳩山政権だが、産業界の信頼を得るには至っていないことをうかがわせた。

景気の現状については「横ばい(踊り場)」とする回答が61社。「緩やかに後退」「後退」が計17社。ただ「緩やかに拡大」とみる企業も31社あり、判断が分かれた。

景気が悪化する可能性が高いと予想した40社にその原因を複数回答で聞いたところ、円高(26社)、景気刺激策の効果切れ(24社)、デフレ深刻化(23社)の順。二番底を迎える時期は「1~3月」(21社)、「4~6月」(16社)と、今年前半の景気失速を警戒する見方が大勢だった。

ただ全体の約51%に当たる56社は10年後半に景気が本格回復すると予想。

アンケートは昨年11月末から12月中旬にかけて実施した。

・・・結局、“景気”は“雰囲気”?
読売新聞の記事を読むと「2010年は明るいなぁ」という気がしてきますが、同じく本日・3日に共同通信が掲載した記事を読むと「2010年も苦しいのかぁ」と逆の印象を受けます。

読売新聞の方のアンケートは、12月上旬から下旬、主要30社に対して実施。
共同通信の方のアンケートは、11月末から12月中旬、主要109社に対して実施。

円独歩高で騒いだのは昨年11月27日であり、両者の景気アンケートへは同調しそうなものです。しかし、調査対象業種が網羅的でなかった、あるいは競合他社でまったく違う景気見通しを持っているような結果を示しています。

もっとも、同じような調査なのに違う結果が出てくることは、複数紙を読み比べていればしばしば起こること。こうした時は、「どちらの新聞がより信頼できるか?」「どうせ予想であるし、どちらも信頼できないからスルー」といった取捨選択をします。

しかし、共同通信の記事をよく読むと「ただ全体の約51%に当たる56社は10年後半に景気が本格回復すると予想。」と一文付け加えられています。つまり、共同通信の見出しは「5割が下半期に景気回復と予測 主要企業109社調査」とも出来たわけです。

ポジティブな見出しを付けられたはずなのにそうしなかった共同通信の編集。そこに、しばしば言われる「“景気”は“雰囲気”」という言葉の的確性を感じます。

スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
アクセスカウンター
プロフィール

鮎滝 渉

Author:鮎滝 渉
千秋真一に23%似ているらしいブロガーです。
実家である愛知県に戻ってきました。
ほぼ日刊で更新中。日々の巡回サイトに加えてやってください。
-------------------------
ブロガー名を、「鮎滝 渉」へ改めました。
私が自分に付けた最初のペンネーム。そして、「一角の者になるまでは使うまい」と思ってた名でもあります。

大して公知のペンネームというわけでもありません。が、1回目の中小企業診断士試験の失敗以降、あれこれと思い悩む中、「“輝かしい名としようする執着”はかえって醜い。そろそろ、この名を名乗る覚悟をしよう」と決意。鮎滝の名を使うことにしました。

ちなみに、旧ブロガー名は「スクナビコナ」。
日本神話に出てくる知恵の神様の名前です。恐れ多い名前ですが、ブログをする気構えとして、使っておりました。

スポンサー広告
↓あなたもブログ始めるなら↓ 無料blog

↓アフィリエイト始めるなら↓ アフィリエイト・SEO対策

↓英会話を始めるなら↓ 英会話スクールWILL Square

↓アクセスアップなら↓
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブログランキング参加中
応援してやってくださいm( _ _ )m
↓ワンクリックお願いします↓


ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 ニュースブログへ

にほんブログ村 本ブログへ

にほんブログ村 漫画ブログへ

にほんブログ村 本ブログ おすすめ本へ

にほんブログ村 漫画ブログ コミックス感想へ

本を買う
↓楽天ブックスを使う↓

---------------------------
↓アマゾンで商品検索↓

---------------------------
↓ベストセラー本のご紹介↓
カテゴリー
最近の記事
ブログ内検索
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。